マンガでよめる痔のこと・薬のこと

先の先や、対の先、後の先などの正しい意味の分かる方いらっしゃたら回答お願いします。

A 回答 (2件)

相手が自分に対して敵意を示さないうちに倒してしまう。



相手が自分に対して敵意を示したのを確認した後、相手が自分に対して攻撃をしてくる前に倒してしまう。

相手が自分に対して敵意を示したのを確認した後、相手が自分を攻撃してくる直前に、相手の体勢が攻撃だけに偏って防御ができない状態である瞬間に、自分から攻撃して倒してしまう。

相手が自分に対して敵意を示したのを確認した後、相手が自分を攻撃している間の、相手の体勢が攻撃から防御への瞬間的な変化ができないタイミングの時に、自分から攻撃して倒してしまう。

相手による自分への攻撃が終わった瞬間、相手が次の動作に移るまでの刹那に自分から攻撃して倒してしまう。

相手の攻撃を受けることで相手が瞬間的に次の攻撃や防御の動作に移ることが困難な状態に陥らせてから、自分が攻撃して倒してしまう。

とりあえず相手の敵意を和らげて、直接的な攻撃をうけないように和解したふりをして、後日、相手が油断している時に攻撃して倒してしまう。


呼び方は人によって様々でしょうが、全部「先」の手だと思います。
    • good
    • 1

何人もが納得する正しい意味などはない。

ただ、特殊団体組織での言い伝えがあるのみ。

先の先では、動作の察知というより、敵対する相手の「心中」の察知がポイント。相手が来る刹那、行く意識を見せた瞬間、先に、こちらが動くということ。
先、即ち、対の先とは、相手「動作」の察知を旨とする。動作に移る前の相手の無意識な癖などを含め、その動作を事前に察知し、気勢を制する。
後の先、即ち、この待ちの先こそが多くの武道技術体系での基礎であり、受即攻撃ということ。

更には、無手勝流とも言うべき「気の先」なるものを標榜する団体もあり。


究極的には、あらゆる教えは、自身の身体を守ろうという意識を捨てての「相打ち」狙いということ。出てきた相手に、こちらも半歩踏み込んで、受けようとなどとはせずに、最良最大攻撃を仕掛けるということ。そういう意識であれば、相手がどれほどの者であろうとも遅れを取らない。つまり、相打ち狙いと謂えども、心持ち的には、先の先、または、対の先の積り。受けようなどとした瞬間、後手となる。受け損なえば、「1本」か「技あり」で、こんなリスクを負うべきでなく、一切構わず、何時でも、前に出て、受け無しにて、中段逆付きを放つこと。こういう手法は、昔から、伝統派空手の基本。はじめての大会出場前、必ず、そういうことを先輩が教えた。しかし、力量に差があると見れば、即ち、これは、こちらが上、勝てるなと思えば、後の先が基本で、そこでは「残心」が必須習得項目。

つまり、袈裟に斬った後の切っ先は、敵の喉元に向けたまま、一旦、静止する。敵が、マイッタの意思表示をすれば、喉元を突くことはしない。柔道ならば、投げの後、引き手を離さないのが残心。相手が負けを認めず、更に向かってくるようならば、三角締め、または、腕拉ぎ逆十字固め。相撲ならば、土俵外に押し出した際に、腰を割って身構える。土俵の外に出ても負けを認めず、更に、土俵に入ろうとする者に対しては、両手を伸ばして、土俵下に転落させるということ。空手ならば、突き蹴りの拳足を素早く引き戻して、更に、戦いの続行を求める者に対しては、残心前の突き蹴り以上の破壊力を有する最大級の突き蹴りの準備をなすということ。こういうのが、今日に残る武道の残心。

いずれにせよ、こういうのは、各流派、各団体のそれぞれ独自の考え方。決して、鵜呑みにしてはならないということ。統一感があり、一貫性のある理論体系とは何か、整合性があるか否かが武道理論のポイント。今日のたいていの武道には、そういうものが欠落している。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q蹴りの練習はどうすればいいの?

極真空手をはじめて半年経ちますが、回し蹴りや上段蹴りが全然うまく出来なくて悩んでいます。開脚は毎日しているのですが・・・。キレイな蹴りや上段まで回る足など、普段どのようにトレーニングしたらいいか教えて下さい!押忍。

Aベストアンサー

アメリカで使える伝統空手と護身術を教えている者です。

開脚は体の横への股の広がりを助けるものですね。 腰を必ず前に向けての縦の開脚はしていますか? また、両足の角度が30・45・75度の開脚で胸が床までつくよう訓練していますか?

回し蹴りは足の位置で使う筋肉が変わってきます。 よって、結構複雑な動きを筋肉の内部でしているのです。

ある技ができないのを見てやるのが先輩、それでもわからなければ指導員がいるのです。 それでもわからなければ先生がいるのです。

文字でこつを習っても、けりの真髄である、正確さ、スピード、そして破壊力は出てきません。3段階のかたがたに見てもらって直すべきものです。 形だけきれいにするのではなく、空手のけりだからこそきれいに見える、副産物として、と言う事を知ってください。

ルールの中でのけりができれば良いと言うのであればそれで良いですが、実践的に、と言うのであれば、なぜ空手はけりを習うのか、と言う事を聞くなり考えてみてください。 ただたんに足も攻撃に使えるだけではもったいないのです。

けりをするときは一本足でたっていると言う事実が多くの弱点を自分に作り出す事なわけです。 軸足を払われたら試合で審判員がストップをかけるのとは違うのです。 それすなわち寝技になるわけです。 また、軸足を払われないようにするには、軸足でたっている時間を少なくするには、けった足がミスった場合とあたった場合の体勢の違いは雲泥の差があるけどどう対応したら良いのか、けるとき両手は有意義に防御・攻撃に使えるようになっているのか、それとも威力出すために使われてしまっているのか、腕を使わずに威力を出す方法は、腕が無意味に体から離れてしまう事に関しての反省は、足を捕まえられたらその有意義な対応は、つかまれないようにするには、これから回し蹴りをすると気づかれないようにするには、など、これだけでも100以上の疑問が浮かばなくてはもったいない「訓練の道具」でもあるのです。

と言ってもやはり訓練のコツは書いておきますね。

上段回し蹴りは確かに見栄えが良いですよね。 でも、練習は下段から徐々に正確さ、スピード、威力を保ちながら体を慣らしていくことが非常に大切になるわけです。ですから、あせらずに下段からじっくり自分のものにしていってください。 十分にウオームアップは必要ですが、実践ではその時間がないと言う事もしておく必要はあると思います。

なぜなら、ひざを砕くけり、腿の筋肉を使えなくするするけり、骨盤を壊すけり、わき腹を攻撃するけり、わき腹を保護した腕を折るけり、肩の関節を砕くけり、首の骨を折る・脱臼させるけり、そして頭部へのけり、すべて有意義な空手のけりなのです。 回し蹴りは横からくるのでそれが見えない相手もいるわけです。

上段蹴りだけできたのでは背の低い相手やダックする相手には頭上をかすめる無駄なけりとなります。 金的や内股を露骨にもむき出しにするだけになってしまいますね。

使える空手とはこういうものと私は信じますので今は必要以上と思われるかもしれなことを書いたかもしれませんがこれからの長い訓練を有意義なものとすることができると思いますので書かせてもらいました。

これでいかがでしょうか。 分かりにくい点がありましたら、補足質問してください。 

アメリカで使える伝統空手と護身術を教えている者です。

開脚は体の横への股の広がりを助けるものですね。 腰を必ず前に向けての縦の開脚はしていますか? また、両足の角度が30・45・75度の開脚で胸が床までつくよう訓練していますか?

回し蹴りは足の位置で使う筋肉が変わってきます。 よって、結構複雑な動きを筋肉の内部でしているのです。

ある技ができないのを見てやるのが先輩、それでもわからなければ指導員がいるのです。 それでもわからなければ先生がいるのです。

文字でこつを習って...続きを読む

Qトンファーって強いの?

最近マンガやアニメで見かけるトンファーっていう武器。
あれってどの程度実用性があるものなんでしょうか?
マンガやアニメのキャラクターはありえないような振り回し方をしていて、とても現実的とは思えません。
夜も眠れないほど気になっている!というわけではないので暇なときに回答してください。

Aベストアンサー

アメリカで使える伝統空手と護身術を教えている者です。 (私のプロフィールを見ていただければお分かりだと思います)

Tonfaと英語では書きますが、トンファを使って「踊る」ことは練習をすれば誰でも出来るようになります。 ヌンチャクと同じように「格好いい」といわれるもののひとつでしょうね。

私の所属している流派では古武術のひとつとして「踊る」だけではなく使いこなせなくてはなりません。 突く・叩く・防ぐだけではなく関節技、Take-down、体固め、に使うものとされています。

私の教えているポリスアカデミーでは逮捕術の一環として「義務教育」のひとつにもなっています。 こちらではこのトンファを改良したと考えられるPR-24の名前で知られています。

しかし、いろいろな問題があります。 使いこなすためのトレーニングの時間があまりにも少ないのです。 使いこなせない、と言うことは「事故」にも繋がることであるし警官の護身にも支障が起こります。

一番自由の利くとされる手(手首から指まで)がトンファを持つことによって使えなくなるのですね。 殴って(運が良く)もその後のPR-24の管理(weapon retainingと言いますが)がおろそかになり逆に使われてしまうと言うことことにもなりかねません。

また、PR-24に頼ると言う心理的問題、また、トンファの先をつかまれたときの「てこ」の応用によってトンファを保持することが出来なくなるような物理的不利点もあります。

長い部分を腕に保持して「防御」すると言う使い方があるわけですが、フックのような攻撃に対し生体的に脇・顔面があいてしまう為反撃を促す形になってしまうのですね。

また、手で握る部分を緩めてトンファ・PR-24を回転させるため、回転中の保持が難しくなります。

ま、いろいろ問題点のある「武器」ですが、ヌンチャク(州によっては販売・使用禁止となっています)と同じように実践に使うとなるとまず使い物になりません。 ストレートのバトンに戻す警察署が多いのはこれらが理由となっています。

また、トンファが必要となる状況自体がまずないということもひとつですし、携帯にも不便です。 銃などへの護身にはかえって邪魔になります。 ナイフに対しても自由が利く警棒の方がより「使い出」があるのです。

トンファを古武術の武器としてちょっとかじった「自称武道家」の口車に乗ったという感が大いにあることはこの業界ではかなり広まっています。

しかし、警察に予算と時間さえあれば使いこなす訓練をすることでPR-24の持つ利点を大いに発揮させることは可能と私は思います。 ただその予算と時間、また、指導員の不足により、現状では実現するには程遠いと思うほかにありません。

これらすべて実際に何でもありの状況でかかってくる相手に対しトンファを使う訓練および経験がなければ「かっこよさ」や「表面的知識」に基づいた感想を持つだけになると思います。

これでいかがでしょうか。 分かりにくい点がありましたら、補足質問してください。 

アメリカで使える伝統空手と護身術を教えている者です。 (私のプロフィールを見ていただければお分かりだと思います)

Tonfaと英語では書きますが、トンファを使って「踊る」ことは練習をすれば誰でも出来るようになります。 ヌンチャクと同じように「格好いい」といわれるもののひとつでしょうね。

私の所属している流派では古武術のひとつとして「踊る」だけではなく使いこなせなくてはなりません。 突く・叩く・防ぐだけではなく関節技、Take-down、体固め、に使うものとされています。

私の教えてい...続きを読む

Q実践における発勁の威力とは?

映画や漫画などのフィクションでは、発勁(特に寸勁)はかなり強力な技として描かれている事が多々ありますが、実際にはどれほどの威力があるものなのでしょうか?

もちろん一口に発勁と言っても、宴会芸で相手を転ばせるようなもの、相手を吹き飛ばす目的で打つもの、転倒させる目的のもの、ダメージを与えるものなど様々だと思いますが、特に知りたいのは
 A.寸勁・分勁など、かなり短い距離で、かつ「ダメージを与える」目的のもの
 B.同じく、ダメージを与える目的の纏絲勁(螺旋勁)
この二つです。

Aでは瓦を何枚も割れたり、Bではある一点にはトンの力がかかるとか聞いたことはあるのですが、後者は流石にないような気がしています。
実際はそれぞれどの位の力がかかるのでしょうか。
可能であれば、kg、若しくは人体(或いは特定の物体)への損傷具合で教えていただけると幸いです。

Aベストアンサー

質問者のスタンスを見ていました。あながち貶すために訊いているわけでもなさそうなので、知っている限りをお答えします。

寸勁単独の技はありません。長勁の中に含まれていると考えてください。要は簡単な物理学なのです。

脚、体幹、上肢と順に加速していけば、前腕の重さ×スピードが突きの威力になります。ボクシングのジャブですね。顔面に当たれば効きますが、ボディに当てても何の効果もありません。

外三合を守って手足を協調させれば、全身の重さ×スピードが突きの威力になります。拳で体当たりしていることになる訳です。このやり方だと、ボディへの攻撃が適しています。

経験者でないと理解できないかもしれませんが、発勁は戦術と不可分です。

遠間での長勁での攻防をさばいてクリンチ状態に持ち込み、差し勝って、片手で相手の両手を封じます。30センチ程の距離から体当たり的打撃を打ち込みます。そこから「打ち抜き」、そして「支え」ます。この「支え」が貫通力となって、内臓に損傷を与えるはずです(試したことはないので分かりませんが)。

詳細はさすがに勘弁してください。簡単にできる実技です。この「支える」というのがミソで、これが世に言う寸勁の正体なのですが、簡単に言うと受動筋力です。曲げている筋肉が無理に引き延ばされるときに120パーセントくらいの力が発揮されるとか。伸ばした腕が相手の身体に突き刺さって無理矢理縮められるときに、最大の威力が出ます。

しかしこれは、拳が既に相手の筋肉をかき分けて突き刺さっていないと、効果がありません。寸勁単独でやると、たいがいは相手を突き飛ばすだけの宴会芸となります。
相撲のてっぽうなども本来は同じ効果を狙ったものであるはずです。現代の格闘技を見ていても、寸勁に近い打撃はよく見られますし、そんなに特別なものではありません。

纏糸勁については、知りません。太極拳をやったことがないので。

私は学生時代武術をかじっただけですので、これは、先生から直接伝えられた「真伝」というわけではありません。身体で味わった技を、何十年もこつこつと考えて解析しただけです。

「真伝」を授かった方が、より深い解説をしていただければ幸いです。

質問者のスタンスを見ていました。あながち貶すために訊いているわけでもなさそうなので、知っている限りをお答えします。

寸勁単独の技はありません。長勁の中に含まれていると考えてください。要は簡単な物理学なのです。

脚、体幹、上肢と順に加速していけば、前腕の重さ×スピードが突きの威力になります。ボクシングのジャブですね。顔面に当たれば効きますが、ボディに当てても何の効果もありません。

外三合を守って手足を協調させれば、全身の重さ×スピードが突きの威力になります。拳で体当たり...続きを読む

Qタタキじゃないまったく生のカツオの刺身について

タタキじゃないまったく生のカツオの刺身について

カツオには、皮直下に寄生虫が多くいるから
表面を焼いて(タタキで)食べるんだと何かで教わりました。

なのに最近、刺身用と書かれた焼いてないカツオの短冊を
スーパーでよく見かけます。
寄生虫の問題はどのように解決(?)されたのでしょうか?

ご存知の方よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 アニサキスのことですね。

 アニサキスが実際にヒトに危害を及ぼすのは、生きたまま摂取して胃壁に喰らいついた場合だけなんですが、それでも年間数例は重症にいたる例があるといいます。
 これを防ぐ方法は主に二つ。質問者様の言われるタタキ=加熱によって殺す方法と、冷凍によって殺す方法です。スーパーで刺身用として売っているカツオの刺身の冊は、おそらくは業務用冷凍庫で数十時間凍らせて(家庭用冷凍庫じゃ簡単には死にませんので)アニサキスを殺したものではないかと思います。そういうものの場合、パックには(解凍)と書いてあるはずです。
 (解凍)と書いてないとしたら、スーパーの担当者が無知なのか、表示の決まりをしらないのかのどっちかです。その場合はちょっと怖いですね。

Q精神障害者手帳2級とはどのレベルのなのでしょうか

最近身内になった方が、精神障害者手帳2級を持っていることを知りました。

普通に遊んでいますし、喋れます。料理もしているし、ゲームもしています。
普通の生活はできていると思います。

仕事はできないそうです。
たまに頭が痛くなるとか。

なぜこのような質問をしているかと申しますと
子作りをしていると聞いたからです。

薬を飲んでいないなら妊娠してもいいと書いてあるサイトは見ましたが、子育ってって楽じゃないですよね。
私にも子供がいますが、やはり大変でした。
普通の人でも精神的に不安定になると思います。
ことあるごとに「鬱だから」と言ってひきこもる彼女が、このタイミングで子供を作っていいのか疑問なのです。
友人だったら応援するかもしれません。
しかし、身内となると、そうは言っていられません。
何かあった時に産まれてきた子供がかわいそうです。

※鬱病の方を批判しているわけではありません。

中立なご意見をお願いします。

Aベストアンサー

あなたの身内がどんな精神障害かは解らないですが薬で症状が和らぎ普通に生活できる人もいます。
理解あるパートナーが本人の調子の悪い時に100%面倒(家事、子育てなど)を見てくれるならまだ良いですがなかなかそういう訳にもいかないのが結婚生活だと思います。
そんな状況下で育てられたこどもは不安ですよね

2級ともなると年金が支給されるほどのかなりの重度なので一人では生活できない程度です。
自己の判断もできない状況が多々あると思われます。
そんな人が子育てはちょっと無理かな、子育てが出来るなら仕事もできるんじゃない?と思うのは当然ですよね。
私もそんな状況で子育てには賛成できません

ですががやはり決めるのは本人です
あなた自身がいろいろと調べた結果それを踏まえてアドバイスするのは良いでしょうがそこまでにしておいた方が良いのかもしれません。
強要すると症状が悪化するかもしれないのでなるべくその方の両親を通した方が良いかもしれない。

Qなぜ日本の海上自衛隊の潜水艦が世界一の軍事技術なの

なぜ日本の海上自衛隊の潜水艦が世界一の軍事技術なのでしょう?

米国アメリカ海軍の原子力潜水艦より性能が上な理由を教えてください。

Aベストアンサー

>なぜ日本の海上自衛隊の潜水艦が世界一の軍事技術なのでしょう?

音が静かで深く潜水できるからです。

まず、日本の海上自衛隊のような通常動力型潜水艦と米海軍の原子力潜水艦とでは使われ方が全然違います。

原子力潜水艦は速度が速いが音がうるさい、だから敵に見つかる可能性が高い。
原子力潜水艦の使われ方は、敵を攻撃したら後はバンバン音を出して高速で逃げる戦法。

通常動力型潜水艦は速度は遅いが音は静か、だから敵に見つかる可能性は原子力潜水艦より低い。
通常動力型潜水艦の使われ方は、敵を攻撃したら見つからないようにひっそりと隠れる戦法。

どっちの戦法を使うかですよ。
敵に見つからないようにひっそりと隠れる戦法では日本の海上自衛隊の潜水艦の方が上なんです。

ただ見つかっちゃったらもう終わりですけどね。速度が遅いので逃げ切れない。

Q空手では左利きの方が強いのでしょうか?

伝統派空手の組手試合を見て、気になったのですが、優勝や準優勝、ベスト8など、成績上位の方々に「左利き」の方が多い事に気が付きました。
つまり、「左利き」構えなのです。
全国大会で上位に入る師範クラスの方々は、右構え、左構え、どちらの構えもできると聞いています。
日本人の3割は左利きで、7割は右利きという話しも聞き、「左利きの人のみ空手をやる」という事でもないと思うのですが、「左利き」の方のほうが組手試合では有利なのでしょうか?
左利きの方のほうが数的には少ないので、右利きの方の場合、相手が左利きだと「鏡向かい」のようになるので、試合しずらいけど、左利きの方は常に右利きの方と試合をするので、「鏡向かい」は慣れているから、試合しずらいという事がないので、有利なのでしょうか。
それとも、もっと違う理由があるのでしょうか。
伝統派空手の優勝や準優勝などの成績上位者に、左利き構えの方が多いのが、気になっています。
ご存知の方、ご回答下さると嬉しく思います。

追伸
柔道でも、西郷四郎師範は、左利きと聞いています。

Aベストアンサー

伝統派は、最初から左右どちらでも同様の力量の技であることが求められます。従って、右でも左でも、まあ、関係ないという建前があります。実際、殆ど、右の技も左の技も同じにできます。しかし、基本動作や型は、右用ですから、左利きの人は、当初の指導時、体を勝手に動かすと言うより、慎重に動作を確認することになって、その分、あとあと、一つ一つの技の理解が深まると言うことがあるかもしれません。
また、受けのタイミングがどうしても間に合わない時、左構えにして、より機敏に動く右の利き腕を前にするということも良くあります。実際、こうすることで、受けに対する不安が薄れて、恐怖感が少なくなります。それに、空手の基本が順突きだとしますと、後ろ足を一歩踏み込む本来のものより、カウンター気味に前足だけを半歩踏み出すだけで済む右前の構えの方が速いですね。そういう理由で、右の順突きが得意だから、左構えという人も居るのです。
更に、実体験から言いますと、生来の左利きという人は、細身で動作が機敏であったという印象があります。多くの人たちの中で、特に、前後に、ひっきりなしに動き回るN体育大学空手部員を思い出したりしました。私は他大学でしたが、一年次にたいした選手にはなるまいとタカをくくっていましたら、三年次に恐ろしく強くなっていて、試合で当った時に、随分驚きました。

伝統派は、最初から左右どちらでも同様の力量の技であることが求められます。従って、右でも左でも、まあ、関係ないという建前があります。実際、殆ど、右の技も左の技も同じにできます。しかし、基本動作や型は、右用ですから、左利きの人は、当初の指導時、体を勝手に動かすと言うより、慎重に動作を確認することになって、その分、あとあと、一つ一つの技の理解が深まると言うことがあるかもしれません。
また、受けのタイミングがどうしても間に合わない時、左構えにして、より機敏に動く右の利き腕を前にする...続きを読む


人気Q&Aランキング