今なら家電が全品9%OFF!

鉄と木片を冷蔵庫に長時間一緒に放置した場合、互いの温度は同じであるにも関わらず、鉄の方が、手で触った時に冷たく感じるのは、熱伝導率(熱伝達係数)の違いによるものですよね。

では、なぜ熱伝導率が異なると触った時に感じる冷たさが違うのか、について正しいのは下記のうち、どちらなのでしょうか?

1.鉄の方が冷たく感じるのは、触ってから当分の間は、鉄に触れている指の表面温度の方が、木に触れている指の表面温度より小さいため”(要するに、冷たく感じるのは、その時の熱の”移動量”によって決定づけられる。)

2.鉄の方が冷たく感じるのは、鉄に触った方が木に触ったときより、手の対象物への熱の移動速度が速いため。(要するに、感じる冷たさはの度合いは、その時の指の表面温度そのものよりも、手の熱の”移動速度”によって決定づけられる。(つまり、錯覚を起こしている。))

どちらも似たようなものですが、厳密に言うとどちらが正しいのでしょうか?
専門家の方のご回答お待ちしております。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (9件)

#6です。



補足についてですが。

「そうすると、指の表面温度は、T0→T1→→T2の順に変化し、温度の大小関係はT0>T1>T2ですよね。」
が基本的に誤りです。


「温度の大小関係はT0>T2>T1」です。

伝導伝熱の場合、伝熱量は、温度差と伝熱面積と熱伝導率に比例し、距離に反比例します。

鉄と指の温度差は、初めに接触したときの方が大きい。したがって、熱の移動量が大きい。指から接触面へ、接触面から鉄へので伝熱量は等しいので、接触面の温度T1が計算できます。次第に鉄が温まって温度が上がるので、温度差も小さくなり、伝熱量も小さくなります。このときの接触面の温度T2はT1より高くなることは計算によりわかります。鉄の温度が次第に上がるのは、鉄から外気中への放熱(熱伝達)量が伝導によるより小さいので、鉄に熱がたまるからです。この熱伝達も温度差に比例するので、鉄と外気の温度差が大きいほど放熱量は大きくなります。十分時間がたって、この放熱量と熱伝導による伝熱量が等しくなるときの温度がT2です。
これは木材でも同様ですが、接触面の状態(十分接触しているかどうか)の影響もあるので、それも考慮する必要があるでしょう。

「、(熱伝導率が小さいのでじょじょにですが)指の表面温度がゆっくりと低下していき、やがては、T2の温度に近づくと思います。

これも違います。
「指の表面温度がゆっくりと上昇していき、やがては、T2の温度に近づく」です。

したがって、鉄と木の大きさが等しく、接触面の状態が同じなら、熱伝達は材質には依らないので、十分時間がたった後は、どちらも接触直後T1より高い同じ温度T2になりそうだということです。
ただし、木の熱伝導率が非常に小さく熱の移動量がこれに支配されるようなら、木は保温材として働くので、木との接触面の温度の方が高くなります。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

丁寧なご回答、ありがとうございます。

なるほど、わかりました!指の表面温度は、触れる対象が鉄でも木でも、それに触れた直後が最も低いのですね!そして、鉄の方が熱伝導率が大きいので、触れた直後の指表面温度は(もっとも低くなる時の指表面温度は)鉄に触れた時の方が低い、ということですね!

かなりすっきりしました。ご丁寧にご教示頂きありがとうございました。

お礼日時:2012/07/16 18:47

No.1です。


手のひら大の大きさの鉄球ですら、熱容量が手よりでかいので手の末梢循環を滞らせる能力を持っています。

したがって、手の熱浴としての機能が果たせなくなるので、鉄の方が熱浴となります。

また、手の温度が下がれば感覚が麻痺して冷たさも感じなくなります。


また、熱拡散方程式は∂^2U/∂x^2=D∂U/∂t
Dは熱拡散定数。
熱源から熱流がどのように拡散していくかを表します。
初期条件として、手の触れている面積と温度を与えればシミュレーションできます。


では熱流が拡散していくとき、拡散していった局所的な熱量と鉄の比熱により鉄の温度上昇が決まります。木も然りです。しかし、鉄の場合は熱拡散が大きいため、温度分布はあまり持ちません。

熱伝導の良い鉄は、もちろん熱拡散定数が大きく、局所的に温度が上昇しようとした際に、熱が拡散しやすいため温度が上昇しにくいです。
それに比べて木は熱伝導率(熱拡散定数)が小さく、手に近い部分の熱流が停滞しやすい。そのため、触れている部分の近傍だけの温度が上昇し、冷たく感じないのです。すると、この場合は人間が熱浴になります。

熱伝導率(熱拡散定数)の小さなものを扱う際、手の近傍だけでQ=mcTを適用させる必要がある。逆に鉄のような熱伝導率(熱拡散定数)の大きなものは触れるもの全体の熱容量mcを相手に考えなければならない。

以上でどうでしょうか?
推敲してないのでちょっと読みづらいかも。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

丁寧にご教示頂きありがとうございます。

専門用語が多くきちんとは理解できませんでしたが、No.8と併せて拝見して、なんとなくわかった気がします!

ありがとうございました!

お礼日時:2012/07/16 18:51

No.1です。

一つ前の回答者に対する補足を見ました。

結局No.1で書いていることが答えです。
ただ、一つ条件が有り、指は抹消血管の血液から熱が供給されます。
すなわち、人間を熱浴として考える必要があるということです。

熱容量の関係で、木の場合は人間が熱浴。
鉄の場合は、鉄が熱浴になります。

熱流束は、界面に限っていえば温度勾配で表したほうがイメージが容易です。
熱拡散方程式も、微分方程式だから勾配と言った表現のほうがいいでしょう。

この回答への補足

再びご回答頂き、大変ありがとうございます。

私は熱に関してド素人なのと地頭が悪いせいか、最初に頂いたNo.1様のご回答内容を拝見しても未だよく理解することができていません。。。

>結局No.1で書いていることが答えです。

No.1に書かれている内容を、かみ砕いてわかりやすく言うと、つまりどういうことなのでしょうか?

すみません、もしご回答頂ければ有難く存じます。

補足日時:2012/07/16 15:26
    • good
    • 0

1は、ヒトに「温度センサがある」ということです。


2は、ヒトに「熱移動速度センサがある」ということです。

ヒトに「温度センサ」があることは常識で、これで「熱い/冷たい」を感じます。
ヒトに「熱移動速度センサ」があるということは、聞いたことがありません。また、あったとしてもこれで「熱い/冷たい」の感覚を生じさせるものではではないでしょう。「熱い/冷たい」は「温度センサ」で十分で、「熱移動速度センサ」が必要な理由が見つかりません。「熱移動速度センサ」があるとすれば、それは別の感覚を生じなければ意味ないのです。

鉄に接触したときと、木に接触したときの温度感覚の違いは、それぞれの接触面の温度の違いによることはあきらかです。

接触当初、接触面の温度は熱伝導率の大きいものに接触したほうが低くなることは、計算で求められます。面倒だから計算式は書かないが、それが欲しいいうことであれば改めて質問してください。

十分時間がたった後では、鉄や木からの放熱の影響が大きくなるので、熱伝導率の影響は小さくなります。
鉄と木の形状が等しければ(熱伝達による)放熱量も等しくなるので、接触面の温度も等しくなるはずです。そうすると、両者での温度感覚は同じになるはずですが、金属は冷たく感じるという先入観で鉄の方を冷たいと感じるかもしれません。

もう1度言いますが、ヒトには「温度センサ」はあるが、「熱移動速度センサ」はないでしょう。

この回答への補足

非常にわかりやすいご回答ありがとうございます。

ただ、1点気になっていることがあります。

例えば、それぞれの材料に触れる前の指の表面温度がT0であるとします。また材料の温度はそれぞれ同一でTmであり、T0>Tmとします。

そのとき、鉄に指を触れると、直後に指の表面温度が低くなるので、冷たく感じますよね。そのときの指の表面温度をT1とします。

そして、そのままずっと触ったままでいると、指の表面温度がT2になったとします。

そうすると、指の表面温度は、T0→T1→→T2の順に変化し、温度の大小関係はT0>T1>T2ですよね。

もう一度書きますが、この場合、指の表面温度がT1の場合、冷たく感じていますよね。

では次に、木の場合で考えてみます。

木に触れる前の手の表面温度は、最初に記述したように、T0です。そしてずっと触っていると、(熱伝導率が小さいのでじょじょにですが)指の表面温度がゆっくりと低下していき、やがては、T2の温度に近づくと思います。

そうすると、木を触った直後は冷たく感じなくても、ずっと触っていればT2に近づくということは、木に長い間触れた指の表面温度は、鉄を触れた直後に冷たく感じたときの指の表面温度であるT1より、いずれは低くなるということですよね。

木をずっと触っているとT1以下になるにも関わらず、冷たく感じないのは何故なのでしょうか?

もしかしたら、そもそも、木をずっと触ってもT1以下にならないのでしょうか?そうすると、鉄を触った瞬間に奪われる指の熱量よりも、木をずっと触ってて奪われた指の熱量の方がはるかに小さいということでしょうか?

”鉄を触った瞬間に奪われる指の熱量よりも、木を触ってから大分時間が経ったときに奪われた熱量の方がだいぶ小さい”ということが、どうしても不思議でならないです。

補足日時:2012/07/16 11:29
    • good
    • 0

1と2 から錯覚を引いたこたえでしょう。


別に”錯覚”を持ってこなくても、熱の移動量が大きい鉄はその周辺へ熱量を拡散させ、手指の皮膚の温度低下、温度差を質量ともに木よりも長く保たせるということでしょう。
反面、木は熱の移動が緩慢なのですぐ表面上は体温にさちゅれーとして安定してしまいます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど、いつまで経っても木が冷たく感じないのはそういうことだったのですね。ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2012/07/16 01:41

あのー、補足すると、


2番の方の回答には対象物(受熱側)の放熱も含まれているような。

私の回答には、対象物(受熱側)の放熱は考慮していませんので、
あしからず。
    • good
    • 0

答え 両方 


ではダメですか?

熱の”移動速度”は、熱伝導率に比例します。・・・ 2の方
例 断面積が同じな鉄の棒と、木の棒。
  熱の”移動速度”が早いのは鉄の棒。

熱の”移動量”は、「熱伝導率 × 接触面積(受熱面積)」に比例します。・・・1の方
例 熱伝導率が同じ1cm幅の鉄の板と、10cm幅の鉄の板。
  熱の”移動量”が多いのは10cm幅の鉄の板。
 熱伝導率が同じでも、接触面積(受熱面積)が違えば、熱の”移動量”も違います。

上記のように、1には2が含まれています。
つまり、1と2は、互いに関係している ことになります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。やはり両方が関係しているのですね!

お礼日時:2012/07/16 01:39

専門家ではありませんが、素人の意見として述べさせて頂きます。


#この問題は私も子供の頃から気になっていました。

鉄のほうが冷たく感じる理由としては、どちらかというと、1番が正解ではないかとおもいます。
熱伝導率が鉄のほうが高いので、木と比較して、指先の温度はより早く他の物体に移動します。
#2番の熱の移動速度も早くなります。
1秒にも満たない時間の場合、1番も2番も正解のような気がします。

私は銭湯などにあるサウナが好きなのですが、
温度が100度くらいあって、10分くらい入っていても自分自身が茹で上がった経験はありません。
ですが、100度の沸騰したお湯に10分くらい浸かっていた場合、私はゆであがって死ねる自信があります。

理論的には、熱伝導率が異なっても、長時間接触させていれば、
最終的には木や鉄と、指の温度は同じになる(確か)とおもいますが、
現実には、熱伝導率の低い物質と接触させている場合は、
同じ温度にはならないのではないでしょうか?

なので、熱伝導率の高い鉄のほうが、より多くの熱を伝えることができるので、
1番の熱の”移動量”によって決定づけられるが正しいとおもいます。
    • good
    • 0

熱伝導率は、ビーデマン=フランツ則(スペル忘れました)によって、電気伝導率と比例関係に有ります。

(もちろんこれに沿わないという物質があるとも言われています)
つまり、自由電子が熱の伝達を担います。

鉄は自由電子が熱伝達を担い、木よりも手から受け取った熱を素早く拡散させます。

熱流束とも言われますが、界面の温度勾配を手が感じ取ります。
熱拡散係数と比熱(熱容量)により、決定づけられます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

界面の温度勾配も冷たさに関係するということでしょうか。
ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2012/07/16 01:28

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q金属の表面が冷たく感じ、プラスチックの表面は金属ほど冷たく感じないのですが、

金属の表面が冷たく感じ、プラスチックの表面は金属ほど冷たく感じないのですが、
これらのモノの温度差がどういった理由でしょうか。
また、以前から疑問に感じていたのですが、氷は冷やせば冷やすほど温度が下がるそうですが、-10℃の氷と-100℃の氷の温度差は何が違ってくるのですか。

Aベストアンサー

No.1の補足への回答です。
-10℃の氷と、-100℃の氷の内部の状態の違いを説明します。

氷の中では、水分子が六角柱の網目状に結合していて、分子の位置が固定されています。しかし、分子は定位置を中心にして振動しています。-10℃と-100℃の違いは、-10℃のほうが振動が激しいということです。「冷やす」とは、氷からエネルギーを奪って振動を沈静させるということです。氷だけでなく、一般に温度とは分子運動の激しさを表わします。

Q金属がよく冷える理由

金属の容器とプラスチックや木材の容器では、冷蔵庫に入れて冷やした場合に、冷え具合が異なりますが、これはなぜでしょうか?それとも実は冷え具合は同じで、温度の復元力といいますか変わりやすさが早いのでしょうか?
よろしくお願い申し上げます。

Aベストアンサー

 金属はプラスチックや木材と比べて、非常に熱を伝えやすいのです。そのため金属容器そのものはもちろん、容器内の飲料にも冷蔵庫の冷気がよく伝わり、速く冷えます。また、その容器を手に持ったときも、金属容器+中の飲料の冷気が手に伝わり続けます。

 プラスチックではPETボトルでよく経験すると思いますが、中身が充分に冷えていても、手に持つとそれほど冷たくない感触だったりします。これはプラスチックが熱を伝えにくいことによる現象で、手の熱がプラスチックで遮られるため、熱がこもって温度が上がり、あまり冷たく感じないのです。このため、PETボトルのほうが金属缶飲料より中の飲料を冷やすのに時間がかかりますが、冷たい飲料を長く冷たいまま保持することができます。

 ではなぜ金属がそのように熱を伝えやすいのかなのですが、金属には電気が流れやすいのと同じ原因です。金属が電気を流しやすいのは金属原子の電子の一部が金属内で自由に動けるようになっているからです。そういう電子を自由電子と呼んでいます。自由に動ける電子があるため、電圧を掛ければ電子は容易に動き、電流が流れます。

 その自由電子は熱によっても動きます。よく、熱する、つまり温度が高くするというのは分子の動きが激しいといわれます。固体ですと決まった位置で揺れるだけですが、空気だと分子がスピードを増して飛び回るようになります。

 金属内の自由電子も空気中の分子と同じように、熱を加えるとすぐに金属内を速く飛び回るようになります。その自由電子自体も熱を伝えますし、金属の原子核(これの位置は動きません)に当たって激しく揺らして、それも温度上昇につながります。冷やすのは熱するのと逆ですが、自由電子の働きであるというのは同じです。自由電子がゆっくりになるので、その自体、及び原子核を揺らす効果が金属全体で速やかに起こります。

 金属でも自由電子が多いほど電気が流れやすくなるのですが、それと当時に温度変化を伝えやすくなっています。自由電子が熱を伝えるからです。銅は電気抵抗が低く、は導線によく使われますが、銅鍋はコンロの火の熱が速やかに鍋全体に伝わってくれ、焦げ付きにくいというメリットがあり、よく使われています。

 金属はプラスチックや木材と比べて、非常に熱を伝えやすいのです。そのため金属容器そのものはもちろん、容器内の飲料にも冷蔵庫の冷気がよく伝わり、速く冷えます。また、その容器を手に持ったときも、金属容器+中の飲料の冷気が手に伝わり続けます。

 プラスチックではPETボトルでよく経験すると思いますが、中身が充分に冷えていても、手に持つとそれほど冷たくない感触だったりします。これはプラスチックが熱を伝えにくいことによる現象で、手の熱がプラスチックで遮られるため、熱がこもって温度が上が...続きを読む

Qカメラの液晶で赤外線が映る理由!?

リモコンが正常に動かないので赤外線が出ているかどうかをチェックで、携帯のカメラ機能の液晶で白い光が出ているかを確認してくださいといわれ実際見えました。
なぜ、カメラの液晶だと見ることができるのでしょうか?
また、赤外線と記載しましたが白い光が見えたので違うのでしょうか?
ご存知あれば教えて頂ければ幸いです。

Aベストアンサー

人間の目には可視光領域というのがあって、一定の波長の範囲内の光しか見えません。
たとえば虹には様々な色がありますが、その赤よりも可視光領域外の光が赤外線、紫よりも可視光領域外の光が紫外線となります。
これらは人間の目には見えませんが、カメラにはその可視光領域の制約がないので液晶やフィルムに映るわけです。
リモコンの光は赤外線を使用していますので、その光が見えるわけですね。

Q斉藤史さんの短歌の意味を教えて下さい。

岡に来て両腕に白い帆を張れば風はさかんな海賊のうた

という、短歌の意味を教えていただけますでしょうか?
特に、白い帆というもの事体が指し示しているものや、岡と海賊がどういう意図で登場したか?といった基本的な部分を知りたいです。

お分かりになる範囲で結構ですので、どうぞよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

この歌は、昭和15年発表の『魚歌』に収録されているものです。戦時中の子どもの遊びを見て、それを詠んだものかなと思います。小高い丘の上で、白い布をマントのようにひらひらはためかせている状況が目に浮かびました。布がはためいて、ばたばたいっている音が海賊の歌のように聞こえるさまを表現したのかと思います。

斉藤史さんの幼馴染の青年将校が二・二六事件の首謀者の一人として処刑され、軍人であった父親は5年の禁固刑を受けている状況を考えると、白い布は死装束を連想させる気もしますが、暗い時代だからこそ天真爛漫な遊びが、逆に象徴的に感じます。

Q超音波検査とX線検査

超音波検査とX線検査の原理を教えてください。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

超音波検査は音を使う検査方法で,X線検査は光と同じ波動を使う検査方法です.

超音波検査の原理は,山彦(やまびこ)と同じです.
山彦は,向こうの山で反射した音が聞こえますよね!

超音波検査器には,音を出す装置と音を受ける装置があります.
受けた音の強弱を測って相手を判断するのが超音波検査の原理です.

なお,音(音波)と言えば人間の耳に聞こえる音波ですが,超音波は人間の耳には聞こえない高い音です.

一方,X線検査は,全く違います.
X線は光と同じ波動ですが,人間の目には見えません.
X線は物質を透過する性質があるので,X線を人間の胸に当てて肺の映像を撮り結核の診断に使われています.

余談ですが,X線より透過力の強いγ線(ガンマー線)があり,鉄の溶接部分の検査などに使われています.

QリポビタンDは毎日飲んでも大丈夫ですか?

最近体が疲れており、週に2,3回ぐらい飲んでますが、もし一日1本毎日飲んだら体に悪いのでしょうか?又、母は一日2本飲んでますが、大丈夫なのでしょうか?

Aベストアンサー

身体の疲労を、ドリンク剤で補うという考えかたは、
あまり賛成できません。

休養が一番の薬です。

無理をすると、
後で来ます。

また、ドリンク剤は、一般に糖分が多く含まれていますので、
常用すると、肥満につながる恐れがあります。
(以前、疲労回復を期待して、
一週間のみ続け、2キロ(だっけ?)くらい太ってしまいました。
(T△T)

参考サイト
栄養ドリンクは本当に効くのか

参考URL:http://www2.health.ne.jp/library/3000/w3000189.html

Q乳児死亡率が低下した理由は?

 学校で乳児死亡率が低下した理由を調べて来いって言われたんですけど、どんなホームページを見ても、「平均寿命の上昇には、乳児死亡率の低下が大きく関わっています」みたいなことしか書いてなくて、乳児死亡率の低下の理由には、ちっとも触れていません。
なんとなくは分かるんですが、言葉にするとなるなると・・・。教えてください。

Aベストアンサー

学校用の回答としては、

乳児死亡の急激な減少は、
・医療技術の進展
・化学療法剤,抗生物質製剤の開発・普及
・経済成長に基礎をおく生活水準の向上
・公衆衛生施設等の整備
などにより、乳児死亡原因の80%である感染による死亡が減少したため。

くらいでいいのかな?

Q曲名教えて!「ダーリンダーリン♪ここにいーてー」

曲名がわかりません。
サビの部分が
「ダーリン、ダーリン♪ここにいーてー♪」
という曲です。
わかりますでしょうか?

Aベストアンサー

矢井田瞳の「My sweet darin」じゃないですかね?
「ここに来て」ですけど。
とにかくサビが印象的なので、多分これかと。。。

Q現金の引き出し方(誰にでもわかります)

誰でもわかる質問で申し訳ありません、今度バイト代が入金されるのですがお金の引き出し方が分かりません。
通帳は最近まで母親が管理していたので、、、ATMで引き出したいのですがどうすればいいのでしょうか?「本当に分かりやすく細かく教えて下さい。」

また仮に、東京の会社の方から高知県の銀行の口座に振り込む場合(逆もあり)はどこのATMから入金するんですか?
逆に、高知銀行の口座を所有していて、UFJ銀行に振込する場合はUFJのATMに行くかUFJの支店に行かなければだめということですよね?

Aベストアンサー

こんにちは
銀行のキャッシュカードはお持ちですね。それと登録した暗証番号はわかりますよね。それを持って、ATMへ行きましょう。
1.画面に「引き出し」や「現金の引き出し」などがあるので、これをタッチします。

2.カードを入れてくださいと表示がでるので、カードを表面を上にして▲←マークが左はじにあると思うので、三角の方向に入れます。

3.暗証番号を入力してくださいと出るので、ゆっくりあわてずに、入力してください。間違って入力しても訂正ができますので、あわてずに。

4.引き出したい金額を聞いてくるので、金額を入力。ATMは1000円単位での引き出しですので、100円以下はおろせません。
確認ボタンや円ボタンを押す。(銀行によってちがいます)

5.あとはお金が引き出し口に出てきます。明細票やカードの取り忘れに気をつけてください。

6.口座の銀行のATMでなくてもおろせますが、手数料を取られます(金額・時間によってちがいますが、105円~210円くらいです)
1,2はATMによって順番が違う場合もあります。

また、銀行の振込みは他の銀行からでも振込みはできます。ただし、手数料がかかります(金額によって変わります)同じ銀行でも手数料はかかりますが、他の銀行から振り込むよりも安くなります。振込みだけだったら、その銀行の口座を持っている必要もありません。

こんな感じです(・∀・)

こんにちは
銀行のキャッシュカードはお持ちですね。それと登録した暗証番号はわかりますよね。それを持って、ATMへ行きましょう。
1.画面に「引き出し」や「現金の引き出し」などがあるので、これをタッチします。

2.カードを入れてくださいと表示がでるので、カードを表面を上にして▲←マークが左はじにあると思うので、三角の方向に入れます。

3.暗証番号を入力してくださいと出るので、ゆっくりあわてずに、入力してください。間違って入力しても訂正ができますので、あわてずに。

4.引...続きを読む

Q植物の体温は何度?

今朝、雨が上がったので草引きをしました。
草を引っ張りながら、ふと、植物にも体温があるのかな?
植物の温度について、調べた学者がいるのかな?
と、疑問に思いました。
教えてください。

Aベストアンサー

動物に基礎代謝があるように、植物にも生きるための基礎代謝があります。
植物は光合成をして炭水化物や栄養分をその体内(葉・茎・根)に蓄えます。
日中は太陽光で温められるため植物自体が自発的に体温を上げることは少ないようですが、
気温が下がる夜間や冬期は蓄えられた炭水化物を分解しエネルギー消費が増えます。
結果的に発熱が起こり植物の体温を維持しています。

グリーンランドやフィンランド、シベリヤなど、
年中0℃以下の場所に生息している植物たちも
体内の水分を減らし多糖類を多く蓄積し、凍死( ? )しない程度に基礎代謝を減らし、
過酷な条件の中でもなんとか生きているんですねー。けなげだなー。

http://www.riken.go.jp/r-world/info/release/press/2006/061122/detail.html


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング