フロー(国民所得)とストック(国民資本)について
詳しく教えて下さい!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

フローとストックの概念は、定義そのままでは理解に困難を伴いますので補足です。

身近な例でたとえると・・・。

あなたは、お風呂にお湯を入れようとしています。
蛇口をひねって、お湯がバスタブにたまっていきます。
1分間に1リットルのお湯が蛇口から出るとします。
10分後には10リットルのお湯がたまっています。
フロー変数は、ある期間で定義される量ですから、蛇口からでるお湯の量です。
ストック変数は、ある時点で測ることの出来る量ですから、バスタブにたまっているお湯の量をさします。

あなたの入れているお風呂の能力を聞かれたらどう答えますか?
そう、フローもストックも質が違いますが、ともに大事な考え方です。

ちなみに、マクロ経済で定義される貯蓄(今期のGDP(フロー)のうち消費(フロー)されなかった部分)は、ストック変数ではなくフロー変数です。
また、GDPについては、その成長率も大事ですが、同じ程度にGDPの水準そのものも大事です。1円が300%成長したって4円にしかならないですが、100億円が1パーセント成長したら、101億円ですから。成熟してきた日本経済なのにいまだにGDP成長率が云々を政策目標にしているとえらいしっぺ返しがくるかもしれません。
    • good
    • 0

フローとストックの概念、経済指標を見るうえでは非常に重要な概念です。


フローとは、経済に関して、ある一定の「期間」で定義される経済量のこと、一方
ストックとは、ある「時点」で定義される経済量のことです。以下で、もう少し
詳しく説明しましょう。

フローの例として挙げられるものは、国民所得(GDP)およびその構成部門
(例えば民間消費とか固定資本形成とか)です。この指標は、いうまでもなく、
景気を表す第一の指標です。ご存知かと思いますが、GDPは、一年間あるいは
3ヶ月ごとに測られます。これらの指標は、それぞれ成長率が非常に大きな意味を
なしてきます。GDPであれば、なによりその成長率が問題となってきます。
ストックの例として挙げられるものは、貯蓄額、不良債権累積額、資本ストック
量などです。これはある一時点で測られるものですが、これは必ずしも景気を
そのまま表したりするものではありません。しかし、概して、資本ストックが
多い国、というのは経済発展がそれだけ進んでいる、ということが言えるで
しょう。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QGNI(国民総所得)には日本38,210ドル(2008年)とありました

GNI(国民総所得)には日本38,210ドル(2008年)とありました。これは働いていない国民すべてふくまれるのでしょうか?
また、ノルウェーの87,070ドルは気になります。日本の倍以上。つまり日本より倍近い所得がある人々の国ということですが、実際の生活も比例しているのでしょうか?

Aベストアンサー

 質問者が引用している数値は、正確にいうと「国民一人あたり名目GNI」です。

 この数値を国際比較するためには、各国の物価水準の違いを取り除く必要があります。購買力平価で調整したデータについては、下記URLを参照してください。


http://www.stat.go.jp/data/sekai/03.htm

Q経済学(資本還元の方法を使って擬制資本の価額)

資本還元の方法を使って擬制資本の価額を求める
(1)いま保有している2万株の株式から得られる配当が年間10万円えあり、現在の市場利子率が2%であるとすると、この2万株の株式の価額は、理論的にいくらであると考えられるか。
(2)所有している500m2の駐車場から得られる駐車代が年間120万円であり、現在の市場利子率が4%であるとすると、この駐車場価額は、理論的にいくらであると考えられるか。

ーーーーー
すみません、解答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

今日持っている10万円と1年後の10万円の価値は同じではありません。もし、市場の利子率が2%であるとすると、その2%で10万円を運用すれば1年後には10万2千円になっているからです。今日の10万円は1年後の10万2千円と同じ価値なのです。
このような、時間による価値の差を時間価値と呼びます。では1年後の10万円は今日のいくらと同じ価値なのでしょう?
2%の利子がついて10万円になるのですから、利子がつく前の価格は
10万円×1/(1+2%)≒98039円
となります。これが1年後の10万円の現在における価値です。
これを2%で割り引いた現在価値と呼びます。
今日の98039円が1年後の10万円と価値が等しいので、1年後に10万円を得られる権利は今日の98039円でなら売ったり買ったりしても妥当な価格だということになります。


(1)毎年10万円の配当が得られるわけですが、1年後に得られる10万円の現在価値は、上記のように98039円です。
2年後にも10万円の配当が得られます。2年後の10万円の現在価値は
10万円×1/(1+2%)×1/(1+2%)≒96117円
になります。
3年後にも10万円得られます。4年後、5年後にも10万円ずつ配当が得られます。それぞれの現在価値は
10万円×1/(1+2%)*3
10万円×1/(1+2%)*4
10万円×1/(1+2%)*5
となります。ここで*3や*4は3乗、4乗などを表すことにします。
2万株の株式を持っているとこれらの配当が未来永劫にわたって得られるので、その配当を貰う権利を売り渡すとしたら、その配当の現在価値の総和が妥当な価格であるということになります。これが理論株価です。したがって

理論株価=10万円×1/((1+2%)+(1+2%)*2+(1+2%)*3+・・・・)

となります。そこで、
1/((1+2%)+(1+2%)*2+(1+2%)*3+・・・・)
がいくつなのかを計算しなければなりません。
そこで、利子率をrとして、
1/((1+r)+(1+r)*2+(1+r)*3+・・・・)
を計算することにしましょう。
ここで
x=1/((1+r)+(1+r)*2+(1+r)*3+・・・・)
とします。「=」の両辺に(1+r)を掛けると
(1+r)x=(1+r)/((1+r)+(1+r)*2+(1+r)*3+・・・・)
=1+1/((1+r)+(1+r)*2+(1+r)*3+・・・・)
になります。下の式から上の式を引くと
(1+r-1)x=1
rx=1
x=1/r
となります。ですから、将来にわたって毎年10万円の配当が得られる株式の価格は
10万円/2%=500万円
となります。

(2)4%で計算してみましょう。

今日持っている10万円と1年後の10万円の価値は同じではありません。もし、市場の利子率が2%であるとすると、その2%で10万円を運用すれば1年後には10万2千円になっているからです。今日の10万円は1年後の10万2千円と同じ価値なのです。
このような、時間による価値の差を時間価値と呼びます。では1年後の10万円は今日のいくらと同じ価値なのでしょう?
2%の利子がついて10万円になるのですから、利子がつく前の価格は
10万円×1/(1+2%)≒98039円
となります。これが1年...続きを読む

Q「国民総所得」と「所得一人当たり」

前に世界の経済のことを調べたら「国民総所得」と「所得一人当たり」の高い順が同じではないことがわかりました。この二つは何が違うのか、私にはよくわかりません。誰か教えてください。

Aベストアンサー

詳細は抜きにして大雑把に記載します。

国民総所得・・・・全ての国民の総所得の和
所得一人当たり・・・・国民総所得÷人口


日本が人口3人の国だとします。
それぞれの所得を下記のようにします
Aさん:1000円
Bさん:800円
Cさん:900円
国民総所得=1000+800+900=2700円
所得一人当たり=2700÷3=900円

国民総所得と所得一人当たりの順位に違いがあるのは下記の例を参考に
A国:人口10人、国民総所得8,000円
B国:人口8人、国民総所得7,200円

A国の所得一人当たり=8000/10=800円
B国の所得一人当たり=7200/8=900円

このように一人当りの所得は少なくても、人口が多ければ国民総所得は大きくなります。

逆に一人当りの所得が大きくても、人口が少なければ国民所得は小さくなります。(例:ルクセンブルクetc)

QGDPの設備投資について。GDPの設備投資というのは資本ストックをふや

GDPの設備投資について。GDPの設備投資というのは資本ストックをふやすことでよろしいでしょうか?であるならばたとえばパソコンや電卓を買うのも生産に用いられるものなら設備投資として考えられますか?お願いします

Aベストアンサー

> GDPの設備投資というのは資本ストックをふやすことでよろしいでしょうか?

イメージとしては正しいです。
ただし、一方で、設備投資の減耗がありますから、総量が増えているとは限りません。


> たとえばパソコンや電卓を買うのも生産に用いられるものなら設備投資として考えられますか?

物による、としか言いようがありません。

統計上、一般に、家計の耐久消費財については投資として扱われません。また、パソコンや電卓を企業が購入した場合であっても、資産計上せずに消耗品などと同じく一時に費用処理をした場合には設備投資として扱われません。

Q【みんなの資本主義】みんなの資本主義という本が売られていますが、資本主義というものは人を蹴と落として

【みんなの資本主義】みんなの資本主義という本が売られていますが、資本主義というものは人を蹴と落として成り上がるという思想ではないんですか?

みんなの資本主義って発想自体おかしくないですか?

資本主義の下には奴隷と使用者という身分格差があって成り立つ思想ではないんでしょうか?

資本主義でみんなハッピーという考えはあり得るのでしょうか?

みんなの資本主義ってタイトルはおかしくないですか?

Aベストアンサー

「みんなのための資本論」のこと?映画のこと??
資本論をきちんと理解して、搾取されないようにしようねって啓蒙している。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報