アジアという言葉はどこの言葉なのですか?ヨーロッパとかは、英語っぽい感じがするのですが、アジアは、英語やドイツ語とも違う感じがするのですが。知ってる方がいらしたら教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

アジアは古い言葉なので世界の主要言語では同じです。

起源は西暦前7-8世紀まで
遡ると言われ、当時地中海一帯で活躍していたフェニキア人の言葉だといわれます。フェニキア人にとって世界とは地中海周辺だったので、エーゲ海から東をエレブ(ereb)西をアス(assu)と呼んでいました。後にローマ人がこれを引き継ぎ、ラテン語の地名などに使う接尾辞ーiaをつけてasiaが出来上がり、エレブは違った運命をたどって今日のEuropeになりました。ラテン語の-iaは多くのヨーロッパ語にはいり、新しい地名、物を販売する場所などの名前はギリシャ語+iaあるいは自国語+iaで命名され、この習慣は今日までつずいています。日本人に馴染みのあるものだけでも、ユートピア、オーストラリア、パタゴニア、コロンビア、ボリビア、インドネシア、ルーマニア、キャフェテリア、バージニアなど無数にあります。

参考書
「地名の世界地図」  文芸春秋社 780円
    • good
    • 1
この回答へのお礼

アジアとヨーロッパが対局する言葉だというのがすごくおも白いです。ありがとうございました。

お礼日時:2001/05/31 17:38

訂正



フェニキア語の東西が逆になっていました。
    • good
    • 1

英語なら「エイジャ」ですよね。


ラテン語・ギリシャ語も"Asia"ですが、発音は「アシア」です。
分かりませんが、ポルトガル語の"azja"(アジヤ)からではないでしょうか。
結構古くから使われていますし。

しかし、ヨーロッパのほうはポルトガル語だと「エウ」から始まってしまうので、やはり英語でしょうか。
英語だと「ユァロッパ」みたいにはなりますから。「ユーロッパ」とも発音しますが。

いずれにせよ、どちらも英語っぽくない英語ですので。
つまり、語頭が"eu"だとか語尾が"a"だとかいうのはギリシャ・ラテン系の外来語とかにしか使いませんから。
    • good
    • 0

古くはアッシリアの碑文にある[asu]<日の出づるところ>(東)と[ereb]<日の没する所>(西)との対応があって、そのうちの[asu]が転訛して、asiaになったといわれています。

これがギリシアに伝わってAsiaとEuropaになったといわれています。
ホメロスのアポロン讃歌(前9世紀)の中で、[Europa]は当時の彼らの世界たるペロポネソス半島及びエーゲ諸島のことをいっていたので、Asiaはそれ以外の東の方を広く指していたと思われます。
参考文献:平凡社世界大百科事典
    • good
    • 4
この回答へのお礼

語源を探ると、いろいろな世界が見えてきて面白いですね。ありがとうございました。

お礼日時:2001/05/31 17:39

「Asia」は英語だったと思いますが、「東の方の土地」や「東の辺境地」という意味だそうです。

たぶん、、、ですが。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q目処(めど)と目途(もくと)

目処と目途の使い分けについて教えてください。
送り仮名に違いがありますか。
PC辞書で「めど」の変換を探すと目途が入っているのもありますね。
これは明らかに誤用ですよね。

Aベストアンサー

めどはやまと言葉ではないでしょうか。もしそうなら漢字は当て字であり、どちらが正しいというものでもなく、世間で一般的にどう使い分けされているかということに過ぎないと思います。

広辞苑ではめど(目処)もくと(目途)と分けて記載されているだけで説明がなく
不親切です。朝日新聞社の漢字用語辞典では、めど(目処、目途)とあり、私のPCでも、めどで両方が転換できます。

解決のめどがつくとか、目標達成のめどが立ったなどと使われるので、
ものごとがその完成、実現にちかずいたということを意味し、目標とは若干ニュアンスが異なると思います。目標は高くとは言いますが、目途(目処)は高くとはいいませんね(この部分は蛇足です)

Q有無、要否、賛否、是非、可否、当否…これらの言葉について

<A>
有無=あるかないか
要否=必要か否か
賛否=賛成と反対
是非=よいことと悪いこと
可否=よいことと悪いこと
当否=正しいか正しくないか。適切かどうか。


1.上記Aのような種類の言葉について、もっと知りたいので
他に何かあれば教えて下さい。

2.Aのような種類の言葉の事を何と呼ぶんでしょうか??

3.Aのような言葉を、どういう風に使えばいいのですか?
例文を示して頂けないでしょうか。

4.「是非」「可否」「当否」の意味は、全部同じですか?
違うとすれば、どのように違うのでしょうか?

Aベストアンサー

使用例

要否=要否を問う

賛否=賛否両論、賛否を問う
是非=是非(良し悪し)を論ずる。 副詞としての用法、是非参加ください。
可否= 可否(良し悪し)を論ずる。可否(賛否)を問う。
当否=ことの当否(よしあし、あたりはずれ)は別として、

是非と可否は同じ意味です。
当否も上の二つと同じ意味があるものの、それが当てはまっているかどうかという意味もあるので全く同じようには使えないでしょう。
二文字で相反する意味を表す漢語独特の表現法ですが、特に名前があるかどうかわかりません。類語として、否応(いやおう)があります。意味は断ることと承知すること。使用例、否応なしに買わされた(無理やりに買わされた)


人気Q&Aランキング