gooID利用規約 改定のお知らせ

切り花がすぐ枯れます
買ってきた翌日か2日後に枯れます
スーパーで買うと翌日に枯れ
花屋で買うと2日後に枯れます
延命剤を入れてもダメです
花瓶に10円玉を入れてもダメです
最近引っ越しまして
昔の家はこんなことはなかったので私のやり方がマズすぎるわけでもないと思います
前の家では陽当たりが良かったです
今は西日がひどいのでカーテンを1日中しめっぱなしで花が枯れても不思議ではないのですが
どうしても昔の家と同じように花を飾りたく
悲しいです
どうしたらいいでしょうか
緑だけの植物はやはりつまらないです
パッと華やかな、色鮮やかな花がある時の嬉しさにはかないません
あきらめるしかないんでしょうか
良い方法があれば教えてください

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

延命剤はどもような物を使っていますか?


また、花はどんな花?
    
我が家では北向き玄関で全く日は当たりません。
そして菊を生けていますが、いい花の時は3週間程度持ちます。
延命剤はクリザールをいう物を使っています。
    
そしてバラは見た目華やかですが長持ちしません。
長持ちするのは菊。
確かに菊は仏壇=仏様の花というイメージがありますが、彩りを考え、2~3本色の鮮やかなバラなどを加えれば清楚な中にも華やかな感じが出ます。
    
我が家では、菊栽培が盛んな地域へ行った時(車で2時間程度、月に何回か行きます)JAの直売所で求めます。
先週買った時はとても安く、太い茎の花が4本入って200円でした。
これを白、黄、紫とそれぞれの束を買い、真っ赤なバラを1束求めました。
    
菊を求める時の注意点です。
まあ、時々の相場で選択のしようもありませんが、出来るだけ茎の太い物。
当然ツボミの状態の花を選びます。
茎が太ければ間違いなく大きな花が咲きます、花も長持ちします。
先日求めた花は3束、12本でずしりと重く、肩に担いで車まで運びました。
   
生ける時はいうまでもありませんが、水切りをする事。
クリザールを使うと水揚げがとてもいいので、うっかりすると水がなくなってしまいます。
これは気をつけなければいけません。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

思い出しました。前の家と今の家で変わったことは日当りの他にもう1点・・・そう、延命剤です。確かに前の家ではクリザールを使っていました。そして良く花が保っていた。てっきり日当りだとばかり思っていましたが、もしかしたらコレが原因なのかもしれません。ありがとうございます。一度クリザールに戻してみます。

お礼日時:2014/10/26 13:27

花の多くは日差しが当たって開きます。


枯れたのではなく待機しているのです。
日陰で咲く花、花屋では少ないと思いますが、
を選んで飾るよりないでしょう。

切り戻し、焼くなどして水揚げしていますか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

切り戻しは一応やっています。焼くのはやったことがないです。
日陰で咲く花もお花屋さんで聞いてみようかな。ありがとうございました。

お礼日時:2014/10/26 13:39

No,1の人が的確に答えてくださってますので、それ以外のことで書かせてもらいます。



日当たりが悪い=切り花の持ちが悪いってのは、逆ですよ。
日当たりが良いと、たいていの切り花は傷みやすくなります。

温度もいたみと関係します。
一般的には涼しいほうが、花もちがよいです。
管理の仕方はNo,1の人が書いてくれてます。

水持ちは、花の種類によっても違ってきます。
私の経験上、菊の類が水持ちよいです。あとはスターチスとか。
ナバナやリンドウなどは、けっこう早くいたみます。
チューリップや、アルストロメリアなんかでも、割と早いほうではないでしょうか?
あじさいなんかは、上手にもたせる人もいますが、私はダメです。アジサイは水切りし、切り口を軽く焼いて雑菌を殺し、水揚げをよくするのですが、アジサイは夏なので気温が高く、我が家も外気同様に影響され暑いので、最初から生け花にはしません。
また、同じ花でも、背を高くするより低くしたほうが水揚げがいいみたいですから、水を変えるたびに、下部のぬめぬめした部分をカットしていくのはよい方法です。

それから、スーパーで購入とありますが、普通に考えてみてください。農家さんが切り取ってから、はて、何日くらい経過してるか?です。
収穫し、出荷できるようこしらえて、運送、卸でセリにかけられ、・・・・・、店頭にならぶ。
あなたが買ったときには、すでにお疲れさんです。

引っ越し前はどうもなくて、引っ越し前と同じようにやってるのに「すぐ枯れる」なら、一度室温を疑ってみてください。
風通しをよくすることによって、ちょっとでも改善されるかもしれません。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

日当りより室温ですね。なるほど。それと、茎の部分を切っていくことを考えて、いつも花瓶に入れるときは少し長めに最初は切ってしまう癖があることに気づきました。それって水揚げが良くなくて駄目なんですね。気持ち短めの方がいいくらいなんですね。気をつけてみます。ありがとうございました。

お礼日時:2014/10/26 14:08

切り花と陽当りは関係ないと思います。


逆に、陽が当たることによって花瓶の中の水温が上がり、花にとってよくありません。

茎の切り戻しはしていますか?
水を張ったボウルなどの中で(水中)切ります。

花瓶の中の水に浸かる部分の葉は全て取り除いてますか?
水に浸かった葉が腐敗して、水が悪くなります。

葉が多すぎるものは適宜取り除いてください。

水を取り替える際に、茎についたヌメリなどがあったらしっかり洗い流してください。

水揚げが悪くなってきたら、随時茎を短く切り戻していってください。

真夏など室内が高温になる時期だと1週間持たせるのも大変ですが、これからの時期なら10日~2週間位は持つと思いますよ。菊や百合ならもっと持つかも。
花の種類によって切り戻し方や持ちは違ってきますが、基本的に上記の方法できちんと管理すれば長く楽しめます。

ウチは1~2日おきに手入れがてら水を変えます。
延命剤も十円玉も不要です。
毎日のように手をかけて、愛情を持って飾ってあげる気持ちも必要です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

書いていただいたことはほとんど実践しているのですが・・・枯れますね・・・。
菊は抵抗ありますが、百合はいいかもしれません。ありがとうございました。

お礼日時:2014/10/26 13:41

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q窓のない玄関にお花を飾るのは可哀想ですか?

李家幽竹さんの風水本や江原啓之さんの影響があり、ここ一年くらいでお花や観葉植物を飾るのが大好きになりました。以前は花を飾る心の余裕もない暮らしをしていたのだな~と思うほどで、今はたくさん増えた植物たちを大事に育てています。

狭い1Kのアパート暮らしではありますが、工夫して部屋やキッチン、洗面所などに色々な鉢植えや切り花を置いています。
ただ、一つ気になっているのが玄関なのです。北東で窓はなく、日中でもほとんど真っ暗です。
こちらでも日陰の玄関に置く植物について質問がありましたが、なかなか解決できないため質問させて下さい。

日陰でも大丈夫な植物はいくつかあるようなのですが、それでも本当は植物のためには日に当てないといけないのですよね?今まで何度か、切花を花瓶に綺麗に飾ったところ、玄関に出入りするたびにとても気持ちがよかったのですが、やはりあっという間に枯れてしまい、申し訳ない気持ちになります。
夜はライトをつけたりもしているのですが、日中の日差しがないのはやっぱり可哀想と思ってしまいます。

こういう場所にお花を飾るのは本来は避けるべきなのでしょうか。風水では玄関にお花を飾るのは必須らしく、私も唯一暗い場所の玄関をなんとかしたいと思っています。できれば暗い色の葉のものではなく、明るい色のお花を飾りたいのですが。。
お花にお詳しい方、アドバイス頂ければうれしいです。

李家幽竹さんの風水本や江原啓之さんの影響があり、ここ一年くらいでお花や観葉植物を飾るのが大好きになりました。以前は花を飾る心の余裕もない暮らしをしていたのだな~と思うほどで、今はたくさん増えた植物たちを大事に育てています。

狭い1Kのアパート暮らしではありますが、工夫して部屋やキッチン、洗面所などに色々な鉢植えや切り花を置いています。
ただ、一つ気になっているのが玄関なのです。北東で窓はなく、日中でもほとんど真っ暗です。
こちらでも日陰の玄関に置く植物について質問があり...続きを読む

Aベストアンサー

#1さんの言うように 何日か起きに交換すると良いです

植物はある程度日の光に当たらないと 光合成ができないので エネルギー補給ができず 貯蔵養分がつきて 枯れてしまうのですが  毎日日の光に当たらなくても ある程度は生育してくれます


第2の方法は 植物生育用のライトを利用する方法です
蛍光灯は 植物の光合成を行なわせる波長の光は出していませんので いくら当ても効果はありません
白色電球は 連続した光を出していますが 熱が高過ぎます 近くにおけない

電気代はかかりますが セントポーリアやストレプトカーパス 球根ベコニアなど 余り強い光を好まない植物がお薦めです 

Q切花が咲かない?

時々切花を買ってきたりするんですが、蕾のままで枯れてしまうことがあります。
直射日光に当てず、(程よい明るさ)部屋の換気はまめにしてます。後、水にちゃんと栄養?なのかな?花が長持ちする薬を適量入れてます。水の交換は二日に一回位?(毎日変えるべきでしょうか?)
なのに時々枯れます。
部屋が暖かい時があるのですが、それが駄目なのでしょうか?でも、それほど暖かい訳では無い気がするし・・・・。ちなみに、香りの良い花のお勧めあったらよろしくお願いします。

Aベストアンサー

水切りとは水中で茎をきることです。
水中で茎を切ることにより、切られた断面に空気が入らず、水の浸透性がよくなります。空中で切ると切り口に空気の玉が入り、水が花の上までいかなくなります。

「茎を焼く」
切り口にライターなどの火をあてて切り口を焼きます。
理由は、切り口の消毒のためです。
バラは、やや水揚げしにくので、私は、水切りをしたあと、茎の2/3くらいまで、水にいれます。(花びらには水がつかないようにします)。

水はできれば、毎日取り変えるのがベストです。
また、水温が高いと花にダメージをあたえ、同時に、水の入れ替えがないと、雑菌の繁殖の原因になります。
暖かい日は、水を朝晩かえるとか、氷を入れてあげましょう。
また、花瓶の洗いが不十分だと、雑菌が繁殖します。
花が終わったら、きちんと洗いできたら、殺菌しましょう。
(ハイターとか、ブリーチなどで漂白します。)

また、茎の水切りは、最初だけでなく、ときどき行ってあげてください。時間がたつと切り口がふやけて、水の吸収率がさがるようなきがします。水切りをし直してあげると、水の吸収率が良くなる気がします。

以上、こまごまとかきましたが、実は私もすべて実行しているわけではありません。(笑)
できる範囲で取り入れていただければ、幸いです。

水切りとは水中で茎をきることです。
水中で茎を切ることにより、切られた断面に空気が入らず、水の浸透性がよくなります。空中で切ると切り口に空気の玉が入り、水が花の上までいかなくなります。

「茎を焼く」
切り口にライターなどの火をあてて切り口を焼きます。
理由は、切り口の消毒のためです。
バラは、やや水揚げしにくので、私は、水切りをしたあと、茎の2/3くらいまで、水にいれます。(花びらには水がつかないようにします)。

水はできれば、毎日取り変えるのがベストです。
また、水...続きを読む

Q花がすぐに枯れます

 花がすぐに枯れる人っていますよね?
 私もその一人です。肥料も書かれている通りにするし、毎日水やりもします。
 日当たりも書かれているようにして、底に水がたまらないように水はけも良く、プランターで栽培します。
 
でも大方、すぐにかれてしまうのです。
これってどうしてなのでしょうか?
すぐ枯れてしまう人って、花木と相性が悪いのですか?それとも運が悪いからそこに影響が出てしまうのでしょうか。

 どうしたら長く咲かせることが出来るのでしょうか。
 簡単に栽培できるものを教えてください。一度挑戦してみたいのです。
 それで枯れたら運が悪い人なんだと思うようにして諦めます。

Aベストアンサー

水やり、についてですが、初心者にありがちな誤解として、「水やりは控えめに」「水のやりすぎに注意」と書かれていると、少しの水をちょろっと撒くだけにしてしまう人がいます。1回1回の水やりは必ずたっぷりの水を、鉢全体にいきわたるように、そこからどんどん流れ出すまでやります。そうしないと鉢土が湿ったところと乾いたところに偏りができ、結果毎日水やりしても水不足で枯らしてしまいます。「控える」というのはこの場合、水やりの間隔をあけることだと覚えてください。

土の中は水分と空気が含まれています。植物の根っこは水分や養分を吸収するだけでなく、空気から酸素をとりこんで呼吸もしています。水やりをすると土の中の空気が押し出されていったん水分で満たされます。そして植物の吸収や蒸発で水分は抜けていき今度は新しい空気が土の中に入ってきます。毎日水やりでは水分ばかりで根は吸収しきれず、空気がないので根は「窒息」状態になり「根腐れ」が起こるわけです。
水の好きな植物や生長の早い植物では、このサイクルが早いので水やり間隔を短く、乾燥を好むものや冬の休眠期などは、水やり間隔が週一回とか長くなるのです。なので水やりの原則は、鉢土の表面が乾いたらそこから勢い良く流れ出すまでたっぷりと、なのです。水やりは毎日の食事ような「日課」にしてはうまくいきません。

肥料についても食事ではないので、ルーチンでやってはいけません。植物がどんどん大きくなるときや、花が次々咲くとき肥料をやり、弱っているときや休眠期には一切やらない、です。特に肥料が濃い状態だと根を傷めてしまうので、液体肥料は濃度を、固形肥料は撒く量を守ることが大事です。

水やり以外の要因で「すぐに枯れる」というのは意外に少ないものです。運や相性では植物は育ちませんよ。日々接しているとそのうち「水をほしがっている」「暑がっている、寒がっている」なんて、植物の「気持ち」がわかるように(笑)なってくるもんです。ベテランだって最初は初心者、かくいう私も枯らしたものは数知れず(多くは水やりの失敗)! 質問者様も失敗を恐れず、お花に数多く接していってほしいと希望します。

水やり、についてですが、初心者にありがちな誤解として、「水やりは控えめに」「水のやりすぎに注意」と書かれていると、少しの水をちょろっと撒くだけにしてしまう人がいます。1回1回の水やりは必ずたっぷりの水を、鉢全体にいきわたるように、そこからどんどん流れ出すまでやります。そうしないと鉢土が湿ったところと乾いたところに偏りができ、結果毎日水やりしても水不足で枯らしてしまいます。「控える」というのはこの場合、水やりの間隔をあけることだと覚えてください。

土の中は水分と空気が含まれて...続きを読む

Q布にペイント、洗濯しても大丈夫な塗料は?また、布にパソコンで印刷もしたい。

布に絵を描きたいと思っています。その後洗濯してもとれない塗料を探しています。コットンのキャンバス地や麻100%の布地に絵を描くつもりです。

また、
パソコンで布に印刷できるものがあると聞きました。どこでその布を入手できるのでしょうか。
油性インクを使っての印刷、洗濯に耐えうるのでしょうか。

どちらかでも回答がいただけると、助かります。

Aベストアンサー

いいページを見つけました。
http://t-shirt.garakutas.jp/handmade_t_shirt.html
これで材料比較しては,いかがでしょうか。

以前,転写シートで自分の字を読み込み,シャツに転写しましたが,線がくっきり出ずに,やはり直に書いた方が,味が出ましたよ。

キャンパス地や麻でかすれた感じも,味が出ると思いますが,これは,好みですよね。

別に布用でなくても,アクリル絵の具で筆書きも可能です。

転写シートでも,絵の具でも少し小さな端切れで発色を試した方が,いいと思います。

Qつぼみのままで咲きません、、(切り花)

ほとんどつぼみの切り花を買い
咲くのを楽しみにしていました。

買ってきた状態で3cmほど水切りをして
毎日水を取り替えていたのですが
1週間経った今、つぼみのまま咲きません。
悲しいことに、とうとう乾燥してきました。
つぼみはぐったりと下を向いています。

花の種類がわからず、特徴を申し上げますと、、
●椿っぽい。
●咲くと3cmくらいの大きさ。
●花びらが少しホワホワっとした感触。
●丸い白い花びらが6枚くらい。
●葉がクローバーのギザギザしたような形。

以前、小さいバラを買った時も
つぼみのまま咲かないことがありました。
高かったのに、、。

今からでも咲く方法がありますでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

今の時期ですのでたぶん秋明菊ですね。
風当たりや日当たりが強かったり、温度が高すぎると、吸水する水の量より、蒸散する水の量多くなり「水落ち」状態となります。これが長く続くと水の収支バランスがマイナスとなり、しおれ枯れてしまいます。
また、切り口に雑菌が繁殖すると水のとおりが悪くなりやはり吸水不足になります。
ですので、水替えと同時に少しずつきれいな刃物で切り戻します。
さらに、蒸散量を減らすために葉の「間引き」も行いましょう。バランスが崩れないように、葉の量を3分の2から2分の1程度まで減らします。

なお、植物は根から必要な養分を吸収して成長し、つぼみも養分を得ながら肥大し開花します。
切り取られてしまうと、養分が足りませんので、購入時に咲いていた花(畑で必要な養分を得て大きくなった花)ほど、切花の状態でつぼみから咲いた花はきれいではないことが多いです。
日本人は異常に「つぼみ」の花が好きな民族ですが、花本来の美しさは、もっと遅くに切り取られある程度咲いた状態で流通している欧米のほうが上です。

少しでもつぼみの花をきれいに咲かせたければ、切花用の延命剤を利用しましょう。雑菌の繁殖を抑えるものと、栄養を補給する成分が配合されています。
最後に、秋明菊やカーネーション、トルコキキョウやスプレーバラの固すぎるつぼみは咲きませんので取り去りましょう。そのほうが水揚げがよくなりますよ。

今の時期ですのでたぶん秋明菊ですね。
風当たりや日当たりが強かったり、温度が高すぎると、吸水する水の量より、蒸散する水の量多くなり「水落ち」状態となります。これが長く続くと水の収支バランスがマイナスとなり、しおれ枯れてしまいます。
また、切り口に雑菌が繁殖すると水のとおりが悪くなりやはり吸水不足になります。
ですので、水替えと同時に少しずつきれいな刃物で切り戻します。
さらに、蒸散量を減らすために葉の「間引き」も行いましょう。バランスが崩れないように、葉の量を3分の2から2分...続きを読む

Q切り花の百合はどすうれば早く開花しますか。

切り花の百合はどすうれば早く開花しますか。

明日には咲いて欲しいです。
今の状態は膨らみがあり、花先が2センチ程開いてます。
中を覗くと茶色い花粉も見えます。

明日中には咲いてくれるでしょうか。

Aベストアンサー

温かい室温なら直ぐに開花しますよ。
後は日が良く当たる窓辺に置くことです。

Q植えた後、放置していても咲き続ける花を探しています

植えた後、放置していても咲き続ける花を探しています


職場の空いたところに花壇を設置することになりまして
そこに何を植えるか検討中です

植木等の世話にマメではないので、植えた後も元気で生育してくれて
出来れば翌年(あるいは毎年)も花を咲かせてくれるようなものを探しています
見た目は二の次です

こういう都合のいい花はあるでしょうか

Aベストアンサー

 こんにちは。趣味で園芸を楽しんでいますので良かったら参考にして下さい。
 お住まいの地域が分からないので関東または関東以西の平野部に会社があると想定させて下さい(園芸は地域も重要になります)。
 毎年咲くという事はまあ植えっぱなしという事ですよね?多分球根を掘り上げたり、地上部は枯れていますが、地下茎は生きていますというのは花壇が寂しくなるので嫌だと思います。とすればずっと枯れずにいて、花の咲くときだけ華やかになるみたいな感じを想定してみました。
【日当たりの良い所】
●ローズマリー
 すっごく丈夫でまさしく植えっぱなしOK。日当たりさえ良ければ乾燥にも強いので水やりもマメに行う必要はありません。花も咲きますが大きな花ではありません。でもまあ見た目重視でないならこちらは職場である程度ほったらかしにできる植物としてはぴったりです。
http://www.yasashi.info/ro_00002.htm
●ドウダンツツジ
 低木です。冬は落葉しますが枝が密生しているので寂しい感じにはなりません。春にはベルのような可愛い花が咲きますよ。こちらも丈夫です。
http://www.yasashi.info/to_00008.htm
●ランタナ
 小さい密生した花を沢山咲かせます。暑さには大変強く、丈夫で育てやすいですが、毎年積雪のある所では無理かもしれません。
http://www.yasashi.info/ra_00001g.htm
●セージ
 ハーブのセージです。様々な種類がありますが、大きくなるのはラベンダーセージやアメジストセージ。チェリーセージは比較的コンパクトです。丈夫ですが花はアメジスト以外は地味です。
http://yasashi.info/se_00005.htm
●マツバギク
 一転して丈の低い植物です。グランドカバーといって芝生のような役割をします。マツバギクは多肉ですので乾燥に非常に強く、寒さに若干弱いもののほぼ植えっぱなしでOKです。よく似た仲間にマツバボタン、ハナスベリヒユ(ポーチュラカ)、リビングストンデージーがありますが、これらは一年草ですので秋の終りには枯れます。
http://www.yasashi.info/ma_00015.htm
●宿根ガザニア
 花は非常に綺麗で密生して咲くととても綺麗です。真夏の太陽にも耐えて非常に丈夫です。ただし寒さには若干弱いので関東以北は厳しいかもしれません。
http://yasashi.info/ka_00012.htm
●オキザリス
 写真以外にも非常に沢山の種類があり、お好みのものが見つかると思います(我が家はピンク色のオキザリスがあります)。丈夫で育てやすいので植えっぱなしOKです。

【日当たりが悪い】
●クリスマスローズ オリエンタリス種
 本来は落葉樹の下に植えるのがベストなんですが、日当たりが悪くても耐えます。株は大きくなりますので株間は30センチ以上は開けてください。小さな苗を買うと咲くのは再来年になります。
http://www.yasashi.info/ku_00006.htm
●ツルニチニチソウ
 日当たりが強烈でも日陰でもどっちでもOK(我が家は西日が当たる所で生息中)。名前の通りつる性です。
http://www.yasashi.info/tu_00002.htm

 他にも四国、九州の平野部でしたらユリオプスデージーやマーガレット、ゼラニウム、アロエベラなども屋外の地植えで育てる事が出来ますので、こちらもご検討下さい。どれも育てやすいです。

 こんにちは。趣味で園芸を楽しんでいますので良かったら参考にして下さい。
 お住まいの地域が分からないので関東または関東以西の平野部に会社があると想定させて下さい(園芸は地域も重要になります)。
 毎年咲くという事はまあ植えっぱなしという事ですよね?多分球根を掘り上げたり、地上部は枯れていますが、地下茎は生きていますというのは花壇が寂しくなるので嫌だと思います。とすればずっと枯れずにいて、花の咲くときだけ華やかになるみたいな感じを想定してみました。
【日当たりの良い所】
●ロー...続きを読む

Qポトスの葉っぱが茶色くなってきました!

部屋の中で育てているポトスの葉っぱが茶色くなってきました。
これはどういうことなのでしょうか?
水は3日に一回くらいあげています。

元のようにきれいな葉っぱにしてあげるにはどうしたらよいのでしょうか?

Aベストアンサー

ポトスは条件が良ければぐんぐん育ちますが、空調の風、低温、直射日光、乾燥などに弱いです。
部屋の中でということですので、冷害はないと思いますが、夜間冷え込む場合などは少し注意が必要です。
特に原因が思い当たらなければ、土が乾燥しやすいのかもしれませんので、お水を1~2日に1回くらいに増やしてみて下さい。もし、根付きが悪そうであれば、しばらく水耕栽培に切り替えてみて下さい。
ちなみに、一度葉が茶色くなってしまうと、その葉が元の緑色に復活する事はありません。(もちろん、ツタの先頭は以後も育ちます)

Q仏花や榊を長持ちさせる方法はないですか?

仏壇の花や神棚の榊を長持ちさせる方法はないですか?

通販で花瓶に入れると花が長持ちす銅製の筒を売ってましたが効果はあるのでしょうか?
銅製なら10円玉やホームセンターで売っている銅線でもよいのでしょうか?

水を毎日替えるとか購入後に花や榊の茎の部分をはさみで斜めに切るとかは聞いたことがあります。

どうか教えてください。

Aベストアンサー

そうそう、十円玉でいいのです。
銅イオンの働きだそうです。これならすぐにできますよね。

暑い時期は水がすぐに悪くなるので、毎日かえる方がいいようです。十円玉を入れておけば銅イオンが水を悪くしにくくしてくれますし、毎日少し切り戻してやると水の吸い上げが良くなるそうです。
この3つをやっていれば、かなり違うのではないでしょうか。

Q生花の寿命について

花知識が全くないんです。
生花の寿命は何日ぐらい持つのでしょうか?
又、アレンジメントで売られている生花は、
スポンジみたいのに水が張れるタイプと
そうでないタイプがあるそうですが、
背丈の低いバスケットに入っているようなのが
良いなぁと思うのですが、バスケットに生花が
載っているだけなのが多いのでしょうか?

今から年末ぐらいまで持ってくれると嬉しいのですが、元気な猫がいるので花瓶や、鉢植えを買わずに部屋の中で生花を長持ちさせる方法ありましたら知りたいです。誕生日に造花ってNGですよね?

Aベストアンサー

こんにちはー。

<生花の寿命は・・
 もちろん花の種類や保存状態により変化します。
 生産者さんから一般の花屋さんの店頭に並ぶまでに2-3日経過してます。
 菊やユリ系統は長く、草花系統は寿命は短いです。

<スポンジみたいなのとそうでないもの・・
 みなさんがおっしゃっておられるようにスポンジ=オアシスですが、それ以外にも「ジェル」というタイプもあります。
 水分を吸わせてゲル状になったものをシートにくるんで、下部切り口にしばってあるタイプです。

<花瓶や鉢植えを買わずに・・
 ご購入されるアレンジメントの大きさにもよりますが、特別に花のために花器をご購入されなくても、例えばグラスとか陶器碗、ワインボトルや空になった調味料入れなどなど日常生活にあるものを使用して「おしゃれに飾る」のも楽しみのひとつですよ(^^)
 そして時間が経過するにつれて傷んだ花を抜いていって元気な花だけを小さなコップに入れて、玄関やトイレやキッチンなどにさりげなく置くのもいいと思います。

 ネコちゃんの攻撃は防ぎようがないかもしれません(笑)

<誕生日に造花・・
 一概に絶対ダメだとは思いませんが、「花」を贈られるなら「生花」の方がいいと思いますよ。(鉢物を含む)
 長持ちさせるという事が基本であるならば、贈り物には花以外のものを考えられるほうがいいと思います。
 もちろん長期鑑賞に耐える加工をした「プリザーブドフラワー」があり、質感や色合いも種類が増えてきまして選択するのもいいと思いますが、やはり「枯れない花」というのはすごく違和感を感じるようになると思います。
 花は満開に咲き誇っているのも美しいですが、桜やバラのように「散り際の美しさ」を鑑賞されるのも一つの楽しみです。

 長々とすいませんでした(^^)/
 

こんにちはー。

<生花の寿命は・・
 もちろん花の種類や保存状態により変化します。
 生産者さんから一般の花屋さんの店頭に並ぶまでに2-3日経過してます。
 菊やユリ系統は長く、草花系統は寿命は短いです。

<スポンジみたいなのとそうでないもの・・
 みなさんがおっしゃっておられるようにスポンジ=オアシスですが、それ以外にも「ジェル」というタイプもあります。
 水分を吸わせてゲル状になったものをシートにくるんで、下部切り口にしばってあるタイプです。

<花瓶や鉢植えを買わず...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報