『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜ人々を魅了したのか >>

10年間公務員として働いてきた兄は、この3月で退職し家業を継ぐことになりました。したがって共済年金から国民年金に変わります。25年払わないと年金はもらえないから、今まで払ってきた共済年金が無駄になったと本人は嘆いています。本当にそうなのですか。その分は将来共済年金としていくらかもらえないのですか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

#3の追加です。



公的年金には、一律支給の基礎年金と加入期間中の給与に比例する報酬比例部分とがあります。

国民年金の加入者は基礎年金のみですが、厚生年金や共済年金に加入して人は、基礎年金と報酬比例部分の年金が支給されますから、国民年金20年、共済年金10年払った人のほうが支給額が多くなります。

年金については、参考urlをご覧ください。

参考URL:http://www.saveinfo.or.jp/kinyu/nenkin/nenkin00. …
    • good
    • 6
この回答へのお礼

再度回答していただき、ありがとうございました。

お礼日時:2004/02/07 19:30

共済年金は、要するに、国民年金の一部なんです。



あなたのお兄様は、今までの10年間は国民年金の一種として「共済年金」に加入していたのです。だから、これから15年にわたり国民年金を支払うだけで、「国民年金をもらう権利が生じる、25年間の加入」になることができます。

もちろん、25年は最低ラインですし、しかるべき年齢になるまで加入する方が、より満額に近い金額を受け取ることができますが。

さて、10年の共済年金ですけど、その10年という期間に比例させた分だけ、いくらかですけど、もらうことが出来ますよ。
私自身、公務員ではないんですけど、別の種類の共済に加入していた時期があります。
アルバイト社員だったんですけど、結婚する時に、勤務日数を減らしました……が、職場で、共済(社保)に加入させてもらえるギリギリの日数まで減らしました。
人事課で仕事をしていた友人が、将来もらえる共済年金のことも含め、「最低限の日数でも、とにかく可能な限り長く加入していた方がいい」って言ってくれたのも、理由の1つでした。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2004/02/07 19:32

>共済年金10年払った分、国民年金のみの人より多くもらえるのか、


その通り、多くもらえます。
国民年金は国民基礎年金として受給できます。
共済年金は、掛け金とかけた年数に応じてもらえます。
つまり両方もらえるわけです。

国民基礎年金部分も、共済年金部分も、とにかく公的年金の受給の基本的資格として、
「公的年金に通算して25年以上加入していること」
という条件があるだけで、通算して25年あればどの年金も掛けた金額に応じてもらえるという仕組みです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございました。よくわかりました。

お礼日時:2004/02/07 19:29

国民年金というのは日本に住む人全員が加入しています。



1号被保険者..直接国民年金に加入し保険料を支払う人
2号被保険者..厚生年金や共済年金などを通じて加入する人
3号被保険者..厚生年金や共済年金加入者の配偶者が保険料免除で加入

つまり基礎部分が国民年金で、それに+αの年金として厚生年金、共済年金などかあります。
これからは国民年金で基礎部分のみ加入という事です。

25年加入しないとならないと言うのは、この基礎部分である国民年金の加入期間が25年という意味です。(厳密には少し違うが、そこは気にしなくても大丈夫)

ちなみに、将来の年金受給額を増やしたい場合、

A)負担を出来るだけ少なくしたいのであれば国民年金の付加年金(月400円)
  ただし増える量も少ない。でも税金投入により大変お得。
B)国民年金基金加入

のどちらかの方法があります。Bの場合でもAで書いた税金投入がありますのでお得です。
Bの運用利率も2%以上あるはずです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございました。これから国民年金を払えば年金の受給資格があることはわかったのですが、兄の場合、共済年金10年払った分、国民年金のみの人より多くもらえるのか、それとも同じ額かを知りたいです。

お礼日時:2004/02/05 23:13

厚生年金・国民年金など下記に掲げる公的年金制度の加入期間は通算され、最低25年加入すれば年金を受給する資格が発生します。



通算の対象とする公的年金制度は、次のとおりです。
国民年金・厚生年金保険・船員保険・国家公務員共済組合・市町村職員共済組合その他地方公務員の退職年金制度・私立学校教職員共済組合・公共企業体職員等共済組合・農林漁業団体職員共済組合

参考urlをご覧ください。

参考URL:http://www.ndl.go.jp/horei_jp/kakugi/txt/txt0135 …

この回答への補足

上記のサイト見ました。今ひとつわからなかったのは、国民年金のみ30年払った人と、国民年金20年、共済年金10年払った人は、受給額が同じになるのでしょうか。

補足日時:2004/02/05 23:07
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2004/02/05 23:07

こんばんは。



共済年金も第2号国民年金被保険者なので、大丈夫です。あと15年かけたら、10年分の共済年金ももらえます。ただ、15年は最低レヴェルです。60歳までがんばってかけて、ウハウハ(死語)な老後を過ごしていただきたいとおもいますw

この回答への補足

>共済年金も第2号国民年金被保険者
ここがよくわかりませんでした。共済年金も国民年金の一種ということでしょうか?

補足日時:2004/02/05 22:26
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。私も共済年金がまったくもらえないのはおかしいと思っていました。さっそく兄に報告します。

お礼日時:2004/02/05 22:26

はい。

そうです。
通算して25年必要です。
共済10年・国民10年じやだめです。

この回答への補足

説明不足で申し訳ありません。国民年金は10年ではありません。兄は今33歳ですから、これから27年間国民年金を払うことになります。

補足日時:2004/02/05 19:30
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q地方公務員共済ですが、年金額知りたい!(切実です)

 体を壊し2年前にリタイヤした者です(今年55歳)年金額の概算を知りたく嘗ての組合事務所に問い合わせても、相手にしてもらえません。
 若いとか、何時変更が来るか分からないとか、お役所的な発言ばかりです。
 組合期間は32年有ります、今は国民年金1号付加年金も払っています。
 概算でも良いから知りたいです。

Aベストアンサー

拝見。リタイヤー10数年の年金生活者です。社会保険事務所へ行っても未だ相談に乗って貰えませんし。私も55才過ぎ頃、丁度年金改正が有ったのか、政府発行?の「此れからの年金はこう変わる」とかの本で自分の年金受給額を勉強した事が有りました。
ご自分でも大凡の受給額の計算は出来ます。

基本になるのは、簡単に言いますと勤め始めてから~終わりまでの毎月の報酬(以前ですからボーナス等は除く)の平均を標準報酬月額と言います。基礎年金の上に→標準報酬月額×月数×%=標準報酬比例部分?→を乗せた金額が受給者の年金額に成ると記憶しています。

大分昔の物価も安く給料も安かった頃の報酬は今のそれなりの等級に換算されると思います。報酬の15%÷2が社会保険料控除と思います。10年ほど前の報酬が標準報酬月額に近いのではないでしょうか?

先の×%の何パーセントかを忘れていますので先の事を念頭に書店で「貴方の年金額早分り」等の本を探されると良いと思います。
32年勤続でぜひ概算をとのことですので、経験則ですが24~5万から30数万円位ではないかと思います。(失礼でしたら御免なさい)

○専門家さんのご意見をお待ちしましょう。

拝見。リタイヤー10数年の年金生活者です。社会保険事務所へ行っても未だ相談に乗って貰えませんし。私も55才過ぎ頃、丁度年金改正が有ったのか、政府発行?の「此れからの年金はこう変わる」とかの本で自分の年金受給額を勉強した事が有りました。
ご自分でも大凡の受給額の計算は出来ます。

基本になるのは、簡単に言いますと勤め始めてから~終わりまでの毎月の報酬(以前ですからボーナス等は除く)の平均を標準報酬月額と言います。基礎年金の上に→標準報酬月額×月数×%=標準報酬比例部分?→を乗せた...続きを読む

Q二年だけ納めた厚生年金と四年だけ納めた共済年金

私は現在二十七歳の自衛官です。 私は二十歳から二十二歳までは国民年金、二十二歳で民間会社に就職して厚生年金、二十四歳で自衛隊に入隊して現在は共済年金を納めていますが、来年の三月に除隊して自分で商売を始めようと思っています。ということはこれからは国民年金を納めるということになりそうなのですが、ひとつ疑問があります。 私が二年間だけ納めていた厚生年金と自衛隊時代の四年間納めていた共済年金はどうなってしまうのでしょうか。 納めた機関や金額に応じて老後に少しだけもらえるのでしょうか、それとも一定の期間(たとえば十年とか)収めていればもらえるのでしょうか、それともこれだけではもらえないのでしょうか?(そうだったらちょっと損した気分)・・・・。その辺を踏まえて今後の老後対策の参考にしたいのでぜひ教えてください。

Aベストアンサー

私も、民間企業の厚生年金に1年3ヶ月、共済年金に5年加入していたことがあります。

で、両方とも、加入していた期間に応じて、微々たる金額かもしれませんが、もらえますよ。

一定の期間だけ収めていたら……というのは有るようなんですが、私が聞いたのは、1年以上だそうです。
(共済年金に加入していた時、私はアルバイト社員だったんですが、途中で結婚した時、社会保険に加入させてもらえるギリギリまで勤務日数を減らしたことがあります。その時、人事課で仕事してた友達が、「1年以上、可能な限りまで社保に入ってた方がいいよ」って言われました。

Q年金支給額ってズバリいくらですか?

もうすぐうちの親が定年を迎え、年金生活が始まります。
そこで疑問に思ったのですが、年金って平均でいくら貰えるのでしょうか?
5万か10万か15万か20万か、さっぱり見当がつきません。

こういう質問をすると、「人によるよ」とか、「もし私の知り合いの金額を
教えても人それぞれだから参考にならないよ」とか、「親に聞けば?」とかの
回答が予測されますが、そういった無意味な回答は多分消去されると
思いますのでご注意下さい。

年金支給額を決定させる要素は、勤務年数・加入年数・支給開始年齢・配偶者の
有無・労働期間中の年収等複雑にたくさんあるという事は承知しております。
あくまで、「だいたいの金額」だけ知りたいんです。

皆さんの知り合いの例でも構いませんので、だいたいの金額でも
教えてください。
(質問内容に対する不満のある方は書き込みはご遠慮下さい。)

Aベストアンサー

こんばんは♪
私は現在年金受給者です。
まだ段階支給ですので満額ではないですが 2ヶ月に一回の支給で28万円程度です。
1年数ヵ月後は確か36万円くらいですね。
なので月額に直すとそれぞれ14万円と18万円ということになります。
これは高卒で厚生年金期間が約22年間国民年金期間が19年間の条件です。
友人達は定年まで厚生年金で はっきりとは教えてもらえませんでしたが 言葉の端々から推測するに月額にすると25万円と35万円くらいでしょう。
参考になりましたら良いのですが。。。

Q厚生年金と国民年金と共済年金が混在の場合

1959年生まれです。2012年11月現在53才です。
社会人になって、33年が経過しその間、転職を何回か繰り返しましたので、現在は以下のような年金支払い経歴となっています。
厚生年金・厚生年金基金・国民年金・共済年金と複数にまたがっています。
支払年数が通算25年とか40年とかの制約があると思いますが、
65才から年金はもらえますか。(もし、現行制度が存続するならばということですが)
もらえるとしたらどこの年金をもらえるのでしょうか。
もしこのままだともらえないとしたら、なにかもらえるようにする方法がありますか。
1.1980年(昭和55年)~2000年(平成12年)の間、厚生年金に242ヶ月(約20年)間支払。
2.2001年(平成13年)~2003年(平成15年)の間、国民年金を10ヶ月(1年弱)を支払(他は未納期間)
3.2003年(平成15年)~2012年(現在平成24年)の間、共済年金(私学共済)を99か月(8年強)支払
4.1987年(昭和62年)~1988年(昭和63年)の間、20か月(厚生年金基金)に加入

1.2.3の合計では、242+10+99=351か月(29年3か月)です

5.今後も、共済年金に最低でも60才まで(今後7年間)は加入の予定です。

よろしくお願いいたします。

1959年生まれです。2012年11月現在53才です。
社会人になって、33年が経過しその間、転職を何回か繰り返しましたので、現在は以下のような年金支払い経歴となっています。
厚生年金・厚生年金基金・国民年金・共済年金と複数にまたがっています。
支払年数が通算25年とか40年とかの制約があると思いますが、
65才から年金はもらえますか。(もし、現行制度が存続するならばということですが)
もらえるとしたらどこの年金をもらえるのでしょうか。
もしこのままだともらえないとしたら、なにかもらえるようにする...続きを読む

Aベストアンサー

受給資格は、全部あわせて(厚生年金、共済年金、国民年金)25年以上あればOKです、
すなわち、厚生年金、共済年金、基礎年金が受給できます、
また、基金は別物で(3階部分)1カ月でも入っていれば、受給できます。

ねんきんネットで記録があるないによらず、(一元化されてないため共済記録は反映されていない)年金請求手続きのときに証明書類(加入期間通知書)が必要になります、
質問者さんの場合、年金機構と共済組合にそれぞれ請求することとなります。

Q厚生年金は25年納めないと、一銭も受給できない?

年金の受給について教えてください。

私の年金加入状況は、
・会社員時代の厚生年金が236か月
・退職後、フリーターとなり国民年金(第1号被保険者)が59か月
です。

このまま国民年金を支払い続け、会社員時代の236か月と合算し、300か月を越えたら年金がもらえるのだろうと考えていました。

先日、70歳すぎの某企業の社長に、
「厚生年金を25年払っていないなら、厚生年金はもらえないよ。あと6年どこかで働いて厚生年金を払いなさい」と言われました。
この論でいくと、今まで236か月納めつづけてきた厚生年金は、厚生年金単独として25年(300か月)納めないと高齢者になってから一銭も受給できない、ということになります。

そうでしたっけ? 混乱しています。
自分の解釈では、
年金は2階建て構造で、1階の国民年金、2階の厚生年金で、厚生年金を納めている=自ずと国民年金を納めていることになる。よって、国民年金はまずもらえる。
で、厚生年金は300か月とは関係なく、納めた分の比率でもらえる(国民年金にプラスして)、と理解していました。

今後は、フリーターのまま、あるいは社会制度が完備した企業での契約社員やパートでの雇用の両方が考えられます。
この社長の言うことが本当なら、フリーターのままでいるのは損に思います。

厚生年金の受給について、どうぞご教示をよろしくお願い致します。

年金の受給について教えてください。

私の年金加入状況は、
・会社員時代の厚生年金が236か月
・退職後、フリーターとなり国民年金(第1号被保険者)が59か月
です。

このまま国民年金を支払い続け、会社員時代の236か月と合算し、300か月を越えたら年金がもらえるのだろうと考えていました。

先日、70歳すぎの某企業の社長に、
「厚生年金を25年払っていないなら、厚生年金はもらえないよ。あと6年どこかで働いて厚生年金を払いなさい」と言われました。
この論でいくと、今まで236か月納...続きを読む

Aベストアンサー

昔は、国民年金や厚生年金はそれぞれ独立した制度でしたので、単独で被保険者期間を満たす必要がありましたから、その記憶のままなのかも知れませんね。

今は基礎年金制度が導入されてますので、どの年金制度も通算されます。
25年の保険料納付済み+保険料免除+合算対象の期間があれば年金を受給できます。

厚生年金については65歳前の特別支給は1年以上、65歳からの厚生年金は1ヶ月以上の加入期間があれば、上記条件も満たせば受給できます。
ご安心を。

Q勤続年数25年と24年では年金支給額が違いますか?

メンタル疾患により1年半程の休職を経て現在は復職していますが、退職を検討しています。
今後の昇進・昇給が見込めないことや、上司からの間接的な嫌がらせ等もあり、すぐにでも退職したい意向があります。

あと数ヶ月、勤務を継続すれば勤続年数が25年を超えるので、それまでは頑張りたいと思っていたのですが、ちょっと精神的にキツくなってきました・・。

そこで質問をお願いします。

1.勤続年数24年で退職した場合、残りの1年分を国民年金に切り替えて納付すれば、最終的な年金支給額は「基礎年金+厚生年金(24年分)+企業年金(24年分)」となる、ということでよろしいでしょうか。

2.その他、加入期間が25年に満たない場合のメリット・デメリットについてどのようなことがありますでしょうか。


近々、法改正で厚生年金支給の条件が勤続10年以上に緩和されるらしいのですが、法改正前に25年未満で退職した場合でも、自動的に支給対象に繰り上げされるのでしょうか?

ネットで色々調べてみましたが、情報が多すぎてよくわかりませんでした。
すいませんが詳しい方からのご回答をよろしくお願い致します。

メンタル疾患により1年半程の休職を経て現在は復職していますが、退職を検討しています。
今後の昇進・昇給が見込めないことや、上司からの間接的な嫌がらせ等もあり、すぐにでも退職したい意向があります。

あと数ヶ月、勤務を継続すれば勤続年数が25年を超えるので、それまでは頑張りたいと思っていたのですが、ちょっと精神的にキツくなってきました・・。

そこで質問をお願いします。

1.勤続年数24年で退職した場合、残りの1年分を国民年金に切り替えて納付すれば、最終的な年金支給額は「基礎年金+厚...続きを読む

Aベストアンサー

> 1.勤続年数24年で退職した場合、残りの1年分を国民年金に切り替えて納付すれば、最終的な年金支給額は「基礎年金+厚生年金(24年分)+企業年金(24年分)」となる、ということでよろしいでしょうか。

まあ,そういう理解で大丈夫です。
厚生年金は,老齢基礎年金の支給要件を満たしていれば,1か月以上加入すれば支給されますよ。
ただし65歳未満の人に支給する老齢厚生年金の特別支給については1年以上の被保険者期間が必要です。

> 2.その他、加入期間が25年に満たない場合のメリット・デメリットについてどのようなことがありますでしょうか。

どうにかして老齢基礎年金の支給要件を満たすようにすれば,厚生年金の加入期間が25年以上だろうが25年未満だろうが大きな違いはない。

> 近々、法改正で厚生年金支給の条件が勤続10年以上に緩和されるらしいのですが、法改正前に25年未満で退職した場合でも、自動的に支給対象に繰り上げされるのでしょうか?

10年以上になるのは老齢基礎年金の支給条件です。今でも厚生年金の支給条件は1か月以上(+老齢基礎年金の支給要件を満たしていること)です。
25年未満で退職しても自動的に支給対象に繰り上げされます。

> 1.勤続年数24年で退職した場合、残りの1年分を国民年金に切り替えて納付すれば、最終的な年金支給額は「基礎年金+厚生年金(24年分)+企業年金(24年分)」となる、ということでよろしいでしょうか。

まあ,そういう理解で大丈夫です。
厚生年金は,老齢基礎年金の支給要件を満たしていれば,1か月以上加入すれば支給されますよ。
ただし65歳未満の人に支給する老齢厚生年金の特別支給については1年以上の被保険者期間が必要です。

> 2.その他、加入期間が25年に満たない場合のメリット・デメリッ...続きを読む

Q国家公務員の年金は?

国家公務員の年金は?

ごく一般的な国家公務員の事務職の場合。

むかーし、退職時は「ニコニコ退職」といって、2500万円の退職金と月額25万円の年金と言われていた時代がありました。
現在、ネットで資産すると、どうやっても、それよりも相当に低い金額です。

これからもどんどん変わっていくと思いますが、一体、退職金や年金はどの位になるのでしょうか。
年収により違いますが、ごく、大雑把にですと?

扶養されている国民年金第3号被保険者の妻はどのくらいになるのでしょうか。

ネットで検索すると、いろいろ書かれているのですが、よくわかりません。

Aベストアンサー

国家公務員である本人の年金額計算は1番様が参照先を書かれているので・・・
>扶養されている国民年金第3号被保険者の妻はどのくらいになるのでしょうか。
国民年金第3号被保険者に対する年金給付(額及び内容)は、配偶者が加入している被用者年金制度に関係なく一律です。
・平成22年度の老齢基礎年金・障害厚生年金[2級]・遺族基礎年金は全て(年額)79万2100円

Q25年未満でも年金もらえますか?

こんにちは
私は国民年金を65ヶ月
   厚生年金を131ヶ月 払っています。

厚生年金は25年払っていなくても、支給年齢になれば、年金としてもらえると聞いたのですが

国民年金と厚生年金の合算の場合は、25年払っていなくてももらえるのでしょうか?

今後年金を払わなかった場合、支給年齢になった時もらえるのでしょうか?

よろしくお願いします

Aベストアンサー

受給資格は、現在 いろいろな制度の加入併せて25年以上となっています。
つまりは25年以上あれば 年金はもらえる

無い場合は、さらに カラ期間といわれる期間ある場合は年金額には反映しないが期間にはたしてもらえるので それも併せて25年以上であっても もらえる

>厚生年金は25年払っていなくても、支給年齢になれば、年金としてもらえると聞いたのですが

そうとは限りません、25年が基本ですが、生年月日により 特例が設けられています。
例えばs26年生まれの方なら 厚生年金のみ20年以上でも もらえます
そのほか s20年生まれ女性なら35歳以上で15年以上加入なら もらえるとかの特例もあります。
質問者さんが何歳なのか不明ですが、s31年4月2日以降生まれなら もう特例はありません、すなわち併せて25年以上が基本となります。

ただし、消費税とのからみで
この受給資格を10年とすることが決まっています(27年10月予定)
ですので、施行されれば これ以降は老齢年金の受給資格あり とはなります。
掛ける年数が少なければ、受ける資格ができたとしても少ない物になるでしょう。

また、障害、遺族についてまで受給資格ありにはなりません、これらは納付要件といわれる条件を満たす必要が基本的にはあります。
つまり 払わなかったら これらの保証はうけられないことが考えられます。
また60歳までは強制加入なので、必ず加入する必要があります。

短絡的に受給資格できたら納めなくてよいというのは問題があります。

受給資格は、現在 いろいろな制度の加入併せて25年以上となっています。
つまりは25年以上あれば 年金はもらえる

無い場合は、さらに カラ期間といわれる期間ある場合は年金額には反映しないが期間にはたしてもらえるので それも併せて25年以上であっても もらえる

>厚生年金は25年払っていなくても、支給年齢になれば、年金としてもらえると聞いたのですが

そうとは限りません、25年が基本ですが、生年月日により 特例が設けられています。
例えばs26年生まれの方なら 厚生年金のみ20年以上でも も...続きを読む

Q60歳定年後も働き65歳まで厚生年金をかけたら?

厚生年金を中学卒業とともに就職し45年かけまして60歳定年となりますが 再雇用
で65歳まで働きひきつづき厚生年金をかけたら65才時に いかほど増額しますか?

  事例でいいので教えてください。

Aベストアンサー

NO2のかたが書いておられます、長期特例について補足します。

44年以上厚生年金加入、かつ退職(被保険者ではなくなる・・パート嘱託なども含む)されてる方は、長期特例に該当し、通常例えば昭和26年生まれならば60からは厚生年金の報酬比例部分のみですが65歳からしかもらえない定額部分の支給がうけられます。
簡単にいえば、65歳からの金額が早めに受けられます。

1、ですので、年金事務所に行き、退職した場合の金額を確認しましょう。
一定の条件にあう配偶者がおられる場合加給年金もつくことがあります。

2、かたや、継続雇用の場合、長期特例の扱いは受けられず、在職老齢年金となり、報酬とのかねあいで年金額が減らされる場合もあります。

結論として1,2の点を確認されることが重要となります。
また、同時に増える年金額も確認されたらいいでしょう、
年金額は報酬によりますので人の事例はあてはまりません。

Q勤続20年の妻の年金について

妻(質問者、40歳、会社員)、夫(34歳、会社員)の共稼ぎの夫婦です。
妻は20年間、厚生年金保険料を納めています。

半年後に夫の転勤が内定しており、仕事を辞めるべきか悩んでおり、
判断材料の一つとして、仕事を辞め夫の扶養に入った場合、妻の年金
はどうなるのかお聞きしたく投稿致しました。

夫の扶養に入れば第3号被保険者になるので国民年金部分は貰えると聞いていますが、
これまで納めた厚生年金部分は貰えないのでしょうか?もし、一切貰えないようでしたら
あと何年働けば国民年金部分と厚生年金部分を貰えるようになるのでしょうか?

年金制度がよく分かっていないため、的外れな質問かもしれませんが、お詳しい方が
いらっしゃいましたら、ご回答宜しくお願いたします。

Aベストアンサー

夫の扶養になった場合今までの20年間の厚生年金は、
65歳から貰える額に反映されます、、
決して無駄になりません、ご安心を。

公的年金の受給資格(65才からもらえる)は、
厚生年金、国民年金、第3号期間、などの合計が25年以上。

皮算用です。
これから扶養になって65才になった時点で、
あなたがもらえる年金は。

あなたの会社員時代の累計収入を20年×300万=6000万円と仮定。
これの約0.6%が報酬比例部分。
6000×0.6%=36万円(年額)。

定額部分(国民年金相当)は40年以上なので、
満額の約79万円(年額)。

従って、36+79=115万円(年額)。
月額で10万弱です。

女性でこれだけもらえれば平均以上なのでは。
20年の会社員時代が利いてますね。
女性は結婚で早々と退職するので。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング