I'm going to get onto the Internet.
とういう文があるのですが、onto はon toではだめですか?

ニュアンス的な違い、とう教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

ダメではないと思います。

ただし,on to と2語にするのはイギリス英語だと聞いたことがあります。しかし,アメリカ英語でも,例えば Let's go on to the next question.(次の質問に移りましょう)みたいなときには2語でなければいけないような気がしますね。「位置の移動」の意味がはっきりしているときは onto を使うということでしょうか? 
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございました。また何かありましたらよろしくお願いしますね!

お礼日時:2001/06/08 13:02

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q아놔 のニュアンスについて

아놔!

という表現は、あーもう!みたいなちょっと焦れったい、イライラする感じですか?
文脈によっては必ずしも感じ悪く使ってない場合もありますか?
シュチュエーションと例文を教えていただけたら嬉しいです。

Aベストアンサー

<아놔>とは、「아! 나 (이거 참)」から来ているもので、日本語「もう/あきれた」とほぼ同義語です。悪い感じで使われる場合もありますが、おっしゃった通り、必ずしも悪い感じの言葉ではありませぬ。
以下は、サイトで韓国人が実際使っているのを抜粋しました。

(Peacemakerというタイ歌手の歌を聴いて)「아놔~ 도대체 모르겠네. 한국어 해석 부탁해요~」「もう、私には到底わからない。韓国誤訳お願いします」

「아 놔, 너 왜이러니 정말...나쁜애식.ㅜㅜ」「もう、何やってんのよ、こんバカ」

「아놔..내시끼(ハート)」「どれどれ(誰が誰が)、こんヤロウ(ハート)(=かけがえのない我が子)」

日本語で思い出すのは……

(千尋の母)「あきれた! これ全部、食べ物屋よ」のセリフは、
"아놔! 이게 전부 음식점이에요."と訳するのがピッタリの感じです。

僕も日本語学習者ですので、間違った訳があってもお許しを。では。>゜))))彡

Qないのです ありません 言葉のニュアンスの違い

アメリカ人の友人からの質問です。 ~ではないのですと、~ではありません の違いを教えて欲しいといわれました。私はあまり違いがないと思うのですが、専門的にもしわかる方がいらっしゃれば、ぜひ教えてください!

Aベストアンサー

はじめまして。

文法的には以下の違いがあります。

1.~ではないのです:

(1)「で」:断定の助動詞の連用形になります。

(2)「は」:係助詞で、「物や事を他と区別して取り立てて示す」のに使う用法です。

(3)「ない」:「ある」の打消しとなる「形容詞」になります。

(4)「のです」:「のだ」の丁寧語です。この「だ」は断定の助動詞で、「断定内容を提示する」ような場合に使われます。

(5)つまり、この語法は、「~では」「~のです」と断定を2度使っていることになり、念押しの強い、一種の強調表現になります。

2.~ではありません:

(1)「では」:同上

(2)「ありません」:「ある」の丁寧語「あります」の打消しになります。

(3)つまり、この語法では、断定は「~では」の部分のみの使用で、あとはそれを打消しているだけですから、否定のニュアンスは「ではいのです」よりやや弱くなります。

3.両者の違い:

(1)どちらも「打消し」「否定」の意味では同じ用法です。

(2)「ではないのです」は断定の助動詞を2度使うことによって、「きっぱり感」が出せ、語気が強く一種の念押し・強調的効果が出ます。

(3)「ではありません」は、断定の助動詞は1度しか使われておらず、語感がやや控え目な感じがします。さらっと否定する場面など、婉曲的効果が出ると思われます。


以上ご参考までに。

はじめまして。

文法的には以下の違いがあります。

1.~ではないのです:

(1)「で」:断定の助動詞の連用形になります。

(2)「は」:係助詞で、「物や事を他と区別して取り立てて示す」のに使う用法です。

(3)「ない」:「ある」の打消しとなる「形容詞」になります。

(4)「のです」:「のだ」の丁寧語です。この「だ」は断定の助動詞で、「断定内容を提示する」ような場合に使われます。

(5)つまり、この語法は、「~では」「~のです」と断定を2度使っていることになり...続きを読む

Q~더라고(구)요のニュアンスについて。

会話体などでよく用いられる~더라구요のニュアンスがよく分からないです。

日本語では「~したんですよ」「~していたんですよ」なんて訳されますが、どんな場面でどのようなニュアンスで使うのでしょうか。

説明では、「自分が過去に直接経験して新しくわかったことや発見したことを、客観的な観点から今現在の聞き手に伝える」とありますが「???」です。

たとえば、

처음 간 곳이었는데 그 집 음식이 맛있더라구요.

のような文は、

처음 간 곳이었는데 그 집 음식이 맛있었어요.

とどうニュアンスが異なりますか。

お分かりでしたら教えていただけませんでしょうか。

よろしくお願いいたします!

Aベストアンサー

・ 他の例で、 Aという建物がある観光地が見たくて旅行に出かけたのに、肝心のAという建物の前で「今日は見学のために中に入ることが出来ません。」と案内係りに言われて見ることが出来なかった人が、家に帰って家族に  案内の人が今日は入れないって言った  話をする場合。

「案内の人が今日は 入れないって言いました。」
          トゥロガル ス オプタゴ イエギヘッソヨ。

「案内の人が今日は 入れないって言ったのよぉ~。」
          トゥロガル ス オプタゴ イエギハドラゴヨ。

 イエギヘッソヨ。(言いました。)  は、基本的に、入れないと言われたという事実を述べただけです。
 イエギハドラゴヨ。(言ったのよぉ~。言ったんですよぉ~。)  だと、そのことに対する残念な気持ち・不満な気持ちが入っているのがわかります。

 微妙ですが明らかにニュアンスが違います。

 ~ドラゴヨ。  で、事実だけでなく話し手が感じた感慨・気持ち・印象・・・・などを示すことも出来ます。


・東京地方は停電で生活が不便だという話を聞いた 話の場合。

 東京地方は停電で生活が不便だといいます。
            プルピョンハダゴ ヘヨ。

 東京地方は停電で生活が不便だといいますねぇ~。
            プルピョンハダゴ ハドラゴヨ。

 上は、 不便だと聞いたことをそのまま言っているだけです。
 下は、 言外に「不便でしょうねぇ。」「不便だそうですがそれについて他に何か知ってることがあったら知りたいなぁ。ないですか?」・・・・などの余韻が感じられる言い方で、相手の人の次のことばを引き出すやすくする働きもある言い方です。
 聞いたことを言うこの「~(ゴ) ハドラゴヨ。(~(だと)言いますねぇ。)」 は、テレビ・ラジオのニュースでも非常によく聞くことが出来る言い方です。放送局のスタジオと現場をつないでニュースを伝える時にスタジオのアナウンサーが、「~(ゴ) ハドラゴヨ。 ~(だと)言いますねぇ。」と現場の記者に話を振ると、現場の記者は「はい、そうなんです。・・・・・・」と続けることがよくあります。

・ 他の例で、 Aという建物がある観光地が見たくて旅行に出かけたのに、肝心のAという建物の前で「今日は見学のために中に入ることが出来ません。」と案内係りに言われて見ることが出来なかった人が、家に帰って家族に  案内の人が今日は入れないって言った  話をする場合。

「案内の人が今日は 入れないって言いました。」
          トゥロガル ス オプタゴ イエギヘッソヨ。

「案内の人が今日は 入れないって言ったのよぉ~。」
          トゥロガル ス オプタゴ イエギ...続きを読む

Qニュアンス的に何が違うんでしょうか?

いつもお世話になっております。

日本語訳をする時にどういうニュアンスで使っているのか

分らない韓国語があるのですが、教えてください。

「~던」と「~았(었)던」の違いであるとか

「더라고요」などの過去表現。

どういうニュアンスで使うのか辞書やホームページなどで

調べてはいたのですがいまいち理解できないでいます。

分かる方教えてください。

韓国語が文字化けしていると思いますので下のURLを

貼っておきます。

よろしくお願いします。

http://ha1.seikyou.ne.jp/home/akairingosaita/hangul/decodence.htm

Aベストアンサー

私の感じでは
「~던」と「~았(었)던」の違いは
英語で言う過去形と過去完了形の違いだと思います。
「~던」は単純に過去形です。
「~았(었)던」は過去の時点ですでに
行われていた事の表現です。
例えば
昨日~へ行った:「~던」の形
昨日~へ行ってた:「~았(었)던」の形です

「더라고요」は人に聞いた事や自分の経験を
他の人に伝える時の表現です。
例えば
~っていってました。
よく~してるようでした(~してました)
まあ文法的に解説し始めると複雑になると思うので
ニュアンス的にこのくらいだと思います。

Q高価な=高級感のある?韓国語のニュアンスは

高麗人参茶や螺鈿の小物を韓国の方に頂きました。
お礼の翻訳を頼んだら、
「高価な贈り物」が「고급스러운 선물」と訳されました。
これって直訳すると「高級感のあるプレゼント」になりますよね?
だと、日本語の感覚だとニュアンスが変わってきてしまいます。
「高級な」ならいいですけど、高級「感」だと、高級っぽい、みたいな高級じゃないように受け取れ、ちょっと書くことがためらわれます。
また、お茶に対して高級感という言葉を使うのもおかしい。
それとも、こんな表現でも、韓国語では同じニュアンスなのでしょうか?

『高価な贈り物」=「값비싼 선물들(値段の高い贈り物)」でもいやらしい感じがします!
「고가의 선물들」または、やっぱり「とても素晴らしいおくりもの」ということで、「매우 훌륭한 선물」がいいでしょうか?

また、複数のものをもらったら物にも「들」は付けた方がいいでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは。

日本語の勉強をしている韓国人です。

「高級な」は韓国語で「고급스러운」という意味です。

翻訳がちょっとおかしいですね。たぶんgoogle翻訳じゃないかなと思いますが。。。

「高価な」はおっしゃったとおり「値段の高い(값비싼)」という意味です。

この場合なら「매우 훌륭한 선물」または「귀중한 선물(貴重な贈り物)」がいいと思います。

複数のものをもらった時「들」をつけてもかまいません。

ちなみにお茶は 高麗人参茶といってもあまり高い物ではありません。


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報