七つ転んで、八つで起き上がってくるのは、どこからきたんでしょうか?
また、いつこんな言葉ができたのか教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

七転び八起きは新字体の当て字で、中国の故事は、本来「七顛八起」と書きます。


「顛」は、ころぶのではなく、ゴロゴロころがる。「話の顛末」なんかに使われますね。
「七顛八起」はころんで起き上がって、でなく、将棋のように裏表交互にひっくりかえること。

「七転八起」と「七転八倒」とペアで、「顛」が教科書に載らなくなって、いつの間にか意味が微妙に変わってしまったのです。
そもそも「七転八倒」も正しくは「七顛八倒」であり、慣用自体もゴロゴロもんどり打っている様子ですし、
「転」って漢字自体、「自転車」「回転」みたいな円運動を繰り返す動きであり、本来、たおれたり、けつまづいたり、ころぶって意味を持ちません。
本来意味が違った漢字が、当て字によって「ころがる」と「ころぶ」が一緒になってしまっているのです。

七とか八は縁起のいい数字でしかないのですが、表から七回ひっくり返った八回目は表を向くという意味。

この回答への補足

中国では七と八が縁起がいいんですか。顛は、裏表にひっくり返るっていう事ですね。

>>「七転八起」と「七転八倒」とペアで、「顛」が教科書に載らなくなって、いつの間にか意味が微妙に変わってしまったのです。
元は意味が違うんですね。
勉強になります。ありがとうございます。

補足日時:2015/01/18 21:42
    • good
    • 2

心理学かな、脳科学かな、「マジカルナンバー7」という言葉があるそうです。

人間というのは、7つまでは割と苦も無く覚えられるのに、8つとなるとなぜか突然覚えられなくなるそうです。これは世界中の追実験でも明らかになっています。
例えば「品川300、か4567」というと覚えられると思うのですが、「品川5001、み9876」となると不思議とチトややこしく感じます。
だから「世界七不思議」なんていいますよね。一週間も7日、音楽も1オクターブは7音階。なんと中国の音楽も7音階なんだそうですよ。

その一方、日本では八が神聖な数字であるといわれてきました。末広がりとして縁起がいい数字としていただけではなく、八咫鏡や幸運を運ぶといわれて日本サッカー協会のイメージキャラクターに使われている三本足のカラスも三本足なのになぜかヤタガラスと呼ばれます。本当は七股なのにヤマタノオロチといいます。八咫鏡やヤタガラスやヤマタノオロチは中国から漢字が伝わる前からいわれていたと思うので、これは多分なんですが、八を末広がりというほうが後付けなんじゃないかなと思います。そういえば、富士山の形もなんだか八っぽい。
方位は東西南北の四方向にその中間の四方向の計八方向が収まりがいいですよね。日本では八が「完全な数字」あるいは「沢山の象徴」だったそうです。
もしかしたら、マジカルナンバー7の影響で「7までは覚えられるけど8は覚えられないから7を越える数字である8以上は(もう覚えきれないから)沢山だ」かもしれないですね。

「覚えられる限度の数字である7と、もう覚えられない8との組み合わせ」だからある種の神聖な組み合わせとされたのではないでしょうか。5と6の組み合わせも、9と10の組み合わせもないわけですよね。
「覚えきれる程度の最大数に転び、どんなに転んでも覚えられないほど立ち直ることをイメージした前向きな言葉なのだ」というのは、今私が思いつきでいっただけです。

思いつき:一神教の神様が、モーセを通じて人間に与えたのが「十戒」です。マジカルナンバー7を越えてるからどうしても人間は覚えきれない。一方、人間を堕落させる罪は「七つの大罪」。罪は覚えられちゃうからやっちゃうけど、戒めは覚えきれないのでどうしても実行できないのだ。なんてね。

この回答への補足

>>日本では八が「完全な数字」あるいは「沢山の象徴」だったそうです。

八方塞りや、数学の∞(無限大)も8に似てますよね。
「沢山」の象徴はそこから来てる気がします。

八方塞りで数えるのには限界があるのか、もしくは、無限大の数で数えられなくなるのか、

7と8は、不思議な数字ですね。

補足日時:2015/01/19 20:04
    • good
    • 1
この回答へのお礼

>>例えば「品川300、か4567」というと覚えられると思うのですが、「品川5001、み9876」となると不思議とチトややこしく感じます。

私は、いつも、その数の計算問題でつまづいてます。

お礼日時:2015/01/19 20:09

人間は、生まれた時にはまだ立っていません。


そのため、まず立つところから始めると考えると起き上がりは、プラス1回です。
「七転び八起き」となります。

http://www.sukiwa.net/otsu/otsubbs/news/2009/030 …

この回答への補足

だるまが転がっているイメージから、中国から伝わってきた辺りで意味が変わってきたんでしょうか。

補足日時:2015/01/18 21:45
    • good
    • 1
この回答へのお礼

よく見たら、だるまの形も、数字の8に似てますよね。

お礼日時:2015/01/20 00:03

何時からかよりも その言葉に含まれた 深い意味を知って下さい



七転び八起きは 人生のテーマと同じくらいの価値があるのです・・・

この回答への補足

歴史のカゴテリなので、語源の歴史を教えて下さい。
哲学は、哲学のカゴテリでお願いします。

補足日時:2015/01/18 20:28
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q七転び八起きという諺について

八転び九起きのほうが腑に落ちるのですが、なぜ七転び八起きなんでしょうか
八回転んだらどうなるんですか?

Aベストアンサー

こんばんは
過去質問の中に非常に良い回答が付いていました。
「日本文化の中の七という数字の意味」でもでます。
oshiete.goo.ne.jp/qa/3413781.html関連ページ
ご参考まで

Qドイツは西ドイツと、東ドイツにいつ分かれたのですか。また何故分かれたの

ドイツは西ドイツと、東ドイツにいつ分かれたのですか。また何故分かれたのですか。さらにどういうきっかけで、いつ併合したのですか。ベルリンの壁についても教えてください。

Aベストアンサー

ベルリンの壁の方は分かりやすいサイトがあります。

ここのサイトは簡単に教えてくれるのでいいと思います。

参考URL:http://www.mauer.jp/top_j.html

Q三寒四温 七転び八起き 三歩進んで二歩さがる

よろしくお願いします。

マイナスがあってもプラスのほうが(1つ)多いから、「差し引き(1つの)プラスが残る」、
という言葉がありましたら、教えてください。

私が思い浮かんだのは、
・三寒四温
・七転び八起き
・三歩進んで二歩さがる (水前寺清子さんの「三百六十五歩のマーチ」の歌詞)
です。



【対象】
四字熟語などの熟語、ことわざ、慣用句、歌詞、名言、文学作品に登場する言葉・・・・・
どれでも構いません。
また、この条件を満たしていれば、外国語でも構いません。
ただし、
五臓六腑、七転八倒、朝三暮四などのように、「差し引きがプラス」ということを表していないものは、対象外とさせてください。

Aベストアンサー

ANo.2 がダメだったので、再度挑戦。

効率のいいところをおひとつ

一死七生
http://dictionary.goo.ne.jp/search.php?MT=%B0%EC%BB%E0%BC%B7%C0%B8&kind=jn&mode=1&kwassist=0

やっぱりダメか?

Qこのフコク生命とゆうレトロ感凄い看板があるんですがこれっていつごろ作られたものなんですか? 色々と調

このフコク生命とゆうレトロ感凄い看板があるんですがこれっていつごろ作られたものなんですか?
色々と調べたけどなかなか見つけられなくて知ってる方教えてください┏○┓

Aベストアンサー

このような看板のことを「ホーロー看板」といいます。
1950~1970年代に日本で普及した屋外広告です。

1975年ごろより徐々にその姿を消していきました。


なので1950~1970年代のいずれかの年に
作られたと思います。

Q七転び八起きについて

素朴な疑問なのですが七回転んだら七回しか起きれないような気がするのですが・・・。

Aベストアンサー

 七転び八起きって,7回転んで,8回起きあがるということではありません。
 1 転ぶ
 2 起きる
 3 転ぶ
 4 起きる
 5 転ぶ
 6 起きる
 7 転ぶ
 8 起きる
という動作順です。ということは,「七転び八起き」ですと,4回転んで4回起きあがった状態ですね。

 「三転び四起き」でも,「五転び六起き」でも,「19転び20起き」でもいいんでしょうが,「七転び八起き」が語呂も良いし,数的にもこの程度が程良いからでしょう。

Q出エジプト記にある七つの災害について

研究資料がまったくたりず、困っています。
「現実的観念から見たモーゼの厄災」について、
どなたか参考資料などに心当たりあるでしょうか?

かなり困っているので、
どうかよろしくお願いします。

Aベストアンサー

2006年の10月11日と18日にNHK教育で放送された『地球ドラマチック』「出エジプト記の“真実”~奇跡は本当に起こったのか?~」という番組はご存じですか? モーゼの十災についてはその前編でとり上げられていました。サントリニ島爆発にともなう火山災害として科学的に説明できるという内容だったと思います。くわしくは参考URLをご覧下さい。

以下は未見ですが、『聖書の謎を追え』というDVDの3巻でも、「検証『出エジプト』」と題して十災や紅海横断がとり上げられています。また、『リーピング』という映画の特別版DVDにも特典として、十災を科学的に検証するコーナーがあるそうです。

文献では、金子史朗『聖書の奇跡と謎』(講談社・2000年)に「モーセ『十災』の奇跡」という章があります。これも未見ですが、ご参考になるのではないでしょうか。

聖書の内容を科学的に検証した本としては、ほかに天野仁『聖書の科学』や関谷定夫『考古学でたどる旧約聖書の世界』がありますが、十災に触れているかどうかは確認できませんでした(目次等は書店サイトで見ることができます)。

参考URL:http://www.geocities.jp/kmt_yoko/MyNotebook-2.html

2006年の10月11日と18日にNHK教育で放送された『地球ドラマチック』「出エジプト記の“真実”~奇跡は本当に起こったのか?~」という番組はご存じですか? モーゼの十災についてはその前編でとり上げられていました。サントリニ島爆発にともなう火山災害として科学的に説明できるという内容だったと思います。くわしくは参考URLをご覧下さい。

以下は未見ですが、『聖書の謎を追え』というDVDの3巻でも、「検証『出エジプト』」と題して十災や紅海横断がとり上げられています。また、『リーピング』という映画...続きを読む

Q七転び八起きの語源は?

七つ転んで、八つで起き上がってくるのは、どこからきたんでしょうか?
また、いつこんな言葉ができたのか教えて下さい。

Aベストアンサー

七転び八起きは新字体の当て字で、中国の故事は、本来「七顛八起」と書きます。
「顛」は、ころぶのではなく、ゴロゴロころがる。「話の顛末」なんかに使われますね。
「七顛八起」はころんで起き上がって、でなく、将棋のように裏表交互にひっくりかえること。

「七転八起」と「七転八倒」とペアで、「顛」が教科書に載らなくなって、いつの間にか意味が微妙に変わってしまったのです。
そもそも「七転八倒」も正しくは「七顛八倒」であり、慣用自体もゴロゴロもんどり打っている様子ですし、
「転」って漢字自体、「自転車」「回転」みたいな円運動を繰り返す動きであり、本来、たおれたり、けつまづいたり、ころぶって意味を持ちません。
本来意味が違った漢字が、当て字によって「ころがる」と「ころぶ」が一緒になってしまっているのです。

七とか八は縁起のいい数字でしかないのですが、表から七回ひっくり返った八回目は表を向くという意味。

Q精霊の七つの賜物の出典がありましたらおしえてください。

「知恵・理解・勧め・堅忍・知識・篤信・神への畏れ」
という、「精霊の七つの賜物」は、聖書の中に出典があるのでしょうか。
いつごろ使われだしたアイデアなのか、教えてくださいませんか。

Aベストアンサー

旧約 イザヤ書11・2

その上に主の霊がとどまる。
知恵と識別の霊~

(新共同訳)

Qtwelfth of neverの意味

twelfth of neverの意味を教えてください。

EW&FのFantasyの歌詞に出てきました。

And we will live together, until the twelfth of never
Our voices will ring forever, as one

Aベストアンサー

twelfth of neverで、「決して起こらないこと」がもともとの意味です。
ですが、これだと歌詞の意味にあてはまらないので、さらに調べてみました。

プレスリーの歌にも"The twelfth of never"というのがありまして、こちらは「世界の終わり」と訳しているようです。(プレスリーの歌詞全体を見ていると、意味的にもそれが当てはまる・・・と思います。)

「決して起こらない」という意味から派生して、「世界の終わり」を指すんでしょうかね。
(「世界が滅ぶなんてありえない」ということからでしょうか?)

某アメリカの質問箱を見ていたら、それに近い回答がありました。
「中世では時計は「11時」までしかなく、11時の次は0時と考えられていました。つまり、「12時」というのは時間(の概念)としては存在せず、物事の終わりにつながった」というような意見があります。


なんとも自信がありませんが・・・。参考になれば。

参考URL:http://answers.yahoo.com/question/?qid=1006012802404

twelfth of neverで、「決して起こらないこと」がもともとの意味です。
ですが、これだと歌詞の意味にあてはまらないので、さらに調べてみました。

プレスリーの歌にも"The twelfth of never"というのがありまして、こちらは「世界の終わり」と訳しているようです。(プレスリーの歌詞全体を見ていると、意味的にもそれが当てはまる・・・と思います。)

「決して起こらない」という意味から派生して、「世界の終わり」を指すんでしょうかね。
(「世界が滅ぶなんてありえない」ということからでしょうか...続きを読む

Q【日本に士農工商が無かった】という嘘をまた付くんですか? どこまで日本史を美化させていくつもりです

【日本に士農工商が無かった】という嘘をまた付くんですか?

どこまで日本史を美化させていくつもりですか?

朱学があって士農工商という文化はない?

おかしくないですか?

身分制度はあったでしょ。

日本にみな平等だった時代などない。

みな平等だった時代から朱学の教えが伝来して身分制度が出来た?

身分制度があったから稲作文化が出来たんでしょうが。

普通に考えて日本に士農工商文化は無かった。みな平等だったって誰がこんな嘘の日本の歴史教科書を信じますか?

明治時代に一度大々的に書き換えてさらに書き換えてもう日本を美化しまくった歴史教科書を作ってこれが歴史と言えますか?

それだったらもう朱学は伝来していなかったとなりますよね。

おかしくないですか?

矛盾している。士農工商制度があったという方が辻褄が合う。

Aベストアンサー

もういまさら遅いですよ(笑)
2000年代以降の教科書には「士農工商」という記述はなくなりました。

 ウィキペディアより
 2000年代には「士農工商」の記述は教科書から外されるようになった。これに関係して、「四民平等」も本来の意味(すべての民は平等)ではなく、「士農工商の身分制からの解放」という認識を前提に用いられたものであったため、教科書から消された。 ただ、昭和時代の教育を受けた人を中心に未だ士農工商は身分制として認識されていることがある。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報