最新閲覧日:

ずっと不思議に思っていることですが、
1週間の呼び名の意味が、日本語と英語で一致しています。
月=MON
日=Sun
・・など。
しかも、太陽系の星の名前です。
太陽系が先か、1週間の呼び名が先か、
おそらくはヨーロッパのほうの歴史だとは思いますが、
「はじめて物語」を誰か、教えてください。

このQ&Aに関連する人気のQ&A

A 回答 (4件)

1週間を7日にしたのは古代バビロニアで、各曜日を決めたのは古代ローマになります。



曜日について、順番の決め方、各国の呼び方、週の始まりは何曜日か?...などなど、かな~り詳しく語っているページを紹介します。(参考URL)
一度見てみると面白いです。

参考URL:http://www.rinc.or.jp/~kurata/youbi.html#section9
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ずばり回答の書いてあるサイトをご紹介くださり、
ありがとうございます。
実は曜日の呼び方は、国語算数理科社会全て網羅した、
とても奥の深い話で、学者でもわかっていない部分もある、
ということで、
びっくりしました。
質問してみて本当に良かったです。

お礼日時:2001/06/03 13:03

回答の訂正


   火曜日は25番めではなく24番目です。
   
    • good
    • 0

約5000年前のシュメール人が太陰暦を作ったそうです。


かれらは月を神とし新月から新月の期間(約28日)を1月としていたそうです。
数年に一度閏年を設定して調整していました。
既に60進法を使い、1時間は60分、1日は24時間、1週7日間のカレンダー
を作っていました。
1日のうち1時間ごとに惑星の神様が支配すると考えていました。
太陽系には12個の惑星があると記録されています。(12番目はまだ発見され
ていない)
最初の1時間は月です(月曜日)そして惑星が地球から近い順に1時間ごとに
当てはめると25番目(翌日の最初)は火星が支配するので火曜日。
このように1週間を当てはめると現在の形になるそうです。
私の知識はこの程度です。以前テレビで放送されていました。

ここで謎があります。
5000年前のシュメール人は太陽系の惑星の存在(冥王星や海王星の存在も
記録されている)をどのように知り、12番目は何処に。
(12番目は最近、存在の可能性が議論されています。)
さらに惑星の距離はどうして計算したのか。
シュメール文明についてしらべると奥が深いです。 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
何気に思っていた疑問が、
実は、科学や神話や歴史がからむ、
奥の深いものだったのでびっくりしました。
最近は古代文明ブームですが、
シュメール文明についても、興味がわきました。
何千年もあとに伝わるなんて、改めて、
人間の知恵や文明ってすごいですね。

お礼日時:2001/06/03 13:09

バビロニア起源で、日本にもたらされたのは平安時代、空海によるんだそうです。


詳しくは参考URLを見てください。

参考URL:http://www.nifty.ne.jp/forum/ffortune/calen/cale …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
参考になりました。

お礼日時:2001/06/03 13:11

このQ&Aに関連する最新のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ