グッドデザイン賞を受賞したウォーターサーバー >>

現在住んでいる所の役所から2度目の固定資産税・都市計画税(土地・家屋)の納税通知書が届きました。夫と共有名義で所有していますが、また、宛名は夫の苗字名前 外1名 様となっていました。
所有者 様分の所は空白です。実際の納付書全期・1期から4期の5枚の紙10箇所も夫の名前 外1名と印刷されています。
1度目に私の名前がないことにとてもおどろきました。というのも以前住んでいる所の役所からの通知には夫の名前の横に私の名前がありました。(今人口は約40万人、前約4万人)
役所に人には名前があるのに失礼だと思わないのですか?と聞きましたら、「そう思います」と。「上司に意見として伝えます。」といわれ次の年には改善されるものと思っていました。
しかし、今年も同じです。去年対応した人は移動になったといわれ、電話に出た人は、「こうゆう形で表すことになってます。」と言われたので、納得できないことを告げるとしばらく待たせられ別の人に変わり、聞いてもいないことを勝手に話はじめたので、私は外1名を名前で表すことはできないかと再度質問しました。
答えは「ホストコンピューターの取り扱い上の限界、改善できない、100名の人がいる、(4、5名もいる、)ずっとやってきていること」と取り合う様子も感じられなかったので、プログラムを直すことはそんなに難しいことか?と聞いたらずっと黙って答えませんでした。
このような意見はきていないのか?には「きている」と。
「協議はする。」とは答えたのでいつ?「今から。」と。
失礼だと思わないのか?「思うと」。
次の日夫に電話をしてもらったら、法律上何も問題はないので改善しないといわれたそうです。
市町村ごとに単独で出している郵便物に名前のある人間に外1名は、役所のおごりとしかおもえず腹がたちます。
いろいろな方のご意見を聞いてみたいと思いました。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (11件中1~10件)

No8です。



固定資産税の場合、共有資産については「共有者全員で1人の納税義務者」なのです。連帯納税義務といって共有者全員で連帯して納税しなければならないという考え方で、地方税法で規定されています。たとえば AさんとBさんが1/2ずつの持分だったとします。ここで、Aさんが課税額の1/2を払ったから完納かというと、未払いの1/2について、まだ、Aさんにも納税義務が残ります。全額Aさんが払った場合、Bさんに1/2を請求する権利はもちろんありますが。

参考URL:http://www.houko.com/00/01/S25/226.HTM#s1.3
    • good
    • 1
この回答へのお礼

再度回答ありがとうございました。
全期分納税をすませました。
お礼が遅くなり申し訳ありませんでした。

お礼日時:2004/04/16 23:32

納税通知については当町でも同様です。


過去ログの方も述べられている様に徴税側にも理由が有るようです。
間違っていたら御免なさい、本来徴税等は個々にすべきものと考えます、共同所有者とは夫婦又は同居人とは限りません。
所有権も半々とも限りません。
本来徴税は納税義務者個々に通知を出すべきものです、例え夫婦でも個々に財産権があり其の財産権個々の所有権について支払う義務があります。
一世帯が全て会計が一つとは限りません、強硬に主張すればです。
そこで徴税者に確認してください同居者以外の方への納税通知書の記載名はどのように表示しているかを。

もう一つは他1名では納税義務者が不明と言うことを理由として納税を拒否することです。
自治体は本来納税義務者個々に通知書を出さなければならないと考えるものです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。
私もaaa999さんのおっしゃるようにの納税を拒否しようと考えましたが、過去ログにそれでは法にふれ滞納した税金を払わなくてはいけないと知りました。
お礼が遅くなり申し訳ありませんでした。

お礼日時:2004/04/16 23:16

No.4で回答したものです。


No.6の方の回答に勝手な推測にもとづく回答があるようですね。

>固定資産税の台帳には当然複数の名前が明記されているはずです。それを「外○名」に置き換えるより、そのまま転記するほうが簡単なはずです。プログラムを直すのが難しいのではなく、面倒くさいだけでしょう。

そのまま転記するほうが簡単だとは言い切れません。
むしろ、共有者がいる場合、改行や改ページの制御をするより、他○名と印字するほうが簡単なのです。
納税通知書には定められた書式があり、氏名を印字するスペースに限りがあります。
一方、共有者の人数に制限がないので、全ての人の氏名を印字するように対応することは難しいのです。
ですから、印字する氏名の数は制限せざる得ません。
横浜市では、原則、2名までは連記するそうですが、これでも2名までという制限があります。
ソフトウェアは、様々な制限の中で設計、作成されるものです。
勝手な憶測で自信ありの回答は如何なものでしょうか。
無責任な回答を慎んだほうがいいと思います。

回答の補足がありましたので、そちらにも回答させてください。

>>システム担当なら、そのシステム担当にどのようにしてほしいか、伝え、話し合いをするのが現場の人間ではないのでしょうか?

この点については同感です。
こんな要望、申し入れがあったとシステムの担当者に伝えることはあって然るべきであると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

再度回答ありがとうございました。
お礼が遅くなり申し訳ありませんでした。

お礼日時:2004/04/16 23:06

私は課税する側です。


外1人とされていることにご立腹なのはよく分かりますし、同様のご意見も多くいただき、議会でも質問に出ました。質問したのはusa11さんと同じ立場の(外1人とされた)議員さんです。
しかし、皆さんが書かれているように予算と効率のバランスをとらざるを得ないのです。
プログラムの問題もあるし、共有者の人数(当市では350人くらいの共有もあります)によって、通知書の問題やデータベースの容量の問題などいろいろです。この件については申し訳ないけれど我慢してください、としか答えられません。
あとはusa11さんご夫婦だけ、所有者データをいじってもらうしかないと思います。

他の疑問について・・・

>世帯主を持ち出す意味がわかりません。

代表者は世帯主を選んでいるわけではありません。土地家屋の売買などがあると、法務局から通知がきます。通知と言っても登記申請書のコピーなのですが、登記申請書に書かれている共有者の最初の人を代表にしているだけです。その人が世帯主なのかどうかまで調べてはいませんし、そこまで調べることはプライバシーの侵害になると思います。もし、usa11さんの名前が前にあれば、usa11外1人というようになっていたと思います。
ただ、後に出てくる人の持ち分が極端に多い場合、その人を代表にするとか、市内の人と市外の人の共有の場合は市内の人を代表にする、とかいう場合ももちろんあります。


>所有者蘭が空白になっていることも書きました。宛名の下(窓付き封筒で見えない下の所)にあります。

この欄は死亡している人が所有者で、納税義務者(実際に納税する人)の設定をしている場合に、登記簿上の所有者を記載する欄です。


>用紙の無駄をおっしゃるんでしたら、1回で払う人は4回に分けて払う人のための4枚の紙が無駄、資産明細書が5枚(1枚に3つ記入できるもの)が1枚だけしか記入がないので4枚の紙が無駄。税金で支払うなら考えてほしいです。

1回で納税するか、4回に分けて納税するかは課税側では分かりません。もし分かったとしてもそれに合わせて打ち分けたり、明細も資産の少ない人、多い人で用紙を分けていたら、確かに「紙という資源」の節約にはなりますが、税金でまかなわれている「経費」の節約にはなりません。

課税側から「いいわけ」を書かせていただきましたが、私も含めて、できることならなおしたい、というのがどこの市町村でも考えていることでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

専門家の方からの回答ありがとうございました。
話がわきにそれてしまったことまで丁寧にありがとうございました。
私の住んでいるところの担当者がyes-cokeさんのような考えで答えてくれたら、この場を利用しなかったと思います。
お礼が遅くなり申し訳ありませんでした。

お礼日時:2004/04/16 23:02

うーん。

予算上の都合。それだけでしょうね。
役所のコンピュータは外注ですから職員が自分たちで変更することは出来ません。
外注に依頼すれば少しの変更でも数百万単位で取られます。
何処の自治体も予算は厳しく赤字財政でしょうから気分的な問題に対してそれだけの出費というのは、ご質問者は賛成しても他の人たちの賛成が得られるかというと疑問です。

初めにそのシステムを設計したときに、全員の名前を印字するスペースを考えると難しいとの判断からそうなったのでしょう。中には10人位で共有している物件などもありますから、10人分のスペースをどう確保するのかと。
それでも2~3人までなら名前を印字、それ以上ならそのほかにしてしまうとか、一人一人起票するとか他のやり方もありえないわけでもないので、初めの根本的なシステムの設計のときにご質問者のように感じる人がいるということまで考えなかったというだけでしょう。

手書きで余白に書き加える程度であれば出来ないとは言いませんが、結構な作業量ですからアルバイト代も馬鹿にならないですし。そういうシステムを導入してしまった以上は簡単に改善といっても無理でしょう。

ただシステムはいずれ陳腐化して更新の時期を迎えますから、そのときに対応することになるでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。

>役所のコンピュータは外注ですから職員が自分たちで変更することは出来ません。

今回の質問は市町村のことですが、数年前にアルバイトをしていた都道府県では外注、内部で行うものがありました。今回のことは外注か確認するべきでした。

お礼が遅くなり申し訳ありませんでした。

お礼日時:2004/04/16 23:27

私の市では幸いにも連名できます。


少なくともご質問のケースはご夫婦のみの共有ですから、外1名の代わりに奥様のお名前を書くスペースはあるわけです。仮に、5人も10人もの共有でスペースがなければ、別紙明細を添えるべきと考えます。

コンピューターソフトの面から困難とのご意見もありますが、市民が求めている機能に応えられないソフトでは、電算化の意味がありません。ソフト作成者の怠慢に他ならないとも言えます。ソフトが対応できないなら、手書きで書き添える工夫はできそうです。
省力化を理由に市民の要望に応えないのでは、役所のおごりとの表現もあながち的はずれではないでしょう。

コンピューターソフトにはまったく詳しくありませんが、固定資産税の台帳には当然複数の名前が明記されているはずです。それを「外○名」に置き換えるより、そのまま転記するほうが簡単なはずです。プログラムを直すのが難しいのではなく、面倒くさいだけでしょう。

人口40万の大都市で、市民1人の声はなかなか行政まで届かないことかと存じますが、いつかは要望がかなうと信じ、毎年毎年訴え続けらられことを期待します。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答、はげまし、ありがとうございました。
いろいろ考えても、うまく言葉でいいあらわせず、
お礼も遅くなり申し訳ありませんでした。

お礼日時:2004/04/16 22:52

大変ご立腹のご様子ですね。


お気持ちはわかりますが、役所側の都合もあると思います。
職員からすれば毎年同じクレームが来くるので、できればシステムを変えたいのでしょうが、それなりの理由はあると思います。(たとえば限りなくお金が使えるならどうにでもなることだって、予算の問題でできないとは簡単に市民に言えないですよね)
役所に対するクレームは大変数が多いです。みなさんご自分の考えが常識と思われている見たいで、職員だってクレームを言われるよりは言われたくないので、できれば皆さんのご要望には答えたいはずです。
でも、ある時点で妥協をしなければ増税の理由になってしまいます。
決して役所のおごりだとは思えません。

この回答への補足

自分の考えが常識だとは思っていません。がお金をかけずに仕事をする工夫も必要ではないでしょうか。(決してボランティアやアルバイトを使えという意味ではありません。)役所にいる人間がなんとも思ってないことでも無駄、甘えが多いんです。電話での対応もとても要望に答えたい態度に思えませんでした。そんなことで増税されてはたまりません。

補足日時:2004/04/13 01:26
    • good
    • 0

私はコンピューターソフトウェアを開発する仕事をしていますが、その点からいいますと共有名義者全員の名前を印字することは難しいです。


usa11さんの場合、二人で不動産を共有しているようですが、3人、4人、5人あるいはそれ以上の共有者がいる場合、限られたスペースに全員の名前を印字することはできません。
ですから、プログラムを直すことは難しいというのが回答にならざるえません。
ソフトウェアのことをシステム担当以外の職員に尋ねても正確な回答は得られません。
役所のおごりでもなんでもありません。

この回答への補足

共有名義者全員の名前を印字することは難しいことはわかりました。
だた、コンピュータに支持するのはプログラム、それをつくるのが、システム担当なら、そのシステム担当にどのようにしてほしいか、伝え、話し合いをするのが現場の人間ではないのでしょうか?
私はしばらく自治体でアルバイトをし、たくさん、話し合いをしている方にお茶だし、ホストコンピュータ室から印字された書類運び、裁断、封筒詰めなどやりました。職員の仕事を見ていたのでいわせてもらっただけです。

補足日時:2004/04/13 00:51
    • good
    • 0

私の居住区の自治体も他○名できます。



私も気になりませんね。
宛名が1人もしくは2人、と決まっているわけではないからってこともあるのではないでしょうか。

たとえばとっても広い土地を数名で所有している場合。
納税通知書の宛名のところに書ききれなくなるかもしれないんじゃないでしょうか。
だからといって、そのために大きい用紙にしてスペースを確保しておくというのも紙の無駄でしょうし。

あと、2人なら表記するけど、それ以上は他○名って書くんじゃ、これまた失礼だ!って文句が出るかもしれないでしょう?
通知用紙を一番無駄の少ない大きさにしてあると考えれば
代表1名の氏名と他○名としていても腹も立たないのでは?
用紙代だって税金で支払うものなんですから。

この回答への補足

所有者蘭が空白になっていることも書きました。宛名の下(窓付き封筒で見えない下の所)にあります。
用紙の無駄をおっしゃるんでしたら、1回で払う人は4回に分けて払う人のための4枚の紙が無駄、資産明細書が5枚(1枚に3つ記入できるもの)が1枚だけしか記入がないので4枚の紙が無駄。税金で支払うなら考えてほしいです。

補足日時:2004/04/13 00:39
    • good
    • 0

ウチの自治体も同じです


ソフトウェアの改善を委託するのにもお金が掛かりますし、何か深刻な実害があるわけでもないと、優先順位は低いでしょうね
どうしても我慢ならないということなら、当面旦那さんの方を『他一名』にしてもらっては(ウチのところではできました)?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速の回答ありがとうございます。
ソフト開発の実務経験はありませんが、昔COBOLを学校で習ったことがあります。外1名と代表者以外の人数を数える命令がプログラム(ソフトウェア)の中にあるのなら、100人は無理でも1行に5人、2行3行にすればもっと多く印刷できるはず。(様の蘭は広くとってある)名前を移して、印刷しなさいと命令を変えれば済むことではないかと考えました。ただ、夫(事務のプログラマではないが)も名前が長い人がいたら難しいといっていました。たしかにそう思いました。外1名を夫にするには私の収入が少ないので反対されました。

お礼日時:2004/04/13 00:38

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q○○様ほか3名は合計何名?

 ○○様ほか3名は合計4名か3名か、どちらでしょうか?
私は、3名だと思うのですが、4名という人もたくさんいます。どうして3名なのかと問われてもなかなかうまく答えられません。どなたか正解とその理由をご教授下さい。
 又、
 「ほか」を漢字で書く時、「他」と「外」で3名か4名に分かれるという事があるのでしょうか?

Aベストアンサー

皆さんが仰るように、A様とほか3名様で計4名様ですね。

使用する漢字は、「他」も「外」もよくみかけます。
登記などの共有名義の時は、「A外1名」(=例:夫Aと妻B)とか、
「A外3名」(=例:Aさんと、隣地B、C、Dさん)のように
書かれていますね。

「他」の文字は、「他(た・ほか)のもの」「他(た・ほか)のところ」「他人」
という表現から、「Aと他人3名で計4名」と覚えて下さい。
「外」の文字は、「内外」「以外」などの表現から、
「A以外3名で計4名」と分かりますね。

Q固定資産税の支払い名義変更について

固定資産税の支払い名義変更は各、区・市役所においてどのような手続きが
必要ですか?
必要なものは?

Aベストアンサー

固定資産税の納税義務者は、その年の1月1日現在のその不動産の所有権者であって、その者以外の者が届け出で等によって変わるものではありません。仮に、物件所有者でないものが支払っても、市町村によっては受理しているところがありますが、それは、あくまでも、納税義務者に代わって立て替えて支払った趣旨です。従って、定型の手続きはないと考えます。

Q他と外の違い

複数の物をまとめて表記するときに、「A他5枚」というような書き方と「A外5枚」というような書き方をする場合があると思いますが、この「他」と「外」に違いはあるのでしょうか?私は「他」の場合はAも含んで全部で5枚、「外」の場合はA以外に5枚、Aも含むと全部で6枚という意味だと思っていたのですが、違いますか?

Aベストアンサー

「ほか」という言葉自体は一つなのですが、それに当てる漢字が「他」と「外」の2種類あるとお考え下さい。ただし国が決めた常用漢字の制約上、現在のところ「ほか」と言う場合、公的には「他」と書いてはいけないことになっています ( ^^;
ですが、両者の意味は一緒ですので、「他」と書いても「外」と書いても数量に与える影響はありません。

さて、コース料理のメニューに「麻婆豆腐他(ほか)5品」と書いてあれば、基本的には6品と解釈すべきです。
が・・・
問題は世の中のすべての人がまったく同じ意味に受止めてくれるかどうかという点です。もし誰もが当たり前にそう解釈するのであれば、多分0621pさんはこの質問を投稿なさらなかっただろうと思います。

ですから、アバウトでよい場合は上記の表示でも構わないのですが、表示の解釈がトラブルにつながることが懸念されるなどの理由で厳密を期する必要がある場合には、
「麻婆豆腐他(ほか)全部で5品」
などと書くことが望ましいと思います ( ^^

Q共有名義なのに一緒に取り立てる固定資産税

相模原市居住。
土地、建物が妻との共有名義ですので、固定資産、都市計画税は
当然割合に応じて別別に納付書が送られてくるものと思いきや、
二人分の総額の納付書が世帯主に1枚送られてきました。

どうも腑に落ちません。税務署は
・住宅購入時の金の出所はしっかり調べる
・夫婦で財布が1つでも贈与は贈与。
 共有名義の際は注意が必要 と言われます

そのくせ税金の徴収はこの通りです。
随分矛盾していると思うのですが、結局窓口が違うからってですかね。
あるいは何も考えていないのか、事務省力化って事か。

他の市町村もそうなのか気になります。

Aベストアンサー

納付書については自治体により多少の差がありますが、請求の根拠となる地方税法で共有持ち分の場合代表者にまとめ請求で構わないとの規定があります
持ち分に合わせた負担分けは納税者サイドに任せる考え方ですね
また、1物件について何枚も通知書を印刷して同じ住所に複数送る方が税金の無駄使いといえるかもしれません
考え方の差なのでしょう

なお、>税務署は~のくだりですが、税務署は固定資産税とは全く関係ありません
贈与税うんぬんも自治体とは全く関係ありません
それは大手スーパー(税務署)に行って近所の八百屋(自治体)の苦情を言っているようなもんです
混同するとどちらからも相手にしてもらえません
今回の問題はあくまでも自治体の問題ですが、特に違法や手抜きではなく正式な対応です

Q共有財産の固定資産税

300坪の土地を5人で共有して持っています。
離婚して家を離れた父が188坪、母が100坪、兄が4坪、自分が4坪、弟が4坪です。
問題は誰が固定資産税を払うのかということです。
市役所からの請求の流れは次の通りです。
 まず、一番土地を持っている父に代表で請求がいきました(300坪分)。しかし、父はすでに家族とは離れて暮らしているのもあり、払う気がない、お金がないと突っぱねています。
 次に、公務員である兄の職場に請求がいきました。市役所に兄の同級生が勤めているらしく、兄の職場の所在を知っていたのです。その時(昨年)は4坪しか持たない兄に請求が来るのがおかしいと断り、また職場までかけてこないでほしいと一喝しました。しかし、最近市役所の担当者が職場の上司に事情を話して、上司経由で請求してきのです。本当に市役所のやることに腹が立っています。プライバシーの垂れ流しです。
 あまりにうっとうしいので、市役所に父の分まで払う義務はないはずだから自分の所有分のみ払うと言っても断られます。
長くなりましたが、質問内容としては
1、固定資産税は母、兄、自分、弟は父の分まで払う義務があるのか
2、自分たちだけの分のみの固定資産税を払うことは出来ないのか
3、嫌がらせのような市役所の電話をどうやったらやめさせることができるのか(なぜ父側にしつこく請求しないのかはわかりません。公務員だから兄に請求しているのでしょうか)

ちなみに、当初計画では父からの慰謝料として、土地を毎年少しづつもらうつもりでした(現在滞ってますが)。そのため、土地が共有になってしまっているのです。

300坪の土地を5人で共有して持っています。
離婚して家を離れた父が188坪、母が100坪、兄が4坪、自分が4坪、弟が4坪です。
問題は誰が固定資産税を払うのかということです。
市役所からの請求の流れは次の通りです。
 まず、一番土地を持っている父に代表で請求がいきました(300坪分)。しかし、父はすでに家族とは離れて暮らしているのもあり、払う気がない、お金がないと突っぱねています。
 次に、公務員である兄の職場に請求がいきました。市役所に兄の同級生が勤めているらしく、兄...続きを読む

Aベストアンサー

>300坪の土地を5人で共有して持っています。
離婚して家を離れた父が188坪、母が100坪、兄が4坪、自分が4坪、弟が4坪です。問題は誰が固定資産税を払うのかということです。

これは・・・
1、300坪1筆の土地を、父母兄弟で共有して、その持分割合の計算によると、父188坪、母100坪・・・という事なんでしょうか?それとも
2、4筆土地があって、それぞれ188筆の土地の所有者は父、100筆の土地の所有者は母・・・という具合になっているのでしょうか?(この状態は不動産用語、法律用語として「共有」とはいいませんが、念のため確認と思いまして)

■もし1のケースでしたら・・・・

>1、固定資産税は母、兄、自分、弟は父の分まで払う義務があるのか

あります。地方税法により共有関係になっている固定資産税は共有者が連帯して納付する義務があるんです。つまり兄さんも300坪分の税を支払う義務があります。母親も当然あります。誰がどれだけ負担するかというのは、「共有者間でやってくれ」というのが行政の考えなんです。

>2、自分たちだけの分のみの固定資産税を払うことは出来ないのか

役所の方との相談すれば場合に寄っては出来るかと思いますが、殆ど難しいでしょう。

>3、嫌がらせのような市役所の電話をどうやったらやめさせることができるのか(なぜ父側にしつこく請求しないのかはわかりません。公務員だから兄に請求しているのでしょうか)

1のケースならお兄さんに支払う義務はありますから、止めさせるのは払うか、とことん無視するかという方法でしょうか・・・。お兄さんに連絡してくるのは、まあ、連絡しやすい、取りやすいから何だと思います。連帯納付義務者は、「別のやつにいってくれ」という主張は”法的には”通らないので、連絡しやすい所から行くんでしょう。
放置しているとそのうち滞納処分が入る(行政の差押え)可能性が気をつけて。

■2のケースなら、支払う義務は自分が所有している地番の土地のみです。自分宛に来ている納税通書のみを使用して納付すれば良いでしょう。
文句を言われる筋合いは無いはずです。ただ、父名義になっている土地が庭という事なら、放置しているとそのうち滞納処分が入ってしまう事もありますから、何にせよ支払った方が宜しいかと思います。
かたくなに払わない父の分は、「お前の分はこれだけ支払ったぞ、払えや」と裁判し、給料差押え、土地差押えなどしていくしかないんでしょう。

>300坪の土地を5人で共有して持っています。
離婚して家を離れた父が188坪、母が100坪、兄が4坪、自分が4坪、弟が4坪です。問題は誰が固定資産税を払うのかということです。

これは・・・
1、300坪1筆の土地を、父母兄弟で共有して、その持分割合の計算によると、父188坪、母100坪・・・という事なんでしょうか?それとも
2、4筆土地があって、それぞれ188筆の土地の所有者は父、100筆の土地の所有者は母・・・という具合になっているのでしょうか?(この状態は不動産用語、法律用語とし...続きを読む

Q土地、建物の名義は旦那ひとりですか?

土地、建物の名義は旦那ひとりですか?
それとも嫁もその他一人としておいた方が良いのでしょうか。

書類手続きや、固定資産税等においては、旦那だけの方が楽のような気がしますが、万に一、離婚となった時嫁が不利になったりするのでしょうか?



皆さんはどうしているのか、お聞かせ願えたらと思います。

Aベストアンサー

不動産の所有名義を単独にするのか、共有名義にするかは諸条件や目的によって違ってきます。

たとえば夫婦二人の共有名議して、1/2づつ所有した場合固定資産税等は、○○他1名と言う具合に1通できますので、煩わしくはありませんし、税金の納付も口座振替で行えばどちらの名義の口座でもできます。
尚 宛名は年齢が上の方の名前で来ます。

私の住んでいる家の場合は、両親の共有名議してあります。
これは婚姻 20年以上の夫婦間で、居住用財産を贈与した場合、暦年課税と合算して2,110万円までは贈与税がかかりませんので、相続税を節税する為に、共有名議してもらってあります。
ただし、申告をする事と居住することが条件となっています。

私の子どもの住んでいる家は、妻名義の名義でそのほかに妻名義のマンションもあります。
私にもしものことがあった場合に、妻の生活の保障と身内で争いごとにならない様にするためでも有ります。

離婚の時には有利か不利かと言うのは時と場合により、離婚にいたる時は感情的にもお互いよくない状態に陥りますし、まともな話合いが出来ない場合も有ります。
場合に寄っては、ご主人が俺の家から出で行けと言い出す場合もあり、共有名義だとこう云う事を防ぐ事もできます。
また慰謝料が発生した時に、それの代替えにもなります。

また共有名義にしておく利点は、どちらか一方が亡くなり相続が発生した時に、無くなった方の名義分だけの相続で済みますので、相続税の節税になります。

又デメリットもあります。どちらか一方が行方不明や、音信不通になった場合譲渡や売買、相続などが面倒になります。(出来ないわけではありません)

また既にご主人の名義なっていて、1/2或いは1/3を奥さん名義にした場合、贈与税が発生する場合があります。

不動産の所有名義を単独にするのか、共有名義にするかは諸条件や目的によって違ってきます。

たとえば夫婦二人の共有名議して、1/2づつ所有した場合固定資産税等は、○○他1名と言う具合に1通できますので、煩わしくはありませんし、税金の納付も口座振替で行えばどちらの名義の口座でもできます。
尚 宛名は年齢が上の方の名前で来ます。

私の住んでいる家の場合は、両親の共有名議してあります。
これは婚姻 20年以上の夫婦間で、居住用財産を贈与した場合、暦年課税と合算して2,110万円までは贈与税がかかりま...続きを読む

Q土地・家屋の共有名義を単独名義に変更するには?

父親の死後,実家の名義を母親と私の共有名義にしました。(築後30年)私は独立してマイホームを持ち,隣の市で生活していましたが,住宅ローンを始め多重債務に陥り,私の自宅は目下任意売却中です。もし,競売になり残債があるようなら,母親の住む実家も差し押さえられるかも知れないと不動産業者に言われました。
 そこで,司法書士を頼む予算もないため,自分で名義を共有から母親単独の名義に変更したいと考えています。名義変更の可否や手続き,方法,費用などについて教えてください。 (ノーキー)

Aベストアンサー

簡単に名義変更ということはできません。

名義変更には、何かしらの理由がつくのです。
他の回答にもあるように、相続・贈与・売買しかないのです。
名義人(持ち分として)のあなたの権利を母親へということであれば、あなたが存命である限り、相続ということはありえません。

売買であればお金を授受が必要となります。贈与となれば、当然贈与税の負担も考えなければなりません。不当に安い売買をしても、相場との差額を贈与と判断され、税務署に強いお仕置きとして、納税しなければならなかった贈与税の追徴は当然に、無申告加算税や納付すべきであった時に納税しなかったとしての遅れた分の延滞税がかかるのです。

売買としても、売買の利益を所得として計算し、所得税の申告と納税負担が生まれます。父親からの相続ということのようですが、相続で得た不動産の多くは、購入金額の証明ができないことも多々あります。証明できれば、購入金額に減価償却等の減額計算を行った上で、相殺できる金額が大きくもなります。しかし、証明できなければ売却金額の5%程度しか差し引くことができません。

素人判断で安易に名義変更すれば、所得税や贈与税という点で、税務署はあなたの無申告等を見つけ出すことになるでしょう。

さらに言えば、あなたは債務者であり、債権者に対して返済義務がある状態です。任意の売却とはいえ、財産を隠すようなことをすれば、売却金額で返済できなければ、債権者はあなたの財産を調査し、隠した財産などとして母親と共有名義であった者をあなたの名義を外したことを見つけ出すかもしれません。不動産の登記簿謄本を見れば、名義人のうち理科割はすべて見えますからね。

私は司法書士事務所での経験がありますが、素人でも法務局の手続きは、勉強すれば可能でしょう。本来法務局での手続きは本人申請が原則であり、仕事として代理で行う場合には、司法書士資格者の名である必要があるだけです。法務局のHPにも登記申請書のひな型や添付書類の説明もあります。法務局での登記相談(無料)を受けながらでもよいでしょう。ただ、自己責任(司法書士が関与すればミスも少ないですし、ミスにより依頼者に損害を与えれば、賠償もします。)となりますし、法務局では、法律相談(財産隠し等の疑い)や税務相談は受けられません。
税務署などで税務相談を受けるのも方法ですが、状況を詳しく説明しない限り、詳細なアドバイスはもらえません。公平な立場でいる必要がありますので、納税者有利の判断やアドバイスはできませんからね。

私は税理士事務所でも勤務経験がありますので、手続きだけであれば、自分や家族のものであれば、税務に注意しながら名義変更も可能です。しかし、財産隠しなどと言った面については、ある意味弁護士の範疇になるかもしれませんね。

お金がないから自分でと言える状況ではないのかもしれません。不動産業者は売却やちゅかいのプロであり、関連知識としてのアドバイスなのでしょうが、不動産業者が購入したとかでない限り、当事者ではないので手続きもできませんし、法律相談も弁護士法違反などとなりますので、できないのです。

十分に注意のうえで、必要な専門家への相談は覚悟すべきだと思いますよ。

簡単に名義変更ということはできません。

名義変更には、何かしらの理由がつくのです。
他の回答にもあるように、相続・贈与・売買しかないのです。
名義人(持ち分として)のあなたの権利を母親へということであれば、あなたが存命である限り、相続ということはありえません。

売買であればお金を授受が必要となります。贈与となれば、当然贈与税の負担も考えなければなりません。不当に安い売買をしても、相場との差額を贈与と判断され、税務署に強いお仕置きとして、納税しなければならなかった贈与税の追徴...続きを読む

Q30年間も共有土地の固定資産税を支払っていたという事実に愕然としました。。

実家のことです。
昨日母が別件で固定資産税についての市役所の固定資産税課に出向いた際に共有土地(旗ざお地の奥に2件の家が建っており1件が実家です)の固定資産払い込み票?に「他1名」とは何かたずねたところ1時間以上の応対の末共有持分のもう一人の分であることがわかりました。
職員の対応では「共有だからどちらに請求してもいいんですよ」「よくあることです」「うちは登記によってあがってきたものを請求すだけなんで」という感じで母も私も開いた口がふさがりませんでした。
そこで、隣家の所有者に請求するしかないのですが隣の家は持ち主が30年間で3度かわっており行方もわからないかたもいるのでうちの払い損になるようです。
私的には請求にあたり市にも何らかのデータを出すなりの協力をお願いしているのですがなんだか、「できません」「わかりません」ばかりで困っています。
母は父が思いがけず作った借金をまだ返済中で少しでもなにか知恵があればご教授ください。
過去の質問でしかたがないけどよくあることはわかりました。でもそれでは一生懸命税金をはらってきたのにあんまりだとおもいます。
こうなった原因はどこにあるのかも知りたいです。(他1名を確認しなかった父?分譲業者?)よろしくお願いいたします。

実家のことです。
昨日母が別件で固定資産税についての市役所の固定資産税課に出向いた際に共有土地(旗ざお地の奥に2件の家が建っており1件が実家です)の固定資産払い込み票?に「他1名」とは何かたずねたところ1時間以上の応対の末共有持分のもう一人の分であることがわかりました。
職員の対応では「共有だからどちらに請求してもいいんですよ」「よくあることです」「うちは登記によってあがってきたものを請求すだけなんで」という感じで母も私も開いた口がふさがりませんでした。
そこで、隣家の所有者...続きを読む

Aベストアンサー

(1)憲法第十四条には、国民は法の下に平等に扱われるべきことが規定されています。

(2)地方税法第三百四十三条には、「固定資産税は、固定資産の所有者に課する。」とあります。

(3)地方税法第十条の二第一項では、共有物に対する地方団体の徴収金は、納税者が連帯して納付する義務を負うことが規定されています。

それゆえ、共有土地に係る固定資産税は、共有者(複数の所有者)が連帯して納税する義務があります。

以上の事情を考慮すれば、市町村は、土地の所有割合に応じて固定資産税を按分し、各所有者に課税すべきです。これが常識というものです。

しかるに役場が、複数の所有者の中から「任意に」一人を選んで納税通知書を発行し、他の所有者に納税通知書を発行しなかったということは、余りにも乱暴なやり方であり、役場の職務怠慢(手抜き行政)または職権乱用の疑いがあります。

全国各地で弁護士が無料法律相談室を開設していますから、相談してはいかがですか。役場を相手に訴訟を起すのです。裁判に勝てば相当の額の固定資産税が戻るでしょう。負ければだめですが。勝てそうか負けそうか、弁護士が検討するでしょう。勝てると言う弁護士に依頼するのがいいでしょう。

(1)憲法第十四条には、国民は法の下に平等に扱われるべきことが規定されています。

(2)地方税法第三百四十三条には、「固定資産税は、固定資産の所有者に課する。」とあります。

(3)地方税法第十条の二第一項では、共有物に対する地方団体の徴収金は、納税者が連帯して納付する義務を負うことが規定されています。

それゆえ、共有土地に係る固定資産税は、共有者(複数の所有者)が連帯して納税する義務があります。

以上の事情を考慮すれば、市町村は、土地の所有割合に応じて固定資産税を按分し、各...続きを読む

QエクセルのIF関数で、文字が入力されていたならば~

エクセルのIF関数で文字が入力されていたならば~、という論理式を組み立てたいと思っています。

=IF(A1="『どんな文字でも』","",+B1-C1)

A1セルに『どんな文字でも』入っていたならば、空白に。
文字が入っていなければB1セルからC1セルを引く、という状態です。

この『どんな文字でも』の部分に何を入れればいいのか教えてください。

またIF関数以外でも同様のことができれば構いません。

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

=IF(ISTEXT(A1),"",B1-C1)

でどうでしょうか?

Q介護保険料は何歳まで支払う?

初歩的な質問で申し訳ございません。

質問1 40才になると給料から介護保険料が控除されてますが、
65才になって年金をもらうようになると、年金から介護保険料が控除されているようです。その場合給料から介護保険は控除しないのでしょうか?また、いつの時点の給料から控除しないのでしょうか?

質問2 年金をもらう年になっても、会社員として働いていれば厚生年金を控除するのでしょうか?厚生年金は何歳まで支払うの?

おわかりの方いたらお願いします。

Aベストアンサー

介護保険被保険者は、
1号被保険者・・・65歳以上の者
2号被保険者・・・40歳~65歳未満の者

保険料徴収方法は、
1号被保険者・・・老齢等年金給付(死亡、障害も含む)が年額18万円以上の場合は献金額から控除の特別徴収。
年額18万円未満の場合は納付書による普通徴収。

2号被保険者・・・各医療保険で徴収。
1号被保険者であり2号被保険者ということは発生しません。

保険料の納付方法はその月の保険料を翌月の末日までに納付することになります。
また被保険者資格(どこの保険者に対して納付するか)は毎月末日の被保険者資格によりますので、
65歳の誕生日の前日が属する月の前月(月の初日1日が誕生日の場合のみ誕生日の前日が属する月)分の保険料ということになります。
4月2日~末日誕生日の場合は前月3月分までを4月支払の給与から控除。
4月1日誕生日の場合は前日が属する月は3月なので3月分までの保険料を4月支払の給与から控除、法律上3月分はその月という表現になります。

給与から控除される保険料は、健康保険、介護保険、厚生年金と明細上も分けているはずですので確認ください。

一般保険料たる健康保険と介護保険料の料率は保険者によりそれぞれ違うことがあるからです。

厚生年金は最大70歳に達するまでで、途中退職後は1ヶ月後に退職時の年金額の改定があります。

介護保険被保険者は、
1号被保険者・・・65歳以上の者
2号被保険者・・・40歳~65歳未満の者

保険料徴収方法は、
1号被保険者・・・老齢等年金給付(死亡、障害も含む)が年額18万円以上の場合は献金額から控除の特別徴収。
年額18万円未満の場合は納付書による普通徴収。

2号被保険者・・・各医療保険で徴収。
1号被保険者であり2号被保険者ということは発生しません。

保険料の納付方法はその月の保険料を翌月の末日までに納付することになります。
また被保険者資格(どこの保険者に対して納付する...続きを読む


人気Q&Aランキング