ネットが遅くてイライラしてない!?

色セロハンを透過した光が、そのセロハンの色になる理由なのですが、

息子が考えた理由であっているのか、
お教え頂けないでしょうか。

こちらで色の三原色・光の三原色をお教え頂いてから、
色々遊んでいる様です。

息子が不思議に思ったのは、

色セロハン:たとえば[赤]に太陽光をあてると、
セロハンはもちろん[赤]なのだけど、
セロハンを通り抜けた光〈透過した(?)〉も赤・・・。

[赤]は赤い波長を反射するからなのに、
なんで、赤セロハンの後ろも[赤]なんだろう・・・???
あれれ…幼稚園の窓もそうだった…(ステンドグラスの事です)。
付録とかの3Dメガネもそうだし・・・。
ばばのコップも!
おかしいなぁ・・・

と・・・。

考えに考えて、
赤いセロハンは[赤い]波長以外、全~部吸収してしまっている。
[赤い]セロハンは、赤の波長を全部は反射はできなくて、
少し通りぬけている。(透過している)
でも、他の色は全部吸収されてしまって通り抜けられない(透過しない)。
だから、
赤いセロハンの後ろは、反射されなくて通り抜けた少しの赤い光が映る。
だからかなぁ…。
あれ?ぼやっとしてるし・・・、
セロハンって後ろが透けて見えるからぁ・・・
って事は、
他の色も全部は吸収されてなくて、通りぬけてるってこと?
あ~わかんなくなってきた~。いみふめい~。
(このあたり…親子だなぁ…と思いながら聞いていました。苦笑)

「ママ!親切な人に教えてもらって!」と言い寝てしまいました。

この考え方で正しいのでしょうか?


(息子は自分で調べる気はないのです・・・。
〇○の知りたい事は〇〇たちの読める本には書いてないし!さがしたら書いてあるのかもってママは言うけど、ママが図書館でさがせないのに〇〇が自分で探すって無理じゃん!でも知りたいの!と…。申し訳ありません。)



私も[セロハン]を少しサイトで調べたりしたのですが、

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question …
[赤のセロハンは赤の波長の光(約650nm)を吸収しているから赤く見えるのでしょうか?
それとも赤の波長の光を透過しているから赤く見えるのでしょうか?
どちらですか?
ベストアンサーに選ばれた回答
kittiwakeさん
.ご質問にもある通り赤の波長の光を通す(透過させる)ので赤く見えます。
リンゴは逆に赤以外の光をよく吸収し、赤色の光を反射するので赤く見えます。]

というもので…
私には理解できないでおります。

赤の光を最大限透過させて、
赤以外の色を吸収しているものってどんな物があるのでしょうか?

息子の考え方で正しいのでしょうか?

小3男児&全くの理科系音痴の母なのですが、
理解できるレベルで
ご教授頂けましたら有難いです。

宜しくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (25件中1~10件)

 #18です。



>[反射]と言う言葉を、光の当たった面側に[出される]事だけではなく、光のきた方向と同じ方向に[出される]場合も[反射]と考え、光の当てられた面の後ろに出されているから[透過]と表現されている。

 簡潔にまとまったよい説明だと思います。おおよそ理解されたようですね。もちろん「良くできました。〇」です。

P.S.1

 今回のご質問をミクロのレベル(分子、原子)で考えるとすると、

「白色光は分子、原子にエネルギーを与える。そのエネルギーを使って分子、原子は発光する。そのとき、分子、原子の種類により赤色光などのある波長だけで発光するものがある。」

と考えても可です。そう考えるとして、

「白色光をエネルギーとして吸収した分子、原子がそのエネルギーにより発光するとき、ある方向にだけ発光するものがある。」
「セロハンはそういう一方向に発光する分子、原子の方向が揃っている。そのため、セロハン無しで見たときと同じに、物の形が見える。」

と考えるといいでしょう。しわくちゃにするとか、紙やすりで擦って細かい傷をたくさん作ったりすると、揃っていた方向が乱されて、セロハンを通して見る物の形が歪んだり、ぼやけたりするわけです。

P.S.2

>※暗所で、黒い紙の上に赤いセロハンを置いて光をあててもセロハンは黒に見えました。 目&光源から反対側からの光がないから(セロハンを透過して目にはいる赤がないから)ですよね!

 その通りです。そのことを利用した絵本を見たことがあります。透明のシートに透けて見える程度の色の濃さで絵が描いてあり、下が黒い台紙になっています。その状態では絵はほとんど見えません。

 絵本には「◎>」の形をした紙が付属しています(>の先は懐中電灯の絵)。◎は白、>は灰色です。それを絵の描かれたシートと黒い台紙の間に入れてやると、「◎>」の部分だけが、まるで懐中電灯で照らしたように見えます。

 乱反射がどういうものか、月を海が照り返す様子が分かりやすいかもしれません。

http://pds.exblog.jp/pds/1/201308/29/00/f0229700 …

 もし海が波一つないなら鏡のように月を映すはずです。でも海に映る月は光が長く伸びていて、月の形をしていません。これは波があるためにいろいろな場所で反射角度が異なり、鏡だったら届かないはずの光も目に届くからです。何かを通して光を見る場合も同様のことが起きます。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございました!

[透過や散乱]のイメージが根本的に間違っていてつまづいていた様です。

フィルターのご解説も再度熟読させて頂きまして、やっと理解できた感触でおります。

フィルターを通して特定の光を透過したいので、それ以外の光が極力吸収される染料を選んだり、できるだけ屈折せず透過させたいので、染料をつける元の透明フィルター自体も工夫している。

こんな感じで理解できました。

本当に何度もご回答をありがとうございました!

お礼日時:2014/09/03 13:38

お子さんを科学館などに連れて行き、学芸員に相手してもらえればけっこう満足できるかもしれませんね。


運動会の代休日なんかにどうです?(笑)


> レーザーポインタ(本当は光学式マウス)の赤が黒い紙でも
> しっかり赤く照らしていること!
光を「全部」は吸収できないからですね。
黒い紙も太陽光を当てる角度によっては灰色(白)っぽく見えたりするくらいですから若干の反射があります。ブラックホールのような暗黒の「穴」じゃなく「黒い紙」に見えているんですから、反射して目に入る光があるわけですね。
黒と赤は補色の関係に近いので、赤が引き立って見えやすいですね。青色LEDのマウスなら見えにくいかも。

望遠鏡やカメラの内側など、もっと光を全般的に吸収するものだと、もっと見えにくくなってきます。
紙の表面の形なども関係するのですが、これ以上の内容は手におえませんね。小学生相手にイメージをうまく伝えられそうにありません(^^;

> レーザーポンタの光は宇宙のどこまで届く?
送り出し側で光を相手の方に向ける照準能力があり、見る方の解像力(見分ける力)が高ければ、かなり遠方からでも「見える」と思います。宇宙では邪魔するものがほとんどありませんから。
ただ、例えば月のあたりまで行くともう地球自体でも1センチ程の大きさなって見えるわけで、そこで地球方向から来る他の多くの光とレーザーポインターのちっぽけな光を見分けるのはとても大変なことです。滑り台の上に立って砂場の砂粒から1粒を見分けようとするようなものですからね。
ちなみに月面にはアポロ計画で置いてきた鏡があり、たまにレーザー光を当てて反射してくる時間を量っては地球と月の距離を測っています(大きな出力のレーザーを使って、反射光は天文台で観測してます)。

=>カメラが不思議。
これはさすがに別の質問が立つのを待ってますね(^^;
    • good
    • 2
この回答へのお礼

有難うございました!!!

お礼日時:2014/09/03 17:59

光に興味を持ったら、実際に自分の目で確かめたくなりますよね。



学研のキットなど、文具店や書店、ハンズなど理科教材を扱うお店で入手できます。
「実験キット プリズムと光の研究 」
http://kids.gakken.co.jp/kagaku/summer/kit1.html
などですね。


また、CDやDVDを使って簡易の分光器を自作することもできます。
http://www-lab15.kuee.kyoto-u.ac.jp/index.php?id …
必要なのは黒塗りの厚紙とCD(裏が青くないやつ)と接着剤くらい。
中学生程度の工作力があれば十分一人で自作出来ます。

CDの表面には細かな溝が刻まれており、斜めに光を当てると反射した光が互い弱め合ったり強めあったりと「干渉」をおこす結果、分光されることを利用したものですね。
ちょっとこの辺りからは「波」の性質についての理解が必要になるので噛み砕いた説明が難しいのですが…。
http://www.chem.gunma-ct.ac.jp/H19kokaikoza/text …


ご参考までに。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

何度も丁寧なご回答&実験アイディアを有難うございました!

セロハンのご説明も
[透過]の意味が理解できてから熟読させて頂きますと、
よ~く理解できました。

基礎学力といいますか、
共通の理解と言うものがずれているとこうも理解できないものなのだ…。
と、学生時代の不勉強が悔やまれます。

[分光器の工作図面]凄いです。
喜ぶと思います。

しかし…絶対…「なんで?なんで?調べて!教えてもらって!」
の嵐になりそうで…。

親の私が覚悟して渡さなければ、と思いました。(苦笑)

今日帰宅後渡してあげようかとも思ったのですが、
私の理解が間に合わないので、ひと休みしてから渡してあげようと思っております。

息子に沸いた、何個かの疑問のうち
やっと
●[セロハン]
が解決してほっと一息です。

これから2~3日かけて(私の頭ではかかりそうなのです。)

●[海の色・空の色]
のご回答を再度熟読→理解し、説明してやりたいと思います。

あとは
●レーザーポインタ(本当は光学式マウス)の赤が
黒い紙でもしっかり赤く照らしていること!
「黒なのに赤を跳ね返してるじゃん!」と…。

●レーザーポンタの光は宇宙のどこまで届く?
天体観測で研究員さんが夜空に向けてポインターをあてて説明されたのにびっくりで、そのレーザーを買ってほしいと…。
あの光25年したらベガに届くのか…
(…空気中にはいろいろ邪魔者があるから届かないんじゃないかな…たまたま天球に当たった感じで各星に当たっている様に見えるだけだとママは思うのだけど…と説明しましたが…)

●カメラが不思議。
なんで昔は白黒だったの?どうやってカラーにしたの?
などなど…他にも何を知りたいのかわからない、私には意味不明な質問もたくさんあり…

あっ!これって、ご回答下さっている皆様が、tigerdoragonママは、いったい何を質問しているのだろう?どこで躓いているのかな?何がわからないのだろう…?

と思われる感じに似ておりますね…。


息子の疑問はてんこ盛りですが、
一つの質問にてんこ盛りに質問をさせて頂くのは、ルール違反だと知りました。

そうですよね。

他の、私の様に困ってらっしゃる方々が検索しにくいですから…。

しばらく調べてみて、疑問点をまとめた上で、
再度、新しい項目でご質問させて頂けましたら有難いです。

その際は何卒宜しくお願い致します。


本当に有難うございました!!

お礼日時:2014/09/03 13:25

それはよかったですね。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました!

[透過や散乱]のイメージが根本的に間違っていてつまづいていた様です。

フィルターのご解説も再度熟読させて頂きまして、やっと理解できた感触でおります。

フィルターを通して特定の光を透過したいので、それ以外の光が極力吸収される染料を選んだり、できるだけ屈折せず透過させたいので、染料をつける元の透明フィルター自体も工夫している。

こんな感じで理解できました。

本当に何度もご回答をありがとうございました!

お礼日時:2014/09/03 13:40

もう宿題は締めきったと思いますが、研究としては光源にセロハンを掛けて色の付いた光を混ぜるとどうなるか、などやってみるとおもしろいと思います。


ネットで結果はすぐ分かりますが、わかっていても絵の具とは様子が違うので。

セロハン1枚では色がまるで薄いので何枚も重ねる必要があります。(照明用の濃いフィルターを使った方が楽です。ハンズにあったと思う。)部屋は真っ暗にする。
それと対象物は白い立体にして、陰ができるようにするとおもしろい。
懐中電灯でも可能です。

他には光源に赤いフィルターを掛けて青や緑の物を照らしたらどう見えるのかなど。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有難うございました。

自由研究は
[光の三原色と絵の具の三原色]
をして提出しております。

実験は、子供用に市販されていた4色のLEDライトセットを使用したのですが、
実験後に他の本などを見ながら懐中電灯にセロハンをつけたりしていましたら、
あれれ…?セロハンって?という疑問がわいてしまった様なのです。

一緒に中学理科まで辿ってあげたのですが、
入射角・反射角…屈折のあたりは出ていたのですが、透過や色の波長ごとにはどうなのかなどは記されてなく、何処で調べたらよいかと言うより…何を調べたら理解できるのかも分かっていない状態でして…そういう経緯でこちらでご質問させて頂いておりました。

親の私が、入射・反射(全反射・乱反射)・屈折・透過…の辺りが分かっていないと申しますのか、正しいイメージすらない。
だからなかなか理解に至らないのかな…
と、皆様からのご回答を咀嚼しながら、言葉の定義を確認したり、中学理科・高校物理(こちらはかなりちんぷんかんぷん…)に飛んだりしている所でございます。

息子は来年も
[光の研究]をすると申しております。
 
光の三原色と色の三原色とが違う事は事実として知ってはおりましたが、
[理屈(理由)]が、息子にとって大きな衝撃だったというのか、
それを理解できた感が、息子にとって[光]というテーマを特別なものにさせている様です。

もうしばらく咀嚼&勉強を続けてみます。

有難うございました。

お礼日時:2014/09/02 22:37

それとBPフィルターでも分光曲線の下のほうはおたがいに重なり合う部分がある事に着目してください。



フィルター式の分光では完全に一定波長の光だけを通すように作る事は不可能だという事がここからわかります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

何度も申し訳ありませんでした。

バンドパスフィルターの分光曲線は、透過率を表しているのですよね。ご心配をおかけいたしました。

ご紹介頂きましたサイトで分光曲線を見た時に、
「あっ!こういう各色のスペクトルのグラフもあるはず!」
と、息子が、今一つ赤は赤い波長だけを反射している感じで捉えている感じがしていたので、
考えがそちらに飛んでしまい、
息子に、探し出した微妙に色の異なるりんごのスペクトルや、バナナのスペクトルを見せたのです。

とても興味深げに、「じゃあこの色だったらどんな感じになるのかな?赤が濃い感じだから青の辺も入ってるかな?」などと言いながら喜んでおりましたので、
ついそちらのお礼をおつたえしてしまいました。

誤解をまねきご心配をおかけしてしまいもうしわけありませんでした。

BCフィルターなどは、ある特定の色の光をできるだけ透過して、他の色は極力吸収染料が加えてある…。
透過させたい色【以外】の色を吸収させる事でその(透過させたい)色を出している…。
のですよね。

そのあたりは字面は理解できるのですが、
そもそも光学フィルターって?
どんなもので誰がなんの為にどんな風に使っているの?
???サインペンと同じ色をぬりぬりしたものとは違うの?
と…
このあたりから
何がどうわからないのか…どこでつまづいているのかもわからないもので、苦戦しております。

皆様分かる方には分かるご説明をして下さっているのだと思うのです…
でも私にはわからない・・・・情けない。

以前こちらで【光】についてご質問させて頂き、
苦労して…皆様にも大変お世話になって…
やっと「理解できた!」
と思い、息子に説明できたのですが、
息子がまとめた文を読むと、
私が「〇〇〇〇…と書いてあるのですが、全く理解できないのです。」
と、引用させて頂いた説明の文とほぼ同じだったのです。

恐らく分かる方がお書きになるとほぼ同じような文になる。
例えそれが小学3年生でも…。
それがわからない人間に皆様、こう説明したらわかるのかな?
と噛み砕いてくださっている…。

それなのに…わからないのです…。
恐らく皆様にとって、当たり前の事と言うのか、当たり前の知識というのか…
そのあたりのの事が抜けていてりかいできないのだろうなぁ…とため息をついております。

ん…反射・吸収・透過…の辺りから勉強しなおせば分かるのかも…と、高校物理に飛んだりしているのですが…

あ…私の能力では無理…。

もうしばらく考えてみたいと思います。

何度もご回答をありがとうございました。

お礼日時:2014/09/01 18:01

17ですが勘違いされているようですが。



17でリンクしているのはフィルター(色セロハンと同じような物です)のカタログデータですので「反射」している光の分光曲線ではありません。グラフで山の部分は透過している波長です。

フィルターには透過する色料である染料を使います。
染料で白い紙を染めるとそのままその色の紙になります。紙の繊維にしみ込むのです。
ですのでどちらも染料がその色の波長を反射するのではなくてその波長以外を多く吸収する事で色を出しています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

何度もご回答もうしわけありません。

有難うございました。

お礼のコメントがずれていてご心配をおかけしてしまいました。
すみません。

大丈夫です。透過率の曲線だと認識しております。

お礼日時:2014/09/01 18:07

 #7、#15です。

お礼を拝読しまして、もう少し続けたいと思います。

 なお、このご質問への回答の前に念のため少し申し上げますと、お分かりでいらっしゃるとは思いますが、私は私以外の回答者様と整合性を取りつつ、説明申し上げているのではありません。ですので、他の回答者様のご説明と合わせて考えてしまうと、おかしなことになったり、理解できない説明になったりします。その辺りはご斟酌をお願いしたいと思います。

 #7の模式図風のところを再掲します。

>白色光⇒○

>  ○(シーン……)

> \↑/
> ←○→
> /↓\

 これは前の絵の具の説明と整合性を持たせ、関連性を分かりやすくし、セロハンのような透過光が赤くなることに重点を置いてみたものです。

 しかし、セロハンで物を透かして見たときには、大事なことがありますね。物の形がちゃんと見えるということです。上記の乱反射では物の形が見えなさそうです。均等に乱反射が起これば、もちろんそうなります。

 例えば、色付けしない透過光でも普通のガラスなら、はっきり物が見えます。しかし、擦り硝子を通すと、擦り硝子にピタッと接している物以外は形が見えません。曇り一つ無いガラスから擦り硝子と同じになるまで、だんだん変化するものといえば、ガラスが曇るということがあります。

 ガラスに「はあー」と息を吹きかけて曇らせていくと、だんだんガラスの向こうが見えにくくなってきます。これは、乱反射の度合いがだんだん激しくなってくるからです。

1.ガラスが曇っていないとき

(こっちから見ている)
↑↑↑↑ 光はそのまま通過してくる(散乱なし)
━━━━ 曇り一つないガラス
↑↑↑↑ 光

2.ガラスが少し曇ったとき

(こっちから見ている)
V V V V  少しぼやける(少し散乱)
━━━━ 少し曇ったガラス
↑↑↑↑

3.ガラスが少し曇ったとき

(こっちから見ている)
∀∀∀∀ だいぶぼやける(だいぶ散乱)
━━━━ だいぶ曇ったガラス
↑↑↑↑

4.ガラスが少し曇ったとき

(こっちから見ている)
XXXXXXX さらにぼやける(大きく散乱)
━━━━ さらに曇ったガラス
↑↑↑↑

 2の「V」は真っ直ぐな光が少し広がっている、3の「∀」はだいぶ広がっている、4がちょっと分かりにくいんですが「XX」は光が広がり過ぎて互いに重なっている、といったつもりですので、なんとかそのように見ていただけると幸いです。

 赤いセロハンの場合は、セロハンにある赤い光の性質を持つ分子・原子が、吸収した白色光と同じ向きに赤い光を発する性質が強いのです(散乱が小さい)。先ほどの図の最初と最後を極端に書き直せば、こんな感じでしょうか。

  ━(他の方向へ行く光を邪魔する壁のようなものがある)
白⇒○→赤
  ━(他の方向へ行く光を邪魔する壁のようなものがある)

 赤い絵の具の場合だと、赤い光の性質を持つ分子・原子が、吸収した白色光を広い方向に発する性質が強いわけです(散乱が大きい)。

 セロハンでも、いったんクシャクシャにすると、ピンと平らになるよう引っ張っても、透けて見える向こう側が歪んで見えます。もし、紙やすりなどで表面をざらざらにすると、セロハンの向こう側の物の形が非常に見えにくくなります。一度折れ曲がってしわになったところや、傷がついたところでは、もともとの「光を真っ直ぐ通す」という性質が壊れてしまうんですね。

 まとめてみますと、赤いセロハンも、赤い絵の具も、白色光を吸収して、赤い光を発するという点では同じです。違うのは発するときにどの方向に赤い光を発するかということなんです。ガラスの曇り具合とよく似たことです(反射光を見るなら、「鏡の曇り具合」)。それを散乱の強さが違う、とか、乱反射の度合いが違う、などと言っています。

P.S.

 赤い絵の具(絵の具よりペンキかも)の場合、「つや消し」という種類があったりします。むらなく塗った赤いペンキを近くから見ると、顔が映ったりします。ぴかぴかに磨き上げた車を間近から見たときなどで、経験されたころがあるのではないでしょうか(赤に限らず、どんな色でも同じ)。つや消しだとそうなりません。つや消しとは、乱反射性を強めていますよ、ということです。

この回答への補足

❷[お礼]の続き…

Dio_Genes様がNo.7でご回答下さっておりました事が、理解できていなかったのが、
全てのつまづきの元だったように思っております。

(ここを考え違いしていたから皆様のご説明も理解できなかったのだと…)

一旦全ての光を受け止めてから、原子レベルによって、反射する波長と吸収する波長に分かれる。
ここまでは、息子にも息子の理解できる言葉に変えて説明できていました。

一旦受け止めた全部の光から、吸収しない波長を反射させるのだけれど、それが、光の来た方向へ返すのだけを[反射]と考えていて、
正反射(0°)は問題ないものの、0°以外の反射も光の来ている方向側だけに反射している。

というイメージで、
ず~っと、Dio_Genes はじめ皆様のご回答を拝読させて頂いていたのが、理解できなかった原因だったのだのかな?と気が付きました。

[反射]と言う言葉を、光の当たった面側に[出される]事だけではなく、光のきた方向と同じ方向に[出される]場合も[反射]と考え、光の当てられた面の後ろに出されているから[透過]と表現されている。
とと考えた方がいいのかな…?

と思った瞬間、
あれ???分かったような???
この考え方なら、他の回答者様方の???だった部分も分かったような…??
あれれ…?

と言う感覚でございます。

この捉え方で正しいと…嬉しいのですが。

しばらく上記の考え方で皆様から頂きましたご回答を読み直しておりました。

なんだか、分かる~今なら分かるぅ~!なんだ!そういう意味だったのね!
みたいな感覚ゾクゾクッなのですが…

今日はもう頭がクラクラ…してまいりましたので、

再度、つまづいていたのはこの部分であろう…というご報告を添付させて頂きまして、

良くできました。〇
なのか、
う~ん 追試です。もう一度お勉強しなおしましょう。
なのか、
Dio_Genes先生の採点をお待ちできたらと思っております。

ずうずうしくて申し訳ありません。

本当に大変お世話になります。

補足日時:2014/09/03 03:21
    • good
    • 0
この回答へのお礼

あ!!やっと

わかりました!!!

まずは、Dio_Genes様のご回答のみを一字一句咀嚼しようと考えておりました。

すると…あっ!こういう事なのかも!

他の解答者様方のご説明も…こういう事を仰っているのかも??

と言う感触が…。



セロファンなどは、ある特定の色だけ透過させたいと考えて、染料が加えてある。

例えば、それが赤の場合、それ以外の波長をはできるだけ吸収したままで、赤い波長は反射させる様な分子の染料を使用する。

その際、セロハン(やガラスなど?)は、
光を吸収した方向へ赤の波長の光を反射する(反射と言わずこれが透過でしょうか?)性質がつよい。

だから、(室内で)光をあてている側からセロハンをみると、
セロハンを透過した壁にあたっている光も赤だし、

あてている光源の逆からも何らかの光がセロハンを透過して目に入ってきている。
だから、セロハンを透過して壁に映った光も赤だし、見ているセロハンも赤に見える。

しかも散乱の度合いが少ないので、
セロハンの向こう側は透けて見える。

(これは加えた色素の特性なのでしょうか?それともセロハン・ガラス・プラスチックなどそれぞれの物質の特性なのでしょうか?
すりガラス…これは散乱の程度が大きいから向こう側が見えない。曇りガラスも。という事は物質表面の特性ということなのでしょうか…)

※暗所で、黒い紙の上に赤いセロハンを置いて光をあててもセロハンは黒に見えました。 目&光源から反対側からの光がないから(セロハンを透過して目にはいる赤がないから)ですよね!

セロハンの色が濃ければ(色分子が多いと)セロハンを透過するその色も濃くなる。

という理解で概ねただしいでしょうか…?

お世話になります。

お礼日時:2014/09/02 23:45

まず「赤い物が赤く見えるのは赤の波長の光を反射してるから」というのは間違いですね。

そう考えているからおかしくなってしまっている。赤の波長の光を他の波長より比較的吸収していないからというのが正しい。

ですから不透明な赤い色の紙を通してきた光も赤いのです。赤の波長があまり吸収されていないからです。
色セロハンも同じです。
色セロハンを良く観察すると、黒いバックの前に置くと色セロハンであっても黒く見える事がわかります。つまり色セロハンは光をほとんど反射していない。赤く見えるのは透過光が偏っているからです。

赤い物が赤の波長以外は反射していないだとか、赤いセロハンが赤以外の波長を透過していない(赤だけを透過している)だとか、平気で書いている人がいますが、
単に透過や反射している光に偏りがあるに過ぎません。色セロハン程度の性能ですと少し偏っている程度に過ぎないですね。

こちらに工業用のカラーフィルターの分光曲線のカタログがありますのでごらんください
http://fujifilm.jp/support/filmandcamera/downloa …
中でバンドパスと書いているのが特定波長の光を透過するフィルターです。*
色セロハンはこの中ではCCという種類のに近いです。CCの数字が大きくなるほどその波長以外の光の吸収が大きくなっているのが分かりますが、その波長以外を通していないわけではない事もわかるでしょう。
↓CCフィルターの実際の見え方
http://dc.watch.impress.co.jp/cda/item/2005/03/2 …
CC025などは人の目にはほとんど無色透明のようにしか見えない物です。

人間の眼がなぜ色の偏った光の中でも固有色を見分けられるのか。それはひとつには反射する光の波長ではなくて吸収され方の相対・対比を観ているからでしょう。

*分光曲線を見るとBPフィルターは特定波長以外の光をほとんど透過していませんが、その目的を達成するためにその目的とする特定波長の光をも大きく減らしてしまっている事もわかると思います。しかもそれでもまだその波長以外を全てぴしゃっと遮断しているわけでもない事がわかります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答有難うございました。

そうですね。
紫が、青の波長に少し赤の波長が反射しているものであったり、
同じリンゴの赤でも反射している波長が違う事などグラフで確認しました。
息子にもできるだけ子供でも視覚的に分かり易い物を選びプリントアウトして説明してやりました。
黄色は赤の波長が多く反射されていることや、真っ赤なりんごは、赤だけでなく、青の波長も少し反射されている事などをグラフで興味深く確認しておりました。
有難うございました。

お礼日時:2014/09/01 01:20

参考です。


赤色=赤の波長の光を脳が認識する。
赤の補色(緑)が無い光=脳は赤と認識する
らしいです。
赤のセロハンを通過すると、補色(緑)の光はすべて吸収されます、赤のセロハン通して緑を見れば黒く見えます、緑に感じる緑の反射光はセロハンに吸収。
では、赤く見える=赤の光は反射
通過した光は、赤と緑の無い光、赤は一部通過の可能性はあり。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答有難うございました。

「赤のセロハンを通過すると、補色(緑)の光はすべて吸収されます。」
とおっしゃているのは、


私にも理解しやすい様に、

『「赤のセロハンを通過すると、補色(緑)の光はすべて吸収されます。」
と考えると分かり易いですよ。
赤いセロハンを通過すると、補色の光ははほとんど吸収されているんですよ。』

と仰っていると考えました。


『赤く見える=赤の光は反射
通過した光は、赤と緑の無い光、赤は一部通過の可能性はあり。』
の部分は咀嚼中です。

ありがとうございました。

お礼日時:2014/09/01 01:33

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q色つきセロファンは、何故、波長が変わるのか? 青色ダイオードの意義は?

・色は、固有の波長をもっており、光の3原色(赤緑青)を重ね合わせると”白”になることを知っています。その上で、
 (1)色つきセロファンは、光の波長を変えているのですか?
    例えば、信号機のカバーガラス(?)も、あるいは、
    色つき眼鏡(サングラス)も、波長を変えて
    いるのでしょうか?
    何故、波長を変えることが出来るのですか?

 (2) (1)のように、容易に光の波長を変えられるフィルター
    が存在するのだとすれば、青色ダイオードの発明の
    意義が、よく分かりません。
    白色のダイオードと、カラーフィルターを組み合わせれば、
    自在に色を作り出せるのですから。
 
 以上の素人質問に対して、ご説明を頂ければと思います。

Aベストアンサー

初めまして

まず、shinogon_1980さんが誤解されている点が2つあります。

1つは、赤・緑・青を重ねると白になることですが、「人間の目がみたら白く見える」だけです。
太陽の光が「白」とされていますが、これをプリズムで分解したら7色になるのはご存じかと思います。
でも、赤・緑・青を重ねた「白」はプリズムで分解すると赤・緑・青になります。

もう1つ、セロファンとかフィルターは光の波長を変えるのではなく、特定の波長の光を通すものです。
例えば、赤色の光を青色のフィルターに通したら、何も出てきません。青色のフィルターは青以外の光を吸収してしまうからです。
(正確には波長でなく周波数OR振動数です。セロファンとかフィルターを通っているときには光の波長は変化していますが、出てくるともとに戻ります。)

で、“白色ダイオードを…”の件ですが、発光ダイオードは基本的に1色しか出せません。赤や緑は早くから実用化されていましたが、青がなかなか出せませんでした。shinogon_1980さんがおっしゃるとおり、赤・緑・青の3色がそろって初めて「白」になります。青色発光ダイオードが出来て初めて白色発光ダイオードが作れるようになりました。

関連として、以下のサイトを紹介します。
7色LEDのつくりかたhttp://plusd.itmedia.co.jp/mobile/rensai/howtomake/04/

初めまして

まず、shinogon_1980さんが誤解されている点が2つあります。

1つは、赤・緑・青を重ねると白になることですが、「人間の目がみたら白く見える」だけです。
太陽の光が「白」とされていますが、これをプリズムで分解したら7色になるのはご存じかと思います。
でも、赤・緑・青を重ねた「白」はプリズムで分解すると赤・緑・青になります。

もう1つ、セロファンとかフィルターは光の波長を変えるのではなく、特定の波長の光を通すものです。
例えば、赤色の光を青色のフィルターに通した...続きを読む

Q光と色の関係。光の反射と透過

質問です。


色は、その色の光が反射される事によってその色に見えますよね?
例えば赤い紙は、光の中の赤い色のみが反射されて目に届くので赤く見えるということですよね?

では、赤いセロハンなど透過性のものの場合はどうなのでしょうか?
セロハン自体が赤く見えるのは、赤い光を反射しているから。
ですが、セロハンを通した光は赤いですよね?
赤い光を反射して赤く見える物体を透過した光が赤いのはなぜでしょうか?
赤い光を反射している物体の透過後の光は、赤以外の色なのでは?
と、トイレに入りながらふと思ったのですが、なぜでしょうか??

宜しければご回答下さい。

Aベストアンサー

たとえばセロハンの色が赤だとしましょう、確かに同じ色の可視光線を『反射』しているので色を認識できるのですが、同時に他の色『吸収』しています。
セロハンを透過した光も同様に、見えている色以外の光は吸収されて消えてしまっています。
それでは「赤色に見えているのだから、赤い光は反射に使われてしまっていて、透過した光には含まれないのでは?」っという疑問を持つかもしれませんが、これは、数%の光が反射され、残りの数%の光が透過しているので、『赤いセロハンを透過した光は赤くなる』っという事が成立するのです。

Q自由研究(どの色が一番光を吸収するか)

私は中学2年で、今自由研究をしています。その自由研究の内容はまず透明なプラスチックコップに黒、白、赤、緑、青、なにもはってないもの、の6つを用意し同じ量の水をいれ太陽の光がよくあたる場所(外)におきました。そして30分後と1時間後にそれぞれのコップの水の温度をはかりました。そしたらこんな結果になりました。

       赤   青   黄  黒  白  なし
30分後  35,5  35,8  35  36,3 34,5 36
1時間後  35,8  36   35,5  37  35,2 36,2

こんな結果になりました。
この結果からは『白→黄→赤→青→なし→黒』
となりますが、一番黒が光を吸収し白が一番光を吸収しないとゆうことであってるのでしょうか?
『白→黄→赤→青→なし→黒』何故このような結果になったのでしょうか?色の濃さが関係しているんでしょうか。

Aベストアンサー

>一番黒が光を吸収し白が一番光を吸収しないとゆうことであってるのでしょうか?

水温が光の吸収のみに依存しているのでしたら実験結果をみるとそういうことになりますね。


>色の濃さが関係しているんでしょうか。

色の濃さが関係しているかもしれませんし、そうでないかもしれませんね。
色の濃さが変化に関係しているかどうかを実験で確かめてみてはどうでしょうか?

自由研究ですし、まだ時間は2週間あります。こうかくと失礼ですが質問文に書かれている実験だけですと下手をすると小学生にも負けてしまいそうな内容です。色々な因果関係を考えて色々な条件のもとで実験をしてみると充実する思います。

Q理科 光が全吸収されると黒??

小学3年生の息子と一緒に理科の[光]を学習しておりましたら、

息子が、

『「光を全部吸収するものが黒色、全部反射するものは白色。」って言うけど、おかしくない?だって、色は全部混ぜると黒色になるよね。だったら、光が全部反射したら黒になる…?!?!?』

と言うので、

『光って、この光だよ。これがあたりました~。そのまま全部はね返って○○君の目に入ってきました。だよね。光はそのまま光だよね。黒って暗闇の事だから、光が反射して暗闇っておかしいよね・・・。』

と言うと、それは事実として納得してくれたのですが、

『分かるけど。変だよ。色は全部混ぜると黒くなるのに・・・。なんか変!』

と言いますし、

親の私自身も、『そうだよね…???』
と、息子と同じ???状態でおります。

ネットで調べておりましたら、
こちらに、

http://oshiete.goo.ne.jp/qa/76825.html
【色の三原色と光の三原色について】
『光の場合、赤色の波長のみが反射して人間の目に映るので、赤く見えると思うのですが、絵の具の赤色もその反射で赤く見えるのならば、絵の具の場合のような、色の三原色である赤・黄・青の三色を混ぜると黒くなってしまうのに、光の三原色である赤・緑・青色を混ぜると白くなって見えるのはおかしく思うのですが。
絵の具の赤色と光の赤色とは違うと思わなければならないのでしょうか。』

とのご質問に、
下記のご回答があるのに辿りつきました。

『赤い絵の具からあなたの目に赤い光が届くので、あなたは絵の具の色を「赤だ」と認識するのです。
その点では、赤い絵の具から出るのは「赤い光」です。

ですが、赤い絵の具が赤く見えるのはなぜでしょう?
下で皆さんも書かれている様に、赤の光だけを反射するからです。

もう少し詳しく書きます。

「青い光」と「緑の光」と「赤の光」が、「赤い絵の具」にあたっているとします。
この中から、「青の光」と「緑の光」が「赤い絵の具」に吸収され、「赤い光」だけが反射してきます。
あなたは、この反射してきた「赤い光」を見ているのです。
ここで、「赤い絵の具」に「青い絵の具」を混ぜてみましょう。
「青い絵の具」は、「緑の光」と「赤い光」を吸収します。
すると、「赤い絵の具」に吸収されずに残った「赤い光」は、「青の絵の具」に吸収されてしまいます。
つまり、戻ってくる光が無くなってしまいます。
このように、絵の具を混ぜるときは「何色の光が吸収される(無くなる)のか?」を考えるのです。

今度は光を混ぜてみましょう。
ある所に「赤い光」があったとします。
ここに「青い光」が混ざりました。
光同士を混ぜているので、吸収する物はありません。
素直に、青色+赤色=マゼンタ色(紫に似ている)の光になります。
このように、吸収する物が無いので、光同士は単純に足し算(引き算も)していいのです。』


やっと、あ!なんだか分かりそう?!?!
という感触のご回答を探し出せたのですが・・・

『・・・すると、「赤い絵の具」に吸収されずに残った「赤い光」は、「青の絵の具」に吸収されてしまいます。
つまり、戻ってくる光が無くなってしまいます。
このように、絵の具を混ぜるときは「何色の光が吸収される(無くなる)のか?」を考えるのです。』

の部分が理解できないで困っております。

[全部の色が反射された光を目は白と感じる。全部の色が吸収されれば、目に光は届いてないので黒と感じる。]

という理解で宜しいのでしょうか。

もし、上記理解で宜しかったとしましても、
それ以前の、[光の全ての色が吸収される]が理解できず困っております。

私の頭の中では、
例えば、赤を反射するもの(赤)・黄を反射するもの・青を反射するもの、3つを混ぜる=三色を混ぜても、計算上黒にはならないのでは・・・???
(割合的に吸収される光と反射される光のは同じなのでは・・・)
と理解できないでおります。

例えば、それぞれに対して、1/10づつ、それぞれの色を反射すると考え、3色を混ぜると、赤(1/30)・青(1/30)・黄(1/30)なので、混ぜたものも反射するのは1/10なのでは・・・と考えておりまして、
これ以上理解がすすみません。

私にも、小学生の息子にも理解できる噛み砕いご説明を頂ければ大変有難いです。

宜しくお願い致します。

ちなみに、息子は、入射角や焦点距離などの理解はできており、鏡・金属の反射などもある程度理解できている様なのですが、
この『光は全反射されると反射している物質は白。全吸収されると黒。』
というのが理解できず、モヤモヤ感いっぱいでおります。


何卒ご回答宜しくお願い致します。

小学3年生の息子と一緒に理科の[光]を学習しておりましたら、

息子が、

『「光を全部吸収するものが黒色、全部反射するものは白色。」って言うけど、おかしくない?だって、色は全部混ぜると黒色になるよね。だったら、光が全部反射したら黒になる…?!?!?』

と言うので、

『光って、この光だよ。これがあたりました~。そのまま全部はね返って○○君の目に入ってきました。だよね。光はそのまま光だよね。黒って暗闇の事だから、光が反射して暗闇っておかしいよね・・・。』

と言うと、それは事実として納...続きを読む

Aベストアンサー

 #1です。

>【例えば30席にサポータが座っていて、赤サポーターなら赤のボールだけ投げ返す。他の色(波長)は、膝の上の大きな袋の中へ。ですので、赤・緑・青のサポーターがその30席に10人ずつ座れば、30席すべてに赤のサポーターが座っていた時の1/3しか赤は返ってきませんし、光は直進するので、緑や青のボールはそのまま赤サポーターの袋の中に入ってしまい、他の席の緑や青のサポーターのところへは行かない。】

 なるほど、ミクロでみた場合のことですね。お考えの通りなのですが、ボール(光)とサポーター(絵の具)が一つの層しかないモデルになっていますね。絵の具の分子が1層だけしかない場合ということです。

 実際には絵の具の分子は何層にもなっています。赤の絵の具の分子1つは2%の確率で赤の光を反射し、4%の確率で他の色を吸収し、光の94%は何色であれ通過してしまいます(数字は適当です)。それが何百と層を成しています。表面より深い所で反射した光は、表面に出ようとするまでに、また絵の具の分子と反応します。

 絵の具の三原色が均等に混ざっていると、いちばん表面の絵の具分子の層では仰ることが起きます。でも反射・吸収される光はごく僅かです。ほとんどの光はさらに奥へ進みます。説明の便宜上、模式的に仰るような層がきれいに積み重なっているとしまして、2番目の層でも少しの光が反応し、赤の光が外へ向かって反射されても、そこには2/3の確率で赤でない絵の具の分子があり、赤の光は外に出にくくなります。緑や青の光も同じです。

 3層目、4層目…と奥に進んだ光ほど、どの色の光であれ、外に出られる確率は低くなります。

 とはいえ、少しは反射がありますね。光が三原色混合の絵の具の外まで反射される確率が低いだけですから。ですので、理想的な絵の具を仮定しても、分子レベルでみれば真っ黒というわけにはいかず、非常に濃い灰色となります。

 先の回答では、そういう分子レベルのことには目をつむって、マクロなレベルで留めました。理屈を単純化するためでしたが、絵の具をミクロのレベルで考えるなら、上記のようになります。

 #1です。

>【例えば30席にサポータが座っていて、赤サポーターなら赤のボールだけ投げ返す。他の色(波長)は、膝の上の大きな袋の中へ。ですので、赤・緑・青のサポーターがその30席に10人ずつ座れば、30席すべてに赤のサポーターが座っていた時の1/3しか赤は返ってきませんし、光は直進するので、緑や青のボールはそのまま赤サポーターの袋の中に入ってしまい、他の席の緑や青のサポーターのところへは行かない。】

 なるほど、ミクロでみた場合のことですね。お考えの通りなのですが、ボール(光)...続きを読む

Q赤いセロハンは赤い光を…

よろしくお願いします。光発芽種子は赤い光で発芽をするのですが
その際、赤いセロハンを被せた場合と緑のセロハンを
被せた場合のどちらがより発芽するかという問題がありました。

答えは赤いセロハンなのですが、、

赤→赤い光を反射
緑→緑以外は吸収

だから緑かな?と思いました。

吸収より反射するものの方が透過率は高くなるのでしょうか?

そうであればそれはなぜでしょうか?

ご教授お願いします。

Aベストアンサー

赤いセロハンに光を当てると、赤く見えます。
赤いセロハンをライトにかざすとライトが赤く見えます。

同様に
緑のセロハンに光を当てると、緑に見えます。
緑のセロハンをライトにかざすとライトが緑に見えます。

つまり、
赤いセロハンは赤以外の光を吸収して、赤い光を反射し、赤い光を透過します。
緑のセロハンは緑以外の光を吸収して、緑色の光を反射し、緑色の光を透過します。

ということで、赤い色の光が透過する、赤いセロハンを被せたほうが早く発芽します。

Q自由研究について(色の三原色&光の三原色)

こんにちは。今、夏休みの宿題に科学研究(自由研究)が出ていて、悩まされています。
色々考えた末、課題は「色の三原色」について調べようと思っているのですが・・何をしようとかは決まっていません。
結構学校側も厳しくて、実験はもちろん数量化してまとめなさいとの事です。(普通かな?)
「色の三原色」について、インターネットで調べていてもあまり良いものは出てきませんでした。
調べていると、この課題は中学生には少し難しいとも書いてありました。(余談になりますが、実は最初「光の三原色」と対比して考えようとも思ってました。)
何か色の三原色について(光の三原色についても何か有りましたら)良い実験方法などがありましたら教えてください。ちなみに自分は中3です。
少しの情報でも何でもいいので・・・。宜しくお願いします。
分かりにくい文ですいません。

Aベストアンサー

中学3年生で、一度でも電子回路を扱ったことのある人ならLEDの使用はなんとかできるかもしれません。

LEDは特定の波長を出す半導体部品で、簡単に言ってしまえば、電球や蛍光灯、太陽などの光は赤とか青とか色々な光が混ざり合うことで白っぽい光になっています(光の三原色)が、LEDは青なら青!というように、特定の色しか出さないという性質があり、光の三原色などの実験には適しています。

LEDは価格的には1本数円~数百円ですが、
こういった実験には高輝度LEDとか、超高輝度LEDとかいって販売されたものがいいと思います。
秋葉原か、通販がいいと思います。

実際の実験としては色を実際に混ぜて比率をかえてみるとかでしょうかね。ここはアイディアしだいですね。

ただし、LEDは豆電球と違ってただ電池をつないだだけでは光りません。というか光ることは光るのですが、許容できる電圧のはばがかなり狭く、電流による何らかの制御が必要になってきます。ちょっと電圧をこえちゃったらすぐに切れてしまうし、下回るとうんともすんともいいません。そのため、適正電圧より高い電源を用意し、それを抵抗などを使って、20mA以下の電流が流れるような回路を作らなければいけません。この計算は中学校のオームの法則で求められます。ただし、この実験にはLEDや抵抗の他にやはりテスターが必要です

もし、がんばって回路を組みたいというのなら協力しますが、難しいと思うのならLEDの利用はあきらめた方がいいと思います。もちろん他にも様々な実験があると思うので探してみて下さい。

中学3年生で、一度でも電子回路を扱ったことのある人ならLEDの使用はなんとかできるかもしれません。

LEDは特定の波長を出す半導体部品で、簡単に言ってしまえば、電球や蛍光灯、太陽などの光は赤とか青とか色々な光が混ざり合うことで白っぽい光になっています(光の三原色)が、LEDは青なら青!というように、特定の色しか出さないという性質があり、光の三原色などの実験には適しています。

LEDは価格的には1本数円~数百円ですが、
こういった実験には高輝度LEDとか、超高輝度LEDとかいって販売された...続きを読む

Q色は光を吸収する

私は中学2年です。黒は光を吸収するといいます。その反対にしろは吸収せずに反射します。でゎ赤や青や黄は、どのいろが一番光を吸収するのか?とおもいパソコンで調べてみましたが、私にはむずかしくてよく意味が分かりません。中学2年の私にもわかるように説明してくださるかた教えてください。光をよく吸収するのは色の濃い順番なんでしょうか?

Aベストアンサー

吸収する色と反射する色を,2色同じ量で混ぜ合わせると,白色という光の完全な形になりますね。このように,反対の関係にある色を「補色(ほしょく)」と呼びます。

赤の補色は緑
青の補色は橙(だいだい)
黄の補色は紫

同じ量で考えると,紫が一番たくさんのエネルギーを吸収しますから,お尋ねの色では黄になります。虹を見ると紫>藍>青>緑>黄>橙>赤となっている順番で,光にはエネルギーの大きさで順番があります。同じ量の光を当てて黄色に見えるものが,一番あたたまりやすいことになります。

Q何故、白より黒の方が紫外線の透過率が下がるのですか?

よろしくお願いします。
まったくの素人なのですが、よく日傘などで
白より黒の色のもののほうが紫外線を通さず
良いという話を聞きます。

素人の質問で申し訳ありませんがなぜ色により
紫外線の透過率に違いがでるのでしょうか?
ご教授ください

Aベストアンサー

こんにちは。他の方の回答と重複する部分もありますが、次のような回答ではいかがでしょう。

ポイントは、「白って実は透明・・・」

 まず、ご存じかもしれませんが、「赤い傘」と「白い傘」の違いを理解してみましょう。
 色とは光の中で「波長」という要素が異なるものです。赤なら波長が「800」くらい、緑なら「500」くらいというように表現できます。(単位は難しくなるので省略)
 人間は波長が400(紫)くらいから800(赤)くらいの光が見えるので、この範囲の光をまんべんなく反射するものを「白い」と呼び、800くらいだけのものを反射すると「赤い」と呼びます。

 紫外線も実は光の仲間です。波長200くらいなので人間には見えませんが、「白い傘」はこの波長もまんべんなく反射すると仮定しましょう。
なお、すべての波長をまんべんなく吸収してしまうのが「黒」であり、すべての波長(色)の光を同じ率で中途半端に反射するのが「灰色」です。

 あれ?「白」がすべての波長の光を十分に反射するなら、白い傘でも黒い傘でも傘の下はいっしょ・・・。

 実は「白」を作るには2つの方法があります。
 ひとつは銀のようにもともと光を完全に反射するものを粉状にして広げる場合であり、この場合はそれぞれの粉がほぼ完全に光を反射するので、光はほとんど通過しません。
 もうひとつは、透明の物質を粉状にするもので、いわば、透明な氷を「かき氷」や「雪」にしている状態です。空気と氷との間で複雑な反射が起きて見かけ上「白」になります。

 実は前者の方法は、粒子の表面の特性から薄暗い白(灰色。場合により黒に近くなることも)になりやすいため、世の中の白い物質はほとんど後者の方法で作られます。(たとえば白い紙を顕微鏡で見ると透明な繊維の連なりが見えるでしょう)このため、通常「白い傘」は一定の率で光を透過してしまうのです。まあ、これは、白い傘の裏側から太陽を見れば結構明るいことでもわかるでしょう
 他方で、黒は、文字通り光を透過せずに吸収する状態を言います。このため、白い傘は黒に比べて紫外線を透過しやすいことになります。

が、実はこれだけで判断するのはちょっと悩ましいところ。次のような点も考慮する必要があるかもしれません。

○ 見かけが白く、見える光が反射あるいは透過しているからといって紫外線も同じとは限りません。紫外線はばっちり遮断しているものもあれば、見える光より遙かに多く透過している場合もあります。商品のうたい文句をみる以外見分けはつかないのですが。
 同じことは黒でも言えますが、炭素系を中心にした黒い物質は広い波長の範囲で吸収力が均一で紫外線に対しても信用できることが多いようです。
○ 通常は、白い傘でも光をかなり遮断でき、結構効果的。こうなると地面からの照り返しのほうが強く、そちらの防御もかなり重要です。ところが白の裏側は照り返しをまた人に向けて反射するため、これを嫌う人もいます。
○ 他方で黒い傘は光を吸収して熱を持ちやすく、輻射熱でかえって白より暑く感じることも。

 ということで、物理的な意味でのおすすめは、「表が白で裏が黒」や「表は銀色」というタイプです。
現にそのような商品も見たことはありますが、実際にさして歩くのは勇気がいるかもしれませんね。

さてさていかがでしょうか
お役に立てれば幸いです。

こんにちは。他の方の回答と重複する部分もありますが、次のような回答ではいかがでしょう。

ポイントは、「白って実は透明・・・」

 まず、ご存じかもしれませんが、「赤い傘」と「白い傘」の違いを理解してみましょう。
 色とは光の中で「波長」という要素が異なるものです。赤なら波長が「800」くらい、緑なら「500」くらいというように表現できます。(単位は難しくなるので省略)
 人間は波長が400(紫)くらいから800(赤)くらいの光が見えるので、この範囲の光をまんべんなく反射するものを「...続きを読む

QLEDの色を変える方法ってありますでしょうか?

青色のLEDが付いたモノなんですが、
LEDが基盤に直接付いてるので 外すのも怖くて 困ってます;


白色にしたかったので、単純に黄色のマジックで塗ったサランラップを
当ててみたのですが上手くいかず、、、


何かLEDを変えずに、色だけ変える方法や グッズなど ご存じないでしょうか???
白色に変えれなくても、他の色に変えれれば良いので どなたかご存知でしたら、
アドバイスお願いします><

Aベストアンサー

原理的に、フィルターによる「引き算」では
青色のみの光からは青色しか引けないので、
他の色の光を加える「足し算」でしか
色を変えることはできません。

一般的な白色LEDは、青色の発光素子の上に
黄色の発光体をかぶせて、青色+黄色の混色で
白色にしています。

この仕組みと同じ方法を用いて、
例えば透明な樹脂プレートに黄色の蛍光塗料を塗って
青色LEDにかぶせると色を変えられるかもしれません。

Qセロファンは何から出来ていてどういう性質を持っているんですか?

すみません。
自由研究途中で悩んでいる中二です。
ある観察をするために、セロファンを使っていたら、
セロファンに水をかけてしまいました。
急いでタオルで拭き取りました。
すると、セロファンの色がタオルについていました。
なぜでしょうか?
出来れば、セロファンは何から出来ているとか、
どういう性質だからとか、教えてもらいたいです。
お願いします。

Aベストアンサー

解答つかないねえ。単純に言おう。

ここにセロファンの専門家はいないということだ。


……つまりこの疑問に答えてくれるのは、自分史甲斐ないということですな。

まさに自由研究にうってつけということで、まあ、教育的観点からこれを研究ベースに乗せる方法についてちょっと考えてみました。

はじめに
観察事実:セロファンの色は水をかけると色落ちする
調査結果:セロファンは植物繊維を溶剤で溶かしてから再び固めたものである。ビニールというよりは紙に近い。

実験1
・実験方法
水にふやかしたセロファンと色紙をティッシュでふき取り、色落ち具合を比較する
・実験条件
a.セロファンを水でふやかした時間(ふやかさなかった場合含む)
b.セロファンと色紙(種類を変えること)、色つきプラスチック(半透明下敷きとか)や色つきビニールもあればよい
・結果のとり方
ティッシュはそのまま並べて貼り付けよう。そのときに「水でふやかした時間」が短いものを左に、長いものを右にと並べるとよい。
・考察の仕方
水でふやかした時間の長さと色落ち具合の関係を見る。そしてセロファン・色紙・色つきプラスチックの関係そしてその原因をどうにかして考える。


実験2
予備実験:色つきセロファンを少量の水で丸1日ふやかし、ばしゃばしゃやって水に色が落ちるかどうか確かめておく。水に色が移ればその水を実験試料に使う。なければ絵の具を溶かした水を用意する。
・実験方法
色水を用意し、その中にセロファンなどを入れてそれに色が移るかどうかを確かめる。色水は十分な量を用意しておくこと。
・実験条件
a.入れるものの種類:透明セロファン、白紙、透明プラスチック、透明ビニール
b.色水にふやかした後、さらに透明の水で数秒水洗いするかしないか
・結果のとり方
それぞれセロファン、紙、ビニールなどを干して、ノートか模造紙(結果をまとめるもの)に貼り付けよう。
・考察の仕方
色がついたものと付かなかったものをグループ分けしよう。そのグループに共通する性質を考える。なお、水洗いしなかったグループについては、色の付き方に模様が付いていないかどうか確かめておくとよい。

実験3
実験2で使ったのと同じ種類の材料を使って、水を通すか通さないかを調べる。方法などは自分で考えよう。
考察は、水を通すか通さないかでグループ分けする。

総合考察
実験1、2、3の結果をよく見比べよう。セロファン、紙、ビニール、プラスチック板のグループ分けに、共通したところはあるだろうか。あるとしたらなぜそのような結果になったのだろう。


材料の手に入れ方
セロファン:すでに買い方はわかってますよね?
色紙:その辺の文房具屋で手に入ります
プラスチック;下敷きなら文房具屋で。あるいは手芸屋さんで手に入る可能性もあります。アクリルなどはホームセンターで手に入るかもしれません。23区に住んでるならハンズとかロフトとか。

解答つかないねえ。単純に言おう。

ここにセロファンの専門家はいないということだ。


……つまりこの疑問に答えてくれるのは、自分史甲斐ないということですな。

まさに自由研究にうってつけということで、まあ、教育的観点からこれを研究ベースに乗せる方法についてちょっと考えてみました。

はじめに
観察事実:セロファンの色は水をかけると色落ちする
調査結果:セロファンは植物繊維を溶剤で溶かしてから再び固めたものである。ビニールというよりは紙に近い。

実験1
・実験方法
水にふや...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング