くるりから届けられた4年ぶりのニューアルバム!!

人体の各パーツごとの重さが知りたいです

全体の体重を50kgとした場合
頭、胴体、肩の付け根から腕一本、股の付け根から足一本
それぞれ約何kgくらいになるのでしょうか
筋肉量、脂肪量、身長などは申し訳ないですが今の時点ではとくに考えていません
だいたいで良いので、もしよろしかったら教えてください

A 回答 (1件)

同様の質問とそれに対する回答を見つけましたので、そちらのリンクをご紹介します。




その値を参考にして50kgの人に換算すると…

頭=3.5kg
胴体=21.5kg
腕1本=3.25kg
足1本=9.25kg

個人差が相当ありそうですが、ひとつの目安にはなるかと。
だいたい両手足で体重の半分なんですね^-^;

参考URL:http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question …
    • good
    • 7
この回答へのお礼

遅くなりました、すいません
こんなに詳しく説明していただき、ありがとうございます

お礼日時:2012/12/25 21:47

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q頭の重さのはかり方

人間の「頭の重さ」のはかり方を教えていただけませんでしょうか?

首は含みません。頭の重さだけです。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

 
精密な機器やプログラムがあれば、計算できない訳ではないのです。例えば、CTスキャンで「骨密度」測定ということが可能です。どれぐらいX線を透過するか測定し計算して、骨の密度を測定する訳です。

同じような原理で、脳細胞部分の密度とか体積、口腔の筋肉や歯などの体積や密度も理論的に測定できます。これらを総合して、頭部の質量を計算するようなスキャンとプログラムを作れば、別に頭を切って計らなくとも、かなり正確な値が出ます。

しかし家庭でできる簡単な方法というと、やはり、頭部の体積を求め、頭部の平均密度などの参照資料があれば、または、そんな資料があるかどうか分かりませんが、頭部の体積対重量の比のサンプルがあれば、一般的な「密度・比重」が出てきて、これを体積にかけると、大体の重量が出てきます。

大脳の体積はよく書かれていますし、大脳灰白質の密度もあるのではないかと思います。大脳細胞は密度が特殊なので、これだけ別計算にして、他の頭部部分は、身体の比重と同じぐらいだと考え、資料を捜せば、人間の身体の平均的な比重があるはずです(これがあるので、水にどれぐらい浮くかが分かるのです)。

頭部の体積を求める簡単で正確な方法は、深さ20cmか、もう少し大きいポリバケツのようなものを準備します。このバケツよりももう少し大きいバケツか何かの容器を用意します。

大きな容器のなかに置いたポリバケツ(ポリでなくともよいですが)に、ぎりぎりに水を張ります。次に、頭部を静かに、息を止めて、ポリバケツに張った水のなかに漬け、首の付け根当たりの所まで漬けると、頭を引き出します。この時、横から頭を入れると、首のところが斜めになるので、椅子の上などに身体を置き、上から、下に向け、頭部をポリバケツに入れるとかすればよいでしょう。

髪が濡れていれば、十分水を絞って、外の容器に入れます。つまり、外の大きい方のバケツあるいは容器にこぼれた水が、頭部の体積に対応する水なので、これを正確に計れば、かなり簡単に正確な頭部の体積が出てきます。

風呂になど入る必要はありません。

ただ、これだけでは体積しか分かりません。標準的な頭部の比重や密度を使って、体積を元に重量を見積もります。(頭を剃って髪をなくし、頭部全体に水をはじくワセリンのようなものをぬっておけば、より正確に体積が計れます)。
 

 
精密な機器やプログラムがあれば、計算できない訳ではないのです。例えば、CTスキャンで「骨密度」測定ということが可能です。どれぐらいX線を透過するか測定し計算して、骨の密度を測定する訳です。

同じような原理で、脳細胞部分の密度とか体積、口腔の筋肉や歯などの体積や密度も理論的に測定できます。これらを総合して、頭部の質量を計算するようなスキャンとプログラムを作れば、別に頭を切って計らなくとも、かなり正確な値が出ます。

しかし家庭でできる簡単な方法というと、やはり、頭部の...続きを読む

Q人体の相対重量比について

こんにちは、工学部の学生です。

平均的な日本人成人男性について
五体から臓器まで人体各部の重量の、体重に対する割合を
できるだけ多く、詳しく知りたいのですが、
どなたかそのようなデータの記載された
サイトや書籍をご存知ないでしょうか。

書籍の場合は、大学の図書館だったらどのあたりを探せば良いのかなど
教えて頂けるとありがたいです。

Aベストアンサー

こんにちは。

まずは、四肢各部分の重量比についてですが、『運動学』の教科書で見たことがあります。運動学に触れていればどれでも載っているとは限らないと思いますが、
書籍名:基礎運動学 
著者名:中村隆一/著 斎藤宏/著 長崎浩/著
出版社名:医歯薬出版

現在発行されているのは第6版みたいですが、現在手元にはないので不確定なのですがコレの第5版に書いてあったと記憶しています。

また、四肢重量、臓器の重量は『解剖学』に触れている書籍を参考にされるといいと思います。
医学部のある大学ですと充実しているのではないかと思います。

これらには、大抵、成人男性では○○○gと書いてあります。

%ではないですが、一般成人男性の体重は60kgで想定されているはずですので、計算してください。

Q人間の骨だけの重量

人間の骨だけの状態の体重(重量)は平均いくつなのか知りたいです。
ご存知の方教えてください。(本当に脂肪や筋肉や皮膚や水分や体毛やその他などを抜いた状態でまさに骨だけの状態での重量)

身長によっては違うのか等あればどれくらい違うのか教えてください
なければ結構です。

よろしくお願いします☆

Aベストアンサー

何かの本でおよそ9kgぐらいだときいた記憶があります

Q人間の頭・足の重さ

大人の体で、一番重いのはどの部分なのですか?頭と足ならどちらのほうが重いのですか?インターネットとかで調べたけどどこにも見つけられませんでした。知ってる方、教えてください。

Aベストアンサー

 一番重いのは胴体です。
 頭と足とでは、大きい分だけ足が重いです。

 人間の身体は、(部位によって誤差はありますが)おしなべてほぼ水と同じなので、体積を測ることで重さを知ることができます。
 なので、メジャーで測るなどしてご自分の頭と足のそれぞれの体積を求めれば、1立方メートルあたり1キロで計算して重さを出すことができます。

(ただし、スポーツ選手は筋肉で身体を鍛えてあるので、必ずしもこの方法では正確な重さが分からないこともあります)

Q筋肉量を1kg増やすにはどれくらいの期間必要?

最近、あまりにもこの手の話題が多いので気になって「あえて」質問させて頂きます。

筋肉の量を1kg増やすにはどれくらいのトレーニングが必要なのでしょうか?
またどれくらいの期間が必要なんでしょうか?

週3,4回程度の有酸素運動を1か月ぐらいで筋肉が1kgも増えるなんてあるんでしょうか?
また通常の筋トレであっても1か月程度で筋肉量が1kgも増えるんでしょうか?
(1か月で1kgも増えるなら1年で12kgも増えるんですかね?w )

仮に増えたとしても生半可なトレーニングじゃ1か月で1kg増量なんて無理な気がしますが????

Aベストアンサー

筋トレ、ボディビルダー・・・
といった本格的な部類で 年間2~3キロとも言われています。

これは5年10年それ以上 トレーニングを積んだ人たちからの経験からの数字でしょうから
大規模な実験調査はどの国でもやっていないと思いますが
それなりに信じていいと 個人的に判断しています。


>また通常の筋トレであっても1か月程度で筋肉量が1kgも増えるんでしょうか?
>(1か月で1kgも増えるなら1年で12kgも増えるんですかね?w )
「増えるでしょう。」と自己矛盾している回答を(笑)
※1年で12kgは無理でw

筋肉の水分含有量は75%~80%です。
脱水症状気味の有無、パンプアップの有無で変化しちゃいます
ヒトの体は50%が筋肉とも言われています。
つまり60kgの50%の30kg中の変動分5%程度
1.5kgは筋繊維の変化がなくとも「筋肉量の変化」がある

日ごろから運動してないなどスタート時の条件を細工すれば
2時間もあれば1kgふやせるんじゃねwwwww(草生やしておく)


なお一般的になっている体組成計の数値でしたら
複数の周波数の信号を体に送って通電状態から類推している機械ですので
トイレいったり蒸しタオルで足の裏拭いたり
水飲んだり 塩分取りすぎてむくんでたり
風呂入ってくるとか
数字はあるていどコントロールできるかと。
(説明書には風呂上りにとかNGって書いてある)

筋トレ、ボディビルダー・・・
といった本格的な部類で 年間2~3キロとも言われています。

これは5年10年それ以上 トレーニングを積んだ人たちからの経験からの数字でしょうから
大規模な実験調査はどの国でもやっていないと思いますが
それなりに信じていいと 個人的に判断しています。


>また通常の筋トレであっても1か月程度で筋肉量が1kgも増えるんでしょうか?
>(1か月で1kgも増えるなら1年で12kgも増えるんですかね?w )
「増えるでしょう。」と自己矛盾している回答を(笑)
...続きを読む

QNをkgに換算するには?

ある試験片に40kgの重りをつけた時の荷重は何Nをかけてあげると、重り40kgをつけたときの荷重と同等になるのでしょうか?一応断面積は40mm^2です。
1N=9.8kgfなので、「40kg=N×0.98」でいいのでしょうか?
ただ、式の意味がイマイチ理解できないので解説付きでご回答頂けると幸いです。
どなたか、わかる方よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。

kgfはSI単位ではないですが、質量の数値をそのまま重さとして考えることができるのがメリットですね。


>>>
ある試験片に40kgの重りをつけた時の荷重は何Nをかけてあげると、重り40kgをつけたときの荷重と同等になるのでしょうか?

なんか、日本語が変ですね。
「ある試験片に40kgの重りをつけた時の引っ張りの力は何Nの力で引っ張るのと同じですか?」
ということですか?

・・・であるとして、回答します。

40kgのおもりなので、「おもりにかかる重力」は40kgfです。

重力は万有引力の一種ですから、おもりにも試験片にも、地球からの重力はかかります。
しかし、試験片の片方が固定されているため、見かけ、無重力で、試験片だけに40kgfの力だけがかかっているのと同じ状況になります。

試験片にかかる引っ張り力は、

40kgf = 40kg×重力加速度
 = 40kg×9.8m/s^2
 = だいたい400N

あるいは、
102グラム(0.102kg)の物体にかかる重力が1Nなので、
40kg ÷ 0.102kg/N = だいたい400N


>>>1N=9.8kgfなので、「40kg=N×0.98」でいいのでしょうか?

いえ。
1kgf = 9.8N
ですね。


>>>一応断面積は40mm^2です。

力だけでなく、引っ張り応力を求めたいのでしょうか。
そうであれば、400Nを断面積で割るだけです。
400N/40mm^2 = 10N/mm^2 = 10^7 N/m^2
1N/m^2 の応力、圧力を1Pa(パスカル)と言いますから、
10^7 Pa (1千万パスカル) ですね。

こんにちは。

kgfはSI単位ではないですが、質量の数値をそのまま重さとして考えることができるのがメリットですね。


>>>
ある試験片に40kgの重りをつけた時の荷重は何Nをかけてあげると、重り40kgをつけたときの荷重と同等になるのでしょうか?

なんか、日本語が変ですね。
「ある試験片に40kgの重りをつけた時の引っ張りの力は何Nの力で引っ張るのと同じですか?」
ということですか?

・・・であるとして、回答します。

40kgのおもりなので、「おもりにかかる重力」は40kg...続きを読む

Qエクセルで計算すると2.43E-19などと表示される。Eとは何ですか?

よろしくお願いします。
エクセルの回帰分析をすると有意水準で2.43E-19などと表示されますが
Eとは何でしょうか?

また、回帰分析の数字の意味が良く分からないのですが、
皆さんは独学されましたか?それとも講座などをうけたのでしょうか?

回帰分析でR2(決定係数)しかみていないのですが
どうすれば回帰分析が分かるようになるのでしょうか?
本を読んだのですがいまいち難しくて分かりません。
教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

★回答
・最初に『回帰分析』をここで説明するのは少し大変なので『E』のみ説明します。
・回答者 No.1 ~ No.3 さんと同じく『指数表記』の『Exponent』ですよ。
・『指数』って分かりますか?
・10→1.0E+1(1.0×10の1乗)→×10倍
・100→1.0E+2(1.0×10の2乗)→×100倍
・1000→1.0E+3(1.0×10の3乗)→×1000倍
・0.1→1.0E-1(1.0×1/10の1乗)→×1/10倍→÷10
・0.01→1.0E-2(1.0×1/10の2乗)→×1/100倍→÷100
・0.001→1.0E-3(1.0×1/10の3乗)→×1/1000倍→÷1000
・になります。ようするに 10 を n 乗すると元の数字になるための指数表記のことですよ。
・よって、『2.43E-19』とは?
 2.43×1/(10の19乗)で、
 2.43×1/10000000000000000000となり、
 2.43×0.0000000000000000001だから、
 0.000000000000000000243という数値を意味します。

補足:
・E+数値は 10、100、1000 という大きい数を表します。
・E-数値は 0.1、0.01、0.001 という小さい数を表します。
・数学では『2.43×10』の次に、小さい数字で上に『19』と表示します。→http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%8C%87%E6%95%B0%E8%A1%A8%E8%A8%98
・最後に『回帰分析』とは何?下の『参考URL』をどうぞ。→『数学』カテゴリで質問してみては?

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9B%9E%E5%B8%B0%E5%88%86%E6%9E%90

★回答
・最初に『回帰分析』をここで説明するのは少し大変なので『E』のみ説明します。
・回答者 No.1 ~ No.3 さんと同じく『指数表記』の『Exponent』ですよ。
・『指数』って分かりますか?
・10→1.0E+1(1.0×10の1乗)→×10倍
・100→1.0E+2(1.0×10の2乗)→×100倍
・1000→1.0E+3(1.0×10の3乗)→×1000倍
・0.1→1.0E-1(1.0×1/10の1乗)→×1/10倍→÷10
・0.01→1.0E-2(1.0×1/10の2乗)→×1/100倍→÷100
・0.001→1.0E-3(1.0×1/10の3乗)→×1/1000倍→÷1000
・になります。ようするに 10 を n 乗すると元の数字になるた...続きを読む

Q腕立て伏せはベンチプレスで例えると何kgになりますか?

こんにちは。
最近、腕立て伏せをするにあたって少し疑問が出てきました。
腕立て伏せは、自分の体重の何%が腕にかかり、
何kgのベンチプレスをしていることになるのでしょうか?
ちなみに私の体重は65kgで身長が167cmです。

それと余談なのですが、
最近、胸に筋肉がついてきたのですが、
胸の周りばかりについてしまい、
胸の中心部がへこんでいるように見えてしまいます。
胸の中心部の筋肉をつける方法はありますか?

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

いきなり否定的で申し訳ないですが、腕立てをベンチに例えるのはちょっと無理がある様な気がします。
その上で言うなら25kg前後くらい……? でしょうか。
#1さんの方法ですと、腕の重さが入る時点で計測できているようないないような。

胸中央の鍛え方
プレスかダンベルフライ。
ナロープッシュアップと仰る人も居るようですが、コレはどう考えても三頭筋メインの運動になると思います。
ストレッチ具合からするとダンベルフライ>ダンベルプレス>バーベルプレスかな。
でも一番大事なのはフォームを守って「中央部を使うように意識する」事ですね。
ベンチかなんかの台を使って背中より下へ腕を動かせる様にしないとダメです。
フライは無理をすると肩を壊しやすいので、もし実践されるのでしたら十分気を付けて下さい。

ところで、筋肉を増やす為のトレーニングは「高負荷で低回数」がセオリーです。
通常の腕立てでは負荷が軽すぎるので、適切な方法をお調べになるといいですよ。
背中、お腹、脚なども満遍なく鍛えた方が良いです。

Qパーセントの計算がまったく出来ません…

本当にお恥ずかしいのですが、パーセントの計算方法を教えて下さい。

お店のバーゲンセールなどでよく「50%オフ」「45%オフ」といった表示を見ます。50%は半分ということは「感覚」でわかるので、定価が2000円ならその50%オフは1000円ですし、1500円なら750円と計算が出来ます。
ですが、たとえば75%オフだとか、44%オフだとか、80%オフだとか、そういう中途半端(?)な数の場合、さっぱりわからないのです。テレビなんかでバーゲンセールを取材している様子を見るとリポーターの女性なんかが「定価が○○円で、65%オフ!?ということは○○円ですね!?」などとパッと暗算で計算しているのを見るととても驚きます。

暗算とまではいかなくても計算機(ケータイにもその機能はありますし)があればいいので、どういう計算式でその%オフされた数字を出すのか教えて下さい。

また、今のバイト先で、商品の売り上げ目標というのを作るのですが、先輩たちのミーティングを見ていると「目標○○万円でしたが、××円しか売り上げがなく、△△%の達成率となってしまいました」と報告をしているのですが、この場合もどのような計算式で計算しているのでしょうか?

消費税を出す場合につきましても教えて頂きたいのですが、今現在の税率は5%で、その計算をする場合は「定価×1.05」で出ますよね。なぜ、1.05をかけるのかわからないのです。

本当にお恥ずかしいのですが、どうか教えてください。まったくわからないので、出来る限り丁寧で細かい説明をして頂けると本当に助かります。よろしくお願いいたします。

本当にお恥ずかしいのですが、パーセントの計算方法を教えて下さい。

お店のバーゲンセールなどでよく「50%オフ」「45%オフ」といった表示を見ます。50%は半分ということは「感覚」でわかるので、定価が2000円ならその50%オフは1000円ですし、1500円なら750円と計算が出来ます。
ですが、たとえば75%オフだとか、44%オフだとか、80%オフだとか、そういう中途半端(?)な数の場合、さっぱりわからないのです。テレビなんかでバーゲンセールを取材している様子を見るとリポーターの女性なんかが「定価が○○...続きを読む

Aベストアンサー

丁寧で細かい説明が希望とのことなので、ちょっと長くなりますが書いてみます。
数学的には無駄の多い説明ですが、分かりやすく説明したつもりですので読んでみてください。

1000円の50%は500円、30%は300円であることは分かりますね?
これは以下計算をしていることになります。
 1000×(50÷100)=500
 1000×(30÷100)=300
●%ってのは●÷100のことです。
で、▲円の●%を求める場合、▲×(●÷100)で計算します。

次、1000円の30%オフって場合ですが、「オフ」=値引きです。
つまり、1000円の30%分を値引きします、ということですよね。
だから、元の値段1000円から1000円の30%分である300円を引いた
残りである700円が答えです。
でもそれを計算するのは面倒なので、ちょっとテクニックがあります。
30%オフということは、元の値段の70%分を求めればよいと考えます。
つまり、1000円の70%なので700円、となります。
ここまではいいですか?

次、達成率の計算ですが、、
目標100万円に対して売り上げも100万円だったら達成率は100%なのは
感覚的に分かりますよね?
つまり、達成率=(実際の値÷目標値)です。
%で表現する場合はこれに100を掛けます。(●%=●÷100だから)
たとえば目標50万円で売り上げ35万であれば35÷50×100なので70%になります。

最後、消費税。前述のオフとは逆で、消費税5%分を上乗せする、と考えます。
つまり、税抜き●円であれば、●円と●円の5%を足した金額が税込み金額です。
式にすると●+(●×5÷100)です。
これが基本ですが、先程のオフの計算のテクニックと同じ考え方が適用できます。
5%上乗せした額ってことは、元の値段の105%分を求めればよいと考えます。
ですから●×(105÷100)です。
ここで出てくる(105÷100)は1.05ですよね。
つまり、元の値段●に1.05を掛ければよいのです。

おまけ。暗算を早くするためのテクニック初級編として3つだけ書いておきます。
1.計算式に掛け算と割り算しかない場合、もしくは足し算と引き算しかない場合、
  順番を無視しても答えは一緒です。
  上の例でいくと35÷50×100は35×100÷50でも答えは一緒です。
  で、100÷50を先に計算して、それに35を掛けます。
  これならすぐに暗算できますね。

2.割り算の場合、前後の数字に同じ値を掛け算しても答えは一緒です。
  たとえば35÷50であれば、前後に2を掛けて(35×2)÷(50×2)でも
  答えは一緒です。
  35÷50の暗算は一瞬悩むけど、70÷100なら簡単ですよね。

3.掛け算の場合、前後の数字を分解して細かく掛け算しても答えは一緒です。
  たとえば25×32を計算する場合、32は4×8なので25×4×8を計算しても
  答えは一緒です。
  25×4は100、100×8で800ということで25×32=800です。
  これなら暗算できそうですよね。

丁寧で細かい説明が希望とのことなので、ちょっと長くなりますが書いてみます。
数学的には無駄の多い説明ですが、分かりやすく説明したつもりですので読んでみてください。

1000円の50%は500円、30%は300円であることは分かりますね?
これは以下計算をしていることになります。
 1000×(50÷100)=500
 1000×(30÷100)=300
●%ってのは●÷100のことです。
で、▲円の●%を求める場合、▲×(●÷100)で計算します。

次、1000円の30%オフって場...続きを読む

Qお米1合はご飯何グラムですか?

お米1合(150g)は炊きあがり後の「ご飯」になった時は大体何グラムでしょうか?
また、炊飯ジャーなどで、容量6L等とありますが、このリットルはどの状態の事を差すのでしょうか?(米?ご飯?、容積?)

Aベストアンサー

一合150gのたきあがりは約300gです。ちなみにお茶碗一杯150gおにぎり一個100gすし一貫20gカレー一人前300g弁当一個220gが標準です。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング