グッドデザイン賞を受賞したウォーターサーバー >>

タイトルの件、質問いたします。

よく、FXにて、米国の長期金利上昇によって、ドル高になるみたいな表現を見ます。

Q1.日米金利差とは、日本の何の金利と、アメリカの何の金利の差の事を行っているのですか?

Q2.また、上記、金利は、どこのサイトで、具体的な数値を確認する事が出来ますか?

以上、ご存知の方、いらっしゃいましたら、宜しくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

よくに言う


公定歩合の事です。
日銀(日本銀行)が、長期プライムレートを決定します。
それは、景気の動向を調査して、インフレ、デフレのコントロールをする為です。

一方、日銀と同じく米国にはFRB(連邦制度理事会)が有ります。

なまえは、違えど同じ事をして、景気をコントロールしてるのです。

金利が、高くなれば、家、車を買いますか?
金利が下がれば、家、車買いますよね?

単純に、それで、金利差は発生します。

中国にも中国中央銀行が、あります。

しかし、一つ、世界でおかしな所が、あります。

ヨーロッパです。

つまり、ヨーロッパは、イギリスを除いて、全て
€を用いてます。

しかし、ギリシャ、スペイン、イタリア
危ない国です。

しかし、一方で、ドイツは世界の中で、物を言える立派な財政の良い国家です。

しかし、コントロールは、ユーロでコントロール出来ないのです。



先ほど、プライムレートの話をしました。

それだけが、中央銀行の仕事では、有りません。

中央銀行の仕事は、お札を発行する大事な仕事が有ります。

沢山、お札を刷ったら、希少価値は無くなることに成ります。
少なすぎたら、お金は、紙切れ同前

だから、
ユーロ圏は困ってるのです。

大体、簡単に書いてみました。

ご理解頂けましたか?

解らなければ、お礼で返事いただければ、もう少し噛み砕き
追加回答します。
    • good
    • 0

 


>アメリカと日本の、2年国債の金利差の事を言うのでしょうか??
日米金利差を質問してますよね?
豪州とユーロを比較するのも面白いかも知れません。

>Q1.国債の取引されている時間は、何時から何時まででしょうか??
>東証の営業時間とDOWの営業時間に一致するのでしょうか??
よくご存知ですね。
日本ではナイト取引もありますよ

>Q2.上記リンクのサイトは、タイムリーに更新されるのでしょうか??
>もしくは、自分でブラウザの更新ボタンを押下する事で更新されるのでしょうか
どうなんでしょう、今まで使ったことが無いので.....調べてください
 
    • good
    • 1

NO2です。


お札をするのが、少ないと、希少価値が出る

これが、正しい文章です。

お詫びとともに、訂正をさせて頂きます。

大変申し訳ありませんでした。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。

大変、勉強になりました。

お礼日時:2013/01/06 04:04

 


A1
2年もの国債の金利を指します

A2
http://globalmarketwatch.net/mt/2008/01/post-5.h …
ここで判ります
 

この回答への補足

アメリカと日本の、2年国債の金利差の事を言うのでしょうか??

Q1.国債の取引されている時間は、何時から何時まででしょうか??
東証の営業時間とDOWの営業時間に一致するのでしょうか??

Q2.上記リンクのサイトは、タイムリーに更新されるのでしょうか??
もしくは、自分でブラウザの更新ボタンを押下する事で更新されるのでしょうか


以上、おてすきな時に、宜しくお願いします。

補足日時:2013/01/06 04:03
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q日米金利差があると円高になる?円安になる?

こんにちは、ちょっと基本的なことを質問させてください。それなりに勉強しているつもりですが、わからなくなってしまいました。
現在、日米金利差が3%ありますよね。こういう状況では、ドルで貯金した方がよいから円安ドル高になりますよね。もちろん他の要因もありますが、ここでは金利の影響のみをとりあげます。
ところが私の上司は、「日米金利差が3%あるから先物は年率3%で円高ドル安になっている。先物は現物の将来価格であるから、将来円高ドル安になる。円高ドル安にならないと、先物を予約したら無条件に儲かるじゃないか?だから裁定が働いて円高ドル安になるんじゃないか」と言います。
 そこで私が、ドルの方が需要が高いのだからドル高になると説明したら、「金利差があると需給が均衡するまでドル高になって、それ以後ドル安になる」という意見に変わっていきました。
 調べてみると、需給の関係でドル高になる作用と、裁定の関係でドル安になる作用があるようでした。それで市場では短期的に為替はドル高になるとよく言われますが、結局どっちなの?と思いました。上司を説得するにはどう攻略すればこうかてきでしょうか。わたしはそもそも先物は現物将来予想という理解がおかしいと思うのですが。

 私が参考にしたWEBページを乗せます。

教えてgoo
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1091144

金融大学
http://www.findai.com/kouza/210fx.html

外為塾
http://www.fxlabo.co.jp/juku/koudou2/kinri.htm

こんにちは、ちょっと基本的なことを質問させてください。それなりに勉強しているつもりですが、わからなくなってしまいました。
現在、日米金利差が3%ありますよね。こういう状況では、ドルで貯金した方がよいから円安ドル高になりますよね。もちろん他の要因もありますが、ここでは金利の影響のみをとりあげます。
ところが私の上司は、「日米金利差が3%あるから先物は年率3%で円高ドル安になっている。先物は現物の将来価格であるから、将来円高ドル安になる。円高ドル安にならないと、先物を予約したら無...続きを読む

Aベストアンサー

#1です、ちょっと読んでて気になったものでスイマセン。

>よって、金利差分円高ドル安のポイントをゼロと考え、先物レートがそれよりも円高(円安)であれば、市場参加者が円高(円安)を予想していると考えるべきです。

ここ、間違いです。為替の先物価格に市場参加者の将来の為替予想が織り込まれることはありません。単なる金利差と為替スワップの歪みです。
歪むことはまれですし、あってもごく些細なものですがもし歪むとすれば、それは需給によるもの、あるいはその期間までの(短期)金利変動予測の織り込み、いずれかしかないと思います。
しかしどちらのケースも裁定機会となりますので、すぐに解消されます。


人気Q&Aランキング