外務省機密費問題の関連調査の結果、
いままで外国での宿泊で、外務大臣が
泊まっていたホテルは一泊28万円の
部屋だということがわかりました.

こんなことに浪費しているから、
機密費がやたらと増えるんだ、国民の
税金を使っているんだぞ、という
非難も出ています.

でも...一国の代表なんだし、
セキュリティーの問題もあるだろうし、
ある程度きちんとしたレベルの部屋を
取ってもいいような気も、一方では
するんですが・・

みなさんどう思われますか?

A 回答 (9件)

私は安いとおもってます。

普通の宿泊でもこれくらいに使ってしまう人たちがいますし、一国の大臣で女性という立場として安全は確保されるべきでしょう。
日本と違って治安が安定していなかったり、軍事体制の国であったりすれば(ほとんどの外国がそうですが)日本国内で過ごす感覚では判断できないとおもいます。
身を守る最低限の準備は、誰でも必要ですよね。
という意味で、普通もしくは安いほうだと思いました。

ちなみに余談ですが、海外出張や赴任している国家公務員の方々のほうがすごかったりして。
    • good
    • 0

私は 高いと思いました。


必要な事なら いくらでもお金を出してくださってもかまいませんが
使わない部屋(一部屋以外は)に 大金をかける必要はないと思います。
遊びに行った訳ではありません、本当にお部屋では 泊るだけ。
お部屋に戻られてもバタンキューだったと思います。
必要なだけの広さで結構なのではないですかねえ?
    • good
    • 0

 単純にお金のことだけで言うなら、やはり「高い!」でしょう。

ですがセキュリティその他の問題も数多くあることでしょうから、金額だけを云々するのは早計かもしれません。
そのことを前提にしての話として聞いて下さい。
ここで問われるのはやはりそのお金自体に「ムダ」がないかどうかということでしょう。使われない部屋が3つも4つもあったり、必要以上に豪華な調度品があったりということで高額なものについているとすれば、やはりそれは私に言わせるなら「ムダ」以外のなにものでもありません。
宮沢前蔵相は「日本経済は危機的状況にある」と口走って全世界に激震が走りました(むっ、少々オーバー?(^_^;))。氏が口走らないでも全国民はそのことを知っておりましたが、そういう国の外相が、たとえ国賓であれ、ムダなところにお金を使うことは全国民を愚弄する行為です。
議論されるべきはお金の多寡そのものではなく、「どこかにムダ金、死に金はないか」ということでしょう。一部の高級官僚や金満政治家たちを見ていると、どうも金銭感覚が庶民とかけ離れ過ぎているのではないかと思うことがしばしばです。自分たちの使う金はすべて税金で賄われているのだという緊張感、そして恭倹の心を忘れないでほしいと思うのです。
一泊するのにたとえ100万かけてもムダ金はないと言うのなら、それはそれで私は大いに結構だと思います。でもそれで充分だというときに、仮に1円の金でも余分に出すというのなら、それは大いなるムダ遣いだとしか言いようがありません。必要ならいくら出してもいい。でも必要でないところに1円たりとも出すことは許されない、と思います。その辺りを政治家も官僚も本気で考えなくてはこの国は潰れます。バブルの夢から覚めていない政治家、官僚がひとりでもいるとするなら、彼らを徹底的に洗い出し、質素倹約を旨とした政治を確立して欲しいものだと心の底から願う者です。失礼しました。
    • good
    • 0

皆さんの言われるように、国賓や大臣という立場を考えるとある一定の基準やレベルの確保は必要だと思いますが、真紀子さんが言うように疑問に感じるのも当然だと思います。

個人が自分の金をどう使おうが勝手ですが、国費を使う以上は常識的に考え国民意識とあまりかけ離れた感覚ではまずいと思います。慣例の持つ意味や効用も確かにありますが、疑問は疑問として一づつ是正されるべきだと考えます。また、この問題を高い、安いということだけではなく
、こういう事を契機に国家の品格とはどういうことなのか
。国費の使い方はこれでよいのか、より望ましい外交のあり方やシステムを問うきっかけにしたいものです。
    • good
    • 0

一般的に考えると高そうですが、一国の代表としては安いと思います。


大臣一人だけではなく、書記官・通訳・SPなどなど考えただけでも大勢いますよね。
それに日本としての威信も考えなくてはいけません。日本はあまりにも平等な国なので忘れがちですが、だいたいの国では「ある一定の職務・地位を担う者はそれにふさわしい立ち居振舞い、服装、行いをしなければいけない」という暗黙のルールがあります。それにはもちろん住居も含まれています。いわゆる『ノーブレス・オブリージ』です。
日本では大富豪がそこそこの家で満足し、庶民的な人生をおくっていると賞賛されますが世界では奇異の目で見られ、その人物の人となりを疑われてしまいます。「やるべきことをしていない」と受け止められるからですね。
でも別に贅沢をしろと言っているのではありません。相応のTPOをわきまえた行動をした方が無難だと言っているんです。

この問題に疑問を唱えてる人がいるなら、その人はあまりにも世界にうとい人だと思います。私はこんな事で「日本はケチな国」だと思われたくはありません。国の代表者にはせいいっぱいの事をしてあげたいと思います。
でもこれと機密費とはまた別問題ですけどね。切り詰めるべきところはきちんと削ってほしいです。
    • good
    • 0

高いか安いかの問題もありますが、田中外相がいうのは値段の問題提起


よりも歴代の大臣が無条件で官僚側の用意したものを何の疑問もなく、
(疑問どころか、無駄に要求していたのかも)受け入れていてチェック
や改善を行わなかった体質の事を言いたかったのだと私は解釈しました

仮に自分が外相だったら、今の世情を考慮しなくても同じ事を言ったと
思います。セキュリティーなどは当然なのですが(それは外相も理解し
ていると思います)、政治家は国に必要かどうかをあらゆる事で検討す
るのが本来ですので、政治家も官僚も日本の為にと貴い行動をして欲し
いです。
    • good
    • 0

意外と安いと思いました。


G7の外相が泊まるなら、スイート以上でしょうから、50万くらいはかかると思っていました。まぁ、物価の安い国もあるから、28万円って妥当なのでしょうね。

この辺りの話をしだしたら、政府専用機を出すだけで数百万円かかりますし、民間機でもファーストクラスですから、往復100万円以上は使うでしょうしね。

例の機密費で許せないのは、私腹を肥やすための使われ方であって、おたずねの経費あたりは、当然消費されてしかるべきところと思います。
    • good
    • 0

セキュリティなどを考えると、妥当ではないかと思います。


ビジネスのときも、安い宿だとそれなりのレベルにしか見られません。
国家代表なのですから、それに応じたレベルの宿に泊まるのは当然だとおもいます。
機密費と外遊費用は全然別物ですし。
    • good
    • 0

僕も28万というのは一般の感覚では高いですが


国賓としていくのだから仕方のないことだと思います。
田中真喜子さん自身はこの1/4でいいとおっしゃっていますが。
例えば他の国の代表が国際会議の際
質素な部屋に泊まっていたら
清貧には見えるでしょうが、その国の経済があまりよくないと思われるでしょうし、
「この国に来たのに、この国に対してお金を落としていかない」と思われますよね。
1/4は言い過ぎですが1/2ぐらいでなんとか・・・と思います。

森総理は毎晩公費で料亭でしたが小泉総理は官邸にお客様を招くようにしているそうですね。
この辺も「立派だな」と思います。
ただ官邸にはコックがいないのが悩みの種とか。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング

おすすめ情報