利用規約の変更について

アナモルフィックと非アナモルフィックの違いについてですが
よくHD編集設定でアナモルフィックと非アナモルフィックとありますが
具体的にどう違うんでしょうか?

A 回答 (2件)

>普通のHVカメラで撮った(1080i30(60i))や1440×1080(60i)などでとったものは非アナモルフィックの設定で編集してもいいんですかね??



そのとおり。
あくまで、横幅を圧縮して撮った時だけ使う機能です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
とにかく横に圧縮して撮らなければ非アナモルフィックの設定でいいんですね。助かりました!!

お礼日時:2014/05/31 12:30

横幅を圧縮した映像で円柱レンズを用い記録します。


例えば、劇場映画のパノラマスクリーも、元を正せば、3:4比の35mmフィルム。
撮影時に横幅を圧縮し、映写時に元の比に拡大する。

ハイビジョン動画編集の場合も、アナログかデジタルの違いで光学的か電子的補正かだけです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
普通のHVカメラで撮った(1080i30(60i))や1440×1080(60i)などでとったものは非アナモルフィックの設定で編集してもいいんですかね??

お礼日時:2014/05/30 11:40

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QPremiere Proでの映画フィルムのように加工をする方法

29.97フレームを24フレームにする場合、どうすればいいでしょうか?そして古い映画のように傷やノイズをつける方法はどうしたらよいのでしょうか?

Aベストアンサー

こんばんは
少し日数が経過していますが...

【29.97fpsから24fpsに変換する方法】
・新規プロジェクト設定時に、「カスタム設定」タブをクリックし、編集モードに「Video for Windows」を選択する。 (デフォルトは「DV 再生」)
・「タイムベース」の設定で「24.00 フレーム/秒」を選択する。(デフォルトは「29.97 フレーム/秒」)

【傷やノイズを入れる方法】
・クリップ全体をノイジーにする方法としては、プロジェクトウインドウの「エフェクト」タブから
ビデオエフェクト→スタイル→ノイズを選択し、モニタウインドウのエフェクトコントロールでノイズ量を調整する。

・傷や、いわゆる雨降りノイズの場合はなかなか自分では作り出すことはできないので、市販のものを使う方が手っ取り早いし完成度が高いと思います。

参考:
私の場合は、データクラフト社の動画素材集「ビデオ素材辞典Vol.3 CG-ノイズ・合成パーツ」を使用しています。
  メーカHPではありませんが、サンプルが↓で見られます。
http://www.fourone.co.jp/details/datacraft/vj_03.html

その他にも市販の素材集が販売されていると思いますので検討してみてください。

さらにクリップの色合いを、カラーバランスやコントラスト&明るさで調整すればリアルさが増します。

こんばんは
少し日数が経過していますが...

【29.97fpsから24fpsに変換する方法】
・新規プロジェクト設定時に、「カスタム設定」タブをクリックし、編集モードに「Video for Windows」を選択する。 (デフォルトは「DV 再生」)
・「タイムベース」の設定で「24.00 フレーム/秒」を選択する。(デフォルトは「29.97 フレーム/秒」)

【傷やノイズを入れる方法】
・クリップ全体をノイジーにする方法としては、プロジェクトウインドウの「エフェクト」タブから
ビデオエフェクト→スタイル→ノイズを選択...続きを読む

QAdobe premiere proの編集途中でフレームのサイズを変えたい

Adobe premiere proアドビ プレミア プロを使用しています。
16:9のワイドフレームで編集を始めたのですが、4:3で仕上げる必要がでてきて、フレームの変換をしたいのですが、やり方が分かりません。或いはできないのでしょうか? 最悪は、一度DVテープなどに吐き出してから再度読み込むという方法はあるのですが、なんとも不便なので、もし分かる方がいらしたらお教えねがいたいと思っています。

Aベストアンサー

http://help.adobe.com/ja_JP/PremierePro/3.0/help.html?content=WSAB9F51A7-8D3F-40db-A512-F1948EC207B3.html

すみません、言葉足らずでしたね。
最初に決定した縦横比は、仕様で変更できないので書き出してくださいと書いたのです。

DVテープに落としたり読み込んだりするよりは早いはずです。

Qpremiere CS5のプロジェクト設定で正方形とアナモフィックとは

premiere CS5のプロジェクト設定で正方形とアナモフィックとは?

premiere CS5のプロジェクト設定の事ですが…
最近ハンディカムCX550を買いCS5で編集しようと思うのですが
プロジェクト設定の時、
「AVCHD 1080i30(60i)」に対して正方形ピクセルと1:333ピクセルとに分かれており
確かにテレビ画面は1:333ピクセルだけど、パソコン画面は正方形ピクセルのような…?
ん?? コレってどうなってんのかな?? と、少々戸惑っております。

編集後はBDなどに焼いて普通に(ハイビジョン)テレビで見ようかと思ってます。
ひょっとしたらプロジェクト設定は正方形ピクセルでイイのでしょうか?
(゜ -゜ )?

Aベストアンサー

正方形ピクセルで良いです。

AVCHD の規格は、1440 x 1080(ピクセル比 1.33)と 1920 x 1080(ピクセル比 1.0)の2つがあります。
お使いの CX550 は後者で、AVCHD 1080i30(60i) 正方向ピクセル です。



ちなみに、「 テレビ画面は1:333ピクセル… 」 っていうのは、言葉の使い方も解釈も間違っています。

アナログ放送及び DVD は、720 x 480(ピクセル比 0.91)、ワイドスクリーンの場合は、720 x 480(ピクセル比 1.21)です。
ハイビジョン放送の場合は、1440 x 1080(ピクセル比 1.33)です。
ブルーレイディスクは、1440 x 1080(ピクセル比 1.33)に加えて、1920 x 1080(ピクセル比 1.0)にも対応しています。

つまり、テレビや撮影するカメラのフォーマットには、非正方形のピクセル比がいろいろあるということです。
これは、少ないデータ量で、大きなサイズを撮影、伝送するための工夫なのです。

Q"PAL"と"NTSC"って何ですか。

"PAL"と"NTSC"って何ですか。
これってビデオかなんかの規格ですか。
結構いそいでます。教えて下さい。

Aベストアンサー

テレビの規格で、解像度や電波送信の方法などが違ってきます。
日本ではNTSCですが、ヨーロッパ、中国はPALになっているそうです。
何らかの変換をしないと両者の画像は交換できないみたいです。

コンピューターで見れば大抵PALかNTSCかの選択が出来るようなので問題ないかもしれません。

参考URL:http://www1g.mesh.ne.jp/aloha/tushin/oubun/a69.htm

Q映画のエンドローツの構成や用語、決まりを教えて下さい

すみません。教えて下さい。
現在、動画を作成しているのですが、
『なんでこんなに本格的にしたんだw』っていうくらいの、
ちゃんとしたエンドロール(エンドクレジット?スタッフロール?)
を作りたいと思っています。
しかし、色々と検索したのですがその構成や決まりなどがどうしても見つけられなくて、質問しにきました。

知りたい事を箇条書きにしてみます。

■エンドロールの内容
ディレクターや俳優などがズラーっと並んで流れていきますが、その項目は何があるのでしょうか?俳優、デイレクター、音響さん、制作会社、プロデューサー、衣装提供、スポンサー、配給会社など、あると思うのですが、ハリウッド映画などにでてくるエンドローツのこの項目の全てを知りたいです。

■順番
上記の項目にも、おそらく決められた順番があるのではないかと思うのです。その順番を知りたいです。

■ドルビーデジタルとかについて
映画のエンドロールでドルビーデジタルのロゴとか出てきますが、あれは何の項目に属しているのでしょうか?
更に、エンドロールの最後の方になるとそういったロゴなどがいっぱい出てきますが、何が最後にまとめられているのでしょうか?

目標はハリウッド映画のエンドロールです。
ご存知の方で、お時間ありましたらご教授頂けると幸いです。
よろしくお願いします。

すみません。教えて下さい。
現在、動画を作成しているのですが、
『なんでこんなに本格的にしたんだw』っていうくらいの、
ちゃんとしたエンドロール(エンドクレジット?スタッフロール?)
を作りたいと思っています。
しかし、色々と検索したのですがその構成や決まりなどがどうしても見つけられなくて、質問しにきました。

知りたい事を箇条書きにしてみます。

■エンドロールの内容
ディレクターや俳優などがズラーっと並んで流れていきますが、その項目は何があるのでしょうか?俳優、デイレク...続きを読む

Aベストアンサー

実はハリウッド系の洋画のエンドロールには監督やプロデューサーを始めカメラマンや音楽家などメインスタッフの名前は出てきません(一部例外も無いことはないですが)。
オープニングの方に出てしまうので、エンドロールはキャスト名から始まってスタッフはラインプロデューサーやプロダクションマネージャー、そのほか撮影助手や音響関係などなど…といった具合になってしまいます。

邦画の場合にはオープニングでクレジットされたメインスタッフ名もエンドロールにはちゃんと出てきます。
てなわけで、こんな感じではいかがでしょうか?

・Presents(つくった方や会社名など)
・In Association with(協力した会社名:いわゆる下請けプロダクション名)
・CAST
・Exective Producer
・Producer
・Co-Producer(共同プロデューサー)
・Written by (脚本を担当された方)
・Director of Photography(撮影された方)
・Music by(音楽)
・Production Designer(美術を担当された方)
・Costume Design (衣装デザイン)
・Editor(編集された方)
・Sound Department(もしくはSound Design:録音や音響設計者)
・Visual Effects (特殊効果)

他にももっと細分化は出来るのですが、切りがないので、詳細は下記でお好きな映画のタイトルを検索し、スタッフクレジットを表示させてみてください。
http://us.imdb.com/

スタッフ名の後には製作に関わった各会社名がきます
・Completion Bond Services Provided(ハリウッド映画は製作完成保険という保険に入るので、その会社名)
・Production Insurance Provided(こちらは撮影時の事故や盗難、機材破損などの保険会社名)
・Title and Opticals (オープニングやエンドロールを作った会社)
他にも現像所とか、機材レンタル会社などなどで、撮影機材(アリフレックスとかパナビジョンとか)や音響システム(大半のハリウッド映画はDolby・DTS・SDDRの三つ)、など関してはロゴマークが並んだりもします。

次は撮影に協力してくれた会社や個人名などで
Special Thanksとしてずらっと並んで出てくることが多いです。
邦画の場合には会社名は大半が衣装協力してくれた会社などのロゴマークが並びます。

で、最後に
Directed by (これは質問者さんの名前でしょうか?)

スタッフの各呼称に関しては撮影をCinematography byとするなど作品毎にも違っているので、これも上記のリンク先を参考にされるといいと思います。

実はハリウッド系の洋画のエンドロールには監督やプロデューサーを始めカメラマンや音楽家などメインスタッフの名前は出てきません(一部例外も無いことはないですが)。
オープニングの方に出てしまうので、エンドロールはキャスト名から始まってスタッフはラインプロデューサーやプロダクションマネージャー、そのほか撮影助手や音響関係などなど…といった具合になってしまいます。

邦画の場合にはオープニングでクレジットされたメインスタッフ名もエンドロールにはちゃんと出てきます。
てなわけで、こん...続きを読む

Qハイビジョンとフルハイビジョンの違いを教えて下さい。来月ボーナスで薄型

ハイビジョンとフルハイビジョンの違いを教えて下さい。来月ボーナスで薄型液晶テレビの購入をするものです。理由は龍馬伝を迫力ある映像でみたいからです。このサイトで質問して37型以上を買うことにしました。回答にフルハイビジョンというキーワードが何回も出てきましたが何の事かわかりません。現在ブラウン管の27型位でテレビを見てるので未知の世界です(笑)

Aベストアンサー

ハイビジョン(Hi-Vision)は、有効水平解像度が650本以上あるテレビ放送または受像器のことを意味します。すでに回答があるようにNHKが商標権を持っており、商標ではない正確な名称はHDTV(High Definition TeleVision)となります。

フルハイビジョン(別名・フルスペックハイビジョン)は、現在のハイビジョンテレビ放送またはハイビジョンコンテンツ(Blu-ray Discなど)での最上位映像規格を完全に表示できる仕様の受像器や録画再生機を、その他のハイビジョン機器と区別するために付けられた呼称です。

ここでは、すべてデジタルハイビジョンであるという前提で書きますが、
ハイビジョンコンテンツの規格には、国内では主に

1280×720(副ハイビジョン、順次走査放送に多く、衛星放送やインターネットコンテンツの一部などで利用)
1440×1080(国内の地上デジタル放送の解像度/HDVビデオカメラの標準記録方式)
1920×1080(最高解像度規格/Blu-ray Disc/NHK BS Digital Hi-Visionなど)

の3種類が使われています。
このうちの1920×1080ドットの映像をフルスクリーンで余すところなく表示できるまたは録画再生できるのがフルハイビジョンです。

一般に液晶テレビやプラズマテレビでフルHDやフルハイビジョンとかかれている場合は、
1920×1080ドットの解像度を持つディスプレイパネルを採用しています。
それ以外のパネルは、1366×768ドット、1440×960ドットなどの低解像度パネルが使われています。

高解像度パネルほど、解像感が高くなり、よりきめ細かく表示されます。
ただ、その反面VHSやDVDなどの元々解像度の低い標準放送コンテンツ(SDTV)に関しては、汚い画像に見えてしまうようになります。
それに対して、低解像度パネルは解像間が低くなり、フルHD映像では少しぼけたように映ることがありますが、DVDなどの低解像度コンテンツはフルHDパネルに比べると綺麗に見えることがあります。

まあ、今後のテレビ放送はHDTVが中心となりますから、フルHDを選ぶのが無難でしょう。
ただ、プライベートルームなど小さな部屋でみる場合や、VHSなどの低解像度のコンテンツを再生するための専門のテレビなどをお求めの場合は、あえて解像度の低いテレビを選ぶという手もあるかもしれません。

ハイビジョン(Hi-Vision)は、有効水平解像度が650本以上あるテレビ放送または受像器のことを意味します。すでに回答があるようにNHKが商標権を持っており、商標ではない正確な名称はHDTV(High Definition TeleVision)となります。

フルハイビジョン(別名・フルスペックハイビジョン)は、現在のハイビジョンテレビ放送またはハイビジョンコンテンツ(Blu-ray Discなど)での最上位映像規格を完全に表示できる仕様の受像器や録画再生機を、その他のハイビジョン機器と区別するために付けられた呼称です。

こ...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報