人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

見てくださってありがとうございます。
最初にお断りしておきます。
知人に特定されるのが嫌なので所々ふわっとした表現がありますが、ご容赦ください。


さっそく質問なのですが、ESでよくある「今までの人生の中で最も困難な状況/人生で最大の乗り越えた壁」という項目について悩んでいます。
今まではサークルだのバイトだのと適当なこと(※実際のことですが)を言っていましたが、
つい最近あった面接で最も大変だったことを聞かれ、
サークルで後輩の人数が例年より遥かに多く教えるのが大変だったこと(担当制のサークルなので)を言うと、
面接官の方に「サークルって大変かなあ?」と苦笑いされてしまいました。
たしかに…まあまあ苦労はしましたけど、「最も大変」なことではありません。
バイトだってそんなに大変と思ったことはないです。


私の人生で最も大変だったことを正直に申し上げるならば…中学・高校(一貫校)で浮いていたことです。
いじめられてはいませんでしたし、休み時間に話す程度の友達も数人いましたが、本音を話せるような友達はいませんでした。
私は中学・高校の頃容姿が悪く、自分のことが大嫌いだったので性格も歪み、根暗で本当に「ブス」でした。おまけに進学校だったので勉強もできず、運動神経も最悪でした。
浮いていた内容というのが、たとえば私が体育のチーム競技でミスをすれば、同じチームの女子があからさまに苛立って舌打ちするか、それ以外は嘲笑してヒソヒソクスクスする、といった具合です。(とはいえクラス全員ではありません)
他には文化祭の強制登校日は当然のようにぼっちだったので一人でぶらぶらしていたらわざと数名の女子が尾いてきてクスクスしたり…とかです。数メートル離れながら私が曲がる方向についてくるついてくる…わざと同じ廊下を何往復もしてたら律儀についてきたのはちょっと笑えましたが。
まあこんな程度です。


こんなカワイイものでも毎日だと気が滅入って本当に死にたいと思うときも多かったです。
とくに中1なんか生徒より担任が最悪で大嫌いだったので(落ち零れに冷たい担任だった)、毎日思い詰めてました。
それでも中高で体調が悪かったとき以外は休みませんでした。
親に「いじめられてるの?」と聞かれるのが何より辛かったからだと思います。
聞かれるたび、「そんなことないよ」と答えて何が何でも休むもんか、と毎日行きました。
心配させたくなかったのは勿論ですが、一番はプライドだったんだと思います。
母は「私は学校が一番楽しかった。学校がつまらないなんて信じられない」
とよく言っていて、そのたび珍種を見るような目で見られましたから。
(とはいえ、親は今でも「私がいじめられていた」と思いこんでいるのですがね[苦笑])


ただ、高2で誰も友達がいないクラスになってしまったため、
「このままじゃ親にクラスで浮いてるってばれる、ヤバい!」と焦りました。
しかも高2は修学旅行という最大の難関がありましたから…。
そこから自分を変える努力をしました。
なるべく笑顔を意識して、話しかけやすい雰囲気をつくるように努力しました。
人見知りでしたが、あまり親しくない人に対しても冗談を言ったりしました。
この頃から「話してみると印象ちがうね!」と言われることが増えました。
おかげで、友達こそできなかったものの、グループをつくるとき人数が足りない場合には真っ先に呼んでもらえる程度の位置は確保できました。
これが高2、高3です。


そして大学は誰にも志望校を言わず、絶対に私の高校からは誰も行かない(そもそも知られてない)大学に行きました。
そして、やっぱりというか、大学でも浮きました。クラスでもサークルでも。
お化粧も分からないから下手くそで相変わらずブスのまんまでしたし、知らない土地ゆえに人見知りを存分に発揮していたことが大きいと思います。
県外で一人暮らしだったので、もう本当に鬱になっていて自殺方法を毎日考えていました。
大学2年生までそんな調子でした。


サークルも辞めようか迷いましたが、優柔不断なせいでずるずると続け、やめられないところまで来たとき…
もう腹を腹を括るしかない!とやっと自分から歩み寄る努力をしました。
最初は散々「嫌い」を態度に出され、お酒が入れば面と向かって「嫌い」と罵られることもありましたが、腐らず相手を好きになる努力をし、
私自身も「人に嫌われる」要素が少なからずあるはずだと思ったので何冊も自己啓発本を読み漁り、
徹底的に自分を矯正しました。
お化粧も年を追うごとに上手くなり、今ではたまに「美人」とさえ言ってもらえるまでになりました。
親にも昔は「目が小さい」だのとよく言われたものですが、今では「美人なんだから」とか「昔の知り合いには整形した?って言われるでしょう」等と褒めてくれます。
性格に関しては、今は「優しい」とか「性格いい」と言ってもらえることが多いです。
今でも意識しても自信だけはなかなか持てないですが(改善中です!)、ネガティブだった考え方を、なるべくポジティブにと心掛けています。
その成果でしょうか、サークルの他の部員も大人になったことはあると思いますが、今では普通に仲がいいですし、人に嫌われることはあまりなくなりました。


…と長くなりましたが、以上が私の中で乗り越えた最大の壁の本当のところです。
しかし、就活でこんな暗い話(?)を言うのは不適切だとも思います。
別に同情されたいわけじゃないですし、「そ~お、暗い青春を送ってきたのね~」なんて同情されたところで、それで就職させてもらえるわけではありませんし。
むしろマイナスにしかならない気がします。
「根は人付き合いが下手ということは、うちの会社でも浮くかも!」というふうに。


浮いてた話は誰にもしてません。正直したくもありません。
プライドが高いんでしょうか。「恥ずかしい」って思ってしまうんです。
その分、容姿も性格もブスだったのを変えた努力に関しては自分を誇らしく思っていますが…。
「就職活動」という枠で見たとき、この経験をどうとらえられますか?
否定的な意見でも一向にかまいません。率直な意見をお聞きしたいです。


補足ですが、親に電話で話をした際、「今まで死ぬほど頑張ってやり抜いたことって、ないでしょう。だから努力したって誇れることがないんじゃないの?」と言われました。
ショックでした。ある程度当たっています。
受験だってそれほど頑張ってません。夏にC判定だったところに合格した程度です。世間的には偏差値だってそれほど高くありません(60に届かない程度です)。
資格だって取りたい!と思って夏休みに毎日のように講座に通って取った資格がありますが、合格率は割と高いものですし(50%強)、趣味程度にしか役立たないものです(取ってよかったとは思ってますが)。
私の中で、死ぬほど努力したつもりの上記の事柄も、客観的に見れば大したことないのかな…と落ち込んでしまいました。
「普通の人(=世間の大半の人)」ならここまでしなくても当り前にできていることですしね。
すみません、愚痴のようになってしまいましたがよろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

あなたは自分に真っ直ぐでスレテイナイ所に好感をもてます。


56♂です

不幸な中高時代の一部はドブンと重なる所がありますし、
私はもっと逃げていたかもしれません。
そもそも、中学では春休みから電話帳(旺文社の全国高校入試問題集)を
1冊、朝から晩までやり通して1月にはする事がなくなっていたくらいで、
県一の進学校に進学したまでは薔薇色でしたが、背伸びした感の否め
なかった入試後の結果は悲惨な物となりました。
どこかで入試順位が420/450とはり、そのままでは留年だ、との
危機感が強くなり、友達関係の一切を絶って勉強に励みました。
あなたと同じで皆勤賞でしたが、仰るように学園祭などは最初の朝礼だけ
出て、一旦帰り、3時半頃の終礼に間に合うように帰ってくるような生活を
していました。
 何よりも悲惨だったのは、入試順位で自分の価値観が大きく崩れ、
周りの全ての人が優秀に見え、悪い事に全女性もその様に見えたことです。
同じ中学からいった女子ですらその対処に入りましたから、
「私みたいな頭の悪い奴に声を掛けてくれるヤツなんかいない」と
完全な殻に閉じこもりました。女性恐怖症ですね
従って、高校時代は私には何も無いブラックな時代になっています。
いまでも、同窓会にはこわくていけません。

女性恐怖症は大学(一応、公立なので勉強は盛り返したことになります)
まで続き、高校と同じスタンスをとり続けていました。
3年になってやっと、変人が現れ?、話が通じる友人ができました。
その人は大抵変わっていて、東大を出て、公立に入ってくるなんて
余程の時間潰しか、とおもったりしましたが、既に彼女がおり、
時々実家に帰るのに。私も方向が一緒だったので良く送って貰いました。
可愛い彼女でしたね。この時、ちょっとだけ女性に対する感覚が
少しだけ戻りました。

すでに友達関係はほぼ断ち切っているので、年賀状も数通になっていますし
自ら閉ざしていることも有り、自ら意識的に発想することはありません。
いましなっては、残念に事をしたと思います

会社に入って、やっと女性の同僚が出来たので否応なくせっいする機会に
恵まれ、徐々に免疫も出来てきて、しゃべれるようになりました。
1年後位には普通のカップルのようにABBAのコンサート(古!)にまで
一緒に行って貰えるようになりました。
本格的に女性を意識したのは、仕方なく、という消極的な物でした。
ある部署に機械を借りに行かないといかなかったのですが、ムスっとして
行く訳にはいかず、「おはよう」に始まりねそれだけでは能が無いな。
と考えるようになり「どちらから来られてます?」とか込み入った話で
まだまだ、踏み込んだ話も出来かねた感じです

しかし、3~4ヶ月もすると、情が移るというか、相手の事を知ろうというか
=こういうなのを恋の始まり、と言うのであれば多分そうです、
帰りのパスの後で待ち合わせ場所を決めてデートしたりしていました。
決定的だったのは、状況を察した彼女の上司が彼女が風邪で休んだ事を
理由に見舞いに行こうと言いだし、部外者だった私は断ったのですが
「機械を毎日のように借りているから、お見舞いくらい言ったら?」の
声に押され、彼女のアパートへ。何もかも晴天の霹靂でした。
すでに、ほぼ女性の免疫のない私はパニック状態。
が、上司が企んだ事と思います(後押ししないと動けないヤツでしたので)
今は彼女は私の奥さんです


私の話が長くなって、本題に戻りましょう

人生で最も困難な状況
(1)身内が亡くなった/親友が亡くなった(一般論)
(2)過去に(両手両指をだして、ヒーフーミーと数えて)両手で足りない位
 落ち続けていること(10社位は少ない位かも)
 でも、結構、精神的にぐさっと来るんですよ、と自虐的に言う
(3)中高からの不幸な時代を乗り越えて、大学になってから、綺麗になったと
 言われ自信を取り戻したこと(人を伸ばすのはけなすことではなく、
 褒める事と思いますから) → そういう意味では親の意見は外れている
 ブスだったのは主観なので本当は別に何の問題も無かったんでしょうけど
 私も陥った落とし穴に入ってしまって周りが見えなくなり、思い込みも重なって
 そのようになったとおもいますから、そこからの脱却はオブラートに包みながら
 「他人から見たらバカみたいなんですけど」と自虐的に、でも「今はちゃんと
 立ち直った」という落ちをつけて(最後良ければそれで良い、感じ)
 今は自信を持って何事にも取り組める自信が付きました、というのは
 アリかもしれません。
(4)資格を取ったのは自信に繋がりますから、「困難」という程ではないですが
 と前置きして、今後の人生に役立つと思ってチャレンジしました、
 といえば好感度はアップするとおもいます。
 ちなみに取っておいた方が良い国家資格、民間資格を上げておきますね

国家資格
http://www.shikakude.com/paje/kokkashikaku.html
民間資格
http://www.shikakude.com/paje/minkanshikaku.html

私も何度目かの就活中なのですが、助けてくれるのは経験と資格だけです。
うち一つは資格をもっているので書類審査無しで面接にこぎ着けました。
まだ56でもなんとかなるとおもっています
    • good
    • 1
この回答へのお礼

エピソードを拝見して、素晴らしいと思いました。
ikuchan250さんは逃げたと仰っていますが、私よりよっぽど努力されているかもしれません。

(1)幸いなことに、私はまだ近しい人の死に直面したことがありません。身内が少ないこともあるのでしょうが。
 なのでこのエピソードは私には使えないですね…。
(2)なるほど…。あと何十社も受けてみてだめだったときに使うとおもしろいかもしれないです。
(3)4つの中では、これが最も私に適しているかもしれません。
 あくまでさらっと重くならないように語り方を考えてみます!
(4)実用的なものではないのであれですが、比較的関係のある業界で使ってみます。
資格まで調べて載せていただいてありがとうございます。
親身になっていただいて嬉しかったです。

回答ありがとうございました。

お礼日時:2013/04/01 16:50

たぶん、ですが、その面接の質問は釣りです。


ハタチやそこらの娘っこに人生最大の困難なんてあるはずがない、どんな生意気言うか聞いてみよう、という意地悪な動機を見てしまいます。確かに、サークルなんてのはただの遊びでしかないので、苦笑いされるのももっともですが。
ま、ワシに言わせればその面接官だって大した苦労はしてないと思いますけどね、ガハハ。
小説じゃないんだから、そんなに困難な状況に陥ればみんなつぶれます。
最大の困難となれば死ぬかどうか瀬戸際ぐらいの事でしょう。
例の津波にのまれたけど、からくも助かったとか(それだって偶然でしょうから困難と言えるかどうか?)
冬のマッキンリーで遭難したけど脱出できたとか(冒険家の植村直己さんは未だに発見されていません)
太平洋戦争で特攻したけど、投げ出されて助かったとか(そんな記録は無いと思う)
そのぐらいの事を言います。
そうでないなら何も言わない。それが奥ゆかしい。謙虚。
いじめも入ると思いますが、そう、やはり赤の他人になんか言う事ではありません。
買ってでもすべき苦労はある程度のところまでで、本当に苦労したら死んじゃいますから、買わない方がいいです。
甘いのです。その面接官も。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

そうですねえ。
どこでも聞かれることなのですが、「人生で最大の」という修飾語のせいでエピソードを語るのを躊躇してしまいます。
困難に出会ったときの乗り越え方を聞きたいのだと分かってはいますが、それこそ生死に関わる困難なんて私のような若輩者、なかなか経験しているとは思えないのですが。
定番の質問だけに毎回困ってしまいます。
面接官の方も定番だから聞いとけ、程度のお気持ちなのでしょうかね。

回答、ありがとうございました。

お礼日時:2013/04/01 16:39

失礼します。



凄い真面目な方なんですねきっと。

えーと、
確かに面接で、イジメや人間関係の悪さや外見の問題はマイナスにしかならないので、言わない方が良いでしょう。

もし言うのなら、昔の自分には自信がもてなく苦労することがあったが、どのように行動をとり努力をし改善につとめ、結果、このような良い方向に持って行け自信がついた。というくらいでしょうか。


ネットで相談しても解決しない相談だと思うので、キャリアアップハローワークに行き、専門の知識をもつ専門家の方と、相談し、答えを見つけたほうが良い結果がでると思いますよ。


>親に電話で話をした際、「今まで死ぬほど頑張ってやり抜いたことって、ないでしょう。だから努力したって誇れることがないんじゃないの?」と言われました。

元々、他人の気持ちを考えることができない人間、か、貴方が電話で常にマイナス要素しか言わない為、呆れて言ってしまったなど、そんな事ぐらいだと思うので気にしない方が良いと。一生懸命生きたことがない人間なんてそこらじゅうにいますよ。

あと、私から貴方に言いたいことは、
「昔の知り合いには整形した?って言われるでしょう」褒め言葉とは違うと…
自分の過去であったとしてもブスブス言うのはよろしくないですよ。昔の貴方も今の貴方も同じなんですから。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

真面目、結構いわれますねえ。
おそらくどちらかといえば真面目なほうなのでしょう。

やはり人間関係で苦労していると言うのはマイナスイメージに繋がりますよね。
ご忠告通り、そこには触れないであくまで自分だけの事柄を語るのみにとどめておきます。
専門の方に相談することも視野に入れます。

両方でしょうねえ。
身近な人間が努力家が多いので、母からしたらそちらが「当り前」になってしまっているんだと思います。
これは母を責めるべきことではありませんが。

うーん
文章だと伝わりにくいですが、母なりの褒め言葉ではあったようです。
「変わったわね」という意味らしく。
言い方も嫌味な感じではなかったので…。
意訳して書けばよかったですね、すみません。

そしてせっかくのアドバイスなのですが、
私はブスを美醜よりもむしろ、語源通りの「毒子」、つまり「ブスっとした表情」というふうに捉えています。
ですからええと…
要は「気の持ち方や表情」が「ブス」だったと言いたいのです。
「ブス」だった過去があるから他人の痛みも分かる人間になれたと自負しておりますので、決してマイナスな意味だけで使っているわけではありませんということを申し上げておきます。
可愛げのない言い方で申し訳ありません。
言葉自体は嬉しかったです。

回答有難うございました。

お礼日時:2013/04/01 17:03

ええと...初めまして。


現時点で無い内定、面接にも一回しか行ったことがないという駄目就活生です。
自分も今までの人生でこれと言って頑張ったと自慢できるようなネタは無く、ES作りに日々絶望感を抱いていますが、そんな自分を棚上げして、他人の悩みだからこそ客観的にコメントできると思い投稿しました。気に障る所もあるかと思いますが、どうぞスルーしてください。

まず初めに、あなたの経験、特に大学以降のお話は端的に言って尊敬に値するものだと思います。嫌々ながらかもしれませんが、辛い(?)サークルを二年間継続し、さらには(就活風に言えば)今の自分のグループにおける立ち位置に満足することなく、コミュニケーションを一層円滑に運ぶために自己研鑽に励んだ...ということですよね。
しかも、人の第一印象はなかなか変わらないのに、その中で自分に対するイメージを実際に改善することに成功したのだから、もっと誇りに思っていいと思います。
自分は、人間関係のめんどくささに心が折れて所属していたサークルを一年でバックれてしまい、以後これといって親しい友達のいない学生生活を送ってきました。いわゆる非リアです。そんな私から見れば、あなたの、自分自身と闘った経験はとても素晴らしいもので、就活のネタとして十分機能するのではないでしょうか。

ただ、こういうネガティブな文脈の中に置かれていると、あなたがおっしゃる通り凄く暗い体験にしか見えないので、そこは何というかレトリックの問題だと思います。同情を誘うような言い方をしなければいいのです。
例えば、「腹を括って」とありますが、そこの動機をもっと掘り下げるてみたらいかがでしょう。どうしてそう決意したのか。人間関係を改善して何がしたかったのか。自殺を考えるほどに思い詰めていたどん底から、いかにしてはい上がってこれたのか。そこを(若干妄想気味に)肉付けすれば、もっと印象的なエピソードに出来るのではないでしょうか。

一方で、それ以前のエピソードは何も言わないほうが良いと思います。あえてキツイ言い方をしますが、「いじめられて辛かったけれど学校には休まず行きました」って努力でしょうか?よく言われることですが、我慢と努力は全く違います。ESにおいては「辛い状況をどうやって乗り越えたか」の部分こそが重要です。
ただ辛い状況を話されたところで、具体的な改善への取り組みが欠如していれば、それこそ同情を誘うだけでしょう。

人間って周囲の環境に合わせて自分の役割をどうにでも変えてしまえるのだから、「中学・高校の自分」と「大学の自分」を無理に一直線に繋げなくていいんじゃないですか。...たしかに、就活においては「自我の一貫性」を求められるのですけど。

最後に、「世間の大半の人間=普通の人」には、死ぬほど頑張った経験なんてないと思います。ちょっとニヒルになって、自分の周囲を冷静に眺めてみてください。
以上です。大口を叩いてほんとにすみませんでした。何様だよって感じですよね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

同じ立場の方からの回答、励みになります。
回答を拝読して頭のいい方という印象を受けました。

paavooさんの行動が普通だと思います。
サークルなんていやいや続けるものじゃないと散々言われることですから。
メリットを感じない時点で見切りをつけるのは当然です。
私の場合、優柔不断が招いた結果といえ、そう言ってもらえると少し自信が持てます。
アドバイス通り、もっと掘り下げてみることにします。
言い方も重要になりそうですね。明るく、さらっと。
研究してみます。

就職活動お互い頑張りましょうね。

回答ありがとうございました。

お礼日時:2013/04/01 17:12

この設問で問われているのは、試練を乗り越える過程で、あなたがどのような能力を獲得したかということです。


試練そのものを聞きたいわけではありません。

読む限りでは、

・ストレス耐性
・課題認識能力
・人間関係構築能力

などを培ったようですね。
ですから、そうした能力を獲得しました、という結論を導くように試練の内容を構成すればよいのです。

いじめを克服した、というのは凄い話だと思いますよ。
社会的にもいま一番ホットな話題なので、聞く方も是非聞いてみたいと思うでしょう。

ここであなたの側の要因をくどくど述べる必要はありません。
相手にネガティブな印象を与えても意味ありません。

いじめの具体例、なぜ克服しようと思ったか、どうやって克服したか、それによってどのような成果を得たかを述べればいいのです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

的確なアドバイスをありがとうございます。
得たものを強調してエピソードとすることにします。

回答ありがとうございました。

お礼日時:2013/04/01 17:14

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q○○ゼミ記入→担当教授の名前を記入?

エントリーシートなどでよくゼミ名記入の欄があるのですが、私は今までそのゼミの内容、専攻(例えば『近世文学ゼミ』)の名前を書いていましたが(その方が他の人にも分かりやすいと思って…)、どうやら説明会などで周りを見ていると皆、そのゼミの担当教授の名前(例えば『山田太郎ゼミ』など)を書いているようです。

やはり、この欄には担当教授の名前を書くべきなのでしょうか?
今まで専攻のゼミ名を書いてエントリーシートを提出していたので、心配になって来てしまいました。。

どなたか教えて下さい!よろしくお願いします!!

Aベストアンサー

結論から言えばどちらでも良いと思います。

担当教授が、その研究分野で知名度が高い場合は
教授名を書いておくと良いような気がします。
また、履歴書の中の自己アピールのような欄に、
これまでの研究について書いていく場合は、
同じく担当教授名を書いておけばよいと思います。

そうでない場合は、あなたがなさってきたように
ゼミの内容を書かれているほうが、面接をする側にとって親切だし、これまで勉強してきた内容をアピールしやすいので良いと思います。

納得のいく就活をしてくださいね☆

Q専攻とは

よく大学での専攻は?などと言いますよね。
この専攻って何の事なのでしょうか?

学科の事ですか、ゼミの事ですか、それとも特別の研究室のような所での研究の事ですか。

もし、学科の事だとしたら、細かく学科に分かれておらず、学部だけしかない規模の小さな大学の場合はどうなるのでしょうか。

また、研究室の事だとしたら、研究室に入っていない学生は専攻なしということになるのでしょうか。

Aベストアンサー

普通、「専攻」と言ったら、卒論で自分が扱う分野、卒論がないのなら、それに代わりゼミ研究などで自分が扱っている分野のことです。

たとえば「私は文学部の日本文学科で、紫式部を専攻しています」のように使います。そこまで細かく説明することを要求されているわけではないなら、「文学部で日本文学を専攻してます」って言い方もアリです。

また大学によっては、「○○科」の変わりに「○○専攻コース」などを設けている場合もあります。この場合、○○の部分を自分の専攻であると言ってしまっても差し支えありません。

まあ、そんなに厳密な言葉でもないので、神経質になることはないですよ。自分が主に勉強している(したいと思っている)分野、という程度の意味です。

Q「自己PR 」と「学生時代がんばったこと」

はじめまして。私はいま大学4回生で就職活動をしています。今月の5日に初めて面接を受けるのですが、「自己PR」と「学生時代がんばったこと」はやはり違う事を言った方がよいのでしょうか。私は大学に入ってから、サークル、部活などは全くしておらず、アルバイトばかりしていました。なので、「学生時代がんばったこと」はアルバイトのことを言うつもりですが、「自己PR」もアルバイトで身に付けたコミュニケーション能力みたいなのをアピールしたいなと思っていました。でも良く考えてみれば同じ事を言うのってよくないですよね…。やはり自己PRは別の事をアピールするべきでしょうか。

Aベストアンサー

私は人事のマネージャーを長くしてきまして、リクルーティングの面接もたくさんしてきました。
NO.1さんとまったく同意見です。
特に企業にとっては、人とのコミュニケーションをどうとれるかが気になるところですので、それを仕事(バイト)を通して、どう身に着けたかを具体的に言うことは大事だと思います。
ただ、学生さんがおっしゃることは、同じような内容が多いので、なるべく具体的なエピソードなどを交えてお話されたほうがいいと思います。
ただし、嘘はいけませんよ!すぐにばれます。
こちらも場数を踏んでいるので、学生さんの嘘はすぐにわかります。

Q専攻テーマって…?

就活中の大学3年生です。興味を持っている企業のHPのエントリー欄に、所属ゼミと専攻テーマを記載する欄があります。この専攻テーマとは卒論のテーマと捉えてよいのでしょうか?また、私はゼミには所属していますが卒論のテーマはまだ決まっていません。その際「未定」と記入しても良いものなのでしょうか?もし他にもふさわしい記入の仕方などがありましたら教えてください。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

「未定」と書くのはちょっと印象が悪そうです。
既にゼミに入っているわけですから、
何もかも未定というわけではなくて、自分の専攻について少しはイメージを持っていらっしゃいますよね?
分かっているところまでで良いので、何か書いておいたほうが良いと思います。

たとえば、質問者様が日本文学部に所属していて、平安時代のゼミに属してるもののどの作品をテーマに卒論を書くか決めていない、という状態だとしたら、
「専攻:平安時代の日本文学について」
くらいまでは書けますよね?
頑張ってください。

Q「今まででピンチだったときは?」「失敗したことは?」

新卒採用というのは学生時代の経験と仕事で必要な能力を無理やり結びつける、また学生時代が充実してたからといって社会人生活も充実するだろう、その逆もしかりだろうという、なんとも下らないものだなあと感じているものです。

私は学生時代頑張ったことがアルバイトと資格の勉強だけしかないので、面接でのネタ切れに本当に困っています。
今日も「またアルバイトになってしまいますが・・・」という形になってしまいました。

「今まででピンチだったときは?」「失敗していかに乗り越えた?」という質問がありますよね。

この質問が来た瞬間に面接が終了してしまいます。アルバイトでピンチだったこと、失敗したことならともかく、他に何かないのかよという感じになるのでアルバイトは使えません。

となるともうないです、ピンチなのはピンチになったことがないこと、失敗したことは失敗しなかったことです。

ちなみに今日苦し紛れに答えたのは以下です。
「大学受験です。浪人もしましたが、机に向かっているだけではなかなか成績が上がらず苦労しました。そこで予備校の20分間個別指導の制度を積極的に活用し、私の書いた論述問題の解答を添削してもらい、だめなところを指摘してもらいました。第三者の目を取り入れたことにより、少しづつ成績が上がりました。」

こんな感じです。

他にも面接ではネタにならない、あるいは言ったら致命傷という失敗ならいくらでもあるので書きます。

1、中学高校の6年間は本当に気の合う人としかしゃべらず、苦手な人は避けた→大学時代のバイトでは苦手な人にも関わった。

2、地名度だけで大学を選んだ→会社は本当に行きたいところを探そうと思った。

3、部活にもサークルにも入らなかった、大学入学時、なかなか入ろうという決意ができず、できた頃には今更入会とか遅すぎと追い返されたのと入会費が高くて払えなかった。

4、就職に有利にと資格を取ったが全くアピールにならないものだった、かなり時間をかけた。(簿記とTOEICは話ようによってはなるかなとも思います。)

5、3年間で200万はバイトで稼いだはずがなぜか知らないが貯金があと3万、金の使い方が下手で自分でも何に197万かけたのかさっぱり分からない。

自分も一次面接に2回くらい通ったんですけど、本当にこんな感じで2次や最終を乗り切れるのかと心配です。
なんというか、普通の人の心配と違うと思います。
うまくしゃべれるか、ではなくしゃべることがありません。
どうしたらいいか全く分かりません。

今対抗策でやってるのはとにかく熱意を示すしかないと思い、日経テレコン21という、日経新聞系の新聞記事を企業ごとに検索できる有料サイトで志望企業に関する記事と同業他社のそれを徹底比較すること、また企業の有価証券報告書も用います。

あとはアルバイト経験と仕事で必要な能力をなんとかして結びつけること。

さらにアルバイトのことは何を聞かれても答えれられるようにすることです。

とにかくタイトルの質問に困ってます、アドバイスお待ちしています。

新卒採用というのは学生時代の経験と仕事で必要な能力を無理やり結びつける、また学生時代が充実してたからといって社会人生活も充実するだろう、その逆もしかりだろうという、なんとも下らないものだなあと感じているものです。

私は学生時代頑張ったことがアルバイトと資格の勉強だけしかないので、面接でのネタ切れに本当に困っています。
今日も「またアルバイトになってしまいますが・・・」という形になってしまいました。

「今まででピンチだったときは?」「失敗していかに乗り越えた?」という質...続きを読む

Aベストアンサー

お礼の書き込みありがとうございます。

面接で嘘をついてはいけないという法律はありますか?
先にも書きましたが、学歴や職歴の、無かったことを有ったという嘘は、もちろん違法行為です。履歴詐称という詐欺行為になります。
でも、それ以外の志望動機やエピソードなど、誰でも嘘をつきますよね。
嘘はいけないという人は、一体だれに対して嘘はいけないと言っているのでしょうか。
例えばそれがあとになってバレるような嘘で、バレた時に困るような嘘なら、困るのはその人本人なのです。
誰に迷惑をかけるわけではありません。バレない嘘、バレても困らない嘘を自分が納得して使うのは、法的にも人道的にもまったく問題になりません。
採用してくれた企業に迷惑がかかるという反論も出そうですが、企業が迷惑を被るような大それた嘘をつかなければいいのです。
志望動機で本心と違うことを言ったからって、企業に迷惑がかかりますか?
ピンチになったというエピソードが作り話だったからって、企業に迷惑がかかりますか?
私は先日、面接で「健康によいことをしていますか?」と聞かれて、何も答えを用意していなかったので咄嗟に
「毎日ウォーキングを欠かしません」と答えました。
真っ赤なウソです。
でもこんなの永遠にバレない嘘ですよね。
というか、これくらいの嘘をついて面接を勝ち残っているのです。就職って、採用を取ってしまえば、こっちのもんなんですよ。
嘘をついたことに後ろめたさを感じるなら、入社してからその嘘が嘘にならないような自分になればいいのです。

お礼の書き込みありがとうございます。

面接で嘘をついてはいけないという法律はありますか?
先にも書きましたが、学歴や職歴の、無かったことを有ったという嘘は、もちろん違法行為です。履歴詐称という詐欺行為になります。
でも、それ以外の志望動機やエピソードなど、誰でも嘘をつきますよね。
嘘はいけないという人は、一体だれに対して嘘はいけないと言っているのでしょうか。
例えばそれがあとになってバレるような嘘で、バレた時に困るような嘘なら、困るのはその人本人なのです。
誰に迷惑をか...続きを読む

Q担当教授の敬称の書き方

就職活動の提出書類で、卒論の内容と
担当教授名を書かないといけないのですが、
この場合、名前の後につける敬称はどうしたらよいでしょうか。

○○ ○○教授 とすればよいのか、それとも
○○ ○○ のみのフルネームだけなのでしょうか。

考えれば考えるほど分からなくなってきます。

アドバイスをよろしくお願いします。

Aベストアンサー

No1の方がおっしゃるように、
「卒論のタイトル」○○ ○○教授 でいいですよ。
ただ、気をつけることは担当の先生が
本当に教授かとういうこと。助教授なら○○助教授、
もし、講師の先生なら○○先生にすることです。

「卒論のタイトル」ですが、私が新卒で就職活動を
していたときは、まだ卒論なんて書いてなかったので
ゼミの内容「○○の研究」としてごまかしていましたが。achi1212さんが、
もし3回生なら、まだ論文を書いていないかもしれませんので、
よければ参考にしてください。

就職活動がんばってください。

Q「人生最大の失敗」

こんにちは。現在、就職活動中の大学4回生です。面接で「人生最大の失敗は?」とか「失敗談を聞かせてください」と聞かれることがよくあるのですが、そういった時にどんな話をすればいいか困ってしまいます。周りの友達は大学受験失敗の話をしている子が多いようなのですが、私は大学は指定校推薦で人より楽をして入学することができましたし、高校もスムースに合格することが出来ました。「失敗談」とはアルバイトなどでの失敗談でもいいのでしょうか??「人生最大の失敗」と聞かれるとアルバイトの失敗話はすこし違うような気がするのですが…。アドバイスお願いします。

Aベストアンサー

私は人事担当者ではないのですが、もし自分が面接官だとして、面接者にそういった質問を投げると仮定するなら、知りたいことはその人がどんな大きな失敗をしたのかではなく、その人がその失敗を乗り越えてどれほど大きな経験を積んだのか、ということです。
よって、例えアルバイトの失敗談であっても、その失敗をバネに自分自身がこんなに成長したということを知れたとしたら、面接としては大きな成果があったと言えるでしょう。逆に、とても深刻で手酷い失敗談であっても、その経験から面接者が何も得ていないのだとしたら、「そりゃ大変な目にあったねえ、ご愁傷様」だけで終わってしまいます。

ご自分のこれまでを振り返って、自分が「成長した!」と思えるきっかけとなった失敗談であれば、どんなことでもいいと思いますよ。頑張ってください。

Q学業以外の活動を特に何もしていません。

エントリーシートにサークル・クラブなどの学業以外の活動について書く欄があるかと思いますが、大学時代から今に至るまで特に何もしていません。
籍を置いたことすらありません。
大学とは関係のないサークルなどに所属していたかどうかというと、それもありません。

こうした自分の経歴が最近非常に気になります。
というのは、会社説明会などで「何かサークルはやってなかったの?」「学業以外で力を入れたことは?」「スポーツとかはしないの?」などと企業の方から聞かれることが多いためです。

また、就活のハウツー本などを読んでいると、自己PRの際にアルバイトやサークルのエピソードを用いているのが多い気がします。
実際に就活を終えた人から「大学の勉強以外に何もしていないのはまずい」「どこの企業に行ってもスポーツについて聞かれるし、そういうのは会社の重役を担う世代に受けがいい」「なんだかんだで体育会系は有利だ」などと聞かされることもあります。

今までは「特に何もしていませんが、その分勉強に力をいれてまいりました」などと答えていましたが、これに限界を感じてきました。
というのも勉強を頑張ったことで何か成果(たとえば学会発表、新しい発見、受賞など)が得られたわけではないためです。
思い切ってエピソードをねつ造しようかとも思いましたが、どうしても良心の呵責に苛まれてしまいますし、そもそもサークルというものがどのようなものなのかすらわからないため思うようにいきません。
ある程度の経験があればそこから話を膨らませることができそうですが、私にはそうした経験自体がない状態です。
もはや諦めるしかないのでしょうか。

就職活動を終えた方にお聞きしたいのですが、就職活動をする中で「学業以外の活動を何もしていないのは不利だ」と感じたことはありますでしょうか?
また、私のような経歴の方がもしいらっしゃれば、どのように自己PRをしたのか参考までにお聞かせ願えればと思います。

その他、採用に関する企業側・学生側の本音などなんでもかまいません。
ご意見等を宜しくお願い致します。

エントリーシートにサークル・クラブなどの学業以外の活動について書く欄があるかと思いますが、大学時代から今に至るまで特に何もしていません。
籍を置いたことすらありません。
大学とは関係のないサークルなどに所属していたかどうかというと、それもありません。

こうした自分の経歴が最近非常に気になります。
というのは、会社説明会などで「何かサークルはやってなかったの?」「学業以外で力を入れたことは?」「スポーツとかはしないの?」などと企業の方から聞かれることが多いためです。

ま...続きを読む

Aベストアンサー

本音を言います。
おそらく就職指導室やこのような健全なサイトでこのようなことを前提
に質問すると、学業に専念したことに対する考えをもっと掘り下げる、
何か小さなことでもいいから見つけてよく考えるといった綺麗ごとの
回答しか帰ってきません。残念ながら・・・

>サークル・クラブなどの学業以外の活動について書く欄があるかと思いますが、大学時代から今に至るまで特に何もしていません。
籍を置いたことすらありません。

まずいです。非常に危険です。特に何もしていませんが、その分勉強に力をいれてまいりました。これは自分を落としてくださいといわんばかりの回答以外の何者でもありません。
良心の呵責に苛まれてしまいます
こんなことを言っている場合ではありません。今すぐねつ造話を
つくり自分なりに構成を立てて下さい。その代わり資格の摸造は
アウトです。(わかっているとは思いますが一応)
周りの友達の意見を参考に話を作成します。冷たい友達しか
いない場合とにかくエントリーシートや履歴書の見本があるサイトや
本を参考に自分なりにアレンジして作成してください。
そもそも学生のアピールなどたかが知れています。同じテニスサークル
に入っている人のアピールを聞いても十中八九同じようなアピールしか
帰ってきませんし質問をしても当たり前のようなことしか答えられないのが現実なのです。その中でもすさまじい経験の持ち主や話がうまい輩
がとてつもなくすごい企業に入るのが現状なのです。
あなたはどれぐらい嘘をつくのがうまいですか?顔にはでませんか?
普段嘘をつくことはありますか?世渡りのうまい人間は嘘も上手です。
言っても良い嘘、言ってはならない嘘とたくさんあります。人を傷つける嘘はなりません。しかしそれ以外の嘘はうまく活用しなければならないこともあります。こんなことをいうと就職した後ばれたらまずいと
いった意見や面接官は見破られるといった意見が帰ってくるとは思いますがあてにしないでください。現に自分は捏造をフル活用し、多くの
内定を貰いました。始めはなかなか鋭い質問が帰ってくるとタジタジでしたが数をこなすにつれて本当に自分が活動したのではないかと錯覚する程クオリティの高い捏造話をできるようなるに至りました。
みんな嘘はついているのです。
気にしないでください。ただその嘘の大きさの程度が違うだけです。
馬鹿正直に全部答えられたら就職戦線で生き残ることはできないことは
もちろん社会でも生きていけません。
>就活のハウツー本などを読んでいると、自己PRの際にアルバイトやサークルのエピソードを用いているのが多い気がします。
当然です。それしかアピールできないんです。学生というのは。
あと模範的ですばらしいものは参考にしないでください。あんなエピソードを持っている輩はそうそういません。あのような本は自分が惨めになり危機感を煽り買わせるための代物以外の何者でもありません。自分の周りや先輩をご覧ください。現実が見えてきます。情報に翻弄されないように。ちょっとクオリティを下げて自分の話に摩り替えるのが
基本的な使い方です。

がんばれ!

本音を言います。
おそらく就職指導室やこのような健全なサイトでこのようなことを前提
に質問すると、学業に専念したことに対する考えをもっと掘り下げる、
何か小さなことでもいいから見つけてよく考えるといった綺麗ごとの
回答しか帰ってきません。残念ながら・・・

>サークル・クラブなどの学業以外の活動について書く欄があるかと思いますが、大学時代から今に至るまで特に何もしていません。
籍を置いたことすらありません。

まずいです。非常に危険です。特に何もしていませんが、その分勉強に...続きを読む

Qあなたに大きな影響を与えた事、ありますか?

その出来事があって、やる気が起きなかった気持ちが奮起した…
相手からこういう事を言われて、それまでと考え方が全く変わった…
あれが人生のターニングポイントだったなぁ…
など、あなたの人生や考え方に大きな影響を与えた出来事や言葉などを教えて下さい。

Aベストアンサー

離婚


離婚を機会に 全てを見直したように思います。

ダメ夫と決別
毒親とも決別
嫌だなと思いながら付き合っていたいつも不満だらけの友人とも決別(メールが来ても無視させていただいた)


この離婚時に 私を助けてくれたのは 全てそれまでは見ず知らずだった他人でした。

驚きの 良い偶然ばかり。

向かう道が正しい時
自然とうまく事が運ぶんだな、と

とても自信が持てました。

今 離婚から1年ですが
幸せな毎日です(*^^*)

QESの「一番の失敗とどう克服したか」というテーマ

どう書いていいのか困っています。
基本的に人生は安定志向で生きてきたつもりなので
そんな「今まで一番」といえるような失敗した経験が思いつきません。
大きく後悔した事を思い出すと
「男子校選んで失敗した」
「セイウンスカイの単勝に突っ込みすぎた(競馬で負けた)」
「あの時あの子にしっかり気持ちを伝えておけば、、、」
みたいな感じでエントリーシートに載せられないような事しか思いつきません。
小さい失敗ならそれは生きているうちでいくつもしてますが、
「今まで一番の」みたいな冠をつけられるよな言葉をつけられると、
全くイメージできず手がつけられない状態です。
どういう感じで書くべきなのでしょうか?
抽象的ですが助言を頂けると非常に助かります。

Aベストアンサー

現役人事のものです。

この回答が手遅れだったら申し訳ないです。

この形の質問はよくありますね。
訊きたいのは「一番の失敗したこと」ではなく、
「克服したこと」なんです。

つまり、「失敗した事」でなく「失敗しそうになったけど成功に導いたこと」を訊きたい。

これならイッパイあるでしょう?


失敗した経験がない、というよりは、失敗するまでやるほど愚かではない、という事ですね。
(まぁセイウンスカイの事はなかった事にして)

だから、
「失敗しそうになったけど、これこれこういう風に改善し大きな失策はしなかった。常に物事を成功に導くために頭を使いそれを実行してきたタイプの人間」
というのをアピールできるはずです。
もっというなら、
「常に最悪の事態を想定しそれの対策を考えつつ、しかしすべきことは実行するという経営者感覚の持ち主」
というアピールでもよいでしょう。

なんと魅力的ではありませんか。

就活頑張ってください。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング