最新閲覧日:

ある本を読んでいたら,香具師の符丁では数字を次のように呼んだと書かれていました。

1=ヤリ,2=フリ,3=カチ,4=タメ,5=ズカ
6=ミズ,7=オキ,8=アッタ,9=ガケ,10=チギ

これらの語源をご存じの方がいらっしゃったらご教示ください。語呂合わせとか連想とか,そういったものでしょうか?1つとして語源の見当がつかないのが悔しいというかもどかしいというか,気になってしかたがありません。

よろしくお願いいたします。

A 回答 (1件)

カンですよ。

頼りになりませんよ。
と言えば安心して回答できる……
一部だけですが、
一 ……「やり」のように見えます。
六 ……「水」にちょっと似ています。
八 ……イタリア語で「オット」。なんか似てます。

以上、カンで言ってみました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

あはははは,香具師=漂泊のイタリア人起源説ですね。これは気がつきませんでした。ありえないことではありませんね,何といっても日本にはキリストも来ているし,酒呑童子の正体は「シュタイン・ドッチ」というドイツ人ですから。トンデモ本でも書いてみようかな。

1=「やり」は納得です。でも「水」はかなり苦しい・・・。いずれにせよ,楽しいお答えありがとうございました。

お礼日時:2001/05/17 22:29

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ