親子におすすめの新型プラネタリウムとは?

スピード違反35キロオーバーで捕まりました。
制限速度の40キロを越えていたことは認めますが、
いくらなんでも75キロも出していたはずはなく、(せいぜい65キロくらいのつもり)速度については納得できないと主張しつづけたのですが、おまわりさんに
機械はまちがいがないとか、否認するなら、制限速度内だったことをアナタが証明しなくちゃならなくなるとか言われて、めんどくさくなってきたので、とりあえず署名とハンコみたいなのを押して赤切符をワタされてしまいました。
しかし、あとで速度メーターをみつつ確認しながら走ってみたら、
やっぱり35キロ越えはありえないと思い、サインしたことを後悔しています。
こんど警察に出頭して罰金払うように言われたのですが、その時に異議を申し立てて、
事実関係を争うことは可能でしょうか。30キロオーバーで罰金刑、というのはいくらなんでも納得できないので、こちらとしては実際には25キロオーバーくらいであったことは認め、測定方法のミスか、私の車のスピードメーターとその測定器の測定するスピードとの間に差異のあることを主張したいと思います。当方これまで無事故無違反ゴールドですし、信号後の上り坂でそんなに加速するとも思えないので、本気で争ってもいいのですが、警官に示された速度の入ってる書類にサインしてしまっていたら今更もうダメでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (11件中1~10件)

「35キロ越えはありえない・・・」と確信しておられるようですね。


実際に「30キロオーバー」という違反は犯されていなかったと仮定します。
その罪状で略式起訴されるということは、断じてあってはならないことだと思います。いわば「無実の人が不当に罪を着せられた」訳ですから、警官に示された速度の入ってる書類にサインしていようがいまいが、事実関係は争うべきですし、そうすることは可能だと思います。
現実に過去の判例を見ても、警察のスピード測定方法の誤りが認められ、無罪を勝ち取った人が何人もいます。
とはいえ・・・「否認するなら、制限速度内だったことをアナタが証明しなくちゃならなくなる」と警察官が述べたように、
争うことができる事と、裁判で無罪を勝ち取る事は別問題です。
弁護士を雇い、調査や実況見分、さらに当時の目撃者探しなどを行うといったことに相当な時間と費用を投入しなれけばならないでしょう。
またそのようにしてこちらが全力を尽くしたとしても、残念ながら無実の証明には至らず敗訴し刑に服さざるを得ないという可能性もあります。
無実を証明できる自信や証拠に乏しいと考えるなら、♯2の方の述べる意見に賛同する方がほとんどではないでしょうか。
また悔しいでしょうが、罰金刑に服し♯1の方が述べておられるように、事故だったらもっと悲惨だった訳ですから今回は「不幸中の幸い」だったと考えれば少しは気が楽になりませんか。
行政処分も実質のわずか1日免停ですし、刑事罰もせいぜい\10万くらいではないですか。前科1犯がつきますが、5年で消えます。その間ずっと無事故無違反が続けば再びゴールドが戻って来るではありませんか。
ですから争うことは可能です。ただhimeyuri123さんがこれから、例えば交通裁判で経験を持つ弁護士さんとかに相談し、勝訴できる可能性を大きく見出した時に争いに持ち込む事を検討されることを私はお勧めします。
    • good
    • 2

レーダーの無線技師免許を取得している者ですが。


レーダーの機械がはじき出すデーターは、全くあてになりません。
例えばレーダー波は高周波ですので街中では反射を繰り返します。例えば貴方の車に当たったレーダー波が近隣のビルに反射した場合、2倍の速度を示す事も十分あり得ます。また、近隣のビルではなく対向車に当たった場合、4倍以上の速度になる場合もあり得るのです。警察はこういういい加減な機材を使い、取り締まりをしています。
こういう事を現場で説明出来れば、違反を免れる事が出来るのですが、一般人は説明出来ないでしょう。
結局は弱い物いじめなんです。
機械のはじき出す数値は正しいので、これを認めなさいという具合で、認めた人には罰金(反則金)を課せるのが、警察のやりかたです。
自分が納得出来なければ、サインをしてはいけません。サインをするという事はスピード違反を認めたという事になるのですから。今回の件については、どうしたら良いか私には解りませんが、以後はサイン=納得した事になると頭の片隅に置いておかれる事が大事です。
    • good
    • 6
この回答へのお礼

みなさま多くのご意見ありがとうございました。
速度についてはやはり納得がいきませんが、自分はその計測機がどこに設置されていたのか正確に把握しておらず、したがってそこを通過していた時のスピードメーターも目視していたわけではないので、確かに反論の根拠としては弱いです。また、当該道路はなんというか、殆ど高速道路のようなきれいな一本道で、私の前の車と後続車ともにつかまってるところから判断しても、みんなスピード感覚を麻痺させやすいところなのではないでしょうか(こちらは流れにのってるだけ、という感じなのですが)。
 また、本当に警察の計測器や計測装置に誤差があったとすれば、私以外にも同じ反論をする者があるはずですが、現場にはさほどの混乱は見られませんでした(40キロで走れる道じゃない、と力説している人は何人かいて、おまわりさんも頷いてましたが)。
 よって、今回は速度違反の非を認め、今後は道路状況よりも法定速度を念頭に運転するようこころがけるとします。事故を起こす前でまだ良かったと考えるべきでしょう。

お礼日時:2004/01/28 13:26

>信号後の上り坂でそんなに加速するとも思えない



あなたにとって、唯一の有利な証拠はこの部分です。
車がどんなにがんばっても容疑事実の速度を出せないのであれば、裁判では有利になります。

昔の話ですが、
荷物を満載した古いトラックが上り坂でスピード違反で捕まりました。裁判で争う事になり、実際に当時と同じだけの荷物を積み警察官が運転してスピードを計ったところ、とても容疑事実の速度は出せない事が判明して無罪になったそうです。

このように、誰が運転していても速度超過が不可能ということが証明できれば、あなたの無罪が立証できます。
    • good
    • 0

貴方は自社の速度計を目視していましたか、人間の速度感覚はあやふやなものです。


目前で警察官が止まれの合図をした時にブレーキ操作をしていませんでしたか。
鈴鹿サーキット等でタイムトライアルを充分に訓練していても速度感覚の養成は難しいものです(小生は経験あり)素人の貴方が異議申し立てをしても今回の違反事実の更正は難しいでしょう。
あくまで自己の正しさを証明するには下記の要領で。
実証する方法は当日の測定器と貴方の車両の速度計を公正な機関で誤差の有無を検証するのが最適でしょう。
然し警察は応じてくれるのは?です、後は裁判において証拠調べを採用して貰う以外はないでしょう。
貴方の車両の速度計の誤差は自費で検査する事は可能ですが、証拠保全として其の後の車両運行は停止しなければ裁判での検証時の証拠車両とはならないでしょう。
又、今直ちに警察の「鼠捕り」計測器も証拠保全の為に裁判所に保全命令を出すように手続きする必要が有ります。
小生としては、労あり易なし「くたびれもうけ」で貴方の利益は無いと判断します。
    • good
    • 0

法律に関しては皆さんの回答を参考にされて下さい。



一個人として、経験者として書かせて頂きますと
あくまでも警察署員というのは人間です。

また、人間であり警察署員でもあるのです。

業績を上げた者程、当然出世はしやすいはずです。

私自身も運転中にシートベルトを着用していたのにも
関わらず、罰金を払えといわれました。

警察関係の方には失礼な発言とは思いますが
はっきりいって、『卑怯』が一番似合う職種だと
私はつくづく思います。

そして一言申されてはいかがですか・・・?
「あなたはそんなに給料を上げたいのですか?」
    • good
    • 3

#5ですが、前科がついても、ほとんど一般の職業に付く場合は、分からない。

らしいです。ただし、公的な職業等、一部では影響がある場合もあるそうですが・・・。
交通違反での前科が付いている人は結構いるそうなので、僕の場合は、自分の良心に誓って違反していないと思ったので、裁判までいくつもりです。

他の方が言われていますが、後は、どちらが得か?というより、何をとるか?ちゃんと考えて、自分で判断すべきだと思います。

ちなみに罰金は罪が確定したら、前科が付いたとしても、あまり変わらないそうです。もちろん、よほど、悪質でない限り禁固刑も無いと思います。
    • good
    • 1

争うことは可能だと思いますが、サインをした事は、まずかったと思います。

容疑を否認し、検察や裁判所で事実を確認する時に、あなたの言い分が一環していなければ、信頼性に欠ける。という理由で起訴される可能性が高くなると思います。

もちろん、警察が、あなたの言い分を認めたりする可能性は、相当低いでしょうから・・・。

相手が警察でも、おかしいと思う事は、認めてはいけません。(特にその程度の交通違反ならまさか、牢屋に入れられる事もないので・・・)サインせずに切符だけもらって帰る。というのが、ベストだったと思います。
そうすれば、後日、気が変わって、争うのをやめようと思えば、期日内に振込みさえすれば、なんら問題がありません。
サインしてしまっているのはかなり不利だと思います。

しかし、警察が、あなたに言ったことは、取り方によると脅しの類とも取れなくはありません。どうしても納得いかないなら、あなたが否定する事はできると思います。ただし、それが検察や裁判所で認められるか?は又、別の話だと思います。

どちらにしても、めんどくさいから。という理由で、あなたは、自分が犯罪を犯した。という事を一度は認めたのです。これは、犯罪と同じく恥ずべき行為だと思います。

ちなみに、もし、違反をしていません。と申し立てて、それが認められなかったら、前科が付くそうです。切符だけだと、前科にはなりません。

実際に僕がお世話になった、車専門サイトを紹介します。違反についてもかなり、反応がありますし、事例もあります。

参考URL:http://www.carview.co.jp/
    • good
    • 1

赤キップにサインしたいきさつが上記の通りであれば、異議を申し立てて調書を作成しなおしてもらうことは可能かと思います。


所轄の警察署および都道府県警察署長(東京であれば警視総監)、あと都道府県の公安委員長あてに赤キップにサインした始終を記載した内容(内容に納得していないのに無理にサインさせられた旨)をFAXし、調書の作成を要求します。
調書には「違反者は25キロオーバーと主張」の1節を入れてもらうようにします。
検察は、この調書を見て判断を下します。

ただ、スピードオーバーは違反者の主張が認められることはきわめて低いです。最近のレーダー(ネズミ捕り)の精度はきわめて高いので、「客観的証拠」として受け取られるのです。これをあなたの「いや、75キロも出してなかった」という「主観的主張」と比べると、どうしても貴方の主張が弱いです。
となると、貴方の車のスピードメーターが「狂っている」ということを証明するしかありません。スピードガンなどを使って、公道以外のところで実際にスピードメーターが65キロになるまで速度を出し、測定してみてください。それで実際は75キロ出ているということになると、それはそれなりの客観的証拠になりえます(公道でやると、これが違反になります)。

赤キップを認めれば数万の罰金と多少の免許停止(これも1日講習などで免除可能)です。前科も付きません。
調書→裁判と進めて、もし敗訴すれば「前科者」になってしまいます。
どちらがトクかよく考えたうえで、判断ください。
    • good
    • 0

 こんばんは。



 交通違反をして青切符を切られた場合に払うのは「反則金」。赤切符の時に払うのは「罰金」です。お金を支払うのは同じですが,法的には差があります。
 青切符は軽い違反を犯した運転者が,決められた金額を支払えば「犯罪者」になりません。
 赤切符の場合は「犯罪」として,交通裁判所で刑事責任を追及され裁判にかけられます。裁判ですから,意義を申し立てる事は可能です。ただ,異議を申し立てると面倒な事になりそうですね。

http://kuruma.cside.com/yomimono/35km.htm

参考URL:http://kuruma.cside.com/yomimono/35km.htm
    • good
    • 1

まぁ今更もう駄目でしょうね。

    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q交通違反不服申立後の流れと警察の対応について

40制限の道路を23Kオーバーだと警官に止められました。
私は、停車した所から50M程しか離れていない(実測なし。)所から、測定路線に入り、(T字路突き当たっての合流なのでほぼ一時停止の後進入)1速で左折してスタートしているので、警官(50M)より前にある測定器前で63Kなんていう速度は出ないと、自分の測定路線への合流地点も主張しましたが、「そうだろうよ。でもそこじゃなくまっすぐきた」と言われ続けました。

道に迷ってそこに辿り着いた経緯もあり、そこまで辿り着いた経路を聞かれても完全に答える事が出来ていません。

メーターを見てはいません。が、一時停止から加速2~30Mで63Kにはならないですし、当日は、何を急ぐ用事も無かったので(時間を持て余しての友達とのドライブ)焦ってアクセルを踏んではいません。

計測器(電波式。パラボラの小さいのが道端にあった。)のレシートを見た証拠に捺印させられ(キップではない)、後は不服申立の供述調書を取られ、一番手前の角を曲がったと記述された。速度はわからない。標識も見ていない(記憶していない)と。その場は終わりました。

警官による説明が不十分だったのか、私が動転していたのか、「後ではがきか電話で連絡が来る」事以外、今後どういうことがおこるのかわかりません。

今後、どんな流れで事が進行するのでしょう?

私が供述した所から出てきたという目撃証言を得るような捜査が行われるのでしょうか?
もし、私の記憶違いとなれば偽証罪か何かついてくるのでしょうか?
または、捜査の必要なくキップをきるのに十分なのでしょうか?

1万5千円の罰金とは知っています。納得せずともキップを受け入れるほうが得策でしょうか?

40制限の道路を23Kオーバーだと警官に止められました。
私は、停車した所から50M程しか離れていない(実測なし。)所から、測定路線に入り、(T字路突き当たっての合流なのでほぼ一時停止の後進入)1速で左折してスタートしているので、警官(50M)より前にある測定器前で63Kなんていう速度は出ないと、自分の測定路線への合流地点も主張しましたが、「そうだろうよ。でもそこじゃなくまっすぐきた」と言われ続けました。

道に迷ってそこに辿り着いた経緯もあり、そこまで辿り着いた経路を聞...続きを読む

Aベストアンサー

キップをもらったかもらわなかったかで違ってきますが、もらわなかったのならおそらくセーフでしょう。レシート(と申しますか、測定記録)の裏にサインさせたのは、警官も92177さんを間違って停車させたのに気付いていながら、恰好がつかないのでそのようにしたのだと思います。本当に取り締まる自信があるなら、すなわち違反事実が明確なら何としてでもその場でキップを切るでしょうから。

目撃者さがしですが、スピード違反ならまずやらないでしょう。目撃者さがしに労力を注ぎ込むべき事件は他にもっとあるはずです(例えば、ひき逃げ事件)。中には目撃者をデッチ上げるような話も聞かないではないのですが・・・

万全を期すなら念のため、記憶が確かなうちに当時の状況を紙にでも記録するのがよいです。
道路の見取り図、計測器のあった場所、一時停止の角からの距離、「警官は記録用紙の裏にサインをさせた」という事実・・・できるだけ詳しく。「そこに辿り着いた経路」は、分からないならいりません。
万が一不幸にして裁判になってしまったならそれらの記録をもとに、「本線でなく側道からの合流である」「一時停止から30mの加速で63km/hにはならない」ということを一貫して主張すればよいのです。レシートのサインについても「見た証拠としてサインしろ」と言われてサインした、そのスピードを認めてサインしたわけではない、と事実を述べます。状況を詳細に述べている、主張が一貫しているというのは裁判において多くの場合有利です。

万一青キップをもらったあとの流れですが、およそ以下の通りです。
反則金の仮納付をする→処分はこれでおしまい。違反は認めたことになる。なお行政処分(いわゆる点数)は別途あります。
仮納付をしない→通告が来るので、本納付をするかしないか決める。本納付すればそれで処分はおしまい。違反は認めたことになる。行政処分は別途。
本納付もしない→本納付も蹴ると裁判コースになり、略式裁判か正式裁判か選ぶ。略式は事務手続きだけで終わるが違反は認めたことになり必ず有罪。一方、正式裁判(に行くコース)は不起訴になる可能性も十分ある(実際、不起訴の割合はかなり高いです)。
運悪く起訴になったなら上記の主張を首尾一貫して行えばよいのです。正式裁判だからといって略式の場合に比べ罰金が10倍になったりはしません。また(不利を承知の上で)弁護士をつけなくてもよく、その場合は当然弁護士費用も掛かりません。
「面倒なので、不満だけど反則金を払って済ませてしまう」「とことん正式裁判まで争って無罪を勝ち取る」これのどちらがよいかは92177さんにしか決められない部分ですが、それぞれでどのような扱いがなされるか知った上で判断するのは決して無駄ではないと思います。
おそらくはこのまま音沙汰なしの公算が大ですが・・・

参考URLはジャーナリスト今井亮一氏による交通取締に関するページです。そちらのBBSで質問すれば、私よりずっと詳しい回答も期待できると思います。

参考URL:http://www.geocities.co.jp/MotorCity/1103/

キップをもらったかもらわなかったかで違ってきますが、もらわなかったのならおそらくセーフでしょう。レシート(と申しますか、測定記録)の裏にサインさせたのは、警官も92177さんを間違って停車させたのに気付いていながら、恰好がつかないのでそのようにしたのだと思います。本当に取り締まる自信があるなら、すなわち違反事実が明確なら何としてでもその場でキップを切るでしょうから。

目撃者さがしですが、スピード違反ならまずやらないでしょう。目撃者さがしに労力を注ぎ込むべき事件は他にもっとあるは...続きを読む

Q交通違反の不服申し立てについて

交差点内に入ってから手押し信号が黄に変わり減速しましたが間に合わず横断歩道上を通過した時点では赤に変わっていました。病人を乗せていたので速度も45キロ位しか出していませんし、急ブレーキも避けたかったので進んでしまいました。交差点内に入っていたので戻れませんでした。運悪く(?)パトカーに見つかり、説明しましたが聞き入れられず、反抗すると恐いので青キップにサインしてしまいましたが納得できません。あの場合パトカーでも止まれないと思います。不服申し立てをしたいのですが、どのようにすればよいのでしょうか。警官は一人でした。裁判で勝てる場合が多いと聞きましたが本当ですか?料金は?負けた場合は前科が付いてしまうのですか?

Aベストアンサー

> 具体的には自分からどのような申し立ての行動を取られたのですか?

なにも。反則金を払わなければ、向こうから連絡してきます。

> 手続き等大変ではなかったですか?

いや、べつに。
警察から現場検証をするので来て下さい、と連絡がありましたが、
任意なので断りました。
検察庁に出頭するときに、レポート用紙に今回の取り締まりの経緯や、
自分の意見、現場見取り図などを書いた「意見書」を書いて持っていきました。

> 不起訴になる可能性はどのくらいと思いますか?

それは検察官しだいですね。
たしかに、サインをしたということは一度は認めたというふうにとられるので、不利ですが、
あなたが正しい運転をしていたのでしたら、100%不起訴でしょう。

> 罰金の9000円は大金ですが

僕の場合、反則金が8000円で、そのとき僕は日給8600円のアルバイトをしていました。
バイトを休んで検察庁に出頭するより、反則金を払って終わりにしたほうが安くついたんです。
しかし、警察が間違った取り締まりをしていることが許せなかったので、
損得ぬきで、検察庁に行きました。

> 裁判って怖い気もするし(気が小さいので)

あなたが正しい運転をしていたのなら、何も恐れることはありません。

> 負けて前科がつくのもいやだし・・・

そこが反則金制度の問題点なんです。
警察におとなしく従えば、前科はなし。
従わないと、前科者になる(可能性がある)。
やったことは同じなのに、おかしいと思いませんか?
法律は平等でなければいけないはずです。
それに、道路交通法違反の前科者なんて、たくさんいます。
(いわゆる「赤キップ」は反則金制度の対象外なので、
「赤キップ」をもらった人はみんな前科者です。)
それぐらいで生活に不利益があるとは思いません。

ただお金が惜しいからごねてるだけなら、反則金を払って終わりにしたほうが簡単です。
しかし、自分は間違った運転をしていない。
間違った取り締まりが横行している世の中が許せない。
というなら、検察庁で自分の意見を言うことを勧めます。

> 具体的には自分からどのような申し立ての行動を取られたのですか?

なにも。反則金を払わなければ、向こうから連絡してきます。

> 手続き等大変ではなかったですか?

いや、べつに。
警察から現場検証をするので来て下さい、と連絡がありましたが、
任意なので断りました。
検察庁に出頭するときに、レポート用紙に今回の取り締まりの経緯や、
自分の意見、現場見取り図などを書いた「意見書」を書いて持っていきました。

> 不起訴になる可能性はどのくらいと思いますか?

それは検察官しだ...続きを読む

Q交通違反(青キップ)の違反金を払わず検察庁に呼び出しがあったらどうなる

交通違反(青キップ)の違反金を払わず検察庁に呼び出しがあったらどうなるの?前科?

交通違反(青キップ)仮納付書もらう→違反金を払わない→後日、本納付書届く
→違反金を払わない→検察庁から呼び出しがある
という流れになるらしいのですが・・・。

その後検察庁に出頭した時、
「裁判するの面倒なのでごめんなさい」と違反金を払ったら特に問題ないのでしょうか?
それともその段階で「違反金」から「罰金」と呼び名にかわり、
検察庁に呼び出された時点で、その後裁判をしようが(起訴)、しまいが(不起訴)、
謝ろうが(その場で違反金払う)前科になってしまうのでしょうか?

そしてこんなつまんないことで前科がつくと、その後の人生で何か不都合があるのでしょうか?
(国家試験が受けられない、公務員になれないなど)

法律に詳しい方、経験された方、ぜひ教えていただけますでしょうか。

Aベストアンサー

本当に正しい解答をします。

まず青切符が切られた場合は、反則金になります。反則金とは、行政処分の一種で、たとえば食中毒を起こした飲食店に対する営業停止処分と同じです。これは行政(警察や保健所など)が法律を守らない人(や法人)に対して罰則を与えることで法律を守るように促す効果があるからです。

交通違反で捕まった時には反則金(青切符)と罰金(赤切符)があり、反則金は行政処分なのに対して赤切符を切られたときには罰金になります。罰金は行政処分ではなく、裁判を行う刑事罰ですので裁判(簡易裁判を含む)で有罪と確定し罰金刑を命じられ、罰金を納めることで終了する刑法違反になります。裁判で有罪となっていますので、赤切符の場合は厳密に言えば前科がつくことになります。

青切符を払わないでいると、催促の手紙と共に同じ内容の赤切符が送られてきます。これは反則金を納めないと、行政処分ではなくて検察に書類送検しますよ、ということです。最初から赤切符を切られている場合は、送検されてるのです。
ですから青切符でも督促状の期限までに反則金を払わない場合は、赤切符と同じ扱いになり、検察に書類が送検されて、起訴して裁判になるか決まります。赤切符と違うのは、赤切符の場合、ほぼ例外なく起訴されるのに対して、青切符の場合起訴されないことも結構あることです。

その後起訴が確定すると検察から呼び出しがかかります。この時点で交通裁判専門の略式裁判にすることができます。この場合ほぼ100%有罪ですから、結局反則金が罰金に名前を変えて同じ金額を払うことになり、前科がつくということになります。
略式裁判を拒否すると、正式な裁判になり、裁判で有罪になれば反則金と同じ金額を払うことになります。
ここで注意していただきたいのは、反則金を期日までに支払わない場合にかかる超過手数料は、検察に送検された後でなくなり、不起訴なら支払いは無し、略式でも正式でも裁判で有罪なら最初の反則金と同額が罰金になることです。無罪ならもちろん支払いませんし、有罪でも反則金の時の手数料は発生しません。

デメリットは有罪判決を受けて罰金を払ったときに前科になることですが、赤切符をきられたことがある人はその時点でほぼ間違いなく前科もちになってしまうため、交通違反による前科持ちは日本中にたくさんいます。
そのため、犯罪証明が必要な事柄、公務員試験とか外国のビザ発給などは原則として交通違反による前科を除外していますので、まず普通の生活ではデメリットになるとはいえないでしょう。

ちなみに私はこの10年間で4回ほど青切符を切られていますが、日本の交通取締りの現状に不満がありますので、すべて検察に送ってもらっています(つまり反則金を払わないということ)この4回のうち裁判になったことは1度もありません。

本当に正しい解答をします。

まず青切符が切られた場合は、反則金になります。反則金とは、行政処分の一種で、たとえば食中毒を起こした飲食店に対する営業停止処分と同じです。これは行政(警察や保健所など)が法律を守らない人(や法人)に対して罰則を与えることで法律を守るように促す効果があるからです。

交通違反で捕まった時には反則金(青切符)と罰金(赤切符)があり、反則金は行政処分なのに対して赤切符を切られたときには罰金になります。罰金は行政処分ではなく、裁判を行う刑事罰ですので裁判...続きを読む

Qスピード違反の不当取締りに納得いきません

初めてご相談します。

昨日近所の毎日のように通る道でねずみ取りをしており捕まってしまいました。

片側2車線の環状線の側道で、この道はもともと違法駐車がびっしり並ぶ道なので走行車は全て右車線を走ります。
私の前を走っていた2台の大型トラックが、制限速度40kmのところ20km前後の徐行運転をしており、私の後ろにも後続車が列をなしていました。
すると突然2台のトラックが同時に左車線に入りました(ここには違法駐車はいませんでした)
もともと徐行運転していたのと、この道はトラックの違法駐車が多いことから「駐車場所を探しながら徐行するから先に行け」の合図だと思い、もともと徐行運転だったので加速するためアクセルを一度踏みました。
2台のトラックを追い越した後すぐブレーキで減速し制限速度で走行していると、100mほど先で警察の停車命令を受けました。
ちょうど、トラックを追い越してアクセルからブレーキに踏み変えるぐらいの一瞬をねずみ取りに計測されてしまったようなのです。

私は免許を取ってから一度も速度違反をしたこともなく、幼児を乗せていることもあり制限速度以下で走ることがほとんどです。
そのため、この道の上を走る環状線や同じ道でもトラックにあおられたり危険運転で恐怖を感じたこともあります。

過去に一度ナンバーを覚えておいて警察に通報したこともありますが、レンタカーだったようで「店はわかっても使用者まではわからないから何にもならない」と警察に言われました。

また、最初にも書いた通りこの道は普段から違法駐車のトラックがびっしり並ぶ道です。
違法駐車のせいで交差点で渋滞を起こすこともあるので、近所の住民は日ごろから迷惑しており、私も過去2回ほど通報したことがあります。

でも、一度も取り締まっているところは見たことがなく、全く違法駐車の数は減っていません。

私は毎日のように通る道なので、制限速度もねずみ取りをしていることもしっていました。
でも、上に書いたような今までの経験から、「駐車場所をさがすために左によけたトラックからの先に行けの合図をされた。急がなくちゃ」という思いから「ねずみをしてる」ということをすっかり忘れてあわててアクセルを踏んでしまうことになりました。

結局61km出ていたらしく21kmオーバーの速度違反だと言われましたが、私にとってはやむをえずスピードをあげた一瞬を計測され、後にも先にも制限速度を厳守していたのに、絶対に納得できませんでした。

それを現場の警察官に説明しましたが、「スピードをあげて追い越すことはない」とか「計測器は事実だから仕方ない」などと言われました。
でも、絶対に納得できなかったので違反切符にはサインせず、調書をかいてもらいました。

また、すぐ手前の違法駐車は取り締まらないのになぜスピード違反を取り締まるのか?と質問すると「あそこには運転手さんが乗っている。運転席の後の部屋で寝ているから見えないけど。あの道は何もない一本道で木陰だから休んでいるんだ。」と言われました。

停車が通行の妨げになったときすぐ車を移動できる状態でいるのが停車で、でも5分以上同じ場所にいるのは駐車なると私は記憶していたので絶対におかしいと思いました。

普段から近隣住民の迷惑となっている違法駐車は寛大で、その同じ「何もない道」のすぐ先でスピード取締りを行っていること事態絶対おかしいと思います。

私は今回のことで、罰則金はもちろんゴールド免許が剥奪されることも絶対に納得できません。
現場警察官に「あなたは市民ではなく違反者です」と言われたこともあり警察の対応に断固異議を申し立てるつもりです。

公安に職務執行について苦情を提出したり、行政不服審査法に基づいた異議申し立てなどがあることはわかったのですが、今後どのような手続きと対応をしたらよいのか全くわかりせん。

どうぞ知っている人がいらっしゃいましたら是非お力をお貸しください。

初めてご相談します。

昨日近所の毎日のように通る道でねずみ取りをしており捕まってしまいました。

片側2車線の環状線の側道で、この道はもともと違法駐車がびっしり並ぶ道なので走行車は全て右車線を走ります。
私の前を走っていた2台の大型トラックが、制限速度40kmのところ20km前後の徐行運転をしており、私の後ろにも後続車が列をなしていました。
すると突然2台のトラックが同時に左車線に入りました(ここには違法駐車はいませんでした)
もともと徐行運転していたのと、この道はトラックの違...続きを読む

Aベストアンサー

流れだけ書いておきます。
この後、多分警察から電話があり、事情を聞きたいと行ってくるので、とりあえずこれには応じてください。
これとは別に反則金通告センターから連絡がありますけど、こちらは反則金を支払う気持ちはないと伝えてください。
概ね1ヶ月ほどで検察から呼び出しがあり、大勢の違反者と一緒に列に並びます。
ここに来るのは飲酒運転や人身事故と言った赤切符の人で、事務官が調書を読んでサインを求めるという作業が淡々と進み、おおよそ1人あたり5分程度で進行しますけど、あなたは当然異議ありですから、ここでいろいろ言いたいことを言います。
ただ、先方はほとんど言い分は聞いてくれず、あなたの言ったことを要約して調書にまとめ、これですべて終わりです。
他の人は別の窓口で罰金を支払って帰りますけど、あなたはそのまま帰宅、以後は何もなく免許の書き換えで、違反をした人間として扱われるのみで、罰金を払う機会も文句を言う場も無いです。
他の回答者が「裁判」という言葉を使っていますけど、実際当事者になってみれば判りますけど、そんなものはありません、99%以上の確率で起訴されることもなければ、こちらから訴える事もできないシステムになっています。
まず去年の交通違反の起訴率が6.4%で、飲酒や人身事故などどうしても起訴しないといけない事例を含みますから、あなたのような人を裁判することはとても無理で、運良く暇な検察官に当たった場合のみで、常識的には無理でしょう。
こちらから訴えるとしても、あなたは罰金を支払っていないのですから不利益が無い、不利益が無いことを提訴するのは権利の乱用ですから、裁判所も訴状を受けてくれません。
異議申し立ては警察という身内が見るので、身内の事は有利に判断します。
という事で打つ手無しですけど、全く無駄かというと、この不服申し立てをするとカウントされるので、何かの時に警察の取り締まりがおかしいという苦情もあるからと、政治的に取り上げられる可能性はありますから、やらないよりはマシと思います、あなた自身には利益はないですけど、同じような人には何らかの影響もありかなと。

万一裁判になっても、生意気だから罰金を沢山取ってやろうということは無いのでご安心ください。
起訴後の有罪率はほぼ100%なので、言いたいこと言って反則金相当額を払って終わりです。

私も3年間放置後、時効を迎え、格好の悪い免許になってしまいました。

流れだけ書いておきます。
この後、多分警察から電話があり、事情を聞きたいと行ってくるので、とりあえずこれには応じてください。
これとは別に反則金通告センターから連絡がありますけど、こちらは反則金を支払う気持ちはないと伝えてください。
概ね1ヶ月ほどで検察から呼び出しがあり、大勢の違反者と一緒に列に並びます。
ここに来るのは飲酒運転や人身事故と言った赤切符の人で、事務官が調書を読んでサインを求めるという作業が淡々と進み、おおよそ1人あたり5分程度で進行しますけど、あなたは当然異...続きを読む

Q一般道で31キロオーバーで赤切符を切られました。

私は現在大学4年生です。週末に友人と出かけた際に見通しのいい50キロ制限の国道でスピードを出しすぎて、その先の横道から警官が出てきて止められ、赤切符を切られました。31キロオーバーでした。それくらいは出していたと思うので認めると警官に「略式裁判があるからそのうち裁判所から連絡が行くから。」言われ、その場で切符にサインをさせられ、何も渡されずに帰されました。この後どうなるのでしょうか。今までに駐車違反で二度つかまっています。他のサイトで調べたところ免停の行政処分と罰金刑に科せられ前科がつくということでした。もう前科者になるしかないのでしょうか。大学院に進学する予定なのですがこれは2年後の就職の際に大きく影響が出るのでしょうか。罰金はどのくらいなのでしょうか。まとまりのない質問で申し訳ありませんが、とても不安です。どなたか答えてください。

Aベストアンサー

運が悪かったですね・・・実は私も先週30キロオーバーで捕まりました。

駐車違反をしてから1年経っていますか??

罰金は略式裁判で決まるそうなのでなんともいえませんが5~7万くらいくるそうですよ。(-_-)

前の駐車違反から、1年以内に今回のスピード違反をしたとしたら、罰金のほかに、60日間の免停がくることでしょう・・・・

わたしも同じです(+_+)
そして今後は3年はおとなしくしていないと、本当に免許がなくなりますからお互い気をつけましょうね・・・

でも・・・・なにも渡されずに帰された・・・というのが気になります。
とりあえず「赤切符」をいただきませんでしたか??
これもって裁判所に行くのでは??

Q検察庁からの出頭通知。。。

バイパスを走行しててたら トラックにあおられ恐かったのでトラックとの距離を離れたいが為にスピードを出して走ったら42キロオーバーでオービスにひっかかってしまいました。約2週間後、警察から出頭通知がきたので警察に行き その時の状況の事情徴収をされました。それから1ヶ月後、違反者講習に行きました。それから1ヶ月後 検察庁から『違反についてお尋ねしたい事があります。。。』と言う 6月9日に出頭してくださいと言う通知が来ました。違反者講習→簡易裁判所(罰金)と思っていたのですがこれはどう言うことなのでしょうか、、、初めてなので何もわかりません。検察庁では 受け付けから終了するまで1時間30分くらいかかると書いてありました。検察庁に出頭後 後日
簡易裁判所なのでしょうか?今後 どうなるのか教えて下さい。とても不安です。

Aベストアンサー

私は本日略式命令の通知がきました(^^;経験者です。

私も後続車にあおられ腹を立ててフル加速したらみごとに
オービスがひかりました。一般道で40kmオーバーです。

検察庁から通知が来るまでの過程はkei_ha09さんとまった
く一緒です。
恐らく通知書には、出頭日時と担当事務官の氏名が書かれ
ていると思います。
検察庁に行くと衝立で仕切られた机がいくつかあるのです
が入り口にどの机に誰が座っているか書いてありますので
担当事務官の元に行きます。
すると、警察で作成された調書を基に事件事実の確認と、
それに対して意見がないか聞かれます。そして最後に当該
事件について正式裁判にするか略式手続きにするかを聞
かれます。私の場合当然後者です。検察庁の玄関を入って
でるまで約15分くらいで、あっという間でした。

裁判所に出頭して罰金を払ってくるのは交通事件即決裁判
手続法基づく手続きで、裁判所には出頭せずに裁判官に書
面手続きをしてもらう略式手続きは刑事訴訟法に定められ
ていますので詳細はお調べください。どちらにしても起訴
されて裁判を受けることに変わりはありません。

検察庁に出頭し略式手続きによる裁判を了承すると、後日
裁判所より赤切符が送られてきて、裏面の略式命令、即決
裁判のうち略式命令に丸が付けられ、その下に罰金の金額
が押印してあります。私の場合8万円でした。
赤切符と一緒に紙が入っており、そこには「罰金は検察庁
から納付告知書を送るので振り込むように」と書かれた紙
が入っています。書かれているとおり後日告知書が送られ
てきたら罰金を振り込んで本件は終了です(といっても前
科はしっかり残ります)

スピードの出しすぎで事故を起こし大怪我しなかっただけ
でも良かったと思いましょう。これからはお互い安全運転
ですごしましょうね(^^ヾ

私は本日略式命令の通知がきました(^^;経験者です。

私も後続車にあおられ腹を立ててフル加速したらみごとに
オービスがひかりました。一般道で40kmオーバーです。

検察庁から通知が来るまでの過程はkei_ha09さんとまった
く一緒です。
恐らく通知書には、出頭日時と担当事務官の氏名が書かれ
ていると思います。
検察庁に行くと衝立で仕切られた机がいくつかあるのです
が入り口にどの机に誰が座っているか書いてありますので
担当事務官の元に行きます。
すると、警察で作成された調書を基...続きを読む

Q音沙汰なし??スピード違反の罰金の払い忘れ。

スピード違反の罰金を払うのを忘れ続けるとどうなるのでしょうか?

そう、ちょうどあれは1年前のことでした。
社内でドライブ兼お花見に行った時のこと。
春の交通安全運動週間だったのでしょうか。
車3台で行ったのですが、1台の車がスピード違反で捕まりました。
その車には運転手(車の持ち主)と私と同僚2名の計4名が乗っていました。
なんとなーく私たちはドライバーに申し訳なく思い、
罰金は4人で割るって支払うことにしました。
後日、4人で割った罰金を運転手に支払うねと約束したのですが
4人ともすっかり忘れ・・・。

そして再びお花見の季節が。ふと思い出し私が運転手に
「そういえば、まだ罰金私の分払ってないんだけど、いくら渡せばいい?」と聞いたところ
運転手はなんと
「そういや、忘れてた・・・」と驚きの発言。
何度か警察から封書が届いていたようですが、いつの間にか来なくなったので、ケロっと忘れてたらしいです。

さて、こういう場合はどうしたらいいのでしょうか?
このまま放っておいていいもの?
ちなみに何キロオーバーとかは覚えていません。

スピード違反の罰金を払うのを忘れ続けるとどうなるのでしょうか?

そう、ちょうどあれは1年前のことでした。
社内でドライブ兼お花見に行った時のこと。
春の交通安全運動週間だったのでしょうか。
車3台で行ったのですが、1台の車がスピード違反で捕まりました。
その車には運転手(車の持ち主)と私と同僚2名の計4名が乗っていました。
なんとなーく私たちはドライバーに申し訳なく思い、
罰金は4人で割るって支払うことにしました。
後日、4人で割った罰金を運転手に支払うねと約束したので...続きを読む

Aベストアンサー

長野県警のFAQに詳しく書いてあります。

http://www.pref.nagano.jp/police/koutsu/sidou/tsukoku-qa.htm
>反則金の納付はあくまでも任意ですので、違反について納得できたのであれば、納付していただいてかまいません。

あなたのご友人は「納得できない人」という扱いになります。
警察に出頭するしないは任意、絶対に出頭しないといけないのは「裁判所」からの通知です。

Q青切符 不起訴後行政処分点数は戻りますか?

最近交通違反で青切符を切られることがありました。私としては取り締まりに納得できず、結局サインをせず正式裁判まで争う覚悟でことに当たっております。(違反内容は走行中の携帯電話の使用加点1点/反則金6,000円です。)
さて諸先輩方の内容を拝見するに青切符サイン拒否→不起訴まで流れのお話は多数あり大変参考になるのですが、そこで質問です。
刑事処分と行政処分は別であると聞きます。仮に刑事処分で不起訴(起訴猶予)となった場合行政処分で課せられた点数は戻るのでしょうか?また戻すためにはどういったことをすればよろしいのでしょうか?
当方、ゴールド免許であり反則金ではなく点数加点が気になっております。
どなた様か上記内容をご存知でありましたらお教え下さい。
最後になりますが私の知識不足による稚拙な表現がございましたら何卒ご容赦下さい。
皆様のアドバイス・経験談お待ちしております。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

>刑事処分と行政処分は別であると聞きます。

はい。完全に独立と考えてもらってほぼOKです。

>仮に刑事処分で不起訴(起訴猶予)となった場合行政処分で課せられた点数は戻るのでしょうか?

「自動的には」戻りません。
行政機関のやることは、たとえ違法であったとしても、
それなりの手続を踏んだ上でなければ法的に無効にはならないんです。

この「それなりの手続」とは、
たとえば行政不服審査法による不服申し立てですし、
なんとなれば行政訴訟ですが、
…やります?

コストは間違いなく、ゴールド免許でなくなることによって
かかるコスト(思い浮かぶのは講習手数料や講習時間、任意保険の保険料くらいですが)を
軽く上回りますし、それでいて点数取り消しを勝ち取れる見込みは相当薄いです。

というのも、ゴールド免許でなくなることによって失われる利益が
(上に括弧書きしたような話ですね)
「法律で保護されるべき利益」とまで評価されるかどうか…ちと苦しいのではないか…と思うので…

Q10kmオーバーでスピード違反・・・。

今日のお昼休みに、「法定速度50km」のところを、
60kmで走っていたので、捕まりました。。

その辺りでは一番大きな道路だったんですが、
でも、大きな道路の「法定速度50km」の道路って、暗黙の了解みたいなのってありませんか?

高速だったら、80kmだけど100kmまでなら警察は捕まえないだろうし、
50kmだったら60kmくらい出てても、捕まえないと思うんですが、、
これで違反なんて、もうどこも走れなくなってしまいました(;_;)

ほんとにみなさん、50kmで走ってるんでしょうか。
警察だって、非番になれば、10kmオーバーくらい出してると思うのに
他県ナンバーだったので、捕まったのかな。。

Aベストアンサー

反則金は8キロから設定されていますので、最低8キロオーバーから捕まる可能性があります。

基本的に道路交通法を遵守することを前提に免許が交付されます。
つまり、免許が交付されたと言うことは違反があって捕まったときに知らなかったは通用しないということなんですよね。
違反をすれば捕まるのが当たり前で、捕まらないのはたまたま運が良いからです。

と、建前はおいといて。
10や20は普通ですわ。運が悪かったと諦めるしかないのですが・・・
自己防衛に気をつけましょう。
周りの速度に合わすとか、先頭には勤めてならないとか、レーダー探知機を付けたりね。

出来るだけバックミラー、サイドミラーは見ましょう。
赤色灯が点灯する前に見つけて速度を落とせば勝ちじゃ。

Qスピード違反の取り締まりは現行犯以外でもありえますか?

本日40制限の道を走っていたのですが、前の車がのろのろ走っていたので、追い越しました。
当然制限オーバーのスピードを出してしまったのですが、追い越す瞬間に左を見ると、警察が5人ほど座っていたのです。
明らかに白バイ隊員のような方もいました。
ヤバイ!と思いましたが、追い越すしかなく、捕まったと思い観念したのですが、その後は追いかけてくる雰囲気も、とめようとする雰囲気もまったくなく、結局何もありませんでした。
サイドミラーでは、明らかに警察全員が私の車を見ていました。
今となってはそのとき何キロ出したかも覚えていません。
ナンバーが控えられて、後日出頭命令などが来ないか非常に不安になっています。
ここでお聞きしたいのですが、スピード違反の取り締まりは現行犯以外でもありえますか?
本日のことは本当に反省しておりますので、どなたかご教授いただけないでしょうか?
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

#3です。
もちろん保証できませんがまずないと思います。保証できないので参考にしておきます。

理由は「運転者を特定する手間が掛かるから」です。
自動速度取締装置が顔写真を撮影するのは、「運転者を特定する証拠」としてです。追尾式の取締、ネズミ捕りなどが現行犯で取締っているのは、「その場で運転者を特定するため」です。
運転者不特定の場合に手間隙かけて捜査して敢えて取締るのは先の回答でも挙げたような相当悪質な場合だけですが、追跡も停止指示もされない程度の違反であれば「相当悪質」ということはまずありません。

とにかく速度違反取締りのためには、
「いつ、どこで、誰が、何キロ違反したか」
ということが分からないといけません。
そこで一つでもわからないことがあればそれは捜査で明らかにしなければなりません。しかし、それだけの手間をかけて捜査をすることはほとんどないのです。警察はそこまで暇ではないのです。

駐車違反の処分方法を変えた一つの理由も「誰が」を特定できないからしらを切られると面倒なためです。駐車違反の場合は、だからと言って取締らないとほとんど取締れないので、多少の手間をかけても「誰が」を特定することはあります。しかしその手間もばかにならないので民間委託と合わせて処分方法を変えたのです(その結果、行政罰としての実効性は下がりましたが)。速度違反は元々そこまですることは滅多にありません。

#3です。
もちろん保証できませんがまずないと思います。保証できないので参考にしておきます。

理由は「運転者を特定する手間が掛かるから」です。
自動速度取締装置が顔写真を撮影するのは、「運転者を特定する証拠」としてです。追尾式の取締、ネズミ捕りなどが現行犯で取締っているのは、「その場で運転者を特定するため」です。
運転者不特定の場合に手間隙かけて捜査して敢えて取締るのは先の回答でも挙げたような相当悪質な場合だけですが、追跡も停止指示もされない程度の違反であれば「相当悪質」...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング