あなたの映画力を試せる!POPLETA映画検定(無料) >>

アダムスミスは、自由放任こそ最善の見えざる法であって、それを解明することこそ経済学であると言っています。資本主義におけるもっとも有用な精神である、自由競争の概念ですね。
一方で、彼は労働価値説を唱えています。
彼は、自由放任の先に資本ではなく、労働を置いています。
 これは自由放任は資本主義の心構えのはずが、なぜ労働価値説を唱えているのでしょうか。

 自由放任を主張するならば、そのゴールに資本をおくべきではないでしょうか。

A 回答 (4件)

自由放任は資本主義の心構えと言うのは問題があるかと思いますよ(笑)。


間違っても資本主義は、アダム・スミスが作ったのではありません。アダム・スミスはまさにその封建社会の崩壊と資本主義がまさに見えているその中で、生きていたのです。自由放任は、重商主義ともいえますが、簡潔には国家ですね。アダムスミスの難解さは、彼が法学と倫理学というその間から、経済学という視角が飛び出しているということにもあるように思います。スミスがみた資本主義的生産というのは、人間が自然に働きかけて生まれる動態的過程です。つまり、分業があるわけですが、それはスミスによると、「人間の交換の性向」が人には本来備わっているのだということです。彼自身は確かピン工場の例を提示しているはずですね、分業に関しては。労働価値というのは、こういう視角の中にあるわけですが、やはりその土台は、なんといっても剰余価値にあります。これはスミスの発見というよりは、フランソワー・ケネーにあります。彼は重農主義の先駆者であり、ボス。そしてなぜかその経歴は医者であったというのがおもしろいところです(医者であったことは彼には大きな土台をしいたというのが一般的ですね)。ともかく、スミスはその人間が自然に働きかける過程の中で、労働は剰余価値を生み出す。それがスミスの発見ではないでしょうか?ここが根本の労働価値の概念のはずです。賃金がどうとかというのは、その後にきます。彼は詳細を述べています。基本的に資本主義的な世界では、土地・生産設備(原料)・賃金という要素があり、彼は地代等を差し引いても、利益がかえってくることを見たわけですね、ちょっと具体化しますと。スミスの自由放任が、今の自由主義と同じでしょ!というのは、実は横暴なところがありまして、つまり共通点は、どこまで国家が介入すんの?その線引きをどうすんの?という、基本を国家は必要悪とするところだと思います。
ですから、結論は、自由放任は、人間の性向なるものを最大限に活動させるためには、できるだけ自然法なるものを最大限に働かせるような、適切な実定法をしき、かつてこの性向を制限して殺してきた国家は適度に制限されなければならないというものであり、その性向を働かせると、人間が自然に働きかける再生産過程が循環する。すると、労働価値説、つまり剰余価値なるものが生まれ、国家は富むのだというのがスミスの考えです。別に自由放任と労働価値の概念はまったく矛盾していません。、むしろささえあっています。ただスミスがやはり資本主義的な世界を前提としてこのロジックが立っていることは忘れてはなりませんね。参考は内田義彦などがいいでしょう。
    • good
    • 0

労働価値説をマルクスが使用したために混乱している気がします。

商品(サービス)の価格(価値)は基本的に労働が決定するというもので、自由競争を否定するものではありません。ただ、これだと技術革新やアイデアという労働量と直接には関係のないものの影響が大きい今日では適用することが困難であるだけです。
 また、資本主義というものの考え方も誤解されているように思えます。資本主義とは資本が中心と言うよりは、資本が膨れあがっていくような経済システムを指すように思います。まあ、資本主義の厳密な定義は難しいですが。
    • good
    • 0

ひょっとして、「労働価値説」=「労働することに価値を見出す考え方」と思っていませんか?


そうではありませんよ。経済的な「価値」が労働によって生み出されると考えるのが労働価値説です。
生み出された価値を消費しようが、資本として使おうが、そんなことには関係ありません。
ですので、少なくとも自明なレベルでは何ら矛盾していません。
    • good
    • 0

アダムスミスが、労働価値説、自由放任、「見えざる手」を中心に経済学を前進させたことは、その通りです。

それと「分業」ですね。
>自由放任の先に資本ではなく、労働を置いてします。
此処がよく判らないのですが。
スミスの労働価値説は重商主義や重農主義の対比として捕らえたほうが良いでしょう。
自由放任は、分業の適正化が「見えざる手」によって自然に達成されると考えたのです。
労働価値説と資本を結び付けるにはマルクスまで待たねばならないと思いますが。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q労働価値説は誤りではないですか?

マルクスの労働価値説は誤りではないですか?ソ連の歴史を見ますとマルクスの労働価値説は誤りではないかと思いますが如何でしょう。
理屈で考えても汗流して労働して価値を生み出すというのは、おかしいと思います。「頭の良い人は知恵をだせ、頭の悪い人は汗を出せ。」と言うではないですか。それに、発明をして、技術進歩して、人間の労働力なしに生産することで経済が進歩してきたのですから、マルクスの労働価値説は誤りだと思うのですが、マルクスは経済学者として一流だと言う人が多いようで良くわかりません。
どなたか教えてください。

Aベストアンサー

19世紀のイギリスには、生産面から商品の価値を考える労働価値説という経済学派があり、それを完成させたのが、マルクスということになっています。

『資本論』第一巻が出版された頃、消費の面から商品の価値を考える、限界効用価値説という経済学説が発表されました。普通の経済学は、限界効用価値説を発展させたもので、マルクスが属した学派とは、系統が違います。

労働価値説では、商品の価値は、生産過程で、どれくらいの労働時間が投入されたかで決まると考えます。簡単に言うと、コストをかければかける程、商品の価値は大きくなると考えるのです。

逆に、希少なものであっても、生産に必要な労働時間が少なければ、価値は小さいと考えます。労働価値説では、汚い川の水を浄水施設で殺菌した飲料水と、そのまま飲める湧き水では、コストをかけて飲めるようにした川の水の方が、価値が大きいと考えます。

限界効用価値説の方は、商品が市場で、どのくらい評価されるかで決まると考えます。簡単に言うと、どんなにコストをかけて作った商品でも、市場で売れなければ、価値はないと考えます。限界効用価値説では、汚い川の水から作った飲料水と、そのまま飲める湧き水の例では、湧き水を欲しがる人の方が多いですから、湧き水の方が価値が高いと考えます。

ソ連や昔の中国は、労働価値説で経済運営をしたために、コストを下げようと努力するどころか、無駄なコストをどんどんかけたので、経済が崩壊してしまいました。

希少な自然資源は、価値が小さいと考えられたので、無駄遣いされ、世界第三位の大きさのアラル湖が干上がるというような、自然破壊を起こしました。

『資本論』は、加減乗除という、小学校レベルの算数だけで構成されていますので、マルクス経済学には、数学の出来ない人が集まってしまいました。そういう人たちは、高度な数学モデルを駆使する普通の経済学には転向できませんから、大学のお荷物になっているそうです。

科目名をマルクス経済学にすると、学生が逃げるので、総合経済学とか、経済原論とか、政策経済学と言った科目名にして、学生を騙しているようです。

19世紀のイギリスには、生産面から商品の価値を考える労働価値説という経済学派があり、それを完成させたのが、マルクスということになっています。

『資本論』第一巻が出版された頃、消費の面から商品の価値を考える、限界効用価値説という経済学説が発表されました。普通の経済学は、限界効用価値説を発展させたもので、マルクスが属した学派とは、系統が違います。

労働価値説では、商品の価値は、生産過程で、どれくらいの労働時間が投入されたかで決まると考えます。簡単に言うと、コストをかければ...続きを読む


人気Q&Aランキング

価格.com 格安SIM 料金比較