コンピュータ系の仕事をしているものですが、
会社には、内緒で、個人で仕事を受けるようになりました。
ある日、それが会社に見つかってしまいました。
10人ほどの小さい会社で、就業規則も見たことがないですし、
昔は、社長も新しい技術を身につけるという名目で、見てみぬふり
をしていたのですが、今回、ひどく叱責を受け、進退伺いを出したのですが、
今のところ、保留となり、課長からの指示で、反省文を提出して、
会社に残ることになりそうです。
今日、ボーナスが支給されたのですが、昨年は、30万ほどあった賞与が
1万円という額で正直言って驚いています。
月の給料での減額制裁だと、10分の一以内とか、いろいろ規制があった
のは、見たのですが・・・。
給料は、来月どうなるかわからないのですが、この先が、不安です。
こういう制裁ってありなんでしょうか?
元を正せば、身からでた錆びなんですが・・・。
書面での伝達もなしで、いきなりで困ってます。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

ボーナスについては、その支払いを使用者に義務づけている法律の規定はないので、支払うかどうか、いつ支払うことにするのか、またどれだけの金額を支払うかについては、労使の協定により決められることになるそうです。


 単に、就業規則などで「賞与は夏期及び年末に支給する」とだけ規定されていたとしても、それだけでは権利として賞与を支払えと請求することはできず労使協定に基づいて、各人の勤務成績などの査定がなされ、具体的に金額が決まって初めて、使用者に対して請求することが可能となります。

今回は、その査定において評価された額が1万円ということですが、場合によっては支払われない場合も考えられます。労働組合がしっかりしているような会社は組合が会社との間に入って調整?してくれるかもしれませんが、文面を見る限りでは組合はなさそうなので、その場合労働者の代表が誰か決められていると思います。(たいてい総務の社員とかです)その方と会社の交渉というのもどうも難しいと思いますが...。
こういった減額が評価なのか制裁なのか嫌がらせなのか?それは難しい問題ですね。
>元を正せば、身からでた錆びなんですが・・・。
とは頭ではわかっていても、現実に一万円というのは色々な意味でショックだったとは思います。今回は高い授業料とあきらめて、この会社でもっといい仕事をしてやり直すべく頑張るか、これを嫌がらせと取って転職するかは、慌てずにしっかりと考えて決めてください。

参考URL:http://web.kyoto-inet.or.jp/people/unionkwu/rodo …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

丁寧な回答ありがとうございます。
>ボーナスについては、その支払いを使用者に義務づけている法律の規定はない
たしかにそうなんですよねぇ~。
労組もないし、総務=社長の奥さんなので、どうしようもありませんね。。。
同僚とも話していたのですが、高い授業料と思って割り切り、更なる
精進をするしかないと思っている今日この頃でありませう。

お礼日時:2001/06/03 01:11

 1万円というほぼ全額カットの制裁はやりすぎです。

みなさんが言われているとおり、ヒドイ、というのがまず最初の感想です。
 しかし、これもみなさんが言っておられるとおり、会社社長の独裁政治がまかり通っているところでは、「無理もヘチマもなんでも通します」あたかも神のごときようなもので、社長は「おれがこの10人を食わしてやってる」とそっくりかえっていることでしょう。残念ながら、社規違反という事実はありますし。
 しかし、そういう人間は、孤独で寂しい自分を扱いかねています。ですから、疑心暗鬼で、俺の欠点からなにから、会社の運命まで暗くとらえているから、内緒でアルバイトするのだ、と怯えているのです。「誰にも知られたくない、きっとあいつはそのうち会社の一大事をばらす」と勘違いしているふしがあります。
 もし、思い当たることがなく、このまま会社に留まる、という気なら、不可能かも知れませんが「内緒の仕事を明かして、会社に回し、会社の利益とするような方法」を提案してみたらどうでしょうか?自分一人で利益を独り占めしていた事実は
事実なのですから、当然、今後は当分ノ-ギャラもやむなしの姿勢を見せる必要はあります。
 ただし、これは、少し、社長の腹立ちが収まった頃、課長などを通じて、うまく
伝える必要がありますが。
 
 働くものは、私もそうですが、実は自由に会社を選べるような気でいますが、社長は自由に選べません。つまり、どんな社長、上役を選ぶのか、ということになると、「人格正しき者」と言いたくても、雇用契約に、上役は常に人格正しく人の過ちに寛大なもの、などとは書いていません。
 つらいところですが、私たちは、受け入れる器広き労働者でしかありません。

 反省文で首がつながった、ということは、来月は給料は出ると思いますので、生活の安定をはかり、慎重に、これからもがんばって良き道を選択してください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答いただきありがとうございます。
>反省文で首がつながった、ということは、来月は給料は出ると思いますので、
>生活の安定をはかり、慎重に、これからもがんばって良き道を選択してく
>ださい。
いちおう、反省文の提出で、今回の一件は収束の方向になりつつある状況です。
慎重にことを進めていこうとおもいます。
ありがとうございます。

お礼日時:2001/06/03 01:15

法的な規制がどうあろうと、小さな会社では社長の意向のままに好き放題やられてしまう場合が多いようです。

労働三法を知っているのか、と疑いたくなるような処遇も珍しい事ではありません。もちろん、違法性がある事柄については法廷なりで争えば当然に勝てるわけですが、手間や時間、無知などがネックになって現実には泣き寝入りのケースの方が圧倒的なのではないでしょうか。
経営者との信頼関係や自分の処遇について将来的な不安を感じるようであれば、それなりの社格のある会社への転職というのも選択肢のひとつだと思います。どのような会社でも一般常識的なレベルが通用するというものでもありません。ボーナスの制裁についても、会社側にもやめてもらっても構わない、といった意志があるようにも感じられますが・・。
終身雇用時代は終わった、などといわれているようですが、安心して働ける環境というのは需要がなくなる事はないでしょう。生活のある社員に対してほぼ全額のボーナスカット、というのは、制裁というよりはイヤガラセだと思います。こういう処分の仕方の実績のある会社は今後もきっとやるでしょう。早めに訣別した方がプラスが大きいように思います。
内職は、公務員なら免職ものですよね。反省はしておられるようですが、暗黙の了解などというものは、今後は「落とし穴」と考えておいた方が賢明かもしれません。
まあ、他人事ですから無責任な発言になっているかもしれません。しかしマジメに回答させ頂きました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

さっそく、ご返事いただき、ありがとうございます。
かなり気分的にはすっきりしました。
今回は、私も泣き寝入りのパターンになってしまうと思います。
暗黙の了解も、社長の気分次第でどうにでもなるということ。
身をもって痛感している今日この頃です。
社長には言っていないのですが、もし取引が拡大したら会社を通して
仕事を取ろうという、もくろみも有ったのですが。。。
私も、見切りをつけて、もう少しきちんとした会社に移ろうと考えて
いる次第です。
さっき、反省文を書き上げましたが、ふ~。。。って言う感じです。
しかし、次の仕事もきているので、へこたれてる余裕なんてないって
ところですね。

お礼日時:2001/06/01 00:14

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q会社の取締役が、例えば情報料などの名目で顧客から報酬を個人的に受け取る

会社の取締役が、例えば情報料などの名目で顧客から報酬を個人的に受け取ることは違法ですか?

Aベストアンサー

>情報料などの名目

名目ということは実態が別にあるということですからこれではグレーですね。

名目ではなくきちんと「情報料」として報酬を得るのはなんら問題ありません。

もちろん情報が流通させて問題ないものという前提です。

個人情報保護法で守られるような情報や個人が不法な手段で得た情報を得る場合はもちろん違法になりますが報酬を得ることが違法なのでなく情報の入手自体が違法行為に問われるでしょう。

それと取締役とかは関係ありません。

Q給料の制裁

2ヶ月間の契約によって仕事をしておりましたが
作業は変わりないのですが 作業方法が非常に危険に
なりました。そこで 私は 退職する旨会社に連絡して
了承をえましたが 一日分の半額を減額するといいます。
調べてみたところ 突然の退職は 労働基準法91条の
適用を受けないのでは と考えられると 思いますが
如何なものでしょうか?

また 仕事が危険になったというのは
台車に荷物を異なる部署の人が乗せそれを押して移動しますが 目線より荷物が高くなった時 私は台車を引いてました。

注意されましたが 視界がとざされ危険である旨主張しましたが受け付けてもらえませんでした。

作業所では 一部フォークリフトが頻繁に出入りし
また 通路も時間帯によりましては 荷物でかなり
狭くなっています。視界を塞がれて作業しろは
私にとって非常に危険な作業に思えましたが

この場合給料の減額の対象とされるのでしょうか?

Aベストアンサー

労働基準法91条は「1回の額が平均賃金の1日分の半額を超え、
総額が一賃金支払期における賃金の総額の10分の1」と
規定されており、半分であればセーフになる可能性があります。

たとえば、日当1万円で20日働く人であれば、
日当の半分である5000円を引いても20万円の1/10には
なっていないですよね(5001円引かれると日当の
半分を超えた額を引かれているのでアウト)。

Q会社で所属長(課長)から執拗に退職勧奨されます。

会社で所属長(課長)から執拗に退職勧奨されます。
具体的には「他の会社に行ったほうがいいんじゃない。いい紹介会社知っているので紹介しようか。」とかを言われます。法的には問題ないでしょうか。やめさせるにはどう言えばいいでしょうか?

宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

まず皆さんが言うように、それは会社の意向をその課長が代表して言っているのか、それとも単に課長の個人的意見なんでしょうか。いずれにしても今の段階では退職勧奨というのはあくまでも強制ではありませんので、あなたの意志をはっきりと表示することが重要です。
「辞める気はありませんので、そういうのはやめてください」と。
その上で次にはどうしてもまだ言ってきた場合は、パワーハラスメントとも受け取れますので断固とした姿勢で「闘う」意志を表明したほうがいいです。「訴えますよ!」といって実際に労働基準監督署などに相談してみるのがいいと思います。
とにかく今の現状では辞める必要はないし、辞めたくないのであれば、「辞めません」とはっきり言うことです。

Q部下を全社メールで叱責する上司と会社への慰謝料請求

部下を全社メールで叱責する上司と会社への慰謝料請求したいと考えております。

私は去年まである会社(A社とします)に勤めていたのですが、表題のようなパワーハラスメントが当たり前のように行われていました。

私は2011年にA社に新卒入社しました。

A社では新卒は日報を全社メールで出すという決まりがあり、私も毎日日報を全社メールで出しておりました。

日報を出すたびに細かな文章・単語のミスを全社メールで指摘され、私が直した日報を全社メールで再度送るといった形式です。

直した後に別の箇所の指摘をしてきたりして上記の手順を何度も繰り返すこともありました。

指摘の口調もひどく、人格攻撃も度々行われていました。

全社メールで叱責されるためこれほど辛いことはありません。(日報を出しているのは私だけなので、ものすごく目立ちます。社員は20程です。)

私が指摘や叱責は私だけに送ってほしいと言っても、「全社メールで意見を言い合うことにより社内のコミュニケーションが活発になる」などと言って聞き入れてくれません。

他の社員から見ても明らかないじめに見えたらしく、見かねた一人の先輩が日報を全社メールで送るまでに文章を見てくれるといってくれました。

しばらくはその方式で実施し、先輩のおかげで指摘・叱責を受けることはなくなりました。

しかし上司から見たら面白くなかったのでしょう、一週間ほどで先輩に見てもらうのを中止するよう命令してきました。

それからもメールにより指摘・叱責は続き入社から4ヶ月ほどで日報は終了しました。

当時はあれほど辛いことはありませんでしたが、社会で働くとは辛いことなんだなとしか思っておりませんでした。

月日は流れ、2012年に私は転職をしました。

A社には1年半ほど勤めましたが、より良い条件の会社を他の見つけたからです。

その会社は非常にいい会社で、A社と比べると天国のような会社です

ある日休日ネットサーフィンをしていたら、下記の記事が目にとまりました。

「「全社メール」で部下をしかり飛ばす上司 「メールによるパワハラ」は認められるか?」という記事です。URL(http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130316-00000301-bengocom-soci)

その記事によると、部下を全社メールで叱り飛ばすのは不法行為になる可能性が高いそうです。

上の記事を読んで昔を思い出し怒りがこみ上げてきました。

A社と上司から慰謝料を取ることは可能でしょうか。

可能であるならどれほどの額を取れるのでしょうか。

ご教示お願い致します。

部下を全社メールで叱責する上司と会社への慰謝料請求したいと考えております。

私は去年まである会社(A社とします)に勤めていたのですが、表題のようなパワーハラスメントが当たり前のように行われていました。

私は2011年にA社に新卒入社しました。

A社では新卒は日報を全社メールで出すという決まりがあり、私も毎日日報を全社メールで出しておりました。

日報を出すたびに細かな文章・単語のミスを全社メールで指摘され、私が直した日報を全社メールで再度送るといった形式です。

直した後に別の箇所の指...続きを読む

Aベストアンサー

皆さまのご回答にあります通り、社会ではもっと辛いことがあると思います。

だからといって、その上司の行いが許されるかどうかは別問題です。現行の法制度で慰謝料を取れるかどうかは分かりませんが、こういう上司にはきっちりお灸を据えるべきだと思います。

とは言ったものの、パワハラの定義は未だ曖昧であり、専門家の間でも意見が分かれるでしょう。体罰問題と同様に。

また、あまり「パワハラを盾に脅しをかけられている」として、貴方がパワハラの加害者にされることもあり得ます。パワハラは上司→部下や先輩→後輩のみでなく、部下→上司や若手社員→年輩社員のケースもありえます(たとえば、PC操作が得意な若手が年輩者に攻撃的になる、など)。

貴方の場合は既に転職していることもあり、そのような事態にはならないでしょうが、過去を引きずって生きるより、新たな人生を満喫した方が幸せではないでしょうか?

Q不発行会社で株主を立証する書面は。

不発行会社で株主を立証する書面は。

知人が、設立した有限会社があり
業務拡大を機に、直近で新たな会社(株式会社)を設立しました。
知人は、両社兼任して代表取締役をしておりましたが
新設の会社の業務多忙から、有限会社の代表取締役を辞任し
新たな役職にはつかず、部長職であった方を代表取締役に据えて
登記して任せたとのこと。
ところが…
今期の決算書類の中の「同族会社等の判定に関する明細書」の
株主欄に知人の名前では無く、任せた方の氏名のみ記載おり
更に調べたとところ、勝手に任せた方のみ記載の株主名簿
なるものも作られていて大変揉めている現状です。

当然、株(出資金)の譲渡はしていないし、
双方間で取り交わした書も無いそうですが
知人は、現在も株主つまりオーナーとしての立場と考えて間違い
ないのでしょうか?
また、株主であるという立証する書面等は何でしょうか。

Aベストアンサー

以前の決算書類等には,知人の名前が載っているのでしょうから,知人が元々は株主であったこと自体は争いがないのでしょう。

非上場の会社の株主の変更については,公的機関で管理しているということもないですから,最終的には,裁判所が,法廷に提出された証拠や証言から総合的に判断するということになります。

知人が元々は株主であったことに争いがないのであれば,株を譲り受けたこと自体を,現在の名義人とされる人が立証する必要があります。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報