3年ほど前にトラックにはねられてしまいました。そのときの診断は頭部座礁と頚椎捻挫でした。ところが日にちがたつうちに(1週間ほど)だんだんひどくなり特に手のしびれ・めまい・首の痛みなどで病院で再度入院してMRIをとりました。
そのときに頚椎ヘルニアだと言われずっと治療していました。ところが相手の保険会社から治療費のストップなどいやがらせを受けたため弁護士さんにおねがいしました。でも結果裁判まで行かず示談という方向にいってしまいました。(精神的な苦痛と体の調子が悪く保険会社と話をしても鞭打ちとしかあつかわないということで)とりあえず示談書の方にはこれ以上悪くなった場合・障害者認定をもう一度行うという1文を書いてもらいました。今度7月に頚椎のヘルニアの手術をすることになりました。私からすると事故の前はなにも症状がなく元気に仕事をしていました。今では手が痺れて手の感覚がありません。肩から肩甲骨にかけて刺すような痛みがありつねに痛みとの戦いです。なにか因果関係が立証できればもう一度保険会社とかけあうことが出来るのですがどうか教えてください。御願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

 示談締結後、後遺障害などが発生し、それが当初の事故との間に相当因果関係が認められる場合には、示談後であっても後発損害についてだけは、新たに損害賠償請求権が発生するため、追加的に示談することができますので、頚椎のヘルニアの手術と交通事故について因果関係の有無について、医師の証明をもらう必要があります。

証明がもらえなければ、交通事故に詳しい他の医師に相談なさるなり、弁護士に聞かれることです。特に交通事故についての相談は、いろいろな団体が実施しています。
http://www.tsuruta.com/damage/basic004.html
http://www2.ipcku.kansai-u.ac.jp/~takamori/conte …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳しく教えていただきましてありがとうございます。さっそくHPをみてみます。

お礼日時:2001/06/05 08:53

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報