FX関連のニュースで 「 米10年債利回りの時間外取引で下落し・・・ 」 などとよく聞きます。

Yahoo ファイナンス 米国長期金利 のページでのリアルタイムチャートは、(http://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/list/co …
日本時間での夜(NYダウと同じ時間帯?)しか動いていないです。

■質問■

米10年債利回りの時間外取引のリアルタイムチャートを見る方法をご存知の方教えてください。

どうぞよろしくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅くなり申し訳ございません。

教えていただき、大変嬉しいです。

感謝します。

お礼日時:2014/08/14 15:50

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q中国の10年国債金利、アメリカの10年国債金利は?

中国とアメリカの最新の10年国債を見れるサイトを探しています。また、できれば国債の金利推移グラフが掲載されていればうれしいです。ご存知の方教えてください。10年国債で株価が割高か割安かを判断する材料になると本で読んだもので・・・。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

アメリカはこのサイトのチャートが使いやすいかも。
中国は見当たらないですね。

参考URL:http://www.geocities.jp/netarou10/

Q10年債利回りと為替の関係について

どのように関連するのでしょうか。
10年債利回りがある国で上がると、その国の通貨は上昇するということでいいのでしょうか。

Aベストアンサー

外れですね

固定されている時は変動しません

上昇するのは変動相場制を採用している通貨だけです

それと同時に他の国でも金利が上がれは・・・下がることもあります

基本は通貨かが高くなりますね

Q長期金利と10年国債の利回りとの関係について

 よろしくお願いします。
長期金利が10年国債の利回りを決定づけるのでしょうか?それとも10年国債の利回りが長期金利を決定づけるのでしょうか?
 それと日本経済新聞1面に長期金利(10年国債利回り)と出ていますが、これは長期金利が毎日変化していると解釈すれば良いのでしょうか?それとも10年国債利回りが毎日変化していると解釈すれば良いのでしょうか?頭がこんがらがってます。
 何卒、ご教示の程お願いいたします。

Aベストアンサー

個人向けでない10年国債は、入札制です。
国が発行総額と利率を提示し、銀行とかが応札します。
人気があれば、買い入れ単価が100円を上回り、たとえば103円
上回った3円分、利息を食いますので、利率が下がる。
満期の時は100円でしか返ってきませんからね。

逆に誰も見向きもせねば、単価は97円といいったふうに下がり、
下がった分、国は、償還の時3円つけて100円で償還しますから
その分利率は上がります。

このように、長期利率にあわせて国は利率を設定し、
それにあわせて応札者は、入札し、その結果が
市場の長期利率を形成していくわけです。
もちつもたれつです。

新規発売に限らず、既発債もまた同様です。
ただ売り手は国ではなく、保有者の違いだけです。

日経にのっている指標は、長期利率の動向を代表的な10年国債で
あらわすことで把握します。
もちろん、長期金融商品はほかにもまだまだありますが、
市場の風向きを読むのには、流通量、取引量の多い国債が
選ばれているわけです。

Q米国債利回り

米国債利回り

為替取引をしているのですが、ニュースで米国債利回りがあがった、さがったとか、どう影響してくるのかわかりません。

為替にどう影響してくるのでしょうか?教えてください

Aベストアンサー

短期と長期で分けて考える必要があります。
短期では・・・
厳密には日米金利差拡大です、金利差が拡大すれば金利の高い米ドルで運用しようとする動きが出てきます。
米国債利回り上昇(厳密には日米長期金利差拡大)→米国債で運用しようとする投資家が増える→ドル高傾向
米国債利回り低下(厳密には日米長期金利差縮小)→米国債で運用しようとする投資家が減る→ドル安傾向

では、長期ではどうかです。
インフレ率上昇→米国債利回り上昇→日米インフレ格差拡大→米国の経常収支悪化→長期的な米ドル安

長期的な為替レートの目安を付ける簡単な方法は金利差に注目して、将来価値を計算してみる事です。
現在の為替レートを1$=80.50円としましょう。
米国債10年債利回りを年2.628%、日本国債10年債利回りを0.937%としましょう。
10年後の為替レートの期待値は1$=68.18円となります。
現実的には10年後にはこれよりも円高にも円安にもなり得ますし、金利水準も変動が有りますが1$=68.18円と言うのは現時点での期待値として決まってくる事です。
つまり、「長期的に見れば金利の高い通貨は下落していくだろう」と言えます。

金利を見れば将来、どの通貨が強くなっていくのかの目安も付けやすいので、米国債利回りに限らず、各国の国債利回りを比較してみてください。

為替の基本常識として次のような事が言えます。
「効率的市場において外国債券(米国債)の期待リターンは円金利並み」です。
これを知っておけばFXをやるうえで重要な作戦も立てられます。
ここから先は応用なので、金利情報を参考に質問者様だけの投資作戦を考えてみましょう。

最後にお約束ですが、投資ですからここに書かれた事は鵜呑みにせず質問者様でも考えて最終的な判断は自己責任でやりましょう。

短期と長期で分けて考える必要があります。
短期では・・・
厳密には日米金利差拡大です、金利差が拡大すれば金利の高い米ドルで運用しようとする動きが出てきます。
米国債利回り上昇(厳密には日米長期金利差拡大)→米国債で運用しようとする投資家が増える→ドル高傾向
米国債利回り低下(厳密には日米長期金利差縮小)→米国債で運用しようとする投資家が減る→ドル安傾向

では、長期ではどうかです。
インフレ率上昇→米国債利回り上昇→日米インフレ格差拡大→米国の経常収支悪化→長期的な米ドル安

長期的な為替...続きを読む

Q10年もの国債の金利について

平成23年に購入した、10年ものの国債を持っています。
証券会社の営業さんから、国債金利は0.3%程度まで安くなっているから、社債などに切り替えるか、国債のキャンペーン時に買替を持ちかけられています。
現在のものを、通帳(郵便局で購入したので郵便局の国債の通帳←国債の税制変更で特定口座への切り替え・統合案内あり)で観たり、ネットで調べると、金利は1.3%となっています。
また、ネットのサイトによっては、10年ものは変動金利のものしか表示されなかったりします。(例=中途換金シュミレーション http://www.mof.go.jp/jgbs/individual/kojinmuke/simu/top.htm)
とりとめのなくだらだら書いてしまい恐縮ですが、以下について教えていただけます様、お願いします。

1.10年ものの国債でも、固定金利のものはあるということでよいのでしょうか。
  (具体的には、利付国債(10年)313回 http://www.mof.go.jp/jgbs/individual/kojinmuke/shinmadohan/issue/ten/h23/March.html)
  参考;過去の金利情報(昭和49年(1974年)~)
  http://www.mof.go.jp/jgbs/reference/interest_rate/
  
  「変動10年」と「新窓販国債10年」で、後者が固定金利との理解でいいでしょうか。

2.10年ものの固定金利のものでも、中途換金は出来るのでしょうか?

平成23年に購入した、10年ものの国債を持っています。
証券会社の営業さんから、国債金利は0.3%程度まで安くなっているから、社債などに切り替えるか、国債のキャンペーン時に買替を持ちかけられています。
現在のものを、通帳(郵便局で購入したので郵便局の国債の通帳←国債の税制変更で特定口座への切り替え・統合案内あり)で観たり、ネットで調べると、金利は1.3%となっています。
また、ネットのサイトによっては、10年ものは変動金利のものしか表示されなかったりします。(例=中途換金シュミレーション...続きを読む

Aベストアンサー

1.「変動10年」と「新窓販国債10年」で、後者が固定金利との理解でいいでしょうか。→そうです。
2.できます。個人向け国債の場合は、途中売却は直近2回分の金利が差し引かれますが、通常の10年固定の国債はそういうことはありません。
私は個人向け国債変動10年が1年以上経過したら売却し、その代金で再度同じものを買うようにしています。というのは、書かれている「キャンペーン時」というのに該当するかと思いますが、証券会社からのキャンペーンとして得られる現金の方が、通常の10年変動の金利よりも多いからです。これは、キャンペーンの条件に適用になるように工夫はいりますが、実質ノーリスクで年間0.5%程度にはなりますね。但し、証券会社の個人向け国債購入キャンペーンがいつまでどういう形で継続するかはわかりませんが。

QFX、投資 なぜFXや投資をギャンブルと呼ぶ人がいるのですか? FXや投資はチャートの本が出版された

FX、投資


なぜFXや投資をギャンブルと呼ぶ人がいるのですか?
FXや投資はチャートの本が出版されたりテレビで
儲けたりしている人が取り上げられているのになぜですか?

Aベストアンサー

FXに限らず投資は将来を読むものです。
チャートは現在までの過去を示しているに過ぎません。
加えて、チャートには上がった時、下がった時、何があって何が要因でそうなったかは示されていません。
またこの先何があったら、どんな要因が見込まれたら確実に上がるのか下がるのか100%確証が持てる答えを持ち合わせた人はいません。
それをもってギャンブル(賭け)だと言っているわけです。

ちなみに本が出版されたりテレビで儲けた人がとりあげられたりしている競馬やパチンコなどもギャンブルです。:-)

Q「10年利付き国債利回り」と「長期金利」について

ニュースで「金利が上がった」などと言われますよね。ここで言う「金利」とは「10年利付き国債利回り」のことを言っているようですが、どうして「金利=10年利付き国債利回り」となるのか分かりません。そもそも、「金利」と「利回り」は別ものですよね?「利回り」は債券価格の変化に伴って変化することは分かるので、「利回り」が上がったと言われれば納得です。しかし、10年利付き国債は固定金利なのに、どうして前日比で「金利」が上がったという表現が可能なのか理解できません。
例えば、6/24の「利回り」と6/25の「利回り」が違うと言われれば、国債の債券価格が日々変化するからという理由で理解できます。しかし、なぜ「金利」が違うと言えるのか理解できません。その理由は、いずれの日の国債も260回債であるのでクーポンレートは同じはずであり、よって「金利」が上がったとは言えないと思うからです。
なぜ世間では「金利」が上がったとか下がったなど表現されるのでしょうか?「利回り」は変わっていても「金利」は変わってないと思うのですが。
自分で自分の考えのどこがおかしいのか分かりません。どなたか教えていただけないでしょうか?よろしくお願いいたします。

ニュースで「金利が上がった」などと言われますよね。ここで言う「金利」とは「10年利付き国債利回り」のことを言っているようですが、どうして「金利=10年利付き国債利回り」となるのか分かりません。そもそも、「金利」と「利回り」は別ものですよね?「利回り」は債券価格の変化に伴って変化することは分かるので、「利回り」が上がったと言われれば納得です。しかし、10年利付き国債は固定金利なのに、どうして前日比で「金利」が上がったという表現が可能なのか理解できません。
例えば、6/24の「利回り」...続きを読む

Aベストアンサー

おっしゃる通り新聞などに言う「金利」は10年国債の「利回り」をさしているのが正解でその意味でご指摘は正しいと思います。おそらく市場報道の立場から言うと

発行済みの国債の利回りが上昇した(価格が下落した)=市場の長期金利が上昇している(この時点で新規に発行するとすれば「金利」が高く表示される)

ということをすっ飛ばして表現して長期資金の調達環境を説明しているだけでしょう。その意味で特定の10年国債の利回りを説明しているつもりではないのだと思います。

10年国債は豊富な発行量や流動性から長期金利の指標としてふさわしいため期間の長い資金需給の動向をつかむための代表として取り上げられているのです。長期債券の期間を海外と比較する場合も10年が使われているので「長期」代表のふさわしい期間といえます。それより期間の長い20年、30年などの国債は市場性が相対的に劣ることなどから指標として歴史ある10年債が使われているのでしょう。

QFX のチャートでトレード中水平線、トレンドなどのラインを引く際線の太さを太くできるチャートはありま

FX のチャートでトレード中水平線、トレンドなどのラインを引く際線の太さを太くできるチャートはありますか?
ちなみに私は外為ドットコムとMT4を使ってますがどちらも線の太さを変えられないようです。
ご存知の方教えて下さい。

Aベストアンサー

LION FXの.net版でできます

Q個人向け国債(変動10年)の次回変動金利はいつ決定しますか?

今年の9月に個人向け国債(変動10年)を購入しました。

個人向け国債(変動10年)の次回金利は具体的にいつ発表されますか?

金利は変動制で年2回(半年毎)に変わる事だけは知ってるのですが・・・

Aベストアンサー

補足です。

第20回債の次回金利発表はH20.3月予定としか今はわかりません。

下記、HPでいづれ発表されます。

http://www.mof.go.jp/jouhou/kokusai/kojinmuke/index.html

Q国債の利回り

「英国債の利回りが低下するなか戻りは鈍く、
1.5630ドル台から、再び1.5615ドル付近へ押し戻されている。
ポンド円もいったん123.60円付近へ戻したが、123.40円付近まで下げている。」

と、ありました。

(1)国債の利回りが低下→(2)国債の市場での価格が上がった為→(3)価格が上がるのは人気が上がった為→(4)それはイギリスの国債が紙くずになるリスクが低く信用が厚いから

と考えると、ポンドも人気が上がって値上がりしそうなのに、なぜ値下がりするのですか?

それとも、国債の利回り低下とは、金融緩和で政策金利が低くなって、
スワップポイントが低くなって、通貨の人気が下がるというのと関係あるのでしょうか?

まったくわかりません。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

欧州主要国、英国は不況であるため 投資先が国債になっています デホルトがまずないと見て元金の償還がされるためです
(最近はマイナス利回りでも買ってきます)後は 金融緩和で政策金利が低くなって、通貨の人気が下がるというのと関係があると自分も思っていますが まだ何かあるのかもしれませんね


人気Q&Aランキング

おすすめ情報