水彩画で、メロンを描こうと思っているのですが、メロンの皮の網目状になってる線の部分がどうしても上手く描けません。
一体どうしたら上手く描けるのでしょうか?
すこし漠然としていますが、アドバイスやコツ等あったら教えてください。よろしくお願いします(私は、まだ初心者です)。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

網のところの色を中心に、球体になるように塗った後、網目の部分に


蝋を塗ってあとは網以外のところを塗るようにすればいいと思われます。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございました。すこし手間が掛かりそうですが(笑)、試してみます。

お礼日時:2001/05/24 12:24

メロンはなかなか難しそうですね。



水彩に限らず、絵の基本としては、細部にとらわれずに大きくものを見ていくことが大切だといわれています。

メロンみたいにディティールに特徴があるものだと、つい網の目に目がいって、これをどうにかしなくてはと、近視眼的になり、網を描くことに夢中になり、完成してみると、全体としては「へんなの・・」ってことになりがちです。

というわけで、まずあえて網は無視して、緑の玉を描きましょう。まん丸ではないですよね。少なくともへたの近くはへこんでいるし、お尻もちょっと平っぽくて・・。鉛筆でデッサンするにしろ、いきなり絵の具で描くにしろ、この玉の段階で薄目を開けてぼんやり見える(網の目はみえない・・)メロンに肉迫しましょう。網がなくてもメロンに見えるように。(へたくらいつけるのは、大目に見ましょう)。

それから、少し本体より濃い(暗い)緑をごくごく薄く水で薄めて、網を描きます。このときも網の目一つ一つに注目するよりは、できるだけ全体の流れのようなものを考えてやります。

網は、玉の明るいところでは薄く、中間調のところではほどほど、影の方では影にとけ込み、机からの反射でわずかに明るいお尻のところでは、暗い中にぼんやりと見えると思います。くれぐれも全体にべたっと一定の網にならないように。

仕上げに網の筋の立体感をつけます。
これは、画風により全体に克明につけてもいいですが(たいへん!!)、中間調のあたりの部分に所々細い筆で影をつければ、じゅうぶん雰囲気が出ると思います。
また、筋の一番明るいところは、寝かせたカッターナイフで注意深く紙を削って白くします。(カミソリを使うのは水彩では伝統的な手法です)。
筋の明るいところだけでなく、玉全体の明るいところの筋ももし強く描きすぎていると感じたら、少し削って、ハイライト部分の模様は飛んでしまって見えないような表現にするといいかもしれません。

とまぁ、セオリーに従って説明しましたが、ぼくもハナマルの作品を描く自信はないですねぇ。(イラストでメシを食ってるけど)。

いい絵ができるといいですね!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

長いアドバイスどうもありがとうございました。
カミソリを使うんですか!!そんな方法もあったのですね!!本当にビックリしました。でも何か私には、すこし難しそうな気がするのですが・・・。
でも一度挑戦してみますね!!

お礼日時:2001/05/24 12:19

ふつう水彩の静物画というと、鉛筆であたりを取ってから淡彩を乗せていくんだと思いますが。


網の部分の色は淡黄色、地の色はそれよりやや濃い緑だと思うので、まず網の線に沿って、少々はみ出すのを気にせずにざっざっと網色を塗り、その後で地の緑を少し丁寧に乗せていけば感じが出るんではないでしょうか?
淡色→濃色の順で仕上げていけば、少々のはみ出しは気にならなくなると思います。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ありがとうございます。私は鉛筆で、網目も書いてしまったのです。アドバイスを参考にもう一度描いてみます。

お礼日時:2001/05/24 12:07

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qメロンの網目模様について、愚問かもしれませんがどなたか教えて下さい。

メロンの網目模様について、愚問かもしれませんがどなたか教えて下さい。

私が小学生の時、ある人が(結構エライ人です)メロンの表面のあの独特の網目模様は
「栽培している農家の人が、表面にあのような傷をつけていくことによって
あの網目模様ができる」と言いました。

それまでは、あの模様は元々最初からできるのだと思っていたので驚きましたし
また「あんな複雑な模様をいちいち1個1個つけていくなんて
農家の人はそんなに暇じゃないはずなのになあ…」などと思ったものでしたが、

その人が何せ「エライ」人だったので、小学生の私はそれ以来、その話を
ずっと信じておりました。

しかし、どう考えてもそんな気の遠くなるような作業を農家の人がやっているとは
思えませんし、現に夢の島のようなゴミ捨て場で、生ゴミのメロンの種から
メロンが発芽してたくましく育って実をつけた映像がニューズなどで流れますが
元々、ちゃんと網目があります。

表面に傷をつけると網目模様になるというのは
真っ赤なウソだったのでしょうか。

それとも、メロンの種類によってはそういう(傷をつけると網目になる)メロンも
あるのでしょうか。

詳しい方、どうぞ教えてください。

メロンの網目模様について、愚問かもしれませんがどなたか教えて下さい。

私が小学生の時、ある人が(結構エライ人です)メロンの表面のあの独特の網目模様は
「栽培している農家の人が、表面にあのような傷をつけていくことによって
あの網目模様ができる」と言いました。

それまでは、あの模様は元々最初からできるのだと思っていたので驚きましたし
また「あんな複雑な模様をいちいち1個1個つけていくなんて
農家の人はそんなに暇じゃないはずなのになあ…」などと思ったものでしたが、

その人が何せ「エラ...続きを読む

Aベストアンサー

中身の成長に外皮の成長が追いつかず、外皮にひびが入ります。
果汁が染み出して修復したのがあの模様。人で言うかさぶたみたいなものです。

だから自然にできるものだけど、意図的に傷を付けると、その傷の模様ができます。
メロン農家が、遊びで模様付けたりもしてますね。

Qなぜ税金制度が必要なの?

昔から疑問に思っていたことがあります。
なぜこの世の中に税金という制度が必要なのかということです。
タバコ税や酒税などはわかるのですが、所得税や相続税はなぜ取られるのでしょう?
もちろん国などを運営する必要経費はあるかとは思いますが、それであれば日本銀行なり造幣局なりでお金を作ればいいのでは?
国民から所得税とかをとるのであれば、ぜひその税収分を日本銀行などから取っていただきたいと考えるのは私だけでしょうか。
ぜひ税金が必要な意味を教えてください。

Aベストアンサー

税金がないなら……と考えてみましょう。

外務省などで私腹を肥やす官僚は一人もいなくなります。天下りもなくなります。
しかし、警察も消防もなくなります。
ということは、警察官も消防車も救急車もなくなるわけですね。
殺人、放火、強盗が日常茶飯事になるわけです。
病人は救われずに死んでいきます。
裁判所もなくなるわけですから、紛争の救済は、決闘でのみ可能になります。
そのとき、生きている日本国民がどれだけいるか……。

最近は、福祉についても税金が必要です。
生活保護、公的年金、健康保険、労災保険、等々、社会福祉に関する税金は税の使い道のかなりの部分を占めます。

所得税、相続税については、「所得再分配」という観点から必要になります。
中には、竹中平蔵のように「国民一律の人頭税にすべき」という意見もありますが、それでは富める者はますます富み、貧しい者はますます貧しくなることは間違いありません。
払える人は払える分を払い、「公共のもの」をみんなで利用していこうとする、それが所得税のあり方です。相続税も、努力しない者には払うことができません。払えなければ物納、つまり土地で納めてもらいますから、一戸建てが持てない人も一戸建てが入手しやすくなるのです。
この点について、経済学者の野口悠紀雄が「相続税率100%」を提唱していました。意義について、賛成です。

ちなみに、日本銀行は「日本銀行法」に基づく法人ですので、税金がなければそれ
をコントロールする立法府・行政府もなくなり、存在意義を失います。
また、お金は日銀が作るものなどではありません。現在出回っているお金は造幣局や印刷局などで作られたものではなく、銀行の信用創造によって作られているものが多くを占めます。信用創造については、中学校の公民でやっているはずなので、省略します。
この手の思い込みが国民の間に多いことも、また事実のようです。

税金を払うぐらいなら日本銀行で、というのは、あまりにナンセンスですね。日本銀行の職員の給与はどうしますか?(まあ、一応はジャスダックに日銀株が登録されているんですが)。
公務員の給与も日銀で払え、ということですか?
そうすると、トラック1台に紙幣を積んでも1日の給料が足りなくなりますよ!
(頭の訓練として、無税国家を描いてみるとよいかも)

分からなければ、
佐藤雅彦・竹中平蔵『経済ってそういうことだったのか会議』(日本経済新聞社)
の第1章の冒頭に、佐藤少年の面白い貨幣の話がありますから、読んでみると面白いでしょう。

なお、宮島洋『税のしくみ』(岩波ジュニア新書)は、中高生向けの書物ながら、大学生以上にもわかりやすく税を紹介してくれています。ご一読下さい。

税金がないなら……と考えてみましょう。

外務省などで私腹を肥やす官僚は一人もいなくなります。天下りもなくなります。
しかし、警察も消防もなくなります。
ということは、警察官も消防車も救急車もなくなるわけですね。
殺人、放火、強盗が日常茶飯事になるわけです。
病人は救われずに死んでいきます。
裁判所もなくなるわけですから、紛争の救済は、決闘でのみ可能になります。
そのとき、生きている日本国民がどれだけいるか……。

最近は、福祉についても税金が必要です。
生活保護、公的年金、...続きを読む

Q濃いピンク色の作り方

水彩用の絵の具を使っています。
基本色12色ほどを混ぜて使っているのですが、濃いピンク色が思ったように鮮やかにでません。
赤と白に青を少し混ぜて見た感じが一番近いようなのですが…つつじや牡丹に良くあるような色です。
金とか蛍光色とかを除き、身近にある色の中で12色の基本色から作れない色ってあるんでしょうか?
濃いピンクを作るこつを教えてください。

Aベストアンサー

 たしかに水彩で一番不満を覚えるのがピンクですねえ。そのほかクッキリとしながら澄んだ水色(全日空の機体の色など)や黄色、浅黄や萌黄なども。

 わたしもよく花を描きますが、たとえばカサブランカや桜などの淡く薄いピンクぐらいなら赤い絵の具を薄めたり白を混ぜたりでなんとかなるものの、ツツジやボタンなどの濃密で鮮やかなピンクは、12色の水彩はおろか24色のものでも、どうしても出せません。

 そこで、わたしの場合は花弁の部分だけ「顔彩」を使うことがあります。顔彩は日本画用の絵の具ですが、色の鮮やかさという面ではいろいろある画材の中でも最高のものと思います。ピンク、黄色、水色、萌黄や浅黄などはもう顔彩のものです。単品でも売っていますので一度お試し下さい。なお、顔彩の特性として乾くとやや薄くなりますので、それを見込んでやや濃い目に。

 顔彩と普通の水彩絵の具を併用しても、その差は目立ちませんが、花をお描きなら、いっそすべて顔彩でお描きになると、花だけでなく葉や枝などほかの部分もとてもきれいに上がりますよ。

 もうひとつの技法としては、水彩で出来る範囲のピンクを使っておいて、回りの彩度(鮮やかさ)をやや落としてやると、ピンクの部分の鮮やかさが引き立つものです。この技法はよく油彩でも使われます。

 たしかに水彩で一番不満を覚えるのがピンクですねえ。そのほかクッキリとしながら澄んだ水色(全日空の機体の色など)や黄色、浅黄や萌黄なども。

 わたしもよく花を描きますが、たとえばカサブランカや桜などの淡く薄いピンクぐらいなら赤い絵の具を薄めたり白を混ぜたりでなんとかなるものの、ツツジやボタンなどの濃密で鮮やかなピンクは、12色の水彩はおろか24色のものでも、どうしても出せません。

 そこで、わたしの場合は花弁の部分だけ「顔彩」を使うことがあります。顔彩は日本画用の絵の...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報