いつもお世話になっております。

平成13年式イプサム240S(TA-ACM26W)に乗っております。
昨年末(12/29)にエンジンかけたところ「VSCランプ」と「エンジンチェックランプ」が同時点灯しました。

年末年始がディーラーも休みのため、本日ディーラーに行き調べてもらいました。
「エンジンチェックランプ」については「O2センサー」のようでしたが、
「VSCランプ」についてはディーラーでもわからず。
作業の様子をみていたことろ、「Gセンサー未補正」というようなエラーを検出しているようですが、ディーラーの方も対象方法が不明な様子。
※Gセンサーの修理をしたことがないとのこと。

私的にはエンジンチェックランプとVSCランプが同時点灯したので
O2センサーを修理すれば治るのでは?素人考えしております。

走行距離140,000キロになりますが、愛着のある車でしてまだまだ乗りたいと考えております。
どなたか同じような現象にあわれた方はおいでしょうか?
また原因と対象方法(どういう修理をしたか)などご存知の方がおられましたら情報を教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

別メーカ車ですが、エンジンの警告灯とVSCと類似機能OFFの警告灯が同時に付いたことがあります。

原因はイグニッションコイル異常で、点火ミスのためにエンジンの異常振動が起き、加速度等のセンサーも信頼できないためにVSC(と類似の機能)をOFFにした、との警告でした。
O2センサーでエンジンに振動等が起きるなら、治る可能性はあると思いますよ。

この回答への補足

Kon1701様:

いつもお世話になっております。

NO.1の回答でも報告いたしましたが、O2センサー交換したところエンジン警告灯のみが消え、VSC警告灯はクルマが動くと点灯してしまいます。

車屋さんでもわからず、今日のところは戻ってきました。

補足日時:2014/01/07 16:39
    • good
    • 14
この回答へのお礼

Kon1701様:

いつもお世話になっております。
ご回答有難うございました。

一見関係なさそうな現象も原因になる可能性があるのですね。
メカニックの方の経験の多さが適切な分析につながるんでしょうか。

話が逸れますが、私の担当者は若い方でエラーチェッカー(診断機)のメッセージのみを信用しているようでした。
それが悪いとはいいませんが、ご紹介頂いた事例のように今のクルマはコンピュータ制御が複雑に絡み合ってますので表面上のメッセージとは異なる原因があるところまで読んでほしいものです。


ますますO2センサーのみで直るような気持ちになりました。

お礼日時:2014/01/07 08:34

こちらに良く似た症状の整備載ってます 参考になりますか?


http://www.heian-auto.co.jp/content/mekab/yeyeyo …

VSCは
http://ameblo.jp/kkb-motors/entry-10405704227.html

この回答への補足

banditsan様:

いつもお世話になっております。
先ほどO2センサー交換して参りました。

交換後、エンジン再始動したところ、エンジン警告灯・VSC警告灯が消え喜んでおりましたが…

クルマをほんの少し前進させるとVSC警告灯のみが点灯してしまいました。(バックで後進しても点灯)

いろいろ試しましたが、エンジン始動しアクセルを強く吹かしてもVSC警告灯は点灯せず。あくまでもクルマが動くと点灯するようでした。(交換したのは社外でNGKのO2センサー)

O2センサー交換のみで(動かさないと)消えているところは類似しているので関連性があるような気がしますが。

原因不明で戻ってきました。

先ずはご報告いたします。

補足日時:2014/01/07 16:35
    • good
    • 0
この回答へのお礼

banditsan様:

いつもお世話になっております。
早速ご回答有難うございました。

ご紹介頂いたhttp://www.heian-auto.co.jp/content/mekab/yeyeyo …の状況とそっくりです。

とりあえずO2センサーの修理を依頼したので、ご紹介頂いた事例同様に直ことが理想の形です。

O2センサーのみで直った事例を紹介いただき、ちょっと気持ちに余裕ができました。

お礼日時:2014/01/06 18:11

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QVSCパッケージについて

ヴォクシーの購入を考えているのですが、VSCがついているのとそうでないのでは、価格が12万円違いますが、VSCがついていないとやはりコーナリングとかで差が凄く違うのでしょうか?
VSCの特性などを教えてください。

Aベストアンサー

ビークル スタビリティー コントロール
の略ですね。横滑り防止装置です。ABS
みたいな安全装置です。ハイスピードで
曲ろうとしてスピンなどを起こしそうになると
ブレーキを独立させて挙動をコントロール
するものです。でミニバンでそこまで飛ばすのかと
いうと重心が高いしミニバンとはそういう
類のクルマではないと思われます。ストリームや
オデッセイは別として。でもABSと同じで
保険料の割引もあるので乗り潰すまでの
保険料とオプション代を勘案するのも
いいと思います。

QER34エンジンチェックランプ点灯

ちょうど2ヵ月前、ER34を洗車し帰ろうとエンジンをかけたところ突然「エンジンチェック、TCS、SLIP」のランプが点灯し、エンジンの振動がいつもより激しくなりました。
エンジンを切ってもう一度エンジンをかけても全く同じ症状・・・(*_*)
すぐディーラーへ持っていき、自己診断をかけてみると「イグニッションコイル」が原因らしくイグニッションコイルが6個入ってるみたいで、そのうち「1,2,4」が異常の数値が出てて新品と交換しました。
交換してから約1週間は正常だったのですが走行中また「エンジンチェック、TCS、SLIP」のランプが点灯し振動も全く同じ症状がでたので再びディーラーへ・・・
しかし自己診断をすると、異常なし・・・
ディーラー側は「もしかすると残りの3つのイグニッションコイルに原因がある可能性がある」ということでディーラー側から別のイグニッションコイル3つ(中古)とスパークプラグを交換し、様子を見たが、現象は変わらりませんでした・・・
そしてディーラー側に1週間預けて点検してもらうことにしたのですが、ディーラー側では現象がでないとのこと・・・・
自分が運転している時だけに現象がでる状態

だれか有力な改善情報がありましたら是非教えてください。

ちょうど2ヵ月前、ER34を洗車し帰ろうとエンジンをかけたところ突然「エンジンチェック、TCS、SLIP」のランプが点灯し、エンジンの振動がいつもより激しくなりました。
エンジンを切ってもう一度エンジンをかけても全く同じ症状・・・(*_*)
すぐディーラーへ持っていき、自己診断をかけてみると「イグニッションコイル」が原因らしくイグニッションコイルが6個入ってるみたいで、そのうち「1,2,4」が異常の数値が出てて新品と交換しました。
交換してから約1週間は正常だったのですが走行中また「エンジンチェ...続きを読む

Aベストアンサー

R34で、類似の症状になりました。ただ、症状は軽く、最初はランプがついただけで振動も感じなかったのが発生頻度が増したところでイグニッションコイルを交換しました。最終的には2つ死んだみたいでした。
で、6つとも交換し、その後は発生していません。

でも・・・警告灯がついて異常なし、というのはなにか変ですね。再現しないことはありえますが、警告灯がついた場合、記録が残るとおもうのですが・・・。

なお、6つ全て交換したのは、どのコイルが死んでいるか、間欠的では判断できない、と言われたのと、1つ換える手間も6つ換える手間も同じようなもので、寿命を考えると一緒に換えるのが良いのでは? ということでそのようにしました。

Q車のオプションのVSCってどんなものでしょうか?

みなさん、こんOOは。

先日、VSC付小型車のお勧めを聞いた者です。
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa2758768.html
中国地方の山間部在住でふもとまで車通勤をする予定なのですが、冬に雪が降ると、特に朝方は峠道がアイスバーン状態になるのです。そこでスタッドレスにVSC付車で且つ安全速度で行けば、峠を越えられるかなと考えたのですが、その車で通勤予定の奥さんが一言、”VSCってオプションが必要なの?”と言われてしまいました。

そこで質問です。
1・そもそもVSCってなんでしょうか?
2・VSCは濡れた路面に有効だと聞いたことがあるのですが、スタッドレスタイヤにアイスバーン路面(凍結路面)でも有効なのでしょうか。
3・小型車(1500cc位)で且つスタッドレスを履いた、FFのVSC付とスタンバイ4駆ではどちらがアイスバーンの峠道を越えるのに適しているのでしょう。

ご回答をお待ちしています。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

先のご質問の件ではありがとうございました。

>そもそもVSCってなんでしょうか?

→ かなり乱暴な説明になるのですが
車両の姿勢が制御不能となる一歩手前で、前後・左右いずれか1系統のブレーキングとエンジンの出力制御を行うのがVSC(=ESP :Electronic Stability Program)です。
極端なアンダー/オーバーステアに陥った状態を積極的に作らないもの、と考えていいでしょう。

センサーの判断で1輪のみブレーキングを行うので、設定がない車両で人間が行うのは不可能です。
がタイヤのグリップが僅かでもないと意味をなさないものだといえます。
この辺は
【TOYOTAの解説】
http://www.toyota.co.jp/jp/tech/safety/active/vsc.html
【BOSCHの解説とCGによる動作イメージムービー】
http://www.bosch.co.jp/jp/esc/
が分かりやすいと思いますよ。

最も進化したかたちとしてVDIM: VSC(横滑り防止)、TRC(=TCS/タイヤ空転防止)、ABS(アンチロックブレーキ) +ブレーキ +ステアリングの統合システムが一部高額車両に採用されています。
http://www.toyota.co.jp/jp/tech/new_cars/crown_majesta/advanced/index.html

>スタッドレスタイヤにアイスバーン路面(凍結路面)でも有効なのでしょうか

→ 前出のとおり、オーバースピードでグリップ限界を超えていたら無理だと思います。常識的なスピード内ではとても有効でしょう。
(以前1月の山形でピカピカのミラーバーンの峠越えを敢行したことがありますが、スピンを始めるスピードは僅か30Km程度でした)
蛇足ですがこのような場面では高額な安全機構より、タイヤの選定と速度の制御こそ最も安全につながります。

>FFのVSC付とスタンバイ4駆

→ 車軸のセンサーにより介入する仕組みはほとんど同じなのですが意味が180度異なります。
スタンバイ4WDでは駆動輪の空転をキャッチして非駆動輪にトルクを伝えます。
主に車輪の空転によるトラクション減少を補うものと考えるといいでしょう。

氷結路で4WDであるメリットがあると思えるのは登坂時とエンジンブレーキを4輪に分散してかけられる点です。
一般的なスタンバイ型ではエンブレのメリットは機構的に活かすことが出来ません
(モーター駆動のe-4WDではそのことは考えにはないです)

エンブレのメリットを活かせるのは前後を直結(センターデフロック)可能な車種だと思います。
この辺
http://www.suzuki.co.jp/dom4/lineup/sx4/
1.5L/4WDとかが候補として該当するのではないでしょうか?

※峠道がどのくらいの斜度があるのかが選択の分岐になると思います。
ブレーキングにおいてはタイヤ性能と軽量な車両が有利であるのは間違いないと思いますけど…。

先のご質問の件ではありがとうございました。

>そもそもVSCってなんでしょうか?

→ かなり乱暴な説明になるのですが
車両の姿勢が制御不能となる一歩手前で、前後・左右いずれか1系統のブレーキングとエンジンの出力制御を行うのがVSC(=ESP :Electronic Stability Program)です。
極端なアンダー/オーバーステアに陥った状態を積極的に作らないもの、と考えていいでしょう。

センサーの判断で1輪のみブレーキングを行うので、設定がない車両で人間が行うのは不可能です。
がタイヤのグリップが僅か...続きを読む

QオデッセイRA8に乗っていますが、 エンジンチェックランプが点灯しディラーで見てもらったらO2センサ

オデッセイRA8に乗っていますが、
エンジンチェックランプが点灯しディラーで見てもらったらO2センサーの故障との事でした、通常使用には不備は無いとの事なので
放置していますが、燃費が悪くなった様に思います、町乗りで3.5K/,L高速で7k/Lぐらいです、そんな物でしょうか?
急発進、急加速は気を付けていますが、
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

走りますが、排気ガス濃度を検出、使用燃料の量がコンピューターで計算されます。経験から、壊れますと噴射燃料が増えてしまいます。不完全燃焼が起こり、黒煙が出たりします。当R 32GTS ターボがリッター4キロに落ちました。普段は9キロ走っていました。車検は多分、不合格になりますよ。

QVSC(orVDC)付きFR車の雪上性能について

FR車の購入を検討しています。
年に数回(2~3回)スキーに行くのですが、FRと言えば最も雪道走行に向いていない(特に発進が困難だったり、お尻を振る)と言われていますよね。
そこでVSC(orVDC)をオプションで付けて雪道を乗り切ろうと思っているのですが、VSC(orVDC)の威力って期待できるのでしょうか?それともやはり四駆でないと雪道では厳しいでしょうか?
現在四駆に乗っていますが、車重が重くてむしろ雪道で止まるときに恐い思いを何度もしました。VSC(orVDC)が付いているFR車にお乗りの方、アドバイスをお願い致します。(もちろんスタッドレスを四輪に履いて、チェーンは常に携行するつもりです。その前提でお願い致します)

Aベストアンサー

車種がわかりませんが、VSCが付いていればFRでも十分だと思いますよ。ドライ路面ではVSCが付いていればお尻を振りたくても振らせてくれません。

>VSCはLSDよりも高度な装置だと勝手に解釈しています。
高度には高度ですが目的がちがいます。VSCは前輪のスリップによりハンドルを切っても曲がらない状態や後輪の横滑りによるスピンを防止するために電子制御で各輪に個別にブレーキをかけて体勢を立て直して事故を防止する装置です。またトラクションコントロール(TRC)とも連動してそのような状態ではアクセルを踏み込んでも出力があがりません。

また片輪がスタックしてしまい、進めない状態でもLSD付きやTRCの中でもブレーキLSD付き(ブレーキトラクション)の車ではスタックした片輪に自動的にブレーキをかけて発進できます。

VSCとLSD(またはTRC)が付いている車であれば、発進が困難だったりスピンする危険は減らせます。(もちろん限界がありますよ)

Qエンジンチェックランプの点灯について

サニー(原動機形式QG15)の、エンジンチェックランプ点灯についてお尋ねします。

1 昨年(平成25年)の夏ごろ、走行中にエンジンチェックランプが点灯。 日頃世話になって
  いる自動車修理工場で点検したところ、 「リッチ」のシグナルがでているとのこと。
  消灯後、再現を確認するが再現せず。スロットルボディ(ISCV)清掃。
  8割方の確率でO2センサを交換すればいいと思うが、年末に車検があるので、それまで
  様子を見ながら乗車してくれとのこと。
  年末まで、同様の事態が数回発生。

2 平成25年末に車検実施。

3 年明け早々、エンジンチェックランプ点灯。
  自動車修理工場でO2センサ取り換え。
  交換後、半月程度点灯せず。

4 半月程度後、エンジンチェックランプ点灯。
  走行には問題なく、原因は特定できず、恐らく走行距離も10万キロを超えていることでも
  あり、  どこか関連するパーツが痛んでおり、たまたま「リッチ」になってその情報を取り
  こんでしまうと考えられ、関連パーツを次々に取り換えると費用がかさむので、走行に
  異常がない現状ではこのまましばらく乗車して様子をみたら、とのこと。

5 その後も数回点灯。
  当方より、車をディーラーに持ち込んで、診断機に掛けることを自動車修理工場に提案。
  原因の分かる確率は少ないと思うが、その際にはデータモニタを貰ってくるようにとの
  アドバイスがあった。

6 ディーラーでの診断結果は次の通り。
  システム 部品番号   DTC    詳細情報    時期
  エンジン  23710-8N210 P0172 空燃比リッチB1    6

   自動車修理工場に、上記の診断結果表を提出。
  「やはり、原因は特定出来ていない」という意見と共に、
    「平地ではO/Dボタンをoffにし、高速でだけO/Dボタンをonnにして走ってみては」
  とのアドバイスあり。「高速では恐らく点灯しないと思う」とのこと。

7 自動車修理工場のアドバイスに従い、平地を2週間(走行距離100km程度)、O/Dボタン
  をoffにして走行したが、点灯せず。

  2週間後、好調なので、平地でO/Dボタンonで走行した所、走行10km前後で点灯。
  (点灯するのは、いつも低速時のように思われる)

質問
基本的には、自動車修理工場のアドバイスに従うつもりでいるが、関連部品の取り換えに
よって回復するなら、価格によっては考えてみたい。診断結果の部品番号を見ると、
コンピュータの様に思われるが、コンピュータの交換によって間違いなく解決するトラブル
なのかどうか。
中古またはリサイクル品もあるようだが、その使用についてのご意見などもご教示ください。
よろしく。

サニー(原動機形式QG15)の、エンジンチェックランプ点灯についてお尋ねします。

1 昨年(平成25年)の夏ごろ、走行中にエンジンチェックランプが点灯。 日頃世話になって
  いる自動車修理工場で点検したところ、 「リッチ」のシグナルがでているとのこと。
  消灯後、再現を確認するが再現せず。スロットルボディ(ISCV)清掃。
  8割方の確率でO2センサを交換すればいいと思うが、年末に車検があるので、それまで
  様子を見ながら乗車してくれとのこと。
  年末まで、同様の事態が...続きを読む

Aベストアンサー

部品番号23710-8N210はコンピュータですが、この部品に専用テスタ(診断機)をつないでDTCを読み出したという意味です。
ODスイッチオン・オフしたときの状況から判断して、まずコンピュータの不具合ではありません。
P0172は、空燃比がリッチであることを示しています。
推定される原因は、#1、#2のご回答にあるように多岐にわたります。

O2センサを交換しても直らないことから
「関連パーツを次々に取り換えると費用がかさむので、走行に異常がない現状ではこのまましばらく乗車して様子をみたら」という修理工場さんの見方は良心的ですね。


>2週間後、好調なので、平地でO/Dボタンonで走行した所、走行10km前後で点灯。
  (点灯するのは、いつも低速時のように思われる)

この感覚は重要です。
このような走り方をしているときには、コンピュータは燃費重視の燃料制御をしています。
基になるのはO2センサの信号電圧で、この電圧で燃料が理想的な空燃比(適切な燃料量)で運転されているかどうかを、コンピュータは判断しています。
“連続して”約1分間ほど(車種年式によってこの時間は異なる)信号電圧が変化しないとき、燃料が必要量より多い(または少ない)と判断して、ランプを点灯させています。
そして診断機でDTCを読み出すとP0172(燃料がリッチ=多い)と分かるしくみになっています。
上記の“連続して”1分間の途中で、アクセルを少し大きく踏んだり戻したりすると、連続ではなくなるので、またそこから連続して1分間ほど様子を見るようになっています。
だから、ランプの点灯(または不点灯)は、故意にやろうと思えばできないことではないですね。無意味ですが。

結論です。
このまま乗り続けても大きな支障はないでしょう。
もともと車は、O2センサの信号なしでも軽快に運転できるようにコンピュータ制御されています。
やがて、例えば何かのセンサのボケ(特性値のズレ)が大きくなって、あるいはどこかの配管の漏れなどでアイドル不調になるかもしれませんが、そのときなら、今点検するよりはるかに少ない労力で、不具合個所を見つけることができるはずです。
理論上は、暖機後のアイドルを含む普通の走り方で、燃料消費がやや多くなりますが、急加速・急減速することの方が燃料消費ではムダでしょう。
ホントのところ排気ガスは悪化していますが。

ランプ点灯は気分が悪いですが、車の調子がよいのであれば、P0172による点灯である限り大丈夫です。

部品番号23710-8N210はコンピュータですが、この部品に専用テスタ(診断機)をつないでDTCを読み出したという意味です。
ODスイッチオン・オフしたときの状況から判断して、まずコンピュータの不具合ではありません。
P0172は、空燃比がリッチであることを示しています。
推定される原因は、#1、#2のご回答にあるように多岐にわたります。

O2センサを交換しても直らないことから
「関連パーツを次々に取り換えると費用がかさむので、走行に異常がない現状ではこのまましばらく乗車して様子をみたら」...続きを読む

QVirtual Sound Canvas (VSC) でMIDIが聞けない!

Roland の UA-4FX というものを音の出力にして、パソコンの音や外部音源の音を聞いているのですが、少し前まで使えてた Virtual Sound Canvas 3.2 (VSC 3.2) でだけ MIDI が聞けなくなってしまい困っています。

VSC 3.2 を起動しようとすると
VSCのMIDIデバイス、もしくはVSCのオーディオ出力先として使用するオーディオ・デバイスが開けないため、曲の再生が出来ません
とエラーが出てしまいます。

DirectX診断ツールでは
DirecuMusic のテスト結果: エラー - ステップ 6 (IDirectMusicPort をアクティブ化): HRESULT = 0x80004005 (一般エラー)
とエラーが出ました。

VSC 以外では音は出て、パソコンの MSGS音源や WAV やビープ音は聞こえます。
Windows XP で、最近した事はマウスとキーボードを新しくしたぐらいです。
どうしたら使えるようになるのでしょうか?教えてください。

Aベストアンサー

自信はあるませんが・・・
1.「ボリュームコントロール」のMIDIの音量確認
2.「オーディオとサウンドのプロパティ」の設定の確認・見直し
3.「0x80004005エラー」は、一般的にはユーザーアカウント名に全角文字 (漢字、ひらがな、カタカナ等) が使われていることが原因なのでユーザーアカウント名が半角英数字に変更
4.ウィルス対策ソフトが阻害してることも有り得るのでウィルス対策ソフトの設定を確認・変更

一応、上記を試してみては、どうでしょうか?

Qチェックエンジンランプが点灯しなくなります。  

チェックエンジンランプが点灯しなくなります。  

当方はH16年式のアルファードに乗っているのですが、信号待ちなどの停車時にエンジンが急に止まり、それ以降キーをONにしてもチェックエンジンランプが点灯しなくなり、エンジンコンピューターへの電源供給がストップしてしまうのでセルは回るけど点火しない状態になってしまいます。

症状が出たのが去年の頭位でその時は車両が動かないので即レッカーをして自宅の駐車場に運んで貰い、後日電装屋さんに出張で来てもらいました。

バッテリーから端子を外し多少放置しておいた車両の端子を接続するとコンピューターがリセットされたからか電装屋さんに来てもらった際にはチェックエンジンランプが点灯し復活して動く様になっていました。(今でもこの状態です。)


電装屋さんに計器を持って来て貰い、エンジンコンピューターのエラー診断も行いましたが原因になる様な目立ったエラーは出てなかった為に、エンジンコンピューターからの配線より電源を取っていたりするので配線の取り回しが原因ではないかと言われ応急処置としてワンタッチカプラーなどで電源取り出しをしていたのを半田により再度配線接続をして貰ったのですが、また数ヶ月後に同じ症状が出てしまい未だに完全には直っておりません。


原因不明で今年に入ってもまた同じ症状が出てから電装屋さんに持ち込んだのですが、預けた時には症状が出なくて1週間ほど預けても症状が出なくて夏に預けたのですが、電装屋さんも忙しい時期だと言われて症状がいつでるか分からない車を置いておく事が出来ないと車両を返されてしまいました。

今はいつまた停まるか分からないので車にも乗れない状態でいます。

すこしでも自分に出来る事があれば手元にあるうちにやりたいと思っています。

中古パーツが流用出来るのならエンジンコンピューターの交換もしてみたいのですが、コンピューターとなると交換したは良いが完全に始動しなくなったりしたら困るので交換も出来ていません。


原因の1つになるか分かりませんが、以前に間接照明から電源を取り出して車両下にダウンライトを付けていたのですが、それが外れて落下して品物を引きずり配線をショートさせた状態になって助手席側の間接照明のコンピューター内のリレー?がおかしくなったみたいで片側のみ電源が入りっぱなしになり、キーを抜いても一切消えなくなる(常時電源接続しっぱなし)と言う自体がありました。 

その時は自分もコンピューター交換とかの費用が無かったので、市販のリレーを買って来て逆サイドからの間接照明の配線をスイッチ扱いで配線を繋ぎなおして終わらせたのですが、この際に直さなかったのも原因かと思っているのですが、、、

もし何か分かる方がいらっしゃいましたらアドバイス頂けると助かります。

宜しくお願い致します。

チェックエンジンランプが点灯しなくなります。  

当方はH16年式のアルファードに乗っているのですが、信号待ちなどの停車時にエンジンが急に止まり、それ以降キーをONにしてもチェックエンジンランプが点灯しなくなり、エンジンコンピューターへの電源供給がストップしてしまうのでセルは回るけど点火しない状態になってしまいます。

症状が出たのが去年の頭位でその時は車両が動かないので即レッカーをして自宅の駐車場に運んで貰い、後日電装屋さんに出張で来てもらいました。

バッテリーから端子を...続きを読む

Aベストアンサー

>もし何か分かる方がいらっしゃいましたらアドバイス頂けると助かります。

1.色々と電飾をつけ、それがショートした。
2.間接照明制御装置から、異常な信号が出ている。
3.ショートすると、正常な回路にも異常電圧・異常電流が流れる。
4.異常信号が、正常な自動車制御装置に誤った信号を送っている。
5.制御関係の基盤本体がが、異常電圧・電流に耐えられなくなり故障。
6.制御コンピュター本体が、異常電圧・電流に耐えられなくなり故障。
7.間接照明制御装置からの異常信号を、自動車制御装置(コンピュータ)が本物として認識した。

という事ですね。
先ずは、問題を起こしている間接照明関係を全て外して(元の状態に戻して)状況を確認する事です。
間接照明を外して(元の状態に戻して)も、同じ症状の場合は「自業自得・自己責任」です。
メーカー・ディーラー保証対象外ですから、素直に自動車制御装置(コンピュータ)を新品と交換する必要があります。

QS-VSCと4WDについて

車の購入を検討しています。現在は、エスティマの4WDに乗っていますので、また4WDを購入しようかと考えていますが、4WDは価格が高いので悩んでいます。今は豪雪地帯に住んでおりますが、転勤族であるため、居住環境は変化します。(スキーには行きます)
実際に乗っていて4WDに魅力を感じているのは、雪道での発進性能が主でその他の走行安定性等は実感できません。エスティマの4WDは、ボタンスイッチで切替ができ、前輪が滑ると後輪にトルクが行く方式だと思います。
そこで、教えていただきたいのですが、トヨタのOPにS-VSC(電動パワーステアリング(EPS)とブレーキ制御(VSC、ABSなど)、駆動力制御(TRC)の機能を協調させることにより、車両の挙動が安定する方向に操舵トルクをアシストするシステム)なるものがあります。FFにこの装備を付けた場合、以下の点について質問です。
(1)登りの雪道における発進やわだちからの脱出に有効でしょうか?
(2)上記に関し、現在の4WDには劣るでしょうが、単なるFFと比べどの程度上を行くのでしょうか?
(3)走行の安定性(安全性)という面では、FFとS-VSCで現在の車より良くなるでしょうか?
(4)4WDにS-VSCはもったいないでしょうか?(高すぎる~)
ちなみに検討中の車種は、エスティマとノアです。皆さんよろしくお願いします。

車の購入を検討しています。現在は、エスティマの4WDに乗っていますので、また4WDを購入しようかと考えていますが、4WDは価格が高いので悩んでいます。今は豪雪地帯に住んでおりますが、転勤族であるため、居住環境は変化します。(スキーには行きます)
実際に乗っていて4WDに魅力を感じているのは、雪道での発進性能が主でその他の走行安定性等は実感できません。エスティマの4WDは、ボタンスイッチで切替ができ、前輪が滑ると後輪にトルクが行く方式だと思います。
そこで、教えていただきたいのですが、トヨ...続きを読む

Aベストアンサー

S-VSCってのは、走行安定性を高めるためのものであって、駆動力を高めるものではありません。

したがって(1)に関しては普通のFFと同じで無力です。そもそもグリップを確保できない状態では制御できません。特に雪道の上り坂ではTRCが悪い方向に働き、タイヤの空転をさせまいとエンジン出力を抑制させてしまい、まったく登れなくなってしまうこともあります。なので車両によってはTRCやVSCをOFFに出来るものもあります。

(2)に関しては、走行中の安定性はVSCなしのFFよりはよいです。

(3)に関しては微妙なところです。少なくとも極端によくなることはないでしょう。VSCもタイヤ4輪のグリップの限界を超えれば滑ります。
発進性能に関しては(1)に書いたとおり、4駆には負けます。

(4)がある意味鬼に金棒だとおもいますよ。

QRA8-のオデッセイに乗っていますが、 エンジンチェックランプが点灯しディラーでO2センサーの故障と

RA8-のオデッセイに乗っていますが、
エンジンチェックランプが点灯しディラーでO2センサーの故障と診断されたので、取り替えましたが、チェックランプが消えません。
バッテリーを外してリセットはしました、
その他に原因があるのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>バッテリーを外してリセットはしました、

バッテリー外してリセット出来るような車は
平成に入ってからは存在してませんが・・・

で、まさかとは思いますが、自分で交換したんですか?

それでは治る方がおかしいですよ。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報