55歳のサラリーマンです。60歳定年までは4年半あり、役職が無くなるのは58歳であと2年半あります。最近、特に仕事のモチベーションが全然上がらず困っています。2、3年前までは、積極的に仕事に打ち込め充実しており家庭生活も同じく充実していましたが、最近は以前の仕事と内容も変わらず大して難しい仕事をしている訳でもないのに仕事・会社がとてもつまらなく感じ何事も億劫でやる気が無くなって来ました。個人的には、歳のせいかな?とか思っていますが同年代の男性でも女性でもご自身の心持を教えていただきたいと思います。ちなみに会社ではある程度の地位まで昇進は致しました。そこから上はどう考えても無理な状況です。体調的には以前より疲れ易くなり、変な話ですが性欲も落ちてきました。金銭的には問題のない生活をしており、退職金もそれ相当の金額がいただけます。とにかく以前のような充実感のある生活を取り戻したいので宜しくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

同じ年のサラリーマンです。


私の場合ですが、40代後半で事業が撤収となり、その職場の役職にいたので
撤収のための仕事を数年間やりました。プラス思考のチャレンジの連続だった仕事から
マイナスの仕事を続けているう内に知力、体力、精力すべてが落ちましたね。
その後、転勤の話もありましたが、お断りして役職を失いました。
あまりにも会社の裏側を見てしまったため昇格の意欲も失いました。
この時に更年期も四十肩、五十肩もやりました。
全く違った職場で役職なしになって現場で仕事していますが、数年は引きづりましたね。
でも今は、逆に元気を取り戻してきています。
理由は、職場の上司関係を捨てて若い人との繋がりが出来たからです。
若い社員の相談にのったり、自宅に呼んで仕事を教えたり、バーベキューしたりしています。
元の仕事の関係もあって、旧取引先のOBの方とも親しくさせていただいています。
おかげで、管理職からは嫌がられています。
質問者の方もあと2年で何が出来るか、役職も上がることはなく定年が見えてきた事で
精神的なモチベーションを失っているのではないでしょうか、
それが引き金で更年期になり性欲も落ちてきていると云う事があり得ると思います。
心も体も一緒なのですね。
どうしても男性の場合は、仕事や職場の変化で健康まで影響するようです。
あと二年で達成する様な目標を決めて頑張る
今から後輩の育成に取り掛かり58歳以降は、アドバイスなど行う現場社員になる。
今から定年後の目標を決めて準備に力を入れる。
私もそうですが、すでに先が見えているので、自分が正しいと思うことに力を注ぐ事にしました。
但し、それでも失った体力と精力は戻らないと思います。
    • good
    • 1

>以前より疲れ易くなり、変な話ですが性欲も落ちてきました。



モチベーションの低下の原因に、病的なものもあるのではないでしょうか。
うつ病、更年期障害(最近は男性にもあると言われています)の症状の一つです。

一度、念の為に受診してみてはどうでしょうか。
    • good
    • 5

男性にも女性のように「更年期」があって、鬱などの症状を発することがあるそうです。


精神的な問題がないか、医師の診察を受けられてはいかがでしょう。

若しくは、そういった心身の問題の有無にかかわらず、ここが質問者の会社員としての限界と認識した上で、潔く引退されてもいいのではないかと思います。

何にせよ、やる気がないのに管理職のイスにふんぞり返って高給をとっている存在は「迷惑」の一言でしかありません。
それを悟られる前に、どうしても仕事のやる気を上げることが出来ないなら、そこが引き際ではないでしょうか。

質問者より安い給料で頑張っている若手のことも、少しは考えてください。
彼らは、会社から例えボロ雑巾のように扱われても、まだまだゴールまで先が長いので簡単にへこたれることが出来ません。
それに比べれば、定年まであとわずかの質問者はまだ幸せだと思います。
    • good
    • 3

>とにかく以前のような充実感のある生活を取り戻したいので宜しくお願いいたします。



今の会社で社畜をしていては難しいと思います。
今後とも益々モチベーションが下がって行くでしょう。



退職金の支給条件を満たした時点で思い切って退社され、社内の役に立つ仕事を開始してはいかがでしょうか?

霞が関の官僚だった私の知人は、定年前退官し、農業生産者の支援になる仕事を始めてから急に笑顔がでるようになり、還暦をすぎても益々元気に地方の農村を飛び回っていますね。
    • good
    • 0

人生は、自分が存在していていいんだ、と思えることが肝心です。



自分にとって、ではなく、自分以外の誰かにとって、という意味で言っています。

私、コンサル仕事で、ある有名な自動車会社に行っていた時、信じられないことを聞きました。
ここを退職した社員は大体62歳ぐらいで亡くなるのが多い、と。
何でそんな若さで、と感じましたけど、考えてみるともっともかもしれない。

もちろん、話している相手はマネージャクラスですから50代後半です。

この、話している相手が60そこそこで亡くなる想像はできません。
どうするこうする、と退職後の計画を話していましたし。

62歳でこの世を去る人間は、60までびっちり工場にいたりしています。
それに全人生をささげてしまい、そのため優秀な社員だったのでしょう。
さて、退職すると、誰も彼を必要としていないのです。

かつて、ぬれ落ち葉という言葉もありましたし、生ごみあつかいという話もありました。
生きている意味がなくなっているのです。
そうすると、気持ちもこの世を去っていますし、命もそれに従うのでしょう。

仕事が一番、はかまいませんが、その仕事だけしかない、が人生の問題ではないでしょうか。

まあ、趣味を持て、とか仲間を作れ、と外野は言います。それはもっともですけど、やっていなかったことを始めるのは大変です。

もっと高齢向けに、「デイサービス」なんていう事業があって、一室に年寄りを集めて歌を歌ったり踊ったりします。
これはもう「ぼけ防止」です。本人がやりたいわけではない。

別の話をしますが、定年後年金を受け取りながら、日本に来た留学生の女の子とつきあってバイクであちこちを案内したうえ、一緒に泊るなんていうことをしている人も知っています。生き生きしたもので、こんなやつに年金やってどうするんだと思わないではないです。

ポイントは、ひととのかかわりです。
自分の趣味を増やすなんていって突然通信講座でギターなんか始めても問題の解決にはならんのです。

退職間近ということで考えたとき、ひとつよく見直していただきたい。

あなたは、若い者を育てるということをしてきていますか。

仕事のルールの伝達、ではありません。そんなもんは誰であっても伝えられることです。

どう考えて何をすると意志の齟齬を防げるか、というようなこと、どのような話し方をすると相手が言うことを聞いてくれるか、ということ。
自分がこういう失敗をしたことがある、というような思い出話を加えながら。
そういうことを誰かにコーチングしたこと、ありますか。

もしあるなら、今のような生きがい不足、は発生していないはずです。

なぜなら、指導した若い者は、あなたを頼りにし、あなたから教わりたいと思っているからです。尊敬しているはずです。
そういうやつは世話しないといけません。
まだまだだな、おれがいないと困るだろう、と感じたら、あなたが存在する価値は明確にあります。必要とされています。

女房子供、というのは、いつも一緒に暮らしているとお互いのありがたみも何も感じない不感症になっていますので、こいつにはおれが必要だと思っても実感はありません。

本当の第三者を育てるということを考えてください。
    • good
    • 2

失礼ながら、「会社ではある程度の地位まで昇進」なさった方としては、「情けない・・」と感じます。



企業にとって、最も大切なことは何かを、再考してみられては?

恐らくは、出世や昇給などを、重要なモチベーションの一つになさっていたのでは?と思いますが、それは否定しません。
私にとっても、それらは大事なモチベーションでした。

但し、それは個々のサラリーマンにとって、大切なことに過ぎず、会社にとって大切なことではありません。

私が前職を去る折、後ろ髪を引かれる様な思いもありましたが・・。
自分が心血を注ぎ、手塩にかけて育てた部下たちが居ましたので、「お前たちが居るから、俺は安心して会社を去れる」と言い残し、会社を去ることが出来ました。

彼らは私の期待以上の活躍をし、会社を盛り立ててくれていますし、そう言う彼らの元上司,元先輩として恥じぬ様にすることが、現在のモチベーションの一つになっています。

未だに彼らも、私を師筋と仰いでくれ、親交も深いです。

サラリーマンとしては老境の域の質問者さんも、最後に会社に残すモノは・・人材ではないですかね?

私は部下たちを、社長にすべくの気持ちで育成しましたが、わずか4年半で、未来の社長を育てるのは、やり甲斐がある仕事と言いますか、それどころじゃないと思いますが・・。

質問者さんの、今後のやり甲斐のヒントになれば、幸甚です。
    • good
    • 3

趣味とか、、、そろそろ、リタイアするときに、困らない、、、何かを見つける時では、、、。



スリルのある人生なら、大型バイク、オープンカー、ケーターハムを手に入れる、

のんびりなら、キャンピングカーー陶芸工房ひとセット、カヤック、

そろそろ、会社以外の事にも目を向ける頃では、、、。
    • good
    • 2

58歳ですが・・・・・・



定年後も見据え、私は色々な資格を取ってます。

意外と年取っていても、覚えられるものです。
全く分野違いは難しいのですが、少しでも経験した事なら、記憶しているものと結び付ける事により覚えやすくなります。

一番良いと思うのは、分からない事が分かるようになる事です。

学生時代嫌々勉強していたのが嘘のように、勉強がとても楽しく充実しています。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

  • 肩関節周囲炎(五十肩)<運動器系の病気(外傷を含む)>の症状や原因・診断と治療方法

    肩関節周囲炎(五十肩)とはどんな病気か  中年以降(とくに50代に多い)に発生する、肩関節の痛み(疼痛(とうつう))と動きの制限(拘縮(こうしゅく))を伴う病気の総称です。肩関節とその周辺組織に炎症を来すため、炎症を起こしている部位、炎症の程度によりさまざまな症状を起こします。  五十肩の定義についてはいろいろな議論がありましたが、現在では広義と狭義の2つのとらえ方が一般的です。広義の定義では肩関節周...続きを読む

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q継続雇用・定年退職

今年、定年を迎える社員さんがいるのですが
継続雇用をする場合と定年退職する場合と
何からどの様な手続きをすればよいのか全くわかりません。
継続雇用になった場合の給与も今までと同じではなく
減給されるのはどれぐらいなのでしょうか?
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

定年で退職されるなら、退職手続きのみです。
退職金の支給があるなら計算し支給しますが、額によっては所得税はかかりませんから安心のためにもお知らせ下さい。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/shoto308.htm
退職金を受け取ったときの税のURLです。

継続の場合は、雇用形態が減給を伴いますから、新たな雇用契約書が必要です。新入社員が入社したようなお考えでいいです。
社会保険料の徴収額が違ってきますから間違わないことです。
減給の幅は、企業によりさまざまですから、何ともいえません。
その方の、これまでの貢献度や、これからも期待されるスキルから経験の重みも考慮されれば宜しいのでは???
退職金については、一旦ここで退職扱いとして退職金を支払う場合が見られます。これは、通年となると、退職金が膨らむからです。
継続された年数は、退職金の規定を取りません。
身分は契約社員となります。
http://www.work2.pref.hiroshima.jp/docs/4399/C4399.html
契約社員についての参考URLです。

定年で退職されるなら、退職手続きのみです。
退職金の支給があるなら計算し支給しますが、額によっては所得税はかかりませんから安心のためにもお知らせ下さい。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/shoto308.htm
退職金を受け取ったときの税のURLです。

継続の場合は、雇用形態が減給を伴いますから、新たな雇用契約書が必要です。新入社員が入社したようなお考えでいいです。
社会保険料の徴収額が違ってきますから間違わないことです。
減給の幅は、企業によりさまざまですから、何ともいえませ...続きを読む

Q25歳の後輩(女の子)が定年過ぎた65歳のおじさん(おじいさん?)に勘

25歳の後輩(女の子)が定年過ぎた65歳のおじさん(おじいさん?)に勘違いされ、やたらと接近されていることを相談されましたが、どうフォローしてあげればよいのか、分かりません。おじさんに、私が何か言って効き目があるとは思えません。私も以前に同じおじさんにストーカーまがいな事をされ、嫌な思いをされ、後輩が入ったおかげで逃れた経緯があります。なので、このおじさんをどうにかしなければいけないのですが、上司に言っても、上司の元上司なので事を荒立てたくないようで、なだめられ、『もう少しの辛抱』と言われるだけです。
ちなみに、されているのは、家の住所を聞いてきて、休みの日の行動を細かく聞いてきたり、(自分の散歩コースにしたいようです)彼がいるか聞いてきて、いる場合は、その彼を非難して、年がいもなく自分の方が良いと言う話になります(既婚者ですが、別居中)。そして、自分の介護をしてくれる若い奥さんがほしいようです。
おじさんの息子さんの次男と私は同じ年なので、後輩の場合は、更に下なので気持ち悪いです。

そして、後輩は一人暮らしをしようとしていますが、おじさんが付きまとったら…という事を考えると不安のようです。このような場合、私がしてあげられることはあるのでしょうか?
教えてください。

25歳の後輩(女の子)が定年過ぎた65歳のおじさん(おじいさん?)に勘違いされ、やたらと接近されていることを相談されましたが、どうフォローしてあげればよいのか、分かりません。おじさんに、私が何か言って効き目があるとは思えません。私も以前に同じおじさんにストーカーまがいな事をされ、嫌な思いをされ、後輩が入ったおかげで逃れた経緯があります。なので、このおじさんをどうにかしなければいけないのですが、上司に言っても、上司の元上司なので事を荒立てたくないようで、なだめられ、『もう少しの辛抱...続きを読む

Aベストアンサー

じぶんの娘と同じ様な年の女性に対して随分と失礼な低俗な事をするおっさんですね。会社を辞めてもらうのが一番でしょうね。上司に言っても駄目なら総務か社長に直に談判した方が解決は早いですよ。もう少しの辛抱という事は、そろそろ退職なのでしょうか?いずれにしても生活や仕事に悪影響が出ていますので今までの経緯と現状を箇条書きにして、総務などに訴え出るのが解決の糸口になると思います。

Q定年後の継続雇用について

現在60歳の定年を設けているんですが、本人が継続雇用を希望すれば63歳まで延長しなくてはいけないと聞いたんですが
当社は配達業務がほとんどで重さが80kから100k近くあります。
体力的にきついと言う人がいるんですが、本人が希望したら絶対に延長しないといけないんですか
内勤だったら勤務できるんですが、内勤の仕事もないしダラダラと続けられても困るし
でも遅刻も欠勤もせず精一杯していると言ったら継続雇用を解除する事は無理なんでしょうか
中小企業では継続雇用に対してどのような方法をとっているのか教えてください
よろしくお願いします

Aベストアンサー

参考URLをご紹介します。
http://www.mhlw.go.jp/general/seido/anteikyoku/kourei2/qa/index.html(改正高年齢者雇用安定法Q&A)
「Q7: 労使協定等で定める基準とはどのようなものなのですか。」
「A: 労使協定で定める基準の策定に当たっては、労働組合等と事業主との間で十分に協議の上、各企業の実情に応じて定められることを想定しており、その内容については、原則として労使に委ねられるものです。
 ただし、労使で十分に協議の上、定められたものであっても、事業主が恣意的に継続雇用を排除しようとするなど本改正の趣旨や、他の労働関連法規に反する又は公序良俗に反するものは認められません。
【 適切ではないと考えられる例】
『会社が必要と認めた者に限る』(基準がないことと等しく、これのみでは本改正の趣旨に反するおそれがある)
『上司の推薦がある者に限る』(基準がないことと等しく、これのみでは本改正の趣旨に反するおそれがある)
『男性(女性)に限る』(男女差別に該当)
『組合活動に従事していない者』(不当労働行為に該当)
 なお、継続雇用制度の対象となる高年齢者に係る基準については、以下の点に留意して策定されたものが望ましいと考えられます。
 (1)意欲、能力等をできる限り具体的に測るものであること(具体性)
 労働者自ら基準に適合するか否かを一定程度予見することができ、到達していない労働者に対して能力開発等を促すことができるような具体性を有するものであること。
 (2)必要とされる能力等が客観的に示されており、該当可能性を予見することができるものであること(客観性)
 企業や上司等の主観的な選択ではなく、基準に該当するか否かを労働者が客観的に予見可能で、該当の有無について紛争を招くことのないよう配慮されたものであること」

「Q3: 継続雇用制度の対象者に係る基準を労使協定で定めた場合は、労働基準監督署に届け出る必要はあるのですか。」
「A: 常時10人以上の労働者を使用する使用者が、継続雇用制度の対象者に係る基準を労使協定で定めた場合には、就業規則の絶対的必要記載事項である「退職に関する事項」に該当することとなります。
 このため、労働基準法第89条に定めるところにより、労使協定により基準を策定した旨を就業規則に定め、就業規則の変更を管轄の労働基準監督署に届け出る必要があります。
 また、継続雇用制度の対象者に係る基準を定めた労使協定そのものは、労働基準監督署に届け出る必要はありません。」

「Q16: Q7のとおり継続雇用制度の対象者に係る具体性・客観性のある基準を定めたのですが、その基準に該当する者全員の雇用を確保しなければ、改正高年齢者雇用安定法に定める高年齢者雇用確保措置を講じたものとは解釈されないのでしょうか。」
「A: 継続雇用制度の対象者の基準に該当する者であるにもかかわらず継続雇用し得ない場合には、基準を定めたこと自体を無意味にし、実態的には企業が上司等の主観的選択によるなど基準以外の手段により選別することとなるため、貴見のとおり改正高年齢者雇用安定法に定める高年齢者雇用確保措置を講じたものとは解釈されません。」

http://www.mhlw.go.jp/general/seido/anteikyoku/kourei2/dl/leaflet2.pdf(改正高年齢者雇用安定法 事業主向けリーフレット 16ページ)
http://www.mhlw.go.jp/general/seido/anteikyoku/kourei2/dl/leaflet1.pdf(改正高年齢者雇用安定法 リーフレット)
http://www.mhlw.go.jp/general/seido/anteikyoku/kourei2/index.html(改正高年齢者雇用安定法関係法令)
http://www.mhlw.go.jp/bunya/koyou/koureisha.html(事業主の方へ 相談援助サービス)
http://www.jeed.or.jp/elderly/employer/consultation/advisary_services.html(高年齢者雇用アドバイザーによる相談・助言)
http://www2.aichi-rodo.go.jp/topics/06102001/06-10-20-1.html
http://www.yamaguchi.plb.go.jp/topics/topics166.pdf

参考URL:http://www.mhlw.go.jp/general/seido/anteikyoku/kourei2/qa/index.html

参考URLをご紹介します。
http://www.mhlw.go.jp/general/seido/anteikyoku/kourei2/qa/index.html(改正高年齢者雇用安定法Q&A)
「Q7: 労使協定等で定める基準とはどのようなものなのですか。」
「A: 労使協定で定める基準の策定に当たっては、労働組合等と事業主との間で十分に協議の上、各企業の実情に応じて定められることを想定しており、その内容については、原則として労使に委ねられるものです。
 ただし、労使で十分に協議の上、定められたものであっても、事業主が恣意的に継続雇用...続きを読む

Q私は58歳ですが、この間、社会保険事務所に行ったら60歳から貰える年金

私は58歳ですが、この間、社会保険事務所に行ったら60歳から貰える年金は年に30万と解りました。
月に2万5千円です。家賃を払っているので、生活が出来る筈もありません。
かと言って60歳から新たな仕事があるとも思えません。
そのためにヘルパーの資格をとると良いと知人に言われたのですが
7万位学費がかかります。無理をしてでもとった方が良いのでしょうか。
貯金も退職金もありません。老後の事を考えると不安です。
今も時給で働いていて生活もぎりぎりです。どうすればいいのか良いアドバイスをお願い致します。

Aベストアンサー

こんにちは。

大変ですね。
でも、できることは、いくつかあります。
できることを、すべてやりましょう。


最初にやるべきことは、生活保護の申請です。
恥ずかしい、なんて思っていてはいけません。
生きていくために必要なのですから。


次に職業安定所(ハローワーク)で仕事を探してください。
時給で働いておられるそうですが、正社員または準社員として、今より条件のいい就職先があれば積極的に面接に行って、内定をもらったら、時給の仕事は退職準備に入って、転職してください。

平行して、ハローワークで行っている職業訓練を受けてください。
無償または非常に安く(数千円)受講できます。
受講すると、仕事が見つかりやすくなります。



>ヘルパーの資格をとると良いと知人に言われたのですが7万位学費がかかります。無理をしてでもとった方が良いのでしょうか。


いえ、今はとるべきではありません。
生活がぎりぎりなのに、7万円の学費は厳しいです。



>今も時給で働いていて生活もぎりぎりです。

今の職場で出勤日数や就業時間を増やすように、努力してください。
時給だから、労働時間が増えれば、収入も増えますから。

平行して、他の仕事をかけもちできないか、検討してください。
あなたのように時給で働いている方は、生活を維持するため、また、万一の解雇等に備えて、2箇所以上で働いている方が多いです。


ヘルパーの資格取得は、よい視点だと思います。
ただ、当面の生活資金確保の目処が立ってからです。
なにしろ、7万円もかかるのですから。

ヘルパーと似ていますが、県や市町村が行っている、
「ボランティア派遣事業」
について調べてください。
「ボランティア」
と名前がついていますが、派遣手当が出ます。
あなたがボランティアとして登録して、県または市町村から派遣してもらうのです。

例えば、車椅子ボランティア。
車椅子で生活されている方々(主に身体障害者)の外出に付き添うボランティアです。
各自治体によって違いますが、半日で5千円程度の派遣手当が出ます。
単純に登録するだけでOKの場合もありますが、「資格」が必要な場合もあります。
しかし、あなたが検討されている「ヘルパー」と違い、資格取得は無料または数千円のコストで可能です。

あなたのお住まいが政令指定都市であれば、上記は「市」の事業として行われているので、市役所へ言って尋ねてください。



上記、すべて試してください。
実際に動いてみれば、人のつながりもできます。
そのつながりの中で、いい助言を受けることができますし、あなた自身が、あらたなアイデアを生み出し、それが収入につながるかもしれません。

ハローワーク、市町村役場など、公的な施設に出入りするようになると、様々な助成金制度等、新しくて有益な情報を得ることもできます。



大変だと思いますが、希望を失わず、一歩一歩、進んでください。

こんにちは。

大変ですね。
でも、できることは、いくつかあります。
できることを、すべてやりましょう。


最初にやるべきことは、生活保護の申請です。
恥ずかしい、なんて思っていてはいけません。
生きていくために必要なのですから。


次に職業安定所(ハローワーク)で仕事を探してください。
時給で働いておられるそうですが、正社員または準社員として、今より条件のいい就職先があれば積極的に面接に行って、内定をもらったら、時給の仕事は退職準備に入って、転職してください。

平行して、ハローワ...続きを読む

Q定年が後五年後とします 継続雇用があるが 時給制になるとすると 70才までそれ以上身体が健康であれば

定年が後五年後とします
継続雇用があるが 時給制になるとすると
70才までそれ以上身体が健康であれば勤務可能
年金は六五才から受給するとします
身体労働と知的労力両方する
それを考えています
その今準備中です
色々な人の話しをおききしました◯◯さんは賢く会社に対して
考えておられます
といわれました自分のスキルアップの事なども❗何回もチャレンジ可能性だと
他の支店も望みました
あなたのモチベーションを伸ばす事は良いことです
五年後がどうするか
自分に問う?自分の夢はありますくだらない人間にふりまわされて自分に嫌気さします
自分をもたない人は自己逃避することは
心理学でも習いました
そのとおり嫉妬もあることわかりました
素直に前向きにしているつもりです
哀れむ人もいますフィールドバックはしています
誰にたいしてもでもしてはいけない事は必ずあります
その問題は自己生命が絶えるまでに
和解したいのが本音です
相手は反省されている事わかります
金ではないこと
わざと言っています❗私は
自分がゆるせないから
自分のスキルアップモチベーションを高める
今は自己投資をしており
過去の人間関係は立ちきる事は
やはり私にはむりです
今の自分は将来の自分と過去に
出合いをした人がいる
ボランティアしたのと同じですよね
あなたなら将来の設計は頭にありますか

定年が後五年後とします
継続雇用があるが 時給制になるとすると
70才までそれ以上身体が健康であれば勤務可能
年金は六五才から受給するとします
身体労働と知的労力両方する
それを考えています
その今準備中です
色々な人の話しをおききしました◯◯さんは賢く会社に対して
考えておられます
といわれました自分のスキルアップの事なども❗何回もチャレンジ可能性だと
他の支店も望みました
あなたのモチベーションを伸ばす事は良いことです
五年後がどうするか
自分に問う?自分の夢はありますくだらない人間に...続きを読む

Aベストアンサー

まるで自分のことのように感じます!

5年後の自分に対して 不安と
これといったことを何もしてこなかったことへの自分への憤り。

第二団塊世代として年金もあてにならないとしたらと思うと自分に嫌気がさします。

せめて子供には迷惑をかけたくないのでネット保険かけてます。
入院、死亡、就業保険の3セットで7000円くらいです。

あと今更ですが、オフィスワークのためにパソコンタイピング習い始めました。

高度成長期と使い捨て世代、バブル期、浮かれてるうちにジジィになってしまいました。
かなうなら30年前に戻って人生やり直したいです。

今や若者でさえ安賃金で使い捨てされる世の中で
どのように定年を迎えたら良いか しみじみ考えます。

アナログからデジタルになり、ますますシニア世代の就職が難しいと思います。

いっそ海外へ行くのもアリかなと思います。

日本は世界の中で一番小さい世界です。未だに閉鎖的です。

自己主張も柔軟性も 融通性もありません。

今まで培ってきた技術、経験、知恵を活かしていける国へ行くのもアリかなと思います。

あなたはどう思いますか?

まだ、日本にしがみつきますか?

まるで自分のことのように感じます!

5年後の自分に対して 不安と
これといったことを何もしてこなかったことへの自分への憤り。

第二団塊世代として年金もあてにならないとしたらと思うと自分に嫌気がさします。

せめて子供には迷惑をかけたくないのでネット保険かけてます。
入院、死亡、就業保険の3セットで7000円くらいです。

あと今更ですが、オフィスワークのためにパソコンタイピング習い始めました。

高度成長期と使い捨て世代、バブル期、浮かれてるうちにジジィになってしまいました。
かなうなら...続きを読む

Q10歳以上年上の同僚のモチベーションを上げるには

派遣で顧客先に常駐して仕事を行っているのですが

同じ会社から来ている40近い同僚が職場で問題視されています。

状態としては
コミュニケーション能力が低い(普通の会話をしていても会話が途切れてしまうレベル、報告にも支障をきたすレベル)
仕事が出来ない(5月から顧客の新人さんが入ったのですがその新人より、速度も正確さも負けている)
勤務態度が良くない(始業時間開始と共にトイレに行ったり←それまで寝てる、会議には必ず遅刻してくる、居室の机では飲食が禁止されているが平気でコーヒーとかを飲む等)
私に対して尻を向けておならをしてくる←これは私個人としてちょっと気になる点になってしまいますが
それ以外の場所でもおならを連発しているようで職場では臭い人として認識されてしまっているようです
報告に関してや態度に関しては私の方で何回か注意しているのですが私のような20代中頃のガキに注意されるのが癪にさわるのか「わかった、わかった」と不機嫌に対応され聞く耳を持ってもらえません
さらに先日顧客からも「仕事も出来ないし、あの人をどうやって使えば良いのかわからない」と相談されてしまい
自社の上司にその旨を伝え、上司越しに注意をしていただいたのですがやはり変わらない状況です。(上司は職場が違うためそれ以降の改善が自分の目では見れないため、追加でその都度注意ということが難しい)

10年以上のキャリアがあるようなのでスキルが無くて現状になっているとは思えないので
私個人としては本人のやる気の問題だと勝手に思っているのですが
自社の信用にも関わる部分なのでなんとか改善をしてもらいたいです。

こういう方にモチベーションを持ってもらうにはどうすれば良いのでしょうか? 

派遣で顧客先に常駐して仕事を行っているのですが

同じ会社から来ている40近い同僚が職場で問題視されています。

状態としては
コミュニケーション能力が低い(普通の会話をしていても会話が途切れてしまうレベル、報告にも支障をきたすレベル)
仕事が出来ない(5月から顧客の新人さんが入ったのですがその新人より、速度も正確さも負けている)
勤務態度が良くない(始業時間開始と共にトイレに行ったり←それまで寝てる、会議には必ず遅刻してくる、居室の机では飲食が禁止されているが平気でコーヒーとかを...続きを読む

Aベストアンサー

ほかにも,
・会話がかみ合わない
・仕事中の独り言が多い
・机の上の整理整頓ができない
・すぐにバレるような嘘を言う
・同時並行作業ができない
・場の空気が読めない
・臨機応変に立ち振る舞うことができない
・来客応対ができない
といった特徴はないですか.

アスペルガーなどの発達障害の可能性はないでしょうか.

うちの職場にも同じような40代の方がいます.
常駐先から毎日のようにクレームの電話が来ていたため,
外勤から内勤に変えることで手を打ちました.

Q65歳年金支給開始繰上げと継続雇用の義務

60歳の定年後、継続雇用で働いてます。1年ごとの契約更新ですが、会社業績不振で更新をしない旨伝えられました。1950年生まれで、年金支給は65歳まで繰り上げられています。法律的には、継続雇用は会社の義務ではないでしょうか?

Aベストアンサー

>法律的には、継続雇用は会社の義務ではないでしょうか?

ありません。

あくまでも法律で定められた努力目標です。
(罰則はないので、導入した企業のみ義務を負います。)

ですから、就業規則や労使交渉でどのように定められているか
によるだけです。

「労働者が一定の年齢(定年年齢)に達すると自動的に雇用関係が終了する制度を定年制という。定年により退職する(雇用関係を終了する)ことを「定年退職」という。2011年現在は定年を60歳から65歳に引き上げている段階であるが、1970年代は大企業であれ55歳が定年退職であった。会社が定年制を導入するには、定年に関する事項を就業規則に明記し、かつその定年制が慣行的に行われている必要がある。日本の企業の正社員と公務員は、その大部分が定年制を導入している。一方で適用している会社は少ないが、定年を定めないことも可能である(例・日本マクドナルド)。

なお、定年退職者を継続雇用することも多くの企業で行われているが、これについても就業規則に定めることが必要である。継続雇用とは、現に雇用している高年齢者が希望するときは、当該高年齢者を定年後も引き続いて雇用する制度のことである。

継続雇用の基準を定めるということは、逆に言えば継続希望者全員を雇わなくてよいということでもある」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AE%9A%E5%B9%B4

>法律的には、継続雇用は会社の義務ではないでしょうか?

ありません。

あくまでも法律で定められた努力目標です。
(罰則はないので、導入した企業のみ義務を負います。)

ですから、就業規則や労使交渉でどのように定められているか
によるだけです。

「労働者が一定の年齢(定年年齢)に達すると自動的に雇用関係が終了する制度を定年制という。定年により退職する(雇用関係を終了する)ことを「定年退職」という。2011年現在は定年を60歳から65歳に引き上げている段階であるが、1970年代は大企業であれ5...続きを読む

Q女性が定年までできる仕事

女性が定年まで従事できる仕事には何がありますか?

私は病気など事情があり無職の22歳です。力仕事はできません。
結婚できるかわかりませんし、これからずっと働いていける職を考えています。

Aベストアンサー

事務職でも職場が居やすければ続けられると思われます。
事務職に就くにはword、excelの操作ができること、経理事務なら簿記2級や3級の資格が必要だと思います。
他に、看護師、介護士からケアマネージャーに転身、調理師(センスが必要みたいです)がありそうです。

Q継続雇用途中の退職。失業保険の給付制限はありますか?

私の会社は定年が60歳です。
私は1月2日生まれです。私は60歳で会社を定年退職、
その後継続雇用が65歳までありますが昨年12月31日付で継続雇用終了まで1日を残して退職自由は「自己都合退職」しました。この場合失業保険の給付制限はあるのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

契約終了日以前の退職ですから・・自己都合退職ですね
当然、給付制限の3ヶ月は付きます
一時金の「高年齢求職者給付金」(50日分)では無く、
通常の「失業給付」(150日分)と「老齢厚生年金」(給付期間が65歳以降の場合、併給調整の対象外になる)を貰うためですからしょうがないでしょうね

Q私の知り合いで55歳の勤続37年のビルメンがいます。 未だに平社員で、未婚で一度も女性と付き合った経

私の知り合いで55歳の勤続37年のビルメンがいます。
未だに平社員で、未婚で一度も女性と付き合った経験がありません。今は地下の電気室に勤務していますが同期の本社勤務組はそこそこの役職につき綺麗な嫁さんに子供も成人して孫もいます。
地下の電気室にいる連中はほとんど未婚で荒んだ暮らしをしています。腑に落ちません。

Aベストアンサー

人の幸せなんて千差万別でしょう(・・;)


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング