人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

 ( a ) 生まれつきの自然本性には 《死の欲動》などはない

 と見るものですが 現在の時点でどういうふうに捉えられているのか できましたら 解説をお願いしたいと思うのですが。

 ▲(ヰキぺ:デストルドー) ~~~ 
  http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%87%E3%82%B9% …

 § フロイトの説

 精神分析の臨床では死の欲動を確認する術は少ないとフロイト自身言っている。

 事実この概念を想定するのはマゾヒズムやサディズムの発生機序や、陰性治癒反応、それに外傷神経症という夢の願望充足の例外を捉えるためである。

 しかしこの概念は超自我の破壊性を説明するものとして考えられており(エディプスコンプレックスを通して父親からの去勢不安や父親自身への子供の怒りが超自我という分裂した自我に引き継がれて、死の欲動は子供の中心的な自我から分裂して存在するという理論)、それ故にフロイトにおいては重要なものとして後年まで考えられた。
 ~~~~~~
 ☆ というふうに 

 ( b ) フロイトの説じたいも あやふやなのでしょうか?

 ▲(同上) ~~~~
 § 後継者の発展

 Federnは最重度のメランコリーに「死の欲動」が観察されるとし、同様の指摘はしばしばなされる。
 フロイトの弟子にも受け入れた者はいたが、しかし大勢ではフロイトの「死の欲動」概念は批判が多く、フロイト死後になってから、死の欲動の考えを取り入れた学者達により新たな展開がなされてゆく。
 継承発展させた人物はメラニー・クライン、ジャック・ラカンが代表的である。

 現代では「死の欲動」という概念は精神分析の臨床では用いられにくく、むしろ「攻撃性(アグレッション)」それ自体が本質的なものとして考えられている。
 それは臨床において現れるのは「死の欲動」という概念ではなく、むしろ医師への攻撃的な反応や怒りだからである。
 また自傷行為や自罰行為も見られ、このことから「攻撃的なもの」としての死の欲動の概念が深く考えられるようになった。
 ~~~~~~~~~
 ☆ 質問者の理解では 

 ( c ) たとえば広義のエロスなる生の欲動は おそらく生物としての生まれつきのチカラとそのハタラキだと考えますが タナトスなる《死の欲動》は もしそれがあったとしても飽くまで後天的なクセとして形成されたものである。すなわち 派生的・第二次的な性癖であると捉えましたが その点 どうなのでしょう?



 ( d ) ただし 次のような・元に戻るような見方も提出されていました。すなわちやはり 生来の欲動ではないかという。その点 どうなのでしょう?

 ▲ (同上) ~~~~
 § 現代への影響

 フロイトに先立ちフリードリヒ・ニーチェが「神の死」を言明し、当時楽観主義は知識人の間では既に力を失っていた。
 フロイトの思考の変遷も悲観的な世界情勢と無縁ではなかったであろう。

 彼は第二次世界大戦の戦禍を見ずに亡くなったが、はからずもその後ヒロシマ・ナガサキへの核爆弾の投下、ホロコーストなどが起こって破壊衝動を「予言」したような形になり、水爆開発などで現在では計算上は人類を複数回滅ぼせるほどの大量破壊兵器を所持していることが明らかになっている。

 後世多くの精神分析家が「死の欲動」論を援用してこのような人間の暗黒面の解明に切り込んだ。
 ~~~~~~~~

 ( e ) この《死の欲動》を 人間なる存在そのものの中に組み込む見方は まわり回って例のユングの《四位一体》説と軌を一にしていると思われるのですが その点 どうなのでしょう?
 すなわち 神の三位一体に それと同等の位格を持つ悪なる神を加える見方です。この第四の位格のアクマが けっきょくタナトスなる死の欲動と類型的に同じ内容となっている。のではないか?

 よろしくどうぞ。

 ( f ) ヨーロッパの知性は 気がくるっている。のではないでしょうか? 四位一体説に立つなら 善は悪 悪は善というふうに 何でもかんでも うまく言いくるめることが出来ます。不法行為も犯罪もすべて 悪であるが同時に善であるとなります。善〔なる神〕と悪〔なる神〕とが互いに同等であるならです。
 しかも わるいことに 神などは存在しないとする向きがあっても その説は――存在するという説についてと同じように――ついぞ証明しえないことなのですから。
 組織宗教としてのキリスト教は 観念の神をいだきこれを何だかんだといじくるのは くるっていませんか?

A 回答 (3件)

仮説のようなたたき台です。



死を望む情動はない。
死を望む欲動はある。
そのうちわけは生きようとしない事である。
生きる事をやめようとする欲動である。
部分的に生きる事をやめようとするのは了解可能だろう。
何か悪い癖があるとしてその癖を改めて改心し、死んだ気になって頑張ると言う言い回しそのままに死を潜り抜ける。
すなわち生きようとしないまま惰性で屍をさらすことを改心する。
想像上の死、観念上の死、現在が生きていると言えない状態から、死んだ気になって頑張ると言うのはこうではないか。
どうやら信仰が育んだ人間知性の伝統には、このようないっぺん死んでみる儀式がもてはやされているのではないか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 ご回答をありがとうございます。

 ★ ~~~
 死を望む情動はない。
 死を望む欲動はある。
 ~~~~~
 ☆ まづ用語の問題になりますが これは ぎゃくではないかと考えます。

 ○ ~~~
 死を望む欲動はない。
 死を望む情念や衝動がある。
 ~~~~
 ☆ と言いますのも――単なる表現の問題には終わらないというそのわけは―― エロスという・もともとは性愛を意味する言葉を 広く生きることのチカラとして意味させ これを《生の欲動》と言うわけだからです。
 これは 生まれつきの・どこから見ても押しも押されぬチカラだと思われ その意味で《欲動》と言っているからには これと同じ用語として《死の欲動》を言うわけには行かないのです。こちらの立ち場としてはです。
 欲動とは チカラと言いましたが 原動力あるいは推進力といった意味であるようです。

 ですから 第二次の派生的な意味合いの《情念やら衝動》ないし情動なら まだ使ってもよいであろうというところです。



 従いまして 次の場合も 用語を変えたいと考えます。
 ★ ~~~~
 そのうちわけは生きようとしない事である。
 生きる事をやめようとする欲動である。
 ~~~~~~ 
 ☆ たとえば

 ○ ~~~~
 生きようとしない心の片向きである。
 生きることを止めたいと思う心の曲がりである。
 ~~~~~~
 ☆ などです。




 次は 必ずしも聞いたことのない考え方ではありませんが それをタナトスの問題として《たたき台》とすることは あたらしいことかも分かりません。
 ★ ~~~~
 何か悪い癖があるとしてその癖を改めて改心し、死んだ気になって頑張ると言う言い回しそのままに死を潜り抜ける。
 すなわち生きようとしないまま惰性で屍をさらすことを改心する。
 想像上の死、観念上の死、現在が生きていると言えない状態から、死んだ気になって頑張ると言うのはこうではないか。
 ~~~~~
 ☆ ただし どうでしょうね。もっとも単純に捉えるならば この《死んだ気になって頑張る》ということも 考えてみれば《エロスとしての生の欲動》の一環であると見ることが出来るかも分かりません。
 
 ★ どうやら信仰が育んだ人間知性の伝統には、このようないっぺん死んでみる儀式がもてはやされているのではないか。
 ☆ この見方を みなさんは どう捉えるであろうか。と問うてみたい思いです。どう発展しましょうか。



 

お礼日時:2012/04/27 22:27

ないのですか。



タナトスはありますよね。
大きな間接費の中で生きるのは人の道ではない、
貞淑な人でありたいなど、なぜなら、ご先祖様が
そういうだろうというのがタナトスです。
土着人なら、ずっと昔からもっています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 持っていません。というより 意味が取れません。

お礼日時:2012/04/28 18:45

ブロジェロンヌさんは、死の欲動がないのですか。


死の欲動とは、とてもつきなみな、
ゆらゆらしたり、ざわざわする、あの感じのことだと思いますが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 ありません。

お礼日時:2012/04/28 17:24

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q哲学科で勉強することって???

高校を卒業したら大学に進学しようと思っている高校2年生です☆☆
どの学部に進学しようか迷っているときに、哲学科がある大学があることを知りました。
哲学に興味があったので、そういう学科で勉強したらおもしろいんじゃないかなって思ったんです。
でも、哲学科という学科があるということを知っているだけで、どういうことを勉強しているのかを全く知りません。
そこで!!哲学科に通う学生さん、もしくは哲学科で何を勉強するのかを知っている人はぜひ教えてください!!!!
自分でも大学のパンフなどで調べたのですが、より詳しい情報とかもお願いします!!

Aベストアンサー

おはようございます。
私は哲学科を卒業した者です。
皆さんが言われているとうりです。
大学によりますし、また、講師によってもかなり違ってきます。
つまり、高校までの授業とは違い、大学になると学ぶ分野が細分化されて、
学生が自分で学びたい科目を選択してゆくことになります。とくに3・4年ではそれが顕著になってきます。
教授たち自信、自分が研究している分野があって、その分野に強いわけですから、その分野のことを講義してきます。
もちろん人によりけりで、一般的なことを話す講師もいれば、専門的なことを
話す講師もいます。

ですので私が大学に進学するときには、自分の学びたい教授のいる大学に進むものがいました。

一口に哲学といっても意味合いが広すぎます。
それは古代ギリシアの自然哲学者たちが「なぜ」と考えること自信を学問とし、
その考えることを「知を愛する」ことである「philosophy」と名づけました。
その思考することである学問から、数学や音楽、天文学などが生まれ、哲学は
「万学の女王」と呼ばれています。

しかし、現在、哲学も細分化され、皆さんの言われている分野が主な研究対象となっています。
形而上学や、科学哲学といっても、一般の人には全然ぴんと来ないでしょう。
ここでそれを語ろうとすると、はっきり言ってきりがありません。
哲学とは定義づけすることの難しい学問ですから、その領域もとても広いのです。
また幾多の哲学者もさまざまな謎を出し、疑問に答え、論理を導き出しています。
その考えを知るだけで、途方もない時間が必要です。

抽象的なことばっかり言っていますが、これが「哲学とは何か」に対する答えだと思ってください。
しかし、あまり漠然とした答えでは何の参考ともなりませんので、さわりを少しだけ。


この世になぜものが存在するのか、そしてそのことを人間はなぜ認識するのか、どうやって認識しているのか。
また、目に見えないもの(神・真理・無限・絶対・永遠)は存在するのか。
有と無の関係。世界はどういう原理で作られているのか。 
そして、人はなぜ生まれてきたのか、どうやって生きていくべきなのか。


と、大雑把ではありますが、こういうことを考える学問です。
以上のものは主に古代哲学からの疑問ですが、現代では、
論理学や科学、数学なども絡み、さらに難解です!
その論文などは日本語で書かれていても、とても日本語とは思えません。
はっきり言って、実際学ばないとわからないと思います。
明確な答えが出ない物事を、真剣に思考するという、恐ろしい学問です。

1・2年の一般教育では、主に「哲学史」「哲学者の考え」を聞くこととなるでしょう。
そして、3・4年で、専門的な事を学び、自分の納得のいく答えを探すこととなります。


ただ、卒業したら社会の中、実生活では、正直役に立ちません。
ですので、#2さんの言われるとうり、変な人が多いのが特徴です。
もちろん普通の人もいますが、他の学科と比べてやっぱり・・・

よく哲学は「ごみの山」だと言われます。
ぜんぜん役に立つものはないのですが、その中に、ひょっとすると、
すごい宝があるのかもしれないと・・・

あなたは、哲学に興味がある時点で、かなり変わった人です。
ぜひ、そのまま哲学科へと進み、その生き方、考え方に磨きをかけてください!

まだ言いたいことは山ほどあるのですが、きりがありませんので、これくらいで。


最後に、哲学がいかに現実離れしているかの実例としてよく引き合いに出される
哲学の開祖タレスの2つの逸話で〆たいと思います。

「あるときタレスは天体観測のため空を見つめて歩き、熱中のあまり前方の井戸に気づかず落ちてしまった。この事件について、足元のこともわからないのに天のことばかり知りたがるのは滑稽だとトラキア人の女奴隷に笑われた。」

                        プラトン 『テアイトス』

「タレスが貧乏であったことから、世人が哲学などは生活に何の役にも立たないと
非難したところ、彼はその天文学の知識からその年のオリーブの豊作を察知し、
早いうちにミレトス中の搾油機を安く借り集め、時期が来て人々が必要としたとき
高く貸して大もうけした。」

                       アリストテレス  『政治学』  

おはようございます。
私は哲学科を卒業した者です。
皆さんが言われているとうりです。
大学によりますし、また、講師によってもかなり違ってきます。
つまり、高校までの授業とは違い、大学になると学ぶ分野が細分化されて、
学生が自分で学びたい科目を選択してゆくことになります。とくに3・4年ではそれが顕著になってきます。
教授たち自信、自分が研究している分野があって、その分野に強いわけですから、その分野のことを講義してきます。
もちろん人によりけりで、一般的なことを話す講師もいれ...続きを読む

Q土日眠りっぱなし、これは病気なんでしょうか?

 週休2日制(土日休み)の仕事をしており、金曜日が来ると「よし、この2日はこんなことしよう!」と色々計画を立てるのですが、何一つ実行できません。
 まず、朝、起きることができません。昼、なんとか起きて食事を作るものの食べたら、次の行動を起こせないんです。例えば、友達と約束をしていても外出することができません。着替えたり、髪型を整えるのが“大きなハードル”となり、『もう10分ゴロゴロしたら着替えよう。休みなんだから無理しない』と考えて、ベットに横たわると、夜になっています。
 つまり、土日はまるまる2日、ほとんど寝ているんです。熱はないし、食欲がない、いくらでも眠れる・・・という感じで、とにかく衰弱してるんです。今日も20時間ほど、トイレもいかずに寝ていました。
 月曜日になると、朝6時に起きて、始業時刻の1時間前には出勤し、12時間以上働いて帰宅します。平日はこの調子で金曜まで元気いっぱいです。でも、この土日になると、とたんに無気力になり何にもできないんです。この症状は、ここ数ヶ月続いており、夜に“見舞い”に来る友達は“1人暮らしゆえの甘え”だと言い呆れています。
 世間には、私のような人はいらっしゃらないでしょうか?ほんとに怖いくらい無気力になってしまうんですが、これって、病気ではないでしょうか?

 週休2日制(土日休み)の仕事をしており、金曜日が来ると「よし、この2日はこんなことしよう!」と色々計画を立てるのですが、何一つ実行できません。
 まず、朝、起きることができません。昼、なんとか起きて食事を作るものの食べたら、次の行動を起こせないんです。例えば、友達と約束をしていても外出することができません。着替えたり、髪型を整えるのが“大きなハードル”となり、『もう10分ゴロゴロしたら着替えよう。休みなんだから無理しない』と考えて、ベットに横たわると、夜になっています。
 ...続きを読む

Aベストアンサー

私は病気でした。
同じように月曜から金曜までは仕事に行くのですが
土日は寝たきりでした。
結局、うつ病による過眠とわかりました。
当時は精神的落ち込みなど感じませんでしたが。
一度、受診なさることをお勧めします。お大事に。


人気Q&Aランキング