XP Laptop PC の再活用の為、Lubuntu 14.04 をDVDからインストールすることにしました。
すると下記の文言が現れ作業が止まってしまいました。

ERORR:PAE is disabled on this Pentium M.
(PAE can potentially be enabled with kernel parameter "forcepae" - this is unsupported,may cause unknown problems, and will taint the kernel)
This kernel requires the following features not present on this CPU:
pae
Unable to boot - please use a kernel appropriate for your CPU.

どのように対処すれば良いでしょうか?

当該PCは、
Victor MP-XV631
Celeron M 800MHz
memory 256MB
HDD 40 G

どなたか宜しく御指導下さいませ。

もう御理解頂いていると思いますが、私は情弱です。分かり易く御説明頂ければ幸甚です。

A 回答 (3件)

そのスペックのPCでLinuxを動かしてみるとしたら


私なら、Xubuntu12.04LTSのAlternateディスクを作成し
それを使ってインストールを試みます。

PAEはWindows95時代の後半くらいからある技術ですが
Pentium4の爆熱問題のころ、省電力において
抜本的解決を企図したPentiumMはPAEを省いてリリースされました。
実際この時代のPCは実質的にPAEを使う機会はありませんでした。
CeleronMも、同様にPAEを省かれています。

ですから、PAE対応のLinux系OSという表現は不適切で
PAEがあたりまえのOSとPAEが無いと動かないOSがあって
それに対してPAEが無いPCがあるという問題なわけです。

14.04LTSではforcepaeオプションでインストールはできます。
ただ、以前試した際は、カーネルアップデートでエラーが出て
このへんは、どう対処すべきなのかは調べていません。

12.04LTSでもUbuntuはPAE必須ですが、軽量版であるXubuntu,Lubuntuは
PAE必須ではないカーネルを用意して、この問題を回避しています。

Lubuntu12.04はLTSではなく、サポート切れ済で
Xubuntu,Lubuntuの14.04LTSはカーネル自体はPAE必須ですが
forcepaeオプションで、PAEチェックをスルーするだけです。
(パッケージ管理上もこのチェックがスルーされるようになれば前述問題は回避されるはず)


Xubuntu12.04LTSでも、メモリーが256MBしか無いのでは
インストーラーが正常動作できないと記憶しています。

そこで、GUIを使わず、テキストインストーラーを利用できる
Alternateディスクを使えば、メモリー消費が少なく
またグラフィック機能関連のトラブルも起きにくく、成功率が高くなります。


最良のパフォーマンスを求める場合、Debian GNU/Linuxのmini.isoから
必要なものだけを組み合わせていくほうが良いかもしれません。
技術的野心があるなら、Arch LinuxやGentoo Linuxも良いかもしれません。

単に軽量を求めるなら、Xubuntuより軽量で
PAE必須ではないものもいろいろあるはずです。

ただ、その多くは日本語の情報が不充分で
シェアの高いUbuntu系やDebianに比べると
つまらないところでつまづく可能性が高いかもしれません。


また、最良のパフォーマンスを、さらに底上げすることを考えるなら
メモリーを512MB程度まで増やすことが考えられます。

ごく一部の機種では、PentiumM,CeleronMのすべてがPAE無しではないため
PAE対応のPentiumMなどに換装できる場合もあります。
もしそれができれば、PAEに起因する問題は霧散します。

ただし、この機種では、上級モデルもPAE無しのCPUのようですから
PAE有りのPentiumMの中に、実際に正常に動作するものは無い恐れがあり
また、実際に換装できるように、ソケットになっているかどうかもわかりません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。
結局、このPCは別の由でLinuxをインストーるせずにXPを残したままにして別の活用法を講じることになりました。

お礼日時:2015/01/05 15:38

パソコンのCPU Celeron M がPAE(物理アドレス拡張)に対応していない


為、インストール出来ません。
No.1回答者:Wr5様の張られたURLを実行すると、インストールが可能になるようです。

ですが、搭載メモリが256MBでは、Lubuntuはスムースに動作しません。
メモリーを500MB以上に増設するか、256MBで動作する、PAE非対応の
Linux OSの使用です。
Puppy Linux 431JP2012 は256MB で動作します。
http://openlab.jp/puppylinux/download/puppy-4.3. …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。確かにメモリが少ないようですね。
結局、このPCは別の由でLinuxをインストールせずにXPを残したままにして別の活用法を講じることになりました。

お礼日時:2015/01/05 15:41

再利用は…微妙ですねぇ……



>(PAE can potentially be enabled with kernel parameter "forcepae" - this is unsupported,may cause unknown problems, and will taint the kernel)

"forcepae"オプション使え。と言われています。
下記のページとか参考になるかと。

http://pcmemo.take-uma.net/linux/lubuntu14.04_penm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。
仰る通り、確かに再活用は微妙だったかも知れません。
結局、このPCは別の由でLinuxをインストーるせずにXPを残したままにして別の活用法を講じることになりました。

お礼日時:2015/01/05 15:40

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QLinuxでパスワード変更時に「it is based on a di

Linuxでパスワード変更時に「it is based on a dictionary word」のワーニングが
でることがありますが、このワーニングメッセージを出さないように設定できないでしょうか?

Aベストアンサー

「入力したパスワードは辞書にある単語に基づいている」(ので、パスワードが破られる危険性が非常に高い)と言う警告です。

パスワードの安全性チェックに使用している辞書を空っぽにすれば警告は消えますが、パスワードが破られる危険性が非常に高いのは変わりが無いので、辞書を空っぽにする行為はお勧め出来ません。

基本的な解決方法は「この警告が出るようなパスワードを設定しない」「この警告が出た場合は、警告が出ないパスワードに設定し直す」です。

QWindows XPと Lubuntu

XPとLubuntuの両方インストールしてるいます。
いつのまにかgrubブートローダーに、XPの文字は消えてWindowsを起動できない状態になってしまいました。
これの修復の仕方はありませんか?
最初はちゃんとデュアルブートはできていました。

Aベストアンサー

こちらにGrub2の修復方法が詳細に解説されています。
https://help.ubuntu.com/community/Grub2#Reinstalling%20GRUB%202
 これで分りくにければ「Super Grub Disk」を入手して修復しましょう。
http://viva-ubuntu.com/?p=3410

QXubuntu、Lubuntuについてです。

Xubuntu、Lubuntuについてです。

この二つのダウンロードして使い比べてみたいのですが、ダウンロード項目がたくさんあってよくわかりません。
使用するマシンはFujituのノートパソコンで、現在WinXP HomeEditionが入っています。
スペックは
 ・Intelのceleon
 ・CPU 1200MHz
 ・1.19GHz、504MB RAM
です。

ノートで使用する場合、なんというものをダウンロードすればいいのでしょうか

Aベストアンサー

1.2GHzだと、Ubuntuの対象とされてはいるものの重いですね。
512MB(-VRAM共有分)では、メモリー不足に陥りやすいし。

とはいえ、UbuntuのLiveCDが起動できなかったり
インストールしてもGUI画面まで起動できないとしたら
別の問題が生じている可能性があります。

LinuxでのGUIは、OSそのものの上に
X Window SystemというGUI環境が起動し…
その上で、UbuntuならGnome、XubuntuならXfce、LubuntuならLXDEが動きます。
そして、GUI画面が表示されないとしたら、問題はX自体の問題で
Ubuntuでダメなら、XubuntuやLubuntuでも同様の可能性が高いのです。

もちろん、ほとんどの場合は、適切な設定変更で対応できますが
この世代のCeleronノートのことですから、現行10.04LTSではなく
その前のLTS(長期サポート版)である8.04LTSの日本語Remix版で
GUIの起動を確認することをお薦めします。

手間はかかりますが、8.04LTS当時のインストーラーは、より確実に
1GHz前後のCPUを搭載した世代のPCへのインストールが可能でした。
8.04LTS自体は、まだ半年以上のサポート期間がありますし…
検証済みで公開された手順によって、現行10.04LTSへのアップグレードも可能です。

Lubuntuは8.04LTS当時は存在していなかったので
8.04LTSで試すならXubuntuだけということになります。
(Ubuntuにapt-get install xubuntu-desktopで追加導入可能)

私自身は常用しているのは未だ8.04LTSですが
10.04LTSでは、画期的な起動時間短縮が実現されていますし
lubuntu-desktopを追加導入すればGoogle Chrome相当の
Chromium Browserもついてきて、1GHz程度のPCにはお薦めです。

LXDEとXfceの比較はろくにやっていません。
大抵の操作は、デスクトップ機能に頼らずやってしまうので…

ほんとうにLXDEのほうが軽いのか?と聞かれたら
あんまり気にしていないというのが正直なところです。
メモリー消費は少ないようですし、起動も速いようですが…
(テスト結果を記録していないので思い違いしているかもしれません)

ただ、Ubuntu10.04LTSにlubuntu-desktopを追加した場合には
ディスプレイマネージャーとしてlxdmを選択するとログイン後に
正常に操作できなくなることがあるようです。

リリースから3ヶ月をこえて、そのへんがどうなっているかは未確認。
またLubuntu インストールCDから導入した場合のことも知りません。

1.2GHzだと、Ubuntuの対象とされてはいるものの重いですね。
512MB(-VRAM共有分)では、メモリー不足に陥りやすいし。

とはいえ、UbuntuのLiveCDが起動できなかったり
インストールしてもGUI画面まで起動できないとしたら
別の問題が生じている可能性があります。

LinuxでのGUIは、OSそのものの上に
X Window SystemというGUI環境が起動し…
その上で、UbuntuならGnome、XubuntuならXfce、LubuntuならLXDEが動きます。
そして、GUI画面が表示されないとしたら、問題はX自体の問題で
Ubuntuでダメなら、XubuntuやLu...続きを読む

QLubuntu 軽量リナックスの起動優先順位

デフォルトで起動するオペレーティングシステムを変更する方法を知らべています。

初心者です。

http://www.1004.ubuntu-d.com/_custmize/boot_menu.html

こちらのサイトでは、Ubuntuの設定ですので、少し違うようです。
Lubuntuの設定方法をご存知のかたがおられましたら教えて頂けませんでしょうか。

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

Grubの仕様自体は変更はありましたが、優先順位の変更方法はそのページのでいけます。

gksudo gedit /etc/default/grub
で編集したあとは、
sudo update-grub
をお忘れなく。

http://pc-usr.seesaa.net/article/154236963.html

QLubuntuの.shについて実行ファイルのなりません

Lubuntu14ー04ー1を使用しています
解像度を恒久かしたくて次のような.shファイルを作成して実行しようとしました
sh kaizod.sh コマンドを打って実行すると
sh: 0: Can't open kaizod.shとでます。
ちなみにkaizod.shファイルはディスクトップにあります。
次に実行権を与えようとchmod +x kaizod.shを打てば
chmod: cannot access ‘kaizod.sh’: No such file or directory
とでます。どのようにすればよいか教えてください。
お願いします。
ファイル名:kaizod.shです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
#!/bin/bash
xrandr --newmode "1280x1024_60.00" 109.00 1280 1368 1496 1712 1024 1027 1034 1063 -hsync +vsync
xrandr --addmode VGA1 1280x1024_60.00
xrandr --output VGA1 --mode 1280x1024_60.00
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
よろしくお願いします。

Lubuntu14ー04ー1を使用しています
解像度を恒久かしたくて次のような.shファイルを作成して実行しようとしました
sh kaizod.sh コマンドを打って実行すると
sh: 0: Can't open kaizod.shとでます。
ちなみにkaizod.shファイルはディスクトップにあります。
次に実行権を与えようとchmod +x kaizod.shを打てば
chmod: cannot access ‘kaizod.sh’: No such file or directory
とでます。どのようにすればよいか教えてください。
お願いします。
ファイル名:kaizod.shです。
ーーーーーーーーーーー...続きを読む

Aベストアンサー

> ちなみにkaizod.shファイルはディスクトップにあります

なら、デスクトップまでのディレクトリパスを記述するか、PATHを通す(非推奨)かしないと。

> 次に実行権を与えようとchmod +x kaizod.shを打てば
> chmod: cannot access ‘kaizod.sh’: No such file or directory

これは、「カレントディレクトリにあるkaizod.shというファイル」に対しての操作です。
カレントディレクトリがデスクトップになっていなければ、デスクトップのkaizod.shは操作できません。



カレントディレクトリについて勉強するといいかと思います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報