自分はショートスケールのエレキを使っていないのですが、知人らがムスタングやジャガーを使っており、たまたまハーフダウン・チューニングの曲をやることになって、いざ演奏を始めると音がおかしいことに気が付き、何度オクターブ調整を行っても、6弦と5弦のローポジションが半音とまでは行かなくてもかなり音痴な状態になっていて困ったと言います。

3人が3人とも同じことを言い、しょうがなくレギュラー・チューニングで演奏したようですが、何か釈然とせずギターを4本預かってきて確認したところ、ハーフダウン・チューニングでオクターブ調整してから、弦を押さえてチューナーで測ってみたら確かに6弦と5弦の3フレットまでぐらいがけっこう高くなっていました。
軽く押さえているだけでも、きっちり音が高いです。
4弦から1弦まではほぼ大丈夫で「ほぼ」というのは、4弦がやや高くなるものの微細な程度で音痴とまでは言えない感じです。
弦高の関係もあるかと思い、かなり下げてみても(逆に上げてみても)結果は同じで、見事に同じぐらい音が高くなります。
弦のテンションも関係ないようだと、原因に「ショートスケール」という共通点ぐらいしか見出せずです。

レギュラー・チューニングだとちゃんとしているのですが、ハーフダウン・チューニングになると突如として押弦した音が高くなるようです。
3人から借りたのはムスタング(USA)1本、ムスタング(JAPAN)2本、ジャガー(メキシコ)1本です。
こいうのは、ショートスケールのエレキではよくあるのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

>ショートスケールのギターは音が合わないのか



そのとおりです。ショートスケールのギターで、弦をそのままにしてダウンチューニングにすると音程が不安定になります。弦はテンションが強いほど音程の精度が高く、弦を緩めるほど音程が不安定になります。「フレットを押さえる」ということは、「指板方向に弦を引き伸ばす」=「チョーキングする」ということですから、テンションが弱いほど、ブリッジが高いほど、弦長が短いほど音程が不安定になります。弦のテンションが弱いとチョーキングが楽にであり、強いほどとチョーキングが難しくなり、指に力を入れてチョークしても音程が上がってくれません。逆にテンションが弱いと、単にフレットを押さえる程度の力でも本来の音程からチョークアップしてしまうということです。
ということで、ダウンチューニングで音程を正しくしたいのであれば、ダウンチューニングの専用弦を使うことです。
フレット楽器は、有効弦長が長いほど音程が正しく、短いほどデタラメとなります。
ダウンチューニング専用弦を用いれば改善されると思います。


http://matsubook.com/guitar-wp/guitar-4/%E3%82%A …
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
なんと「ダウンチューニング専用弦」なんてあるんですね。
ギターを弾いて30年近く経ちますが、そんなものがあるのは知りませんでした。
アーニーボールの弦を検索したら、見事にヒット。
なるほど6弦だけ太めですね。まるでアコギの弦みたいです。

テンションの弱さが原因かなとは思ったので、ブリッジを高くしたりシムでネックに角度をつけたりしましたが、かえって逆効果だったようですね。

お礼日時:2013/07/01 23:54

テンションが低すぎるのでしょう。


弦がユルユルになると、少しの力で押弦しても
ピッチがシャープします。

おそらく、太い弦ほど影響が顕著なのでしょう。


ダウンチューニングする場合は、ストラトなとのロングスケール
が好まれます。

弦のゲージを上げると軽減されると思われます。
ただし、ネットの溝幅の問題で、あまり太い弦は張れないので
ショートスケールのギターでダウンチューニングは現実的
ではないのかも、
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
まだ試してませんが、2番目の方もおっしゃっているように、弦の太さが影響しているという説に光明を見た気がしてます。
ニルヴァーナのギタリストはムスタングのナットを削ってまで太い弦を張って、それをハーフダウン・チューニングで使っていたそうですので、試す価値はかなりあるように思ってます。

お礼日時:2013/07/01 00:41

自信で検証した訳でないので、答えるのもオコガマシイんですが、


同じ太さのゲージで・・・、となると、そう言う傾向になるみたいですね。


ESPさんのHPに、出荷時の推奨ゲージが掲載されていますが、
ショートになるにしたがって、低音弦側のゲージが太くなるようですね。
http://www.espguitars.co.jp/customer/faq.html

又、フェルナンデスのZO-3専用弦も、
特に低音側の方が太く設定されているみたいですね。
http://www.fernandes.co.jp/products/accessories/ …

いずれにせよ、低音側の方が影響が大きいことは、事実なようです。
太めなゲージ、または、低音側だけ太いハイブリッドゲージなど、
ダウンチューニング専用に、弦のゲージを変えると良さそうですね。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
なるほど、弦の太さですか。
それを聞いて、いろいろネットで調べてみたのですが、ニルヴァーナというバンドのギタリストがムスタングを半音下げて使う際に6弦を052とかなり太いものを使っていたようですので、試してみる価値はありそうですね。

お礼日時:2013/07/01 00:37

ショートスケールだから、ということではなく、どれもビブラートユニットが付いていて、フローティングブリッジであることが原因ではないでしょうか。


>ハーフダウン・チューニングになると
このこと自体もオクターブチューニングが狂う原因と思いますが、当然テンションが変わります(緩くなる)から、ブリッジが動いてしまうのでオクターブチューニングが狂う。
ショートスケールであるから、ブリッジ位置の変化量がレギュラーやロングに比べると相対的に大きくなり、チューニングに与える影響も大きい。
ということではないかと推察します。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
ブリッジがグラグラなのはすぐに分かったので、動かないようにアルミ箔を巻いてアンカーの中央に固定してからチューニングを確認してみたのですが、オクターブチューニング自体は合っているんですよ。
ところが、12フレットでは押弦しても音程が高くなることは無くても、フレットをヘッド側に登れば登るほど少しずつ音程が上がってしまうんです。

お礼日時:2013/07/01 00:30

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qムスタングのオクターブチューニングについて

最近FenderJapanのMUSTANGを購入しました。
しばらく使っているうちに、オクターブチューニングがずれてきましたので、調整しようかなぁと思ったのですが、ヴィブラートユニットが邪魔でネジにドライバーを入れることが出来ないのです。斜めから入れようとしても、このまま無理やりやったらねじ山がダメになるなってわかるようにしかなりません。
ネットで調べても、こんなこともできないのが自分だけなのか、困っている人はいないようですし、ギターをやっている知り合いに聞いてもちょっとMUSTANGはわからないとのことで、こちらで質問させていただきました。
何か解決策を知っている方いらっしゃいましたらどうかご指導よろしくお願いします。ちなみに、ギターはカスタムなどしていませんので、ドノーマルと考えていただいて結構でございます

Aベストアンサー

http://kanakk.exblog.jp/m2006-08-01/

ここのVol.93が参考になりませんか。ブリッジを抜いてやるのが本来みたいなことが書いてありますが曲がったドラーバーでできるようですよ。
まあ、もともとオクターブ調整のしやすさは考慮されていないようです(オクターブ調整自体がほとんどできない楽器というものもあるくらいだし)。
私はこれがいやでトレモロユニットごと交換しましたが。

Qベースについてです。 プリングオフしたあと、0の4弦に入るとき3弦は押さえなくていいんですか?押さえ

ベースについてです。
プリングオフしたあと、0の4弦に入るとき3弦は押さえなくていいんですか?押さえなかったら3弦が振動したままになるんですけど、、、

Aベストアンサー

8分音符で終わってるから素早くミュートでしょう。

Qレギュラーチューニングのギターで6弦開放より低い音はだせますか?

今、コピーしてるバンドの曲があるんですが、
原曲は半音下げなのにライブだとレギュラーで演奏してるみたいなんです。

押弦してる部分は、
1フレット分ネック側にずらせばいいだけなので対応できるのですが、
半音下げチューニングの6弦開放の音ってレギュラーじゃだせませんよね?

聞いた話なので本当にレギュラーで演奏してるのかは不明なのですが
わかる方がいらっしゃったら教えていただきたいです。

また半音下げの原曲をレギュラーで演奏する場合
一般的にはどのような手法がとられるのかも教えていただければ助かります。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>原曲は半音下げなのにライブだとレギュラーで演奏してるみたいなんです。

それは、単に「ライブの音は、レコード原曲より半音高く演奏されている」という意味なんじゃないですか?
原曲は半音下げチューニングで演奏されているけど、ライブではレギュラーチューニングのギターを使ってる…ということなら、話のつじつまが合いますけど。

で、ライブでは、原曲レギュラーチューニングの曲も原曲半音下げチューニングの曲も両方演奏する…って時には、チューニングをどっちかに統一するのは、プロでもよくある話です。

>また半音下げの原曲をレギュラーで演奏する場合
>一般的にはどのような手法がとられるのかも教えていただければ助かります。

プロでも、ライブではギター等のチューニングにかかわらず、普通は「いつもと同じフレット位置の運指」で引きます。
だから、原曲半音下げチューニングの曲をレギュラーチューニングのギターで弾いたら、演奏は原曲より半音上がります。
そのことが
「原曲半音下げ→ライブはレギュラー」
という意味になります。

ギターのチューニングが違うから、わざわざ押弦位置ずらせてレコード原曲に忠実に弾く…なんてことは、プロでもよっぽどの事が無い限り、やりません。
どうしても原曲どおりのキーにしたい時は、チューニングの違うギター等を2本以上用意して持ち替える手法を取るのが一般的にです。

情報元の人が、「ギターのチューニングの話」と「実際の音程の話」を完全に混同してるのでは?

>原曲は半音下げなのにライブだとレギュラーで演奏してるみたいなんです。

それは、単に「ライブの音は、レコード原曲より半音高く演奏されている」という意味なんじゃないですか?
原曲は半音下げチューニングで演奏されているけど、ライブではレギュラーチューニングのギターを使ってる…ということなら、話のつじつまが合いますけど。

で、ライブでは、原曲レギュラーチューニングの曲も原曲半音下げチューニングの曲も両方演奏する…って時には、チューニングをどっちかに統一するのは、プロでもよくある...続きを読む

Q【ベース】ロングスケール・ミディアムスケール・ショートスケール

ロングスケール・ミディアムスケール・ショートスケールのベースについていくつか質問があります。

1、それぞれのメリット・デメリットを教えて下さい。

2、それぞれ何フラットぐらいありますか。

3、見分け方を教えて下さい。


回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

1.慣れればどれもあまり変わらないけど、女子などでかなり手が小さい方はミディアムかショートがいいと思う。男子は全く気にする必要なし。

2.フレットのことを訊いているのなら、だいたい20から24フレットある。

3.だいたい次の4種類あるので、メジャーを当てて計ってみれば分かるよ。 
・スーパーロングスケール(35インチ=約890mm)
・ロングスケール(34インチ=約864mm)
・ミディアムスケール(32インチ=約814mm)
・ショートスケール(30インチ=約762mm)

楽器店なら店員さんに訊けば、ちゃんと教えてくれるよ。

Qエレキベース(四弦)のチューニングについて

私の姉が最近エレキベースを買いました
しかし姉は音楽の経験がないのでチューニングの仕方がわからないそうなんです
私もギター初心者なので、よくわかりません・・・
エレキベース(四弦)のチューニングはどのようにすればよいのでしょうか?
できるだけ詳しくお願いします!!!
エレキギターのチューニング方法も教えてくださったら私は飛び上がって喜びます!

Aベストアンサー

ベースは一般的に太い弦(構えた状態で上の弦)から、開放弦でE(ミ)、A(ラ)、D(レ)、G(ソ)の音高に合わせます。
開放弦とはフレットを何もおさえずに弾いた時の音高で、その弦の一番低い音になります。

ヘッド側のペグ…弦を巻いているネジのつまみのようなものがありますよね。そこを回すことでチューニングの調整が可能です。
ゴムなどを引っ張った状態で弾いて遊んだ時の体験からお分かりかと思いますが、弦の締め付けが強いほど音は高くなり、締め付けが緩いほど音は低くなります。

音は何かほかの楽器で音を出してそれを聴きながら合わせることも可能ですが、チューナーを買った方が良いですね。安価なもので結構です。
ベースやギター用の(あるいは両対応の)チューナーが売られていますので、まずはシールド(ケーブル)をチューナーにつないで音を出して合わせてゆきます。
チューナーが反応しないときはベース本体のボリュームが絞られている(音が出ていない)可能性があるのであわてずご確認を。

チューニングは一本ずつ行いますが、弦を適切な状態にチューニングした後でもう一度全体を確認します。
というのもネックは木でできていますから弦を巻き上げたり緩めたりすることで、ネック自体がほんの少し引っ張られて曲がったり逆に反り返りが緩んだりするわけです。
これによって、一度調整したはずの弦の状態が再び変わってしまうので、再度調整が必要です。
慣れるまでは微調整を繰り返しつつ慎重に合わせていきましょう。

また、チューニングにはオクターブチューニングというものもありますし、これにはトラスロッド調整や弦高の調整なども絡んできます。全音域(全フレット)に渡ってベースの状態を最適に保つためにはこれらも追って必要な知識ですが、まずは上記の一般的なチューニングだけを覚えておけば大丈夫!
ベースライフを楽しんでくださいね。

*チューニングを整えて練習や演奏を行った後のベースの保管方法ですが、「弦を緩める」人と「弦を緩めない」人がいます。中には「絶対に弦を緩めてはいけない」という人もいます。
条件によっては弦を緩めた状態のまま放置するとネックが急激にそれることがあるのは経験したことがありますが、ネックのメンテナンス直後と気候条件などのいくつかの条件が重なった場合に発生すると実感しています。逆に普段はチューニングを合わせたままだと弦はすぐに伸びきってしまいますし、ベースの弦は太いため引っ張る力も強く、ネックにも負荷がかかり続けます。
しばらく弾かないのでしたら少し(2~3回転)緩めておくのが良いと思います。
これは人それぞれなんですけど。

ギターは低いほうからE・A・D・G・B・Eとなります。
エレキでしたらやはりシールドからチューナーにつないで合わせるのがお勧めです。
音はベースより1オクターブ高いです。ベースと違い弦が切れやすいのでペグは慎重に回してください。
お姉さんに負けじと頑張ってくださいね!

ご参考になれば幸いです。

ベースは一般的に太い弦(構えた状態で上の弦)から、開放弦でE(ミ)、A(ラ)、D(レ)、G(ソ)の音高に合わせます。
開放弦とはフレットを何もおさえずに弾いた時の音高で、その弦の一番低い音になります。

ヘッド側のペグ…弦を巻いているネジのつまみのようなものがありますよね。そこを回すことでチューニングの調整が可能です。
ゴムなどを引っ張った状態で弾いて遊んだ時の体験からお分かりかと思いますが、弦の締め付けが強いほど音は高くなり、締め付けが緩いほど音は低くなります。

音は何かほかの...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報