人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

と思っています。
理由はボリュームの1ノッチの音量変化が大きすぎて、もう少し細かく調整したいからです。
具体的には、下記のコンポで最大ボリュームが45なのですが、うちのマンションではうるさくて10以上あげられません。
音量が10段階では、深夜などは音が大き過ぎるか小さ過ぎるかになりがちで、もっと細かく調整したいのです。
そこで、こちらのサイトでいろいろ調べて、下記のように接続しようと考えてるのですが、これで私の思惑(計算)通り片側14.14Ωになり、変更前の6Ωの半分以下の音量になりますでしょうか?
当方は電気もオーディオも素人です。
抵抗器の種類、W数など問題があればご指導、またはアドバイスよろしくお願いします。


●コンポ
  DENON RCD-M37
  出力30W+30W(6Ω、JEITA)
  適合スピーカーインピーダンス6Ω~16Ω


●変更前 スピーカー
  右:6Ωスピーカー
  左:6Ωスピーカー


●変更後 スピーカー+抵抗器(メタルクラッド抵抗・50W)
  右:4Ωスピーカー+抵抗27Ω ┓
                       ┣ 並列に接続で14.14Ω
    6Ωスピーカー+抵抗20Ω ┛
    
  左:6Ωスピーカー+抵抗20Ω ┓
                       ┣ 並列に接続で14.14Ω
    4Ωスピーカー+抵抗27Ω ┛

※変更後スピーカーを2個並列にしているのは、ついでに4つ鳴らしたいと考えてるからです。
 4つ鳴らしたい理由は、カーコンポのように四方から音が届く感じが好きだからです。
        
        
        

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

インピーダンスが変わっても問題ありませんよ。


あくまでも、アンプ側から見たインピーダンスを変えないというのが基本という提案です。

ただしスピーカーにローパスフィルターや、ハイパスフィルターがついている場合、インピーダンスが変わると周波数特性(カットオフ周波数)が変わる可能性があり、音そのものへの影響がないわけではありません。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

なるほど、そうですか。
ではスピーカー1個分で実験してから作ることにします。
どうもありがとうございました。

お礼日時:2013/01/26 21:41

はじめまして♪




スピーカー側に抵抗を用いるという考え方は、出来るなら避けるべきですねぇ。
御質問者様の構想ですと、4Ωのスピーカーに約7.5%、27Ω抵抗に約42.5%、6Ωのスピーカーに15%、20オーム抵抗に35%の音声電力消費となります。

つまり、アンプから10W出た場合、4Ωスピーカーに0.75Wが、6Ωスピーカーに1.5Wが加わり、その音量差とかの部分や、抵抗で消費するワット数等から、少々現実離れしているように思われます。

むしろ、それぞれのスピーカーに可変式アッテネーターを付ける方が現実的だと思います。
http://dp00000116.shop-pro.jp/?mode=cate&cbid=70 …
本来は高域用ユニット等に対してのレベル調整用ですから、低域カットしない信号を通す際には耐入力が1/5程度と考えておけば大丈夫かと思いますよ。
ほとんどの製品が8Ω仕様ですから、スピーカー側に10Wほどのセメント抵抗等で6Ωには2Ωの、4Ωには4Ωの固定抵抗を直列とする事で、アンプ側から見た時に合成インピーダンスが4Ωに収まりますね。
http://dp00000116.shop-pro.jp/?mode=cate&cbid=70 …


むしろ、アンプの入力側に抵抗を組み込んで減衰させた方が無難かもしれませんねぇ。

私個人はスピーカー工作が趣味でもあるのですが、スピーカー側で対処しようとすると、パーツも大きく割高に成って来るので、アンプの入力付近で安価な汎用抵抗を用いた方が良さそうに思います。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
アッテネーターなるものは知りませんでした。
Wikipediaなどを読むとまさにそのもの用途のようですが、仰られるようにやはり値段が割高ですね。
わたしのコンポは全部一体ですので入力もいじれません。
スピーカーは代々のコンポが壊れて残ったもので、今回買ったコンポも数年落ちの中古ですので
抵抗器を使って安価に音量を下げようと思ったのですが、他の回答者様も言ってますがやはりアンバランスですかね。
とりあえず安価な抵抗で実験してみるつもりですが、方法の選択肢が増えて勉強になりました。

お礼日時:2013/01/26 21:30

訂正です




誤  R1/(R1+R2)の値が小さくなるほどスピーカーの音量は小さくなります

正  R2/(R1+R2)

この回答への補足

ご丁寧な回答ありがとうございます。
ここまで教えていただければ、公式と図で回路は作れると思います。
しかし、合成インピーダンスを6Ωのまま音を小さくするのは、インピーダンスをあげることによって
音を小さくするのに比べ、どのような利点があるのでしょうか?
たとえば音質への悪影響がマシであるとかあるのでしょうか?
コンポ側は16Ωまでのスピーカーが適用できると書いてありますので、16Ω以内であれば音量を落とせると思っているのですけど。
たびたびすみませんが、よろしくお願いします。

補足日時:2013/01/26 21:01
    • good
    • 3

No.3です。



違います。

下記の図のように、スピーカーに対してR1を直列に、R2を並列につなぎます。


入力


R1


----スピーカー------GND


R2


GND

つまりこれは、分圧回路です。
入力電圧がR1とR2で分圧された電圧がスピーカーに加わる電圧となります。

R1+1/(1/R2+1/6Ω)=6Ω
となるようなR1とR2の値を選定してください。

また、R1/(R1+R2)の値が小さくなるほどスピーカーの音量は小さくなります。
    • good
    • 3

スピーカー1個ずつで考えた場合です。



抵抗を直列に入れただけだとインピーダンスが変わってしまいますので、インピーダンスを変えない工夫が必要です。

直列に入れる抵抗とは別に、スピーカーに並列に抵抗を入れてください。
スピーカーが6Ωとした場合に、全ての合成インピーダンスが6Ωとなるような抵抗を選択します。

この回答への補足

スピーカー1個ずつで考えて、下記のようにするということでしょうか?
このように繋げた場合、下記から12Ω抵抗を外した場合と比べどのような利点があるのでしょうか?
よろしくお願いします。

    ┏━━6ΩSP+6Ω抵抗━━━┓
 ━━┫                    ┣━━
    ┗━━━━12Ω抵抗 ━━━━┛

補足日時:2013/01/26 15:49
    • good
    • 2

抵抗を入れることで目的を実現することは可能でしょう。



オーディオは趣味ですから好きなようにしてみれば良いですが、
常識としてスピーカに直列に抵抗を入れることは、スピーカの音質に重大な影響があるので音質を重視する人は行ないません。
また、2種類のスピーカを同時に鳴らす事も、本来のスピーカの音質を損ないます。
カーコンポ程度の音質で満足できる人であれば、有りかも知れません。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
とりあえず火事になるような問題が無いようでしたら、試してみて音質と音量調整の実用性との
兼ね合いで判断しようと思います。
最初からもっと低出力なコンポを買えばよかったのかもしれません。

お礼日時:2013/01/26 15:49

実験してみるのが良いでしょう



図の例では二つのスピーカの音量は著しくアンバランスになります

また音質への悪影響も予想されます
(音質への影響を無視すれば、直列に接続する方が質問者の希望に近い)

スピーカを効率の低いものに変える方が効果はあるかと
(95dB/W とかの数値が 3下がれば音量は半分になります)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
スピーカーや抵抗器のΩ数がバラバラなのは、スピーカーが全部手持ち、抵抗は安価でオークションなどに
出回っているものを選んでいるためです。
抵抗器は全部で2000円以内で買えそうですので、実験してみようかと思います。
低効率のスピーカーもちょっと近所のハードオフに見に行ってきます。

お礼日時:2013/01/26 15:49

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q定格8Ωのアンプに4Ωのスピーカーを繋いでも問題ないですか?

最近になって初めてAVアンプを購入しました、しかしながらまだわからないことが多いのでお願いします。
JBLのCONTROL1Xの購入を考えています、しかしながら商品情報をえているうちに「4Ωなので注意してください」といった注意書きを見かけるので、今使っているアンプでは鳴らすことができないのかなと思ったりしてます、若干の音の劣化などはまったく気にしないんですが・・・
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

使えないわけでは無いのですが....

1)倍の電流が流れます。
  フルパワーにするとアンプの保護回路が動作することや
  トランジスタが壊れる事があります。
  常にボリュームを小さくして使うなら、普通は問題ありません

2)ダンピングファクターが悪化します。
  8Ωでdf=100なら、4Ωではdf=50になります。
  これは、制動係数と呼ばれているもので、
  振動板を振動させて、次に、それを(次の音に合わせて)
  振動を止める時の止める能力を示すものです。

  トランジスタ(FET)アンプで100ぐらい、
  真空管アンプでも10ぐらいの数値があり、
  これが10を割ると、しまりの無い音になってしまいます。

3)スピーカーの直列、抵抗の挿入はお勧めしません。
  やはり、ダンピングファクターを悪化させるからです。
  4オーム抵抗を入れると、df=2まで悪化します。
  スピーカーだと共振もあるので、1までいく
  周波数も出てしまい、音に色がついたようになります。
  (LR一組のスピーカーを片側に直列に2つともつないで見ると
   すぐに体感できます)

4)control-1は本当に4Ωか?
  スピーカーのインピーダンスには周波数特性があり、これは
  本当に4Ωまで落ちる周波数があります。
  でも、他社のスピーカー(ここのはフルパワー出すと
  アンプが壊れるので有名)で、8Ω表示でも
  4Ω近くまで落ちるものもありますから
  そんなに心配は要らないかもしれません。

5)問題は、なぜAVアンプが8Ωで表示しているかです。
  というのは、普通のアンプはスピーカーインピーダンスが低い方が
  出力が出るのです。
  もちろん高出力のほうが売りやすくなります。

  このため、8Ωで素直に表示しているものは少なく、
  8Ω30w、4Ω50w みたいな表示をしているものも
  みかけます。
  で、8Ωでしか定格が記載されていないとすると、
  やはり、余力が無いと考えるのが妥当でしょう。
  ボリュームを大きくした時に、保護がちゃんと動作してくれれば
  良いのですが、
  電源が飛んだり、パワートランジスタ(FET)が飛んだりすると
  厄介です。

というわけで、あまりお勧めはしませんが、小さな音(といっても
家庭用では充分)なら問題なく使えます。

なお、このスピーカー、出荷時にはエージングが充分になされていません。
購入後、10時間ぐらい音を出すと
そこから音質が向上するはずです。

使えないわけでは無いのですが....

1)倍の電流が流れます。
  フルパワーにするとアンプの保護回路が動作することや
  トランジスタが壊れる事があります。
  常にボリュームを小さくして使うなら、普通は問題ありません

2)ダンピングファクターが悪化します。
  8Ωでdf=100なら、4Ωではdf=50になります。
  これは、制動係数と呼ばれているもので、
  振動板を振動させて、次に、それを(次の音に合わせて)
  振動を止める時の止める能力を示すものです。

  ...続きを読む

Qスピーカーのインピーダンスをどう判断すれば良いのですか?

高級オーディオをかじり始めた者です。スピーカーのインピーダンスの数値は大きい方が良いのか、小さい方が良いのか、どちらでしょうか?(どうも、その大小の問題でも無いような気もするのですが・・・)
それと、アンプとの関係で注意が必要だとものの本に書いてありますが、どうもよく理解出来ません。数値が合わないと、アンプの故障につながるようですが、具体的にどこに注意すれば、良いのでしょうか?ご教示願います。

Aベストアンサー

私も文系で詳しくはないのですが、勉強した限りでは以下の通りです。

スピーカーのインピーダンスと音質の関係は、ほぼないといわれています。かつては12オームとか16オームといったものもあったようですが、現代のスピーカーは4~8オームが普通で、ごくごく稀に12オームくらいのものがあります。

インピーダンスとは交流電流に対する抵抗ですが、これが低いということは、同じ電圧をかけたときにより多くの電流を要求されるということになります。(交流にもオームの法則が使えるんでしたっけ....? I=E/Rですね)
現代のアンプの大半は電圧出力ですから、4オームのスピーカーでも8オームのスピーカーでも、1Vの出力で得られる音量に変わりはありませんが、抵抗値が半分ですので、実際に流れる電流が2倍になり、すなわち出力電力も2倍になります。
このとき、トランジスタや電源の性能などによって、許容量以上の電流が流れると、アンプが以上発熱したりトランジスタが破壊されたりするわけです。(もっとも、普通は保護回路やヒューズによって出力が遮断されます)

(つまり、8オームのスピーカーに10W出力するのと、4オームのスピーカーに20W出力するのは、スピーカーの仕事量は同じですが、アンプの負担が倍になっています。)

なお、インピーダンスは直流抵抗と異なり、周波数によって抵抗値が変化します。つまり、公称8オームのスピーカーでも、特定の周波数対では3オームくらいまで落ち込むこともあり得ます。(最近は落ち込みが大きいものは表示されるものもあります)

蛇足ながら、真空管アンプなどに多いトランス出力式のアンプの場合、4オーム端子に6オームのスピーカーを繋ぐのはアンプにとって定格より仕事が楽になり、8オームの端子に繋ぐと若干つらくなります。
この際にはダンピングファクターが変化するため、音色にも若干の違いがあるといわれています。

私も文系で詳しくはないのですが、勉強した限りでは以下の通りです。

スピーカーのインピーダンスと音質の関係は、ほぼないといわれています。かつては12オームとか16オームといったものもあったようですが、現代のスピーカーは4~8オームが普通で、ごくごく稀に12オームくらいのものがあります。

インピーダンスとは交流電流に対する抵抗ですが、これが低いということは、同じ電圧をかけたときにより多くの電流を要求されるということになります。(交流にもオームの法則が使えるんでしたっけ....? I=E/R...続きを読む

Qボリュームついてないパワーアンプにボリュームをつけたい

初めまして。

先日、アンプが壊れ、父から余っているアンプを譲って貰ったのですが、そのアンプは自作品をオークションで購入した物で、
ボリュームさえもついてない単純なパワーアンプでした。

普段はパソコンから繋いでいるため、パソコンのボリュームコントロールで調整をしているのですが、
ゲームやラジオなどと繋いで聞くと、音が大きすぎてまともに聞けません。

なので、簡単なボリュームを自作して、繋げたいと思っています。
本体に取り付けるのでなく、線と線の間に設置するタイプを考えています(良くある、イヤホンについているボリュームみたいな感じで)

しかし、ネットで色々調べてみたのですが、いまいち配線というか、構造が理解できません。
ボリュームが可変抵抗器であり、抵抗値を上下することで音の音量を調節している事までは理解できるのですが…

と言うわけで、基本的なボリュームの仕組みや回路を教えていただければ、と思います。
あと、音質面でオススメのボリュームが在ればそれも教えていただきたいです。

ハンダごてや、ケース作成などは、スピーカー自作や、ゲームコントローラーの乗っ取りなどをやっていますので、
基本的な事さえ教えていただければ何とかなると、思ってはいます。

初めまして。

先日、アンプが壊れ、父から余っているアンプを譲って貰ったのですが、そのアンプは自作品をオークションで購入した物で、
ボリュームさえもついてない単純なパワーアンプでした。

普段はパソコンから繋いでいるため、パソコンのボリュームコントロールで調整をしているのですが、
ゲームやラジオなどと繋いで聞くと、音が大きすぎてまともに聞けません。

なので、簡単なボリュームを自作して、繋げたいと思っています。
本体に取り付けるのでなく、線と線の間に設置するタイプを考えて...続きを読む

Aベストアンサー

お父さんに直接聞いてみては?
自作アンプをオークションで購入してくるような人なら、ボリュームの配線方法くらいは知っている可能性が高いです。


で、自作の方法ですが、「パッシブプリ 自作」のキーワードで検索すると参考になりそうなページが出てきます。
↓これなどは分かりやすいのでは?
http://mmmtune.blog61.fc2.com/blog-entry-19.html

配線は簡単ですが、問題はボリューム(VR)の選び方で、
(1)2連タイプ
(2)Aカーブ
(3)抵抗値が10k~50kΩ位のもの
が良いです。
https://www.marutsu.co.jp/user/shohin.php?p=46176

(1)は、LRの両chを同時に可変するのに必要(片chずつ単独調整で良ければ、単連×2個でも可)
(2)は・・・説明すると長くなるので、下記参照下さい
http://www.interq.or.jp/japan/se-inoue/resistor.htm
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa2656752.html
(3)は、抵抗値が高過ぎると(VRの出力インピーダンスが上がり)ノイズを受けやすくなり、低過ぎるとラジオやゲーム機の出力回路に負担を掛けてしまうためです。

上記(3)と同じ理由で、(たとえ低めの抵抗値であっても)VR出力側はノイズを受けやすいので、ケースは金属製またはシールドした物が無難です。
もしプラケースでシールドなしにした場合、ボリュームを中途半端に絞るとハムノイズが聞こえる可能性があります。

その他、入力側に3台(PC・ラジオ・ゲーム機)接続するならば、VRだけでなく入力セレクタSWも付けた方が使いやすいかも知れません。
http://vlsi.iis.u-tokyo.ac.jp/~majima/html/e/component/preamp.html

お父さんに直接聞いてみては?
自作アンプをオークションで購入してくるような人なら、ボリュームの配線方法くらいは知っている可能性が高いです。


で、自作の方法ですが、「パッシブプリ 自作」のキーワードで検索すると参考になりそうなページが出てきます。
↓これなどは分かりやすいのでは?
http://mmmtune.blog61.fc2.com/blog-entry-19.html

配線は簡単ですが、問題はボリューム(VR)の選び方で、
(1)2連タイプ
(2)Aカーブ
(3)抵抗値が10k~50kΩ位のもの
が良いです。
https://www.marutsu...続きを読む

Qスピーカーの音量を下げる方法

スピーカーを手に入れました。配線を接続後、音量が大きかったので、ヴォリュームを探したところ、ヴォリュームが元々付いていないスピーカーだったようです。
カバーを外し、カバーとスピーカーの間にいろいろな物をはさめて調整するしかないようですが、何を挟むと音量が小さくなるか何方かご存知の方おりましたら、教えていただけないでしょうか。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

スピーカー用のアッテネータ(減衰器)を使ってください。

抵抗使うならこんな感じ
http://www.mizunaga.jp/att_sp.html

こちらはボリュームが付いているので減衰量可変
http://dp00000116.shop-pro.jp/?mode=cate&cbid=701&csid=8

Q自作スピーカーのアッテネーターに電子工作部品代用は?

2wayの自作スピーカーを作ろうと思っています。ツイーターにアッテネーターを付けたいのですが、既製品は結構値段が高い。そこで電子工作などに使う可変抵抗(一般的にいうボリューム)を代用することは可能でしょうか?

もし可能であれば何オームのものを選んだら良いのでしょうか?また、その際は通常ボリューム側に3つの接続端子が出ていますが、どのような配線をすれば良いのでしょうか?
よろしくご指導願います。

Aベストアンサー

全然ダメじゃないでしょうか。

必要な要件は、以下の二つです。
1)適当な抵抗値のものがあること
2)必要な定格電力に耐えられること

「既製品は結構値段が高い」と言われていますが、いくらでしたか?ショップによっては、630円ぐらいのものもあります。
また、それは、何オームでしたか?
電子工作などに使う可変抵抗にそんな低い抵抗のものがありますか?
電子工作などに使う可変抵抗は、何Wの定格電力ですか?
安いものは、0.05Wとかだったりしますが、あなたのアンプの出力は何ワットですか?

失礼ですが、ネットワークの回路設計ちゃんとされていますか?
2つのスピーカーの特性とネットワークの設計によって必要なアテネッターの抵抗が出てくるはずですが、、、

火事にならないように気をつけてください。

参考URL:http://www.asahi-net.or.jp/~ab6s-med/NORTH/SP/index.htm

Qスピーカーインピーダンスの変更

自作スピーカーFOSTEXのFE103Eを使用しています。インピーダンスは8Ωです。今回、アンプを買い換えたら、推奨は4Ωになっています。現状でも鳴ることは鳴りますし、アンプの説明書では4~16Ωで可です。しかしながら、以前使っていたアンプと比べると音の立ち上がりと言うか切れがないようで、ちょっと不満です。現状の8Ωスピーカーを4Ωにする方法が知りたいので教えてください。例えば、電子工作で使う抵抗を並列で繋ぐなどの方法でΩ値を下げることが出来るのでしょうか?

Aベストアンサー

今の音質に対する不満の原因は、本当にインピーダンス起因ですか?それがアンプの個性だという可能性は?・・・それは深い問題なのでとりあえず脇に置いて、インピーダンスを変える方法としては確かに抵抗でも可能は可能です。が、重大な問題が2つあります。

1)
抵抗というものは信号の周波数に関わらず常にインピーダンスは一定なのに対し、スピーカーはコイル(ある意味誘導性負荷とも言える)だから、インピーダンスは周波数によって変動します。なので抵抗を入れても、アンプから見た負荷インピーダンスは計算通りに変わってくれません。スピーカーのインピーダンスは多くの場合、1KHz印加時の値だと思います。一度、FE103E インピーダンス特性 でググってみてください。すごいから。

2)
抵抗を入れると信号が2つに分配される結果となり、見かけのスピーカー能率が半減します。

当然ながら、抵抗はアンプからの出力に耐えられるW数のものが必要です。基板上に乗っける1/4Wだ1/2Wなんてのをつなぐと一発焼損終了。

まあ、もし並列接続を試すんだったら、同じスピーカーを並列につなぐのが最も問題が少ないと思います。これだったら理論上は周波数を問わず完全にインピーダンスは半分にできるし、能率が低下することもないので、お遊びでやってみるには良いのでは?それで納得行く結果が得られるかはわかりませんけど。

今の音質に対する不満の原因は、本当にインピーダンス起因ですか?それがアンプの個性だという可能性は?・・・それは深い問題なのでとりあえず脇に置いて、インピーダンスを変える方法としては確かに抵抗でも可能は可能です。が、重大な問題が2つあります。

1)
抵抗というものは信号の周波数に関わらず常にインピーダンスは一定なのに対し、スピーカーはコイル(ある意味誘導性負荷とも言える)だから、インピーダンスは周波数によって変動します。なので抵抗を入れても、アンプから見た負荷インピーダンス...続きを読む

Qスピーカーネットワーク抵抗のW数について

初歩的な質問で恐れ入ります。スピーカーネットワーク内の抵抗ですが、現在は10Ω、15Ω、30Ωそれぞれ5Wのものが使われています。これらを抵抗値は同じの10Wにした時の音質等への影響、また、5Wと10Wを混在させた時の影響などをお教えください。

Aベストアンサー

はじめまして♪

この部分に用いる抵抗器は、W数が小さすぎると発熱して破損しますが、実用上の実際の耐性が得られれば、それで良い。と言う物です。

抵抗内部で消費される電力の数値ですので、全体で100Wを想定しても、抵抗が100W消費すれば、スピーカーには電力が行かないので、音が出ない事に成る(笑)
アンプから100W送られて来て、抵抗で2~3Wが消費される、という想定で、おそらく5Wの部品が用いられているのでしょう。

ここに、2倍のワット数まで耐えられる抵抗器を用いても、電気理論的には音が変わる要素が全く有りません。

ただ、抵抗器を変える、、、元の部品と全く同じ構造で同じ製品品質、という事は、なかなか多くは無いため、ワット数ではなく、抵抗器の品質による音質的な影響は、可能性を否定しきれません。
しかし、モロに直列に入る部分ならともかく、インピーダンス補正回路などに利用している部分であれば、ほとんど変わらんだろう、、、という考え方も有ります。

高度なオーディオでは、電線に重りを乗せたり、色を塗っても「音が変わった、いや変わらん」など、話題豊富な世界なので、断定は出ませんね。(笑)

はじめまして♪

この部分に用いる抵抗器は、W数が小さすぎると発熱して破損しますが、実用上の実際の耐性が得られれば、それで良い。と言う物です。

抵抗内部で消費される電力の数値ですので、全体で100Wを想定しても、抵抗が100W消費すれば、スピーカーには電力が行かないので、音が出ない事に成る(笑)
アンプから100W送られて来て、抵抗で2~3Wが消費される、という想定で、おそらく5Wの部品が用いられているのでしょう。

ここに、2倍のワット数まで耐えられる抵抗器を用いても、電気理論的に...続きを読む

Q出力を下げる方法

4994の質問をしたchrです。3畳の部屋でPM-14SA Ver2を使用しています。↓
http://odn.okwave.jp/kotaeru.php3?q=1907436

私の(chr)質問を見ていただければ分かると思いますが、音量の微調整のことで困っています。3畳の部屋に対してアンプの出力が大きすぎるのです。何とかして出力を下げる事はできないのでしょか?アンプ自体の性能的な出力は変えることはできませんので他の方法は無いでしょうか。自分でいろいろ考えてみたところ、スピーカーケーブルを流れる信号を減衰させれば出力が落ちのではと思いましたが抵抗入りスピーカーケーブルというのはありませんでした(残念)。アンプに負担がかからない範囲で出力を下げる方法があれば教えてください。

抵抗入りスピーカーケーブルというのは自作できないのでしょうか?スピーカーの自作が好きですので、下手ですが半田付けは自分できます。

Aベストアンサー

アンプのゲインが高すぎるみたいですね。

このアンプの説明を見たところプリアンプとパワーアンプを切り離せるようですので、
スイッチをアンプが単独で動く方に切り替えて、
プリアンプの出力とパワーアンプの入力の間にボリューム(可変抵抗)を入れれば使いやすくなるかもしれません。
具体的なつなぎ方は、
10kオームぐらいの可変抵抗器を買うと3本の端子が出ていますので
両端の端子をプリアンプの出力の信号とアースにつないで、
真ん中の端子をパワーアンプの入力につなぎます。

ステレオなので可変抵抗器は2個使います。

ちなみにスピーカーケーブルに抵抗を入れると音質の劣化が激しいです。

Qスピーカーの抵抗値が違うと音は出ないの?

スピーカーの抵抗値が違うと音は出ないのでしょうか?

また、スピーカーコーンがへこんでしまった場合、直すことはできるのでしょうか?

Aベストアンサー

具体的に、何オーム対応のアンプに、何オームのスピーカーを繋ぐのかによります。一般的な家庭用オーディオアンプで、たとえば6~16オームのスピーカーに対応している場合、公称4オームのスピーカーを繋いでも、直ちに故障するわけではなく、たいてい普通に鳴りますが、メーカー保証(動作、無償修理とも)の対象外となります。

他方、ハイインピーダンス専用のアンプにローインピーダンスのスピーカーを繋いだり、ローインピーダンスのアンプにハイインピーダンスのスピーカーを直接繋ぐことは不可能です。

コーンが凹んでしまった場合、場所によりますが、完全に修復する方法はありません。センターキャップが最も凹みやすいですが、メカニカル2Wayの場合は高音が正しく再生できなくなり、交換修理が必要です。

ただのフタとしてしか機能していない場合、ヘタにいじるより、見た目は悪いですが放っておいた方が無難ではあります。針で刺して引きだすか、掃除機で吸いだすか、テープを張って引きだすか、あたりですが、キャップごと捥いでしまったり、かえって傷口を広げたりする可能性が高いためです。

いずれにせよ、完全に修理するにはユニットの交換が必要です。

具体的に、何オーム対応のアンプに、何オームのスピーカーを繋ぐのかによります。一般的な家庭用オーディオアンプで、たとえば6~16オームのスピーカーに対応している場合、公称4オームのスピーカーを繋いでも、直ちに故障するわけではなく、たいてい普通に鳴りますが、メーカー保証(動作、無償修理とも)の対象外となります。

他方、ハイインピーダンス専用のアンプにローインピーダンスのスピーカーを繋いだり、ローインピーダンスのアンプにハイインピーダンスのスピーカーを直接繋ぐことは不可能です。

...続きを読む

Q可変抵抗器には何故足が3本あるのでしょうか?

基本的な部分で理解できません。

Aベストアンサー

http://www.ops.dti.ne.jp/~ishijima/sei/letselec/letselec7.htm

両端の抵抗値は変わりません。両端と中心の端子の間の抵抗値が変わるようです。


+----+----+
4Ω 4Ω
両端は8Ω 中心と両端は4Ω4Ω

可変抵抗をまわして左にする
++--------+
0Ω 8Ω
両端は8Ω 中心と両端は0Ω8Ω

可変抵抗をまわして右にする
+--------++
8Ω 0Ω
両端は8Ω 中心と両端は8Ω0Ω


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング