【先着1,000名様!】1,000円分をプレゼント!

運送会社に就職しました。4tトラックを運転中に建物と擦ってしまい、建物と車の修理代金を弁償せよと会社に言われました。(¥399000)
これは支払わなければならないのでしょうか?故意にやったわけではありません。
始末書と事故報告を書きました。

また自分は今試用期間で日給¥6000-です。
つまりバイトに運転させて車が壊れたわけです。

就業時間も13:00から3;00までが当たり前で酷い時は19時間も働かさます。
残業も着きません。

酷い会社に入ってしまいました。
トラックの弁償はしなくてはいけないのでしょうか?
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

基本的に、会社が負担、会社がかけている保険で購うべきものです。



民法
| (使用者等の責任)
| 第715条
|  ある事業のために他人を使用する者は、被用者がその事業の執行について第三者に加えた損害を賠償する責任を負う。ただし、使用者が被用者の選任及びその事業の監督について相当の注意をしたとき、又は相当の注意をしても損害が生ずべきであったときは、この限りでない。

労働者への損害賠償請求が認められるためには、上の条文でいうところの相当の注意が必要です。
例えば、そういうミスをしないために、
・過労運転なんかにならないよう、十分な休憩、休養時間を与え、勤務ローテーションを汲んでいる。
・そういうミスが起きないように定期的に教育や訓練を実施する。
・ミスが起こりそうな状況、インシデントなどに対し、口頭注意、書面注意、始末書提出など、段階的な処分を実施した実績がある。
など。


差し当たり出来る事として、トラブルの経緯の内容、日時、場所、担当者の部署、役職、氏名など、ガッツリ記録しておくのが良いです。
ペン書き、ページの入れ替えの出来ない布綴じのノート、当日のニュースや天気、業務内容を併記すると、信憑性が上がります。
必要ならば、ICレコーダーなども使用してください。
そういう物をポケットに入れておくだけでも、精神的に余裕を持てるような効果もあります。

通常であれば、そういう状況での相談先としては、まずは職場の労働組合へ。
組合が無い、機能していない状況でしたら、社外の労働者支援団体へ相談する事をお勧めします。

Yahoo!トップ>ビジネスと経済>労働>労働組合
http://dir.yahoo.co.jp/Business_and_Economy/Empl …

の、
全国労働組合総連合(全労連)
全国労働組合連絡協議会(全労協)
など。
    • good
    • 5
この回答へのお礼

法律を含めたご回答ありがとう御座います。

お礼日時:2013/02/24 08:43

払って当然ですよ。


一括が厳しいなら、分割にしてもらえば良いだけです。

それとも故意にやった訳じゃないから払う必要ないなんて、人様の所有物を壊しておいてアホな主張するつもりですか?
免許持っていますよね?

>就業時間も13:00から3;00までが当たり前で酷い時は19時間も働かさます。
残業も着きません。
酷い会社に入ってしまいました。

トラック業界の事を知らない素人の発言ですね。
こんなの『当たり前』の世界です。

私なんか車庫出発AM6時頃→荷下ろし→集荷→荷下ろし→集荷→帰社翌AM1時頃または帰社せず現場直行なんてのを約6年半やりましたから。

途中で身体壊して辞めましたけど。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

ご回答ありがとう御座います。
厳しいご意見ですが参考になりました。

お礼日時:2013/02/24 08:45

弁償しなくてよいでしょうね。



労働者の方に故意重過失がない限り、会社が負担すべきです。

しかも、あなたの場合は、会社が違法な労働条件の下で労働者を働かせているというおまけまでついています。

相手はとれやしませんよ。給与から差し引くのも違法です。

払わないでください。
    • good
    • 7
この回答へのお礼

ありがとう御座います。

お礼日時:2013/03/16 22:36

労働基準法では・・・という話になりますと、全額支払う義務はないと思われるという回答になりますが・・・



この業界では労働基準法などクソクラエという業界です。
業界と決別するか共存するかという判断になりますので、どのようにしたら良いかはご質問者次第であります。

業界と決別するつもりであれば、「司法判断に委ねますので、訴えて下さい」で終結です。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

最後は裁判なのですね。
脅されるような言葉も言われたのでもしもの時はそれも含めて
戦います。
ありがとう御座いました。

お礼日時:2013/02/24 08:47

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q会社のトラックを事故で壊してしまいました。

会社のトラックを事故で壊してしまいました。

知人から相談されたんですが、分からないのでどなたか宜しくお願いします。

県内では割と大きい運送会社に入社して4日目に大型トラックを運転中に高さ制限のある線路下のコンクリート部分に箱(荷台)が接触。

箱が大きく歪んでしまい、中に入っていた荷物もいくつか破損したそうです。

エンジンやその他は問題ないが、箱部分だけを取り替えるのが可能かどうかは分かりません。

修理費や弁償等について上司に聞いたら「そういうのはいいから稼いで返してくれ」と言われたそうで、おそらく給料から毎月少しずつ天引きやボーナスのカットになるようです。

でも知人は会社を辞めたいそうです。

そうなるとやはり支払ってくれと言われますよね、多分…。

知人は大型車の運転経験が少なく、未経験者でもOKということで応募・採用になり3日間は二人一組で練習し、4日目の初めて一人での運転で事故ということみたいです。

保険はというとトラックを多数所有している会社は毎月の保険費用だけでかなりの額になる為、修理費用を会社で負担したほうが安く済むという理由で加入していない場合が多いらしいです。(その会社は分かりませんが…)

もし大型トラック1台全損と商品の弁償となると何百万にもなってしまうんじゃないかと泣きながら相談を受けたんですが、もしそうなったらやはり辞めないほうが良いとは思うんですが…。

会社との就業契約次第だと思うんですが、全額弁償になりそうでしょうか??

詳しい方、あくまで意見として宜しくお願いします。

会社のトラックを事故で壊してしまいました。

知人から相談されたんですが、分からないのでどなたか宜しくお願いします。

県内では割と大きい運送会社に入社して4日目に大型トラックを運転中に高さ制限のある線路下のコンクリート部分に箱(荷台)が接触。

箱が大きく歪んでしまい、中に入っていた荷物もいくつか破損したそうです。

エンジンやその他は問題ないが、箱部分だけを取り替えるのが可能かどうかは分かりません。

修理費や弁償等について上司に聞いたら「そういうのはいいから稼いで返し...続きを読む

Aベストアンサー

まず全額はないでしょう。古いものを新しくすると言うのは出来ないと思うし
まだ未経験に近いのものをいきなり一人で運転させる。
運転経験はあるのかな、土地勘はあるのかな、やはり道路をきちんと指定して
事故がおきないようにするのも会社側の義務があると思う
今まで使ってきて償却というのがあるので全額というのは通常おかしい話ですね。

後は金額次第かな。

確定じゃないけど
トラック運送業界として、環境問題への対応のほか、輸送量が徐々に回復傾向にあることも踏まえ、低公害車・最新規制適合車への買い換え ... 1.運行管理の徹底. 事前に運行経路の道路情報、道路規制情報、気象情報を確実に収集すること。 ...

多分その義務があり話し合う事をしていない・・・

後は拘束時間が正しいのか色んな要素が絡んできますので
一概にあなたの責任だとは言えないような感じですね
指示事項 運行経路/運行時間/運行上の注意/運行経路の道路状況及び気象状況
ってなんでしょうかね
https://www.mlit.go.jp/jidosha/anzen/03safety/personnelmanagement.html

国土交通省からのものがあったのでリンクさせて起きます
たぶん企業側の違反になるかも どこまで義務があるのかわかりませんが・・
弁護士に確認してもいいかも・・・専門的なものですから誰でもというわけに行きません

ここの回答者も自信を持って回答されているようでいろんなことがぬけているでしょう
弁護士も専門分野があり回答を信じてはいけないよ。もう少し開けておきましょうか

実運送事業者は、安全運行が確保できる運行経路の検討を行い、適正な運行計画が確保できない場合には、発荷主に対して出発予定時間、その遅延理由等を報告すること。

というHPもあるし
http://www.mlit.go.jp/pubcom/07/pubcomt59/01.pdf#search='標準運行経路 トラック'

そもそも積載量が正しいのか、そのあたりも考えていかないといけない
積みすぎならあなたの責任じゃなく荷主の責任もあるかも

未熟練者の的確性を吟味することなく納車担当業務につけた会社にも責任があるから、右ミスによる過失割合は4割とするのが相当である。
と言う判例もあるね
http://www.geocities.jp/endofujio/kasitusousaitogyouka.htm

だから全額と言うのは無理なようなきがするが弁護士 司法書士会の相談に行きましょう。

まず全額はないでしょう。古いものを新しくすると言うのは出来ないと思うし
まだ未経験に近いのものをいきなり一人で運転させる。
運転経験はあるのかな、土地勘はあるのかな、やはり道路をきちんと指定して
事故がおきないようにするのも会社側の義務があると思う
今まで使ってきて償却というのがあるので全額というのは通常おかしい話ですね。

後は金額次第かな。

確定じゃないけど
トラック運送業界として、環境問題への対応のほか、輸送量が徐々に回復傾向にあることも踏まえ、低公害車・最新規制適合車への...続きを読む

Q仕事中の事故に対し会社はどこまで本人に責任追求できるか。

運送会社をしておりますが、私の会社の運転手が後ろから追突事故を起こしました。もちろんこちらが100%悪いのですが、幸いスピードが出ていなかったため、大きな事故にはなりませんでした。この事故に対して相手側には保険で対応しましたが、自分の会社のトラック修理に60万円かかりました。これに対し会社は何処まで本人に請求できるのでしょうか?そして私も考えておりますが、事故を二度と起こさぬよう、これからの対策はどのようにすれば良いのかアドバイスよろしくお願いします。

Aベストアンサー

No.1、No.2です。
「このような事故を再発しないようにするために、もっと責任を持って仕事をして欲しいというのもあり、何かペナルティーを付けなければと思いました。」とのことですが、通常これは、懲戒処分としてなされるのが一般的です。懲戒処分には就業規則等の根拠、弁明の機会等の手続きも必要となります。
 「修理代」の一部負担については、事故に対しての労働者の過失により、重過失があれば可能と思いますが、軽過失の場合はできないというのが、判例や有力学説の立場のようです。
 労働者が争う姿勢を示した場合、会社として労働者の重過失の立証が可能かが問題になります。
 制裁としての減給にも上限があり(仮に平均賃金が1万円であれば、5,000円が限度:労働基準法91条)、「事故の修理代の一部負担」をペナルティーとすることは難しいように感じます。
 顛末書の提出を求め、その原因等に対する責任の度合いを勘案して対応されてはいかがでしょうか。労働者の言動(不作為)と処分の重さもポイントになると思います。
 法的なペナルティーの取り扱いについても、労働基準監督署や労働局、労働条件相談センター等が一般的な見解を示してくれると思いますので、そちらの意見を聞いてみるのもいいかもしれません。

http://www.ibarakiroudoukyoku.go.jp/soumu/qa/kanri/kanri02.html(制裁の上限)
http://www.pref.saitama.lg.jp/A07/BL00/so-dan/jireishu5-8.html(懲戒処分)
http://www.pref.kanagawa.jp/osirase/rosei/soudan/siryou/sankou/nouhou/pdf/nouhau24.pdf(懲戒処分)
http://www.pref.osaka.jp/osaka-pref/sogorodo/soudan/shin-Q&A/Q&A191.pdf(懲戒処分)
http://www.pref.osaka.jp/osaka-pref/sogorodo/soudan/shin-Q&A/Q&A192.pdf(懲戒処分)
http://www.pref.fukushima.jp/roui/roushitoraburuqa/kobetu/200111.html(始末書)
http://www.pref.yamagata.jp/sr/roudou/qanda/index.html(退職・解雇・懲戒処分>> (4)懲戒処分について>1懲戒処分)
http://info.pref.fukui.jp/roui/homepage/content/qa/qa10.html(懲戒処分)
http://www7a.biglobe.ne.jp/~tsudax99/tebiki/kaiko/tyokai.htm(懲戒処分)
http://www.mhlw.go.jp/link/index.html#sisetu(労働局)
http://www.campus.ne.jp/~labor/kankatu.html(労働基準監督署)
http://www.zenkiren.com/center/top.html(労働条件相談センター)

No.1、No.2です。
「このような事故を再発しないようにするために、もっと責任を持って仕事をして欲しいというのもあり、何かペナルティーを付けなければと思いました。」とのことですが、通常これは、懲戒処分としてなされるのが一般的です。懲戒処分には就業規則等の根拠、弁明の機会等の手続きも必要となります。
 「修理代」の一部負担については、事故に対しての労働者の過失により、重過失があれば可能と思いますが、軽過失の場合はできないというのが、判例や有力学説の立場のようです。
 労働者が争...続きを読む

Q勤務中のトラック事故、修理代自己負担について

先週、知人がトラックを運転中、止まっていたクレーン車にぶつけてしまいました。クレーンの部分が道路にはみ出していたそうです。
クレーン車に人は乗っておらず車両も大丈夫そうでしたが、知人の運転していたトラックは助手席の窓が割れドアも凹み修理確定でした。
クレーン車の運転手の方は居なかったのですが、別の方が警察に連絡しないでいいと言い、知人がその旨会社に連絡すると届けず帰ってくるように言われたそうです。
知人のトラックはリース車で保険は未加入のようです。
修理代金の話は出なかったのですが。。

知人が勤めている会社は最初に聞いてた条件が違う事、歩合性だけどその内訳をちゃんと教えてくれない事もあり近々退職する予定でした。
事故の後になってしまいましたが、先日退職希望を伝えるとトラックの修理代を全額負担するように言われました。
修理代はこれからの給料から差し引くつもりだった、信用を取り戻せたらチャラにしてもいいと言われたけど知人は退職するようです。
修理代金は90万ほどで、まず今月と来月の給料を差し押さえられ、残りの支払い方法はまだ話してないそうです。
勤務中の事故ですが、知人が全額負担しなければいけないのでしょうか?
また給料を勝手に差し押さえるのは違法じゃないのでしょうか?
詳しい方教えて下さい。

先週、知人がトラックを運転中、止まっていたクレーン車にぶつけてしまいました。クレーンの部分が道路にはみ出していたそうです。
クレーン車に人は乗っておらず車両も大丈夫そうでしたが、知人の運転していたトラックは助手席の窓が割れドアも凹み修理確定でした。
クレーン車の運転手の方は居なかったのですが、別の方が警察に連絡しないでいいと言い、知人がその旨会社に連絡すると届けず帰ってくるように言われたそうです。
知人のトラックはリース車で保険は未加入のようです。
修理代金の話は出なかっ...続きを読む

Aベストアンサー

まず、matata777さんのご友人が、会社に対して何らかの債務を負担する場合、会社はご友人の給与を差押えることは可能だと思います。

そして、この差押さえについて会社がご友人に何ら通知しなかったとしても、違法とはいえません。(差押えがあれば、代わりに裁判所から通知が来るはずです。)

さて、本題の、ご友人の債務についてですが、matata777さんのご友人が事故を起こし、会社に損害を与えた以上、ご友人は、会社に対し債務(修理代)を負担する必要があります。(民法415条、709条)

ただし、どの範囲(金額)で、債務を負担するかについて、近時の下級裁判所の判例は、5%~50%程度(事案にもよります。例えば、東京地判平成6年9月7日、東京地判平成12年11月21日、那覇地判平成13年3月21日をご参照下さい。)としているようで、特別な事情がない限り、従業員に全額負担させる傾向ではないようです。

専門家ではないので、確実なことはいえませんが、以上のことを、ご参考になさってください。

Q運送会社で勤務中の事故時、車両修理代は自腹が普通?

小耳にはさんだのですが、疑問なので質問します.

運送会社で勤務中にトラックで事故を起こした場合、車両修理代とか代車代は自腹が普通なのでしょうか?

各社様の状況を教えてください。

Aベストアンサー

損害保険の関係者から言いますと、大手と零細業者ほど任意保険に加入していません。もちろん車両保険もです。
零細業者は、保険料の負担が大きいからですが、大手は、保険会社に支払金額を会社内でプールし、担当の社員が示談交渉をするというパターンがあります。保険会社に支払うより何千台も保有している場合、自社で処理をしたほうが安上がりになるからです。

そこで修理代ですが、雇用契約にもよりますが、全額負担・保険料が高くなる分いろいろあるようです。車両事故の過失分の個人負担を強要しているのは、一般の企業でもおこなっているところがあるようです。

Q業務中の車両事故は、運転手だけの責任ですか?

はじめまして。 相談にのっていただきたく宜しくお願い致します。

運送会社に勤めています。

運行中、道路左側にある街路樹の枝にトラックの荷台が接触し、へこみをつけてしまいました。

後日、会社から「修理見積もり金額が22万円になったので、来月より安全運航手当5万円を4か月間天引きする。」と、見積書を見せられ、その旨を記した誓約書に署名捺印するよう求められました。

業務中の事故なのに損害金額のほとんどを、社員から徴収するのは納得できません。
しかも、実際に発生した金額ではなく見積もり金額です。

言われたまま払わなければいけないのでしょうか。

Aベストアンサー

まず給与は全額支払いがルールです。
損害賠償を求めたいからと言って天引きは認められません。
その場合は会社が社員に給与を渡してから請求、合意が得られなければ裁判をする必要があります。

次に安全運行手当とはなんでしょう?
実質的な給与であるなら給与として支払いの義務ありです。
おそらく会社としては安全運転を行ったとき特別に払う賞与という建前を設けているのでしょうが、それであれば天引き可能なのは当該月だけでしょう。おそらく給与から損失を天引きする建前として設けた制度で、本来給与として支給すべきものなのか?

おそらく不当労働行為でしょう。
労基署に相談すべきだと思います。

Q運送の仕事で事故をすれば全額自己負担ですか?

運送の仕事で面接に行き、色々質問したところ、
そのトラックで事故をした場合や傷をつけた場合、積んである商品に
傷をつけた場合など全額自己負担だと言われました。
運送業界ではこれが普通なのですか?
教えてください

Aベストアンサー

大手の運送会社だと営業車は保険料が高いので
対人には入るが対物や車両には入らないのではないでしょうか。
うちに来ているドライバーに聞いたら
対物も入っているが免責は20万で免責分はドライバー負担だそうです。
また車両修理も自社でやるので車両保険には入らないといってました。
保有台数が多ければ年間の保険料と事故対応費用を比較した場合
保険を掛けた方が高い場合が多いではないでしょうか。
中小の運送会社だと事故で会社が傾く可能性もあるので
保険には入ると思います。
事故費用を会社が負担するか個人が負担するかは会社によると思いますが
多くは会社が負担すると思います。
その後の雇用が継続されるかは別問題ですが。

Q運送中に商品が破損。消費税の扱いは?

毎日の納品は、出入りの運送業者に委託しています。
運送中に商品を壊され、商品価値がなくなりました。
通常、この様な場合、「得意先売上」を「運送業者売上」に切替え、補償して貰っています。
この度、納品量が多いため、有名な大手の運送業者を臨時に使いました。
破損請求を従来とおり行ったところ、消費税分を払ってくれません。

この様な補償の場合は、消費税の対象外になるのですか?
教えてください。

Aベストアンサー

損害賠償金は消費税の課税対象外です。
ただし、その商品が運送業者に引き渡され、そのまま、または軽微な修理で使える場合は課税対象となります。

参考URL:http://www.taxanser.nta.go.jp/phone/6157.htm

Q弁金について

小さい運送会社をしている者です。
先日から大きな会社の荷物を運ぶ依頼を受け日々しています。
運送業種は経験されてた事のある方ならわかりますが
運んだ時に落とした等、目の前で過失があった場合は当然運送会社の弁金ですが
届けた後、商品が割れていたなどは、運送会社の責任による弁金が残念ながら多く発生します。

そこでこの大きな会社さんの荷物も運んだ1週間後とかに、割れていた・傷がついたなどによる理由で弁金が多発しています。

その会社の弁金請求書を見たらはっきりいって単価が高い...
そこで問い合わせを。まさか販売価格じゃないでしょうね?と
すると担当の人は、原価を知らないとの事で知っている人に確認してほしいというと
誰も知らないと、普通じゃ考えられない返答が。
しかし、担当者は仮に販売価格でも、その会社からみれば販売チャンスを失ったので
当然との回答がきました。

これは当然でしょうか?
私の認識違いでしょうか?

Aベストアンサー

相手の要求は 当然というか 違法ではありません。
輸送中の破損の場合、売り物にならなくなった場合、相手方が利益補償を求めることは 違法ではありません。このケースの場合、荷主側は品物の原価を誰か(工場なら製造部門に)に支払うわけですから 利益補償ということは売価補償に相当します。ちなみに、事例は多少違いますが、販売店に対する欠品の場合の利益補償は公取規約でも認められています。
もちろん、運送契約で 破損の場合は原価補償とすると明記してあれば別ですが 相手が卸業者や大規模小売業者の場合は そういう契約はしていないと思われます。
これに対する防御策としては、保険加入しかありません。

Q社用車で事故。修理代は自腹じゃなきゃダメですか?

教えてください。

会社の車で、駐車場を出るときに、隣のポールにあたってしまい、ドアがかなりヘコんで、傷をつけてしまいました。
事故報告書を始末書を書いて提出すると、上司から、
「今回修理に出すので、その金額かまたは一部を負担してもらう。保険を使えば5万ぐらいですむが、今回は使わないかもしれない」
と言われました。
しかも、それまで何回かみんなぶつけていて、傷がついているが、今まで会社にお金がなく治してこず、今回かなり大きく私が傷をつけてしまったので、まとめて治すということでした。
今までにも何回か誰かしら事故を起こしていましたが、誰もお金を請求されていませんでした。
ただ、私はこれで会社の車を傷つけたのは3回目なので、しょうがないのかな・・・とも思います。
が、先月正社員からパートになり、時給800円で働いているので、
5万以上の請求が来ると、一カ月の給料がほぼなくなります。
子供も預けて働いているので、かなり金銭的に厳しいです。

私が悪いとは思うのですが、やはり払わなければいけないのでしょうか?
うちの会社は狭いところにあるため、頻繁に事故をしており、他の人は請求されていないのに、私だけ?という思いが抑えれません・・・・。

皆様のご意見おねがいします。

教えてください。

会社の車で、駐車場を出るときに、隣のポールにあたってしまい、ドアがかなりヘコんで、傷をつけてしまいました。
事故報告書を始末書を書いて提出すると、上司から、
「今回修理に出すので、その金額かまたは一部を負担してもらう。保険を使えば5万ぐらいですむが、今回は使わないかもしれない」
と言われました。
しかも、それまで何回かみんなぶつけていて、傷がついているが、今まで会社にお金がなく治してこず、今回かなり大きく私が傷をつけてしまったので、まとめて治すということでし...続きを読む

Aベストアンサー

それは業務中の事故ですね。
そして、その業務は上司の命令によるものですね。
だとしたらあなたは一銭も払う必要はありません。
会社はその時の為に保険をかけています。
これは車以外の会社の設備でも同じことです。
会社はこうした余計な出費を防ぎたければ、本来は運転者の技能認定を行なう、技能訓練を行なう、事故を起こしやすい箇所の改善を行なうなどの義務があります。

正論ではこうなるのですが、あなたのお勤め先は中小企業であなたはパートですよね。
だったら辞めてくれ、ということになりかねませんから、やんわりと上記のようなことを言って、同時に少しだけ罰金を払うということで収めてもらったらどうでしょうか?

Q労働基準法(労働時間・労働賃金・罰金)についての質問です。

労働基準法(労働時間・労働賃金・罰金)についての質問です。

私は運送業で運転手として働いています。
仕事時間は深夜2時から夕方の3時頃までの13時間程度で月の労働日数は23日程です。
一日の動きとしては、深夜に会社で商品を積み込み配送先に商品を降ろしてから会社に戻り、もう一度会社で商品を積み込み配送先に納品して帰ってくるという感じです。
休憩時間は会社に戻ってから次の便までの40分程です。

労働時間として長すぎるのではないかと思うのですが、会社の先輩に「運転手には労働時間の規則はないし通常の労働者と同じに考えてはいけない」というような事を言われました。
先輩の言うように運転手という職業には通常の労働者のような休憩時間や労働時間は適応されないのでしょうか?

また給与が「基本給120.000円」「運行手当50.000円」「無事故手当30.000円」「皆勤手当10.000円」「安全作業手当10.000円」「特別手当20.000円」となっているのですが基本給以外の項目も最低賃金の対象になるのでしょうか?

さらに先々月に商品を破損してしまいました。(通常に十分考えられるリスクの範囲内での破損)
商品の破損金額は10.300円だったのですがその月の給与の安全作業手当10.000円が貰えず、次の月も今月も同様に安全作業手当が貰えない状態です。

会社にとりあってみたのですが「給与の受領書に(給与は手渡しです)商品の破損や誤配、クレームがあった場合は最大1年間安全作業手当の支給がありません。」って書いてあるよね。サインしてるよね。」と取り合っても貰えない状況です。

サインをしてしまっている以上涙を呑むしかないのでしょうか?
これは賠償予定の禁止に該当しないのでしょうか?
そして実際の破損金額以上の給与を貰えていない状況なのですがこれも労働基準法に抵触しないのでしょうか?

非常に悔しいです。。。どなたかアドバイスをお願い致します。

労働基準法(労働時間・労働賃金・罰金)についての質問です。

私は運送業で運転手として働いています。
仕事時間は深夜2時から夕方の3時頃までの13時間程度で月の労働日数は23日程です。
一日の動きとしては、深夜に会社で商品を積み込み配送先に商品を降ろしてから会社に戻り、もう一度会社で商品を積み込み配送先に納品して帰ってくるという感じです。
休憩時間は会社に戻ってから次の便までの40分程です。

労働時間として長すぎるのではないかと思うのですが、会社の先輩に「運転手には労働時間の規則はない...続きを読む

Aベストアンサー

 運送業は、法定労働時間と拘束時間の2つの視点から、労働時間等が厳しく定められています。特に、拘束時間は、国土交通省の地方運輸局の監査において、車両停止等の処分の対象にもなります。従って、
 「運転手には労働時間の規則はないし通常の労働者と同じに考えてはいけない」
は、全くの誤りです。

 労働基準法第32条で、労働時間は、1週40時間、1日8時間となっています。なので、1日13時間では、毎日、5時間の残業となります。残業するためには、あらかじめ「時間外労働に関する協定届」を労働基準監督署に提出しなければなりません。また、その内容について、使用者は、労働者に周知する必要があります。

 休憩時間は、1日8時間以上労働しているので、最低でも60分は必要です。

 拘束時間(労働時間(運転時間+荷卸時間+手待ち時間)+休憩時間)は、1か月293時間以内となっています。単純に計算しても、13時間×23日=299時間であり、休憩時間を除いても、オーバーしています。(車両停止の処分の可能性あり)

 次に、給与ですが、基本部分(残業と深夜割増除く)は、12万円/(8時間×23日)=652円となるので、最低賃金が、その金額より高い地域なら、最低賃金法違反となります。しかし、8×23=184となることから、これだけでも法定労働時間を上回っているので、正しくは、最低でも、40時間×52週/12か月=173.3で除することになり、この場合は、時間あたり692円となります。

 最低賃金の対象になるのは、支給条件が減額の対象があるものは外されます。従って、無事故手当、皆勤手当、安全作業手当が該当しそうです。運行手当と特別手当は、賃金規定を確認しないと判りません。特に、特別手当は、その条件が曖昧になっていることもあります。

 賃金規定(給与の受領ではなく)に、安全作業手当の支払条件が、「商品の破損や誤配、クレームがあった場合は最大1年間安全作業手当の支給がありません。」とするのは可能です。賠償予定の禁止に該当しません。サインの有無は関係ありません。会社の賃金規定に有れば、可能です。ただし、規定になければ、問題ですが。

 そして、最大の問題点は、時間外労働割増賃金(残業代)と深夜労働割増賃金の支払がないことです。運送業においては、それを「運行手当」に含むという抗弁が多くあります。しかし、運行手当のうち、どの部分が割増賃金なのか明示されていない限り、何ら通る話ではありません。しかも、記載されている全ての手当が割増賃金の単価の基礎に算入されます。

 それぞれの割増対象の時間数を大まかに計算すると、時間外は299-173=126時間、深夜は、1回3時間×23日=69時間となります。
 よって、割増賃金を、計算すると(これも大まかです)、時間外は、(120.000+50.000+30.000+10.000+10.000(除外しないで計算)+20.000)/173×1.25×126=200289。深夜は、(計算式略)20028。

 大まかな計算により、時間外労働割増賃金(残業代)が約20万円、深夜労働割増賃金が約2万円、合計約22万円が毎月不払になっています。概算で毎月22万円、年間264万円が不払になっているということです。仮に、運行手当5万円が割増賃金だと社長が抗弁しても、金額的には、はるかに届きません。

 社長等に言っても解決しないなら、労働基準監督署、地方運輸局、裁判所(不払の請求)が、その対応先になります。

 運送業は、法定労働時間と拘束時間の2つの視点から、労働時間等が厳しく定められています。特に、拘束時間は、国土交通省の地方運輸局の監査において、車両停止等の処分の対象にもなります。従って、
 「運転手には労働時間の規則はないし通常の労働者と同じに考えてはいけない」
は、全くの誤りです。

 労働基準法第32条で、労働時間は、1週40時間、1日8時間となっています。なので、1日13時間では、毎日、5時間の残業となります。残業するためには、あらかじめ「時間外労働に関する協定届」を...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング