『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜこれほど人々を魅了するのか

こんばんは。

今まで怖くて聞かなかったのですが。
私肉を生で食べるのが好きでして、焼肉屋に行けばレバ刺し・ユッケ(今はダメ)、
牛肉のタタキとか、で居酒屋などで馬刺しがあるとやはり頼んでしまします。
下町育ちなので土手の蹴っ飛ばしと言って吉原大門付近の桜鍋の老舗にも行きました。
まあこれは普通の牛肉のすき焼きのがおいしいかな。

馬刺しはロースの部分にタテガミと言う脂身を挟んで食べると美味しいと言われた。
馬のロースと言われても違和感なかったのですがタテガミと聞くやはりサラブレッドを
連想せざるを得ません。
今はザンバラでやんちゃな感じで走る馬も多いですが昔はほとんどの馬が厩務員さんに
タテガミを編まれてレースに臨みました。

タテガミと聞いてギクッとしてサラブレッドを思い出し、
今目の前にある御馳走が、もしかして、もしや・・・・・。

私の知識では日本で酪農目的で馬が生産されているのかどうか解りません。
故障した競走馬、売れないサラブレッド、引き取り手の付かないポンコツ、
個人馬主でも一度付けばそう簡単に処分されないでしょうけど。
お金にならない馬の面倒見るほど生産者の余裕もないでしょう。

そうするとやはり、我々に提供される馬肉と言うのは、やはり、そのほとんどが、
ほとんどかどうか解らないが、そう言う運命の・・・・・、
サラブレッドとして競走馬に成るべく生を受けたのに、成り切れなかった者たちの、
その哀れな・・・・・。

まあ牛とか豚とか家畜って考えればいいんですけどね。
実際どうなんでしょう?どのくらいの割合なんでしょう?そう言うサラブレッドは。
宜しくお願いします。

明るい話題。
いやー凄い馬が現れたもんです、長い審議となりましたが。
「ちょっとアンタ邪魔よ!」って大本命馬を弾いてしまうもこれこそ非凡の証明。
「ボクのがお兄ちゃんだかんなー!」とオルフェ行くも完敗、心の面でも完敗、騎手も完敗。
どこかでもう一度対決してほしい、元気な時に、有馬だと二頭とも出がらしかも。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (11件中1~10件)

某動画サイトにありましたよ。

そういった話も。

ただ、やはりサラブレッド、しかも競走に出ていたような馬は
肉が筋肉が多くて硬くて、食肉にはならないともいいますね。
自分が聞いた話でもやはり、動物園の…とは聞きます。

馬刺し、といえばやはりきれいに入った霜…ですしね。

その動画によると乗馬、という名ばかりのワンクッションを得て
(実際にはごく一部しかなりえない)
そのまま肥育農家に行きます。
肥育農家で食肉用に肥えさせてから…

ただ馬刺しじゃなくてコーンビーフとか、ペットフードとかになってるかもしれませんね。
まあペットフードも中国産が多い時代ですから
国内で馬を肥育して元がとれるのかはわかりませんが。

家畜として一生を終える肉用の家畜の運命の出口のなさも物悲しいですが
競走馬として大事に、人間との信頼関係を作ったり
毎日運動させたりして育てた馬が
最後に肥育用の柵の中ですごすのもちょっと悲しいものがありますね。

でも肉になったらやはりありがたく手を合わせていただきたいです。
競馬ファンの叔父は、競馬を始めてから馬刺しを食べなくなりましたが
(ゲンかつぎもあるかも?)


ttp://www.youtube.com/watch?v=PIlIpJxllpU

しかし一方で、引退場を引き取り乗馬などにすることに力を入れているところがあるのも事実で
うちの近くにも、そういった名馬が観光客や乗馬を習いに来た人を乗せているところもあります。
そういった活動をしているネットワークもあります
http://rha.or.jp/
http://www.geocities.co.jp/Athlete-Olympia/8475/ …

もし興味がありましたら
そういったところ(牧場)に足を運んで、お金を落すのもひとつの協力かなぁと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうですね、しっかり食べて成仏させてあげましょう。

このサイトを見て一安心と言うところです。

出走出来るサラブレッドは1割、
引退後引き取り手の付くのはさらに1割ってところでしょうか。

どうもありがとうございました。

お礼日時:2012/12/06 21:05

薬殺される馬ですが、競馬場には馬頭観音が祀られており、そこで慰霊されるそうです。


ここは一般の方でも行けるので、機会があればご覧ください。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

最後に競馬場に行ったのが10年ぐらい前になります。
もちろん馬頭観音なんて知りませんでした。

思い出しましたが、カツトップエースってご存知ですか?
30年ぐらい前にダービー勝ってます。
この時私二時ごろ府中に着いて楽にパドックの一番前を取れました。
今じゃ考えられない。

どうもありがとうございました。

お礼日時:2012/12/11 22:54

ご質問の趣旨から外れますが、外国のサラブレッドの行く末について、インターネット上にある記事を紹介したいと思います。



▼「ニュージーランド・ヘラルド紙」から一部引用

馬は農業林業省(MAF)の調査官の監督の下で屠畜される--ボルトを両眼の間に打ち込まれて。1頭のサラブレッドの体重は、450-600キロ。1/3は人の食用(human consumption)のようだ。骨付きと骨なしのカットは冷凍され、オタゴ港(Port Otag)より出荷される。行先は、西ヨーロッパとロシアで、時々クイーンズランド経由となる。

The horses are slaughtered, under the supervision of a MAF inspector, with a bolt between the eyes. A thoroughbred weighs 450kg to 600kg-and about a third of that can be butchered for human consumption. A mixture of on-the-bone and off-the-bone cuts are frozen, then shipped out of Port Otago. The shipments go to Western Europe and Russia, sometimes viaQueensland.

http://www.nzherald.co.nz/nz/news/article.cfm?c_ …

▼「エコノミスト」から一部引用

イギリスでは常時、15,000頭の競走馬がトレーニングされている。毎年、5000頭ほどの馬が、成績が残せなかったり、ケガをしたり、あるいは年をとって引退する。もっとも有用な馬は、競走馬としての遺伝子を残しながら牧場で一生を終える。馬術やポロに行く馬もいる。英国競馬統括機構(BHA)から新しい居場所を与えられる馬もいる。しかし、多くの馬は屠畜され、馬肉が人気あるヨーロッパの国(フランスやイタリアなど)の食卓に行く。

In Britain, 15,000 potential racehorses are in training at any one time. Some 5,000 horses are retired each year because they do not make the grade, suffer injury or simply get too old. The most valuable animals finish their lives on stud farms, passing on their racing genes. Some go on to second equine careers as show-jumpers or polo ponies. “Retraining for Racehorses”, the BHA's official charity, works to give some ex-racehorses new homes. But many are slaughtered, ending up on dinner tables in parts of Europe where horse meat is popular, such as France and Italy.

http://www.economist.com/blogs/gametheory/2012/0 …

※意訳です。解釈間違いがあるかもしれません。
 
 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

本場イギリスでも同じですね、引き取り手の付く馬は少ない。

ニュージーランドは酪農王国だからいいか、でもないか。

どうもありがとうございました。

お礼日時:2012/12/06 21:09

競馬場にも出入りしています。


競馬に関わるまで、薬殺される馬は極くわずかでめったにないと思っていましたが、意外に多いのでびっくりでした。
競走が終わると引き上げてきて獣医が検尿所で検尿(尿が出ないと血液採取)して、馬の目を洗うのですが、獣医のいる建物の近くに薬殺の小屋があり、骨折した馬をそこでやってしまうようで、薬殺した馬は冷凍庫で保管して処理業者が引き取りに来てという流れのようです、私はまだ聞いていませんが、場内を案内してくれた職員によると薬殺される馬が絶命して倒れるときはけっこうな音がするようです。
他の方が書いているように死んだ後食肉に廻ることはないです。

私の場合は競馬は全く興味が無く、馬券の買い方も知りません、、、馬券を買うと契約違反で仕事の契約が解除されるため、買えないんですが、開催日の休憩中に散歩していると身分証を胸に下げているので、関係者と勘違いしたお客さんにいろいろ訊かれるので、これまではインフォメーションの場所を教えていましたが、シャクなので職員さんに頼んで一通り馬券をもってきて貰って、連番とか馬連とか教えて貰ったという状況です。
馬主や調教師しか入れないパドックに入れて貰ったり、調教助手の宿舎を訪ねたり、装蹄師の仕事場を訪ねたら蹄鉄がアルミというのも面白かったです、JRAから身分証を貰って胸に付けますが、私の身分証ですと入れる場所がけっこう広いんですが、一々誰何されるので、競馬場は厳しいです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

競馬場のアチコチに出入りできるなんて羨ましいです。

薬殺された後どうなるんでしょうか、お葬式は挙げて貰えるのかな。

どうもありがとうございました。

お礼日時:2012/12/06 21:07

サラブレッド種も食材となることはあるようです。


ただ、よく「骨折した馬は安楽死させられて、食肉になる」なんていうのは嘘です。直前まで徹底的に鍛えて、筋肉ばかりになった馬はさすがに硬すぎて美味しくないですし、安楽死は薬剤を使って死亡させるのですから、安全性にも問題がでます。

前の回答にもあるように、売れ残ってしまったような馬を買取り、それを食肉として適するようにして(競走馬とは逆にある程度、筋肉などを落として)から、です。

ただ、そうは言っても、サラブレッドの場合、主目的が競走馬にする、ですし、馬刺しなどに用いるのは、ベルジャン種、ブルトン種などが多いようです。
これらは、「競馬」でも、ばんえい競馬に用いられる品種です。実際、ばんえい競馬の公式サイトにも、次のような文言が載っています。



受験戦争

ばんえい競走馬になるには、能力検査と呼ばれる試験に合格しなければなりません。
この検査は約1200頭の登録馬から220~230頭が合格できる狭き門で、不合格馬は故郷に帰るか、グルメファンの欲求を満たす食材として全国に配送されます。
(ばんえい競馬コラム、より抜粋)


元々、ばんえい競馬は、開拓時代に文字通り、家畜として用いられたことにルーツがあるわけですし、ごく一部が競走馬となり、大多数が食材などになる、というのは自然なのかも知れません。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

あーこれこそある意味競馬のルーツかもしれませんね。
自分の家畜の力自慢、ダメなのは食用。

ばんえい競馬ってなんかほのぼのとした感じがするのですが、
その舞台裏は。

どうもありがとうございました。

お礼日時:2012/12/06 20:59

そうは言っても


食肉とばんえい競馬は同じ馬種だから
ばんえい競馬の勝てない馬かもしれない

これは本当です
    • good
    • 0
この回答へのお礼

私食用で馬が生産されているなんて知りませんでしたので。
サラブレッドは我々の食卓には登場しない、と言う事で。

opec? horse?  オペックホース!?
私モンテプリンスのファンでしたので(ダービーぐやじー)

どうもありがとうございました。

お礼日時:2012/12/06 20:55

こんばんわ。

競走馬は筋肉隆々の筋張っていて
とてもお店には出してないかと。(マズくて)

でも、食用に育てられている馬が出てるんですが。

でも、サファリパークや動物園の餌になってると聞きましたが。
肉食獣の。

可哀想は可哀想ですが、それで飼い葉が月ウン十万掛かるのを
飼い続けるのも厳しいですしね
    • good
    • 0
この回答へのお礼

まあ馬刺しは無理としても他の動物の餌に。
ならいいか、と言う訳にもいかず。

どうもありがとうございました。

お礼日時:2012/12/06 20:50

エリートG1馬 種馬生活 乗馬クラブなど ですが



ただで持って行ってくれと 言う馬が何千頭も


サラブレッドは 勝 が使命
    • good
    • 0
この回答へのお礼

勝負の世界ですからね。
まあファンは気楽ですけど。

どうもありがとうございました。

お礼日時:2012/12/06 20:48

サラブレッドの肉も人の食用に供されます。



●例えば、「会津の馬刺し」。

・こちら↓は、amazonの中の、ある「会津の馬刺し」販売店の記述です。

商品の説明
自社牧場で飼育し、最新鋭自社工場で解体します。鮮度抜群、解凍後刺身で食べられます。熊本産は農耕種で刺しが入りますが、会津若松産馬肉はサラブレッド種で刺しが入りません。血量が多く、赤身が柔らかいです。 馬肉特徴 全畜産の中で最も癖がない赤肉です。牛肉よりも癖がなく、鴨肉と対照的です。加熱すると直ぐに硬くなります。馬刺し・レアが最も美味しいです。

・また、こちら↓の広告

会津の馬刺しは、熊本などの有名な馬刺しと違って、霜降りは入らない、と言うか、霜降りがはいらないように、赤身にこだわって飼育されている馬刺しなんです。

そのため、馬の品種はサラブレットになります
http://saitou02983.eshizuoka.jp/d2012-03-16.html

・読売新聞の記事↓

 同保健所などによると、処理された馬は4歳メスの元競走馬(サラブレッド)で、会津美里町に来る前に別の場所で飼育されていた。同市では昨年9月から、処理する馬肉は全頭で検査を行っていた。(2012年11月9日00時05分 読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20121109- …


●イギリスのサラブレッドも馬肉になります。
「イギリスの競走馬の引退後は?」
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/7343564.html

上記質問の回答の中でリンクしたイギリスの新聞の記事には、イギリスのサラブレッドは、屠畜されたあと食肉としてフランスなどに輸出されると書いてあります。

●アメリカのサラブレッドは、カナダやメキシコに輸出されたあと、食肉などになるようです。

●また、WIKIの「馬刺し」には、

日本の馬肉輸入は、オーストラリア、アルゼンチン、ブラジル、カナダ、アメリカであり現在シェア60%の会社がオーストラリアから輸入している。

と書かれています。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%A6%AC%E5%88%BA% …

いずれの国も競馬が実施されている国です。サラブレッドの肉が輸入されていてもおかしくありません。
 

》明るい話題。
いやー凄い馬が現れたもんです、長い審議となりましたが。
「ちょっとアンタ邪魔よ!」って大本命馬を弾いてしまうもこれこそ非凡の証明。
「ボクのがお兄ちゃんだかんなー!」とオルフェ行くも完敗、心の面でも完敗、騎手も完敗。

エキサイティングなレースでしたね。観戦していて面白かったです。
 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どこの国でも事情は同じみたいですね。

サラブレッドとしても会津の場合は本来食肉用として生産されているみたいで。
酪農として割り切れそう。

でもどんなサラブレッドでも血統をたどると3頭の始祖の系統に戻ると言うから、
その会津でもそうなんでしょうね。

どうもありがとうございました。

お礼日時:2012/12/06 20:47

1の人、勘違いされるよ。



サラブレッドは人間でいうマッチョで、固い固い肉になっており、人の口に入る事はありません。昔は加工して食肉に、という話もありましたが、現代の食事情の中、おいしくない肉を使う所はありません。

食肉用の馬産は全く別で行われていますので安心を。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

あっではどうなるんでしょう、
薬殺はしかないとしてもちゃんとお葬式を挙げて貰えるのかな。

どうもありがとうございました。

お礼日時:2012/12/06 20:41

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q肉用馬を生産する牧場は、なぜマスコミに紹介されないのですか?

このカテゴリーで質問するのが適切かどうかわかりませんが、質問させてください。

神戸牛、飛騨牛、山形牛などの国産高級和牛は、一般的なテレビニュースや料理番組、旅番組で
「○○さんの育てたチャンピオン牛」とか
「幻の○○牛のかなでも、○○さんの育てた牛が最高」とか、牧場や生産者も含めて報道がされていると思います。

豚や、鶏についても「薩摩黒豚」とか「名古屋コーチン」とか、そんな名前で、牛と同等の扱いがなされているように感じます。

ですが、「馬」だけは、このような報道を見たことがありません。もちろん、私の見識不足もありますが、馬肉そのものが紹介されることはあっても、なぜか生産者や牧場などは紹介されないのです。

大手居酒屋チェーンのメニューにもあるほど、広く消費されているわけですから、まさか競馬で事故にあった馬だけが消費されているわけでもないと思います。

これはなぜなのでしょうか?

Aベストアンサー

http://www.senko-farm.com/koujyou/bokujyou.htm

こちらの牧場などは、積極的にアピールしていますが、一般に対してではなく、食材を扱う専門家、調理師、業者に対してが中心です。

マスコミへ有料の広告を出しても、動物愛護団体などから攻撃を受けるので、食材を扱う専門誌や新聞、インターネットのサイトなどで活躍しているだけで、売り込む商社などが、利益が上げると判断するなら、一般に対して番組等のネタとして提供するのだと思います。

もしもあなたが、テレビ放送等のスポンサーだとして、多くの動物愛護家を敵に回す可能性のある番組にお金を出すのでしょうか。スポンサーが広告している自社製品のイメージまで悪くする可能性がある報道は避けるか、圧力をかけて止めさせると思います。

私は乗馬もするし、馬肉も好きですが、肉用の動物を新聞やテレビで宣伝されると、嫌悪感を示すと思います。多くの人がそうでないにしても、敵を作りやすいネタは扱わない、動物ネタはいい印象のものを扱えば、視聴率が稼ぎやすいと聞いています。ちなみに、身内には大手広告代理店の社員が複数います。

参考URL:http://www.senko-farm.com/koujyou/bokujyou.htm

http://www.senko-farm.com/koujyou/bokujyou.htm

こちらの牧場などは、積極的にアピールしていますが、一般に対してではなく、食材を扱う専門家、調理師、業者に対してが中心です。

マスコミへ有料の広告を出しても、動物愛護団体などから攻撃を受けるので、食材を扱う専門誌や新聞、インターネットのサイトなどで活躍しているだけで、売り込む商社などが、利益が上げると判断するなら、一般に対して番組等のネタとして提供するのだと思います。

もしもあなたが、テレビ放送等のスポンサーだとして、多...続きを読む

Q馬の安楽死について。

馬の安楽死について。

競馬に興味を持ってまだ浅い、32歳の女です。

武騎手が落馬し、騎乗していた馬も骨折して安楽死が決定しました。


無知なので分からないのですが、何故、骨折=安楽死なのですか?

それを批判する訳ではなくて、ただの疑問なのです。

今日までの競馬の歴史で、骨折したら安楽死させざるを得ない事情の真実を知りたいと思い、質問させていただきました。

稼げないから殺しちゃえ、という短絡的なものではなく、治療し闘病させる事の方が馬にとっては残酷な事なのだろうと推測しています。

が、具体的に何が馬にとって残酷なのか。


テンポイントも骨折しましたが、治療され、でもその傷から別の病気を発症し死に至った…と知りました。


でも、治療したら必ず別の病気を発症するとは限らないし…



競馬を知らない、ただのギャンブルだと毛嫌いする人に「走れなくなったからって、すぐ殺す。だからギャンブル好きは…」と言われ、「競馬は奥の深いドラマだ」と思っている私は悔しかったのです。


どなたか、「安楽死せざるを得ない事情」を知っておられる方がいらっしゃいましたから、教えて下さい。




※私の生活の都合により、お礼が深夜になってしまうかも知れません。

お礼通知メールが深夜に来ても構わない、という方、宜しくお願いいたします。
我が儘を申して、すみません…。

馬の安楽死について。

競馬に興味を持ってまだ浅い、32歳の女です。

武騎手が落馬し、騎乗していた馬も骨折して安楽死が決定しました。


無知なので分からないのですが、何故、骨折=安楽死なのですか?

それを批判する訳ではなくて、ただの疑問なのです。

今日までの競馬の歴史で、骨折したら安楽死させざるを得ない事情の真実を知りたいと思い、質問させていただきました。

稼げないから殺しちゃえ、という短絡的なものではなく、治療し闘病させる事の方が馬にとっては残酷な事なのだろうと...続きを読む

Aベストアンサー

数々の名馬がレース中の故障により命を落としていますが、すぐに安楽死とはならずに、(多くは馬主の意向により)治療されることになった馬たちもいます。しかし、そういったケースでも、一命を取り留めたという例は殆どありません。レース中の故障は、それほど重篤な結果になりやすいといえます。
テンポイント、サクラスターオー、サンエイサンキュー・・・治療後の経過は様々ですが、結果だけでいえば、単に苦痛を長引かせただけでした。(テンポイントはバケツを噛みしめて痛みに耐えていたそうです)
あの細い脚で約500キロの体重を支えているわけですから、1本の脚の骨折が、他の脚への大きな負担になります。また、馬の脚は動かすことで血流を促す、一種のポンプ構造になっているそうです。歩けないことは馬にとって致命的な損傷なのです。
ところで、徒に苦しみを与えないために安楽死させる・・・といえば聞こえはいいですが、結局人間のエゴで激しいレースを使われての故障です。(サンエイサンキューの事故などある意味人災といえるでしょう)治療にだって費用はかかりますし、やはり経済動物としての扱いという側面も否定できません。(稼げないから殺しちゃえ、も、あながち間違いではないのです)
極論すれば、馬のためには「レースに出さないこと」が一番いい事になってしまいます。
競馬に関係している人々(多くのファンも含めて)は皆、ある意味では割り切っているというのが本当のところだと思います。(私もいちファンとして、割り切らなくてはいけないと思っています。ライスシャワーの時は涙しましたが・・・)

数々の名馬がレース中の故障により命を落としていますが、すぐに安楽死とはならずに、(多くは馬主の意向により)治療されることになった馬たちもいます。しかし、そういったケースでも、一命を取り留めたという例は殆どありません。レース中の故障は、それほど重篤な結果になりやすいといえます。
テンポイント、サクラスターオー、サンエイサンキュー・・・治療後の経過は様々ですが、結果だけでいえば、単に苦痛を長引かせただけでした。(テンポイントはバケツを噛みしめて痛みに耐えていたそうです)
あの...続きを読む

Q競馬の馬は「これは競走なんだ!」と知って走っているの?

競馬には全く無知なものです。
テレビで競馬を見るといつも思うのですが、競馬の馬は、競走のとき、「これは競走なんだ!」とわかっていて走っているのでしょうか?
人間だったら、お金のためとか、名誉のために一生懸命になるでしょうが、馬にそれほどの動機があるとも思えませんし。
馬にも人間と同じような競争心があるのでしょうか?
ものすごく初歩的な質問ですみません。

Aベストアンサー

こんばんは。
競馬が好きでよく見に行くのですが、本当にどれだけのことを理解して走ってるのかな?って、確かに思いますね。
聞いた話だと、レースに負けると悔しさからか大暴れする馬もいるそうで。
洗い場で、ガンガン壁を蹴っ飛ばしたりするんですって。
悔し泣きしたことがあるのはナリタブライアンでしたっけ?
オグリキャップはあまりの悔しさに、レース後しばらく一歩も動けなかったというし。
調教や普段の生活でも、自分の前に他の馬がいることが許せない、という性格の馬はよくいるようです。

以前、世田谷の馬事公苑で流鏑馬を見学したのですが、そこではポニー、クォーターホース、サラブレッドが使われていました。
流鏑馬はご存知の通り、走っている馬の上から的を射るわけですが、当然スピードが出ていると射にくいんです。
でも、サラブレッドはそんなことお構いなしにガンガン飛ばしていました。
解説の方も「サラブレッドは走るのが大好きなので・・・」と説明されていました。
サラブレッドは競争することを目的として作られた動物です。
酷な言い方をすれば、「競争出来ないサラブレッドには価値が無い」ということになります(私的には賛成しかねるんですけどね)。
本能として「競争すること」が刷り込まれている動物がサラブレッドなのではないでしょうか?

こんばんは。
競馬が好きでよく見に行くのですが、本当にどれだけのことを理解して走ってるのかな?って、確かに思いますね。
聞いた話だと、レースに負けると悔しさからか大暴れする馬もいるそうで。
洗い場で、ガンガン壁を蹴っ飛ばしたりするんですって。
悔し泣きしたことがあるのはナリタブライアンでしたっけ?
オグリキャップはあまりの悔しさに、レース後しばらく一歩も動けなかったというし。
調教や普段の生活でも、自分の前に他の馬がいることが許せない、という性格の馬はよくいるようです。

...続きを読む

Q馬はムチでうたれるとすごく痛いですか?

競馬は本当に無知でど素人です。
馬をムチで叩いて早く走らせてますが、馬はそのムチがすごく痛いのでしょうか?
そのムチで叩かれてるところがとても痛々しいので質問させて頂きました。
今回、ディープも6回ムチで打たれていましたが。

Aベストアンサー

Micky17さん、こんにちは。
ムチはある程度は痛いと思いますよ。
それと「ムチを叩けば馬が早く走る」というのは少し違うみたいです。
武豊騎手が言ってましたが、ムチを打ったから伸びる(早く走る)馬は半分もいないみたいですよ、もちろん反応して伸びる馬はいますが。
あくまでムチは”まっすぐ走らせるための道具”、”ゴーサインの合図”という意識らしいです。手綱を押したときにゴーサインだと理解できる馬にはムチは不要ということでしょう。
ただ斜行(馬がななめに走っていくこと)を矯正するためにムチは必要です。

武豊騎手についてはムチを打つ回数は少ないジョッキーだとおもいます。勝てないと思ったらムチは打たないですし、最近のレースでも「直線でムチを1発入れたら馬が硬くなったから打つのを止めて、見せムチにした」と言ってましたし。イギリスのことに関して言えば騎乗停止になるのはわかってて、あえて打ったものですし。機会があれば、ゴール前を見てると分りやすいですよ、接戦のときでも打たないときありますから。無駄にムチを打つ騎手もいますけど…。これから競馬をもっと見ていけば、その違いがわかるようになると思いますよ。

Micky17さん、こんにちは。
ムチはある程度は痛いと思いますよ。
それと「ムチを叩けば馬が早く走る」というのは少し違うみたいです。
武豊騎手が言ってましたが、ムチを打ったから伸びる(早く走る)馬は半分もいないみたいですよ、もちろん反応して伸びる馬はいますが。
あくまでムチは”まっすぐ走らせるための道具”、”ゴーサインの合図”という意識らしいです。手綱を押したときにゴーサインだと理解できる馬にはムチは不要ということでしょう。
ただ斜行(馬がななめに走っていくこと)を矯正するためにム...続きを読む

Q競馬は動物虐待でしょうか?

娯楽に馬を利用してるのはいかがなものか?と気になって少し調べてみたのですが、虐待であるという意見が色々ありながらも動物愛護の団体が競馬自体を虐待だと糾弾してるような事実関係はないような感じですね。個人的には競馬の事はそんなに詳しくないので何とも判断できませんが。色んな視点からの意見お持ちしてます。

Aベストアンサー

 競走馬は「経済動物」です。
日本では年間に7千頭以上が生産され、「勝つこと」を使命として調教されます。

 そのうちに何頭、競走馬としてデビューし、何頭が一勝でもあげ、何頭が種牡馬や繁殖牝馬にまで「出世」できるかはわかりませんが、その他のほとんどの馬が、食料となるわけですね。命を決して無駄にはしません。そういう意味では食品となる牛や豚や鶏などと同じかもしれません。

 もちろん、そこに至るまで馬は大事に育てられ、少しでも人を乗せて早く走れるように調教されるわけですが、それを虐待というかどうかはどうでしょうね。犬も馬も人に命令されることを本能として兼ね備えているとも思われますし、たとえば競馬のレース中で落馬した騎手を馬はよけて走ります。これは本能だと思います。

 ただ、競馬発祥の地イギリスではレース中に馬を打つ鞭は「動物虐待」だとして回数を制限されているようです。日本は今のところないみたいですが。

Q未勝利戦について教えて下さい

2歳の新馬戦が始まり、来年のクラッシック候補生が沢山出てきましたが、早いもので今週の開催にはもう2歳の未勝利戦が始まるようです。
ところで、同じ開催に3歳の未勝利戦も行われます。
応援している馬がなかなか勝ち上がれず、今開催に出走する予定です。
何度も未勝利戦に出走していますが、いつまで未勝利戦はあるのですか、仕組みはどうなっているのでしょうか、この開催で未勝利を脱出できなかった3歳馬たちは中山他の開催に戻って来れるのでしょうか。
とても気になっているので宜しくお願いします。

Aベストアンサー

こんばんは。

>いつまで未勝利戦はあるのですか

まず、この言葉を憶えてください。3場同時開催をして
いる時に東西のメインとなる競馬場(今は東は新潟、西は
小倉です。)は中央開催、もう一つの競馬場(今は札幌。)
はローカル開催と呼びます。

未勝利戦はその中央開催では4回中山開催の9月30日
まで、ローカル開催ではzawayoshiさんの言われる3回
新潟開催の10月21日まであります。

>この開催で未勝利を脱出できなかった3歳馬たちは中山他の開催に戻っ
>て来れるのでしょうか。

未勝利戦を勝ち上がれなかった競走馬は500万クラスに
編成されますが、中央開催に出走は認められません。
勝利するまではローカル開催だけに出走できます。
記憶によると確か、獲得賞金での除外は撤廃されたと思い
ますので、出走にこぎつけるのに明確な不利はなかったと
思います。
ただ、未勝利を勝ち上がれなかった、という事実はあります
ので基本的な能力がないという事で中央競馬を登録抹消に
なる競走馬が多いですね。

応援している馬が早く勝ち上がるといいですね(^^)。

こんばんは。

>いつまで未勝利戦はあるのですか

まず、この言葉を憶えてください。3場同時開催をして
いる時に東西のメインとなる競馬場(今は東は新潟、西は
小倉です。)は中央開催、もう一つの競馬場(今は札幌。)
はローカル開催と呼びます。

未勝利戦はその中央開催では4回中山開催の9月30日
まで、ローカル開催ではzawayoshiさんの言われる3回
新潟開催の10月21日まであります。

>この開催で未勝利を脱出できなかった3歳馬たちは中山他の開催に戻っ
>て来れるのでしょうか...続きを読む

Q競走馬の気持ちは?

競馬で走っている馬たちは騎手に命令されているから
走っているのでしょうか?それともサラブレットたちは
実際に他の馬と勝負をすることを楽しんでいるのでしょうか?
馬がレースをどのような気持ちで挑んでいるのか教えていただけるとうれしいです。
それに関するホームページや書籍も紹介していただけるとさらに助かります。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

競走馬は、産まれた時は、人間を乗せて走る、ということはしませんし、嫌がります。それを牧場で人間に慣れるように訓練され、鞍を着けることを訓練され、人間を乗せるように訓練され、そして、人間の指示通りに走るように訓練されます。
その意味では、少なくとも競馬場で走る馬は、人間に命令されているから走っている、ということになると思います。
それが馬にとって嫌なことなのか、楽しいことなのか…などは、わかりませんし、馬の性格などにもよると思うのですが…。

藤沢和雄調教師の著書『競走馬私論』など、面白いかも知れません。
藤沢師の調教などについて書いた本なのですが、「いかに気持ちよく競走馬が走れるように工夫しているか」というようなことが書かれています。

Q競争馬は「今、自分は勝負してる」事を理解してますか?

馬は、賢い動物だそうです。
レース中の競争馬は、「ケツ叩かれるからただ走る」のではなく、
「オレは今勝負している」「アイツには負けたくない!」というような
「勝負」という概念を理解しているのでしょうか?

「そんなこと馬に聞いてくれ」なんておっしゃらず、予測でも
構いませんので、ご意見願います。

Aベストアンサー

こんばんは。
面白い質問ですね。

「今、自分は勝負してる」事を理解してますか?
これの理解はないと思います。

ただ、
1頭でも前の馬を抜こうとか、先頭に立とう とかの意識はあると思います。
(それが捕食者に追われているケースだけでなく)これは野生の馬でも。

競走馬は調教されていますから下記の認識はあるでしょう。
・ムチを使われたら → 一生懸命走らなけらばいけない。
・なだめられたら → あわてて走ってはいけない。
それと経験上下記の認識はあるでしょう。
・最後のコーナーを廻ったら、一生懸命走って、あと少しで終わるのだから。
・で、なんとなくあの辺がゴールかな、ぐらいは。

ただ、勝負については
犬の調教のように良く出来たらすごく褒めてあげるように、
一番先頭でレースが終わった時やはり同じようにべた褒めして上げれば、
習慣づいて勝負と言う認識はなくても
1頭でも前の馬を抜こうとか、できれば一番先頭にとか。(そうすればあとでほめてもらえる)
と馬も考えるのだと思います

馬と人間の歴史は長いですから(競馬は最近のこと)、当初家畜から次に戦争の時の道具に。
このあたりから人間は速い馬を目標に育ててきていると思います。
ですからものすごく闘争本能の強い馬の遺伝子が受け継がれ、
勝負を意識している馬がもしかしているのかも知れません。

-----以上

こんばんは。
面白い質問ですね。

「今、自分は勝負してる」事を理解してますか?
これの理解はないと思います。

ただ、
1頭でも前の馬を抜こうとか、先頭に立とう とかの意識はあると思います。
(それが捕食者に追われているケースだけでなく)これは野生の馬でも。

競走馬は調教されていますから下記の認識はあるでしょう。
・ムチを使われたら → 一生懸命走らなけらばいけない。
・なだめられたら → あわてて走ってはいけない。
それと経験上下記の認識はあるでしょう。
・最後のコーナ...続きを読む

Qレースに勝たないと馬肉にされちゃう、って本当?

レースに勝たないと馬肉にされちゃう、って本当?

よく「レースに勝てない馬はさっさと処分して馬肉にしちゃう」なんてことが
笑い話としていわれますが、あれは比喩的な話であって、実際には成績不振で
引退後に乗馬馬にもなれず、使い道のない馬は殺して処分したあとは
食用肉にならず埋められるのでしょうか?

それとも本当にサラブレッドというのは、レース馬としての需要以外に食用肉としての
需要も見越して頭数を計画的に生産しているのでしょうか?

馬肉って食べたことありますが、赤身で脂肪がなく、松阪牛のようないわゆる霜降り肉とは
対極にある、確かに「運動している動物の肉」という感じがしましたけどね。

Aベストアンサー

馬刺しになるような馬は、それ用の品種があり、そのための牧場があります。

サラブレッドの場合は、レース馬としての役目を果たせなくなったら、
観光牧場や、大学等の乗馬部、あるいは通常の乗馬クラブにひきとられます。

ます、が、まぁそれだけの数の馬はひきとれませんよね。

だったら、普通の牧場で余生をすごすのか、ということにはなりません。
種牡馬として期待できないのでれば、オグリキャップのような例外でなければ、
廃馬です

老衰するなりするまで、面倒を見てもらえるような馬なら、それなりの埋葬なりがあるのかもしれませんが、使えない馬として処分されるのでれば、食肉になります。普通は。

人間が食べるニューコンビーフは馬肉が入っていますし、肉加工品には馬肉が入っているのが多いです。
あとは、ペットフードにもなるようです。

食肉としての末路は視野にはあるとは思いますが、通常の競走馬は育てるのにコストがかかりすぎますから、食肉需要はあまり考えていないはずですよ。

Q馬主って儲かっているんでしょうか?

馬券で儲けたり、払い戻しの収入だけで生活している人はめったにいないと思いますが馬主ってのは儲かるものなのでしょうか?

Aベストアンサー

殆どの馬主は儲かっていないと思われます。

JRAで馬主をした場合、所有する馬の維持費だけで年間に600万円~700万円程度がかかります。
仮に10頭を持っていたとすると、それだけで年間6000万円とか、7000万円の出費です。
その一方で、世界で最も賞金を稼いだテイエムオペラオーでさえ18億円(馬主の取り分は14億4000万円)ですので、維持費が年間700万円として200頭分にしかなりません。無論、馬を購入するにもお金がかかりますし、海外遠征などをする場合は、その遠征費用もかかります。
それを考えると、そうそう儲かるものではないと言えるでしょう。


ただ、その一方で、上手くすればとんでもなく儲かる可能性がある、というのも確かです。
それは、種牡馬として高く売る、ということです。

例えば、ディープインパクトは、競走馬としての賞金は14億5000万円(馬主の取り分は11億6000万円ほど)ですが、種牡馬入りする際に総額51億円のシンジケートが組まれました。馬主にも、それに近い金額が入ったといわれています。
アドマイヤムーンも、現役の最中に30億円ほどでトレードとなりました。
血統がよく、種牡馬としての期待が出来る馬であれば、このような巨額の収入を得ることが出来る可能性がある、といえます。



以下は馬主の話ではないですが、そういう形で購入し種牡馬とする側も、今度は高額で勝った馬の産駒が走らなければ大損になりますし、逆に、走れば毎年、巨額の儲けを生み出す金の卵になります。
それらを総合すると、ハイリスクハイリターンな世界がサラブレッドビジネスの世界という風にいえるのだと思います。

殆どの馬主は儲かっていないと思われます。

JRAで馬主をした場合、所有する馬の維持費だけで年間に600万円~700万円程度がかかります。
仮に10頭を持っていたとすると、それだけで年間6000万円とか、7000万円の出費です。
その一方で、世界で最も賞金を稼いだテイエムオペラオーでさえ18億円(馬主の取り分は14億4000万円)ですので、維持費が年間700万円として200頭分にしかなりません。無論、馬を購入するにもお金がかかりますし、海外遠征などをする場合は、その遠征費用も...続きを読む


人気Q&Aランキング