出産前後の痔にはご注意!

アメリカや西ヨーロッパや韓国とは対照的に、シンガポールやインドネシアは原爆投下にも否定的な反米的な見解を示しています。なぜ日本軍の侵略を受けても彼らは親日的なんでしょうか?なぜ西ヨーロッパは日本の侵略されてないのに反日なんでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (11件中1~10件)

親日かどうか知りませんが、両国は、日本のシーレーンの要衝なので、たんまり、日本からお金が渡り続けていることは確実です。

    • good
    • 2

 基本的なことですが、シンガポールもインドネシアも第2次大戦後に独立した国です。

当時東南アジアで独立を保っていたのはタイだけで、他は全て西欧諸国の植民地でした。日本が戦った相手は、あくまで東南アジアを植民地支配していた西欧諸国に過ぎません。ちなみにインドネシアを植民地支配していたのはオランダです。

 インドネシアでは日本が現地の人間に教育や軍事訓練を施し、日本に訓練を受けた人間がオランダとの独立戦争の中心となりましたし、日本の敗戦後も5000人以上の日本兵がインドネシアにとどまり、共に独立戦争を戦ったのです。そのため、いまでもインドネシアでは独立記念日に日本兵の紛争をした人間が国旗を掲揚するセレモニーが行われます。

 東南アジアで反日をやってるのは華僑、すなわち中国人だけです。虐殺云々も中国人の捏造に過ぎません。南京大虐殺とか言う笑い話と同じです。
    • good
    • 5

私は昭和時代にシンガポールに長く滞在していたことがありますが、


当時は特に親日的という印象はなかったですよ。戦争時代のことを
記憶しているような老人には会わなかったので反日という印象も
なかったですが。元々シンガポールには土着民族というのはなく、
最初からイギリス植民地として開発されていますし、日本のおかげで
独立できたなんて感覚は全くありません。国として第2次世界大戦を
語り継ごうという政策はあって、その中ではやはり日本軍は悪者です。
市の中心部に日本軍により虐殺された人たちの慰霊碑が建っていますし、
セントーサ島のろう人形館は(当時は)日本軍の司令官が降伏する
シーンがクライマックスになるような展示でした。これは隣国マレー
シアでも同じですが、特に中国系の人たちは日本軍による強制連行と
虐殺に対する憎悪の伝承が相当あって、そういう話はシンガポールでも
マレーシアでも何度か聞かされました。
とはいえ戦争のことは戦争のこと、今は今の日本とのおつきあいという
割り切った考えであったと思います。特にマレーシアのルックイースト
政策の影響もあって日本に対する熱い視線というのは感じました。
日本に留学する人も多かったし、その後の日本カルチャー(アニメや
音楽やファッション)の流入により親日の人が増えたのは他の東南
アジア諸国と同じなのではないでしょうか。
    • good
    • 3

白人をやっつけたから、アジアでは親日になり


西ヨーロッパでは反日になったのでしょう。
そもそも西ヨーロッパって反日ですか?



日経調べ  日本は好きですか? 2013年 グラフから数字を推測
テレビ東京 未来世紀ジパング から

       大好き  好き  嫌い  大嫌い
ベトナム   47   50  2    1
フイリピン  65   30  0    5
タイ     60   30  6    4
インドネシア 40   50  6    4
シンガポール 65   20  8    7
マレーシア  40   35  10   5
香港     45   40  8    7
中国     25   40  20   15
韓国     10   25  30   35
    • good
    • 1

たしかに侵略ですが、長い間支配されていたのが日本の侵攻がきっかけで独立できたのでヨーロッパとかの方に憎しみがたくさん行ってる感じじゃないでしょうか。


ひどい目に会ったけど独立するきっかけになったので嫌いではない、って感じ?
    • good
    • 0

今際だって反日の国は中国と韓国しかありません。

それ以外の国は、中には日本嫌いの人もいるでしょうが、国家として反日ではありません。アメリカも、ヨーロッパも、東南アジアも中近東もです。オランダやイギリスなど、かって日本軍に、当時彼らの植民地だったインドネシアやシンガポール、マレーシアを奪われたとき、戦った軍人が生き残っていて、そう言う人たちは日本にいい記憶を持っていません。でもそれはほんの一部の人です。シンガポール、インドネシアが特段親日というわけでもありません。インドネシアの場合、日本に植民地支配を終わらせてもらったという感謝の気持ちは多分に持っているでしょうが、シンガポールはもともと華僑(中国人)が住んでいた地域で(国ではない)、植民地解放という感謝はあまりなかったでしょう。
    • good
    • 0

東京裁判で唯一日本の無実を主張した裁判官はインド出身のパール氏でした。

欧米の帝国主義により植民地化された国は、日本が進出した時点で欧米からの支配を逃れることができたのです。その後日本は撤退・敗戦を余儀なくされるので、一度は欧米の支配に戻りました。しかしその後独立運動の盛り上がりの結果、今では独立国になっています。親日的な人が多いのはこのような事情によります。

韓国・中国は、占領政策によってアメリカが日本を押さえ込んでいた時のおこぼれに与ろうとしていたのです。敗戦のアレルギーで自衛権をも否定する風潮の中で、日本の弱みにつけこんで金をせびろうとしているのです。反日が飯のタネになるからです。

西ヨーロッパの反日はあまり聞きません。アメリカと敵対している国は、アメリカの手先のように思われることが多いも知れませんが…。
    • good
    • 1

今村均大将の占領政策と人柄が要因の一つだと思っている

    • good
    • 1

質問者は実際にシンガポールやインドネシアを訪れたことがあるんでしょうか? それもちょっと立ち寄るといったものではなく、少なくとも数か月以上住んで、多様な人と交わったことがるんでしょうか?



シンガポールやインドネシアには親日的な人々がいることは確かですが、同時に日本を嫌っている人たちがかなりいることも確かです。韓国や中国と違い、シンガポールやインドネシアは民族や宗教が異なる人々からなる国家です。利害関係も違えば歴史的体験も異なります。だから日本を見る立場も様々なのです。

シンガポールでかなりの力を持つ華僑の人々は日本軍がやった華僑虐殺をしっかり記憶してます。インドネシアの教科書は「日本による占領時代は、インドネシア史上最悪の時代であった」と記しています。

質問者はシンガポールにおける虐殺やインドネシア・ババル島事件を知っていますか?
    • good
    • 1

No.1さんの回答のとおりですが、シンガポールやインドネシアにいて日本軍に敵対していたアジア人は華僑すなわちシナ人です。


シナ人は西洋人の手先としてあくどい商売をしており、日本軍が進駐して来ると自分たちの既得権がなくなるために日本軍に反抗したのでした。
よって、シナ人や朝鮮人がいう「日本軍が迷惑をかけたアジアの人」というのは「シナ人」のことなのであり、住民にとっては西洋人と同じ侵略者ということになります。
    • good
    • 2

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q日本軍がいた国で、なぜ親日国と反日国があるのですか

先日、テレビでパラオは、過去の戦争で日本軍がいたのですが、すごい親日国だということを知りました。
過去の戦争で日本軍がいた他の東南アジアの国でも親日的な人は、結構多いと聞いたことがあるような気がします。

韓国や中国は、反日的ですが、過去に日本軍がいた国で、なぜ親日国と反日国と分かれるのでしょうか?

すみませんが、お教えいただけましたら助かります。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

>過去の戦争で日本軍がいた他の東南アジアの国でも親日的な人は、結構多いと聞いたことがあるような気がします。
>韓国や中国は、反日的ですが、過去に日本軍がいた国で、なぜ親日国と反日国と分かれるのでしょうか?

回答:反日の国は、国民に嘘を教えているからです。

軍隊がいた=反日 というのは無知から来る短絡思考です。
日本には米軍基地がありますが、日本人は反米なのでしょうか。

この類の質問は何度もでていますが、日本を非難する方は何故か資料を出さずに、主観的な推測を語る方が多いようです。


まず、東南アジア諸国についてですが、日本は植民地にはしていません。
大東亜共栄圏構想は、欧米から独立してアジア諸国による民族自決を目指したものです。
当時のアジア諸国の国力は日本だけが飛びぬけていた為に、日本の主導になっていたことは事実ですが、「日本によるアジア支配」という解釈は歪曲です。
日本は、白人を排除した後に大東亜会議を開いて、彼等の自治を認めています。

【大東亜会議】
http://www.youtube.com/watch?v=3mvHRVlrFUU

アジア諸国は「日本の戦争は侵略ではない」という認識から、連合国が認めた賠償請求権を放棄してくれています。(しかし、日本はそれに対しても「準賠償」という名目で経済援助をしています)

【日本が支払った戦争賠償金】(動画)
http://www.youtube.com/watch?v=euNuLLDSWTI


ソムアン・サラサス(タイ側交渉団)は終戦後の訪日時に、↓のように語っています。

「日本国民は餓死寸前でありました。日本中が焼野原でした。
そして、皇族も華族もいなくなり、有力な軍人と賢明な役人と高潔な政治家は牢に叩き込まれて誰もいません。
アメリカはそっくり返って威張っている。団員は口々に“こんな気の毒な日本を見ていられるか”と言いましたよ」
「(こんな値引きに応じて)“国へ帰ったら、殺されるかな”とフッと思った。
けれど、“まあいいや、友邦日本は悲惨な状態なんだから”と自分に言いきかせました。団員も同じ気持ちだったのです」

大東亜戦争中、日本はタイから20億バール(当時の10億ドル以上)の借金をしていました。
タイはそれを2500万ドルに値引きしてくれています。


フィリピンについてですが、
私は、戦争がなくてもフィリピンが(タダで)独立できたか については疑問があります。

オランダはインドネシアの独立の時に60億$を請求しています。
他にも、インドネシアにオランダ人が所有している土地財産の保全と、スマトラ油田の開発費用の弁済を要求しています。(独立戦争をしてすら、このような要求をされています)

実は、フィリピン国民は「フィリピンの独立記念日」は1898年だと思っています。
フィリピンは元々スペインの植民地でしたが、スペインがアメリカと戦争したとき、アメリカは独立を条件にフィリピンを味方に付けました。
戦争はアメリカが勝利し、フィリピンは独立を宣言しました。
しかし、アメリカはスペインからフィリピン統治権を買い取り、新たな宗主国としてフィリピンを統治しました。

日本は占領後の1943年にすぐ軍政を撤廃し、「フィリピン共和国」として独立させています。

その後日本の敗戦により、日本に亡命したラウレル大統領によって「フィリピン共和国」は解散されます。
その後、1946年にアメリカ統治下での選挙で当選したロハスによって、「現在のフィリピン共和国」が独立します。


台湾とパラオについてですが、
【植民地】というものについては、欧米の支配の実態から誤解されていますが、
植民地の本来の目的は、宗主国の国民を入植させつつ遅れた地域を開発し発展させることです。
台湾とパラオが親日なのは、その通りの事をして、それらを評価しているからです。
(それらの領有の経緯と是非については、質問されていないと判断しました)

【日本とパラオ ~歴史を越えた友情~】
http://www.youtube.com/watch?v=cTRfPNEPR-A

【日本と台湾は一心同体】
http://www.youtube.com/watch?v=gwPwOrmdlMs

反日の台湾人の多くは、中国大陸で共産党との権力闘争に敗れて台湾に逃れてきた国民党(蒋介石)の人たちです。
どちらも日本とは戦っていたので、反日でした。


韓国と北朝鮮ですが、
無知な人は日本が朝鮮を侵略して植民地にしたと思い込んでいますが、
日本は、失政で破綻した朝鮮の要請を受け入れて併合したのであって、侵略してはいません。
世界も併合は両国の合意に基づく平和的なものであることを認めています。
併合とは、一つの国になることで、他国を一方的に支配する植民地とは全く違うものです。
そして、日本は併合した朝鮮地方に対して、植民地である台湾やパラオより優遇しています。
(当然差別や虐待などはなく、強制連行や、従軍慰安婦や、創氏改名の強制は、事実ではありません。)

今の韓国が、反日である理由は、独立後の教育が原因です。
今の韓国の政府のルーツは、併合で特権を失った貴族や、外国(中露)から支援を受けて反日運動をしていた者達が、上海で名乗っていた自称亡命政府です。
戦前の彼らは、世界中が併合の正当性を認めていた為に孤立していました。(犯罪で資金稼ぎをしていた事も原因です。)

その後、WWIIの終戦で朝鮮は日本から独立しました。
終戦時の朝鮮には、日本の教育を受けた者しかいなかった為に、連合国は影響力を行使する為に、その亡命政府を独立した韓国の代表に選びました。
功績も無く他国の都合によるタナボタで権力を得た彼等は、日本の統治の方が良かったと国民に言われることを恐れました。(実際、日本の方が遥かにマシでした)

それを逃れる為に、新政府は朝鮮が独立できたのは、戦前・戦中からの我々の抗日運動の成果である。
朝鮮は昔から日本より優れていたが、日本が卑怯な方法で侵略して、韓国の富を奪って行った。
今現在韓国の発展が遅れているのは、それが原因であると、事実と違う捏造教育をし続けました。

このように、自分達の失政への批判を、日本という敵を作ることでそらし続けてきた結果、反日が韓国人に定着してしまい、今更、教えた歴史が嘘でしたとは言えない状態になってしまっています。
今、それをした場合、韓国人のアイデンティティは崩壊して、国そのものが危うくなってしまうでしょう。

北朝鮮の反日も↑の自国の政府の正当性を、「日本と戦っていたこと」に拠っているからです。


中国の反日も、韓国と同じです。
彼らも日本の侵略を戦って撃退したと言っていますが、事実は全く逆です、
日中戦争は、中国が朝鮮(当時は併合で日本領)を侵略したのが原因です。

当時の中国ですが、清国が滅亡し複数の政権(馬賊や地方軍閥など)が争っている内乱状態でした。
彼らは大陸の日本領内にも侵入して、破壊活動やテロなどの挑発を行っており、現場の緊張は極限状態に達していました。
日本は、条約や協定による平和的な解決を試みましたが、彼等にはまともな行政・司法・警察等の能力は無く、国際条約の知識や理解も薄く、それらの遵守は期待できませんでした。(実際何度も一方的に破棄されています。)

当然治安も悪く、テロも多発しており、日本人の大尉が中国兵に惨殺される事件も起きています。
これらの結果、現地の部隊が暴発し、独断行動による戦闘が発生してしまい、それが満州事変に発展します。

これによる満州国の建国を、侵略によるものだという意見もありますが、満州国という地域を確保しないと当時日本が所有していた、満州鉄道へのテロを防止できませんでした。

その後の満州国は、日本が治安を維持した為に各地から人口が流入し繁栄した為に、再びそれを狙った中国によるテロ活動が起りました。
日本軍は前回と同様、領土内で対応していましたが、そうすると彼らは中国内に逃げて、その後また侵入して同じ事を繰り返しました。
日本は中国奥地にある彼等の本拠地(南京、重慶)を叩かなければ、根本的な解決にならないと判断し、中国領内に攻めていきました。
これが日中戦争に発展します。

私は、これらの経緯を日本の一方的な侵略と断定できる人の知能と国籍を疑います。

http://www.youtube.com/watch?v=Kiz7N4z7c3M

>過去の戦争で日本軍がいた他の東南アジアの国でも親日的な人は、結構多いと聞いたことがあるような気がします。
>韓国や中国は、反日的ですが、過去に日本軍がいた国で、なぜ親日国と反日国と分かれるのでしょうか?

回答:反日の国は、国民に嘘を教えているからです。

軍隊がいた=反日 というのは無知から来る短絡思考です。
日本には米軍基地がありますが、日本人は反米なのでしょうか。

この類の質問は何度もでていますが、日本を非難する方は何故か資料を出さずに、主観的な推測を語る方が多いようで...続きを読む

Qシンガポール人は何故日本人を悪くいわないのか

明日までの宿題で
これを調べなければなりません。

戦時中日本はシンガポールを占領し
捕虜にしたりひどいことをしてきました。
にも関わらず
シンガポールの人は
日本人をそれほど悪くない人たちだと
思っているそうです。

現在も日本を受け入れ態勢ですし…

それは何故だか知っている方教えてください。

キーワードは「力による支配、憲兵隊、経済的困窮」
なのですが
私にはさっぱりわかりません…

回答よろしくよろしくお願いします。

Aベストアンサー

別に日本の事を悪く言わないのは、シンガポールだけではありません。
ほとんどのアジアの国は、日本に対しては一種の憧れというか敬意の念を持っていました。
まぁ、それもバブルが崩壊する90年代頃までで、最近はとみに評価が下がってきてますけどね。
つまり、日本を悪く言うというか戦後補償問題を外交カードとして使うのは中韓朝位のモノです。
他のアジア各国は、むしろ過去のことは良いからこれからのことを話し合いましょうよ~という態度です。

これを端的に表しているのは、マレーシアのマハティール元首相の二つの演説ですね。
一つは、1992年10月14日香港にて開かれた欧州・東アジア経済フォーラムでの「もし日本なかりせば」で有名な演説です。
===少し引用===
いまや極東は東アジアになり、気の毒だがヨーロッパのロマンチストの興味の対象は減った。
その代わりに政治家、エコノミストの関心の的になっている。
ヨーロッパがアジアに対して懸念を抱いている事実は、この地域が、すでに今世紀前半(20世紀)の日本軍国主義以上に深刻な脅威になっていることを示唆している。
こうした見方の底流には、不信感と恐怖がある。
その理由は、東アジアの人々が自分たちと異なっている、つまりヨ一ロッパ人ではないという点にある。

そのため、策2次大戦後の枢軸国であったヨーロッパのドイツとイタリアが平和国家となって復興、繁栄するのは応援、歓迎されたのに、同じように平和国家となった日本と極東の「小さな日本」の経済発展はあまり歓迎されないように見える。
それどころか、ヨーロッパとヨーロッパ社会を移植したアメリカはともに、さまざまな手段を使って東アジア諸国の成長を抑え込もうとしてきた。西側の民主主義モデルの押しつけにとどまらず、あからさまに東アジア諸国の経済の競争力を削ごうとしてきた。

(中略)

日本の存在しない世界を想像してみたらよい。
もし日本なかりせば、ヨーロッパとアメリカが世界の工業国を支配していただろう。
欧米が基準と価格を決め、欧米だけにしか作れない製品を買うために、世界中の国はその価格を押しつけられていただろう

また、日本と日本のサクセス・ストーリーがなければ、東アジア諸周は模範にすべきものがなかっただろう。
ヨーロッパが開発・完成させた産業分野では、自分たちは太刀打ちできないと信じ続けただろう。
東アジアでは高度な産業は無理だった。
せいぜい質の劣る模造品を作るのが開の山だった。
以下略~

参照(英文)
http://www.pmo.gov.my/WebNotesApp/PastPM.nsf/acfe72124fbea2e148256e72001d223e/1cf7ae5a3ac5c7584825674a00187ec4?OpenDocument
===以上===

しかし、その10年後には、同じマハティール氏がクアラルンプールで開かれた経済フォーラムでの記者会見で「日本は反面教師だ」と言っています。
そして、日本と逆に著しく経済発展を遂げる韓国を高く評価しました。
http://www.47news.jp/CN/200210/CN2002101101000077.html


このマハティール氏の二つの演説は、戦後のアジア各国の日本観を代弁していると言ってもいいです。
こうした感情は、中韓朝も共有してるでしょう。
ただ、中韓朝は日本と隣国なのでライバル心の方が先に立つのでしょう。
あとは、政府が国内を纏めるためのスケープゴートとして「日本に占領された歴史」を利用したという事です。


・・・と、シンガポールでもなく、またキーワードも直接つかってませんが、マハティール氏の演説を読めば理解出来ると思いますよ。
こちらで日本語訳が読めます
http://homepage2.nifty.com/hassan/essay-j/mahathir-jp.html

別に日本の事を悪く言わないのは、シンガポールだけではありません。
ほとんどのアジアの国は、日本に対しては一種の憧れというか敬意の念を持っていました。
まぁ、それもバブルが崩壊する90年代頃までで、最近はとみに評価が下がってきてますけどね。
つまり、日本を悪く言うというか戦後補償問題を外交カードとして使うのは中韓朝位のモノです。
他のアジア各国は、むしろ過去のことは良いからこれからのことを話し合いましょうよ~という態度です。

これを端的に表しているのは、マレーシアのマハテ...続きを読む

Qねずみ捕獲カゴに入れる餌は何が良いですか

天井裏を走り回るネズミ捕獲用に金カゴを買いました。
中に入れ誘うエサはどんなものが効果あるのでしょうか?
至急教えていただければありがたいです。
比較的小さい黒ねずみです。

Aベストアンサー

かごを買ったのですか。

エサは何でもOKですが、臭いのする物の方が良いですよ。
チーズとかではなく、バター系とか肉系とか普通に人間が美味しそうと思う様な物でOKです。
無難なのはサラミとかですね。(罠を動作させるのであれば堅い方が良い)
私がしかけた時は粘着シートの上にパンを置きましたけど。

ただネズミは種類によっては学習能力が結構高いので、一度危険と判断した物には近づかない場合が有りますので、その時はねずみ取り用の粘着シート等が有りますので、そちらも併用する方が効果は高いです。

まあ、いたちごっこになりかねないので、先ずはネズミのエサになる様な物をなくす事と、ネズミの出入り口になっている様な所は金属たわしなどを詰めて通れなくする等の対策も平行して行なった方が良いです。

撲滅するには長引けば長引くほど、相手に学習されますのでこちらが不利になりますのでお気をつけを。

Q白人世界でアジア人を差別しない国はありません、それが現実ですがどう思いますか?

一年以上白人国家を旅行した人なら理解できると思いますが、最低でも1度や2度必ず差別を受けた経験があると思います、その時必ず中国人か日本人か聞かれます、ある店でボッタクリが嫌なので嘘をついて中国人と言ったらその後無視され出て行けと言われました、その後冗談で実は日本人と言うと180度態度が変わりました。白人は正直露骨です。
そして肌の色でもアジア人を美的感覚から見下します。
ロスで仲良くなった白人が言ってました、表面では言わないが
アジア人や黒人は現実に今も差別されている「日本人の君はまだマシな方だ」と。
日本でも差別問題はありますが白人国家は現在でもアジア人を差別しています、中国人とか韓国人と言うととんでもない嫌な思いをさせられます、皆さんこの現実をどう思いますか?

Aベストアンサー

アジア人という定義の仕方に白人目線を感じます。つい近年まで白人は有色人種を人間とは見ていませんでした。「奴隷、当時のヨーロッパでは『黒人が白人と同じ人間である』という考え方はなかったのである。
『法の精神』で知られるモンテスキュー。
社会学の父と讃えられるフランスの哲学者でさえ「黒人が人間だと考えるのは不可能である 彼らを人間と考えるなら 我々がキリスト教徒でないと認めざるをえなくなる」と語っている。」
http://www.fujitv.co.jp/ainori/st/st361.html

有色人種を人間と認めざるをえなくなったのは、後の方の世界的な大戦のあとではないかと考えます。第一次世界大戦ののちある有色人種の国家が提案した人権平等条項の提案は英米によって葬り去られました。
http://www2s.biglobe.ne.jp/~nippon/jogbd_h10_2/jog053.html

「ホテルのフロント係は、女性の方を見向きもせずに、デュボイスへの対応を続けた。勘定がすべて終わると、彼はデュボイスに向かって深々とお辞儀をし、それからやっと、その厚かましいアメリカ女性の方を向いたのだった。フロント係の毅然とした態度は、これまでの白人支配の世界とは違った、新しい世界の幕開けを予感させた。

 「母国アメリカではけっして歓迎されることのない」一個人を、日本人は心から歓び、迎え入れてくれた。日本人は、われわれ1200万人のアメリカ黒人が「同じ有色人種であり、同じ苦しみを味わい、同じ運命を背負っている」ことを、心から理解してくれているのだ。」
http://hanausagi.iza.ne.jp/blog/entry/964059/


人間は好き嫌いのほかに生理的嫌悪ということもあります。戦後は戦争の被害ということも理由に付け加わりました。

オバマ大統領はなぜ黒人なのか。ハーフではないのか。白人男性の主人と黒人女性奴隷の間に生まれた子どもは、生まれながらにして奴隷であり、色が白いほど高く売れたと聞きます。人種差別に法的に最終的な決着がついたのは1964年(昭和39年)かともいわれます。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%85%AC%E6%B0%91%E6%A8%A9%E9%81%8B%E5%8B%95

>日本人の君はまだマシな方だ
そんなわけで、白人にすれば納得ずくというより、無理やり人種平等を誓わされたわけで、本人からみた多層な差別意識があるのはある面いたし方がないと考えます。

武力ということではないにしても、要は実力で認めさせるほかはないと考えます。

アジア人という定義の仕方に白人目線を感じます。つい近年まで白人は有色人種を人間とは見ていませんでした。「奴隷、当時のヨーロッパでは『黒人が白人と同じ人間である』という考え方はなかったのである。
『法の精神』で知られるモンテスキュー。
社会学の父と讃えられるフランスの哲学者でさえ「黒人が人間だと考えるのは不可能である 彼らを人間と考えるなら 我々がキリスト教徒でないと認めざるをえなくなる」と語っている。」
http://www.fujitv.co.jp/ainori/st/st361.html

有色人種を人間と認めざ...続きを読む

Qエルサレムに、なぜ3宗教の聖地が在るのですか?

エルサレムでは、紛争が延々続いていますね。
あんなに狭い所に、ユダヤ教・キリスト教・イスラム教という3宗教が聖地を持っているから、トラブルが起きるのは当たり前だとは、とは思います。その3つの宗教は、ユダヤ教、それから発生したキリスト教、そしてそれらと影響のあるイスラム教、という関連のある宗教ですね。
世俗的には、エレサレムの街自体は、たとえば交通の要所とかではなく、たいして重要な街とは思えません。
それなのに、、なぜ3宗教は、エルサレムに聖地を持っているのですか?
たまたまエルサレムに3聖地が混在するだけなのですか? あるいは、歴史上や宗教上で、何か慨依性を持っているのですか?

Aベストアンサー

まずですね、一神教ってのが興るんです。「世の中に神様と呼ばれるお方はおひとりだけ」という考え方です。
この一神教の神様は、ユダヤ教が呼ぶヤハウェ、キリスト教が呼ぶゴッド、イスラム教が呼ぶアッラー、全て日本語に訳せば同じ「神様」です。
この神様はモーゼさんの前にそのお姿を現したときに、「俺以外の神扱いされてるやつは全部ニセモノのまがいもののファック野郎だ!」とおっしゃいました。そこを起源にしてユダヤ教が始まりました。
ま、いろいろ経緯はありましたが、ユダヤ人一行は今のパレスチナ(イスラエル)の地にやってきて、神様は「よーしお前ら、ここをお前たちに与える」と畏れ多くもありがたくおっしゃいました。しかしそこは当然先住民がおりまして、「なんか、先に住んでる人がいますけどこれはどうすればいいですか?」と伺いましたところ、「お前たちに与えたから殺しちゃってオッケーよ」とおっしゃいました(本当)。かくして彼らはそこにユダヤ人国家を作りました。ユダヤ人がイスラエルを「約束の地」と呼ぶのはそういうことです。
そんなこんなの経緯は旧約聖書に書かれています。

さて、ユダヤ教徒はエルサレムに神様を祭る壮大な神殿を作りました。その頃がユダヤ教とユダヤ王国の絶頂だったといえるでしょう。その後神殿は破壊されてしまい、その一部が残るのみとなりました。その遺跡が「嘆きの壁」と呼ばれるところで、そこでは常に敬虔なユダヤ教徒が祈りをささげていますが、そのお祈りの内容は、「神様、あの栄光の日々がまた訪れますように」というものです。その「また訪れてほしい栄光の日々」とは3000年くらい前の話なんですけどね。

ユダヤ人の国は、あんなこんながイロイロとありまして分裂したりして、やがてローマ帝国の属州となりました。ローマ帝国ってところは実は非常に寛大な帝国で、帝国に従うなら信教の自由も認められていました。日本人レベルでいえば、「それならいいじゃん」というものですが、「この世で神様とお呼びしていいのはおひとりだけ」と信じる彼らにとって異教徒がウロウロしているのが非常に気に障って障ってしょうがないのです。イスラエルでは、ローマ帝国に対するテロ活動が盛んでした。
ユダヤ教徒の歴史では、そういう「ユダヤ人受難のとき」にはエリヤとか神様の言葉を預かる「預言者」が登場して人々を導きました。ユダヤ教徒たちは、そういう「救世主」が出てくることを待ち望んでいたのです。

そういったタイミングに登場したのが、ナザレ生まれのイエスでした。イエスはユダヤ教史上、というか宗教史上において革命的な言葉を発しました。「ベイベー、愛だぜ」と。彼は、あの神様のことを「父ちゃん(アバ)」と呼びました。後になんだかんだでイエスは神の子となりました。マリア様が処女のまま神の子を受胎したお話はご存知でしょ?
それがどれだけ革命的であったのはまた別の機会に譲るとして、「憎みあうより、愛し合おうぜ」と言い出したイエスは人々からローマ帝国を排除する指導者となることを熱望されましたが、「だから俺は憎みあうのは嫌なんだよ。愛し合おうぜ」といって人々を失望させ、エルサレムからすぐ外に出たところのゴルゴタの丘で十字架にかけられてしまいました。
その後、実は一度もイエスと会ったことがないパウロが「イエスは救世主(キリスト)だったー!」と言い出してキリスト教が誕生します。なお、旧約聖書では「救世主はベツレヘムに生まれるよ」と書いてあったので、イエスはベツレヘムで生まれたことになりました。
当然のことながら、キリスト教にとってエルサレムは「イエスが十字架にかけられた場所」ですので極めて重要な聖地であります。

そのイエスが十字架にかけられて50年くらい経ったとき、「もう我慢ならねえ、ローマ人は出ていけ!」とユダヤ人は反乱を起こしました。それ以上にブチ切れたのはローマ人です。「人が下手にでてりゃあ属州のくせにでけえ態度をしやがって。ローマ帝国の恐ろしさを骨の髄まで教えたるわ」と本気で怒り、反乱を鎮めただけではなく、何かとややこしい神殿を破壊し、「ややこしい神を信じてるお前らはこの辺りに住むんじゃねえ」とユダヤ人をパレスチナから追放しました。
これがディアスポラです。以来約2000年、ユダヤ人はイスラエルの地に再びユダヤ人の国を再興することを願いながら世界中でお金を稼ぐこととなります。

時代はずーっと下りまして、メッカの洞窟で、青年ムハンマド(マホメット)の前に大天使ガブリエルが現れて「君が預言者だよーん」と告げました。イスラム教の誕生です。ムハンマドの元にガブリエルを派遣したのはあの、例の、何かとややこしい「神様」でいらっしゃいます。そういや、マリア様の前に「あなたは神様の子を宿したよ。おめでとう」と告げに来たのもガブリエルでした。ガブリエルさんはどうもややこしいお仕事を何度もされているようです。
ムハンマドのあまりに偉大な足跡に関していちゃもんをつけると冗談抜きでアルカイダから死刑宣告されてしまいますので、それについては割愛します。
イスラム教にとって最も重要な聖地は、ムハンマドが神の啓示をうけたメッカです。しかしムハンマドは一神教教徒なわけですから、「死ぬまでに偉大な神殿があったエルサレムで死にたいなあ」と当然といえば当然で、ややっこしくなることを願います。
そして、そのエルサレムの地で天に旅立ってしまったのです。エルサレムはイスラム教にとっても「教祖様が入滅された場所」となってしまったのです。

かくして、エルサレムの地はユダヤ教徒、キリスト教徒、イスラム教徒が俺の場所だ、いいや俺の場所だと大変にややこしい場所となってしまいました。

まずですね、一神教ってのが興るんです。「世の中に神様と呼ばれるお方はおひとりだけ」という考え方です。
この一神教の神様は、ユダヤ教が呼ぶヤハウェ、キリスト教が呼ぶゴッド、イスラム教が呼ぶアッラー、全て日本語に訳せば同じ「神様」です。
この神様はモーゼさんの前にそのお姿を現したときに、「俺以外の神扱いされてるやつは全部ニセモノのまがいもののファック野郎だ!」とおっしゃいました。そこを起源にしてユダヤ教が始まりました。
ま、いろいろ経緯はありましたが、ユダヤ人一行は今のパレスチナ...続きを読む

Q親韓国ってどこですか?

トルコやインドネシア、タイのように親日国という国は結構多数あるようですが、
親韓国ってあるのでしょうか?
下につくか上から見下すかしかできない国民のようですので、嫌われやすいと
思うのですが、一国ぐらい親韓国を名乗る国はないのでしょうか?

それともやはり国際的ボッチなのですか・・・

よろしくお教えください

Aベストアンサー

日本です。

洒落抜きの事実でしょ。しかも片想い。狂ってるよ。狂人は自覚がないというし。
韓国に非難されなくても韓国は嫌いというのが普通なのに。日本はどうですか。安倍晋三首相は選挙に大勝利し保守からも非難されない右よりの政治家です。日本を攻撃しまくりの韓国の発展を望むという所信表明(?)演説ですよ。それが保守から無批判なんです。日本は唯一無二の親韓キチガイ国家でしょう。

繰り返します、世界で親韓の国は日本です。安倍晋三さんは一言も嫌韓的な発言をしない政治家です。韓国は日本と同じ価値観を持つ重要な隣国でその発展を望むという。

最も親韓であってはいけない日本が最も親韓であるという異常な自国の現実を認めないともうボケです。安倍晋三を保守が大支持ですから保守は親韓支持です。普通の国は外国非難でリーダーになるんじゃないのw韓国好きも含めて一番異常な国がどこか。灯台もと暗し。


人気Q&Aランキング