約1年半前に結婚したときに生命保険を夫婦型にかえ、私が約10年払っていた物
は、保険やさんの勧めで「据え置き」にしました。
しかし、据え置きの意味・役割がよくわかりません。そのままにしておくべきなの
でしょうか、それとも他に運用を考えるべきなのでしょうか?
保険やさんに聞いても都合のいいようにしか答えてくれなそうなので、どなたか
教えていただけますか。

A 回答 (4件)

皆さんがおっしゃってるように払い済み保険かな、思います。


その時の解約返戻金をもとに、養老保険(満期のある商品)か、前の保険と同じような商品かになります。
養老保険なら一定の期間がたった後に満期金がおりてきますが、
もし、前の保険が終身保険で、終身保険に変わっているなら、満期のない、一生涯の死亡保障になります。一時払いで加入した当時の終身保険を買ったことになりますから、保障としてもいいかと思いますが、置いておけばおくほど、どんどん増えていきますよ。
利率は各保険会社によりますが、銀行に預けかえるよりはそのままの方が良いのではないでしょうか。

据え置きの意味と役割?ではないかもしれませんが......。一応、保険料の負担ができない時に、保障を確保する方法です。
(ほかに、定期保険という掛け捨ての保険にしてしまう、延長保険があります)
会社によっては、何年か以内なら元の契約に戻すことができます。

もっといい預け先があるならうつしても良いと思いますが、銀行に.....と、思っているならこのままの方が金利的に良いとは思います。
ただ、保険会社の信用性をチェックしてみましょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

わかりやすい回答、有り難うございました。

お礼日時:2001/06/10 13:46

払い済みにした元の契約が満期のある養老型なら


満期まで据え置いた場合、払い済み時の積み立て
金が、満期時にいくらになるか確認しましょう。
保障額はいくら残っているか確認してその保障が
あなたにとって本当に必要なものか良く考えて
ください。
それから他の運用を考えましょう。
ただしその会社が満期まで破綻しないことが
前提ですが。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

参考になりました、有り難うございます。

お礼日時:2001/06/10 13:47

正式には「払い済み保険」のことですね。



払い済み保険とは、その時点で保険料の支払いを中止して、その契約を解約した場合の解約返戻金に相当する金額に、保険金額を変更することです。
保険金額は当初の契約より少なくなっていますが、保障は残っています。
保険料の負担を減らして、保障が欲しいときに利用します。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答いただきうれしかったです、有り難うございました。

お礼日時:2001/06/10 13:49

正しくは「払い済み」なのではないでしょうか? それまで払った保険料分の補償だけ残して、解約(払い戻し)はしない、ということだと思います。

    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2001/06/10 13:50

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q相続税と生命保険控除について

数年前に父が無くなり自宅等不動産を処分して母と私で少額ではありますが遺産相続をしました。
現在、母と私の分を合わせて母に相続用生命保険として加入してもらっています。
母が無くなった場合、3000万の保険金が下りることになり、現金を1000万程預金しています。
3000万まで控除なり1000万に対して相続税を支払うのか?それは何%でしょうか?
それとも、生命保険控除500万で残金2500万に対して生命保険の相続税がかかり、預金の1000万にも相続税がかかるのでしょうか?
できるだけ詳しく知りたのですが、、、、、

Aベストアンサー

Moryouyouと申します。
よろしくお願いします。

結論から言うと合わせた遺産に相続税が
かかりますが、
ぎりぎりセーフ(非課税)です。

生命保険控除はあまり効果がないんですよね。
A^^;)

法定相続人はあなた1人ですよね?
①相続税の基礎控除
3000万+600万×1人=3600万
②生命保険の控除額
 500万×1人=500万
 従って
 3000万 – 500万=2500万が
 相続税の課税対象となります。

③課税対象合計
 ②の2500万+金融資産1000万
 =3500万

 ③の3500万-①3600万
 =-100万となり、非課税です。
 
 他にないですよね?お住まいとか…

 いかがでしょうか?

参考URL
http://www.jili.or.jp/lifeplan/houseeconomy/succession/11.html

Q満期生命保険を据え置きにしています。明治安田生命で満期の生命保険を据え

満期生命保険を据え置きにしています。明治安田生命で満期の生命保険を据え置きの形で預かってもらっています。金利がとても良いのでそのままにしておくつもりだったのですが、10月から何か規定の変更があったそうで”お勧めの商品”への乗換えを進められました。据え置きというのは預金のようなものだと思っていたのですが、違うのでしょうか?ほかに保険に加入しているのでこれ以上保険を増やすつもりも無いのですが?何かよいアドバイスをいただければ助かります。

Aベストアンサー

私は第一生命で?百万、満期過ぎて2年越えたものがありますが1年を超えたころから
手を変え品を変え、これを買えといろいろ宣伝に来るようになりました。
 最近保険が売れない上に回転資金が厳しいのでしょう。
 仕組み上保険商品はどの商品も最低3年以上置かないと定期預金より低いものばかりであるはずです。

 それを超えて使う見込みがない¥があるなら合う商品があるかも知れません。
 老後まで使う予定がない¥があるならいくつか銀行よりお得なものがあるはずです。
 ただ破綻騒ぎもあるますし、慎重に選択を。
 私は家を買う都合そろそろ引き戻します。

Q生命保険の 受取の相続税は

母、子が10人 とします。

母の財産は 現金4億5千万円、さらに 生命保険に 5千万円入ってたとします。

母の 死後 9名の子が それぞれ 現金を 5千万円受け取り、

残りの1名が 生命保険の 5千万円を 受け取った場合、

生命保険の 5千万円を 受け取った子は 生命保険の控除ということで

相続税を 払わなくて すむでしょうか。

Aベストアンサー

4億5千万に対してかかります。
それを、実際の相続分で按分します。
生命保険の5千万は非課税(500万円×10人)です。
なので、確かに生命保険を全額相続しても相続税はかからないということになりますね。
でも、4月からは、被相続人と同居している相続人の人数しか非課税にはならなくなります。

Q1000万円を保険商品で10年間運用するとしたら?

タイトルのような相談を受けたのですが、知識がないのでどなたかわかる方がいたら教えてください。

56歳の女性の方が主に貯蓄目的で生命保険への加入を検討していて、1000万円を前納したいとのことです。
重視しているのは、元本が保証されていて、できるだけ有利な運用ができることです。

現在検討している保険は

アリコ 生存保険
ソニー 養老保険(バリアブルライフ)

この二つだそうです。正確な商品名ではないかもしれませんが、このように聞いています。

情報量が少なくて恐縮ですが、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

こんにちは。
元本が保証されていて・・・の時点で既に保険は当てはまりません。一年以内の解約ではどこも元本以上には戻らないでしょうから。
数年置いても大丈夫であれば段々と選択肢が出てきます。一時払の終身保険で3~4年位で元本以上に解約返戻金が貯まる会社があります。大手社には予定利率を0.5%位に引きさげている会社もありますが、1%以上の会社もまだあります。
格付けに注意しつつ外資系や損保系中心に見積もりを取っては如何でしょうか。長期金利が若干上げに転じたように、金利が今後上がる可能性もあるので、無配当の保険ではなく、利率変動や利差配当付の保険の方がいいでしょう。
生命保険としてではなく金融商品(運用商品)として考えても良いです。

Q相続税対策としての生命保険について

相続税対策としての生命保険について教えてください。
被相続人(父)、相続人(長男)の場合です。
よく聞くのが次のパターンです。

契約者:父
支払者:父
受取人:長男

こうすると500万円×法定相続人が相続税の課税標準から控除されますが、
例えば法定相続人が息子以外に、母、二男がいるとすると、1500万円が控除されるのでし
ょうか?
生命保険の受取人は長男1人ですが、控除額は×3人で計算してもよいのでしょうか?


別のパターンとして長男の生命保険に父が契約し、支払う場合

契約者:長男
支払:父
受取:長男の嫁

このような場合、長男が亡くなると、長男の嫁に生命保険が入ってきます。
このような場合、法定相続人ではない長男の嫁が受取人でも、500万円×3人=1500万円
が控除されるのでしょうか?

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

ニュアンスは分かりますが、
確認です。
別のパターンとして長男の生命保険に
父が契約し、支払う場合
被保険者:長男
支払:父(契約者)
受取:長男の嫁
ということですよね。

下記が参考になります。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1750.htm
被保険者 支払者 受取人
① A   B   B 所得税
② A   A   B 相続税
③ A   B   C 贈与税
の3パターンのうち、
質問の前半が②、後半が③
となります。
つまり後半の
被保険者:長男
支払:父(契約者)
受取:長男の嫁
は、相続とはならず、
父から長男の嫁への贈与
となります。

長男の嫁は直系尊属ではないので
一版贈与となります。
1500万-基礎控除110万
=1390万(課税価格)
1390万×税率45%-175万
=450.5万(贈与税)
となってしまいます。

あまり良いパターンではないと
思います。

いかがでしょう?

参考
http://www.nta.go.jp/taxanswer/zoyo/4408.htm

ニュアンスは分かりますが、
確認です。
別のパターンとして長男の生命保険に
父が契約し、支払う場合
被保険者:長男
支払:父(契約者)
受取:長男の嫁
ということですよね。

下記が参考になります。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1750.htm
被保険者 支払者 受取人
① A   B   B 所得税
② A   A   B 相続税
③ A   B   C 贈与税
の3パターンのうち、
質問の前半が②、後半が③
となります。
つまり後半の
被保険者:長男
支払:父(契約者)
受取:長男の嫁
は、相続とはな...続きを読む

Q将来、保険を掛けかえるべきでしょうか?

まず、経緯を書きます。

手術暦 :子宮内膜症および卵巣のう腫にて手術(2年前および5年前)

2ヶ月前:健康診断目的でガン検診を受ける。

先月末 :外資系AF社にて、医療保険・ガン保険の加入申し込み(現在、審査中)
     ※上記の手術暦については告知しています。

3日前 : 代理店の人から「契約が成立したようですよ!」とご連絡をいただくのと同時に、
     本社より確認のため、告知書コピーが送付される

昨日  : 告知書コピーを見直すうちに、2ヶ月前に受けたガン検診についての告知漏れに気づき、
     本日、郵送にて追加告知書類(事情を説明して代理店でもらいました)を提出。

このガン検診は、医師に必要性を指摘されたものではなく、
自主的に、健康診断目的で受けた検査(年に一度、受けています)になります。
結果は異常なし、手術暦との直接的な因果関係もまったくありません。

しかしながら、ガン検診をしてもらっているのが、以前、入院していたときの執刀医と同じであるため、
もしも、将来、万一ガンになったときに、この追加告知が保険会社の誤解を招き、
「そもそもガンの疑いがあったのでは?」と支払いを拒否されてはどうしようか?という不安があります。

なるべく誠実に告知をしたつもりです。
けれども、申し込んだ保険が終身保険(65歳払済)で、一生、付き合っていくべきものなので、すごく慎重になってしまいます。

《質問》
こんなに不安になるのだったら(もともと心配性なのです)、とりあえずはAF社で加入しておいて、
多少、掛け金があがろうとも、手術暦がなくなる時点で入りなおしたほうが良いでしょうか?

それとも、告知をした時点で先方がOKが出たのだから、
そこは堂々と、一生をお任せしておくべきでしょうか?


「義務違反」とは絶対に言われたくないので悩んでいます。
アドバイスをよろしくお願いいたします。

まず、経緯を書きます。

手術暦 :子宮内膜症および卵巣のう腫にて手術(2年前および5年前)

2ヶ月前:健康診断目的でガン検診を受ける。

先月末 :外資系AF社にて、医療保険・ガン保険の加入申し込み(現在、審査中)
     ※上記の手術暦については告知しています。

3日前 : 代理店の人から「契約が成立したようですよ!」とご連絡をいただくのと同時に、
     本社より確認のため、告知書コピーが送付される

昨日  : 告知書コピーを見直すうちに、2ヶ月前に受けたガ...続きを読む

Aベストアンサー

ご心配には及ばないでしょう。
そもそも定期的ながん検診だろうと、「もしかしたらがんかも?」と疑って検査を受けたとしても、その結果が「異常なし」であれば、がんの疑いは否定されているわけですから。
正しい告知をなさって引受け可となれば、安心してください。

Q相続放棄 生命保険

次の場合は、生命保険金がもらえますか?
親が、死んだこどもの遺産を相続放棄をした場合。
親が保険の契約をし、子供に保険をかける時。
1,受取人が親の場合。親がこどもの遺産相続放棄しても
もらえる・もらえない
2,生命保険金の受取人が、死亡した子供の場合。掛け金を払っていた親が遺産相続放棄をすると
もらえる・もらえない。

Aベストアンサー

>要するに受取人の名義が誰かがポイントということと解釈してよろしいかと・・・・。
その通りです。ただ、死亡した本人が受取人となる死亡保険という契約はありませんので、そもそも2.の質問は成り立たないという事です。私もNo3さんも述べている通りです。

>そうです 養老保険です。「これは、私ごとですが、私も、子供を受取人に指定しているかもしれないと思います。(忘れました)満期共済金額が子供に行くようにしています。30年後ですがね
満期保険金が子供に行くように契約している(=被保険者が子供)となると、その場合死亡保険金の受取人が子供本人ということはあり得ません。
http://kw.allabout.co.jp/glossary/g_money/w001841.htm
(養老保険とは、契約期間中に死ぬと遺族に死亡保険金が、生存して満期を迎えると本人に満期保険金が支払われるタイプの生命保険のこと。)

Q養老保険満期保険金の運用及び切替えについて

年間20万円支払い、総支払額600万、 満期金1000万の養老保険に加入しています。満期時は一時所得となり?1000万に支払額600万を差し引き50万控除し1/2を乗じた額の10%の税金を納めなくてはならない(約17万)と思われますが。満期時に年金に切替える等節税する方法があればお願いします。

Aベストアンサー

>満期時に年金に切替える等節税する方法があればお願いします。

あなたが他に所得がないのであれば11年以上の年金で貰うことです。(但し契約変更により満期金は減るかもしれません)
例えば11年で貰うことにすれば、毎年の所得は91万ー54.5万=36.5万となり、基礎控除38万以下となり税金は0になります。ご家族の扶養にも入れます。なお、11年申告し続けなければならない、という弊害があります。

他に所得があるのでしたら、節税の方法はありません。そのまま一時所得で申告することが一番税金を安くできます。

Q生命保険の相続税非課税について

保険金500万円X相続人の数までの生命保険金には相続税はかからないそうですが、これは、相続税の申告書を提出して初めて適用されるものでしょうか?

Aベストアンサー

被相続人の死亡によって取得した生命保険金や損害保険金で、その保険料の全部又は一部を被相続人が負担していたものは、相続税の課税対象となります。
おっしゃるように非課税限度額がありますが、その適用条件に「申告書の提出」はありません。

申告書を出していても、出してなくても、「保険金500万円X相続人の数までの生命保険金には相続税はかからない」です。

参考URL:http://www.nta.go.jp/taxanswer/sozoku/4114.htm

Q実質保険料無料+運用益の愛の保険とは?

先日、ある交流会でプルデ○シャル生命の方から、何度も生命保険の勧誘を受けました。内容は、月々支払った保険料は最後に解約する時に支払った金額以上に増えてもらう事ができ、いい運用商品にもなるので絶対有利だと言われました。

ということは実質保険料無料+運用益を得られるので非常に興味を持っています。現在、銀行に預けていても金利も低いですし、本当にそんな保険商品が存在するのであればその保険で運用した方がいいのかなと思います。

ですが、上手い話には何とやら、、、と聞きますし、どこかに落とし穴若しくはデメリットなどがあるのでしょうか?このプルデ○シャル生命の保険のメリット・デメリットなど詳細をご存知の方いらっしゃいましたら是非教えてください。

Aベストアンサー

その保険は、終身保険ではないでしょうか?
といっても、日本社の終身保険とはちがいます。(本当は同じなのですが・・・)
日本社の終身保険は「定期特約付き終身保険」ですので、当然、払込保険料が解約返戻金を上回ることはありません。
外資系は、単体の「終身保険」を販売しているので(日本社も持っているのですが・・)、このような効果があります。
プルデンシャルに限らず、どの保険会社の「単体の終身保険」も、
例えば、60歳払込満了の終身保険の場合、60歳までに払い込んだ保険料分くらいの解約返戻金が60歳時点で溜まっています。(あまり歳をとって加入すると少し少なくなりますが・・)
あとは(60歳以降)、保険会社がそのお金を運用していくので、少しずつ増えていきます。
「単体の終身保険」ではあたりまえのことで、保険会社はその間、保険料を運用しているわけですから、充分元を取っています。べつに愛の保険でもなんでもありませんので、安心して加入を検討してはいかがでしょう。
何度もいいますが、プルデンシャルが特殊なのではなく、どこの保険会社でも、単体の「終身保険」はこのような効果があります。
ただ、貯蓄を考えると、いまどんなに金利が悪くても、銀行に貯蓄したほうが貯蓄性はいいのではないでしょうか?
保障もあって、保険料も無駄にならない(払込保険料分くらい)が「終身保険」です。
もっと貯蓄性のいい保険としては「養老保険」(当然単体ですが)がありますね。

その保険は、終身保険ではないでしょうか?
といっても、日本社の終身保険とはちがいます。(本当は同じなのですが・・・)
日本社の終身保険は「定期特約付き終身保険」ですので、当然、払込保険料が解約返戻金を上回ることはありません。
外資系は、単体の「終身保険」を販売しているので(日本社も持っているのですが・・)、このような効果があります。
プルデンシャルに限らず、どの保険会社の「単体の終身保険」も、
例えば、60歳払込満了の終身保険の場合、60歳までに払い込んだ保険料分くらいの...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング