教えて!gooにおける不適切な投稿への対応について

社内業務システムのWebシステム開発(受託開発)でAGPLv3ライセンスのOSSを利用したいと思っています。
OSS自体にはプログラム変更はしません。

AGPLv3は「改変したOSSのソースコード」と「OSSを利用した側のソースコード」の公開の制約がありますが、インターネット上に一般公開した場合に限る認識です。
社内LAN内での商用利用する場合は、制約無しに利用可能という事で問題ないでしょうか?

ライセンスに関して疎い為、簡単な質問かもしれませんがご教示願います。

gooドクター

A 回答 (2件)

> AGPLv3は「改変したOSSのソースコード」と「OSSを利用した側のソースコード」の


> 公開の制約がありますが、インターネット上に一般公開した場合に限る認識です。

そんなことがどこかに書いてありましたっけ?

> 社内LAN内での商用利用する場合は、制約無しに利用可能という事で問題ないでしょうか?

会社の所有物とみなせば、自分だけで使うことになるので、制約なしという判断
もあるかもしれませんね。

仮にそうではなくても、社内の人しか使わないのであれば、社内の人にだけ公開
すれば良いことではないでしょうか。

別にWeb やFTP サイトを立ち上げて公開しなければならないわけでもなく、希望
者がいた時だけ最新版のソースコードをあげればよいだけのことでしょう。もっ
とも、ソースコードを欲しがる人がそれほどいるとは思えませんが。

あと、商用か否かは関係ないはずです。
    • good
    • 1

「OSS自体にはプログラム変更はしません。


静的・動的にかかわらずリンクしたとき、または、たとえリンクしなかったとしても、(A)GPLv3 プログラムを包括している、または、拡張しているとみなされることは十分にあり得るよ?

つまり、
「利用したいと思っています。」
が、どのような利用なのかがポイントとなるけど、個々のケースは微妙な線になることも多いから、法律の専門家に相談して判断してもらったほうがいいとおもう。



で、開発する「社内業務システムのWebシステム」に、AGPLv3 が適用されたらどうなるか。。。

「AGPLv3は「改変したOSSのソースコード」と「OSSを利用した側のソースコード」の公開の制約がありますが、インターネット上に一般公開した場合に限る認識です。」
間違い。

求められたら、システムの利用者なら誰にでも「社内業務システムのWebシステム」のソースを提供しなければならない。

さらに、そのソースの提供を受けたシステムの利用者に対して、
そのソースコードを社外の誰かに再配布しないことを強制したり、
インターネットで再配布しないことを強制したりすることはできない。

ソースの提供を受けたシステムの利用者が再配布しないことは自由。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング