システムメンテナンスのお知らせ

自分は今高3で弓道部に所属しています


今どうしても引き分けが出来ません
以前は口割りが若干高いながらも普通にできていたのですが
今は目線から頬骨くらいの高さでとまってしまい、ほぼ当たりません

原因の大部分は心理的問題です
以前派手に顔を払ってしまい、けっこうな出血をしてしまいました
そのころからあまり頬付けが出来なくなり、徐々に口割りも高くなってしまって現在に至ります
今は顔を払うこともあまりなくなったのですが、いかんせん会まで持ってくることが出来ません
お陰で肘の位置も高くなってしまい、酷い射形になっています
素引きはできます

肩にも無駄に力が入っているようです

あと少しで最後の大会です
少しでかまわないのです。少しでも的中率を上げたいのです
自分は人並みかそれ以上には努力したつもりです
結果がなければ努力したことにならないことも分かっています
しかし、何とかしてこの壁を乗り越え、大会に臨みたいのです


1年間、試行錯誤を重ねても直らない難病です
真理的、技術的どちらからのアプローチでもかまいません
どなたか経験のある方にアドバイスをいただきたく質問させていただきました
なにとぞ、よろしくお願いします

gooドクター

A 回答 (3件)

恐らくイップスだと思います。

弓道やアーチェリー、ゴルフ、テニス、野球等ターゲットに対して正対しない競技はかかりやすいです。自分もゴルフでショットイップスになっています。
弓道では、十分に引く前に引き手を離してしまう”はやけ”や逆に引き手を離せない”もたれ”があります。貴方も聞いたことがあるかと思います。
少しでも的中率を上げたい、よく分かります。熱心な姿勢が伝わってきます。しかし、そういう思いが強い程、ターゲットをまともに直視していませんか。両目で確り見ていませんか。
ターゲットは、ぼやっとおぼろげながら眺めてください。右利きなら、左目で7割・右目3割で見てください。野球のピッチャーもそうです。コントロールの悪いピッチャー程、両目で確り見てしまいがちです。また、キャッチャーにイップスが多いのも、両目で確り見て返球やセカンド送球をするからです。
少し脱線しましたが、「目」の使い方に注意してみてください。ターゲットに顔を正対させず、左目を主体に見る。顔を正対させれば、左肩にも無駄な力が入りますよ。
是非試してみてください。きっと良くなるはずです。
最後大会、練習の成果が発揮できるよう祈念しています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます


参考になりました。感謝します

お礼日時:2013/04/06 18:08

私は一年生ですが


結構顔や耳に弦が当たって
質問者様と同じ…とまではいきませんが
恐怖心からひどい射形になっていた時期がありました。

こういうのは恐怖心をまずなくさなくては
ならないと私は言われました。

なのでヘアバンドで耳を押さえたり
絆創膏を当たってしまうところに貼ったりして
潔く吹っ切れて離すことをしていました。

今では全く払わなくなったので
バンドや絆創膏をつけずに
のびのびとやってます!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます


少しずつ改善の兆しが出てきました
がんばります

お礼日時:2013/04/06 18:07

無理なく会に入れるくらいの軽い弓に変えてみては…


くらいしか思いつきません。

どんなに軽い弓でも無意識のうちに会に入れないというのであれば、ちょっとネット上で何を書いても効果的ではないのでは…というのが率直な感想です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます

そうですね、がんばってみます

お礼日時:2013/04/06 18:07

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

gooドクター

人気Q&Aランキング