はじめまして全くの素人なんで教えていただきたいのですがブローオフバルブというのはどういった物なんでしょうか?ターボ車のプシュプシュいうやつだと思うんですが何の為に付けるんでしょうか?以前の質問では分かりにくかったので分かりやすくお願いします。またそれ以外でも関係のあるような物があれば教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

ターボカーってのはターボで空気を過給する、これはわかりますね?


エアクリーナーから吸い込んだ大気をターボが過給し、インタークーラー(がついてれば)、スロットルを経由してエンジンに向かいます。
ここでスロットルを閉じると過給された空気は逃げ場を失ってタービンに逆戻りしようとします。
今までとは空気の流れる方向が逆転しますので、タービンには逆に回転する力が加わるわけですね。
これがタービンにストレスをかけて、破損の原因になります。
これを防ぐ為に逆流しようとする圧縮空気を途中で逃がしてやるためのパーツです。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

早速の回答ありがとうございます。ということはデメリットはないということでしょうか?はじめからメーカーがつけてる車種は無いんでしょうか?何か具体的に性能が上がるわけでもないんですかね?

お礼日時:2001/05/23 03:29

今の車はタービンが丈夫なので別につけなくていいという事を聞いたことがあります。

(自分はつけてるけど・・・。)

性能アップはないです。

かえって放出しすぎると(HKSからでてるやつみたいに大気放出を調節出来るタイプ)ブースト圧が下がるともきいたことが・・・。

80スープラは純正でついていました。
でも音がほとんど、いやまったくと言っていいほど聞こえなかったけど。
    • good
    • 2

 純正でついている場合、トヨタでは「リサキュレーション・バルブ」と呼んでいるようです。

スポーツカー等でよく聞く「ぱしゅっ」という音は、本来ならタービンを迂回して配管内に戻すところを大気中に解放しているため、このような音が出ます。

 街乗り程度では音を楽しむ位の効果しかないですが、大気解放すると車種によってはエアフロセンサー(エンジン内に入る空気の量を測定するセンサー)での数値と、実際にエンジンに入る空気が食い違うため、アクセルを抜いた(ぱしゅっと音がなる)時にエンジンが止まる物もあるとか。

 他に、リサキュレーションバルブをつぶした場合、エアクリーナーをキノコ型に替えていると、アクセルを抜いたときに「ひゅぽぽぽぽ」という音がでるそうです。これはターボで圧縮された空気がタービンに逆流する時の音で、この音を好む人もいるらしいですが確実にターボの寿命を削ると思われます。

 ブローオフは「アクセルを抜いたとき」に作動しますが、他に「ウェイストゲートバルブ(名前は自信がないです)というのがあり、これは「アクセルを踏み続けてブースとがかかりすぎたときに開く」バルブです。これも配管内に戻されるはずですが、大気解放すると音が出るはずです。

「ウェイストゲート・・・」に関しては自信がないのでどなたかフォローをお願いします。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

onamomiさん、gt-fourさんありがとうございます。じつは知り合いの人が車を処分する予定なのでもしかするとスターレットGT(EP82でしたっけ?)に乗る事になるかもしれないのでと思って質問させて頂いたんですが,実際にちょっとだけ乗ったときに「速いのは速いけど全体的にもっさりしてるな」って言うのが正直な感想でした。SRX400というヤマハのバイクを持っていて速くはないんですが全体として単気筒の小気味よさがあって楽しいんです。だからスターレットで低回転からでも小気味よく反応するように出来ないかなと思っています。でも900kg台で1300CCのターボでそこそこ燃費の良いコンパクトカーというのは無駄が無くてなんか凝縮されている感じがして面白そうですね。

お礼日時:2001/05/23 13:30

最近のターボカーは純正で付いてるものも多いんじゃないですか。


ただ必ずしも「ブローオフバルブ」という呼び名ではないかもしれませんが。
大幅なブーストアップやタービンの交換でもしていない限りは後付けするメリットはほとんどないでしょう。
少なくともこれをつけたからパワーが上がるとかいうものではないですよね。
タービンの回転に抵抗をかけないから再度スロットルを空けたときに過給の立ち上がりがいいかも、
という理屈はありますが、抜けすぎるとむしろスロットルレスポンスは悪くなります。
よく聞くトラブルとしてはバルブスプリングがヘタって締りが悪くなると、
逆にそこから空気を吸い込んでしまい、エアフロの測定値と実際の空気量とにギャップが生じて
燃調が狂うというヤツです。
機能パーツというより、あの音を楽しむアクセサリーとしての要素が強いですね。
パーツメーカーも結構「音」をウリにしてたりしますから。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qブローオフバルブのこと→→→ATターボのこと

MTの軽ターボに乗っています。
アクセルオフでの「プヒュン!」という音に、とてもワクワクしてしまうのですが、ふと思いました。
ブローオフバルブは、MTだからついているものでしょうか。
同じ軽ターボでも、ATにはついていないのでしょうか。

構造上ATは、加速中にアクセルを離すことはしないから、やはり無いのでは……。
ということは、圧力はどこへ行ってしまうんでしょうか。
すみません、ほぼ素人です。

Aベストアンサー

ブローオフバルブは軽自動車ATでも付いている車がほとんどです。
加速中ではなくても、加給している時であればアクセルを戻す場合もありますしね。

もしブローオフが付いていない車とすれば、圧力は、タービンへ逆流しエアクリーナーから放出されます、ほとんど車の場合付いてない事は無いと思いますけど・・・

Qターボ車用ブローオフバルブについて

各社から出ているブローオフバルブですが、大気開放していたら車検に通らないのでしょうか?
某雑誌では初心者にわかりやすく説明されていましたが、肝心の結論がわかり難かったので
質問します。手の空いてる方で気が向いたら回答お願いします。

Aベストアンサー

車検の合否の判断基準は管轄の陸運支局に判断によってかわります。
基準が全国である程度統一されてはいますが、実際は甘かったりきつかったり管轄により変わります。
(法律ってのは文章ですから解釈の仕方が多少変わるのは仕方がないです。)
乗用車から貨物車への変更車検を通したことがあるんですが、車両の規定上ではOKなはずの変更でしたが、その陸運支局ではだめとの事で、管轄の陸運支局の考えに合うように追加変更をして、無事通した事があります。
だから、ブローオフバルブが大気開放して車検に通るか通らないかも陸運支局しだいです。
ただし、基本的にブローオフバルブの大気開放は車検に通りません。
ブローバイガスを大気に放出する可能性があるからです。
(某雑誌が肝心の結論をわかりずらくかいているのは、多分ブローオフバルブのメーカーがその雑誌の広告主だったり、ブローオフバルブの公道での装着が違法であることを知りながら、取り付けを促すようなことを書かいてあるから明確に違法とかかなかった大人の事情ではないでしょうか。
まあ、雑誌も見ずにそこまでひねくれた考えは私の私見ですので無視してください。)

車検の合否の判断基準は管轄の陸運支局に判断によってかわります。
基準が全国である程度統一されてはいますが、実際は甘かったりきつかったり管轄により変わります。
(法律ってのは文章ですから解釈の仕方が多少変わるのは仕方がないです。)
乗用車から貨物車への変更車検を通したことがあるんですが、車両の規定上ではOKなはずの変更でしたが、その陸運支局ではだめとの事で、管轄の陸運支局の考えに合うように追加変更をして、無事通した事があります。
だから、ブローオフバルブが大気開放して車検に...続きを読む

Qターボのブローオフにつきまして

先日、、1600ccのターボ車(欧州車)のマフラーをワンオフ制作にて交換したのですが、、その瞬間から、変速時にターボのブローオフらしき「シュー」という音が聞こえるようになりました。

逆に言うと、、それまでは、一切聞こえてこなかったので、マフラー交換が理由かと思いますが、
これはどう言う理由からなのでしょうか?

マフラーメーカーの回答としては、以前よりもヌケがくなったので、これまでむしろ無理して音を抑えていた状況よりも、性能的には確実に良くなっている ということなのですが、、

この音自体を以前のように消したい場合は、マフラーを元に戻す以外に方法はないのでしょうか?

また、そもそも、ブローオフはエアクリから音が出ると思っていたのですが、、今回の場合、どこから音が出ているのでしょうか?

どうぞ宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

マフラー交換で、僅かに過給圧が上がることもありますよ。
いわゆるブーストアップ状態で、シフト操作後のアクセルオン時に、過給圧が早めに立ち上がるようになり、音が目立つようになった可能性もあります。あとは、僅かに過給圧が上がったため、ブローオフ時の圧力差が大きくなって音が聞こえやすくなったか。

せいぜいサブタイコからの交換だと思いますが、マフラーのパイプの径が大きくなり、タービンのエキゾースト側の排気ガスの抜けが良くなる分、反対側のコンプレッサー側が良く回りますので、自然に過給圧が上がると。

一般的に、純正のブローオフは、タービンのコンプレッサー側のインに戻しています。社外品の「バシュッ」と鳴るタイプと違って、大気開放はしません。
ブローオフバルブからタービンインまでのリターンパイプを通る時に鳴り出した可能性もありますし、ブローオフバルブが開いた時にブローオフバルブを通過する時に鳴りだした音かもしれません。

また、純正ブローオフバルブだと、ブローオフバルブそのものにも過給圧上昇防止(タービンの過給圧上昇防止のアクチュエータ等とは別)の細工がされていることがありますので、そこを通過する時の音が目立ちだした可能性もあります。

いずれにしても、一般的なマフラー交換の効果は得られたということでしょう。

マフラー交換で、僅かに過給圧が上がることもありますよ。
いわゆるブーストアップ状態で、シフト操作後のアクセルオン時に、過給圧が早めに立ち上がるようになり、音が目立つようになった可能性もあります。あとは、僅かに過給圧が上がったため、ブローオフ時の圧力差が大きくなって音が聞こえやすくなったか。

せいぜいサブタイコからの交換だと思いますが、マフラーのパイプの径が大きくなり、タービンのエキゾースト側の排気ガスの抜けが良くなる分、反対側のコンプレッサー側が良く回りますので、自然に...続きを読む

Qツインターボとシングルターボ

R32の2000ccGTS-Tに乗っているのですが、低回転域のトルクの渋さにほとほと嫌気が差し、最近では改造を考えています。そこで、今RB20DETをツインターボ化したら低回転域も生きてくるのではと(理屈ではなく単純に)思っているのですが、ツインターボとシングルターボの仕事の違い、また、ツインターボ化することが正しいかどうか、知識のある方、どうかご教授よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

アイドル時からのピックアップの改善と言うことであれば、ツインターボ化によるメリットはあまりの望めないでしょう。不可能ではありませんがセッティングが非常に難しくコストを考えても現実的とはいえないでしょう。ツインターボ化する事によりターボラグの改善は望めますが、NAの同系エンジンから比べると、ブーストが掛かるまではどうしてもトルクが低くなってしまいます。これはターボチャージドエンジンでは圧縮比が低く設定されているためと過給が行われるのを前提としたバルブタイミングであるためなどの要因による物です。これらは加給が行われて実質的に圧縮比が上がった状態になると、通常のNAのようなセッティングではノッキングやデトネーションの発生などの不都合があるからです。瞬間的なものであれば点火時期の制御などで回避できますが、このような状態が連続的に起きると点火時期による制御では、エンジン効率を酷く落としてしまいます。

シングルターボは単独のターボですべてを賄う方式です。一般的なターボはほとんどこの方式です。構造が簡潔でコストも低いのが特徴ですが、高い過給圧を得ようとすると大容量のターボチャージャーが必要になり、タービン、コンプレッサーの慣性質量の増加から、応答性が悪くなる問題があります。自動車用のエンジンのように加速・減速を頻繁に繰り返す場合は問題ですが、船舶や産業用のエンジンなどでは、大型のターボチャージャー1機で高い過給圧を得るこの方式のメリットの方が多いようです。

ツインターボ(同種のターボーチャージャーを2機)のメリットとは、ターボチャージャーのタービンおよびコンプレッサーが小型軽量になり慣性が小さくなるため、素早い応答を得られます。ただし、小型になった分能力が小さくなるため2機を並列に使用することで、十分な過給を得るようにしています。

シーケンシャルターボとは小型と大型の2種類のターボチャージャーを使用する方式で低速域では小型の物を使用(少ない排気ガスでも十分な回転数を得て過給できる)し中速域以上では大型に切り替え大量の過給を行う方式です。この方式をうまく設定すればアイドル回転程度からの過給も可能ですが、この種のターボの汎用品が存在するかどうかきわめて疑問です。

アイドル時からのピックアップの改善と言うことであれば、ツインターボ化によるメリットはあまりの望めないでしょう。不可能ではありませんがセッティングが非常に難しくコストを考えても現実的とはいえないでしょう。ツインターボ化する事によりターボラグの改善は望めますが、NAの同系エンジンから比べると、ブーストが掛かるまではどうしてもトルクが低くなってしまいます。これはターボチャージドエンジンでは圧縮比が低く設定されているためと過給が行われるのを前提としたバルブタイミングであるためなど...続きを読む

Qブローオフバルブの改造

質問です!
アルトワークス(CR22S)の純正ブローオフバルブの大気開放(?)の仕方を教えてください!
もしくは、やり方が載ってるHPを教えてください!
純正のままだとプシュ~って音が物足りなくて。。

知人は「バルブのホースを~」って言ってたんですけど、はっきり覚えてなくて・・・。
その知人とは最近連絡がとれないので。

HKSとかのブローオフバルブがあればいいんですけど、なにぶん値段が高いんですよね。
安く自作チューンがしたいんです。
よろしくおねがいします!

Aベストアンサー

はじめまして。基本的にはブローオフ本体からサクションパイプ(タービンからクリーナー間のパイプ)につながっているホースのブローオフ側を外し、サクション側をふさぐと大気開放になります。しかし、車検には通りませんのでご注意ください。また、車種によっては走行中アクセルOFFの時エンジンストールする可能性がありますのでご注意ください。お試しください。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報