【復活求む!】惜しくも解散してしまったバンド|J-ROCK編 >>

ロードバイク通勤してます!

マウンテンバイクは山や未舗装の荒れたオフロードを走るのに適してますよね?
でもマウンテンバイクでごついブロックタイヤのまま舗装道路を走っているのも見かけます。
マウンテンバイクでオンロードを走るメリット・デメリットが知りたいです!

マウンテンバイクでオンロードを走ることについて教えてください^^

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (13件中1~10件)

通勤時はMTBを舗装路で使ってます。



舗装路では主に1.5幅くらいのスリックに履き替えてます。
舗装路でブロックタイヤは使えないこともないですが、ブロックタイヤは色々と問題あるので(気にしない人は気にしないんでしょうが)...

・当然ながら漕ぎが重いです、ブロックタイヤは高圧にもできません。
・舗装路で使うと異様に減りが早いです。ルックMTBのような自転車のブロックタイヤはある程度舗装走行を想定して固めのゴムで減りにくいのですが、それなりのオフロード用のブロックタイヤって割とゴムが柔らかめなんです。山まで50kmとか100kmの舗装路をはしらなければいけないときは、タイヤの減りが気になってしょうがないです。タイヤ高いし...
・濡れた舗装路だとロックしやすく、ブレーキがイマイチ効きません。少々の雨でも効きの殆ど変わらない強力なディスクブレーキで接地面がブロックの先端の「点」のブロックタイヤで路面が濡れていれば当然の結果です。

ま、気にしない人は気にしないみたいですが、以上のコトは当方はとても気になります。


>マウンテンバイクでオンロードを走るメリット

段差や天候を気にせず乱暴に扱えること。
制動距離などの安全度は高し(ちなみに時速30~40km/hからの制動なら、2.0幅や2.3幅のファットなスリックタイヤ+油圧ディスクのMTBって、オートバイよりも制動距離が短いんじゃないかな)
ジーンズなどで乗っても、それほど違和感がないこと、街の風景にも溶け込み易いかな?
ロードと違って高そうに見えないこと(実際、安いのですが...)

>マウンテンバイクでオンロードを走るデメリット

デメリットは感じたことはないですね。
「遅い」なんて言われますが、舗装路で速度を出すための自転車じゃないので気にもしたことないです。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

重くて高いタイヤの減りも早くてブレーキがロックしやすいんですね!
段差や天候を気にしないのはいいですけどやはりデメリットのほうが多そうですね^^;

お礼日時:2012/06/17 01:20

ルック車じゃないMTBは少しのパーツの変更で街乗り最強の自転車になりますよ。



種類は前サス付きのハードテイル車、街中の段差などに効果的です、重さもそこそこ軽くて取り回しが楽です。駐車場の移動やガードレールを乗り越える時に便利です。

デメリットになるブロックタイヤはロード用のタイヤに履き替えると漕ぎも軽く、速度もそこそこ出ます。

MTBはブレーキも強力なので不意に人が飛び出したりした時の対処も抜群です。

ハンドルもクイックなので人を掻き分けたり、歩道と車道の複雑な状況に対処し易いです。

ギアもローギアまでワイドな構成ですから、信号などのゴーストップにも便利です。
    • good
    • 9

マルチパーパス。


いわば
ウルトラ警備隊にもオンロードカーとオフロードカーが両方あるのと同じことだ。

舗装路しか乗れない、
アメリカでの「ローディ」がなぜ差別用語かわかる?
そう。
荷物運び人=ブルーカラーといういみだよ。
ブルーカラーがなぜ差別用語か?
それは「選択肢がない」という意味だよ。

自分で生き方走り方を切り開ける。
選ぶ選択肢が広い。
MTBで舗装路も走っている。
そう言う走りだ。

BIKINGもすっかり英英辞書に載る言い方として定着した。

I'm biking !という言い方があるが、
これはMTBに乗る事だ。

仕舞いには舗装路でも、山も走らないんでしょ?

ロードバイクで平坦な舗装路しかも歩道ばかりを走る意義について教えてください。
メリットはなに?
    • good
    • 7

メリット・


とにかくパンクしない、舗装道路なら5年は大丈夫でしょう。
タイヤもチューブも交換の必要がない。
メンテもラフでok、バケツで水ぶっかけ綺麗にふきとればok、
荒れた路肩も怖くない。
そこそこスピードが出ます30kmはいけます。
ロードバイクでの通勤よりMTBの方がジテツウには最適です。

デメリット
タイヤ音が気になる(ぶーん)位しかないでしょう。
    • good
    • 3

広い自転車通行可能な歩道が有っても、交通量が多い車道を走り続けなければ成らない、オンロード専用車寄りも、悪路も走れるオフロードの方が遥かに利点が多い


オンロード車=サーキット専用レーシングカー 普通の道は不可
ママチャリ=普通の車 公道はどこでも
オフロード=クロカン四駆 快適性や経済性は悪いが広範囲で使える
    • good
    • 8

ホンモノのマウンテンバイクがどれだけ凄いかと言うのを私は身をもって知っています。


なのでマウンテンバイクだからと言って侮ることはしません。
本物のマウンテンバイク、例えば http://www.anchor-bikes.com/bikes/xis9.html こんな奴はクロスバイクより快適です。
本物のマウンテンバイクとそれなりの脚があれば200Km位のサイクリングなら不足を感じることは無いと思います。
※私には残念ながら脚がありませんので、マウンテンバイクで300Km走ったら夕飯までに家に帰り着けなくなってしまいます。

休日に200~300Kmのサイクリングをしていると、「マウンテンならココに突入するのになぁ、走ったら気持ちよいだろうなぁ」と言うコースを見かける事がままあります。
伊豆半島縦断コースを走った時には、旧天城峠(『伊豆の踊子』や『天城越え』で有名な、有形文化財に指定されている隋道がある)が非舗装路で、せっかくだからと思ってロードで(パンクを心配しながら)よろよろ上りましたが、あの時はマウンテンバイクで来ていたグループが羨ましかったです。
    • good
    • 9

>たとえばオフロードは走らずオンロードのみを走ってるマウンテンバイクはどうでしょうか^^?



他人が走っているのを見て、これをどうやって見分けるんだろうか?
    • good
    • 15

メリット


オフロード走行が可能なので、気分的にオフロードが走りたくなったり、走りたいと思うオフロードに出会した際に走れるという精神的余裕が生まれる

デメリット
オンロード車よりはオンロードを楽に乗れないし、オンロード車並みの高速走行もできない
    • good
    • 1

MTBでオンロードしか走らないのも個人の自由



オフロードバイクやオフロード自動車でオンロードしか走らないのも自由
    • good
    • 0
この回答へのお礼

自由なのはわかりますがそのメリットやデメリットなど具体的なところが知りたいんです^^;

お礼日時:2012/06/17 05:44

スタートからゴールまでが全てオフロードというケースが稀



道中にオンロードもあるのが普通

オンロード車でオフロードを走行するのは困難なので、基本的にオンロードの道しか選べない
オフロード車でオンロードを走行するのはオンロード車ほどは快適ではないが、危険等の問題がある訳ではない
オフロード車なら、オン・オフどちらの道も選択できる
    • good
    • 2
この回答へのお礼

家から山へ走りに行って帰ってくるならそうですね!
たとえばオフロードは走らずオンロードのみを走ってるマウンテンバイクはどうでしょうか^^?

お礼日時:2012/06/17 03:50

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QMTBかクロスバイクか、街乗り中心ならどちらがいいのでしょうか

予算は5万円程度で考えています。
用途としては通学がメインですが、たまに行く場所が山の上で急な坂を登ります。
また、買ったら20km以上の遠出もたまにしようかと思ってます。
ただ、ロードバイクはメンテナンスや段差にも気を遣わねばならず、遠慮したいと思っています。

そこで、乗る場所の中心が市街地であるなら、MTBかクロスバイクかどちらがいいのでしょうか。
調べていると、MTBにスリックタイヤを履かせる方がいい、という意見もあるようです。
逆に知人は、町が中心ならクロスバイクの方がいい、とも言います。
安いMTBならサスペンションが邪魔になることも往々にしてあるようで、どうなんだろうと思いました。

予算の程度でお薦めのものなどあれば一緒に教えていただけると嬉しいです。

Aベストアンサー

MTBというのは本当にオフロード(未舗装路、砂利道、泥道等々)を走る以外では不要です。
日常移動のほとんどが舗装路ならばクロスバイクのほうが適しています。
ロードバイク寄りならば軽量なボディ細いタイヤに高いギアで楽に走れるからです。
MTBもかっこ無骨ヘビーデューティーでかっこ良いですが、
重いタイヤをスリックに変えてしまう時点でちょっと残念に感じます。
学生ならあえてトレーニングと思って重たいブロックタイヤで街乗りするというならそれは全然アリですw
ロードバイクのメンテは他の自転車と同レベルです。
逆に精度が良くカッチリしている場合が多いので他より楽かもしれません。
乗り心地はフォークやシートポストがカーボンで25mm幅のタイヤならかなりやわらかく段差も気にならないレベルです。
ロードは舗装路を速く楽に気持ちよく走ることが可能なのでどうせ買うなら入門用ロードというのが後悔しない最良選択です。

クロスならエスケープR3
http://www.giant.co.jp/giant09/bike_datail.php?p_id=L0616070&action=outline
ロードならDEFY3をおすすめいたします。
http://www.giant.co.jp/giant09/bike_datail.php?p_id=R0205025&action=outline

MTBというのは本当にオフロード(未舗装路、砂利道、泥道等々)を走る以外では不要です。
日常移動のほとんどが舗装路ならばクロスバイクのほうが適しています。
ロードバイク寄りならば軽量なボディ細いタイヤに高いギアで楽に走れるからです。
MTBもかっこ無骨ヘビーデューティーでかっこ良いですが、
重いタイヤをスリックに変えてしまう時点でちょっと残念に感じます。
学生ならあえてトレーニングと思って重たいブロックタイヤで街乗りするというならそれは全然アリですw
ロードバイクのメンテは他の...続きを読む

Q長距離ツーリングに使ってはいけない自転車

以前この項目で「長距離ツーリングに使う自転車」について質問させていただいたのですが、逆に使ってはいけない(使いにくい、サポートが悪い、あの店で買ったらダメなど)ような自転車があれば教えていただきたいと思います。

車種や、会社、ショップなど教えてください。

Aベストアンサー

 tuffaさん こんばんは

 世の中にはスーパーやホームセンターで売られている1万円で十分おつりがくるママチャリで日本一周をする兵もいますから、長距離ツーリングに適してない自転車は存在しないのかもしれません。と言う事を前提に置いて説明しますね。

 長距離ツーリングで一番考えがいとならない事が、ツーリング先での故障です。故障が起こった段階で修理出来ないとその時点でツーリングはおしまいになってしまいます。一番多い故障は、タイヤのパンクです。tuffaさんもご存じと思いますけど、まともなスポーツサイクルは「クイックリリース式」と言う方式でホイールがフレームに固定されています。したがって前後のホイールをフレームから外して再度取り付けるのに、慣れた人だったら10分位で可能なんです。それに比べ俗称ママチャリと呼ばれているシティーサイクルの場合は、ホイールを外すのにブレーキを外して等結構厄介なんです。ですからタイヤの中のチューブに亀裂が起こってのパンク等でチューブ交換をする場合、まともなスポーツサイクルは替えのチューブを持ってさえいれば簡単に短時間で交換が可能ですけど、ママチャリの場合は色々な道具を使って時間をかけてばらして交換する事になります。と言う事を考えただけでもママチャリでの長距離ツーリングは避けた方が良いでしょうね。

 後は「MTBルック車」等と言って2万円位の低価格でスポーツバイクの雰囲気だけを味わえるスポーツバイクの形状をしたママチャリが売られています。そう言う自転車ですと、部品も値段なりの部品しか使ってなくて長距離走行に耐えられない場合も多々あります。そう言う自転車は主にホームセンターやネット通販専門店で販売されています。ですからそう言うショップでの購入は避けましょう。もちろんそう言うショップでもきちんとした自転車を販売しているショップも多々ありますから、値段とメーカーで選ばれたら良いと思います。
 自転車の車類にもよりますけど、5万円位以上の価格でまともな自転車屋さんで販売している車種なら、本当の意味での長距離ツーリング向けかどうかはさておいて長距離走っても問題がない車種が沢山売られています。何処で買うにしてもそう言う自転車を買われたら良いと思います。

 #2さんには物凄く申し訳ない事を言う様ですけど、保存状態や走行距離にもよりますけど4年使っていたら「いつパンクしてもおかしくないですよ」と自転車屋さんに言われても致し方がないでしょう。そんなにタイヤをケチって使わない方が良いと思います。安全の為にもね。パンクしないまでもタイヤの本来の性能では走れないでしょうから・・・・。

 以上何かの参考になれば幸いです。

 tuffaさん こんばんは

 世の中にはスーパーやホームセンターで売られている1万円で十分おつりがくるママチャリで日本一周をする兵もいますから、長距離ツーリングに適してない自転車は存在しないのかもしれません。と言う事を前提に置いて説明しますね。

 長距離ツーリングで一番考えがいとならない事が、ツーリング先での故障です。故障が起こった段階で修理出来ないとその時点でツーリングはおしまいになってしまいます。一番多い故障は、タイヤのパンクです。tuffaさんもご存じと思いますけど、ま...続きを読む

QMTB初心者です。服装について教えてください

はじめまして。今月から思いきってMTBはじめることにしました。
自転車はもう予約注文したのですがサイクリング時の服装をどの様なのにしたら良いかいろんなスポーツショップを回って見てきたのですがウェアやパンツ一つ一つが高いので買い物に失敗したくないのでいまいち判断ができずに困っています。
レースもそのうち出るつもりなのですがとりあえずは休日のサイクリング用と通勤用で兼用できる服装が希望です。これから寒くなって行く時期にオススメのウェアやパンツがあれば是非教えてください。
ちなみに私は腰が少し弱いのと自転車予約前に体験ツアーで自転車をレンタルして20キロほど走ったら翌日股間節を軽く痛めましたw

Aベストアンサー

特に気にする必要はないと思います。
下り派ならフルフェイス・ヒザ&ヒジガードは必要ですね。
XC派ならばメットさえあれば大丈夫だと。
これからの季節はインナーシャツ&パンツ(プロ野球選手とかが着ているサラサラの化学繊維シャツ)を着て、ジーンズにパーカーとかが私のいつものスタイルです。多少コギにくくはなりますが、薄手の生地だと転倒の場合にすり傷したりしますし。
あえてオススメするならばSombrioというメーカーです。
MTBライダーのことを考えた商品作りをしております。
かなり若いイメージがありますが、かっこいいですよ。

腰はスプレーで冷やしたりなどのケアや、腹筋&背筋を鍛えるのがいいと思います。フルサスに乗り換えたり、リアサスを高いの入れたからといって、腰への負担が軽減されるわけではありませんし。
股関節を傷めるのはシートが合っていなからかもしれません。
接触部分が大きい・生地が柔らかいから傷めにくいということはありません。形状も大事ですし、適度な硬さがあったほうが疲れにくいです。ちなみに私はSDGのベルエアでいい感じです。
あと、ペダリングの方法です。踏み込むというより、ペダルを回転させるというイメージです。右を踏み込んで、次に左を踏み込む間にわずかながら力がかからない区間があります。この区間が大きければ大きいほど、左を踏み込む力が余計に必要で、そのため股関節に負担がかかります。右を踏み込んで、左を踏み込む間に、少し右足でペダルを引き上げるような作業をしてやると少しはマシになると思います。
踏み込むというより、回転させるイメージですね。
ただし、この場合はヒザをよく使うので、その点は気をつけてください。あと、立ちコギを股関節と腰にかなりきます。

MTBは山で乗るので、ショップなどがオススメするシャツやパンツなどはXCレースに使用するようなものが多いです。
そういう商品は使用範囲がかなり限られます。
色々と悩むでしょうが、それもまた楽しいですよね!
MTBライフ安全に楽しんでください。
私のブログアドレスも貼り付けておきますので、すべて質問に良回答できるかわかりませんが、お力になれることがあれば協力しますよ。
大阪付近で走ってます。下り系です。

参考URL:http://blogs.yahoo.co.jp/h_umigame

特に気にする必要はないと思います。
下り派ならフルフェイス・ヒザ&ヒジガードは必要ですね。
XC派ならばメットさえあれば大丈夫だと。
これからの季節はインナーシャツ&パンツ(プロ野球選手とかが着ているサラサラの化学繊維シャツ)を着て、ジーンズにパーカーとかが私のいつものスタイルです。多少コギにくくはなりますが、薄手の生地だと転倒の場合にすり傷したりしますし。
あえてオススメするならばSombrioというメーカーです。
MTBライダーのことを考えた商品作りをしております。
かなり若いイメー...続きを読む

Qマウンテンバイクは速くないというけれど、普通に漕いでるのに、普通の自転

マウンテンバイクは速くないというけれど、普通に漕いでるのに、普通の自転車より明らかに速い、マウンテンバイカーがいます。
それなりの値段のするマウンテンバイクは、ママチャリより明らかに速いんですか?

Aベストアンサー

トータルで考えた場合、舗装路上ではロードレーサーなどにはかなわない、というだけです。

いわゆるシティサイクルはMTBよりももっとスピードを出すつもりがない設計ですし(苦笑)


あと『同じようにペダルをこぐ』ということについて、
これは同じように漕いでも自転車によってスピードが変わります。
他の方がおっしゃっているようにギアとかタイヤ径で変わってくるのです。

もうちょっと言うと速度と力の比率が自在に変えれるのです。
速いけど力が弱い、という組み合わせから遅いけど力が強い、という組み合わせまでいろいろ・・ということです。
(車体が前に進む力が弱い=ペダルが重い、になります、ご注意を)

シティサイクルの場合、荷物を運ぶ、楽チン、というのがメインなので
遅いけど力が強い、という設定のギアが付いています。


MTBの場合、ギアが複数枚ついているのはわかりますよね?
これらの組み合わせによりものすごく広い範囲の状況に対応できるわけです。

スピードに付いてもはじめはゆっくりでも勢いが付けば
どんどんスピード重視のギアにシフトアップしていけるので、
結果的にはかなり速い巡航速度で走れる、ということです。(変速段数が多いので)

シティサイクルは変速なしか3段のものが多いので、スピードの上限はかなり低いですしね

トータルで考えた場合、舗装路上ではロードレーサーなどにはかなわない、というだけです。

いわゆるシティサイクルはMTBよりももっとスピードを出すつもりがない設計ですし(苦笑)


あと『同じようにペダルをこぐ』ということについて、
これは同じように漕いでも自転車によってスピードが変わります。
他の方がおっしゃっているようにギアとかタイヤ径で変わってくるのです。

もうちょっと言うと速度と力の比率が自在に変えれるのです。
速いけど力が弱い、という組み合わせから遅いけど力が強い、という...続きを読む

Q街乗りでサスは不要、について

このカテの回答で、クロスバイクを町乗りで使うならサスは不要だからESCAPE R3やCROSS3が街乗りには良い、との意見が数多く拝見できます。
安いクロスバイクのフロントサスは無いほうが良い、みたいな意見もよく見かけます。

それで思ったのですが、GIANTのCROSS2や、ブリジストンのクロスファイヤークロス、ルイガノのLGS-TR1をよく町で見かけるのですが、これらを乗っている人はなにを求めて乗っているのでしょうか。

ここでは当たり前のように「フロントサスなんてないほうがマシ」いう意見が多いのに、実際に、街ではサス付きの自転車を乗っている人を多く見かけるという現状はなんだろう?と思いました。

私は、R3を買おうかと思っていたのですが、R3で下手に車道→歩道や、ちょっと大きな段差を超えると、ママチャリよりはパンクしやすいようだし、普段から意識して段差を避ける努力や、空気圧チェックを怠らないようにしないといけないようです。
やっぱりママチャリよりはいろいろ神経を使わないといけないようです。

以前は、前後サス付きのMTBに乗っていたのですが、いくらなんでも街で前後サスはいらないと思ったので、フロントサスがあればいいかなーなんて思ってます。
ちなみに、GIANTのCROSS2のサスは、いわゆる無いほうがマシの安っぽいサスなんでしょうか。

ごちゃごちゃしましたが、アドバイスをお願いします。

このカテの回答で、クロスバイクを町乗りで使うならサスは不要だからESCAPE R3やCROSS3が街乗りには良い、との意見が数多く拝見できます。
安いクロスバイクのフロントサスは無いほうが良い、みたいな意見もよく見かけます。

それで思ったのですが、GIANTのCROSS2や、ブリジストンのクロスファイヤークロス、ルイガノのLGS-TR1をよく町で見かけるのですが、これらを乗っている人はなにを求めて乗っているのでしょうか。

ここでは当たり前のように「フロントサスなんてないほうがマシ」いう意見...続きを読む

Aベストアンサー

CROSS 2のようなバネ入りフォークに反対の立場です。サスペンションフォークに反対しているわけではありません。

サスペンションとは「バネとダンパー」が組み合わされた、衝撃吸収とタイヤの路面追随性を高める目的のものを言います。CROSS 2は、フォークがSR SUNTOUR NEX 4110 と記されているだけで、ダンパー無しの単にスプリングが入っているだけでサスペンションに当たりません。CROSS 0は、SR SUNTOUR NCX E LOCKOUT と記されていますからダンパー付きでれっきとしたサスペンションです。SR SUNTOURのダンパーは、おそらくオイルダンパーだと思います。

競技用MTBにサスが付いているのは、路面が不整地なため衝撃を受けてタイヤが宙に浮きますと、自転車はコントロールを失います。サスは絶えずタイヤを路面に押し当て自転車をコントロールしようとするものです。決して衝撃吸収が目的ではありません。速く走るためには、良いライン取りするためにはサスが必要なのです。

バネ入りフォークでも、見た目はサスペンションと変わりませんから、意味を知らずして格好だけを求めているのではと思います。実は我が家にも一人そういう輩がいるのですよ。「ふわふわしていて気持ちいいから…」しかし、一度10km程度走りましたら疲れると言うことで、妻のR3に乗りましたら快適と感激しています。ふわふわ自転車は今やゴミ同然です。何かの参考にしてください。

CROSS 2のようなバネ入りフォークに反対の立場です。サスペンションフォークに反対しているわけではありません。

サスペンションとは「バネとダンパー」が組み合わされた、衝撃吸収とタイヤの路面追随性を高める目的のものを言います。CROSS 2は、フォークがSR SUNTOUR NEX 4110 と記されているだけで、ダンパー無しの単にスプリングが入っているだけでサスペンションに当たりません。CROSS 0は、SR SUNTOUR NCX E LOCKOUT と記されていますからダンパー付きでれっきとしたサスペンションです。SR SUNTOURのダ...続きを読む

QMTB サドルの高さについて

みなさんこんばんは。

早速質問なのですが自分は身長178cmで町乗り仕様のMTBに乗っているのですが、サドルの高さについて悩んでいることがあります。

一般的に言われているサドルの高さの基準、
ペダルを一番低い位置にして膝が完全に伸びるようになる。
地面にはつま先程度しか着かない。
に従ってサドルの位置を調整して乗るとすごく前のめりになってガラスなどで自分を見てみるとすごく違和感を感じるのです。
ハンドルの高さは一番高くしています。腕は若干曲がっています。
自転車を真横から見るとハンドルの位置よりすこしサドルの位置の方が高いくらいなのですが、これはおかしいのでしょうか?
町で見るロードバイクなどはサドルのほうが高くなっているのですが、
MTBは別なのかなぁ~と思っています。ちなみに26インチです。
こうしたほうがいい!みたいなアドバイス、意見があったらぜひ回答をお願いします!

Aベストアンサー

変ではないと思いますよ。
むしろ身長180でサイズ410の20インチミニベロに乗っている
私なんてサーカスの熊が自転車に乗っているような状態です。
が、大体ポジションはでているので快適に走っています。
ガラスなどで自分を見ると笑ってしまうくらい違和感はあります
でもそれはほとんどの方がシティサイクルだからです。
MTB乗っている方でもサドルが低いシティサイクルポジションの方が多いからどうしても違和感を感じてしまわれるのだと思います。
ご自身がこれで楽に走れると思うポジションで走って下さい。

QMTBの峠での速さ・巡航速度について

私は高校生で入門のMTB【ブロック】に乗っています。
平均斜度6~7%、距離約5.5キロ、高低差450メートル
この峠を登るのに、28分もかかってしまいます。
おまけに、下りでどんなに頑張っても瞬間65キロが限界です。

また、平地【坂・風なし】30~35キロ巡航しようとしても20分くらいしかもちません。

これはたとえブロックタイヤのMTBだとしても遅いですよね。
脚力をつける際のコツなどありましたら、経験者の方よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 ブロックタイヤのマウンテンバイクで30キロ巡航なら相当速いですよ。クロスバイククラスのペースなのでは?ロードバイクとかで走っている人でも35キロで常に巡航している人はそうそう見ません。私もマウンテンバイクですが、セミスリックタイヤでも20~25キロで流すといった感じですね。下り65キロという事ですが、自転車でそれは相当危険ですのでやめた方が…。せめてヘルメット被ってやった方がいいですよ。

 それでも現状よりももっと速度を上げたいということなら、シュワルベのビックアップルなどの抵抗の少ないセミスリックタイヤに履き替えるのが手っ取り早いです。マウンテンバイクとしての見た目を気にしないのなら1.5インチくらいの細いタイヤに履き替えるのもいいです。路面抵抗がぐっと小さくなりますので、かなり楽に速度を維持できるようになりますよ。

Q29インチのMTBは通勤に不向きですか?

毎日ではありませんが、約10kmの通勤に自転車を使おうと考えています。
その他、林道散策、50~100km程度のツーリングにも興味があり、幅広く乗れる自転車を選びたいと思います。

私の住んでいる地方の路面状況は最悪で、しかも体重(85kg)が気になることもあり、頑丈さという条件は譲れないところです。しかし困ったことに、「ある程度スピードも出したい」という欲求もあります。
シクロクロス、クロスバイク等と比べてどうでしょうか?楽かどうかは別として、やはりスピード面では劣りますか?やめた方がいいで消化?

カミさんに罵倒されながらも、予算はどうにか20万円を確保しました(爆)
私の自転車選びにアドバイスをお願いします。

Aベストアンサー

一応補足しておきますね。
無印のTCRと言ったのはTCRにはいくつか種類があるんですよね。
T-モバイルが使っているモデルを筆頭にね。
http://www.cb-asahi.co.jp/image/06bike/giant/tcr.html
これと、HPはオールアルミです。
ただ、このままでもレースに出れるくらいのギア比になっているのでおっさんにはかなり厳しいですよね。
と言うわけで、コンパクトクランクの登場です。
あと、ホイールセットもこれよりも剛性の高いフルクラム5などに買えても予算内に収まります。

あとね、ドロップハンドルに乗り慣れちゃうとフラットバーのバイクにのろうなんて気は起きなくなります。
ちなみに私もロード歴一年未満の初心者でっせ~。
けど、服だけはパールから出ているマイヨ・ジョーヌ柄のウェアとか揃えたりしちゃいました。

あ、大事なことを忘れていた。
大事な物を守るために、パット入りのサイクリングショーツと穴あきのサドルを導入することをお奨めします。
慣れない前傾姿勢で長距離を走ることになると、しびれてきて役立たずになりますよ(^_^;

あと、ツール・ド・フランドルというキーワードで捜してみてください。
オリンピックのモットーのように完走することに意義があるというある意味恐ろしいレースです。
パンク、落車は当たり前というか(^_^;

そう言うレースがあるくらいだから、ロードでも林道を走れますよ。
ここでもアルミのメリットが出てきたりします。
カーボンだとタイヤによって跳ね上げた小石が当たると打ち所が悪いとそこのところがペリっとはがれてくるんです。
アルミだと、塗装がはげるくらいで済むんです。

一応補足しておきますね。
無印のTCRと言ったのはTCRにはいくつか種類があるんですよね。
T-モバイルが使っているモデルを筆頭にね。
http://www.cb-asahi.co.jp/image/06bike/giant/tcr.html
これと、HPはオールアルミです。
ただ、このままでもレースに出れるくらいのギア比になっているのでおっさんにはかなり厳しいですよね。
と言うわけで、コンパクトクランクの登場です。
あと、ホイールセットもこれよりも剛性の高いフルクラム5などに買えても予算内に収まります。

あとね、ドロップ...続きを読む

QMTBの街乗り向けとトレイル向けの線引き

現在、クロスバイクでCRなんかを走ることを趣味として楽しんでいますが
YouTubeで、山の中をMTBで走る動画を見たりして、こう言うのも楽しそうだなと思い
MTB(ハードテイル)の購入を検討しています。

しかし、MTBといっても街乗り前提で完成車として販売されているものも多く
街乗り向けと未舗装の山道を走るトレイル向けの線引きがいまいち分かりません。

まだあまり候補は固まっていないのですが
以下の車種はそれぞれ山の中を走る
(私としては山の中をポタリングするというような走り方を想定しています、ダウンヒルなどは考えていません)
という用途に向いているでしょうか?

・Cannondale Trail 6
・Giant Talon
・Specialized Hard Rock Sport
・GT Avalanche 3.0 ディスク

上記車種は概ね、コンポーネントはAltusからAlivioグレードがついているものです。
フロントサスの性能等は知識がなく詳しく分かりません。
上記車種のなかで、Giant TalonとSpecialized Hard Rock SportはVブレーキで
その他はディスクブレーキですが、やはりディスクブレーキを選択しておいたほうがいいでしょうか?

クロスバイクを持っていることもあり、ライトやポンプ、ヘルメットなどのアクセサリ類の追加購入はせずにすむので
車体以外の出費を考慮せず、予算は上記車種くらいの、およそ50000~60000円前後で考えています。

トレイルする目的地までの移動手段は自走でいこうと考えています。
ご意見助言などありましたら、ぜひ聞かせてください。
よろしくお願いいたします。

現在、クロスバイクでCRなんかを走ることを趣味として楽しんでいますが
YouTubeで、山の中をMTBで走る動画を見たりして、こう言うのも楽しそうだなと思い
MTB(ハードテイル)の購入を検討しています。

しかし、MTBといっても街乗り前提で完成車として販売されているものも多く
街乗り向けと未舗装の山道を走るトレイル向けの線引きがいまいち分かりません。

まだあまり候補は固まっていないのですが
以下の車種はそれぞれ山の中を走る
(私としては山の中をポタリングするというような走り方を想定しています、...続きを読む

Aベストアンサー

・・・サスペンションは、
「衝撃減少装置」ではなく、
「路面追従装置」と考えると答えが出てきます。
=良いサスは、路面の荒れに対して
弾んでタイヤが地面から離れることを防いでくれる。

いくら体重にあっていても、
ダンピングがないサスペンションでは、
路面の荒れがあったときに
衝撃をいなした後に、反発して車体が浮き上がり、
地面からタイヤが離れてしまう。
~グリップを失う~バランスを崩す~転倒。となります。

昔のサスは、サス自体の動きを規制する
=インナーチューブの動きを樹脂などで渋くする
ことで、ダンピングを得ようとしていますが、
今時であれば、最低「オイルダンピングのついたフロントサスが付いている」
ことが、山乗りのMTBに求められる最低限の性能だと思います。
=コンポやブレーキ、ましてやフレームは2の次です。

ご指摘のモデルの中で、
オイルダンピング付きのフロントサスを使用するものは
残念ながら在りませんので、
シングルトラックなどの連続した凸凹を安全に走行するのは難しく、
いわゆる舗装路などの段差を越える、
軽い未舗装の林道などを走るという目的の入門機。
たとえば本格的?山走り車というとこれくらいが欲しいとなるわけです。
http://www.riteway-jp.com/bicycle/gt/2011/9215842.html
http://www.cannondale.co.jp/bikes/11/model-1FJ4.html

・・・サスペンションは、
「衝撃減少装置」ではなく、
「路面追従装置」と考えると答えが出てきます。
=良いサスは、路面の荒れに対して
弾んでタイヤが地面から離れることを防いでくれる。

いくら体重にあっていても、
ダンピングがないサスペンションでは、
路面の荒れがあったときに
衝撃をいなした後に、反発して車体が浮き上がり、
地面からタイヤが離れてしまう。
~グリップを失う~バランスを崩す~転倒。となります。

昔のサスは、サス自体の動きを規制する
=インナーチューブの動きを樹脂などで渋...続きを読む

Q街乗り?MTBのおすすめタイヤを教えてください

ルイガノBARTで13kmの通勤を始めて約1ヶ月ですが、タイヤのロードノイズと重さに悩んでいます。
タイヤは「MAXXIS LARSEN TT 26x2.0"」です。一応、舗装路ですが小砂利やドブ板が多く整った道路はそう多くありません。
MTBを選択したことはとても気に入っているのですが、もう少し速く、軽快に走りたいのです。なにかおすすめのタイヤを教えてください。
また、タイヤを購入する際、ホイールごと交換したいのですが、合わせてホイールについても教えていただければ有り難いです。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

フルサスMTBを街乗りにも使用しています。
タイヤは、パナレーサー・ストラディアスエリート(1.25)を使っていました。今はクローサーの1.25です。
1.25サイズだと、走りはロード並みに軽いのですが、パンクのリスクもロード並みというか、段差などには気を使います。
お奨めは、1.5~1.8でしょうか。これなら、シティサイクルくらいの太さになるので、走りの軽さを犠牲にせず、段差にもそれほど気を使わずにすむと思います。
走りの軽さからすればパナレーサー・ツーキニストでしょうか。
パンクしにくさ?からすれば、シュワルベ・マラソンシリーズが良いようです。
あと、私はストラディアスから(自転車屋が生産中止したと言うので)、クローサーに変えましたが、これはどちらかといえばレース用なので、手に入るなら、パナレーサーのパセラが、通勤に使うにはよさそうです。私は通勤用のクロスバイクにこれの32Cを使っていますが、走りも軽く、劣化も少ないので、重宝しています。
ホイールは、マビックが人気あるようですが、タイヤを変えてからでも遅くないと思いますよ。タイヤを変えるだけで走りは激変しますから、それから考えたほうが、相性の良いホイールも分かると思います。

フルサスMTBを街乗りにも使用しています。
タイヤは、パナレーサー・ストラディアスエリート(1.25)を使っていました。今はクローサーの1.25です。
1.25サイズだと、走りはロード並みに軽いのですが、パンクのリスクもロード並みというか、段差などには気を使います。
お奨めは、1.5~1.8でしょうか。これなら、シティサイクルくらいの太さになるので、走りの軽さを犠牲にせず、段差にもそれほど気を使わずにすむと思います。
走りの軽さからすればパナレーサー・ツーキニストでしょう...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング