プロが教えるわが家の防犯対策術!

JST(科学技術振興機構)と産総研の違いについてわかる方宜しく御願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

大きな違いの一つは、競争的資金の配分機関であるか、そうでないかでしょう。



科学技術振興機構(JST)は特定のテーマについて研究開発を募集して、有望な提案を採択しては補助金を出すという事業を行っているようです。一方、産総研(AIST)はそのような事業はしていないようです。逆に色々なところに応募しては研究資金を獲得しているようです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答有難う御座います。
企業側から見てやりたい事をどちらかと一緒に産学官知恵を拝借し連携して行なうにはどちらが向いていますでしょうか?

お礼日時:2014/11/24 22:44

JSTは昔、文部省管轄で科学技術振興事業団と言われていました。

産総研は昔、通産省管轄で工業技術院と言われていました。今は、両方、独立行政法人でしょうかね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速の回答有難う御座いました。

お礼日時:2014/11/13 22:51

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「採用担当御中」か「採用担当様」、どちらが正しいか。

会社にエントリーシートを郵送する時、宛先が「~株式会社 採用担当宛」となっていたら、「採用担当御中」ではなくて、「採用担当様」と書いて送った方がいいのでしょうか?

Aベストアンサー

「御中」は 担当部署宛 担当者不明の場合。
今回の場合は担当者がわかっているので「○○様」とします。

Q「基」と「元」の使い方

経験を"もと"に話す。
上記の場合の”もと”は元、基のどちらが正しいのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

はじめまして。

ご質問1:
<上記の場合の”もと”は元、基のどちらが正しいのでしょうか?>

「基」になります。

1.「経験を"もと"に話す」とは言い換えれば「経験にもとづいて話す」ことと同じです。

2.「もとづい(て)」は「もとづく」の連用形です。

3.「もとづく」は「基づく」という漢字しか存在しません。

4.従って、ここでは元、本、素などの漢字は適切ではありません。


ご質問2:
<経験を"もと"に話す。>

1.「~をもとに」という語感が「~を元に戻す」といった語感になるため、「元」の漢字を想定されたのだと思われます。

2.しかし、ここで使われる「もと」とは「土台」の意味になります。

3.他の漢字「元」「本」などには「土台」「ベース」といった意味はありません。

4.従って、ここでは基が適切な漢字となります。

以上ご参考までに。

Q産業技術総合研究所について

産業技術総合研究所って知っていますか?独立行政法人で、国内最大規模の研究所だそうです。つくば市の研究所です。

研究機関として国内の一流企業(富士通や松下や東芝や日立など)や大学は知名度が高くて目立つ、存在感があるのですが、産業技術総合研究所って大きな研究所でありながらあまり目立つような、知名度が高い研究所には見えないのですが、みなさんは、どう見えますか?

・一流企業に並ぶ研究機関でしょうか?
・そこで働いている研究者のレベルって高いでしょうか?(ノーベル賞取得者はいないようですが)博士の中でも優秀な研究者は多いのでしょうか?
・産総研より優秀な研究者が集まっていると言われている研究機関を知っていたら教えてください。

Aベストアンサー

#1、#2の回答者です。しばらくWebを見ておらず回答遅れて申し訳ありません。

>計量標準の研究ってそんなにお金がかかるのですか?

かかります。まず、国際標準原器や各国の標準との比較を行ったりするだけでも大変な労力と費用がかかります。さらにこの標準を維持する費用。さらに標準精度を高めるための開発費用など出費は大きいです。

>企業にも多額の資本金や収入があるとは思うのですが、難しいのでしょうか?

計量標準を維持することでそれなりの収入が見込めれば別ですが、一般にはそうではありません。つまり、費用>収入 となって損失となってしまいます。
産総研のようなところでまとめてやってもらえれば、1つあたりの費用は下がりますので、企業はこういう機関にお金を払ってやってもらうわけです。
もちろん、大手の計器メーカなどは生産量が多いので、自前でやった方が安い場合もあるかもしれません。しかし、この場合も標準原器や外国の標準との比較などは費用が大きすぎるので、産総研との比較認定をしてもらいます。
もしも、日本に標準機関がなかったらいちいち外国まで依頼しなければなりません。製造業を国の基幹産業とする日本でもしこのような事態になれば大変な損失でしょう。

>研究業績として取り上げられにくいとはどういうことなんでしょうか?

わかりやすい例で説明します。
流量の計測標準は単純にある時間、液体を流したときに、流した時間と最終的に溜まった液体の体積の二つの量をいかに精確に測るかにかかっています。
この時、流す時間を決めるために瞬時にバルブをとめる、または流れを別の方向に切り替えるといった技術が必要になります。
大学で「板を高速で動かして流れを切り替える」といった研究をしても、あまり受けはよくないだろうことは皆さんの想像に難くないと思います。
(少なくともノーベル賞は無理だとはおわかりいただけるかと)
しかし、産業基盤上は前記の理由でとても大切な研究なのです。

#1、#2の回答者です。しばらくWebを見ておらず回答遅れて申し訳ありません。

>計量標準の研究ってそんなにお金がかかるのですか?

かかります。まず、国際標準原器や各国の標準との比較を行ったりするだけでも大変な労力と費用がかかります。さらにこの標準を維持する費用。さらに標準精度を高めるための開発費用など出費は大きいです。

>企業にも多額の資本金や収入があるとは思うのですが、難しいのでしょうか?

計量標準を維持することでそれなりの収入が見込めれば別ですが、一般にはそ...続きを読む

Q会社は「御社」、研究所は?呼び方を教えてください。

会社は「御社」、研究所は?呼び方を教えてください。

履歴書に書きたいのですが、会社の場合「御社」「貴社」と書くべきところを
研究所や独立法人機構の場合はどう書けばいいのでしょうか。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

http://oshiete.goo.ne.jp/qa/495051.html
このページを参考にしてください


人気Q&Aランキング