お世話様です。
Ubuntu 14.04 LTS、またはLubuntu 14.04 LTSのインストールを考えています。

インストール画面の中で、
「インストール中にアップデートをダウンロードする」
「サードパーティー製のソフトウェアをインストールする」
というようなチェック項目があり、
プロプライエタリなソフトウェア云々と注意がありますが、
この2つをチェックしてインストールした場合、
具体的に何に気をつければいいのでしょうか。
商用利用ができなくなるケースなどは生じますでしょうか。

また、インストール後にアプリを追加インストールする際、
商用利用の可否ははっきりと分かりますか。

いずれの場合も、
ソフトウェアのソースを改変して再配布するようなことは考えておらず、
ソフトウェアを通常使用した時の商用利用についてお聞きしたく思います。

何かお分かりの方、お教え下されば助かります。
よろしくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

Fraunhofer IISはMP3の特許を持つ企業の一つですね。


あと、FLASH Playerが導入されるようになっていたと思いますが
どちらも、商用利用についての制限は無いはずです。

あれば、インストーラーに明記されているでしょう。


Linux系OSの市場規模が拡大していけばどうなるかわかりませんが
ライセンス料というものは、権利者が取るか取らないか自由に決められます。

フリーソフトには商用版があるものも多々ありますが
MP3のライセンスは、大規模な商用製品やサービスを対象としていて
Linux導入程度のことで、重大なライセンス違反になることは無いと考えられます。


ただ、正確な発表は日本語で見たことが無いので
不安であれば、ちゃんと問い合わせてもいいかもしれませんし
単純に、そのチェックを入れずにインストールすれば済みます。

FLASH Playerを追加するくらいのことは
手動でやっても、それほど手間がかかるわけでもありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

Ubuntuインストール画面の2つのチェックのうち、
「サードパーティー製のソフトウェアをインストールする」の方は
外しておけば確実ということですね。

ご回答ありがとうございます。

お礼日時:2014/05/02 09:25

https://www.ubuntulinux.jp/ubuntu

本家のサイトには、もう少し詳しいのがあったのですが、失念しました。

著作権や特許に関する物は標準で入ってませんです、以前には入っていた
グレーゾーンの物も除外されています。

アプリケーションはソフトウェアーセンターで管理されてますので、
ここから、インストールするのは、大丈夫かと・・・
MP3,DVD-Video などのグレーゾーンじゃないの?と個人的に思っている、
コーデックが有るにはありますが、VLCもそうですね、いずれ、K9copy
のように、ソフトウェアーセンターから除外されるのでは、と思ってます。

OSの開発には、多くのお金と人材が必要です、寄付とCMの収入だけでは
運営するには限界が来ていると思います、有料のソフトが増えて来ている
のは、その為ではないかと・・・

日本では、子供向けの、Edubuntuを導入した、自治体や学校
がありますし、ドイツの自治体ではWin-XPからLinuxに切り替
えたところが有ると報じられてますね。
ソフトウェアーセンター以外から、インストールしなければ、大丈夫かと・・・
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
本家のサイトのページもじっくり読んでみようと思います。

お礼日時:2014/05/02 09:40

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QLubuntu のインストールに失敗しました

XP Laptop PC の再活用の為、Lubuntu 14.04 をDVDからインストールすることにしました。
すると下記の文言が現れ作業が止まってしまいました。

ERORR:PAE is disabled on this Pentium M.
(PAE can potentially be enabled with kernel parameter "forcepae" - this is unsupported,may cause unknown problems, and will taint the kernel)
This kernel requires the following features not present on this CPU:
pae
Unable to boot - please use a kernel appropriate for your CPU.

どのように対処すれば良いでしょうか?

当該PCは、
Victor MP-XV631
Celeron M 800MHz
memory 256MB
HDD 40 G

どなたか宜しく御指導下さいませ。

もう御理解頂いていると思いますが、私は情弱です。分かり易く御説明頂ければ幸甚です。

XP Laptop PC の再活用の為、Lubuntu 14.04 をDVDからインストールすることにしました。
すると下記の文言が現れ作業が止まってしまいました。

ERORR:PAE is disabled on this Pentium M.
(PAE can potentially be enabled with kernel parameter "forcepae" - this is unsupported,may cause unknown problems, and will taint the kernel)
This kernel requires the following features not present on this CPU:
pae
Unable to boot - please use a kernel appropriate for your CPU.

どのように対処すれ...続きを読む

Aベストアンサー

そのスペックのPCでLinuxを動かしてみるとしたら
私なら、Xubuntu12.04LTSのAlternateディスクを作成し
それを使ってインストールを試みます。

PAEはWindows95時代の後半くらいからある技術ですが
Pentium4の爆熱問題のころ、省電力において
抜本的解決を企図したPentiumMはPAEを省いてリリースされました。
実際この時代のPCは実質的にPAEを使う機会はありませんでした。
CeleronMも、同様にPAEを省かれています。

ですから、PAE対応のLinux系OSという表現は不適切で
PAEがあたりまえのOSとPAEが無いと動かないOSがあって
それに対してPAEが無いPCがあるという問題なわけです。

14.04LTSではforcepaeオプションでインストールはできます。
ただ、以前試した際は、カーネルアップデートでエラーが出て
このへんは、どう対処すべきなのかは調べていません。

12.04LTSでもUbuntuはPAE必須ですが、軽量版であるXubuntu,Lubuntuは
PAE必須ではないカーネルを用意して、この問題を回避しています。

Lubuntu12.04はLTSではなく、サポート切れ済で
Xubuntu,Lubuntuの14.04LTSはカーネル自体はPAE必須ですが
forcepaeオプションで、PAEチェックをスルーするだけです。
(パッケージ管理上もこのチェックがスルーされるようになれば前述問題は回避されるはず)


Xubuntu12.04LTSでも、メモリーが256MBしか無いのでは
インストーラーが正常動作できないと記憶しています。

そこで、GUIを使わず、テキストインストーラーを利用できる
Alternateディスクを使えば、メモリー消費が少なく
またグラフィック機能関連のトラブルも起きにくく、成功率が高くなります。


最良のパフォーマンスを求める場合、Debian GNU/Linuxのmini.isoから
必要なものだけを組み合わせていくほうが良いかもしれません。
技術的野心があるなら、Arch LinuxやGentoo Linuxも良いかもしれません。

単に軽量を求めるなら、Xubuntuより軽量で
PAE必須ではないものもいろいろあるはずです。

ただ、その多くは日本語の情報が不充分で
シェアの高いUbuntu系やDebianに比べると
つまらないところでつまづく可能性が高いかもしれません。


また、最良のパフォーマンスを、さらに底上げすることを考えるなら
メモリーを512MB程度まで増やすことが考えられます。

ごく一部の機種では、PentiumM,CeleronMのすべてがPAE無しではないため
PAE対応のPentiumMなどに換装できる場合もあります。
もしそれができれば、PAEに起因する問題は霧散します。

ただし、この機種では、上級モデルもPAE無しのCPUのようですから
PAE有りのPentiumMの中に、実際に正常に動作するものは無い恐れがあり
また、実際に換装できるように、ソケットになっているかどうかもわかりません。

そのスペックのPCでLinuxを動かしてみるとしたら
私なら、Xubuntu12.04LTSのAlternateディスクを作成し
それを使ってインストールを試みます。

PAEはWindows95時代の後半くらいからある技術ですが
Pentium4の爆熱問題のころ、省電力において
抜本的解決を企図したPentiumMはPAEを省いてリリースされました。
実際この時代のPCは実質的にPAEを使う機会はありませんでした。
CeleronMも、同様にPAEを省かれています。

ですから、PAE対応のLinux系OSという表現は不適切で
PAEがあたりまえのOSとPAEが無いと動かない...続きを読む

QUbuntu 14.04をDVDのISOファイルをインストールと 1234F: となり困っています!

LibrettoL5 WINDOWS XP仕様のHDDを丸々コピーしSSDに換装した後リカバリーしたのですが、XPリカバリーが出来なかったのでUbuntu 14.04のOSにしようと思いました。
換装したSSDを一旦WINDOWS8.1でフォーマットしてからDVDに焼いたISOファイルをBIOSでCD/DVDbootに設定しPC起動。そしてUbuntuを試したのですが「1234F:」という表示になりインストール出来ませんでした。
 なお、 BIOSでFDDしフロッピーディスクでWINDOWS XP起動ディスクを行うと途中XPOSを探す過程まで進みます。
 さらにDVDではWINDOWS XPのパージョンアップ版がありインストールすると起動し、XP以前のOSが存在しないという過程まで進みます。
 ISOのDVDの焼き方も間違っていまいと思いますがインストール出来ない原因がわかりません?
また「1234F:」をネットで検索してもあまり情報がなく困っています。
あるのは「MBR」が無くなったか壊れたような事しか書かれていませんので更にわかりません!
 どうか上記のような状態でのインストールが出来ない原因、わかりましたら教えて下さい!
Librettoのタッチキーが好きで、今後も使用したいので是非解決お願いします!!!

LibrettoL5 WINDOWS XP仕様のHDDを丸々コピーしSSDに換装した後リカバリーしたのですが、XPリカバリーが出来なかったのでUbuntu 14.04のOSにしようと思いました。
換装したSSDを一旦WINDOWS8.1でフォーマットしてからDVDに焼いたISOファイルをBIOSでCD/DVDbootに設定しPC起動。そしてUbuntuを試したのですが「1234F:」という表示になりインストール出来ませんでした。
 なお、 BIOSでFDDしフロッピーディスクでWINDOWS XP起動ディスクを行うと途中XPOSを探す過程まで進みます。
 さらにDVDではWINDOWS XP...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。

Libretto L5のハードウェア仕様が、Ubuntu 14.04の最低動作要件を満たしていません。
・液晶パネルの解像度
・RAMの搭載量(最低1GB以上を推奨)

CPUがかなり特殊な物で、x86互換と言う事は判ったのですが、それ以上の情報が見つかりません。
Ubuntuも14.04になってから古いCPUはサポートしなくなっている事と、Crusoe TM5800では、
処理能力が足りなさ過ぎて、実用に供するのは厳しいでしょう。

Ubuntu派生のOSの中では、動作が軽いとされているLubuntuをインストールされている方の
ウェブページが有りましたが、それでも動作の重さに耐えきれずに、他のOSに切替えられています。

http://www.systemfriend.co.jp/node/301

こちらのページでも紹介されていますが、私もこのスペックであれば、Puppy Linuxの方が
良いのではないかと思います。

http://openlab.jp/puppylinux/

431JP2012が良いのではないかと。

Puppy Linuxの場合は、HDD(SSD)ではなく、RAMメモリ上でインストールプログラムが
動きますから、Libretto L5がCD(DVD)ブート出来るのであれば、SSDを組み込んで、
BIOSで光学ドライブをboot順位1番目にして、Puppy LinuxのisoディスクをDVDドライブに
セットして、PCの電源を入れれば、本インストール前の仮動作のような形でPCが起動するはずです。
その後、GPartedと言うストレージの管理アプリで、SSDを「ext3」でフォーマットすれば、
OSがインストールできる状態に、MBRも含めて修復できると思います。

MBRが壊れた状態ですと、OSのインストールは何度やっても失敗するでしょう。

参考になりそうなウェブページです。

http://pctrouble.lessismore.cc/boot/repair_mbr.html

http://www5f.biglobe.ne.jp/~ayum/sample/mbr.html

FDDで使う起動ディスクをお持ちのようですから、それで「fdisk」は出来なかったのですか?

少々、文字が小さいですが、fdiskからMBRの修復方法まで網羅されていました。

http://homepage2.nifty.com/winfaq/fdiskhowto.html

焦らず、SSDのMBR修復から取り組まれて、OSはUbuntuはお止めになった方が良いでしょう。
Win8.1でSSDをフォーマットする時に、NTFSじゃなくてFAT32でフォーマットされていたら、
動作に違いが出ていたかもしれません。
今時のPATA(IDE)のSSDでも、AFTなどになっていれば、XPのHDDからのクローンコピーが
上手くいかないかもしれませんね。

http://www.pc-master.jp/jisaku/aft-hdd-xp.html

私も一時知らなくて、結構苦労しました。

こんにちは。

Libretto L5のハードウェア仕様が、Ubuntu 14.04の最低動作要件を満たしていません。
・液晶パネルの解像度
・RAMの搭載量(最低1GB以上を推奨)

CPUがかなり特殊な物で、x86互換と言う事は判ったのですが、それ以上の情報が見つかりません。
Ubuntuも14.04になってから古いCPUはサポートしなくなっている事と、Crusoe TM5800では、
処理能力が足りなさ過ぎて、実用に供するのは厳しいでしょう。

Ubuntu派生のOSの中では、動作が軽いとされているLubuntuをインストールされている方の
...続きを読む

QMac OS Xのソフトウェアインストール/アンインストールの概念

以前はパソコンはWindowsを使っていたのですが、一年ほど前からMac OS Xを使い始めた者です。
最近はMacの操作にも慣れて、購入時に入っていたアプリケーションの他に、webでダンロードしてきたフリーのソフトウェア(主に画像処理ソフト)も使いたいと思うようになったのですが、いまいちインストールの仕方がわかりません。
一番わからないのは「インストーラーのついていないソフトウェア」をインストールする方法です。

たとえば、

web上からソフトウェア(圧縮ファイル。拡張子は.dmg)をダウンロード

解凍ソフトで解凍

四角い白いアイコン(“情報を見る"では種類:ポリューム となっている)がデスクトップに出来る。ゴミ箱に持っていくと“取り出し”と出る。

ここから先、どうすればよいのかがいまいちわからないのです。この「ボリューム」をどうすればよいのか、一体これは何なのか?疑問ばかりが浮かんでしまいます。
自分なりにwebで調べてみたのですが、Mac初心者にもわかるような解説が見当たりませんでした。また、マウントなどわからない用語が飛び出してきてよくわかりませんでした。

また、上の方法でわからないなりにも解凍して出来たフォルダのなかに入っているソフトウェアが使えるようになったのですが、そのソフトウェアをアンインストールしたくなった場合、どうすればよいのかでまた迷いました。
Windowsにはレジストリというものがあって、ソフトウェアによってレジストリに手を加えるものと加えないものがありますが、Macの場合はどうなのでしょうか?ただフォルダを捨てるだけで良いのでしょうか?

長文になりましたが、誰かご回答くださると幸いです。

私のPC環境:
OS:Mac OS X 10.3.3
PC:iBook G4(Power PC)

以前はパソコンはWindowsを使っていたのですが、一年ほど前からMac OS Xを使い始めた者です。
最近はMacの操作にも慣れて、購入時に入っていたアプリケーションの他に、webでダンロードしてきたフリーのソフトウェア(主に画像処理ソフト)も使いたいと思うようになったのですが、いまいちインストールの仕方がわかりません。
一番わからないのは「インストーラーのついていないソフトウェア」をインストールする方法です。

たとえば、

web上からソフトウェア(圧縮ファイル。拡張子は.dmg)をダウンロー...続きを読む

Aベストアンサー

>四角い白いアイコン(“情報を見る"では種類:ポリューム となっている)がデスクトップに出来る。ゴミ箱に持っていくと“取り出し”と出る。

それをダブルクリックするとウィンドウが開きませんか?
その中にインストーラが入っていたらそれを起動してやります。
もしアプリケーションそのものが入っていたらあぷりけーしょんふぉるだなどのハードディスク内のフォルダにドラッグ&ドロップでコピーしてやってください。
あとはホー度ディスクに入れた物をダブルクリックすれば起動します。

アンインストールするときは案員素オーラがあったらそれを使い中ったらアプリケーションそのものをゴミ箱に捨ててやるだけでいいです。
OS Xのアプリケーションは1つのファイルのように見えますが実は「パッケージ」になっている物が多く必要なファイルはその中にほとんどは行っているのでそのまま捨てるだけでいいんです。

アプリケーションによってはライブラリフォルダなどにファイルを書き込む物もありますのでその場合はアンインストーラなどを使ってやります。

OS XにはWindowsのようなレジストリなどの概念はありません。

>四角い白いアイコン(“情報を見る"では種類:ポリューム となっている)がデスクトップに出来る。ゴミ箱に持っていくと“取り出し”と出る。

それをダブルクリックするとウィンドウが開きませんか?
その中にインストーラが入っていたらそれを起動してやります。
もしアプリケーションそのものが入っていたらあぷりけーしょんふぉるだなどのハードディスク内のフォルダにドラッグ&ドロップでコピーしてやってください。
あとはホー度ディスクに入れた物をダブルクリックすれば起動します。

アンインス...続きを読む

Q無料版RedHatLinux9は商用に利用可能?

よく書籍に同胞されている無料のRedHatLinux9は
商用で使用しても問題はないでしょうか?

有料版でなければ、商用禁止とかあるのでしょうか。
フリーウェアなどは、中途半端に著作権やライセンスを
主張するケースがあるので、よくわからないんですけど...

Aベストアンサー

他の回答者さんの回答に間違いがありますので訂正させて頂きます。
OKWebコミュニティーではあまりこういうことしたくないのですが、
質問者さんが間違いを起こさないようにお答え致します。

> よく書籍に同胞されている無料のRedHatLinux9は
> 商用で使用しても問題はないでしょうか?

はい、構いません。
その際、サポートがないのでご自身でメンテナンスする必要があります。
この場合、掲示板やメーリングリストとかで聞くのは敬遠されます。
そもそも自分でメンテナンスすることを選択したのですから。

> Red Hat Linux 9 という数年前にサポートの終了しているデストリを
> 使おうというのはおかしいと思うのだが、、、
> 今ならば Red Hat Enterprise Linux と互換性の高いCentOS(無料) では?

RAIDドライバーの対応状況などの問題から、隔離された環境では
Red Hat Linux 9を使わざるを得ない方もいらっしゃいます。
一概にCentOSを勧める事は出来ません。

> 買う人がいるならば有料でもかまわないはずですが
> 通常、Linux の対価を求めることはありません。

あなたの考える「通常」を世間一般的な意見としないでください。
最近では、有償のLinuxを選ばれる方が多いです。
無償のLinuxを選択し、管理しきれなくなった方が多いです。

> 請求するならば、CD-R へのコピー手数料、インストール/設定作業、
> 保守といった名目になると思います。(自分はそのようにしています)

基盤設計、パラメータシートからはじめしょう。
他の業者に引き継いだ際にメンテナンスできなくなりますから。

> 3.RHL9をインストールしたマシンを販売。
>  全く問題ないです。問題ない・・・・はずですけど・・・・
> これは他の回答者を待ちたいと思いますです。

再販する場合には、「Red Hat Linux」という固有製品名を無断で
使っては行けません。レッドハット社とOENM契約を結ぶ必要があります。

> 4.RHL9をCD-Rなどに焼いて有償販売。
>  これはさすがにダメですね。メディア代程度であれば良いらしい
> ですがよく分かりません。

メディア分の対価を請求するのは構いません。

また、ロゴと商標を変更した上で再配布するのは問題ありません。
いわゆるRHELクローンと言われているものです。
この際、サポートを業務として行うのであれば、価格設定は自由です。

> 無料のRHL9、いわゆるFTP版はインストーラも含めて全てGPLで配布されて
> いますので、GPLに違反しない限りはなんでもできます。
> 詳しくはGPLの内容を参照してください。

商標とロゴはGPLの対象外になっております。
そのため「GPLに違反しない限りはなんでもできます。」という
言い方は控えて頂くようお願い致します。

他の回答者さんの回答に間違いがありますので訂正させて頂きます。
OKWebコミュニティーではあまりこういうことしたくないのですが、
質問者さんが間違いを起こさないようにお答え致します。

> よく書籍に同胞されている無料のRedHatLinux9は
> 商用で使用しても問題はないでしょうか?

はい、構いません。
その際、サポートがないのでご自身でメンテナンスする必要があります。
この場合、掲示板やメーリングリストとかで聞くのは敬遠されます。
そもそも自分でメンテナンスすることを選択したのです...続きを読む

QWindows XPと Lubuntu

XPとLubuntuの両方インストールしてるいます。
いつのまにかgrubブートローダーに、XPの文字は消えてWindowsを起動できない状態になってしまいました。
これの修復の仕方はありませんか?
最初はちゃんとデュアルブートはできていました。

Aベストアンサー

こちらにGrub2の修復方法が詳細に解説されています。
https://help.ubuntu.com/community/Grub2#Reinstalling%20GRUB%202
 これで分りくにければ「Super Grub Disk」を入手して修復しましょう。
http://viva-ubuntu.com/?p=3410


人気Q&Aランキング

おすすめ情報