人気雑誌が読み放題♪

野球経験がありませんが,観戦するのが好きな素人です.

以前からおもっていたのですが,日本で成功する本格派のピッチャーは,150キロ代のストレートに加えてスライダーのキレが大変良いひとが多く,そういう投手がメジャーに挑戦することが多いとおもいます.

ところが,メジャーにいくと,どうもスライダーで勝負できず,当初はストレートとフォークやスプリットのような落ちる球にチェンジアップでしか勝負できていないように感じるのです.ダルビッシュや田中将大のようにカットボールやスプリットが得意なピッチャーはいいと思うのですが,松坂や上原のように,スライダーとストレートを軸に組み立てていたピッチャーは苦戦して,上原は特にスライダーを一切投げなくなったのではと思います.

これは私の勘違いでしょうか?
それとも,マウンドの高さや硬さ,ボールの滑りやすさなどが影響しているのでしょうか.

逆に言えば,メジャーリーグのピッチング条件ではカットボールやツーシームやスプリットのような直球系のボールが投げやすい環境なのでしょうか?

特に,何故,松坂投手が通用しなくなったのか,を軸にご説明いただけると幸いです.

お願いいたします.

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

スライダーは、日本ではよく使われる変化球です。

それは間違いありません。そしてアメリカであまり重宝されない、これも間違いないことです。理由は日本とMLBの直球・変化球への意識の違いからだと思われます。

日本の場合、直球はその伸びとスピードで良し悪しが決まります。豪速球は魅力がありますし、打者の近くまでスピードが落ちない速球はそれだけで武器となります。そんな中で、今日本のプロ・アマを通して”落とすことを前提にしない”変化球は、スライダーだけと言われています。カーブもシュートも基本的に真横に動かすボールではありません。無論、フォークボールや近年大流行の浅いフォークことスプリット、シンカー(これが最近シュートと混同されつつある)、チェンジアップなど。チェンジアップは究極の理想は直球と全く同じ軌道で速度だけ落ちるボールなのですが、そんなボールはこの世に存在しません。速度と回転数が一致して初めて同じ軌道を進むので、絶対に下方向への変化が加わる。
※シュートについては語弊があると思われるでしょうが、いくらシュートが切れ込むボールといっても、例えばスライダーに比べて横回転を強く付けることが投法上無理なので、どうしても重力の影響を強く受ける。

一方スライダーは、横スラやチョイスラ(マッスラ)などは、縦変化をほとんどすることなく横方向に曲げることが可能な変化球です。実際は真横ではなく若干下から上に曲がる感覚を持って投げているので、打者から見て真横に見えるだけなのですが。基本的には投手が”これがスライダー”と思って投げる変化球は、曲がりも軌道もほぼ同じものです。

この”ほぼ同じ軌道から曲がってくる”ことが、日本では武器になるものの、MLBの一線級の打者相手には弱点にしかならない問題です。特にスライダーは、シーズン序盤には効果を発揮しても、中盤以降には明らかに狙い撃ちされるようなケースが目立ってきます。それは、軌道が分かりやすいため、すぐに分析にかかってしまうため。まして日本でスライダーを武器にする投手の曲がりも、せいぜい体感で3~60cm程度のスライド。日本で今でも史上最高のスライダーを投げるとされる、元ヤクルトの伊藤智仁投手や、元アリゾナ・ダイヤモンドバックスのビッグユニットことランディ・ジョンソンのように、打者の内角ボール球から外角大きくハズレてパスボールになるような、1mを優に超えるようなスライダーでもない限り、MLBでは通用しません。

よく日本人投手で「スライダーの曲がりを調整して打者に対応」とかいう人もいますが、スライダーという変化球は、基本的には曲がり始めの場所を前後でずらすことは出来ますが、同じ握りで曲がりの角度をその都度調整するのはほぼ不可能です。ほぼ、というのは方法はあるからです。腕の振りを速くしたり遅くしたりで多少の変化は可能です。でも、MLBの猛者にとっては投球フォームが違う投手の変化球は恐れるに足りず。一流打者になると直球もフォーシームとツーシームの縫い目の違い、スライダーやシュートの横回転の縫い目など”見えている”と言いますから。本当かどうかはともかく、実際MLBの一流打者は変化球の見誤りで凡打するケースは殆ど無い。予想と違う曲がりで凡打するだけ。だからこそ、予想と左程変わらない曲がりしかしないスライダーという変化球は、打者にとって大した脅威ではないのです。

松坂大輔投手がレッドソックス在籍後半にまるで勝てなかったのは、その最大の武器であるスライダーが”完璧に研究された”結果です。松坂の武器はスライダーの曲がりと速球のコンビネーションです。でも、松坂の直球のスピードはMLBでは中の上程度。特にフォーシームのきれいな真っ直ぐなので、150キロ程度の速球では打者にとっては打ち頃感さえあります。そこに曲がりもフォームも研究し尽くされたスライダー。まして松坂は体質的に太りやすかったため、スライダーに柔軟性を与えられるほど体の融通が効かなかった。
※その点から言うとダルビッシュは大したもので、同じ変化球1種類で握りも同じで、投球フォームをごまかせる程度の誤差の範囲内で見事に数種類の変化球に昇華できています。

一方質問者様が出した投手名の上原浩治投手ですが、これは巨人時代にフォークやスプリットは抑え時代に多少投げていたので、その点でも融通が効いていたのでしょう。年齢は松坂より相当上ですが、ヒジの消耗度は松坂より10年近く短い。さらにあの性格(なるようになる)。はたして質問者様が言うほど、スライダーに自信・執着があったかどうか、疑問です。

簡単にスライダーを言うなら、今のMLBの打者相手なら”バットの長さより曲がる”保証がない限り、フィニッシュには使えない。カウントを稼ぐためとか、今もそうですがカーブの使い方と似たような用途ならまだ使いようはありますが(晩年の野茂英雄は日本時代全く投げていなかったスライダーをカウント稼ぎに多用してましたね)、例えば中指の横全体にボールの縫い目を掛けて投げる、一般的に知られるような(変化を付けやすい・投げやすい)スライダーは、MLBでは初対戦時以外は今ひとつ使い勝手が良くない変化球と言えます。

それ以前に、なぜ近年フォークやスプリットの方がスライダーより重用されているか。特に近年ではヒジのケガへのリスクはフォーク・スプリット系よりスライダー系投手の方が高いとされているから。

昔のように腕を力任せに振って投球していた時代と違って、今の投手はより球速を速めるために腕のメカニズムに沿って膝・股関節・腰・背中・首・肩・ヒジ・手首をそれぞれ連動的に捻って投げ込みます。結果的に投球自体は無駄ないフォームを得られますが、各関節には昔の投手以上に負担がかかります。毎試合毎に入念なオーバーホールをするような投手ならともかく、体系的に不摂生そのものの松坂は、ケガして当然だったわけです。ましてスライダーはある意味もっとも関節に負担をかける球種ですから。

(だからこそ、今年楽天に入団した高卒新人の松井裕樹投手には、入団前からチェンジアップの習得を厳命されていました。高校時代の投球フォームからも分かりますが、勢いに任せて投げ込んでいる(スライダーも腕の振り1本で無理やり曲げてる印象)ので、あのままプロに放り込めばケガで短命(どこかのハンカチ同様)になるだろう、と。さすがにプロも分かっていたようです)

あとはスライダーは、日本では三振を奪えるため人気がありますが、MLBではより少ない球数で長いイニングを投げるのが良い投手の条件。この点も松坂が嫌悪された理由でしょう。毎試合100球を超える投球数だと、ベンチも怖くて使えません。結果的にヒジを壊して今や普通の投手になってしまいましたが。現ヤンキースの黒田博樹投手が、渡米してからカットボールとシンカーを多投し始めたのは、年齢も考えてですがとにかく次の登板まで体力を温存するため。100球を超えてしまうと次の登板機会を飛ばされる可能性もありますから。三振をたくさん奪ったところでチーム上層部は誰も喜ばないのがMLBスタイルです。

今年ヒジ再建手術の権威ジョーブ博士が他界されましたが、彼の手術方法は数多くの投手を延命させたのは事実です。でも、今持ってケガする前の球威に戻った投手は1人もいない事実を考えると、はたして延命手術にどういう意味があるのか。数多くの施術を受けた投手が、手術前の自分とのギャップにより投手生命を結果的に短くしている現状も見れば(今の松坂大輔投手はまさにこの状況)、功罪ともにある手術では、と自分は思います。

長文失礼しました。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

大変わかりやすい解説ありがとうございます.

スライダーは伊藤智仁レベルじゃないと通用しないのですか.
てことは事実上,通用しないということですね....

あらためてMLBの打者の技術の高さに驚愕しました.
ようするに,軌道の高さがかわらなければ,腕の出し入れで適応できてしまうということですよね...

ムキになって,身体を壊してしまった松坂は本当にファンとしては残念です.

上原は,横には変化せず,「縦におちるスライダー」っていわれていたので,いまじゃ多分違うボールの種類としてあつかわれていたのでしょうか.

今後,スライダーの日本での位置づけも変わりそうですね.

WBCのような初見の勝負では通用できても,スライダーが30%くるとか,そういうデータがでると,MLBの打者としてはむしろ与し易いのですね.7,8割横の変化になるのですから.

テレビで,日本の昔の大投手が,メジャーのカットボールやスプリットを「邪道だ」といってますが,それだけ,打者のレベルに違いがあれば,イチローレベルじゃないとMLBでやっていけないのも納得がいきました.

投げやすくて三振がとれる,そのかわり肘をこわす,,,高校球児がスライダーを多投するのをみると心配ですね.あとそれが,日本のピッチャーの土壌になっているのかなあ..という感想を持ちました.

お礼日時:2014/04/29 12:19

ボールが違うのでその投手の一番キレる変化球が変わったりするんですよね。


岡島はメジャーではカーブよりチェンジアップが良くなり、ダルビッシュは日本のときよりもカーブはキレているみたいだし。

松坂は投球フォーム的にアメリカの硬いマウンドが不向きで、日本の軟らかいマウンドでこその投球フォームだったらしいです。だから今は日本時代とは全然違う妙に腕が横振りなスリークォーターのフォームで投げています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます.

みんな始めは「滑る滑る」あと,足の踏ん張りが効かないっていいますよね.

松坂は始めは日本流のフォームでなげてたと思うのですが,それで肘を壊したんでしょうね.

ダルビッシュはカーブがキレキレですね.本人はカーブで勝負するのは不本意みたいなことをいっていましたが
最近は,自分は変化球投手 と自認してなげているようですね,

お礼日時:2014/04/29 12:11

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qメジャーでフォークが主流でない理由

ムービングファーストボールとチェンジアップがメジャーリーグの主流ですよね。
その為、野茂や佐々木のフォークが効果的に打者を討ち取る球となっていましたが、
明らかに日本人より手が大きいメジャーの選手がフォークを投げないのでしょうか?。

Aベストアンサー

たしかに、メジャーでは日本ほどフォークボール投げられていません。ヒジにかかる負担が大きく、故障の原因となりやすい球種だからです。フォークボールを得意とする選手は何度もヒジにメスを入れることを覚悟しなければなりません。現に、佐々木主浩や伊良部秀輝などは何度も手術を受けているはずです。
フォークを浅く握るSFF(スプリット・フィンガード・ファストボール)というのをご存知でしょうか?こちらは変化や直球との急速差が小さいかわりに、ヒジへの負担も小さい球種です。フォークは主に空振りを取るために投げますが、SFFはバットの芯を外し、主に内野ゴロなどに打ち取る使い方をします。メジャーではフォークもSFFもまとめてスプリッターと呼ばれていますが、SFFに近いスプリッターを投げる投手はたくさんいます。スプリッターを決め球とする投手は
カート・シリング
http://www.geocities.jp/hayase4388/introduction/schilling.html
ティム・ハドソン
http://www.geocities.jp/hayase4388/introduction/hudson.html
などが有名です。この2人の投げるスプリッターは変化量も大きいので日本で言うフォークに近いのかもしれません。

たしかに、メジャーでは日本ほどフォークボール投げられていません。ヒジにかかる負担が大きく、故障の原因となりやすい球種だからです。フォークボールを得意とする選手は何度もヒジにメスを入れることを覚悟しなければなりません。現に、佐々木主浩や伊良部秀輝などは何度も手術を受けているはずです。
フォークを浅く握るSFF(スプリット・フィンガード・ファストボール)というのをご存知でしょうか?こちらは変化や直球との急速差が小さいかわりに、ヒジへの負担も小さい球種です。フォークは主に空振りを取...続きを読む

Qメジャーと日本の選手のバッティングフォームの違いについて教えてください

 メージャーと日本の選手のバッティングフォームは大きく違うように感じます。
 
 具体的には、日本人はテイクバックから前方への体重移動が大きいように思えます。テイクバック時にピッチャー側の足を軸足まで引いてくる選手や、足を大きく振り上げる選手が多く、ポイントもメジャーに比べて前方にあるように感じます。仮に、極端な例を挙げるとすれば王さんです。
 これに比べ、メジャーの選手は軸足の回転中心で、日本人に比べて前方への体重移動が大きくなく、構えた格好でそのままクルンと回って打っているように思えます。テイクバック時に、ピッチャー側の足を軸足まで引いてきたり、足を大きく上げる選手も少なく、ポイントも近いように感じます.典型例がボンズです。
 
 以前、松井選手が「振り終わった後、軸足である左足がホーム側に倒れるようなスイングをしたい」と言っていました。確かにメジャーの選手はスイング後に軸足がホームベース側に倒れている選手が多いです。また、ボンズも「日本人はスイング中に動き過ぎだ」とも言っていました。
 
 自分なりに考えると、メージャーの選手のほうが良いように思えます。なぜなら、ポイントが近い分、ボールの見極めができそうに思えるからです。最近では、ベース近くで変化するボールを投げる投手も多いはずです。もしかしたら日本のスイングは、理にかなってないんじゃないかと考えたりもしてしまいます。

 それなのに、日本人でメジャーの選手みたいなスイングをする選手はホームランバッターを含め、ほとんど見かけません。反対に、メジャーの選手で打率を稼ぐバッターでも日本人のようなスイングをする選手は見かけません。

 不思議でなりません。パワーの違いが影響しているのでしょうか?でもそうすると、メジャーのホームランバッターでない選手では、日本人みたいなスイングをする選手が多くても良いような気がします。では指導者が型にはめたがるからでしょうか?でも、自分も小学生まで野球をしていましたが、誰に教えられるでもなく、テイクバック時はピッチャー側の足を軸足まで引いてきて、大きく足を上げてスイングしていたように思います。日本は王さんの影響を受けているからでしょうか?

 そこで
 (1)なぜ日米でこのような違いが生じるのか?
 (2)また理論的、専門的に両者のバッティングフォームの一長一短があれば教えてください。

 メージャーと日本の選手のバッティングフォームは大きく違うように感じます。
 
 具体的には、日本人はテイクバックから前方への体重移動が大きいように思えます。テイクバック時にピッチャー側の足を軸足まで引いてくる選手や、足を大きく振り上げる選手が多く、ポイントもメジャーに比べて前方にあるように感じます。仮に、極端な例を挙げるとすれば王さんです。
 これに比べ、メジャーの選手は軸足の回転中心で、日本人に比べて前方への体重移動が大きくなく、構えた格好でそのままクルンと回って打っ...続きを読む

Aベストアンサー

私は野球の技術的なことはわからないので、私も興味があるので詳しい知人に聞いてみたところ「上半身の力が全く違うから」という答えでした。
前足加重の特長と長所は「体全体で打つ」ことだそうです。よく「下半身で打て」というのはこういうことだそうですよ。体重を前に移すことで体全体の回転をボールにぶつけることが可能ですよね。結果、全身の力をボールにぶつけられるので飛距離が伸びる、というわけです。落合なんかもそんな打ち方ですよね。
一方、後足加重だと体の回転が使えません。ですので、おのずと上半身のパワー頼みとなります。特に腕力と速いボールに負けない背筋力が要求されると思います。現在の日本人で最もパワーがある選手といえばヤンキースの松井あたりじゃないかと思いますが、彼とても後足加重ではメジャーの広い球場でスタンドインは難しいでしょう。

ではメジャーでも前足加重の選手がいるのは、前述のように全身の力をボールにぶつけられるからではないでしょうか。わたしゃメジャーの選手は知らないので誰か調べてくれるとありがたいのですが、後足加重のフォームの選手は黒人系の選手が多いんじゃないかと思います。黒人の筋肉ってハンパじゃありませんから(余談ですが、私はガリガリの黒人という人にまだ会ったことがありません)強引なフォームでも飛距離が出せるのでしょう。
そういえば、清原がやたらと上半身の強化をしましたよね。で、どうなったかというと上半身のパワーに下半身がついていけずに足の筋肉を傷めて未だに治りません。子供の頃誰もが一度はプラモで作ったドイツのタイガー戦車はものすごい大砲と分厚い装甲を持っていたのにギア(足回り)がものすごく弱かったのですぐ故障して「動いている時間より修理している時間のほうが長かった」そうです。何事もバランスが大切ってことですかね。いえ、借金の話じゃないです。

私は野球の技術的なことはわからないので、私も興味があるので詳しい知人に聞いてみたところ「上半身の力が全く違うから」という答えでした。
前足加重の特長と長所は「体全体で打つ」ことだそうです。よく「下半身で打て」というのはこういうことだそうですよ。体重を前に移すことで体全体の回転をボールにぶつけることが可能ですよね。結果、全身の力をボールにぶつけられるので飛距離が伸びる、というわけです。落合なんかもそんな打ち方ですよね。
一方、後足加重だと体の回転が使えません。ですので、おの...続きを読む

Qチェンジアップってどんな球?

カーブは左、シュートは右、フォークは落ちる球ですが、
チェンジアップって、どのように曲がるのでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは。

チェンジアップという球種は、

「投手が投球フォームを変えることなく球速を変化させて打者のタイミングをはずすボール」のことです。カーブやシュートなどのように曲がる球種ではありません。

投手は速球と同じ腕の振り方をするけれど、実際の投球速度は遅いので、打者は打つタイミングをずらされてしまい、打ち損じしてしまうという効果があります。

Qプロ野球で『カーブの名手』というと、誰になりますか?

楽天が参入してからの、プロ野球ファンです。つまり、かなり素人です。プロ野球で『カーブの名手』というと、誰になりますか?皆さん、それぞれの名手がいるとは思いますが。宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

カーブで言えば、私は工藤投手(巨人)だと思います。あの、カーブは高校時代の対長崎西高でのノーヒットノーランから有名になったと思います。天性のものだと思います。カーブの曲がりが大きく、軌道がきれい。バッターのスイングをきれいに外すことが多い。また、速球とのコンビネーションや工藤自身がバッターの待球を読めることが多いので、投球を自在に操ることができ、カーブの持ち味を存分に発揮していると思います。

Q女性看護師が患者の性処理してた

骨折で入院していたのですが、4人部屋でした。同じ部屋にやはり骨折で入院した高校生がいましたが、夜中に女性看護師が射精までの性処理をしてました。
夜、目が覚め特に何もせずにボーとしてましたら、看護師が見回りに来ましたので、目をつむり寝たフリをしていました。高校生の彼も寝られてなかったらしく、「寝ないと治るものも治らないぞ」言われてました。そこまでは何も無かったのですが
彼が小さい声でしたが「たまっちゃって寝られない」と。思わず拭き出しそうになるのをこらえていると、何と看護師が小声で
「手でしてあげようか」
その後の声、音からして射精させたのは間違いありませんし、翌日彼に聞きましたら、顔を赤くして射精した事を認めました。胸も触ったそうです。
うわさだけかと思ってましたが、実際に性処理する人いるんですね。

女性看護師さんに質問です。このような性処理(射精まで)することは結構あるのでしょうか?

Aベストアンサー

実は私も出してもらった経験1回あります。清拭の時に勃起してしまい、いちもつを手でしごいてもらい、射精しました。このような行為をする看護師はごく一部だとは思いますが、男と女ですので多いとは言えないが、確実にあるでしょうね。

Qフォークボールが選手生命に影響!?

フォークボールが選手生命に影響!?

現在、世界大学野球選手権大会が開催されていますが、今日のニュース記事で韓国の監督が、
「韓国では選手生命を考え、学生にフォークボールを投げさせない。」
という発言がありました。

http://www.sanspo.com/baseball/news/100730/bsn1007302321004-n1.htm

学生にフォークボールを投げさせることは、選手にどういう影響があるんでしょうか?

よろしくお願いします!<(_ _)>

Aベストアンサー

フォークは、メジャーリーグでも殆ど投げません。

ピッチングの基本は、肩,肘,手首を使う事です。
変化球であっても、ボールの握りやひねりなどを加えますが
基本的には同じです。
しかしフォークは手首を使わず投げますので、他のボールより
肩と肘(特に肘)の負担が大きくなりますので、韓国では学生に
投げさせないのでしょう。(アメリカの学生にも教えないと聞いています)

日本では、落ちるボールが無いと厳しくなりますのでフォークを投げる
投手が多くいますが、例えばメジャーで活躍した佐々木投手や野茂投手は
野茂投手は37歳までメジャーで活躍しました。
佐々木投手も35歳までメジャーで活躍しましたので、上手く投げれば
活躍出来ますが、フォークを武器にしているピッチャーは肘の手術をする
場合が多いのも事実です。

日本でも、軟式の少年野球やボーイズリーグでは変化球を禁止していますが
中学以上なら変化球を投げるピッチャーが当たり前ですし、当然フォークを投げる
中学生もいます。

この辺は、考え方の違いですね。

Q投球フォームが綺麗なピッチャー

貴方の好きな投球フォームが綺麗だと思うピッチャーは?

わたしは元巨人の入来祐作の投げ方が好きで綺麗だったと今でも思っています。

https://www.youtube.com/watch?v=jhNkaILuMx8

Aベストアンサー

入来祐作は、魂で投げているようなピッチングが魅力的な投手でしたね。

私が綺麗だったと思うのは、同じジャイアンツの桑田真澄です。

・ゆったりとしたワインドアップ
・流れるように淀みない投球モーション
・バランスのとれたフォロースルー

特にフォロースルー後のバランスの良さは、フィールディングの上手さにもつながっていたと思います。軸足の方に重心が流れてしまう投手よりも、両足でピタッと止まる投手のほうが、観ていて美しいと感じます。

https://youtu.be/e3JnZd6fmQ4

Q野球についてです。 軟式でのスライダーの投げ方をおしえてください

野球についてです。
軟式でのスライダーの投げ方をおしえてください

Aベストアンサー

No.1です。
軟式の握り方もありました。
こちらもご参考までに。
http://tkk-base.com/pitching-13


人気Q&Aランキング