七つ転んで、八つで起き上がってくるのは、どこからきたんでしょうか?
また、いつこんな言葉ができたのか教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

七転び八起きは新字体の当て字で、中国の故事は、本来「七顛八起」と書きます。


「顛」は、ころぶのではなく、ゴロゴロころがる。「話の顛末」なんかに使われますね。
「七顛八起」はころんで起き上がって、でなく、将棋のように裏表交互にひっくりかえること。

「七転八起」と「七転八倒」とペアで、「顛」が教科書に載らなくなって、いつの間にか意味が微妙に変わってしまったのです。
そもそも「七転八倒」も正しくは「七顛八倒」であり、慣用自体もゴロゴロもんどり打っている様子ですし、
「転」って漢字自体、「自転車」「回転」みたいな円運動を繰り返す動きであり、本来、たおれたり、けつまづいたり、ころぶって意味を持ちません。
本来意味が違った漢字が、当て字によって「ころがる」と「ころぶ」が一緒になってしまっているのです。

七とか八は縁起のいい数字でしかないのですが、表から七回ひっくり返った八回目は表を向くという意味。

この回答への補足

中国では七と八が縁起がいいんですか。顛は、裏表にひっくり返るっていう事ですね。

>>「七転八起」と「七転八倒」とペアで、「顛」が教科書に載らなくなって、いつの間にか意味が微妙に変わってしまったのです。
元は意味が違うんですね。
勉強になります。ありがとうございます。

補足日時:2015/01/18 21:42
    • good
    • 1

心理学かな、脳科学かな、「マジカルナンバー7」という言葉があるそうです。

人間というのは、7つまでは割と苦も無く覚えられるのに、8つとなるとなぜか突然覚えられなくなるそうです。これは世界中の追実験でも明らかになっています。
例えば「品川300、か4567」というと覚えられると思うのですが、「品川5001、み9876」となると不思議とチトややこしく感じます。
だから「世界七不思議」なんていいますよね。一週間も7日、音楽も1オクターブは7音階。なんと中国の音楽も7音階なんだそうですよ。

その一方、日本では八が神聖な数字であるといわれてきました。末広がりとして縁起がいい数字としていただけではなく、八咫鏡や幸運を運ぶといわれて日本サッカー協会のイメージキャラクターに使われている三本足のカラスも三本足なのになぜかヤタガラスと呼ばれます。本当は七股なのにヤマタノオロチといいます。八咫鏡やヤタガラスやヤマタノオロチは中国から漢字が伝わる前からいわれていたと思うので、これは多分なんですが、八を末広がりというほうが後付けなんじゃないかなと思います。そういえば、富士山の形もなんだか八っぽい。
方位は東西南北の四方向にその中間の四方向の計八方向が収まりがいいですよね。日本では八が「完全な数字」あるいは「沢山の象徴」だったそうです。
もしかしたら、マジカルナンバー7の影響で「7までは覚えられるけど8は覚えられないから7を越える数字である8以上は(もう覚えきれないから)沢山だ」かもしれないですね。

「覚えられる限度の数字である7と、もう覚えられない8との組み合わせ」だからある種の神聖な組み合わせとされたのではないでしょうか。5と6の組み合わせも、9と10の組み合わせもないわけですよね。
「覚えきれる程度の最大数に転び、どんなに転んでも覚えられないほど立ち直ることをイメージした前向きな言葉なのだ」というのは、今私が思いつきでいっただけです。

思いつき:一神教の神様が、モーセを通じて人間に与えたのが「十戒」です。マジカルナンバー7を越えてるからどうしても人間は覚えきれない。一方、人間を堕落させる罪は「七つの大罪」。罪は覚えられちゃうからやっちゃうけど、戒めは覚えきれないのでどうしても実行できないのだ。なんてね。

この回答への補足

>>日本では八が「完全な数字」あるいは「沢山の象徴」だったそうです。

八方塞りや、数学の∞(無限大)も8に似てますよね。
「沢山」の象徴はそこから来てる気がします。

八方塞りで数えるのには限界があるのか、もしくは、無限大の数で数えられなくなるのか、

7と8は、不思議な数字ですね。

補足日時:2015/01/19 20:04
    • good
    • 1
この回答へのお礼

>>例えば「品川300、か4567」というと覚えられると思うのですが、「品川5001、み9876」となると不思議とチトややこしく感じます。

私は、いつも、その数の計算問題でつまづいてます。

お礼日時:2015/01/19 20:09

人間は、生まれた時にはまだ立っていません。


そのため、まず立つところから始めると考えると起き上がりは、プラス1回です。
「七転び八起き」となります。

http://www.sukiwa.net/otsu/otsubbs/news/2009/030 …

この回答への補足

だるまが転がっているイメージから、中国から伝わってきた辺りで意味が変わってきたんでしょうか。

補足日時:2015/01/18 21:45
    • good
    • 1
この回答へのお礼

よく見たら、だるまの形も、数字の8に似てますよね。

お礼日時:2015/01/20 00:03

何時からかよりも その言葉に含まれた 深い意味を知って下さい



七転び八起きは 人生のテーマと同じくらいの価値があるのです・・・

この回答への補足

歴史のカゴテリなので、語源の歴史を教えて下さい。
哲学は、哲学のカゴテリでお願いします。

補足日時:2015/01/18 20:28
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q中国の鉄道はいつ誰がどこからどこに通したのが最初?

現在東洋史関連の研究をしています。海運などはこれまでに少し勉強しましたが、鉄道に関しては全く分かりません。日本であれば、新橋横浜間に通ったのが最初だとかいろいろ分かるのですが、中国に関しては、19世紀末としか分かりません。
誰がどこにいつ通したのが最初か教えてください。また、中国近代鉄道史?が分かる本がありましたら教えてください。

Aベストアンサー

明治9年の呉淞鉄道です。
あのマンダリンオリエンタルホテルグループの親会社でもあるJardine Matheson 商店がつくりました。
江蘇省松江府上海県の北、むかしの上海北駅のあったところから、同省太倉州宝山県の南、呉淞鎮までを結んだものです。

Qいつの時代まで言葉が通じるのか?

言葉というものは時代の中で変化するものです。
平安時代ごろは現代と母音の数すら違っていたと聞きます。
ましてや縄文時代や弥生時代なら現代人からすれば全く別の言語でしょう。
では現代人がまず支障なく日常会話で意思疎通が可能なのは、何時代くらいからになるのでしょうか?
もちろん地域によっても違うでしょうが。

Aベストアンサー

日常会話でしたら、江戸時代後期の町人とは楽に通じるはずです。というのは、江戸末期に生まれ(1839年)明治時代に活躍した落語家三遊亭円朝の落語の口述速記録が残っていますが、これを読むと、ほとんど現代の言葉と変わらないことが分かるからです。
もちろん、お互いの「常識」が違いますから、行き違いは出るでしょうけれど、それは言葉の問題ではありませんから。

そのようにして、口語を記録した古文書を調べていくと、室町末期の日本人となら、お互いに何とか「簡単な日常会話」ができそうです。この頃は、キリスト教の宣教師が来日し、布教のために日本語、しかも口語を学習していました。彼らの日本語出版物(伊曽保物語など)や作った辞書(日葡辞書など)を読んでみると、もちろん今とは発音も単語の意味もずいぶん違いますが、基本的な語彙や使い方はそれほど変わりません。

例えば「「さればこそ まがいもない あれが 取って 食らうた もの ぢゃ、それ 打擲(ちゃうちゃく) せい」(やはり、まちがいない。あいつが取って食べたのだ。それ殴ってやれ)なんていう感じです。

また、この時代には狂言が成立しています。狂言は能と異なり、日常会話に用いる口語がたくさん使われています。台本の成立は室町末期から江戸初期が大半です。
「某(それがし)、訴訟のことござって、三年(みとせ)以前、西国へ下ってござるが、訴訟、思いのままに叶うてござるによって、このたび都へ上ろうと存ずる」(鈍太郎)と言われれば、何となく意味は分かるでしょう?
これを読めば(聞けば)ある程度意味は分かりますから、まぁ、江戸初期の人とは簡単な会話ができるだろうと思います。

日常会話でしたら、江戸時代後期の町人とは楽に通じるはずです。というのは、江戸末期に生まれ(1839年)明治時代に活躍した落語家三遊亭円朝の落語の口述速記録が残っていますが、これを読むと、ほとんど現代の言葉と変わらないことが分かるからです。
もちろん、お互いの「常識」が違いますから、行き違いは出るでしょうけれど、それは言葉の問題ではありませんから。

そのようにして、口語を記録した古文書を調べていくと、室町末期の日本人となら、お互いに何とか「簡単な日常会話」ができそうです。この...続きを読む

Q筑紫という言葉の意味が変わったのはいつから?

筑紫は古代は九州全体を指していたが次第に北九州を指すようになった、とよく説明されています。

では、いつの時代から北九州のみを指すようになったのでしょうか?あるいは、筑紫という言葉が両方の意味を指せる時代もあったのでしょうか?

Aベストアンサー

ご指摘を受けましたので修正します。

前回の回答文。
『続日本紀』が成立した797年から『日本後記』が成立したとされる840年ころまでの間に、京の天皇家は律令国家としての自信を増し、一大勢力であった「筑紫」を北九州地方の一地名に、それも「筑前」「筑後」という地名にしてしまったということではないでしょうか。

確かにこの文章では、筑紫が筑前と筑後に分けられたのは、797年から840年ころまでの間と、理解されても仕方がありません。

しかし、前回の回答で「筑前」「筑後」の名は、702年にすでに出てくると言っています。
前回の回答文。
797年に成立したとされる『続日本紀』の大宝2年(702年)の項に「筑紫七国」の表現があります。
筑後、筑前、肥後、肥前、豊後、豊前、日向ですね。

このことを承知した上で、私が強調したかったのは、京の天皇家は「筑紫君」につながる「筑紫」という由緒ある名を消したい意向が強い。「筑前」「筑後」という無味乾燥な名で記録しておきたいという意思が感じられるということを書きたかったのですが、言葉足らずでした。

http://kyushu.yomiuri.co.jp/magazine/daiou/002/da_002_04070801.htm

ご指摘を受けましたので修正します。

前回の回答文。
『続日本紀』が成立した797年から『日本後記』が成立したとされる840年ころまでの間に、京の天皇家は律令国家としての自信を増し、一大勢力であった「筑紫」を北九州地方の一地名に、それも「筑前」「筑後」という地名にしてしまったということではないでしょうか。

確かにこの文章では、筑紫が筑前と筑後に分けられたのは、797年から840年ころまでの間と、理解されても仕方がありません。

しかし、前回の回答で「筑前」「筑後」の名は、702年にすで...続きを読む

Q荀子の言葉に出てくる漢字について教えてください。

荀子の言葉に出てくる漢字について教えてください。
荀子に書かれている言葉で「学問せずして正義無く、富利を以て隆と為すは、是れ俗人なる者なり。~故に人主、俗人を用ふるときは、即ち萬乗の國亡ぶ。」という文で「富利を以て隆と為すは」の中の
「富利」という漢字はなんと読んでどういう意味なのでしょうか。さっきから色々な辞書を調べているのですが、読み方がのっていなくて困っています。私個人としては読みは「トミリ」だと思いますが、意味もはっきりと分りません。漢文に詳しい方ぜひ教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。

「ふり」ですね。
富や利益を上げることです。

Qもし日本の昔にタイムスリップしたら、いつの時代まで言葉が通じますか?

はじめまして、よろしくお願いいたします。

もし昔の日本にタイムスリップしたとしたら
いつの時代まで言葉が通じますか?

ここで言う「言葉が通じる」という定義は
日常会話が理解出来るレベルとします。
(古い言葉を詳しく知っている人などは除いて下さい)

また、江戸時代の人との会話はどのくらい理解することが出来ますか?
上記で言う「言葉が通じる」レベルを100%とした場合、だいたい何%ぐらい理解することが出来るのでしょうか?

Aベストアンサー

1番さんと同じようなことになります。

下のURLは、切支丹時代にできたローマ字で書かれたイソップ物語です。
http://esopo.fc2web.com/Esopo/esopo/mocurocu.html

ローマ字で書かれていますので、発音までわかります。
中には知らない言葉もありますが、9割方わかると思います。

スリップする人が現代の教養人で、この時代の教養人に出会ったとしたら100%通じると思います。
我々が、外国へ旅行したとき、現地の外国人が教養人だと通じやすいのと同じです。

また、スリップする人が機械化前の農業の経験者(肥料に人糞を撒いていたような人)で、この時代の人がお百姓であれば、これも話が弾むでしょう。

まあ、文語や文語調で書かれた昔のものを読むのは大変です。
平安時代のものは勉強した人でないと無理です。
でも、1番さんの資料や、上のイソップ物語のように、口語で書かれたものはわかり易いですね。

現在でも、鹿児島の老人と青森の老人は、話の通じにくいところがあると思われます。
ラジオ放送が始まってから育った人でもそうですから、昔の方言はさらにキツイかも知れません。
タイムスリップするのは、生まれ育った土地の方がいいでしょう。
なにせ、方言は昔言葉の生き残りですから。

今の若い人でも、兵隊に行ったお爺ちゃんとは不自由なく話せるはずです。
兵隊に行ったお爺ちゃんは、幕末に生まれた自分のお爺ちゃんと100%会話が通じました。
そんなことから類推していくと、話題を限定すれば普通の人でも、江戸時代の人とは大体通じると思います。

書かれたものは文章語ですから、格好をつけて古格を守っているようなところがありますので、わかりにくいです。
でも口語はそんなことはありません。

ロクに英語がしゃべれなくても、度胸英語で世界を渡り歩いている人がいます。
戦後のパンパンさんは、パングリッシュを駆使?して、米兵と渡り合っていました。
古い言葉を知らない若い人でも、度胸とゼスチュアで、江戸時代はいけるでしょう。

1番さんと同じようなことになります。

下のURLは、切支丹時代にできたローマ字で書かれたイソップ物語です。
http://esopo.fc2web.com/Esopo/esopo/mocurocu.html

ローマ字で書かれていますので、発音までわかります。
中には知らない言葉もありますが、9割方わかると思います。

スリップする人が現代の教養人で、この時代の教養人に出会ったとしたら100%通じると思います。
我々が、外国へ旅行したとき、現地の外国人が教養人だと通じやすいのと同じです。

また、スリップする人が機械化...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報