人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

最大電力500kW未満で、産業保安監督部長等の許可を受ければ可能となっていますが、この許可って簡単におりるものなのでしょうか?
建前上の話で、実は許可はなかなか下りないなんてことはありますか?
小さいビルなんかは500kwもないので、第一種電気工事士が電気主任となってもいいということなんだと思いますが、実際はどうなんでしょうか?あまり例がないのか、頻繁に行われることなのか、教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

合法ですから遠慮なしに、管轄の産業保安監督に問い合わせたらどうでしょうか?



別の観点から、電気主任技術者になるという事は、その事業所の電気保安を行う事です。
当然、保安規定を提出することになります。 保安規定の内容を把握していますか?

特に、受電設備の試験を毎年する事になりますが、測定器も含め試験ができますか?
恐らく、官庁へ許可を願い出す時に確認されるのではないでしょうか。

試験専門業者に依頼する事も出来ますが、諸費用が相当かかります。
また、色々な書類(保安規定変更届)等、必要に応じて提出する必要があります。

この様な事が熟知していれば良いのですが、未経験ですと大変です。
専門業者に不専任で任せたほうが、合理的と思いますが?
    • good
    • 1

原則許可は下りることになっていますが、No.1の方の提示されたようなことを聞かれます。


自信を持って「できます!」と答えれば大丈夫ですが。細かいことを突っ込まれて答えに窮するともう一回出直してね。となります。

名前は控えますが某防衛大臣のような答えでは却下されます。
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q第三種電気主任技術者の実務経験5年以上について

第三種電気主任技術者(電験三種)を取得したので、転職活動をしています。

ですが、実際探してみると「実務経験5年以上必須」という記述があるものが多いので、応募できずに困っています。
私は工場の設備保全・生産技術 主任として6年程の経験がありますが、キュービクルのメンテ等はほぼ未経験です。
ほぼ、というのは保安協会の月次点検に立ち会ったり、年次点検の際に休日出勤をしたり、といった程度の経験しかないということです。

ここでいう「実務経験5年以上」というのは、具体的にどういった事をさすのでしょうか?

Aベストアンサー

実務経歴5年というのは、電険を合格して、免許を、取得してからです。メリットは、一種電気工事士の資格を認定で、もらえます。
それが基準になっていると思います。バブルのころは、一年で、雇用されました。しかも、3ヶ月の経験で。通常の設備管理者でも、経験なしで、就職できました。今不況で、電険保持者だけでなく、国家試験保持者でさえ、就職は、難しいです。
技術者管理協会がありますが、請負で、仕事は、もらえます。定年の人が多いです。それも、最低、合格してから、高圧電気設備管理などの、
仕事に5年以上従事しているのが条件です。
仕事としては、人によりますが、それほど、の内容のある仕事だとは、
思えません。でも、電険をとっている、しかも試験合格ですので、
いずれか、今すぐか役に立つ資格です。
でも、いずれにしても、今までの仕事の経歴は、就職には、有利でしょう。

Q認定による第2種電気主任技術者取得について

第2種電気主任技術者資格は、第3種電気主任技術者での実務経験が5年以上の証明があれば、申請し、認定されたら取れるそうですが、「必要な実務経験の条件」と「申請後、認定までの具体的な流れ(面接などがあると聞きましたが)」を教えてください。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

法令及び指導経験により記載します。

「電気事業法の規定に基づく主任技術者の資格等に関する省令」によります。

1.第2種電気主任技術者免状取得の資格及び実務
経験年数:第3種電気主任技術者免状の交付を受けた後5年以上
実務の内容:電圧1万V以上の電気工作物の工事、維持又は運用

絶対条件である実務は、22kV以上の特別高圧実務が必要です。
内容は発電所や変電所に関する運転業務に従事するのが理想ですが、工事会社勤務で特別高圧の事業所に特別高圧に関する工事に係わった実務経歴書を満足させるには、仕事先の代表取締役社長の代表者印が必要となります。

詳細は産業保安監督部電力安全課に担当者がおられますので詳細を聞く必要があります。
・資格認定に関する進め方も担当者により異なります。事前に面会要。
・実務経歴書は、設備や業務の内容詳細に記載する必要があります。
(一般的にはA4所定様式に10~20枚程度)
※ 初めての方は、解らないと思いますので経験者の指導が理想。
・資格取得の期間は、電力安全課に提出して 2~4回程度の修正を繰りかえして半年ぐらいかけて貰えるのが理想。

※ 電力安全課の担当者としては、試験合格者と同じ合格率にしたいとのことでした。
当地方では、数回の面接で実務質問を行い、低レベルの場合は出なおして貰います。
(例:SOGの意味と動作を説明してください。「ストレージオバーカレントグランドリレー」)
簡単には貰えませんので、かなりの努力が必要です。
2種も科目合格で取りやすくなっていますので、試験合格と併用されるのが理想です。

法令及び指導経験により記載します。

「電気事業法の規定に基づく主任技術者の資格等に関する省令」によります。

1.第2種電気主任技術者免状取得の資格及び実務
経験年数:第3種電気主任技術者免状の交付を受けた後5年以上
実務の内容:電圧1万V以上の電気工作物の工事、維持又は運用

絶対条件である実務は、22kV以上の特別高圧実務が必要です。
内容は発電所や変電所に関する運転業務に従事するのが理想ですが、工事会社勤務で特別高圧の事業所に特別高圧に関する工事に係わった実務経歴書...続きを読む

Q電気主任技術者と電気工事士の違い

電顕3種や電気工事2種などありますが、
電気主任技術者と電気工事士の資格の差とか、
電気主任技術者ならこういう事ができるが
電気工事士はここまでできるとかをご存知の方
よろしく、お願いします。

Aベストアンサー

法令で色々書かれてますが、簡単に言うと電気工事士は電気工作をやっていい人。
電気主任技術者は電気設備の運用管理をしていい人。
と解釈すれば良いのでは無いでしょうか?
電気工事士でも2種と1種の違いは扱える電圧が2種は600Vまで1種は6000Vまでです。
電気主任技術者3種は5万ボルト未満の電気工作物までのはず。
大きな発電機等を持っている施設は必ず電気主任技術者を選任しなければ、それを使う事が法的に禁止されているのです。
詳しくは下記のHPで

参考URL:http://www.shiken.or.jp/

Q認定電気工事従者認定証があれば、二種電気工事士の資格は必要ないでしょうか?

初めまして。四年前に一種電気工事士の試験に合格しました。二種電気工事士の資格を持ってなかったので、認定電気工事従事者の申請をして認定証をもらいました。そこで質問なのですが、二種電気工事士免許を持ってなくても、認定電気工事従事者の認定証を持っておけば、二種電気工事士は必要ないのでしょうか?必要ならば今年受験しようと思っているのですが・・・。よいアドバイス宜しくお願いします。

Aベストアンサー

1種合格者は5年間の実務経験を積むことで免状を申請することが出来ますので、あなたが合格後の4年間で、電気工事実務をやっていればあと1年で免状を取得することが出来ます。
そうなれば2種の従事可能範囲も包括されますので、あえて2種を取得する必要はありません。
間違えやすいのが認定電気工事従事者認定証では、2種で従事可能な一般用電気工作物の工事は出来ないと言うことです。
認定証で工事に従事できるのは、あくまでも500kw未満の事業用電気工作物の低圧側簡易工事に限られます。
よってあなたがすぐにでも住宅や低圧受電の施設などの一般用電気工作物の工事をする必要があるのであれば、わざわざ2種を取得しなければならないことになります。
このあたりはややこしく間違えやすい点なので注意が必要です。
尚500kw以上の設備は電気主任技術者の管理責任となりますので、工事には何の資格も不要ですが、工事実務経験としては認められますので、もし1種合格前にこのような設備での工事経験があれば、これも実務経験に加えられるので、合格後5年を待たずに免状の申請が可能です。

Q三相電力のUVWとRSTの違いについて

三相電力にはU相V相W相がありますよね?これはR相S相T相とどこが
違うのですか?
また、各相は発電したときから決まっているのですか?
素人の考えですが相というのは単に波形の順番に過ぎないと思いますのでどのケーブルが何相であってもかまわないような気がするのですが。
どなたか教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

もともとは、RST、UVWに意味は無かったはずです。

有効電力がPowerから、P となった後
単にアルファベット順から、Qが無効電力、 Rは抵抗なので飛ばして
Sが皮相電力を表すようになったと記憶してます。
・・・P、Q、(R)、S、T、U、V、W、X、Y、Z

相の呼称に関しても、アルファベットの終わりより3つ1組として
 XYZ、UVW、RST が利用されるようになったと記憶してます。
XYZは何かと登場するため、利用は避けられているようですが
既にご回答されているUVWやRSTに対する意味づけは、後付けルールみたいなものだと思います。
1次側は大文字、2次側は小文字と区別しているケースも見かけます。

Q対地静電容量って

電気について勉強しているもの(電工2種の知識程度)です。
質問1 漏電と地絡は同じと解釈していいでしょうか?
質問2 対地静電容量という言葉がどうも理解できません、架空電線は大地から空気絶縁されていると思うんですが、本などでは大地から電線へコンデンサの記号を介して電流が流れるように見えるんですが、意味がわかりません、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

質問2 対地静電容量
コンデンサは導体と導体の間に絶縁物を入れたものです。
電線(導体)と大地(導体)の間に絶縁物(空気)を入れているのでコンデンサとなります。
 単位あたり(例えば1mあたり)静電容量としては小さくなりますが配電線など距離が長いので大きな値になったりします。
地面に対する静電容量というイメージでよいです。
ですので「大地から電線へコンデンサの記号を介して電流が流れるように見えるんですが」のその通りです。
電流が流れるかどうかは静電容量の大きさと電圧の大きさによります。

Q電気管理技術者の収入は幾らですか?

お世話になります。
電気管理技術者に興味があります。
1.地域にもよると思いますが電気管理技術者の平均収入は幾らくらい  でしょうか?
2.また平均何年くらいで点数満点になるでしょうか?
3.個人事務所の平均年齢は?
4.個人と財団法人のシェアはどのようになっているでしょうか?
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

ご質問に正確に回答できる人は居ないと思います。

お住まいの地区の電気管理技術者協会に問い合わせてみるのが一番良い方法と思いますが、最近は協会に加入していない電気管理技術者も存在しますし、電気保安法人もありますから、結局のところ正確なことは誰にもわからないとしか言いようが有りません。

ご参考までに、ごく限られた私の知識では、
1.電気管理技術者の収入は各人で極端な差が有り、平均値に意味は無いと思います。
2.これも営業能力により個人差が大きいのですが、一般的には3~5年はかかると言われています。
3.地域によって地区によって全く異なりますが、最近は低下傾向にあるようです。以前は退職者が始めるというパターンが多かったためにかなり高齢であったようですが、法改正と不況の影響で若くして開業する方が増えてきたようです。
4.地域によって全く異なります。保安協会と互角の地域もありますし10%に満たない地域も有ります。
ということで、回答になりませんが悪しからず。

ちなみに、私は電気管理技術者でも法人職員でもありません。

Q第二種電気主任技術者を認定で取った方いますか?

第二種電気主任技術者を認定で取得された方はいますか?私は三種持ち(試験で合格)で特高設備の実務経験があるため、制度上、二種を認定で取得する事が可能な状態となっています。しかし聞くところによると認定とはいえ、面接がかなり厳しく、なかなか通してもらえないとか。。正直あまり細かい事を突っ込まれるとボロが出そうです。。実際に認定で取得された方や周りで取得された方が見えましたらどんな感じだったか感想等いただけないでしょうか?

Aベストアンサー

私自身は認定資格が無かったため試験で取得しましたが、周囲には何人か認定で取得した者がおります。
話を聞くとご想像の通り、面接で相当突っ込んだ質問が多数あり、民間会社の特高受電設備管理者経験程度では、1回で通過することは非常に難しいとの事です。施設に関する具体的な各種数値や金額、具体的かつ詳細な仕事内容や実際に行った手続き等について明確に回答できないと認定は難しいようです。
そもそもこの制度は、本来電力会社勤務者に対する優遇制度であったものが、公平を期すために一般にも認められるようになったものなので、
民間会社勤務のみでは非常にハードルが高いとのことです。
電力マンには面接で聞かれる内容や、模範解答例をまとめたものが出回っているとのことで、何人かは知人の電力会社員に頼んで入手していたそうです。よってまずはコネを頼って電力マン等から情報収集を十分にしてから申請に望むことをお勧め致します。
余談ですが、3種をお持ちなのでご存じかと思いますが、免状に記載される登録番号で、試験取得か認定取得かすぐ判ってしまい、認定だと社内や協会内などでも「あの人は認定だから」と一段低く見られてしまい、逆に試験取得者は周囲からも尊敬の目で見られることも事実です。知人にはそれが嫌で認定資格があるにもかかわらず認定ではなく、あえて数年かかって試験で取得した者もおります。
質問者さんも自信がおありであれば、後のことを考えて試験取得をお勧め致します。2次試験のハードルは高かったものの、1次試験は3種とさほどレベルは変わりませんので、3種にスムースに合格した実力があれば、問題ないと思います。

私自身は認定資格が無かったため試験で取得しましたが、周囲には何人か認定で取得した者がおります。
話を聞くとご想像の通り、面接で相当突っ込んだ質問が多数あり、民間会社の特高受電設備管理者経験程度では、1回で通過することは非常に難しいとの事です。施設に関する具体的な各種数値や金額、具体的かつ詳細な仕事内容や実際に行った手続き等について明確に回答できないと認定は難しいようです。
そもそもこの制度は、本来電力会社勤務者に対する優遇制度であったものが、公平を期すために一般にも認められ...続きを読む

Q漏電遮断機とZCTの違いについて教えて下さい。

電気見習いです。
宜しくお願いします

Aベストアンサー

ZCTはCT(変流器)の一種です、零相変流器(Zero-phase Current Transformer)この頭文字でZCTです。
三相に対して一括して取り付け、どこか一線で地絡(漏電)が起きると三相のバランスが崩れ、その差が二次側電流として出てきます。
その電流で二次側に接続された地絡継電器が動作し遮断器をトリップします。

低圧の場合は機器を小さくできるため、配線用遮断器にZCTと継電器を組み込んで一体としたのが漏電遮断器です。
良い説明が無かったのですが、上から5番の「構造と動作」を開いてくださいPDFファイルです。
http://www.toshiba-tips.co.jp/common/html/tsel/shadan/shadandocu.htm
わかりづらいですが配線用遮断器に漏電検出装置を付けた物が漏電遮断器です。

高圧の場合は機器が大きくなるのでZCT・地絡継電器・遮断器の組み合わせで構成します。
低圧の場合でもZCT・地絡継電器(漏電リレー)の組み合わせで使うこともあります。

ここは三菱さんですが、クリックしていけば製品説明が出てきますので、とりあえず「どんな物?」というのを掴むには便利かも。
http://www.mitsubishielectric.co.jp/haisei/01sei/01sei_syou/index_sei_syou_kessen.htm

CT・ZCT・VT・EVTは総称して「計器用変成器」と呼びます。

ZCTはCT(変流器)の一種です、零相変流器(Zero-phase Current Transformer)この頭文字でZCTです。
三相に対して一括して取り付け、どこか一線で地絡(漏電)が起きると三相のバランスが崩れ、その差が二次側電流として出てきます。
その電流で二次側に接続された地絡継電器が動作し遮断器をトリップします。

低圧の場合は機器を小さくできるため、配線用遮断器にZCTと継電器を組み込んで一体としたのが漏電遮断器です。
良い説明が無かったのですが、上から5番の「構造と動作」を開いてくださいPDFファ...続きを読む

Q一般用電気工作物と自家用電気工作物

一般用電気工作物と自家用電気工作物の違いがよくわかりません。
現在、電気工事士免許の勉強をしています。
しかし、なかなか法律を読んでも理解できないのでわかりやすく教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

すごーく簡単に言いますと、電気工作物は、一般用電気工作物と事業用電気工作物に分けられます。
一般用電気工作物は、第二種電気工事士の免許で工事できるようなもので、住宅などの600ボルト以下の低圧の電気設備です。

事業用電気工作物は、一般電気工作物以外の電気工作物で、事業用電気工作物と自家用電気工作物に分けられます。
事業用電気工作物は、電力会社で使用するような発電所、変電所、送配電線などの電気工作物です。

自家用電気工作物は、第一種電気工事士の免許が必要になる最大電力500kW未満の電気設備を始め、500kW以上のものや特別高圧などの電気設備となります。

かなり適当な説明ですので、詳しくは、このあたりを参考にしてみてください。
http://www.shiken.or.jp/guide/guide.html
http://www.nisa.meti.go.jp/safety-chubu/denryoku/jikayou.htm
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9B%BB%E6%B0%97%E5%B7%A5%E4%BD%9C%E7%89%A9

すごーく簡単に言いますと、電気工作物は、一般用電気工作物と事業用電気工作物に分けられます。
一般用電気工作物は、第二種電気工事士の免許で工事できるようなもので、住宅などの600ボルト以下の低圧の電気設備です。

事業用電気工作物は、一般電気工作物以外の電気工作物で、事業用電気工作物と自家用電気工作物に分けられます。
事業用電気工作物は、電力会社で使用するような発電所、変電所、送配電線などの電気工作物です。

自家用電気工作物は、第一種電気工事士の免許が必要になる最大電力500...続きを読む


人気Q&Aランキング