遺言が書けるのは何歳以上ですか? 15歳? 18歳? 20歳?

A 回答 (5件)

民法961条見ればすむことなのにさ。

    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。

お礼日時:2001/06/08 11:44

書くのは何歳でも書けると思うのですが、認められるのはたしか


15歳だと思います・・。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。助かりました。

お礼日時:2001/06/08 11:43

同じく15歳です。


満15歳という事ですよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。助かりました。

お礼日時:2001/06/08 11:42

15歳です



でも実際15歳が書いて
自ら保管していたような遺言書って尊重されますかねえ・・・
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。助かりました。

お礼日時:2001/06/08 11:42

15歳以上。

私は試されているんでしょうか。

3択問題? 六法引けば分かるでしょうに。

ここはパズルの問題を教えてくれる人の集まりではないので、念のため。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。助かりました。

お礼日時:2001/06/08 11:34

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q海外在住者の遺言書

ある国の永住権を取得し、日本の住民票を抜いた上でその国に在住している日本人夫婦です。ただし、日本にも夫と妻それぞれ名義の財産(貯金、株式、投資信託)が残っており、夫名義のみですが印税収入も毎年あります。現在住んでいる国で英語の遺言書を作成した場合、
1)全文自筆である
2)日付、署名、押印がある
という条件を満たしていれば、その遺言書は日本の財産にも適応可能なのでしょうか? 具体的には、その英語の遺言書を銀行なりに持参すれば、私の死後に私名義の財産を夫名義へと変更することができるのでしょうか? できれば、居住国と日本のそれぞれで遺言書を作成するということは避けたいので、いずれの国で遺言書を作るべきかを知りたいと思っています。なお、日本大使館に問い合わせたところ、遺言書の預託は行っていないと言われました。

Aベストアンサー

「遺言の方式の準拠法に関する法律」第2条では、下記の方式で作成された遺言はいずれも有効であるとされています。
一  行為地法
二  遺言者が遺言の成立又は死亡の当時国籍を有した国の法
三  遺言者が遺言の成立又は死亡の当時住所を有した地の法
(以下略)

お尋ねの件の場合、日本の方式で作成された遺言状は、内容が法律の規定に合致している限り、日本の法律からは有効とみなされます。
民法やその他の法律には、遺言で使う言語についての制限はありません(そもそも日本には、法定の「公用語」が無い)。ただし、裁判所法第74条では「裁判所では日本語を用いる」と規定されていますので、英語で作成した遺言書の場合は家庭裁判所での検認の際に翻訳の提出を求められることになると思います。

また、お尋ねのケースとは逆に、居住国の法律に則って作成された遺言状も、日本において有効とみなされます。

日本にある財産を相続するなら、(作成地に関わらず)日本の方式によって作成した遺言状で事足りると思いますが、居住国の銀行口座などの財産について手続をする際は、他に手続が必要だったりするかもしれません。
可能であれば、現地と日本、両方の法律に通じている弁護士(その他、居住国で遺言に関する実務を執行する資格をもつ法務のプロ)に相談された方が良いでしょう。

「遺言の方式の準拠法に関する法律」第2条では、下記の方式で作成された遺言はいずれも有効であるとされています。
一  行為地法
二  遺言者が遺言の成立又は死亡の当時国籍を有した国の法
三  遺言者が遺言の成立又は死亡の当時住所を有した地の法
(以下略)

お尋ねの件の場合、日本の方式で作成された遺言状は、内容が法律の規定に合致している限り、日本の法律からは有効とみなされます。
民法やその他の法律には、遺言で使う言語についての制限はありません(そもそも日本には、法定の「公用...続きを読む

Q満20歳以上と20歳以上の違い

満20歳以上と20歳以上ではどのような違いがあるのでしょうか?

Aベストアンサー

 いまの世の中では同じですよ。
あえて「満20歳」と書くのは、昔は「数え年齢」も使われて
いましたので、これと明確に区別するためでしょう。

 数え年齢は、生まれた瞬間に1歳で、誕生日に関係なく
1月1日に年を一つ取るという年齢の数え方です。
年末に生まれた人は、生まれてまもなく2歳になります。
 最近では数え年齢を使う人はほとんどいませんので、
実質、満20歳=20歳と考えて差し支えありません。

Q公正証書遺言の無効について

サイトをさがしていると、公正証書遺言でも無効となる場合がある
1:公証人が2人以上いない状態で書かれた遺言書
2:証人になれない人が立ち会った遺言書
3:公証人に身振り手振りなどで伝えた遺言書
4:遺言者と公証人が閲覧などを行った遺言書
5:公証人が遺言書を書き始める段階でいなかった遺言書

これで4番の”遺言者と公証人が閲覧などを行った遺言書”の意味がわかりません。ご説明の程をよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

そのサイトが間違っているのか嘘を書いているのでしょう。

民法
(公正証書遺言)
第969条  公正証書によって遺言をするには、次に掲げる方式に従わなければならない。
1  証人二人以上の立会いがあること。
2  遺言者が遺言の趣旨を公証人に口授すること。
3  公証人が、遺言者の口述を筆記し、これを遺言者及び証人に読み聞かせ、又は閲覧させること。
4  遺言者及び証人が、筆記の正確なことを承認した後、各自これに署名し、印を押すこと。ただし、遺言者が署名することができない場合は、公証人がその事由を付記して、署名に代えることができる。
5  公証人が、その証書は前各号に掲げる方式に従って作ったものである旨を付記して、これに署名し、印を押すこと。


>1:公証人が2人以上いない状態で書かれた遺言書
公証人ではなく証人の間違い。
かつ書くときに証人の立ち会いは通常ありません。

>2:証人になれない人が立ち会った遺言書
だいたい正解、立ち会ったという表現は適切ではありません。

>3:公証人に身振り手振りなどで伝えた遺言書
だいたい正解


>4:遺言者と公証人が閲覧などを行った遺言書
遺言者については第969条第3号にあるように全く逆です。
公証人は遺言書を書いた本人ですから閲覧も何もありません。

>5:公証人が遺言書を書き始める段階でいなかった遺言書
意味不明。
公証人が書くのにいなかったとは?

そのサイトが間違っているのか嘘を書いているのでしょう。

民法
(公正証書遺言)
第969条  公正証書によって遺言をするには、次に掲げる方式に従わなければならない。
1  証人二人以上の立会いがあること。
2  遺言者が遺言の趣旨を公証人に口授すること。
3  公証人が、遺言者の口述を筆記し、これを遺言者及び証人に読み聞かせ、又は閲覧させること。
4  遺言者及び証人が、筆記の正確なことを承認した後、各自これに署名し、印を押すこと。ただし、遺言者が署名することができない場合は、公証人がその...続きを読む

Q18歳以上の男性が18歳以下の女性とセックスをするのは犯罪ですか?

18歳以上の男性が18歳以下の女性とセックスをするのは犯罪ですか?

よくニュースで女子高生などに手を出して捕まると言うのを見ます
大体のパターンは援交など猥褻ですが
純粋に恋愛をして性行為をする場合も犯罪になるのでしょうか?

Aベストアンサー

18歳以下←×
18歳未満←○


客観的に見てちゃんとした恋愛なら犯罪にはなりません。
しかし法的な「純粋な恋愛」というのは条件がかなり厳しいです。

判例では、

ナンパされて付き合った場合=アウト
上司と部下、教師と生徒のように強い上下関係がある場合=アウト
妊娠して堕胎した場合=アウト


自然な成り行きで出会ってその後付き合うことになって、
妊娠したら結婚するという気持ちを持って性行為をしていたのならセーフです。

Q遺言書の効力について

遺言書の効力は一番新しいものが有効と言われていますが、古い遺言書は一切効力が無くなるのでしょうか?
特に、隠し子がいて、それを遺言書で認知する場合、遺言書を書き換える度にその項目を書き入れなければならないのでしょうか?
テレビなどで愛人に遺言書として子供を認知する 旨の物を残しても、新しい遺言書に その記載が無い場合には遺言書での認知は無効なんでしょうか。

遺言書を残すことなど何の意味も持たない生活を送っていますが、チョット気になったので、お願いします。

Aベストアンサー

条文にあたれば、氷解するんですがね。

新しい遺言を書いて、古い遺言を失効させるには、古い遺言を遺言者がやぶり捨てる(民法1024条前段)か、新しい遺言に「この日付前の遺言はみな撤回する」(1022条)とでも書かないことには、古い遺言は、それで生きています。毎回、同じことを書く必要はないわけです。

このほか、新しい遺言と古い遺言で、矛盾する記述がある場合は、新しい遺言が有効で、古い遺言のその部分についてのみ失効します(1023条1項)。二つの遺言に「土地Aを長男にやる」と「土地Aを二男にやる」とあれば、新しい日付に書いてある方が有効です。

また遺言の対象物を、生前他の人にあげてしまった(1023条2項)、捨ててしまった(1024条後段)場合、遺言で受け取るはずだった人への遺贈(相続)は、撤回されたものとします。

なお、自筆遺言は、被相続人の死後、相続人間で有効無効が争われ裁判にもちこまれやすいだけで、有効とされた自筆遺言と、公正証書遺言に優劣はありません。


(遺言の撤回)
第1022条  遺言者は、いつでも、遺言の方式に従って、その遺言の全部又は一部を撤回することができる。

(前の遺言と後の遺言との抵触等)
第1023条  前の遺言が後の遺言と抵触するときは、その抵触する部分については、後の遺言で前の遺言を撤回したものとみなす。
2  前項の規定は、遺言が遺言後の生前処分その他の法律行為と抵触する場合について準用する。

(遺言書又は遺贈の目的物の破棄)
第1024条  遺言者が故意に遺言書を破棄したときは、その破棄した部分については、遺言を撤回したものとみなす。遺言者が故意に遺贈の目的物を破棄したときも、同様とする。

条文にあたれば、氷解するんですがね。

新しい遺言を書いて、古い遺言を失効させるには、古い遺言を遺言者がやぶり捨てる(民法1024条前段)か、新しい遺言に「この日付前の遺言はみな撤回する」(1022条)とでも書かないことには、古い遺言は、それで生きています。毎回、同じことを書く必要はないわけです。

このほか、新しい遺言と古い遺言で、矛盾する記述がある場合は、新しい遺言が有効で、古い遺言のその部分についてのみ失効します(1023条1項)。二つの遺言に「土地Aを長男にやる」と「土地Aを二男に...続きを読む

Q遺言はなぜ15歳から書けるのか

脳死臓器移植ができる年齢は15歳以上なのですが、この年齢を設定の元になっているのが、民法の遺言が書ける年齢というのです。そこで、成人は20歳と決められており、結婚ができる年齢は18歳なのに、なぜ、遺言状は15歳で書けるのか、根拠が知りたいです。

Aベストアンサー

遺言は遺言者の最終意志をできるだけ実現しようとする制度ですので、遺言という行為の性質が判断できる能力、意思能力があれば十分ということで、15歳になればこの能力はあるだろうということで考えられたためです。

Q遺言書の内容と異なる口頭遺言の効力について

遺言書の内容と異なる口頭遺言の効力について

お世話になります。
相続(遺言)に関して質問します。

【経緯】
 遺言書が残されており、遺言執行者により証書どおりの財産分与が行われました。
 その後、財産分与額に不満をもった人物が遺留分の減殺請求権を行使し、
 裁判へと発展しました。そして、裁判が終了し遺留分の金額が確定し、
 その人物に対して判決どおりの金額を満額支払いました。
   ※判決に対する不服の申し立ては双方(原告・被告)ともにありませんでした。
 しかしながら、その後、生前に口頭による遺言があったとして、
 更なる分与を求める書面が届きました。

【質問事項】
 (1)遺言書(公正証書)が存在している場合、
  さらに、遺言書に記載のない内容が口頭にて遺言された場合、
  口頭による遺言は法的効力を有するものなのでしょうか?

 (2)故人が口頭で残したと主張する遺言を証明する第三者が存在しない場合に、
  口頭による遺言は法的効力を有するものなのでしょうか?

 (3)(2)とは逆で、証明する第三者が存在した場合に、
  口頭による遺言は法的効力を有するものなのでしょうか?

遺言書の内容と異なる口頭遺言の効力について

お世話になります。
相続(遺言)に関して質問します。

【経緯】
 遺言書が残されており、遺言執行者により証書どおりの財産分与が行われました。
 その後、財産分与額に不満をもった人物が遺留分の減殺請求権を行使し、
 裁判へと発展しました。そして、裁判が終了し遺留分の金額が確定し、
 その人物に対して判決どおりの金額を満額支払いました。
   ※判決に対する不服の申し立ては双方(原告・被告)ともにありませんでした。
 しかしながら、その後、...続きを読む

Aベストアンサー

口頭の遺言も有効です。 民法976条参照   #2間違えです。

ただし、遺言の日から20日以内に、裁判所の手続をしなければなりません。 976条
期間経過後は無効となります。

最近条文に記載がアルのに誤答が!!!!!

Q中3で15歳のばあい15歳未満にひっかかる?

中3で15歳(既に誕生日を迎えている)場合、よく規約などに記載してある
「15歳未満の方は保護者の同意を・・・」
といった記述は適応されるのでしょうか


セブン銀行の口座を開設したいのです
一人で済ませたいのですが
この「15歳未満」が引っかかってます

前に15歳になってR-15の映画が見れるのか調べたところ
不可能(中学卒業しなければ不可)だったため、
この「15歳未満の方」というのは中学生以下の人はということなのかどうなのか
ということです。

映画と状況が違うので、またそのラインも違うのではないか
と考えています


今回の件に関しては親に書類記入をお願いすれば済む話なので特に問題はありませんが
中学生で15歳という子供と大人の境界線を踏んでいる身としてどうなっているのか気になりました

回答お願いします

(セブン銀行の場合、一般的な15歳~の記述の場合、どちらかでも)

Aベストアンサー

下記のサイトを見る限り、本人確認書類において、親権者の署名と本人確認書類が必要なのは、年齢以外の制限はありませんので、あなたは15歳に達しているのですから、健康保険証の写しと電話・水道・電気・NHKの領収書の原本があれば、口座開設の申し込みができます。
http://www.sevenbank.co.jp/account/deposit/identity.html

なお、口座開設とバイトとは必ずしも関連はありません。0歳児など子供名義の口座はよくあります。

ただ、老婆心ながら申し上げますと、未成年者の場合、銀行側の規定とは別に、親子関係の中で、やはり親に相談して同意をもらっておいた方が、万一のトラブル防止のためによいと思います。

蛇足ながら、銀行側が申込者に親権者の同意を求める年齢を「15歳未満」と規定しているのは、民法961条の「遺言能力」に準じているからだと思います。

Q公正証書遺言の訂正、更新について。

公正証書遺言作成時から、状況が変わってきました。
 その訂正(更新)にはどの様な手段があるでしょうか?
  *遺言者は入院中。意識ははっきりしているが、文章を書ける状態ではない。
質問1. 病室にて、公正証書遺言の訂正、更新は可能でしょうか?どんな方法があるでしょう?
      *遺言執行者は、行政書士さんです。
  2.  遺言執行者(行政書士さん)を呼ぶ場合、再度、費用は発生しますか? (公正証書遺言作成時に報酬は払い済)
  3.  この様な相談を遺言執行者(公正証書で指定されている行政書士)に相談する場合、再度、費用は発生しますか?
  4.  遺言執行者に頼らず、公正証書遺言を訂正又は更新する方法、又は、有効な遺言書を作成する方法がありますか?

Aベストアンサー

質問1について
訂正はできませんが,撤回という方法でできます。

質問2について
遺言の作成に遺言執行者の立会いは必要とされていないので呼ぶ必要はありませんが,呼ぶなら日当のようなものを請求されるのではないでしょうか(その行政書士次第です)。

質問3について
相談するなら,相談料がかかるのではないでしょうか(その行政書士次第です)。

質問4について
自力で自筆証書遺言を作成するか,公正証書遺言にしたいなら公証人と打ち合わせができるのであれば行政書士に頼る必要はありません。

以下,その説明です。

公正証書遺言を直接訂正することはできません。遺言の撤回という方法をとることになります。
その方法は遺言の全部または一部の撤回になりますので,その撤回を内容とした新たな遺言を作ることになります(民法1022条)。遺言が自筆証書遺言であれば古い遺言書を破棄して新しいものを作るというちょっと乱暴な方法もあるのですが,公正証書遺言の場合には遺言の原本が公証役場に保管されているため,手元にある遺言書の正本(または謄本)を破棄してもまた公証役場から謄本を発行してもらうことができてしまうので意味がありません。必ず新しい遺言を作成する必要があります。

その新しい遺言は,公正証書遺言でなく自筆証書遺言でもかまいません。ですが自筆証書遺言では,作成者に法的知識がないことから無効になることがあり,また先に作った公正証書遺言の撤回としては不十分な内容になるおそれもあります。新しい遺言も,公正証書遺言にしておいたほうが無難でしょう。

公正証書遺言の作成は原則として公証役場で行いますが,遺言者が病気等で公証役場に出向けない場合には,公証人が病院や自宅に出張してくれます(ただし,公証人の公正証書遺言の作成費用に出張費が加算されます)。公証人は,前回とは異なる公証人にしてもかまわないのですが,前回の遺言や資料を確認してもらったほうが早いし楽なので,同じ公証人のほうがいいと思います。

公正証書遺言の作成の際に,遺言執行者(の候補である行政書士)の立会いは必要ありません。本人と公証人,証人2人がいればそれで足ります(証人は,公証人にお願いすれば公証役場で手配してくれます。ただし,その費用はかかります)。ですのでその行政書士を必ずしも呼ぶ必要はありません。
ですが,新しい遺言書を作るためには公証人との打ち合わせが必要です。それをご自身で行えないというのであれば,その行政書士にお願いするのが簡単でしょう。行政書士にそれをお願いするのであれば,それは新たなコーディネイトということになりますので,その費用を支払うことになると思います。コーディネイトをしてもらうのであれば,公正証書遺言の作成に立ち会ってもらい,証人になってもらってもいいでしょう。

費用については,公証役場の費用はまけてもらうことはできません(公証人手数料令で決まっています)。行政書士の費用は自由化されているので,多少のサービスはあるかもしれません。

質問1について
訂正はできませんが,撤回という方法でできます。

質問2について
遺言の作成に遺言執行者の立会いは必要とされていないので呼ぶ必要はありませんが,呼ぶなら日当のようなものを請求されるのではないでしょうか(その行政書士次第です)。

質問3について
相談するなら,相談料がかかるのではないでしょうか(その行政書士次第です)。

質問4について
自力で自筆証書遺言を作成するか,公正証書遺言にしたいなら公証人と打ち合わせができるのであれば行政書士に頼る必要はありません。

以下,そ...続きを読む

Q18歳未満深夜業禁止 ただし、交替制の満16歳以上はOK?

労働基準法第61条で18歳未満の深夜業の禁止はわかるのですが、条文後半の「ただし、交替制によって使用する満16歳以上の男性については、この限りではない」をどのように解釈すればいいのですか?
飲食店での深夜営業で交替制で使用してもいいのですかね?

Aベストアンサー

16歳以上の男性が交替制で働く場合については、深夜労働が認められています。
ただし、高校生などの場合、交替制という点をクリアできないようです。

参考urlをご覧ください。

参考URL:http://www.san-pla.co.jp/hr/conditions/


人気Q&Aランキング