ビタミンCは水に溶かすと分解が始まると言われています。

しかしながら、ビタミンCのドリンクもありますし、本当のところはどうなんでしょうか?

私は、ビタミンCを水に溶かして登山用のドリンクにしようと考えています。

分解してしまったら意味がないので、教えていただければ助かります。

よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

只の水よりもビタミンC入りのドリンクは良品です。

ビタミンCは水に溶けますから、粉末で売られているものは溶けやすく、それを活用すると良いですね。

さて、本題。
もしも、大気中の酸素でビタミンCが酸化するから無駄だ、と云うのなら、袋入りで顆粒のビタミンCも良く見かけますが、酸素に触れないように真空パック状態で商品化しなくてはいけないですね。
そのようなものは見かけたこともありません。水の中の酸素って、大気中の酸素濃度よりも遥かに薄いですよ。

ビタミンCは化学名で”アスコルビン酸”と云います。これは還元型のビタミンCです。
例えば、身体が放射線被ばくした時は、身体に(細胞内液、細胞外液、細胞膜、タンパク質、遺伝子、等々)に電離反応が起きます。
よく耳にする活性酸素、これは酸素に起きた電離反応ですが、脂やタンパク質、遺伝子など、あらゆるところで起きる電離反応をフリーラジカル反応と云います。フリーラジカルが全身に連鎖反応的に広がると、身体は病気になります。だから、これは早いうちに消さなくてはいけません。

体内酵素でこのフリーラジカルを消去するのですが、それだけでは追いつかないほどフリーラジカルの連鎖反応が大きければ、身体は負けます。

この時に、ビタミンEやビタミンCが還元力を発揮して、フリーラジカルを消去します。この消去作用で、ビタミンEも酸化型のビタミンEに変わり、これをビタミンCが還元します。
そうするとアスコルビン酸(還元型)は→モノ・デヒドロ・アスコルビン酸(中間型のビタミンCラジカル)→デヒドロ・アスコルビン酸(酸化型ビタミンC)へと変化する。
酸化型のビタミンCはNADH(ビタミンB群の仲間でニコチン酸)の還元作用によって、再び還元型のビタミンCに戻ります。
NADHはNADと酸化・還元を繰り返し、体内では補酵素として働きます。

ビタミンCは身体に役立つビタミンですが、一緒にビタミンEやビタミンB群も摂らないと、片手落ちの栄養補給になりますね。

山登り、楽しんできてください。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

詳しい説明をありがとうございました。
とても参考になりました。

お礼日時:2013/09/10 10:40

ビタミンCが分解するのは水に溶かすからではなく、酸素と出会うからです。

水に溶けたビタミンCは水に溶けている酸素と出会って分解してゆきます。この性質を利用して、お茶などの飲料に、ビタミンCが酸化防止剤として、味が変わらない程度添加されているものがあります。(飲料中の酸素をビタミンCがいわば犠牲になって酸化され、お茶などの酸化・変質を防ぎます)

>ビタミンCを水に溶かして登山用のドリンクにしようと考えています。

1日2日で飲む分には余り影響はありません。しないとは思いますが、ビタミンCの溶液を激しくシェイクはしないでください。心配なら摂取希望量の1,2割多めに溶かしておけば良いことです。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

水中の酸素がビタミンCを分解するということですね?
なるほど、とても参考になります。
シェイクは砂糖も加えるのでシェイクはしていましたが、今後は考えるようにします。
ありがとうございました。

お礼日時:2013/09/07 07:12

水に溶けますが、ビタミンCとしての機能は失われません。


野菜を水洗いしすぎるとその水に溶け込んで失われてしまうということと
分解されて効力が失われるということとが混同されてしまっているのでしょう。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

水に溶けるのはいいとしても分解はしないのですね?
参考にさせていただきます。
ありがとうございました。

お礼日時:2013/09/07 07:10

ビタミンCは水溶性なので、水に溶けてしまうだけで水に分解するとは聞いたことがないです。



ビタミンCが分解するのは加熱ですから、お湯に溶かさなければ分解しないでしょう。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

そうなんですか?水には分解しないのですか?
参考にさせていただきます。ありがとうございました。

お礼日時:2013/09/07 07:08

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QビタミンCは水に溶ける。ということは?

基本的なことでお恥ずかしいのですが、ビタミンC(顆粒)を飲もうとして水を汲んでから「ん?」と止まってしまいました。「水溶性ビタミン」といわれているものを水と一緒に飲んでいいのか?もしや今までやっていたことは無意味?ご存知の方、教えて下さい。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

良いんですよ。ご安心ください。ビタミンには溶けやすいものと、油脂に溶けやすいものとがあります。ビタミンB群とCは水に溶けやすく、AとEは脂肪に溶けやすいです。
水溶性ビタミンは過剰に摂った分は尿に溶けて外に排泄されます。

一般的に、料理で(サプリメントではなく)ビタミンを取ろうとする場合、水溶性のものはあまり水洗いをしてはならない、などの事を言われますが、私は、そういうものは汁ものにいれるようにしています。汁のなかには、水溶性ビタミンは残りますから。

Qアスコルビン酸など還元剤の水溶液保存

アスコルビン酸など還元剤の水溶液保存

アスコルビン酸を水溶液にすると長期保存が出来なくなると聞きました。

また、水は酸化ダメージから保護するには最も向かない溶媒であるとも聞きました。

ということは、システインといった他の還元剤も水溶液にすると保存がきかないということでしょうか。

また、還元剤を水溶液にしたあと窒素などで脱気してみるとどうでしょう。

水溶液保存可能となるでしょうか。

酸化還元にお詳しい方のご意見を賜りたいです。

Aベストアンサー

>水は酸化ダメージから保護するには最も向かない溶媒である
それは間違いです。
水は酸素溶解度が非常に低い溶媒なので「静置」さえしておけば問題はありません。
またアスコルビン酸はアルカリ性では爆発的に酸素と反応しますから、弱酸性を保つ様にします。
もちろんアスコルビン酸は酸ですからその水溶液は酸性ですが、酸化されにくい酸で無害なもの、例えば酢酸などを微量加えるだけでも酸素耐性は大きく向上します。
窒素で脱気しても良いですが、アルゴンが少量でもあれば液面に2cm程度の層で覆うだけでも驚くほどの効果があります。

Qアスコルビン酸粉末(ビタミンC)の酸性の悪影響を弱めたいのですが

ビタミンCをとるために、アスコルビン酸粉末をペットボトルの水に溶かして普段飲んでいるのですが、
以下の2点が気になったので教えてください。

(1)アスコルビン酸の酸性をおさせるために重曹と一緒に飲んだらどうなりますか。

アスコルビン酸は酸性なので、それほど強い酸ではないとしても、長期的に考えたとしたら
 ・胃を刺激して良くない
 ・歯がとける
という可能性があるそうですが、これらの影響を弱めるために、重曹を少し入れて飲んだらどうなりますか。
中和されても、ビタミンCがとれなくなったりしますか。


(2)尿のPHへの影響について

最近よく聞く、ビタミンCの尿のPHへの影響ですが、ビタミンCは
飲む時は酸性ですが、尿として排出される時はアルカリ性という認識でおってますか?

そうだとしても、多めにとった場合は水溶性ビタミンなので尿として
そのまま出てくると思うのですが、この場合尿のPHが酸性に傾きますか?

Aベストアンサー

アスコルビン酸を重曹と一緒に飲むことで悪い影響はありませんが
味はすごいことになりそうですね・・・
胃が弱いなどが無いのであればそこまで気にするほどの酸でもないと思います。
健康のために酢を飲む人もいるんですからね。
体液はアルカリ性なのでビタミンCの酸性のPHは体の中で体液と同じに調節されます。
人間はPHが少し変化するだけで死んでしまうのでビタミンCごときではPHの変化は起こりません。
よって尿のPHも全く変わりません。
なので安心して飲んでください。

QL-アスコルビン酸

サプリとしてときどきビタミンCを取ります。ラベルの表示をみると、L-アスコルビン酸ナトリウムと書いてあったり、ただアスコルビン酸(ビタミンC)とあります。お聞きしたいのは、その L- についてですが、L型でないと体内ではたらかないということでしょうか? また、単にアスコルビン酸と表示されているときには、L型ではないということでしょうか?

Aベストアンサー

すみません。No.2です。

比較的安価なものはフリーのL-アスコルビン酸
だと思います。フリーの場合、酸性が強く、胃の不快感
や下痢を起こすことがあります。

そのため、L-アスコルビン酸をナトリウムやカルシウム塩
にすることにより、そのような副作用を抑えています。

塩にしたものはフリーのビタミンCよりも原料費が
高いので、そのぶん高くなります。

安価なものは単にアスコルビン酸(ビタミンC)と表示されて
いないでしょうか?

QビタミンC定量とメタリン酸について

難しい質問なのですが、
ビタミンC定量で、なぜメタリン酸を使うのでしょうか?
栄養の勉強をしているのですが、
まったくわからないのです。
詳しく知っている人がいたらぜひ教えていただきたいです。
お願いします!

Aベストアンサー

以下の参考URLサイトは参考になりますでしょうか?
「還元型ビタミンCの簡易測定法によるブロッコリーの品質診断」
●http://www.sdk.co.jp/shodex/japanese/dc050227.htm
(ビタミンC入り清涼飲料水)
◎http://members.home.ne.jp/khide/vitamin.htm
(実験の概要:2%メタリン酸溶液)

抽出の意味とpH調整の意味があるようですね?
参照文献の記載もあるので調べてみては如何でしょうか?

ご参考まで。

参考URL:http://home.raidway.ne.jp/~shes/gijutsu/95/95-05.htm

QビタミンC入りの飲料って意味あるの?

よくコンビニとかで栄養ドリンクのコーナーに
ビタミンCのものがあると思いますが、
あれって、本当にちゃんとした効果あるんでしょうか?
風邪とかの時に気分的に飲んでみるのですが、
なにか効果があるのかはよく分かりません。
風邪に関して効果があるなら、こういう飲み方が効果的だとか
も教えてください。
ついでに、『レモン1000個分』ってあれ本当ですかね??
なにか都合が良すぎるような。。

Aベストアンサー

レモン50個分の間違いではないでしょうか。レモン1000個分のドリンクはありません。
 ドリンクに入っているビタミンCに関してはどんどん酸化しますので、余りあてになりません。よく売れているドリンクだったらいいですが、粉末や、錠剤であれば比較的安定です。
 数十年間の研究の結果、佐賀大学教授の村田教授の話によると、風邪にビタミンCは引く回数が減るという結果は50%減らないという結果は50%程度だそうです。しかし多くの研究論文の共通している内容は、風邪が治るまでの期間は短縮するということです。村田教授は10000にも上る論文を検証しています。
 
 風邪をひくと白血球の中のビタミンCが不足します。しばらく風邪をひいていると、かなり枯渇状態になりますので、食事で取れるビタミンCでは回復まで、時間がかかってしまいます。一気に回復させるには、やはりビタミンC剤を補給するのは賢明なことだと思います。

 私のお勧めは、一回2000mg(レモン100個分)を2時間おきに3回合計6000mg
これは一回だけです。

後は回復するまで、食後に1000mgずつです。

村田教授は様々な研究があるが、自分で研究してみると、風邪のひき始めに6000mg程度の大量摂取すると風邪をほとんどこじらせなくなるということです。村田教授はビタミンCを研究しだしてから、ビタミンCを飲みだして、風邪のひきはじめには、6000mg程度のむようにしていますが、20数年間風邪を引いていないそうです。私もビタミンCを販売していますが、多くの方から感謝されます。
 
 ですから、ドリンクで飲むのは意味はありますので、飲まれたらいいですが、顆粒か錠剤ならもっといいです。

レモン50個分の間違いではないでしょうか。レモン1000個分のドリンクはありません。
 ドリンクに入っているビタミンCに関してはどんどん酸化しますので、余りあてになりません。よく売れているドリンクだったらいいですが、粉末や、錠剤であれば比較的安定です。
 数十年間の研究の結果、佐賀大学教授の村田教授の話によると、風邪にビタミンCは引く回数が減るという結果は50%減らないという結果は50%程度だそうです。しかし多くの研究論文の共通している内容は、風邪が治るまでの期間は短縮する...続きを読む

Q体をアルカリ性にするには?

こんにちは。
先日病院にて血酸値だか尿酸値が高いとの事で
体をアルカリ性にしなさいと言われました。
そのお医者さんの先輩が痛風持ちの方だったらしいのですが
毎朝バナナを1本食べて酸の値が下がって健康になったとの事で
バナナを勧められました。
ですが買い物に毎日行けない為、バナナは買いだめになり
痛みが早くて困っています。

さてバナナ以外に体をアルカリ性に出来る
食べ物って有りませんでしょうか?
どうか教えて下さい。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

お医者さんも、ちょっと説明が大雑把だったのかな?
(話をわかりやすくするために、あえて「体をアルカリ性」といった表現で説明したのかも?)

人間の体は高度な恒常性を保っており、皆さんがおっしゃるように、食品で体が酸やアルカリに偏ることはありません。

ただし、通風の予防・治療にアルカリ性食品は、とても意味のあることです。

体液のpHの調節には尿が使われており、酸性食品を摂ると尿が酸性に、アルカリ性食品を摂るとアルカリ性になって、酸やアルカリを体外に排出してバランスをとっています。
要するに、アルカリ性食品というのは、尿をアルカリ性にする食品ということです。

そして、通風の原因となる尿酸はそのほとんどが尿で排出されますが、アルカリ性の方が溶け出しやすく、スムーズに排出されます。
ですから、尿をアルカリ性にすることは、通風(や尿路結石)の予防・治療に効果があります。


さて、ご質問の食品についてですが、大まかに言うと、リンや硫黄、窒素を多く含むもの(肉・魚)が酸性、カリウムやカルシウムを多く含む物(野菜・果物)がアルカリ性食品です。

具体的には、以下の表を参考にしてください。
http://www.wellba.com/wellness/food/contents/00301/table.html

表の見方の注意ですが、酸度・アルカリ度の数値だけでなく、食べる量も考慮することが大切です。
例えばシイタケはアルカリ度の高い食品ですが、一度にそれほど多く食べるわけではありません。
一方、先生がおっしゃったバナナは、カリウムを豊富に含み、かつそれなりの量を食べられます。

こういったことを加味して効率の良さそうなアルカリ性食品を挙げると、果物、根菜類、芋、あと(表にはありませんが)ワカメはかなりアルカリ度が高く、少量でも意味がありそうです。
一方、大豆や干しいたけはアルカリ性食品ですが、プリン体も多く含みますので、微妙です。

逆に、注意すべき酸性食品は、鶏肉、卵黄(卵白はアルカリ性)、マグロ、玄米あたりでしょうか?

ただし、食品は薬のように即効で効果があるわけではありません。
以下のサイトでも、実際に影響が出るまで1ヶ月以上かかっています。
http://www6.plala.or.jp/yamaski/fruits/alkaline.htm

「バナナを食べればそれでOK」ではなくて、基本的な食生活を改善する(肉や魚介類を控え、野菜をたくさん摂る。アルコールは通風にも悪影響がありますので、お酒は控えめに。など)ことが大切だと思います。

参考URL:http://www.nhk.or.jp/gatten/archive/2001q1/20010117.html

お医者さんも、ちょっと説明が大雑把だったのかな?
(話をわかりやすくするために、あえて「体をアルカリ性」といった表現で説明したのかも?)

人間の体は高度な恒常性を保っており、皆さんがおっしゃるように、食品で体が酸やアルカリに偏ることはありません。

ただし、通風の予防・治療にアルカリ性食品は、とても意味のあることです。

体液のpHの調節には尿が使われており、酸性食品を摂ると尿が酸性に、アルカリ性食品を摂るとアルカリ性になって、酸やアルカリを体外に排出してバランスをとっ...続きを読む

Qビタミン剤は水以外で飲んでも平気ですか?

皮膚科で貰ったビタミン剤(ビタダンとシナール)があるのですが、
薬じゃないからと思ってコーヒーとかその時あるもので飲んでたのですが、
やっぱり薬みたいに水で飲んだほうが良いのでしょうか。
それとも何でも大丈夫ですか?
サプリは水じゃなくても大丈夫ですよね??
教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

サプリ・薬どちらも水またはぬるま湯で飲むのが基本です。
お茶やジュースなど、組み合わせによっては十分効果が発揮できないそうです(特にアルコールなどはダメです)
ホントかどうかは分かりませんが、だいぶ昔にコーヒーとビタミンCを一緒に飲むと細胞が突然変異する事があると聞いた事があります。

気になったので調べて見ました。下記はHPの抜粋です。
「合成ビタミン天然ビタミン」
昨今コンビニで、ビタミン剤を食品として販売するようになりました。
ただ、合成ビタミン(アスコルビン酸)を多量に摂ると、人体に有害な副作用を起こすことがあります。
第42回日本癌学会で、ビタミンC剤1錠をコーヒーなど(お茶・紅茶)と一緒に飲むと
タバコ66本分の突然変異原性(発ガン性)がおきると報告されています。
ところが、レモンなどに含まれる生きている天然ビタミンCと嗜好品を反応させると、突然変異原性をむしろ抑制する作用があるというのです。
自然の恵みは、偉大ですネ。おいしくビタミンを食べましょう  

参考URL:http://www.koboya.co.jp/toshi.html

サプリ・薬どちらも水またはぬるま湯で飲むのが基本です。
お茶やジュースなど、組み合わせによっては十分効果が発揮できないそうです(特にアルコールなどはダメです)
ホントかどうかは分かりませんが、だいぶ昔にコーヒーとビタミンCを一緒に飲むと細胞が突然変異する事があると聞いた事があります。

気になったので調べて見ました。下記はHPの抜粋です。
「合成ビタミン天然ビタミン」
昨今コンビニで、ビタミン剤を食品として販売するようになりました。
ただ、合成ビタミン(アスコルビン酸)を...続きを読む

Qビタミン剤の副作用?

当方23歳、女性です。生活が不規則、また喫煙者でもあるため
少しでも足しになれば、と思い、サプリメントを飲んでいます。

今は「アスコルビン酸原末」というビタミンCの粉末を飲んでいるのですが
どうも、服用し始めてから便秘気味のような気がするのです。
便秘というほどひどくはないのですが、便が固く、出にくい状態になっています。
もともとお通じは正常な方で、便秘に悩んだことは殆どないのですが…。
生活習慣や食生活、環境などは服用前と変わっておらず
変わったことといえば、サプリメントを飲み始めたことなのです。
便秘に良いと言われているビタミンCで、便秘になってしまうことってあるんでしょうか?

また余談ですが、以前ビタミンEを服用していたときは
お腹の張りがひどく、服用を中止したところ、元の状態に戻りました。

ビタミン剤にも、このような副作用的なものがあるのでしょうか?
一応自分でも調べてみたのですが、そのような記述が見つけられず…
お詳しい方、ご回答頂けると嬉しいです。

Aベストアンサー

アスコルビン酸原末は医薬品だと思いますが、どんな飲みかたをしていますか?
酸度(酸の強さ)は酢酸(お酢)、クエン酸と同じくらいです。
多くの人は胃腸に影響なく飲めます。

中には酸に敏感な人がいますし、腸内細菌が酸で変化し、便秘を起こす人もいます。
一般には、Cを増やすと軟便になり、下痢を起こします。
薬理学的には、その前の量が、その人の最適量だと考えている人もいます。

お酢は飲めますか?
飲める人でしたら、C原末を胃腸に影響なく飲めると思います。
私の場合は、ドリンク剤に加えてのみます。

水に入れて飲む場合は、解けにくいので、重曹を、解けるまで小量加えて、アスコルビン酸ナトリウムに変化させて、溶解するようにします。
このほうが胃腸に対する刺激が減ります。

ビタミンCの毒性は、砂糖、塩と同程度です。
ビタミンEも副作用の少ないビタミンで、副作用の例には、Eを溶かす油が酸化している、カプセルのゼラチンアレルギーも考えられます。

ビタミンの副作用は、普通の用量では殆ど心配はありません。
心配されるのは、ビタミンのバランスです、
B群は協同して働きますから、例えばB1だけを多量、長期に飲むと、他のBビタミン欠乏症が現れます。

アスコルビン酸原末は医薬品だと思いますが、どんな飲みかたをしていますか?
酸度(酸の強さ)は酢酸(お酢)、クエン酸と同じくらいです。
多くの人は胃腸に影響なく飲めます。

中には酸に敏感な人がいますし、腸内細菌が酸で変化し、便秘を起こす人もいます。
一般には、Cを増やすと軟便になり、下痢を起こします。
薬理学的には、その前の量が、その人の最適量だと考えている人もいます。

お酢は飲めますか?
飲める人でしたら、C原末を胃腸に影響なく飲めると思います。
私の場合は、ドリンク...続きを読む

QビタミンCのタブーな摂り方

ビタミンCのサプリメントを飲んでいますが、以前お茶と一緒に摂ってはいけないと聞いたことがあります。確かカテキンがどうとか言っていました。お茶好きの私にとっては、ビタミンCを取るか、お茶を取るか悩むところです。

Aベストアンサー

基本的にビタミンCと一緒にとっていけないものは無いと考えて問題ないでしょう。哺乳動物はほとんど自分で作っている自己物質ですので、赤ちゃんに積極的に摂取させる国もあるほど安全性には問題ありません。結石ができることがあるという話もありますが、ビタミンCを専門に研究している教授の話によるとほとんどそういう実際的な例はないそうです。
 お茶にはもともとビタミンCが入っています。自然にも含まれて居ますので、まったく問題ないです。
 タンニンもカテキンも抗酸化物質ですから、特に壊れることもないでしょう。

 一日1g~3g程度がお勧めです。ビタミンCは摂取後3時間後が血中濃度のピークで、5,6時間後にかなり落ちます。しかし元の血中濃度に戻るのは24時間後です。24時間かけて体内の組織に吸収されていきます。数ヶ月大量摂取を続けると体内の貯蔵量が、食事だけでの摂取に比べ、3倍ほどに増えるようになります。
 体内でビタミンCを産生できる動物はこの飽和量が基本で、この量になるような摂取量がベストとする専門かも居ます。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報