以下は先生への返信です。中の不自然のところをお願い致します。

** **先生

ご多忙のところ、**(申請)のことで、わざわざお知らせていただき、誠にありがとうございます。

申請にあたり、****先生が書類のコピーの手伝いや添削のことなどを、丁寧にご指導して頂けないとそのような結果がならないと思っております。これは、全て**先生のおかげで、本当に心より**先生に感謝したいと思います。

私も **での最終選考に残れることを祈っています。

今後の選考の過程で、問い合わせなどがあるかもしれませんので、そのときは、よろしくお願いします。(この文は、先生から頂いたメールの内容です、次のような文に返信しようと考えています。)

今後の選考の過程で、問い合わせなどのことで、また**先生にご迷惑をかけることと存じますが、よろしくお願い致します。

**先生の益々のご健勝を心よりお祈りいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

添削例です。



  違和感のないような添削のお願い!



下は先生への返信です。中の不自然なところを添削してください。お願い致します。

** **先生

ご多忙のところ、**(申請)のことで、わざわざお知らせいただき、誠にありがとうございます。

申請にあたり、****先生に書類のコピーのお手伝いや添削のことなど、丁寧にご指導して頂けなかったらそのような結果にならなかったと思っております。これは、全て**先生のおかげで、本当に心より**先生に感謝したいと思います。

私は **での最終選考に残れることを願っています。

今後の選考の過程で、問い合わせなどのことで、また**先生にご迷惑をかけるかもしれないことと存じますが、よろしくお願い致します。

**先生の益々のご健勝を心よりお祈りいたします。





これは意味がない部分です。削除してください。↓


。(この文は、先生から頂いたメールの内容です、次のような文に返信しようと考えています。)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

本当に助かります。どうもありがとうございました。

お礼日時:2013/02/01 15:56

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「お健勝」と「ご健勝」

「お健勝」という表現はありますか。
「ご健勝」はよく耳にしますが、「お健勝」はあまり聞きません。
ちなみに辞書によりますと、話し言葉では「お+漢語」の表現が見られるとありました。よろしくお願いいたします。
http://dic.yahoo.co.jp/bin/dsearch?index=02053600&p=%B8%E6&dname=0na&dtype=0&stype=0&pagenum=1

Aベストアンサー

皆さんの仰るように漢語と和語、音読みと訓読みの違いだと思います。
訓読み、ないし和語、また漢語意識の薄れた漢語にはおがつく、音読みないし漢語にはごがつく。
逆に格式ばった時や、文章語ではご、あるいは御(おん)にする、といった法則ですね。

例外はたとえば「お説教」「お弁当」「お節介」「お礼」など。話し言葉というのは日常使われるため感覚的に和語的ニュアンスがある、ということでしょうね(これが#1さんの仰る漢語意識の薄れた漢語)。
あるいは「お」込みで熟語化しているとか(お節介やお礼の場合)。
これからすると健勝というのは日常使わない文章語です(手紙文で、相手の健全なようすを言う場合しか使わない)。するとやはり「ご」ですね。もっともほとんど「ご健勝」という「ご」込みの熟語であるように使われていますが。

Q「ご返事」、「ご返答」、「ご返信」

日本語を勉強中の中国人です。ビジネス日本語についてお伺いします。

1、ご返事有難うございます。
2、ご返答有難うございます。
3、ご返信有難うございます。

上記の三つの文はシチュエーションによってどのように使い分けていらっしゃいますか。

また、質問文に不自然な表現がありましたら、それも教えていただければ幸いです。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

1.”ご返事”ではなく、”お返事”になると思います。ニュアンスは、3.に近いと思いますが、少し柔らかいというか、3.の返信よりややFrankな感じはしますが、使っていけないこともないですし、間違いではあいです。

2.何か質問をしたことに対しての回答があった場合のお礼。

3.eメール、手紙等に(特に質問をしたときに限らず)、返事(reply)してくれたことへの感謝。

Q「**賛成、**反対」という言葉

大筋は賛成だけど、小さな個々の問題はちょっと異論が残るという意味の言葉で、掲題のような簡潔な表現があったと思うのですが、どうしても思い出せません。

どこかの政治家が言った言葉でしたでしょうか。ご存知のかた、教えてください。よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

総論賛成各論反対

Q「**文字以内」と、「**字以内」

国語の試験の、記述回答で、文末に句点「。」を含めるのは、「**文字以内」と「**字以内」の、どちらでしたでしょうか。

後者の「**文以内」だと、句点を含めるような記憶があるのですが、どなたかご存知でしょうか。それとも、今日では、この区別はなくなっているのでしょうか。

Aベストアンサー

どちらも同じです。
但し書きで「句読点は文字数に含まない」などの記述が無い限り、
句読点は文字数に含むのが基本ではないでしょうか。
そもそも、「**文字以内」という出題形式を最近見ません。

Q「誠に、お騒がせして申し訳ありません」の使い方

 日本語を勉強中の中国人です。「誠に、お騒がせして申し訳ありません」という文の使い方を教えてください。これはどのような時に使う表現でしょうか。

 また、質問文に不自然な表現がありましたら、それも教えていただければ幸いです。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

私は以下のような場合に使います。

(1)相談を他人に持ちかけたが、他人からアドバイスをもらう前に自力で解決できた時。

(2)早合点して的外れな質問や相談を他人にしてしまったことが分かった時。

例…パソコンの電源が入らない、と友人に相談→しかしそのすぐ後、電源を入れ忘れていただけだったことに自分で気づいた。

(3)あまり大事な用事ではなかったのに、相手が丁寧に対応してくれた時。

こんな感じですね。ちなみに質問文には不自然な表現はないと思います。強いて言うならば、「よろしくお願いします」の前に「お手数ですが」という一言を添えると、もっと丁寧な表現にすることができますよ。

お勉強頑張って下さいね!!


人気Q&Aランキング

おすすめ情報