「夫を成功」へ導く妻の秘訣 座談会

ジャクソンリースとアンビューバックは、どのように使い分けるのか教えていただけませんでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

 とりあえず、ある程度の医療知識がお有りとの前提でお話しさせていただきますが、説明がわかりつらい点につきましてはその都度ご質問いただければ幸いです。


 さて、まず構造的な違いについてですが、ジャクソンリースとアンビューバックの違いは、自分で膨らむか膨らまないかという点にあります。アンビューバックは外気を吸い込んで自分で(勝手に)膨らむような構造になってます。これは、酸素の供給が無くても(空気で)人工換気ができるという点では優れた方式です。一方、ジャクソンリースのバックは、酸素(や、酸素混合ガス~いわゆる「フレッシュガス」)の供給が無ければ膨らみません。で、通常は患者の呼気とフレッシュガスが合わさってバックが膨らむのですが、マスクの保持や気道の確保(下顎挙上など)が上手く出来ないと(呼気の漏れがあると)、フレッシュガスのみでバックの膨らみを充分維持することが困難な状況になります。しかし、これは裏を返すと自分の換気が適切かそうでないかが一目瞭然になるわけで、ジャクソンリースはその点で使い手を選ぶデバイスといえます。
 さて、器具を用いた用手人工換気においては、空気を単に押し込むだけでなく、その時の圧力(抵抗)や、呼気の戻り具合が病態に対するひとつの大きな情報となります。しかし、アンビューバックではそれらの情報はほとんど得られません。バック自体の厚みもあって感覚がわかりづらいですし、また自分で膨らむというシステムも足かせとなっております。一方ジャクソンリースのバックは麻酔器のバックとほとんど同じものですので、そういった(重要な)情報が余すところなく得られます。使い方によってはPEEPをかけた用手人工換気を行うことすらできます。
 使い分けですが、重症の呼吸器疾患の場合は、ジャクソンリースの方が良いと思います。アンビューバックもリザーバー(袋だったり管だったり)を装着して、充分なフレッシュガス流量が流れていれば吸入酸素濃度自体は比較的高く保たれる傾向がありますが、ジャクソンリースの方がより高濃度の酸素を供給できます。また、肺や気道の状態が悪くて換気に高い圧を必要とされる時に、リリーフバルブの付いたアンビューバックでは押し込んだ吸入気がリリーフバルブから逃げて、実際には換気が出来ないという事もありえます。その点、ジャクソンリースの方は吸入気を押し込む圧力を(出来る人は)自分の手で確認できますし、呼気の戻り具合を感じることでどれだけ吸気をさせられているか(いわゆる一回換気量)も判ります。逆に使い手や使用状況の条件を整える事が出来ない救急の現場では、アンビューバックの方が確実に使用できると思います。
 以上、先ずはご参考まで。
 
    • good
    • 38
この回答へのお礼

大変細やかな解説をありがとうございました。
教科書にも詳しい違いが載ってなくて困っていました。また、初歩的な質問をさせていただくとは思いますが今後ともよろしくご指導下さい。
ありがとうございました。

お礼日時:2004/05/12 21:01

いろいろ違いはあるのですが、今ちょっと時間がありませんので後ほど書き込ませていただきます。

    • good
    • 28

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qアンビューバッグとジャクソンリース回路

アンビューバッグとジャクソンリース回路の違いは何ですか。しくみがよくわからなくて、資料探してもいいものがありません。

Aベストアンサー

アンビューバッグとジャクソンリース回路の違いはいろいろあります。
アンビューではガス源は不要で、酸素流量は0~10L/min、バッグの拡張は自動、CO2再呼吸はなく、高濃度の酸素吸入にはリザーバーを要し、肺の状態把握や加圧圧力はわかりにくい、構造は一方方向弁をもち、価格は高価といえます。機種により圧力計やPEEP弁が付いているものがあります。
一方、ジャクソンリースではガス源が必要、酸素流量は分時換気量の2~3倍(10~15L/min以上)、バッグの拡張はガス流入量に依存、高濃度の酸素吸入は容易(ほぼ100%)で肺の状態把握や加圧圧力は感じ取りやすくなっています。構造も単純で価格は安価となっています。こちらを使用するときは多少のトレーニングを要するでしょう。
お勉強、頑張ってくださいね。

Qジャクソンリースの使い方

人工呼吸器を使ってる小児二歳の患児へジャクソンリースを使用しないといけないのですが、
どれだけ圧をかけていいか分からないのです
胸の動きやサーチの値を見るのは調べて知っているんですが、
実経験が無いので怖いのです、色々調べたのですが詳しく載っている文献やHPが無かったので
詳しいことが載っているサイトなどが在りましたら教えていただけませんか
実経験がある方の体験なのも教えていただけると大変勉強になるのでよろしくお願いします

Aベストアンサー

そんなものはネットに書いたりしません。実際やってるところをみて、やらせてもらってどつかれて覚えるものです。てっとりばやい話は、麻酔科の医師に聞いてください。

換気量計を着けて、実際に換気してみます。人工呼吸器の一回換気量と同じ換気量になるように、手に覚えさせてください。胸の動き方、リークの音、バッグの抵抗感などを参考にして、毎回同じような換気量になるように、手で覚えるのです。自発呼吸のある場合、バッグの圧がほんの少しでも下がったら、それに合わせるように、バッグを押し込みます。これも手で覚えます。あとは、呼吸回数が多いときには換気量をすこし減らし気味にして、回数が少ないときは換気量を増やし気味にします。こうした用手換気を数時間やっているとだんだん手が覚えてくるのですが。

幼児の場合、換気圧はそれほど高くならないはずですが、人工呼吸器の気道内圧計をみて、ピーク圧がどれくらいだか見当をつけておいてください。短時間の場合はともかく、長時間では、だいたい過換気にしてしまうようです。パルスオキシメータやカプノメータはできるだけつけておきましょう。

何にせよ、一人で始められるものではないです。先輩に教えを請うてください。

そんなものはネットに書いたりしません。実際やってるところをみて、やらせてもらってどつかれて覚えるものです。てっとりばやい話は、麻酔科の医師に聞いてください。

換気量計を着けて、実際に換気してみます。人工呼吸器の一回換気量と同じ換気量になるように、手に覚えさせてください。胸の動き方、リークの音、バッグの抵抗感などを参考にして、毎回同じような換気量になるように、手で覚えるのです。自発呼吸のある場合、バッグの圧がほんの少しでも下がったら、それに合わせるように、バッグを押し込み...続きを読む

Q人工呼吸器について (PPEPとPSについて)

CPAP時のPS(プレッシャーサポート)とPEEP(呼気終末時気道陽圧)の違いがよくわかりません。PSが吸気努力の改善のために最大吸気圧まで吸気を送る、そしてPEEPは呼気の終了とともに吸気呼気の弁を閉めて、気道内圧が大気圧に開放されないように圧力をかけることで、肺胞虚脱を防止し、機能的残器量を増加させる・・・とテキストなどではありますが、なんだかよく分かりません。ご回答お願いします。

Aベストアンサー

さて、昔は自発呼吸の呼気に圧をかけるだけのCPAPしか無かったのですが(一番原始的な装置は、呼気側の蛇管を水の入ったビンに差し込む方法で、その差し込む深さが何センチかでPEEP圧を決めてました・・・・と、閑話休題)、そのうちPS(V)という換気方式が出てきました。これは、「患者さんの吸気の開始に合わせて設定した圧まで空気を送り込み、患者さんが息を吸っている間じゅうその圧を保ち、患者さんの吸気が終わると圧を下げる(その直後患者さんが息を吐いて、呼気相になる)」という仕組みです。呼吸器系の障害のため、自分の力だけで十分息を吸うことが出来ない患者さんのために、機械が圧力をかけて息を押し込んでやるという換気の方法ですが(そのため、サポートという名前になってます)、患者さんの自発呼吸を出来るだけ残して呼吸管理をしようとする最近のトレンドに従って、今ではSIMVと同様以上に広く用いられる換気法になりました。
なお、「気管挿管されている患者さんが気管チューブ越しに息を吸うときの抵抗を減らすために」という理由で、3~10cmH2OくらいのPSが従来日常的にかけられてましたが、実際にはチューブの細さや息を吸う速度によって抵抗が異なるわけで、最近の人工呼吸器にはTC/ATCという名称で吸気流速に応じてサポートプレッシャーを変化させる機能がついていたりします。また、もしかしたらあと10年くらいするとPSは過去の換気モードとなっており、そのころはPAVが一般的に行われているかもしれません(詳細はあえて割愛しますが)。
以上、先ずはご参考まで。

参考URL:http://www.ne.jp/asahi/nishi-kobe/masui/lecture.html

さて、昔は自発呼吸の呼気に圧をかけるだけのCPAPしか無かったのですが(一番原始的な装置は、呼気側の蛇管を水の入ったビンに差し込む方法で、その差し込む深さが何センチかでPEEP圧を決めてました・・・・と、閑話休題)、そのうちPS(V)という換気方式が出てきました。これは、「患者さんの吸気の開始に合わせて設定した圧まで空気を送り込み、患者さんが息を吸っている間じゅうその圧を保ち、患者さんの吸気が終わると圧を下げる(その直後患者さんが息を吐いて、呼気相になる)」という仕組みです。呼吸器系...続きを読む

Qアンビューの送気について。

一般的に成人では400~500mlくらい肺に入るように
アンビューを揉むのが良いといわれていますよね?
でも私は小児病棟なので患者さん一人ひとりがそれぞれ体形も違い、一般的な数値ではなく
一人ひとりにあった数値を知りたいと思い、色々と文献を探してみました。
すると身長と年齢からおよその患者の肺活量が
分かる式が載っていました。
しかし、そこで疑問が・・・
アンビューで送気する量って「肺活量」を目安に
考えればいいのでしょうか??
換気量じゃなかったっけ?
あれ?なんだっけ?と思い
質問させてもらいました。。
あきれるような内容かもしれませんが
どうぞ回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

「肺活量」は換気量、予備吸気量、予備呼気量の和です。
換気量と肺活量は異なります、換気量は安静時の一回あたりの量であり、肺活量は深吸気の後の深呼気量です。
成人の安静時換気量は大体500mlで死腔容量を差し引いた大体350mlが有効換気量です。

アンビュウ・・・正しくはバックバルブマスク、の容量は大体2000mlです。これを片手でもむ時の換気量は成人男性で800mlぐらいでしょう。
女性でも換気量が保てる仕掛けになっています。

以上は成人のクライアントの概念です。
小児は異なると思いますが、呼吸器の解剖あたりから想像してくださいね。
答えになってるのかなぁ。。。
と、身長については外国に「なんとかテープ」(名称を忘れましたm(__)m)というのがあり、これで身長を測ると換気量、回数、他の目安が出るというものがあったと思います。検索しようとしましたが名前が思い出せない。。。

Q心電図で「陰性T波」って何ですか?

とくに自覚症状はありません。(体力がないとは思います)
安静時心電図で陰性T波と書いてあり、気になります。
半年前くらいには、平坦T波といわれましたがとくに気にしなくていいよ。って医師に言われていました。
そういえば、数年前はやや徐脈って言われました。でも経過観察。

コレステロールはやや高めで、血糖値は正常です。BMI=23~24くらい。
まさか、動脈硬化になってきているとか?
食事は不規則で脂っこいの好きです。ファーストフードで済ませることも多いです。運度はほとんどなし。
休みの日は食べては寝ての繰り返し。ストレスは大。
競争心は強い方かなあ。

20代半ば。男性。

まさか、自分ってはやくも虚血性心疾患になりつつあるのでしょうか?
また、今の段階で生活を改善すると、心電図は正常化するでしょうか?

Aベストアンサー

V6は「正常でも出る」部位ではないのですが、単独部位で陰性T波がみられる場合も病的とは判断されません。
自覚症状なし、血圧もまったくの正常、
血液検査でもコレステロールがやや高めのみですので様子をみてよいと思います(虚血性心疾患ならば必ず検査値が上がる物質ありますので)。

影響因子として自律神経の緊張も上げられますので緊張状態にあったならば関係あるかもしれませんね。でも「正常ではないけれど、病的ではない」ということはよくあることです。大丈夫ですよ。

原因ははっきりわからないので生活改善によってなくなるかどうかは断言できません。。。ただそれ自体はとてもよいことなので是非実践してください。
あとタバコですが10本×10年=100、ということで肺がんになる確率は吸わない人の2倍弱というところです。10年禁煙で非喫煙者並になります。

心臓は命に直結する器官ですから不安になりますよね。そういった不安が強いことで色々な症状が起こることもあります(心臓神経症)。「痛い気がする」というのもその可能性があります。
もう一度受診して医師に説明してもらったほうが安心できるかもしれませんね。

V6は「正常でも出る」部位ではないのですが、単独部位で陰性T波がみられる場合も病的とは判断されません。
自覚症状なし、血圧もまったくの正常、
血液検査でもコレステロールがやや高めのみですので様子をみてよいと思います(虚血性心疾患ならば必ず検査値が上がる物質ありますので)。

影響因子として自律神経の緊張も上げられますので緊張状態にあったならば関係あるかもしれませんね。でも「正常ではないけれど、病的ではない」ということはよくあることです。大丈夫ですよ。

原因ははっきりわか...続きを読む

Q酸素流量と酸素濃度について

蛇管用の酸素流量計(気管切開していて患者さんに酸素を投与する場合など)には酸素流量と酸素濃度が設定できますが、マスクやカヌラに用いる酸素流量計では酸素流量しか設定できませんよね?なぜそのようになっているのかがわかりません。
また、蛇管用で例えば8L50%と4L100%は同じ酸素濃度なのでしょうか?教えてください!!

Aベストアンサー

 蛇管用の酸素流量計で酸素流量と酸素濃度が設定できるようになっているのは、おそらく酸素濃度調節装置付きネブライザー(インスピロンなど)を質問者さんの施設で用いているからだと思います。

 インスピロンは、吸入酸素濃度(c[%})と設定酸素流量(b[L/分])を調節することで、設定された酸素濃度の混合ガスがある流量(a[L/分])で流れるようにする装置です。

 a,b,c,の間には、

 a[L/分]=b[L/分]×79/(c[%]-21)

 という関係式が成り立ちます。

 例えば、50%の酸素濃度で、流量を15L/分に設定すると、50%の酸素濃度の混合ガスが40.9L/分で流れます。

 ただし、設定した濃度の酸素がきちんと患者さんに行くためには酸素流量をある程度高くしておくことが必要で、例えば酸素濃度を35%に設定したときには酸素は6~8L/分、40%では8~10L/分、50%以上にするときには10~15L/分にしておかなければ、設定どおりの酸素濃度にはならないようです。

 以上よりご質問の8L/分50%と4L/分100%では、前者では50%の濃度の酸素が21.8L/分の流量で患者さんに流れますが、後者では100%の純酸素が蛇管から4L/分の流量でしか流れて来ませんので、呼吸回路が閉鎖回路のときは患者さんは呼吸不全に陥りますし(流量不足のため)、一部が大気に開放された回路であれば、患者さんは不足分を空気から吸入し、濃度のずっと低い酸素が患者さんに入ることになると思います(インスピロンの使い方としては不適切です)。

 また、マスクとカヌラとの違いですが、マスクについては、蛇管を接続してインスピロンを使用することが可能です。ですから流量と酸素濃度を調節するやり方もできます。

 インスピロンを使わなければ一般的には、普通の酸素マスクでは流量が5~6L/分で酸素濃度40%、6~7L/分で50%、7~8L/分でも60%程度の酸素濃度にしかなりません。

 鼻カヌラでは流量1L/分で酸素濃度は24%、2L/分では228%、3L/分では32%、4L/分でも36%程度です。(カヌラで5L/分以上の酸素投与は患者さんにとっては拷問です)。

 以上詳しくは成書を参考にしてください。

 蛇管用の酸素流量計で酸素流量と酸素濃度が設定できるようになっているのは、おそらく酸素濃度調節装置付きネブライザー(インスピロンなど)を質問者さんの施設で用いているからだと思います。

 インスピロンは、吸入酸素濃度(c[%})と設定酸素流量(b[L/分])を調節することで、設定された酸素濃度の混合ガスがある流量(a[L/分])で流れるようにする装置です。

 a,b,c,の間には、

 a[L/分]=b[L/分]×79/(c[%]-21)

 という関係式が成り立ちます。

 例えば、50%の酸素濃度で、流量を15L/分に...続きを読む

Q人工呼吸器の気管切開患者の緊急時用手換気について

人工呼吸器の看護について勉強しています。

人工呼吸器をつけており自発呼吸のない気管切開患者の気管チューブが抜けた際、
用手換気はどのように行えばいいのですか?
複数の文献を参照していますが、載っていません…。

気管切開孔をふさいで口からバックバルブマスクによる換気をすればよいのでしょうか?

Aベストアンサー

カニューレの種類にもよりますが、人工呼吸器をつけている状況を想定しているならカフ付なのでしょう。この場合、抜けたカニューレをそのまま切開孔に挿入するのは困難です。なぜなら、カフ付カニューレは挿入しにくいので、わざわざ新品のカフ付カニューレは中に内筒みたいなのがあって、ようやく挿入できるのです。内筒がとってあったり、新品が近くにあれば別ですが、内筒なしで入れることはなかなか困難な事が多いです。
もちろん、痩せていれば簡単な場合がありますが、基本は用手喚気で人を呼んで新しいカニューレと医師を呼ぶという事かと思います。
その際は、口にアンビュを押しつけて切開孔は塞がずに(というか両手を使うので塞げない..足で塞げるなら別ですが)喚気という事になります。

Q冠動脈バイパス手術の略語を教えてください

先日、冠動脈バイパス手術を受けました。
先生から頂いた手術計画書で6箇所バイパスをつけることは解りましたが、つける箇所が略語が多くその他が解りません。解る方教えていただけますか

CABG6枝(RITA-LAD,LITA-#12OM,LRA-HL,RGEA-#4AV,SVG-#4PD,SVG-D1)
術後CAGでRGEA-#4AVがflow competition

Aベストアンサー

下記HPが理解しやすい?

RITA、LITA、GEAは動脈の末梢側のみ、はがして冠動脈に縫い付けます。
SVGやLRAは、ごそっと丸ごと血管を取り出して、一方は上行大動脈に、片方は冠動脈に縫い付けます。

参考URL:http://www.sakai-iin.com/image/CAG.pdf

QHBs抗体が+なんですが・・・・

人間ドックでの検査結果が『HBs抗体が+』となっていました。
『HBs抗原は-』なのです。
これって、肝炎の保菌者って事なのでしょうか?
また治療方法などはありますか?
8年前の元彼が肝炎の保菌者で、何度かエッチはしたのですがそれが原因なのでしょうか?

Aベストアンサー

過去に感染して、抗体を獲得したと思われます。元彼とのHの時に感染した可能性がありますが、他の感染経路もありますので断定はできません。
抗原が-で、抗体が+の場合は保菌者ではないので心配ありません。詳しくは医師に聞いてください。

「参考」
B型肝炎ウイルス検査でわかること
血中に出現するB型肝炎の抗原や抗体を検出することでB型肝炎ウイルスの感染の有無やその病期をみることができる。

HBs抗原 : HBV感染状態
HBs抗体 : 過去のHBV感染(防御抗体)、ワクチン接種後の抗体獲得
HBc抗体 : 低抗体価-過去のHBV感染(多くの場合HBs抗体陽性)
         高抗体価-HBV感染状態(ほとんどの場合HBs抗原陽性)
HBe抗原 : 血中HBV多い(感染性強い)
HBe抗体 : 血中HBV少ない(感染性弱い)

治療を必要としないケース
一般に、HBe抗体が陽性で、肝機能が正常な場合は、ウイルスに感染していても特別な治療行う必要はありません。
ただし、ごくまれにHBe抗体が陽性であっても、GOT、GPTの値が高く、肝機能が異常である場合には、肝炎を発症することがあります。
したがって、HBe抗体が陽性だからといって安心せず、定期的な検査を受け、肝臓が悪くならないように自己管理する心がまえが大切です。

HBe抗原が陽性で、肝機能が正常の場合は、あるとき、GOTとGPTの値が一時的に急上昇し、それをきっかけにHBe抗原が自然消滅して、HBe抗体が陽性になる
ケースが普通です。
こうなればもう安心ですが、HBe抗体が陽性になるまでは3ヶ月に1回ぐらいは定期検査を受けたほうがよいでしょう。

治療を必要とするケース
HBs抗原が陽性で、しかも慢性肝炎の人は、病状はさらに進行する危険性が高く、他人に感染させるおそれもありますから、ウイルスに対する治療を行わなねばなりません。

過去に感染して、抗体を獲得したと思われます。元彼とのHの時に感染した可能性がありますが、他の感染経路もありますので断定はできません。
抗原が-で、抗体が+の場合は保菌者ではないので心配ありません。詳しくは医師に聞いてください。

「参考」
B型肝炎ウイルス検査でわかること
血中に出現するB型肝炎の抗原や抗体を検出することでB型肝炎ウイルスの感染の有無やその病期をみることができる。

HBs抗原 : HBV感染状態
HBs抗体 : 過去のHBV感染(防御抗体)、ワクチン...続きを読む

Q急変時の点滴について

急変時の点滴の用意について教えてください。新米看護師です。患者さまの急変時(挿管などの際)「ルート確保して」と医師から言われたらなにをつなげばよいのでしょうか?急変時はとりあえず生食ですか?そこで「何の点滴にしますか?」と聞くのはおかしいですか?

Aベストアンサー

看護大学の教員です。

基本的には、薬液と速度の確認を医師にすることです。
間違えると患者さんの死につながる危険性も高い場面ですから、確認は慎重に動作は機敏にすることが肝要です。
たとえば「ルートを確保する」という指示も、点滴を流すという意味なのか、緊急時の薬剤を静注するために、単に抹消のルートを確保するという意味なのかも確認したらよいと思います。

施設ごとのやり方があると思いますが、まずは輸血にも対応できるように生食を満たしたルートで留置針の確保ができれば、ある程度余裕が出ると思います。

もちろん患者さんの状況で、出血性ショックの状況であれば、ラクテックとか生食、1号液あたりを医師に確認してルートを直接つないで、どんどん投与する方が早く投与できるので望ましい場合もあるでしょうし、心疾患のある方や腎不全のある方であれば、あまり水も生食も使いたくないので、5%ブドウ糖液を詰まらない程度にポンプを使ってゆっくり流す方が望ましいといった場合も経験があります。

老婆心ながら、周りの医療職からしたら、「おかしいかも」なんて思って、新人なのに質問しない人の方が信頼できません。
新人だけで5年目の看護師と同じ対応が求められるとしたら、それは病院の体制の問題で、あなただけの問題ではありませんから、どんどん質問して、次に備えることです。新人さんの特権ですよ。

看護大学の教員です。

基本的には、薬液と速度の確認を医師にすることです。
間違えると患者さんの死につながる危険性も高い場面ですから、確認は慎重に動作は機敏にすることが肝要です。
たとえば「ルートを確保する」という指示も、点滴を流すという意味なのか、緊急時の薬剤を静注するために、単に抹消のルートを確保するという意味なのかも確認したらよいと思います。

施設ごとのやり方があると思いますが、まずは輸血にも対応できるように生食を満たしたルートで留置針の確保ができれば、ある程度余...続きを読む


人気Q&Aランキング