中小企業の働き方改革をサポート>>

日本書紀、古事記ではなく
もう一つの真実が書かれた古代書物が
あり隠蔽されたと聞きましたがなんという
書物だったか思い出せません。

それには日本の本当の成り立ちが書いて
いると聞きましたが・・・

A 回答 (7件)

 夜分に失礼します。

お話しをうかがって幾つか具体的な書名が浮かびました。
『書紀』推古28年の是歳条および皇極4年6月条に聖徳太子なる人物と蘇我馬子による共同編纂事業として、『天皇記』『国記』の二書がそれぞれ編纂されそして乙已の変と共に焼失したとの記事が見えますが(但し、記述では『国記』は焼失寸前に持ち出されたとも記されています) 、それが実在した否かは確定していません。そしてあったとしても現状では散佚した状態です。
 他に候補として挙げられるのは『帝紀』『旧辞』です。この両書は『記紀』のベースとなった天皇家および各豪族に伝わる伝承を記したものとされていますが、これらも散佚して現存してはいません。
 他に考えられるのは鎌倉時代に成立したとされる偽書『未来記』です。これは平安末から鎌倉期にかけて登場する『伝暦』など幾つかの聖徳太子伝説をベースとした信仰とそれをを反映させたものとされています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

日本書紀、古事記すらまともに読んだことないのですが
竹内文書(←たぶんこれでした)の話を聞かされ真実なのか・・・・?

皆様詳しくて大変ありがたいです。
竹内文書からの視点だと日本書紀、古事記は偽書?というか
真実隠蔽の書物のようですがあってますか?

お礼日時:2014/05/17 09:35

 No.3です。

他の回答者様への追加的質問に関する内容です。
>なぜ古事記、日本書紀は真実味があると世の中では認識されているんでしょうか?
 これは『記紀』を過大評価しすぎともいえます。殊に『書紀』およびそれに続く『続紀』は藤原氏の正当性を補完するための材料ですから、その記述には注意する必要もあります。
 具体的には別の史料との突き合わせに始まる「一つ一つの事象の出入り」そして「一方には記述のない理由」を更に別の史料に基づいてクリアしていく作業となります。ですから「古事記や日本書紀にはこう書いてあるから………」として鵜呑みにすることは決して許される行為とはいえません。
 これは現在でも同じことで「当局にとっての不都合な真実」など書くはずもありません。では「竹内文書」などといった落書き程度のものをそのまま信じろというのは更にひどく、宗教と同じレベルです。
 そも「日本の成り立ち」との話ですから、それは律令に基づく政治システムの移植実施を待つまでしかありません。それは奈良時代の文武・持統そして天武期となり、それ以前には国家システムは存在しません。法がないのですから明らかです。
    • good
    • 1

#4です



>なぜ古事記、日本書紀は真実味があると
>世の中では認識されているんでしょうか?

天皇(倭の五王あたりから)の来歴などに関しては、傍証として同時期の中国の正史(宋書の文帝紀、夷蛮伝等)にある朝貢の記述とある程度整合していると考えられているからです。
中国の史書が周辺の蛮国である倭(日本)のことを書くのに飾る必要はありませんから、客観的な記述であると考えられています。

古史古伝では、神武以前、葺不合(ウガヤフキアエズ)朝などが書かれていますが、傍証がありません。
    • good
    • 0

はじめまして、



わたしは「うえつふみ」(上記、上つ記などと表記)だと思います。竹内文書は余りにも荒唐無稽です。「うえつふみ」は大変真面目な内容であり、かつ、古事記や日本書紀に比して情報量は膨大で、神代の百科全書などと言われたりしています。天文学、暦学、医学、農業・漁業・冶金等の産業技術、民話、民俗等多岐に渡っています。学会では偽書とされていますが、研究する価値はあると思います。
以下、ご参考に。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%8A%E8%A8%98

http://www.coara.or.jp/~fukura/uetufumidata/menu …

http://uetuhumi.web.fc2.com/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

竹内文書は余りにも荒唐無稽なんですね・・・
ネット検索だけで読んでないので詳しくはわかりませんが
教えてもらった知人がかなり信憑性があると言って
熱烈に語っていたもので・・・・・

うえつふみ 調べてみます

ありがとうございます

お礼日時:2014/05/18 00:52

「先代旧事本紀(せんだいくじほんぎ)」かな、古事記、日本書紀と並び「三部の本書」とされています。


ただ、偽書説もあり、資料としては記紀よりはおちると考えられています。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%85%88%E4%BB%A3% …

なお、江戸時代に「先代旧事本紀大成経(せんだいくじほんぎたいせいきょう)」というのが登場していますが、こちらは明確に偽書とされています。

で、偽書については、「古史古伝」をキーワードにして検索されるのがよろしいかと
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
さっそく調べてみます。

先に回答していただいた方の中で
竹内文書というのがきっと聞いたものだと
思います。

なぜ古事記、日本書紀は真実味があると
世の中では認識されているんでしょうか?

お礼日時:2014/05/17 09:38

こんばんは



記紀以上に古いといわれる文書はいくつもあります。
有名なものでは、
  九鬼文書(くかみもんじょ) 
  竹内文書
  上記(うえつふみ)
  秀真伝(ホツマツタエ)
  東日流外三郡誌(つがるそとさんぐんし)
などなど・・・・
netで検索してみてください。詳しい解説や原文があったりします。
ほとんどの歴史家は偽書として相手にしていません。
多くが神社に伝わったもので祝詞のような感じになっています。中にはアフリカの命(みこと)とか、オセアニアの命といった神様が登場するものがあり、少なくとも近代に加筆されたことは間違いないのですが、超古代のことも書いてあると主張する人もいます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

竹内文書だったと思います。

色々あるんですね・・・・・
偽書扱いなんですね

確かに誰も真実は知らないですよね

大変参考になりますありがとうございました。

お礼日時:2014/05/17 09:26

「東日流外三郡誌」でしょうか。

まともな研究者は偽書と認定してますが、信じてしまう人もいます。また中身が現代人好みなもんだから(現代人が作ったからね)、偽書と分かっていながら自分の作品に使う作家がいたりして。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
そいう名前ではなかった気がしますが
一応調べてみます。

お礼日時:2014/05/17 00:04

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q宮内庁はなぜ日本史の解明に非協力的なのか

よく宮内庁は皇室の歴史が明かされるのを嫌う傾向にあると聞きます。
仁徳天皇陵は全く調査をすることが許可されてないのでしょうか。
(社会科の先生からはこう聞きました)

日本は今や世界屈指の近代国家です。
しかし、日本の天皇の由来は全く混沌としています。

ならば、なおさら古代日本史の解明は国家の義務なのではないでしょうか。
その機関たる宮内庁が非協力的というのはどういう態度なのでしょう。
その理由が宗教上にあるというのなら、次に繋がるかどうかは別として
今回は一応納得します。

Aベストアンサー

皇室関連の質問をここでしたりすると、「皇室は千年の歴史があり、最も由緒ある皇帝でありそれは世界的に認められていて世界で唯一イギリス王室と並立する歴史的権威が云々・・・」という人たちが必ず現れます。そういう保守的な人たちはもちろん、現皇室は基本的にそういう立場というかそういう建前があって成立しているのですね。これは明治維新以降の皇室の歴史的かつ政治的な立場です。そして宮内庁はそれを「守る」立場にいるわけであります。それを否定してしまったら皇室の存在意義そのものが問われてしまいます。

で、そういう立場からすると、過去の「作られた歴史」が暴かれてしまうことは権威の根拠に関わってしまいます。例えば、天皇家というのは実は朝鮮半島から渡ってきた騎馬民族の末裔ではないかという話があります。倭国(日本)は百済の支援をして当時の倭国としては大軍事力を半島に派遣して白村江の戦いで敗れてしまいます。なぜ倭国が百済に過大なまでの支援をしたのか、単なる同盟関係であっただけではなく、実は百済が天皇家からみると「本家」で、倭国は百済の分家ではないのかという話があります。
日本ではその後いわゆる壬申の乱が起きて天武天皇が即位するんですが、大友皇子と大海人皇子の関係とかどうも日本書紀を読んだだけではよくわからんことが多いのです。そのへんについて日本書紀が改竄というか捏造というかそういうことをしたことは間違いないのですが、どのへんを歴史を書き換えたのかはよくわかりません。
もし仮に「皇室はかつて朝鮮半島からやってきた渡来一族の末裔である」ということが明らかになってしまったらどうなるでしょうか。嫌韓のネット右翼がなんと言い出すかどうか考えただけでも恐ろしいですね。今のところ皇室半島渡来説は荒唐無稽で根拠のない話ということになっています。なぜなら、日本書紀にも古事記にもそんなことは書いていないからです。しかし、日本書紀も古事記も時の権力者にとっての「大本営発表」なので歴史の削除、捏造、針小棒大などは当然あるわけです。あるけど、ないことになっている。それが我が国の古代史に対する学会の立場です。古代史は天皇家についてはアンタッチャブルの領域なのです。

また、皇室は一応ずーっと続いているということになっていますが、南北朝で相当ヤバいことになっています。血統の正当性という立場からいえば、南朝が正当です。しかし、北朝は時の権力者足利尊氏によって成立しており、最終的に南朝が北朝に吸収される形で再統一されています。このときの北朝系の血筋がね、どうなんだよってところなんです。私もその時代はそんなに詳しくないのですけれど。
で、戦後すぐに「我こそは南朝の末裔であり、正当な皇室の血筋である」と名乗り出た人がいたのです。世間でいわれるところの熊沢天皇事件というものなんですけどね。単なる気が狂ったおっさんが「わしは天皇である」といっただけならこんな歴史には残らないです。熊沢天皇事件が戦後事件史のひとつとして残っているのは「そういわれると、そうかもしれない」というのがあったからなのです。熊沢天皇は「北朝(現皇室)は南朝から帝位を簒奪し不法に即位している」と訴えたのですが、「そういわれりゃあ、そうだよな」ってところはあるんですよ。熊沢天皇は結局のところ南朝の末裔であることを証明することができなかったので最終的には「自称南朝の末裔」ということになったのですけどね。一時的であれ宮内庁は頭を抱えたのですよ。GHQは熊沢天皇に興味を持っていて、場合によっては昭和天皇を退位させて熊沢天皇を(GHQの手先として)即位させるんじゃないかと警戒したのですね。

宮内庁の仕事は、現在の皇室の伝統を次代に繋げることです。皇室にはなんとかの儀、かんとかの儀、と年がら年中しきたりだらけなのですが、それを続けることが最も重要なんですね。伝統の継続というものの頂点にある存在といってもいいでしょう。「歴史的に見て正しい」かどうかはむしろ邪魔なんですよ。まあ宮内庁関連の人といったら公家の末裔とか松平家の末裔とか父は貴族院議員とかそんな人たちばっかりですからね。しもじもの者が入りたいといっても入れてはくれません。

皇室関連の質問をここでしたりすると、「皇室は千年の歴史があり、最も由緒ある皇帝でありそれは世界的に認められていて世界で唯一イギリス王室と並立する歴史的権威が云々・・・」という人たちが必ず現れます。そういう保守的な人たちはもちろん、現皇室は基本的にそういう立場というかそういう建前があって成立しているのですね。これは明治維新以降の皇室の歴史的かつ政治的な立場です。そして宮内庁はそれを「守る」立場にいるわけであります。それを否定してしまったら皇室の存在意義そのものが問われてしま...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報