プロが教えるわが家の防犯対策術!

カブって横風に弱いんですかね。
今日は、全然まっすぐに走らなくて、
まるで氷の上を走っているのか、
はたまた、タイヤがどうにかなったのかと思いました。
考えてみれば、台風の時にも
いろんなバイク(それでもスクーターとかカブはなし)に
乗ったことがあるけど、こんなアンコントローラブルなことは初めて。
かなり怖い思いをしました。
郵便屋さんとか新聞配達の方とかは、嵐のときは、すごいハイテクニックを
日夜駆使されているんですね。

カブって横風には相当弱いんですよね。
サスペンションの構造がそうさせるのでしょうか。
できれば、経験をお持ちで同意してくださる方の回答を期待します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

>カブって横風には相当弱いんですよね。


>サスペンションの構造がそうさせるのでしょうか。

 カブは横風に弱いですね。が、それはサス形式のせいではありません。

※バイクに限らずクルマでも、横風耐性は主に下記4要素で決まります。

(1)側面投影面積
 横から見たシルエットの面積の大きさ
(2)空力中心
 横風を受けた時に、そのチカラが作用する点。側面投影面の図心と理解すればよろしいでしょう。
(3)ヨーイング回転慣性質量(通称ヨー慣性)
 横風で進行方向が乱されるのは、車体にヨーイング運動が発生するからです。(横風で、ヨーイング運動なしに車体が横に流される=車体がスライドする動きは、操縦者はあまり不安定を感じないことが実験的に判っています。)
 ここで発生するヨーイング運動の大きさと収斂性は、車体のZ軸回りの回転慣性運動=ヨー慣性が寄与しています。
(4)そして勿論、全体の質量
 重ければ安定し、軽ければちょっとの風でも流されるのは当然です。

※っという事を踏まえ、カブを見てみましょう。

(1)センタカバー一体のレッグシールドと大径ホイールの為(回転するスポーク間は風の流れが悪いので、投影面積に含めます)に、側面投影面積は結構な大きさになります。
(2)乗車状態での側面投影面では、ステップから後ろの面積的マスが大きく、空力中心が後方にある事が予想されます。
 これはつまり、車体後半に横風のチカラがかかり易いということを意味し、そうなると当然ヨーイング運動も発生しやすくなる、というワケです。
(3)カブの車体の構造を見ると、実はセンタ部分はスカスカです。
 一方前後の質量は、大径タイヤや丈夫なサスなどにより結構な質量を持っています。
 これは、同じ重量のフツーのバイクと比べると、ヨー慣性が大きいということを意味ます。
 ヨー慣性が大きいという事は、
イ)ヨーイング発生の周波数が低い(横風の様な、比較的低周波数の入力でもヨーイングの共振が起こり易いということ)
ロ)一旦発生したヨーイングを収斂させにくい(操縦者のコントロールによりヨーを止めにくい)
・・・っということになり、結果、カブは『横風で進路を乱し易い』ということになります。
(4)カブは同クラスのスクータより重いですが、その差は横風耐性に対してよい方向に影響するほど大きくない、或いは上記の影響の方が大きく、重いというメリットがそれほど生きていない、ということなんでしょう。

※他の同類(スクータ類)と比べてどうか?っと言いますと。
 カブ同様、空力中心は後方よりに見えますが、しかし前輪の面積的マスが小さく、サス自体もシンプルで軽い構造となっている点がカブとの違いとして目に付きます。
 ヨー慣性という面でいうと、フツーの原付スクータの方が小さいのではないか?と思われます。
 更にステップスルーという事も重要でしょう。
 乗車状態では(ライダーの足があるので)ステップ部分は『ガラ空き』とはなりませんが、それでもスキマが多く、側面投影面積としてはカブより少ないと思われます。これは、横風でバイクに入力されるチカラがカブより小さい、ということを意味します。

・・・以上の様なワケで、カブが横風に弱いというのは理論的にも正しいと考えられます。
 
    • good
    • 1
この回答へのお礼

なかなかの理論的考察ありがとうございました。
とにかくサスペンションの形式が原因ではないってことですね。
今だあの時何が起こったのかよくわかりません。
まっすぐ走らせたいという意思に車体がいうことをきかず。
まるで、トンネルを抜けるとアイスバーン状態のイメージで
とにかく逆らわず、速度を落とすしかなかったし、速度を落とせば
それなりにいうことを聞いてくれていました。
いずれにせよ、分析の結果がカブは横風に弱いということなので、
風が強い日は乗らないことにします。

お礼日時:2014/10/08 22:23

重心が低く車重が軽い割に側面の投影面積が


広いので横風はまともに食らう感じです。
レッグシールドを切断するか外せば風が抜ける分
横風の影響は少なくなるでしょうが、これからの
季節は寒いからあったほうがいいですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

カブのバックボーンフレームとリアフェンダーを兼ねたプレス材と
パイプの組み合わせというのは現代でも斬新です。
(レッグシールドを含め、立体商標が取れたそうですが。)
しかし、特許を回避したヤマハも、思いっきりかぶったスズキも
なぜそこまで弱点の解消に向けて考えが及ばなかったのかが不思議ですね。
下からは神社仏閣スタイルのフェンダーでカバーできますし、前からは
ワイルドセブンのヒーローのナナハンのスタイルのフェンダーでよかったのでは。
そうすれば、横からの風は通り抜けていきます。

でも冬はいいですね。ヨーロッパのライダーがよくつけている
ローハイドのような前掛けと同時に使うと。

ただ、カブはハンドウオーマーが常設されていないんですね。
冬は4ストの直立空冷エンジンが最高です。

お礼が遅れてしまいました。
横風をまともに食らう。ですか、体感されている方の感想。
ありがとうございました。感謝いたします。

お礼日時:2014/10/07 19:46

>まるで氷の上を走っているのか


おそらく、タイヤの空気圧が半分以下になっています。
稀にサスペンションのダンパー不揃いでそんな状況があるかも。
まさか、つるつるタイヤで地道ではないと思いますが。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

私も最初にそれを疑いました。
いちおうパンパン(燃費を稼ごうとせこいことをしてますので)でした。
ただ、台風一過で路面がけっこう濡れていて、先行車のリアタイヤからの
しぶきが気になるくらいでしたから、ハイドロプレーニング現象みたいなものだと
ずるっといったらどうしょうかという気分でした。
タイヤが関係ないとしたら、横風(というか方向がころころ変わる強風)なのかなと考えたしだいです。
とにかく、それ以前にはない経験で、それ以降は同じ道で同じ全速でもそういった事態は感じられません。
つるつるといえば、前所有者はカーカスが見えるところまで使い込んでいましたね。
どこまでいけるか確認中とかいって。今のタイヤに交換したときはまじチューブらしきものまで
確認できるぐらいぴらぴらでしたね。2万キロ越えとか。

お礼日時:2014/10/07 18:52

カブというより重量の軽い原付は大抵横風に弱いのではないですかね。



カブは少ししか乗ったことないので比較は難しいですが、
スクーターに乗っていてトラックに追い抜かれるときは巻き風でヒヤヒヤします。
軽いのである程度は立て直しが効きますが・・軽すぎでフラフラして怖いです

個人的に一番辛いのは250ccクラスのカウル付きです。
風に煽られると一瞬でハンドルを持っていかれて、半端に重量もあるので戻すのに一苦労です。
スピードも出ているので事故るかと思いました。

大型のツアラーになると一転して安定します。
強風でも重量でカバーしますので、ビクともしません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
スクーターで抜かれるのは怖いですね。
強風中だと、とんでもないことになりそう。
大型のツアラーは渋滞がなければ快適でしょうね。
でも、倒れた時のことを考えると、そこまでして
大きいのに乗る位なら、4つ輪に乗ります。
すくなくとも台風の日は。
250のカウルつきが最悪ですか。
勉強になりました。
回答ありがとうございました。

お礼日時:2014/10/07 18:41

私はカブにフロントバスケット(ビニルカバー付き)、大きめのウインドシールド、リヤにGIVIボックスを付けてますのでさらに横風に煽られます。

でもまあ慣れですかね。多少の横風は体重移動でかわします。それ以上だと停まるしかないですけど。

300kg以上で太いタイヤで接地面積の大きいのハーレーファットボーイでも、ディッシュホイールはもっと怖いですよ。高速道路の横風で2車線飛ばされたことがありますから。スピードが違うので直接比べられないですが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほどディッシュホイールは見るからに怖そうですね。
オフ中心なんで、風通しが良いバイクが多いので、
詰まってるバイクの特性を少し理解できました.
>でもまあ慣れですかね。多少の横風は体重移動でかわします。それ以上だと停まるしかないですけど。
止まるしかない。無理は禁物ですね。
回答ありがとうございました。

お礼日時:2014/10/07 18:33

嵐の時に危険な思いまでして乗るのが


そもそもの間違いなんじゃないの。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
おっしゃるとおりですね。
実は私も、のったことがなかったんですね。
あまりに晴れてたもんで、台風一過ということで、つい。
オフ車では台風の目のなかで走ったらどうなるかぐらい
は、やってみたことはあるんですが、
カブは初体験です。

お礼日時:2014/10/06 23:54

そうですね。


カブは横風に弱いです。

タイヤの径が大きくて、幅が狭いですから、
風の影響を受ける面積が大きくて、接地面積が小さいので、
ふらつくんですね。
経験あります。

まあ、サスも柔らかめだしね。
仕事でカブで走っている人は、まあ、テクニックというよりも、
単にカブに特化して慣れているのだと思いますけどね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
ボトムリンクは独特な動きですので、
レッグシールドのランドエフェクト効果で
アドヒージョンがなくなるとかですかね。

お礼日時:2014/10/06 23:48

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q風が強い日も運転しますか?

強風時の運転について、具体的に「このくらいならやめよう」という判断基準はありますか?

ちなみにヤフー天気によると本日の我が地域は。。。
風:西の風やや強く海上では北西の風強く
波:2メートル後3メートル
だそうですが、初心者の私には文字だけ見てもなんの事かよくわかりません。

なので私は、
時々ゴォーーっと強く吹き、外に干してあるふとんカバーが舞い上がっていたら運転は無理と判断します。

そんな日でも耳をすませば外を走くり回るバイク音(珍走ではない一般の)がするので、大丈夫なのか?と思います。
一輪車で細い畑道を行き来するお年寄りもいるので、何とかなるのか?と思います。

※我が家のは軽いバイク(エストレヤ)で、運転手は初心者・小柄・筋力自信無しの女です。バイク仲間はいません。

地域差、重量差、技術差もあると思いますが、「このくらいの強風なら運転をやめよう」という判断基準がありましたら教えていただけると幸いです。

Aベストアンサー

私は、フルカウルのSSバイク(CBR929RR)に乗っています。
フルカウルのバイクというのは、他の車種と比較すると横風には非常に弱いバイクです。
まぁ、少々風が強くても正面からであれば問題は無いのですが、こと横風になると大変です。
フルカウルはもちろん、ディッシュホイールなどは影響が大きいと聞きました。
逆に、「スカチューン」などしているバイクは、横風に強いかもしれません。

以前、ツーリングの帰りに高速道路を利用したら横風が強く、アクセルを開けられなかったことがありました。
速度も出せず、「走る障害物」状態でした。
ですから、風が強いと判っている場合は乗らないようにしています。

ただ、天気予報は参考しますが、具体的に「○○メートル以上の風速」という基準はありません。

私自身、重さだけなら、バイクが200kg、ライダーが80kg、装備が5kg・・・結構な重さです。
ですから、具体的な数字では無く、停車中のバイクを「サイドスタンド無しで支えるのは心細い」状況であれば問題なく乗り出すことはありません。

質問者さんも、数字などに捕らわれることなく、体感で決めると良いと思います。
>布団カバーが舞い上がったら・・・
とても良い判断基準だと思います。
数字だけで判断しても、場所によっては「ビル風」だの「山からの吹き下ろし」だのと思わぬ強風の場所もありますからね。

よく言うじゃないですか。
「止める勇気が必要」だと・・・。
特に、独りで走る場合は用心するにこしたことは無いですよ。

私は、フルカウルのSSバイク(CBR929RR)に乗っています。
フルカウルのバイクというのは、他の車種と比較すると横風には非常に弱いバイクです。
まぁ、少々風が強くても正面からであれば問題は無いのですが、こと横風になると大変です。
フルカウルはもちろん、ディッシュホイールなどは影響が大きいと聞きました。
逆に、「スカチューン」などしているバイクは、横風に強いかもしれません。

以前、ツーリングの帰りに高速道路を利用したら横風が強く、アクセルを開けられなかったことがありました。
...続きを読む

Qリアボックスを付けると風に煽られますか?

リアボックスを付けると風に煽られますか?

ホンダのトゥデイにリアボックスを付けたいと思っています。

Q1 車体の後上方に箱型のものを付けると酷く風に煽られそうな気がするのですが、実際どうですか?

Q2 流線形のボックスと真四角のボックスで空力的な差はありますか?(真四角のほうが風に煽られやすいとか)

Aベストアンサー

ジョグに取り付けていますが前方からの風は全く関係ないと思います、しかし、真横からの強風や突風は確かに関係すると思いますがその様な風の強いときは無くてもあおられるでしょう。

通勤用に使用して途中に堤防があり強風の時でも通りますが多少は違うと感じます、それよりも便利さの方が勝っているためにワンタッチで外せますがそのつもりは有りません。

逆に大型バイクのサイドケースとトップケースと取り付けているのですがそちらの方が横風は応えますからそんなに心配するほどでもないです。

なおトップケースは真四角ではないです(これは経験無し)

Qリトルカブで通勤はやめたほうがいいでしょうか?

 大体ですが自宅から通勤場所まで片道20kmあります。

 リトルカブを買おうと考えています。
身長が155ということと、女の子にはリトルのほうが
運転しやすいとアドバイスをもらったので。

 
この距離だと原付やリトルカブで通勤はむずかしいでしょうか?

  また、見た目と燃費のよさだけに注目して
バイクを選ぶのは間違ってるのでしょうか?
通勤するなら、発信が遅い、盗まれやすいなどのデメリットを重要視すべきなのでしょうか?

 お答えいただければありがたいです。

Aベストアンサー

原付通勤の苦難と言うと…
1つめ…普通運転免許で運転できる恐怖
 まず一番に何が怖いかと言えばこれでしょう。車は運転できると言う人が『スクーターに乗ってみたい』と言う…
大学時代、駐輪場で試乗させてみると高確率でフェンスに激突します(笑)笑い事ではないのでしょうけれど…
コツを掴めば簡単なのですが『普免があるから』と言う事だけで安易に原付を選ぶのは危険かと思います。
もちろん『乗ってはならない』では無いですから、あまり車のいない所で慣らして、徐々に距離を伸ばせば構わないですけどね…
『家から5kmの大冒険』というCMがありましたが、原付はおそらくその範囲で移動する為の物かなと思います。
まぁ徐々に距離を伸ばせば良いのですけどね。実際ポリタンクをくくり付けた原付の長距離移動は何度となく見たことがありますが…
※ちなみに激突の原因は、アクセルをふかした状態のままブレーキで止まろうとするために起こるんですね…『まずその手を外せ』それでこれは解決します。

2つめ…最高時速30km/h
 原付の一番難点でしょう…速度標識に関係なく30km/hを超えるスピードは速度超過です。
がっ!正直これを守っている人を見たことがありません…(あっても農道を農家のおばちゃんが走る時は遵守していますけどね…)
一般道で守ろうものなら『邪魔臭いなぁ』と言う感じであおられたり、どんどん追い越されていきます…
守っている人がいないと言っても、当然捕まったら切符を切られます。
60km/h制限だからと60km/hで走ろうものならば即免停と言う厳しい現実が待っています。
最高速を遵守するならば20kmの距離ですので最低でも40分乗り続けることになりますね…
当然信号待ち等もありますから約1時間ですか…正直辛いかと思います。

3つめ…通勤だから!と心のゆとり
毎日ですから、時には『遅れそう!』と言う事もありますよね?
急ぐあまりに事故…急ぐあまりに返らぬ人…これでは辛いでしょう。
まして車ではなくバイクなんです…
『車=走る凶器、バイク=走る棺おけ』…自動二輪教習時に教官が言っておりました…
大学の同級生も在学中にバイク事故で亡くなっているんですよね…(別に乗せないための伏線ではなく事実)
過去に一回だけ、会社帰りに『バイクで東海道経由岐阜』これを直行すべく、
中型バイクですが、バイク通勤をしたことがありますが、普段渋滞のすり抜けは慣れているにもかかわらず
大渋滞の中のすり抜けはすごく辛かったです。後半はまぁ良いやとのんびりです…
だいぶ余裕を持って出発したはずだったのですが、ギリギリでした。

もし空いている道だったならばバイクのほうが良い事もありますよ。
交通機関利用で都心まで3時間と言うど田舎大学近くに住んでいて、
バイクで飛ばしたから面接時間に間に合ったという事もありますからね…所要時間は1時間45分でした…
と言うことで『交通機関利用ならば2時間かかる』と言うのでしたら原付安全運転で1時間通勤も悪くないでしょうね。

原付通勤は…私ならばやっぱり避けたいです。『自分の責任』が多すぎますから…

原付通勤の苦難と言うと…
1つめ…普通運転免許で運転できる恐怖
 まず一番に何が怖いかと言えばこれでしょう。車は運転できると言う人が『スクーターに乗ってみたい』と言う…
大学時代、駐輪場で試乗させてみると高確率でフェンスに激突します(笑)笑い事ではないのでしょうけれど…
コツを掴めば簡単なのですが『普免があるから』と言う事だけで安易に原付を選ぶのは危険かと思います。
もちろん『乗ってはならない』では無いですから、あまり車のいない所で慣らして、徐々に距離を伸ばせば構わないですけど...続きを読む


人気Q&Aランキング