街頭インタビューなど簡単なインタビューでは取材料は払われるのが普通でしょうか、又は払われない場合が多いですか?金額的にはどのくらいでしょう。
関係者のかたないし詳しい方お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

普通は、ボールペンセットのような粗品か、テレカです。



というのは、「出演」ではないからなのです。

街頭インタビューが出演で、出演料が払われているとしたら
これは、タレントさんを雇っているのと同じですから
インタビューにならないのです。

ついでに、

現金はありえません。

これも理由は簡単で、税金の問題が生じるからです。
源泉徴収する必要が出るのですが、住所氏名、職業(主たる勤め先)を
聞き出すのは無理で、事実上これができないのです。

2並び領収書なんていうのは、こういう場合の謝礼に使います。

なお、報酬が欲しい場合は、事前にお話下さい。
なんとかできる場合も、出来ない場合もあります。
明るく
「お金くれるのぉ?」って、言えば、大体通じます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
税金の問題が発生するというのは少し意外でした。
とても参考になりました。
私も一度取材されましたが、感じのいい人だったりすると、
お金とかもらわなくても何とも思わなかったりしますね^^;

お礼日時:2001/06/01 16:15

こんにちは、teketeke@大阪人と申します。


私は以前関西の某TV局へ、しばらく出向していました。
その時の事をお話致します。
一般の方への街頭インタビューの場合は、通常は何も貰えないと思っていた方が良いでしょう。
幾つかアンケート等に協力して頂いたり、お時間を取らせてしまう場合は、記念品(ボールペン・携帯ストラップ等)を差し上げる場合があります。
しかし別段決まっている訳ではありませんので、あげるあげないは担当する人の判断です。
取材料に関しては、取材内容によりお支払いする場合はあるようです。
取り敢えず通常は、一般の方にお金をお渡しして取材する事は、少ないと思います。
これはあくまで私が居た、某TV局の話ですので。
それでは。

この回答への補足

皆さん、ありがとうございました。
とくにteketekeさんのお返事とても参考になりました。
ちなみに私はもらえるもんだと思っていたので無理に要求してたらけんかになってたかもしれないですね^^;

補足日時:2001/05/25 16:11
    • good
    • 0

簡単なインタビューでは取材料は払われないんじゃないでしょうか。

ただ、番組や局のPRグッズを渡すことはあります。

私はクイズ番組のインタビューを受けたことありますが、番組のテレカを頂きました。
    • good
    • 0

ある雑誌の街インにいったことがあります。

(アシスタントで)答えていただく方はほとんどボランティアみたいな状態でした。
お礼にちょっとしたステッカーなどが出ればよいほうですね。
取材料が発生する時はあらかじめ取材内容などの打ち合わせ、料金などの話し合いがあります。
    • good
    • 0

経験者として。


あれは日テレのインタビューでした…

取材料、もらえませんでした。
ただ、日テレのグッズ(オリジナルタオル)を
もらいましたけど…
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q一般人に長期密着した取材は取材費を払っているのでしょうか?

こんにちは。

特に宣伝を必要としていない一般人に長期密着して取材する時など、マスコミ側は個人に対して取材費を払っているのでしょうか。
それとも取材費は払わずに、記念品やお土産などを渡しているのでしょうか。
また、フリーライターや作家など会社に属していない職業の方が一般人に取材する時も取材費は支払っていないのでしょうか。

教えて頂けたらありがたいです。

Aベストアンサー

御礼はします、けれどもお金を払うことはありません。
ちなみに純粋な一般人を長期取材することはありません。
一般人とは名乗っていても、講演家であったり、何らかの活動を応援されてらっしゃったり…。
気になるならその方の名前を検索してみるとよろしいでしょう。
基本的に取材はギブアンドテイクです。

Q中国国内の街頭インタビュー、意味ありますjか?

私には中国人の嫁さんが居ます。

そして、以前も、そして、今も、日本のテレビ局が中国国内で、領土問題も含めて、政治的な質問を街頭インタビューをしているのを見る事があります。

あれって、意味あるのでしょうか?

どうにも、日本人に誤解されるだけで、ほとんど意味が無いとおもうのですがどうなんでしょうか?

・・・と言うのも、嫁さん、普段、中国の政府の役人を、賄賂だけの人達と、極端に嫌ってる事を私にだけは、そっと話します。

・・ところが、政府の悪口、この場合、日本政府も含めて、ネットやテレビで、一般人が政府批判しているのを見ると、極端に怯えて、すぐにチャンネルを変えるんです。

私は巨大組織で働いていて、組合の新聞で、経営者を批判する文面を嫁さんが、見かけても怯えます。

私は、嫁さんを通じてしか、中国という国を知る事が出来ません。

もちろん、中国と言う国が、自由に政府批判が出来ない国だと言うのは以前から知っていましたが、嫁さんの怯えを見ると、本当に怖い国だと、思ってしまいます。

そんな国なのに、街頭インタビューを、中国本土で、公の場所で本音を言える訳が無いと思うんですね。

でも、稀に、政府批判を見る事もありますが、その人達は、その後、逮捕されたのか?それとも、政府に、問題の無い範囲で、言わされたのか?とか・・、いずれにしても、素直に見る事が出来ません。

ただ・・・、私は、嫁さんを見ているので、そのような見方が出来ますが、中国が自由に政府批判出来ない国だと言う事が、良く分かって無い人が、政府を支持する発言をインタビューを見ると、それが本音だと誤解されるようで。非常に気になります。

一般民衆の政府に関する本音など、間違っても言えない状態で、本音だと誤解されるインタビューって、意味があるのでしょうか?

ちなみに、最近の領土問題に関して、嫁さんは、日本で住んでから、初めてその話しを聞いて、情報が断片的なので、どっちが言い分が正しいの?と、聞いてきます。

私は、調べて上手に説明出来るほど、興味が無いので、分からないと、答えます。

だけど、世の中には、領土問題で熱く語る人が少なからずいて、日本でも街頭インタビューが来たら、間違いなく、私は、あそこは日本の領土だと答えます。

だって、領土問題で熱くなってる人がテレビを見ていて、どこかの路上で、バッタリ顔を合わせたら。議論ふっかけられて、いちいち文句を言ってきそうで、メンドクサイので・・・。

同様に、嫁さんも、中国で街頭インタビューが来たら、間違いなく、あそこは中国の領土だと答えるはずです.

私には中国人の嫁さんが居ます。

そして、以前も、そして、今も、日本のテレビ局が中国国内で、領土問題も含めて、政治的な質問を街頭インタビューをしているのを見る事があります。

あれって、意味あるのでしょうか?

どうにも、日本人に誤解されるだけで、ほとんど意味が無いとおもうのですがどうなんでしょうか?

・・・と言うのも、嫁さん、普段、中国の政府の役人を、賄賂だけの人達と、極端に嫌ってる事を私にだけは、そっと話します。

・・ところが、政府の悪口、この場合、日本政府も含めて、ネット...続きを読む

Aベストアンサー

”あれって、意味あるのでしょうか?”
      ↑
中国の場合は、カメラの前に発言すべき内容を
書いた紙を掲げ、それを読ませる場合があります。
日本でもそうです。
やらせが横行しているのが現実ですし、放送局の
意向に沿わない発言はカットされて放映されません。
つまり、日本でも中国でも意味ありません。

”もちろん、中国と言う国が、自由に政府批判が出来ない国だと言うのは
以前から知っていましたが、嫁さんの怯えを見ると、本当に怖い国だと、
思ってしまいます。”
    ↑
お嫁さんはどこの出身ですか。
今時、そんな中国人は少ないですよ。
韓寒という有名な作家は、政府や共産党の悪口を言って有名になっています。
周立波というコメデアンは、政府、共産党の悪口を言って
人気者になっています。
猿、という学者は
「毛沢東はたった一つだけよいことをした。それは死んだことだ」
とまで、公言していますが、何ともありません。

”領土問題”
   ↑
これを正確に語れる人は少ないと思います。
日本人は理由もわからず日本領だと言い、
中国人も訳がわからず中国領だ、と言っている
だけです。


http://blog.livedoor.jp/keumaya-china/?p=110
http://blog.goo.ne.jp/pekindatora/m/200608
      ↑
これは、中国人女性と結婚した人のブログです。
参考までに。

”あれって、意味あるのでしょうか?”
      ↑
中国の場合は、カメラの前に発言すべき内容を
書いた紙を掲げ、それを読ませる場合があります。
日本でもそうです。
やらせが横行しているのが現実ですし、放送局の
意向に沿わない発言はカットされて放映されません。
つまり、日本でも中国でも意味ありません。

”もちろん、中国と言う国が、自由に政府批判が出来ない国だと言うのは
以前から知っていましたが、嫁さんの怯えを見ると、本当に怖い国だと、
思ってしまいます。”
    ↑
お嫁さんはどこの出身...続きを読む

Q朝日新聞の優れた取材能力 取材記録は何処に?

70年前~100年前の日本軍の悪行を事細かに記事にするには、相当な取材能力があると思います。
特に東アジア圏、取り分け中国と朝鮮で行われたとする事件事故の記事が中国政府と韓国政府が発信する事案について、全て正しいと解釈できる記事を書かれています。
歴史的な事案を扱うものですから客観的な事実として朝日新聞が取材で得られた証拠とする資料の記事が見当たりません。日本の優秀な新聞社で有りますから証言だけで全国記事にしているとは思えません当然、色んな側面から取材をされて裏図けの元に記事を書かれているかと思います。
質問ですが、朝日新聞がよく取り上げる南京大虐殺と慰安婦に置ける取材で得られた資料または
記事の掲載は、どこで見れますか?また、いつの記事で見れますでしょうか?
これと同じ文面で朝日にメールを8月16日にしましたが返信、返答がまだありません

Aベストアンサー

記事は「聞蔵II」という記事データベースで探せると思います(有料契約)。

取材の記録や資料は,公になっている情報や資料であったり情報提供者が公開に同意したりした場合は見ることができますが,そうでない場合は取材源秘匿という原則があるので見ることはできません。

QNHKの受信料を払うようにと、NHKの方から勧誘員が来ました。1回も払

NHKの受信料を払うようにと、NHKの方から勧誘員が来ました。1回も払ったことはなく、今後も払うつもりはないのですが、放送法をたてに民事訴訟を起こされても困るので、どうしたらいいでしょうか。本多勝一の本などを読んでも、イマイチ良く分かりませんでしたので、ご教授願います。

Aベストアンサー

放送法をたてに民事訴訟を起こされても困るので
>それなら支払いましょうとしか答えようが有りません。
放送法を読んだ事が有りますか?
本田勝一は読んだ事が有りますがイマイチ解らないのは放送を無視しての理論構築だからです。
放送法を読むとどういった時に支払わなければならないのかまた支払う必要がないのかはどういう場合かが詳しく規定されています。
ここで質問が載ると順法意識の低い連中が見てないから支払う必要が無い云々と訳のわからない事を言って降りますが無視をしてください。
ちなみに私はNHKが受け取ってくれない、契約を拒否された稀有なケースです。
これも放送法に規定された事の実行を求めたらNHK北海道から契約拒否の話が来てそれっきりです。
質問者も放送法を縦にとるとNHKから契約拒否の話が来ます。

Q訴訟提起直後の被告側への取材は意味があるのか?

民事訴訟を提起した人が記者会見をした後、マスコミは提起された側(被告側)にもコメントを求める様子をよく見ます。決まって「訴状を見ていないのでコメントは控えさせていただきます」という内容です。
当サイトの別カテゴリーで「訴状が届くのはいつごろか」と質問させていただいたところ、2~3週間は掛かることが分りました。
とすれば、確かに、訴訟提起直後にコメントを求められても、被告側としてはコメントのしようがありません。
手掛かり(つまり訴状)が全くない状態よりも、きちんと訴状が届いてから被告側の考え方を取材した方が、よっぽど被告側の言い分や裁判に対する方針などが聞くことができて有意義だと思います。
どうして、馬鹿の一つ覚え(失礼!)のように、マスコミは訴訟提起直後に被告側にコメントを求める取材をするのでしょうか?

Aベストアンサー

民事訴訟など意見が対立している問題を報道する場合に、一方の主張だけを伝えたのでは不公平になりますので、報道機関としては被告側の談話(主張)は必ず取材・報道しなければならない性質のものです。ただ、提訴直後には被告側に訴えの内容が十分伝わっていないことも多く、ご指摘のように「訴状を見ていないのでコメントできない」と言われる場合もあります。

この問題について、かなり昔に警察・裁判担当の記者の仕事をしていたころ、私も質問者様と同様の疑問を感じていました。そこである民事訴訟が起こされた際、訴状のコピーを作って被告の会社に持って行って渡し、「こういう訴状が○○地方裁判所▽▽支部に出されました。X時間後に会社としてのコメントをお願いします」と取材したことがありましたが、会社の担当者は相当困惑していました。

このように訴状のコピーまで渡すかどうかは別としても、報道機関の立場としては、現実には「提訴内容を詳しく被告側に伝えて、できるだけ中身のあるコメントを取材できるように努める」ほかないと今も考えています。被告側に裁判所から訴状が届いてから提訴そのものを原告・被告双方の主張を入れて報道すればよいというのも、ひとつの考え方ではあると思いますが、提訴の事実を知った以上、ニュースとして伝える価値があるものを、報道機関として何日も報道せずにおくわけにはいきません。また被告側のコメント(主張)だけを後日別に伝えるというのも現実的ではないと思います。

民事訴訟など意見が対立している問題を報道する場合に、一方の主張だけを伝えたのでは不公平になりますので、報道機関としては被告側の談話(主張)は必ず取材・報道しなければならない性質のものです。ただ、提訴直後には被告側に訴えの内容が十分伝わっていないことも多く、ご指摘のように「訴状を見ていないのでコメントできない」と言われる場合もあります。

この問題について、かなり昔に警察・裁判担当の記者の仕事をしていたころ、私も質問者様と同様の疑問を感じていました。そこである民事訴訟が起こさ...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報