自分はショートスケールのエレキを使っていないのですが、知人らがムスタングやジャガーを使っており、たまたまハーフダウン・チューニングの曲をやることになって、いざ演奏を始めると音がおかしいことに気が付き、何度オクターブ調整を行っても、6弦と5弦のローポジションが半音とまでは行かなくてもかなり音痴な状態になっていて困ったと言います。

3人が3人とも同じことを言い、しょうがなくレギュラー・チューニングで演奏したようですが、何か釈然とせずギターを4本預かってきて確認したところ、ハーフダウン・チューニングでオクターブ調整してから、弦を押さえてチューナーで測ってみたら確かに6弦と5弦の3フレットまでぐらいがけっこう高くなっていました。
軽く押さえているだけでも、きっちり音が高いです。
4弦から1弦まではほぼ大丈夫で「ほぼ」というのは、4弦がやや高くなるものの微細な程度で音痴とまでは言えない感じです。
弦高の関係もあるかと思い、かなり下げてみても(逆に上げてみても)結果は同じで、見事に同じぐらい音が高くなります。
弦のテンションも関係ないようだと、原因に「ショートスケール」という共通点ぐらいしか見出せずです。

レギュラー・チューニングだとちゃんとしているのですが、ハーフダウン・チューニングになると突如として押弦した音が高くなるようです。
3人から借りたのはムスタング(USA)1本、ムスタング(JAPAN)2本、ジャガー(メキシコ)1本です。
こいうのは、ショートスケールのエレキではよくあるのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

>ショートスケールのギターは音が合わないのか



そのとおりです。ショートスケールのギターで、弦をそのままにしてダウンチューニングにすると音程が不安定になります。弦はテンションが強いほど音程の精度が高く、弦を緩めるほど音程が不安定になります。「フレットを押さえる」ということは、「指板方向に弦を引き伸ばす」=「チョーキングする」ということですから、テンションが弱いほど、ブリッジが高いほど、弦長が短いほど音程が不安定になります。弦のテンションが弱いとチョーキングが楽にであり、強いほどとチョーキングが難しくなり、指に力を入れてチョークしても音程が上がってくれません。逆にテンションが弱いと、単にフレットを押さえる程度の力でも本来の音程からチョークアップしてしまうということです。
ということで、ダウンチューニングで音程を正しくしたいのであれば、ダウンチューニングの専用弦を使うことです。
フレット楽器は、有効弦長が長いほど音程が正しく、短いほどデタラメとなります。
ダウンチューニング専用弦を用いれば改善されると思います。


http://matsubook.com/guitar-wp/guitar-4/%E3%82%A …
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
なんと「ダウンチューニング専用弦」なんてあるんですね。
ギターを弾いて30年近く経ちますが、そんなものがあるのは知りませんでした。
アーニーボールの弦を検索したら、見事にヒット。
なるほど6弦だけ太めですね。まるでアコギの弦みたいです。

テンションの弱さが原因かなとは思ったので、ブリッジを高くしたりシムでネックに角度をつけたりしましたが、かえって逆効果だったようですね。

お礼日時:2013/07/01 23:54

テンションが低すぎるのでしょう。


弦がユルユルになると、少しの力で押弦しても
ピッチがシャープします。

おそらく、太い弦ほど影響が顕著なのでしょう。


ダウンチューニングする場合は、ストラトなとのロングスケール
が好まれます。

弦のゲージを上げると軽減されると思われます。
ただし、ネットの溝幅の問題で、あまり太い弦は張れないので
ショートスケールのギターでダウンチューニングは現実的
ではないのかも、
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
まだ試してませんが、2番目の方もおっしゃっているように、弦の太さが影響しているという説に光明を見た気がしてます。
ニルヴァーナのギタリストはムスタングのナットを削ってまで太い弦を張って、それをハーフダウン・チューニングで使っていたそうですので、試す価値はかなりあるように思ってます。

お礼日時:2013/07/01 00:41

自信で検証した訳でないので、答えるのもオコガマシイんですが、


同じ太さのゲージで・・・、となると、そう言う傾向になるみたいですね。


ESPさんのHPに、出荷時の推奨ゲージが掲載されていますが、
ショートになるにしたがって、低音弦側のゲージが太くなるようですね。
http://www.espguitars.co.jp/customer/faq.html

又、フェルナンデスのZO-3専用弦も、
特に低音側の方が太く設定されているみたいですね。
http://www.fernandes.co.jp/products/accessories/ …

いずれにせよ、低音側の方が影響が大きいことは、事実なようです。
太めなゲージ、または、低音側だけ太いハイブリッドゲージなど、
ダウンチューニング専用に、弦のゲージを変えると良さそうですね。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
なるほど、弦の太さですか。
それを聞いて、いろいろネットで調べてみたのですが、ニルヴァーナというバンドのギタリストがムスタングを半音下げて使う際に6弦を052とかなり太いものを使っていたようですので、試してみる価値はありそうですね。

お礼日時:2013/07/01 00:37

ショートスケールだから、ということではなく、どれもビブラートユニットが付いていて、フローティングブリッジであることが原因ではないでしょうか。


>ハーフダウン・チューニングになると
このこと自体もオクターブチューニングが狂う原因と思いますが、当然テンションが変わります(緩くなる)から、ブリッジが動いてしまうのでオクターブチューニングが狂う。
ショートスケールであるから、ブリッジ位置の変化量がレギュラーやロングに比べると相対的に大きくなり、チューニングに与える影響も大きい。
ということではないかと推察します。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
ブリッジがグラグラなのはすぐに分かったので、動かないようにアルミ箔を巻いてアンカーの中央に固定してからチューニングを確認してみたのですが、オクターブチューニング自体は合っているんですよ。
ところが、12フレットでは押弦しても音程が高くなることは無くても、フレットをヘッド側に登れば登るほど少しずつ音程が上がってしまうんです。

お礼日時:2013/07/01 00:30

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qショートスケールのギターで良いものはありますか?

Fenderのストラト ショートスケールを使用しています。

体も手も小さいので、使用感はとても気に入っています。
(大きいギターだと、ライブ等で「ギターに人間がぶら下がっている」様に見えます^^;)


そこで、質問をしたいと思います。

*どう頑張っても音がしょぼいです。。(値段は3万円でした。)
ショートスケールでストラトタイプ、良い音が出るギターはありますか?
もしくはマイクをハムバッカー等に交換すれば、なんとかなるでしょうか、

値段が3万なのでギター本体は、そんなに良いものでは無いと思うのです。
(私の感想なのですが、「おもちゃ仕様」なのかな・・と思いました)

弦を011~にすると、それなりにコシのある音が出るのですが、
力むクセがついてしまいました。

ショートなので、音に伸びが無い等は仕方ないのですが、
ストラトタイプでなるべく「良い」ギター(素材が良い、きちんと作ってある)
は無いものでしょうか。

好きな音は春畑道哉氏です。
http://www.sonymusic.co.jp/Music/Info/Haruhata/

値段は15万位までだったら、出します!!(キツイですが。。涙)
楽器店に相談したのですが、オーダー(2~30万)しか無いんじゃないか、と言われました。
(お金、キツ過ぎです..orz)

Fenderのストラト ショートスケールを使用しています。

体も手も小さいので、使用感はとても気に入っています。
(大きいギターだと、ライブ等で「ギターに人間がぶら下がっている」様に見えます^^;)


そこで、質問をしたいと思います。

*どう頑張っても音がしょぼいです。。(値段は3万円でした。)
ショートスケールでストラトタイプ、良い音が出るギターはありますか?
もしくはマイクをハムバッカー等に交換すれば、なんとかなるでしょうか、

値段が3万なのでギター本体は、そんなに良い...続きを読む

Aベストアンサー

再び#4です。

> ムスタングのピックアップをハムバッカーに交換しても
> 大丈夫かな。

通常のハムサイズのものは、ボディを加工しないと無理でしょうが、
ストラト用のシングルコイルですとサイズがほぼ同じようなので可能だと思います。
私もJapanのムスタングにストラト用シングルを自分で付けたことがあります。
ストラトのシングルサイズのハムも数多くありますので、
深ささえOKなら(←ここ重要)可能だと思います。

DOVEMASTERの方ですが、普通のシングルではないタイプ(ハムみたいな大きさのやつ)は
P90タイプ(またはソープバータイプ)のシングルコイルで、
ストラトのシングルとハムの中間くらいのニュアンスなので、これもいいかもしれません。
(重ね重ねCrewsのは弾いたことが無いので一般論ですが)

Qロングスケールかミディアムスケールにするか迷ってます

人差し指7.6cm中指8.5cm薬指7.8cm小指6.5cm
という指の長さなのですが、押えにくいコードや弾きにくいフレーズがでてきます。(ミディアムスケール
のギターをつかってます。)ロングスケールを購入しようと思うのですが、余計にひきにくくなるのでしょうか。20mmという長さはそんなにおおきなものなのですか?

Aベストアンサー

コードや、ちょっとしたフレーズであればロングスケールでも
慣れれば大丈夫かと思います。

ただ、ストレッチ系のソロなどをよく弾くのであれば、ミディアム
スケールからロングスケールにした場合、辛くなると思いますし、
気をつけないと手を傷める可能性もあります。

海外の手が大きいギタリストがロングスケールで「これでもか!」っていう
くらいに弾いてるストレッチフレーズを、手の小さい日本人が同じようにやれ!
というのは、慣れとかの問題ではなく、物理的に不可能です。実際、私も
ロングスケールで手をおかしくしてしまったことがあります。

ですので、これからどういう曲やフレーズを弾くのか?ということを
考慮して購入を検討された方がいいと思います。

Qトラスロッドが回りきってしまった時の対処

中古で買ったボルトオン・ネックのギターを所有しているのですが、ネックが順ゾリしているためリペアショップに持ち込んだところ、既にトラスロッド9割近く回りきっているため、調節がほとんど出来ないと打診されました。
そこで細いゲージの弦を張る事をすすめられ試してみたのですが、今までのようなテンションが得られず、仕方なく元の太さに弦に戻しました

熱でネックを曲げて調整したり指版を削るという方法もあるようが、音色やグリップが大変気に入っているため、ギターへのダメージが心配です

どなたかこのような状況での対処をご存知の方がおりましたら
ご提案どうか宜しくお願い致します

Aベストアンサー

No.3です。なかなか難しい状況のようですね。

まず「トラスロッドを一旦外して・・・」の件から書きます。ほとんどのトラスロッドの末端は、回り止めに幅が2センチぐらいの鉄板が溶接されていて、それをネックに埋め込んで固定してあります。これを外すというのは、少なくとも部分的に指板を剥がす作業が伴いますし、元通りに直すにもかなり手間(つまり工賃)になります。しかしながらロッドを外して次にナニができるのか?という疑問があります。(結局アイロンでしょうか?)

当初はボルトオンということで、新しいネックをオーダーすることを気安く提案してしまいましたが、フェンダー系ならともかく、ジャクソンとなるとヘッドの作りが独特ですから、作ってくれる工房があってもかなり割高になると思います。とりあえずメールで見積もりを出してもらって下さい。

そこで何とか今のネックを活かすには、指板を剥がして平面出しを行い、新しい指板に貼り換える方法もあります。(クラシックギターの世界では珍しいことではありません)ネックの機能を最優先させて、ポジションマークなどの装飾を省くなどすれば、こちらの方がネックを丸ごと1本作るよりも少しは安く上がると思います。

No.3です。なかなか難しい状況のようですね。

まず「トラスロッドを一旦外して・・・」の件から書きます。ほとんどのトラスロッドの末端は、回り止めに幅が2センチぐらいの鉄板が溶接されていて、それをネックに埋め込んで固定してあります。これを外すというのは、少なくとも部分的に指板を剥がす作業が伴いますし、元通りに直すにもかなり手間(つまり工賃)になります。しかしながらロッドを外して次にナニができるのか?という疑問があります。(結局アイロンでしょうか?)

当初はボルトオンというこ...続きを読む

QZO-3の弦について。

ZO-3ギターに使用する弦はZO-3専用のものを使わなければいけないのですか?
回答よろしくお願いします。m(_ _)m

Aベストアンサー

ふつうの弦で使えるのですが,ZO-3は弦長を短くして使うことになります.
弦が短いということは,同じ太さの弦を同じ張力で使えば当然のように音程が上がります.それをふつうの音程に下げる訳なので,張力をゆるくして使うことになるわけです.
なので,張力をふつうに近い状態にするには,通常の弦長よりも弦を太くして,その分張りをきつくすることでバランスをとることになるでしょう.
ではどのくらいの太さにすればいいのかというと,これはなんとも.
ふつうのギターでも太さの幅はすごくあるわけですから.
ミディアムといわれるくらいのゲージの弦を張っておけば,ライトくらいの感じで使えるのではないかと思うんですけど,保証はしかねます...

Qサスティーンが良いとは?

はじめまして。初めてここで質問させてもらいます。
質問は2つあります。

1.初歩的な事?で申し訳ないんですが、ネックがディープジョイントだと
  サスティーン?が良いとかよく言われてるんですが、
  サスティーンとはどういった物(感じ)なのでしょうか?
  なぜディープジョイントの方がいいのかもできれば教えてください。
  よくわかりません。宜しくお願いします。
  現在所有しているギターは1本で、1989オービルバイギブソンLPCです

2.この度、一生を共にしていくレスポールを買おうと思っていて、
  色々と調べていますが、ギブソンのヒストリックモデルレスポールで
  57、68とかあるんですが、違いがよくわかりません。
  57と68では、具体的にどんなところが違うのでしょうか??
  58.59は価格が手に届かないんですが、
  57.68とかならなんとかなりそうなんです。
  詳しい方がいたら、回答おねがいします。

Aベストアンサー

 一応弦楽器デザイナですので、とりあえず専門家とさせて頂きました。

1-1.サスティン
 サスティンとは、音の伸びですが、物理的には加振された弦が減衰して停止するまでの長さを言います。
 サスティンがよい、とゆぅ事は弦振動が持続する時間が長いとゆぅ事です。

1-2.ディープジョイント
 糊付けネックのうち、ネック側のボディに入り込む部分(=ヒールブロック)を墓石(?)の様に大きく取り、対するボディ側の穴を、墓穴(??)の様にザックリえぐってネックを接着する方法です。
 接着面積が大きく取れるので接着強度・剛性がかなり高くなり、この部分での振動減衰が小さくなるのでサスティンも長くなるワケです。
 この方式はレスポールならスタンダードやカスタムで採用されており、同じレスポール一族でもスペシャルやジュニアはここまでヒールが巨大ではありません。
 ネックジョイント以外全く同じギターなら、サスティンはディープジョイントの勝ちですが、条件によっては必ずしもそぅとは言えません。
 サスティンはネック剛性やボディの質量、ブリッジやテールピースの剛性と質量などへの依存度が高く、単純に「ディープジョイントだからサスティンいっぱい」とも言い切れません。
 レスポールの場合、まずあの極端に短いネック(=ボディからあまり突き出していないネック→短い分だけ高剛性)の寄与度が大変高いと思われます。
 リペアマンによっては、「例えばスルーネックで24フレット・ダブルカッタウェイのギターよりも、レスポールの方がサスティンが長い」と断言される方もいらっしゃいます。

2.レスポールの57と68の違いは・・・・ここで挙げられているヒストリックモデルとは、最近の復刻モノ?或いはオリジナルでしょうか? 
 オリジナルなら、ヘッドアングル、ネック幅やヘック厚、ボディトップのアーチ形状など木工が既にかなり違うのではないでしょうか・・・・更にペグ、マイク、ブリッジ/テールピースなどハードウェアもほとんど違い、そぅなりますと勿論音もかなり違い、どちらかとゆぅと「似て非なるモノ」と言ったところだと思いますが、如何でしょう?
 復刻モノなら、現物を見たことがないのでどこまで復刻されているのか判りませんが、ただ、最近のギブソン社の復刻モノのデキから想像しますと、オリジナルにかなり忠実だと考えられます。そぅしますと、57と68の違いは上記致しました様な事になっていると思いますが・・・・。

 一応弦楽器デザイナですので、とりあえず専門家とさせて頂きました。

1-1.サスティン
 サスティンとは、音の伸びですが、物理的には加振された弦が減衰して停止するまでの長さを言います。
 サスティンがよい、とゆぅ事は弦振動が持続する時間が長いとゆぅ事です。

1-2.ディープジョイント
 糊付けネックのうち、ネック側のボディに入り込む部分(=ヒールブロック)を墓石(?)の様に大きく取り、対するボディ側の穴を、墓穴(??)の様にザックリえぐってネックを接着する方法です。
...続きを読む

Q手が小さいので弦長の短いアコギにすべき?

アコースティックギター(いわゆるフォークギター)の購入を考えていますが、手が小さいのでスタンダードな弦長650mmのものを弾きこなす自信がありません。
いろいろ調べましたが、弦長の短いモデル(630mm~640mm)の種類はあまり多くないみたいなんです。
弦長630~640mm台のアコギで初心者でも弾きやすいモデルってあるんでしょうか。あるいは650mmにトライしたほうがいいでしょうか。
ちなみにアコギの経験はありません。クラシックギター歴は3年半で使っているのは弦長630mmです。
アドバイスよろしくお願いします。

Aベストアンサー

ヤマハのアコギFSシリーズは、弦長が短めのものがおおいですよ!!
FS-423S:634mm
FS-500SJ:620mm
あと、高価ですが、THE FG,THE FSも634です。

でも、ガットギター経験がおありでしたら普通の650でも、全く問題ないとおもいますよ!!
630のガットギターでも、アコギより弾きにくいとおもうんで。。でも、下の方たちもおっしゃってるように、650と630では結構響とかがちがいます。お店で650も弾かせてもらうといいかもしれませんね。
あと、ガットギターが本業でアコギは軽く弾き語りとかそのレベルのはなしでしたら、楽器店で、安いショートスケールアコギを買うってゆう手もありますよ。安いもので8000円くらいでかえるものもあります!高いものでも、3~4万くらいで買えますし。。僕もTINYBOYってゆうショートスケールギター(ミニギター)もってますがふつうにつかえますよ。

Qギターの一本目はZO-3で良いですか?

最近、エレキギターを弾きたくなり調べてみたら、フェルナンデスのぞうさんギターを見つけました。
ぞうさんギターは他のギターに比べ弾くのが難しかったり(ぞうさん型なので;)、音が悪かったりということはあるんですか?特徴を教えて下さい。
また、パンク・V系(ロック寄り?)・SKAを弾きたいのですが全て同じギターでよいのでしょうか?それとも演奏したい音楽のジャンルによってエレキギターを替えるのですか?
そんなに何本も買える身分ではないので…;
回答お願いします。

Aベストアンサー

ZO-3は、1本目としてはあまりお勧めできません。一人で遊ぶ玩具としてなら良いかも知れませんが、バンドで活動することを考えるとかなり力不足です。また、そこそこの価格なので、その分の予算で普通のギターを買った方が、いろいろと有利でしょう。おそらく3万円以上になると思いますが、そのくらいの予算があれば、まずまずまともで扱いやすい通常サイズのギターを買えるはずです。
ZO-3はスケール長が短いので、弦の張りが緩いという特徴はあります。その分はいくらか楽かも知れません。サイズが小さいことについては、長所短所いずれもあると思います。指は届きやすいかも知れませんが、フレット間が短いことや弦の間隔が狭いことなどで、フィンガーボード上の指を置くスペースの遊びも少ないため、運指はややシビアになるでしょう。また、ボディサイズが小さいことなども、場合によっては違和感を生むでしょう(ピッキングする手の腕の置き場など)。
音については、内蔵アンプで鳴らす分には玩具並みです。エフェクトなどを搭載しているもの(芸達者シリーズ)もありますが、それでも内蔵アンプの弱点は隠れないでしょう。アンプにつないだ場合は、まあそこそこだったように思います。ただ、ピックアップが一つだったり、トーンコントロールがなかったりと、サウンドのバリエーションにはかなり制限があるように思います。
全体的にみて、ZO-3はあまりお勧めとはいえません。バンドをやることを見据えてのギター選びなら、普通のギターを1本買う方が良いと思います。

パンク・V系・SKAといろいろなジャンルをやりたいということですが、それを1本のギターでこなすことについては、可とも不可とも言いにくいですね。
ギターにはそれぞれに音の個性というものがありますし、その個性についてジャンルとの相性というものもどうしても出てくると思います。パンクにはハイパワーなギターが扱いやすいでしょうし、V系であればパワフルでかつハイポジションまで指が届きやすいものが良いでしょう。SKAでは、音の立ち上がりがシャキっとしているギターの方がマッチさせやすいと思います。なかなか万能なギターというのも少ないでしょう。
ただ、ギターは弾き手によってもいろいろな感触・表情の音を作ることができますので、工夫次第では1本のギターだけでも何とかなるかも知れません。工夫の余地はあると思います。
個人的な意見ですが、対応の幅を大きく取る意味では、ピックアップの構成がシングル-シングル-ハム(S-S-H)という構成のギターが扱いやすいかも知れません。リア側のハムでパンクやロック系の歪みを作り、シングルコイルのミドルやフロント、ハーフトーンでSKA向きのカッティングをこなすというように使い分けできる分、扱いやすいように思います。

参考まで。

ZO-3は、1本目としてはあまりお勧めできません。一人で遊ぶ玩具としてなら良いかも知れませんが、バンドで活動することを考えるとかなり力不足です。また、そこそこの価格なので、その分の予算で普通のギターを買った方が、いろいろと有利でしょう。おそらく3万円以上になると思いますが、そのくらいの予算があれば、まずまずまともで扱いやすい通常サイズのギターを買えるはずです。
ZO-3はスケール長が短いので、弦の張りが緩いという特徴はあります。その分はいくらか楽かも知れません。サイズが小さいことに...続きを読む

Qショートスケールのギター

これからエレキギターを買おうと思っている女です。
手首の付け根から中指まで15cmしかないので
ショートスケールのギターを買おうと思っています。
(手の大きさは、あんまり関係ないみたいですが)

予算はアンプなど小物も込みで6万ぐらいを考えており
大阪の三木楽器のウェブショップで事前に調べてみました。
そうするとショートスケールはほとんどヴィンテージものしかありませんでした。
(DAISY ROCKのデザインは個人的にイヤなので…)
ショートスケールのギターを買うなら10万近く出さなければ、いけないでしょうか?
もう少し安いモノがあれば教えてください。
レスポ系、ストラト系(というのがあったとしたら)は店で実際に触ってから決めるつもりです。


また大阪でオススメの楽器屋さんがあれば教えてください。
一応、三木楽器(アメ村、心斎橋)、イシバシ楽器店(Nu茶屋町)は行ったことがあります。

あと、ワガママですがZO-3は視野に入れてません;

Aベストアンサー

手の大きさとスケールは大きく影響します。詳しくは下記のサイトを参考にしてみて下さい。ただし、スケールだけじゃなくてナット幅とかネックの太さもかなり影響ありますが。

ショートスケールに拘るならムスタングかジャガーが探しやすいです。(これらはコピーモデルでも通常ショートスケールです。) ただし、ムスタングに関しては充分に使いこなしてたのがチャーくらいしか思いつかないので、扱いにくいギターのように見受けます。(チャーは「燃費が悪いギター」と言ってましたが…)

それを考えるとミディアムスケールのギターでネックが細くて薄いギターを探してみる方が選択の余地が広がると思います。レスポール、SG、ES-335をはじめとしたギブソン系のギターは通常ミディアムスケールですので。ただし、一口にレスポールといってもメーカーやモデルによってネックの握りはマチマチですので楽器屋さんに行ってあれこれ触ってみることをお勧めします。(どのメーカーがどういう傾向だというのもありそうなのですが詳しくないので差し控えます。)

ちなみに、私はショートスケールのストラトを15年ほど使ってて、これはフェンダージャパン製でしたが当時は5万くらいで買えました。現在は売ってないのが残念です。私も男としては手が小さい方なので、ロングスケールのギターでロックロールのバッキングの常套句(詳細は省略しますが)ができなかったのですがショートスケールなら快適です。(ちなみにミディアムスケールでも一応できますが)

また「手が小さいのでショートスケール」と思って欲しいギターを買うのは良いことだとも思います。「手が小さいので上達しない」とあきらめる人もいるようですから、その点言い訳にできませんので練習に打ち込めるような気もしますし。

参考URL:http://www.ne.jp/asahi/chelseas/terrace/pe/workshop/stm-dsc/stm_dsc.html

手の大きさとスケールは大きく影響します。詳しくは下記のサイトを参考にしてみて下さい。ただし、スケールだけじゃなくてナット幅とかネックの太さもかなり影響ありますが。

ショートスケールに拘るならムスタングかジャガーが探しやすいです。(これらはコピーモデルでも通常ショートスケールです。) ただし、ムスタングに関しては充分に使いこなしてたのがチャーくらいしか思いつかないので、扱いにくいギターのように見受けます。(チャーは「燃費が悪いギター」と言ってましたが…)

それを考えるとミ...続きを読む

Qギターの弦のテンションについて

今使っているギターはジャクソンのロングスケール
のフロイドローズタイプだったんですがテンションが割と緩めで何年か使用してきましたが新しいギターを最近購入しようと思ったのですがホライズンやアイバニーズなどの同じようなタイプのギターを試演すると弦のリードプレイなどをすると弦のテンションが強めでピッキングが引っかかる感じがあり弾きにくく感じました。緩めのテンションのギターに慣れてしまった
ためでしょうかギターの弦のテンションをチューニングは同じくレギュラーで落とす方法はないのでしょうか?

また一般的には速弾きなどのリードプレイなどはテンションが高いほうが弾きやすいんでしょうか?
もしそうなら低いテンションのギターに慣れてしまった場合高いテンションになれるのには個人差はあるとは思いますが時間がかかりますか?

Aベストアンサー

まず、弦のテンション(張力)についてですが、基本的にチューニングした状態の弦の張力は、弦のゲージの太さと、弦の全長に依存します。 スケール長が同じ設定のギターが複数、同じチューニングにしてあるとした場合、それらのギターの弦の張力は基本的にゲージの太さに依存します。 ゲージが太い弦であれば張力は高く、逆にゲージが細い弦になれば張力は低くなる方向に向かいます。
ですので、基本的には、ギターのスケール長が同じであれば、弦の張力を左右する要素はギターの機構上の違い・問題というよりも、弦そのものの太さに依存するといえます。 単純に考えるなら、スケール長が同じギターで、チューニングを一定として、弦の張力を下げる方向に向かわせるとした時に取りうる選択肢は、弦のゲージをより細いセットに交換するというのが最も現実的でしょう。

ただ、チョーキングなどの時に指先に伝わる弦の張りの硬さなどについては、実際の張力のみで判断を下すことは難しくなるかも知れません。 こちらのチョーキング時などの弦の反発力については、チューンOマチックタイプなどではサドルでの弦の折り曲げ角度、通常のタイプのナットであれば、テンションバーなどの高さ等ナット部での弦の折り曲げ角度によって影響される範囲でもあります。 ナットないしサドル部での弦の折り曲げ角が深ければ、チョーキングなどの際の弦のレスポンスは硬くなり、角度が浅ければレスポンスは軽くなります。
ただし、フロイドローズなどのロック式ユニットの場合、こうしたサドル部やナット部での弦の動きをロックしてしまうため、上記のような要素でチョーキングなどのレスポンスを変更することは難しいでしょう。
フロイドローズの場合、チョーキングのレスポンスの硬さなどは、トレモロユニットを支持しているボディ裏のスプリングの本数や硬さが意外に強く影響すると思います。 弦のタッチが硬いように感じる場合は、トレモロユニットを支持しているスプリングの力を減らすことで、感触をソフトにすることも可能かも知れません。


ピッキング時の感触に違和感を感じたとすれば、主には弦高調整の加減や、トレモロユニットの裏のバネの本数等の影響ないしは、張ってある弦のゲージの違いあたりを検討してみるのが現実的なような気もします。 先にも挙げたように、スケール長・弦の太さ・チューニングの3要素が一定であれば、弦の張力に違いはありません。 実際に計測値としての弦の張力の違いが生じるとしたら、弦のゲージが違うか、そもそもスケール長が違う(スケールが短い方が張力は低くなります)かのいずれかになるでしょう。


速弾きなどの演奏において、弦の張力が高い方が弾きやすいのかという件については、一般的にそういったセオリーはないでしょう。 ロングスケールのストラトキャスターで速弾きをする人もいれば、ミュージックマンやギブソン・レスポールなどのショートやミディアムスケールのギターで速弾きをする人もいます。 どちらが有利ということもないでしょう。

また、弦のテンションが違うギターへの移行については、これはおっしゃるように個人差のある話でもありますし、またその個人差についても大きな開きのある差異になると思います。 スケール長の違いや張りの硬さなどをものともせずに様々なセッティングのギターをバリバリ弾きこなす人もいれば、そうした細かなタッチにこだわりぬく人もいます。
いずれにしても、これは慣れの問題という側面が強く出るでしょうし、一般論的にも、すぐに慣れるとも時間がかかるとも言うことはできないでしょう。 究極的には、使ってみて、使いやすいと感じるかどうかの問題になると思います。

なお、ピッキング時のピックの当たる感触については、弦のテンションの違いを云々するだけではなく、ピッキング動作そのものも併せて再検討して、無理な動きでのピッキングになったりしていないかどうかを見つめなおしてみるのも有効かも知れませんね。

参考になれば。 長々と乱文を失礼しました。

まず、弦のテンション(張力)についてですが、基本的にチューニングした状態の弦の張力は、弦のゲージの太さと、弦の全長に依存します。 スケール長が同じ設定のギターが複数、同じチューニングにしてあるとした場合、それらのギターの弦の張力は基本的にゲージの太さに依存します。 ゲージが太い弦であれば張力は高く、逆にゲージが細い弦になれば張力は低くなる方向に向かいます。
ですので、基本的には、ギターのスケール長が同じであれば、弦の張力を左右する要素はギターの機構上の違い・問題というよりも、...続きを読む

Qアコギ弦のメーカーごとの音の特徴

タイトル通りですがアコギ弦のメーカーごとの音の特徴を教えて下さい。サイトを紹介して頂いても助かります。
特に知りたいのは、マーチン、ダダリオ、エリクサー、ghs、ジョンピアーズ、ギブソン、タカミネ、アーニーボール、ヤマハ。
これじゃほとんどですね。(*^_^*)

Aベストアンサー

経験のあるものだけですが、使った感じの主観を述べておきます。あくまで一個人の使用感です。

●エリクサー、
これだけはこの中で特殊な弦。値段も高いが3倍長持ち。
コーティング弦でギラギラとして輪郭があり高音域の伸び、中音のサスティーンもある。レスポンスも良く、ストロークがバリっと目立つ。ライブには良いかも。ギラギラしすぎて嫌いな人もいる。
ギターの個体の鳴りの個性が出にくく、どんなギターに張っても同じ音になる傾向があって安いギターに張ってもぱっと聴き高級な良い音がする。
少々人工的で聴いてて疲れる音だけど、いつまでも張りたての輝かしさがあり長持ちするので何日もリハーサルやライブが続く時にはとても重宝。ライブミュージシャン愛用者多し。

●マーチン
ナチュラルでいわゆるアコギらしい中音域が膨らむ暖かい音で、やや丸い印象。中低域のレスポンスが少々もたつくが、どっしりとしていて歌の伴奏でしっかり支えられる感じ。
ストロークのときアコギ独特の飽和感があって気持ち良い。アルペジオも太い感じだが奥行きはあまり無い。
フォスファーブロンズのライトかミディアムがお勧め。ブロンズはへたるのが早い。私は今これです。

●ダダリオ
とても無難にまとまった音。そこそこ張りがあってサスティーンもありバランスが良い。
強いて悪い点を挙げるとすると印象が無い。総合得点、コストパフォーマンスが高いので万人向け。ダダリオはどの弦もクオリティが高い。

●アーニーボール
明るくしなやかで輪郭のある乾いた音の印象。高音の伸びも良いがしっかり芯もある。立体感がありレスポンスが早くサスティーンもあるので単音弾きにも向いていると思う。アルペジオはくっきり、ストロークは軽快。
ただどっしりした印象はあまり無い。

●ヤマハ
音が細い、高音域が無い、サスティーンが無い。

●ghs、ジョンピアーズ、ギブソン、タカミネ、
ごめんなさい、使った事ありません。

下記に参考URLを載せておきますので大まかな感や同メーカーの種類ごとの違いはそこで分かると思います。
載りきらないのでこちらにも

http://www.soundhouse.co.jp/shop/ProductGuide.asp?CategoryCd=545

参考URL:http://www.apollonmusic.com/accessories/strings/acoustic_strings.html

経験のあるものだけですが、使った感じの主観を述べておきます。あくまで一個人の使用感です。

●エリクサー、
これだけはこの中で特殊な弦。値段も高いが3倍長持ち。
コーティング弦でギラギラとして輪郭があり高音域の伸び、中音のサスティーンもある。レスポンスも良く、ストロークがバリっと目立つ。ライブには良いかも。ギラギラしすぎて嫌いな人もいる。
ギターの個体の鳴りの個性が出にくく、どんなギターに張っても同じ音になる傾向があって安いギターに張ってもぱっと聴き高級な良い音がする。
少...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報