ついに夏本番!さぁ、家族でキャンプに行くぞ! >>

電力系統の位相制御をする方法って何でしょうか?
また、位相制御は系統間の電力融通のために行われるのでしょうか?この他の目的もあるのでしょうか?

 電力系の専門知識にお詳しい方がおられましたら、よろしくお願いいたします。

A 回答 (3件)

 電力系統で位相制御をする主たる目的は、各発電機の負荷バランスを保つためです。

系統間の電力融通のために行われるという言い方でも、外れていないかもしれません。

 電力送電系では、電圧を上げ下げするのが便利なために、交流が用いられていますが、この交流系に繋がる発電機は、言わば他の発電機と二人三脚で全体の発電を分担しています。

 位相が早まった発電機は、分担電力を超えた電力を供給しなければならなくなり、位相が遅れれば、他の発電機の足を引っ張る状況になります。従って、系の位相にあわせて発電して、分担電力を担う発電をしなくてはなりません。

 電力系統の位相(積分すると周波数)制御が出来ない発電機は、系の足手纏いになりますから、その電力系統から切り離さなければならなくなります。そして、次々にそのような発電機が系から離脱すると、昨年北米で起きた大停電等につながって行きます。

 そんなわけで、位相の積分値である周波数が安定していることは、供給電力が安定していることの証でもあり、電力会社はこの周波数を高精度で制御しています。↓

参考URL:http://www.tepco.co.jp/kouza/pst/tips-j.html, http://www.tepco.co.jp/kouza/jyukyu/jyukyu-j.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

じつにわかりやすかったです。
直感的に理解できました。
ありがとうございました。

お礼日時:2004/04/04 13:09

#2さんに補足追加


「位相が早まった発電機は、分担電力を超えた電力を供給しなければならなくなり、・・・」
位相が進んでいる発電機は、電力を多く供給します。しかし、発電機を駆動する蒸気タービンや水車の出力は変わりませんから、発電機駆動力<発電機出力 となって、減速し位相が遅れてゆきます。(位相が遅れた場合には、逆に加速して位相がすすみます)
このようにして、各発電機は駆動する水車や蒸気タービンの出力に合わせた(この出力を電力系統に過不足なく送り出せるような)位相に自動的になってゆきます。
(ただし、複数の発電機があると潮流が時間的に変化して、発電機が遅れ→進み→遅れ、、を繰り返す(系統動揺)可能性があります。潮流制御が重要視される理由の一つが系統動揺の抑制です)

また、通常の発電所では、発電電力(隣の系統との連携電力)が計画値になるように発電機制御を行います。(周波数調製を行う発電所:周波数の基準を作る発電所:は、50Hz区域と60Hz区域で一箇所ずつだけ)。電力の流れを計画どおりにすることで、結果として系統全体の位相(周波数)が基準発電所に揃うような運用をしています。
    • good
    • 0

「電力系統の位相」というのが「電力系統における各点の電圧の位相」の意味だとして、、



電力系統内および電力系統間の電力の流れ(潮流)は、系統内の各点や系統連携線両端の電圧位相差と密接に関連しています。したがって、各点の電圧位相を何らかの方法で調整すると系統内の潮流制御や系統間の電力融通調整ができますし、逆に各点の発電量、電力消費量、および系統インピーダンスで潮流が決まれば、各点の電圧位相は自動的に決まります。

電圧位相を直接的に制御する方法としては、
1.移相変圧器 (三相のΔ巻線とY巻線を適切に組み合わせて電圧位相を変えたり、巻線型誘導機のように二次巻線を回転できる構造にして電圧位相を変えれる変圧器)を使う方法
2. 送電線に直列に90度位相が違う電圧源(変圧器+半導体電力変換器)を入れて電圧源の大きさを変えて位相を変える(半導体化)移相器
があります。

また、間接的に位相を制御する方法としては、
3. 電力線に直列にインピーダンスを挿入して、系統インピーダンスを変えて受電点の電圧位相を変える
4.異なる系統(の端部)を電力変換器を介して接続し、系統間で有効電力のやりとりをさせて、結果として電圧位相を変える
5.各部の発電量を変えて、各点での電力の需給バランス(潮流)を変え、結果として電圧位相を変える
方法があります。

1-4は、各部の発電量や需要に手を加えずに、潮流(特に並列送電やループ送電を行うときの潮流のバランス)を制御するのに使用されます。(4の場合には、5と同様、潮流制御をした結果、電圧位相が変わった と表現するほうが妥当かも。)

大まかにですが、このようなところでしょうか。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。
なんとなくは理解できたので、これからしっかり勉強します。

お礼日時:2004/04/04 13:08

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q同期発電機の無効電力について

電気の勉強をしている者ですが、解釈が合っているかわからないので質問しました。

発電所の発電機は界磁電流を調整して常に力率1になるようにして送電しているのでしょうか?そうした方が損失が減るから良いんですよね?それが一つと二つめは

ある参考書には負荷には無効電力が必要だから送電は力率1で送り需要家側でコンデンサから無効電力を供給してやると書かれていたんですが、今までの自分の解釈だと電力用コンデンサは無効電力を打ち消して力率を1に近づけるものだと思っていました。しかし、ある参考書では無効電力は 回転磁界を作ったりするのに必要な電力と書かれていました。そこで矛盾したような感覚に陥ってしまいました。まとまってなくてすみませんが、わかる方いたらよろしくおねがいします

Aベストアンサー

1)発電機は負荷側での消費電力に見合う分の発電が必要で、有効電力も無効電力も同じです。従って界磁電流の調整で常に負荷の力率を打ち消す無効電力を発生させています、負荷は力率1が理想ですが、常に変動しています。

2)モーター等の負荷は遅れ力率であるが、コンデンサーを挿入する事で遅れ力率を吸収して打ち消します、但しモーターの負荷は常に変動して、常に力率1に出来る訳ではありません、従って若干の遅れ力率の供給が発電機より必要です。

3)「電力用コンデンサは無効電力を打ち消して力率を1に近づけるものだと思っていました」その通りです
   モーターなどは遅れ電流となるが、コンデンサーは進み電流が流れ、遅れ電流を打ち消して力率を1に近づけますが正確に1には出来ません、その分は発電機の界磁電流の制御で発電機で吸収し打ち消します。

4)「ある参考書では無効電力は 回転磁界を作ったりするのに必要な電力と書かれていました。」その通りです
   モーターなどでは回転磁界を作る事でモーターは回転します、この時に遅れ電流が流れます。

5)モーターの負荷は常に変動し、その遅れ電流も変動します、コンデンサーは一定の進み電流となり打ち消すが、モーターの負荷変動に追従は出来ず、その分は発電機で打ち消します、発電機は界磁電流で連続的に変動に対応します。

6)送電線の電流を減らし、送電線での電力ロスを減らす為には負荷側でコンデンサーを挿入して調整しますが、調整しきれない分は発電機の界磁電流の調整で行います。

7)負荷側にコンデンサーを挿入して力率を1に近づける事で電力の基本料金が割り引かれます。

             参考になるかな??

1)発電機は負荷側での消費電力に見合う分の発電が必要で、有効電力も無効電力も同じです。従って界磁電流の調整で常に負荷の力率を打ち消す無効電力を発生させています、負荷は力率1が理想ですが、常に変動しています。

2)モーター等の負荷は遅れ力率であるが、コンデンサーを挿入する事で遅れ力率を吸収して打ち消します、但しモーターの負荷は常に変動して、常に力率1に出来る訳ではありません、従って若干の遅れ力率の供給が発電機より必要です。

3)「電力用コンデンサは無効電力を打ち消して力率を...続きを読む

Q逆潮流はなぜできるのか。について

太陽光発電においてソーラーパネルからの余った電力を電力会社が買い取ってくれる件(逆潮流)です。

通常電力会社からの供給電圧は電灯で200Vの電圧が常時かかっています。
ソーラーパネルからソーラーシステム電力供給装置(パワコン)をへて各負荷へ電力供給消費となりますが、使用してない時の余剰電力は電力会社へ流れ電気を買いとってくれる契約を
してくれるのですが、
ここで基本的なことで質問です。
電力会社からの電圧がかかっているのにパワコンからの同じ電圧を電力会社電力網にかければ電気は流れないと一般的に思います。電位差があってはじめて電流が流れると思いますが。
パワコンの電圧を少し上げていると聞きましたが、そうなんでしょうか?又相互の電圧、電流の方向と
基本的な仕組み理屈が良くわかりません。どなた様か詳しい方よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

逆潮流については、私も詳しい説明の無い事がとても不思議です。
その為、理論的ですが勝手な解釈でお話しします。

少なくとも、電位差が無ければ電流は流れません。
これは自然現象なので、人間の知恵や力で覆す事は出来ません。
では、どういった電位差なのか?
法律では電圧の幅を定められていますので、それ以外の電圧で配電する事は違法です。
その為、受電電圧より高くパワコンの電圧を設定する事も出来ません。
唯一思いつくのが、位相です。
つまり、電力側の電源波形より進み波形にすれば、需要家側が常に高い電位となるので、逆潮流が可能となります。
実際にパワコンでは周波数調整をしていますし、位相を無視して逆潮流すればショートしてしまいます。
その為、位相は常にパワコンで確認しているものと思われます。
位相確認が出来れば、位相調整も出来るという事から進み電力にしているのではないかという推測です。

メーカーの人間ではないので正確ではないかもしれませんが、恐らくこのような方法ではないかと思います。

Q同期発電機を母線に並列運転する条件

同期発電機を母線に並列投入する際、
1、電圧が等しいこと
2、周波数が等しいこと
3、位相が等しいこと
がありますが、それぞれ投入側が高い、低い(進み、遅れ)の状態で
投入した場合、どのような影響がありますか?

また、実際に投入する際は、投入側の電圧と周波数を若干高めで投入するのですが、
なぜでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

電圧が等しくない状態で投入すると,無効電流が流れます。
(発電機電圧が母線電圧より高ければ,遅れ無効電力を発生,低ければ吸収)
位相が等しくない状態で投入すると,有効電流が流れます。
(発電機の位相が母線より進んでいれば有効電力を発電,遅れていればモータ動作して有効電力を吸収)

電圧差や位相差がわずかであれば問題ありませんが,
大きな差が有る状態で無理に入れると,投入直後に大電流が流れて,
過電流リレーがとぶ可能性があります。

周波数が等しくない状態で投入すると,動揺を起こした状態になります。
周波数差が小さければ,しばらく待てば動揺が収まって同期状態に引き込まれます。
周波数差が大きいと脱調してしまいます。

>投入側の電圧と周波数を若干高めで投入するのですが
ここはよく分かりません。可能な限り合わせて投入すると思っていました。

投入直後に,有効電力,無効電力を系統から消費しない,
少しは発生する側にしたい,からでしょうか。
あるいは,原動機を同期電動機で無理に加速したくないからかもしれません。

Q周波数の、位相合わせをどうやってするのか教えてほしいです!

1つの発電所内の複数の発電機の、また、1つの電力会社内の複数の発電所の送電系統の周波数の、位相合わせをどうやってするのか教えてほしいです!また、他の電力会社との間で、伝記のやり取りをするケースもありますが、長距離送電になってくると、位相がずれてきて、困ると思うのですが・・・?

Aベストアンサー

発電機は起動して、系統に接続するときに周波数と位相を合わせて、遮断機を投入してしまえば、位相がずれることはありません。系統内の全ての発電機は同じ位相で動いています。
あとは系統内の発電と負荷のバランスで周波数が決まります。(厳密にいえば送電線のリアクタンスなどで少しずれますがおおよその話で)

電力会社間については50Hz系統の東京電力と東北電力は同じ位相です。北海道電力は50Hzですが、直流で連携しているので、位相は合っていません。 60Hzの各社も連携されていない沖縄を除いて同じ位相になっています。

Q変圧器の励磁電流と一次電流との違いについて。

変圧器について勉強しています。
そこで,1点引っかかっています。

励磁電流と一次電流との違いは何なのでしょうか?
勉強不足なものでよく分かりません…。

励磁電流は鉄心に主磁束を形成する電流と書かれています。
ですが,一次電流も同じでは???と思って混乱しています。

お手数ですが,どなたかお分かりでしたら
教えてください。

Aベストアンサー

一次電流とは一次巻線を流れる電流のことで、(1)励磁電流と(2)負荷をかけたことによって流れる電流のベクトル和です。質問者の疑問点はおそらく、後者の負荷電流も磁束を発生させる筈なのに、何故前者だけに限るのか、ということでしょう。一次側だけを考えると確かにそうですが、負荷電流は二次側にも流れており、一次と二次の負荷電流が作る磁束は大きさが同じで向きが逆なので打ち消しあって無くなります。だから、主磁束は励磁電流だけが寄与すると言ってもいいのです。
また、電流の位相も違います。損失を無視すると励磁電流は電圧に対して90度の遅れですが、負荷による電流の位相は負荷の力率次第です。もし純抵抗負荷であれば、電圧との位相差はゼロです。よって、(1)と(2)は別々に取り扱う必要があります。

QΔ-Y結線にて位相が30°進むのはなぜ?

Δ-Y結線にて、1次電圧に対して、2次電圧の位相が30°進むのはなぜでしょうか?

Y結線は、線間電圧が相電圧に対して、30°進むのですよね?
それだと、Δ-Y結線では、Y結線の相電圧は、Δの線間電圧に対し、30°遅れると
思うのですが、違うのでしょうか?

Aベストアンサー

Δ接続の相電圧(=線間電圧)とY接続の相電圧が対応しているので、一次の線間電圧と二次の相電圧が同位相になります。
二次の線間電圧(Vuw)が二次の相電圧(Vu)より30度進みになるので、二次の線間電圧は一次の線間電圧より30度進みになるかと思います。

Q力率の「進み」「遅れ」

業務で利用している電力設備に力率計なるものがあり
中央にcosφとあり針はLead(進み)の0.98を指し示していましたが
これがどのような意味合いなのかさっぱり分かりません。

いろいろ他の質問とかを見てみると「遅れ」は良くて「進み」は良くないとありました。
どの程度良くないのでしょうか?
ユーザー設備に支障が出る可能性もあるとありましたが、どの辺りの値からが危険値なのでしょうか?

Aベストアンサー

NO.3です。

 電源が自家発でないとすれば問題は負荷端の電圧上昇のみとなります。
 進み力率(容量性負荷)による負荷端の電圧上昇は、受電系統のインピーダンスや負荷率によって変わりますが、力率計が設置されている設備を基準として、そこから負荷までの配線インピーダンスを5%(リアクタンスのみ)負荷率を100%とした場合、負荷端の電圧は力率の変化によりおおむね次のようになります。

力率 おくれ
      0.8  97.1%
      0.8598.7%
      0.9  97.9%
      0.9598.6%
      1.0  100.1%

力率 すすみ
      0.98  101.1%
      0.95  101.7%
      0.9  102.3%
      0.85  102.7%
      0.8  103.1%
      0.7  103.6%

電圧上昇は負荷率が高いほど大きくなります。

Q変圧器の電流位相について

変圧器に関しての質問です。
変圧器の1次電圧と2次電圧、1次側電流と2次側電流は同位相になるのでしょうか?

逆起電力なので90度ずれた波形がでると考えているのですが,詳しく知りたいので説明もいただけると助かります。
よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

以下では電流は変圧器に流れ込む向きを正にとります。

電圧
簡単のため、磁束の漏れがないとします。
一次電圧 e1=n1*dφ/dt
二次電圧 e2=n2*dφ/dt
(ただし、φ:磁束、n1,n2:一次と二次の巻き数)
で、同位相になります。

電流
磁束φを生成する励磁電流(電圧より90度位相の送れた電流)分が流れるため、一次と二次電流では位相の差が出ます。(例外として、無効電力だけ伝送しているばあいには、位相の差は出ませんが)

励磁電流を除けば(励磁電流が無視できるほど小さければ)、一次電流と二次電流は逆位相になります。(一次電流による起磁力と二次電流による起磁力が相殺するよう(n1*i1+n2*i2=0)に電流が流れるため)
(電力回路などで使われる電流の向きの取り方(一次電流は流れ込む向きを正、二次電流は流れ出る向きを正)にすると、一次と二次の電流は同位相になります)

Q中性点とアースの違い

配線図を見ると、トランスの中性点から、接地線が「アース」がとられていますが、中性点とアースは、同じなのでしょうか?中性点から、アースをとっても、同じなのでしょうか?地中から、トランスに電流を逃がすのと、直接中性点に逃がすのと、違いは、?あるのでしょうか?

Aベストアンサー

中性点とアースは、同じなのでしょうか?
@どちらも大地に接地極を埋設しているのですが目的は全く違います。変圧器内で高圧と低圧が混食すれば電灯やコンセントの100V回路に6,600Vの高電圧が印加されて大変危険です。B種アース(トランスの中性点のアース)があれば高圧側(変電所等)でその電流を感知して地絡継電器が動作し高電圧を遮断できます。
中性点から、アースをとっても同じなのでしょうか?地中から、トランスに電流を逃がすのと、直接中性点に逃がすのと、違いは、?あるのでしょうか?
@中性点にアースを接続しては絶対ダメです。もし接続すれば電源線から負荷を通じて中性線に流れる電流(負荷電流)がアースを接続したところから分流して漏電電流になります。当然漏電ブレーカーはトリップします。

Q同期電動機はなぜ、回転子が停止した状態からは始動できないのか。

標記について、始動巻線などを備えたものは別として、一般的に同期電動機は、回転子が停止している状態では、始動トルクが0であるから始動できないという記述がなされています。
しかし、なぜ、始動できないのかについての詳しい説明がない、当然であるかのような記述があります。
私が考えるところでは、界磁には励磁電流が流されることにより磁極が発生し、電機子(固定子)には三相交流が流され回転磁界をつくるので、磁力線の中を電流が流れることから、電機子導体にはフレミングの左手により力が作用するが、固定されていることから、反作用により界磁が回転するのではないかと思うのですが・・・・
なぜ回転しないのか、その原理を教えていただけないでしょうか。
なお、初めから回転している状態であれば、引き続き回転するというのはそれなりに理解できております。

Aベストアンサー

#1お礼欄に関して
周波数0から引っ張り挙げる場合(簡単のために、回転子の角度を知るセンサがあるとします)
・回転子の角度(界磁磁界の方向)から、若干ずれた角度に起磁力ができるよう固定子に電流を流します。(このときは直流電流)
・トルクが発生して、回転子が回り始めます。
・ここで、固定子の電流位相を回転子の角度に対して進みの状態を保持する(自動的に、固定子につながった電源の周波数は上がっていきます)と、回転子はどんどん加速し、目標速度まで持ち上げることができます。

周波数一定の電源での起動
回転子が静止しているとき、固定子に定周波の電源をつなぐと、平均値が0の脈動トルクが発生します。回転子の機械的な時定数よりも電源の周期があるていど長ければ、回転子は脈動トルクで加速されて、回転を始めることができます。
(さらに、電源を全電圧投入したときには、一時的に偏磁がおきて電流波形がひずみますので、これも始動に一役買っているかもしれません。)


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング