プロが教えるわが家の防犯対策術!

混合気が薄いと何故回転数があがるのでしょうか?
原理を教えてもらえませんでしょうか?

よろしくおねがいします。

A 回答 (4件)

スロージェットの調整をされているんだろうと思いますが、単純に言えば、適正な空燃比で一番効率の良い爆発力が得られます。

つまり、一番高い回転数になります。

標準設定からガソリンの量を絞り込むと回転が上昇するのは、混合気が濃い→絞り込み→適正になるためです。
適正より絞り込むと回転は低下していきます。

混合比はメインジェットが大きく関わりますので、スロージェットの調整においては、回転が一番高くなるところにして問題ないです。


蛇足ですが、メインジェットの設定となると事情が違います。
エンジンに耐久性が有れば、ぎりぎりノッキングが出る状態で一番燃焼効率は良くなります(ディーゼルエンジンを参照。)が、実際問題として、普通のガソリンエンジンについては、このような状態では、耐久限度を超える高温になります。
この状態が続くとエンジンは焼き付き等によって壊れます。

通常使用の場合、加速時などに標準設定より、一時的に薄い状態が発生しますので、標準的な設定では、このような薄い状態となったとしても、耐久限度を超える高温とならないように濃いめにセットされてます、ということがあります。
    • good
    • 1

エンジンの回転数が上がるのは、適正な空燃比のガスを燃焼室に多く送り込むからです。


混合気が薄いとかは関係ないです。
ただ、レースでキャブの調整をする場合、適正燃焼よりも薄めにセッティングしたほうが、パワーがでます。
つまり、燃焼効率が上がるからです。
それで焼き着きを起こして事故を起こすケースが多いので「薄め」はリスクが高いです。
ちなみに、メーカー出荷時のキャブはかなり濃い目に味付けされてます。
    • good
    • 0

エンジンの回転数が上がるのは負圧を利用しています。


空気の吸入量の変化させています。(アクセルを使って)
混合気が薄いと回転数が上がる?
燃調がとれたという事でしょうか?
    • good
    • 0

アイドリングの事ですよね?


たぶん、混合気が薄くなったから回転数が上がったのではなく、
濃すぎたのが、正常に近くなっただけではないでしょうか?
もっと薄くすれば回転が落ちます。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qマフラーから

4ストの9Rなんですが、マフラーから煙が出ます。急にアイドリングが安定しなくなり、アイドリング状態ではエンジンが止まってしまします。吹かすと時々黒煙が出ます。走っててもふけなくて最初、プラグがかぶってるのかなと思ったんですが、マフラーからの煙が気になります。やばいですかね?考えられる原因と修理した際の修理費など大体でいいんで教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

究極のやばさ(OIL上がり、下がり)ではないようですね。
黒煙(カーボン、すす系)は不完全燃焼、ガスが濃い時に起こりがちです。

>ただ、「落ち」も考えられますのでOILチェック、エアクリーナー、エアクリーナーBOX吸い込み口の障害、プラグ交換はやりましょう。
キャブ原因のこともあります。

これは、それを考慮してのこと。
シート下に入れた雨合羽がエアクリーナBOX吸入孔を塞いでいた・・なんてこともありましたよ。

エアクリーナーとプラグをいじったらかなり改善したとのこと。そちら系ですね。
ある気筒でどれがNGかは簡単に試す方法はあります。(全気筒に関与する物ならできません)
エンジンをかけた状態でエキゾーストパイプに水道水をぶっかけます。
具合の悪い気筒は蒸発(乾き)が遅くなってます。

これも単なる確認。あたりが出るとは限りませんし、そこから先の作業は自信がなければやはり「バイク屋さん」かと・・

Qエンジン始動時に回転数が以上に上がる

スズキのハスラー50(TS50W)を軽レストアしています。

エンジンがかからなかったので、キャブをOHし、エンジンを始動させると、アクセルを全快?にしたみたいに一気に回転数が高くなってしまいます。
慌ててエンジンを切ったのですが、考えられる原因は何でしょうか?

私としては以下の原因を考えたのですがどうでしょうか?
1、スロットケーブルを差し込む時、逆に差し込んだ。
2、スロージェットが逝かれた
3、パワーフィルターに変えているのがいけないのか
4、ギアが一速に入っていた?

ちなみにMT車は初めてです。

Aベストアンサー

こんにちは。恐らく貴方のバイクのキャブレーターは「ピストンバルブ式」のキャブレーターだと思います。ワイヤーで直接スロットルを開いてエンジン回転数を上げるタイプです。

 ピストンバルブ式のスロットルバルブはそのピストンに2つの「溝」があります。一つはスロットルワイヤーを脱着する為の溝、もう一つはアイドリング回転数を決める為の斜めに削ってある溝です。ピストンを外して中をもう一度見てください。その斜めに削ってある溝に丁度入るように突起があるはずです。その突起はねじになっていて、閉めこむと回転数が上がり、緩めると回転数が下がると思います。
 そのねじは点検したのでしょうか?また、脱着するときにそのねじが何回転全閉時から緩めているか?のデーターなどつけましたか?その辺ももう一度点検する必要がありますね。
 あとはチョークの状態ですね。何処まで分解したのか?どんな方法で詰まっていたジェットなどを綺麗にしたのか?解りませんが、私としては、あえて、貴方の中の選択肢を選ぶとするならば、1が一番怪しいかな?・・・2についてはスロージェットが仮に逝かれても結局はアイドリング時の燃料しかコントロールしていないので回転数が上がっても全開みたくはならないはずです。3については、かえって調子が悪くなると思いますよ。低速度域の空気の流速が落ちるわけですから、アイドリングは安定しない方向に行くはずです。4については?です。エンジンを始動させようとするとバイクが動いちゃいますよw(キックが降りないかな?)あんまりMT、などは関係ないと思います。
 根本的にキャブレーターの分解図や整備書をご用意してもう一度やり直すことをお勧めします。プロに任せればあっという間に直しちゃうと思いますが、それをやりたくない気持ちもわからないでもないですが、直すところを見ながら勉強すると言う方法もありますし、そこから更にアドバイスなどもお近くのバイク屋さんに相談することも良いかもしれませんね。

 ご参考までに・・・

こんにちは。恐らく貴方のバイクのキャブレーターは「ピストンバルブ式」のキャブレーターだと思います。ワイヤーで直接スロットルを開いてエンジン回転数を上げるタイプです。

 ピストンバルブ式のスロットルバルブはそのピストンに2つの「溝」があります。一つはスロットルワイヤーを脱着する為の溝、もう一つはアイドリング回転数を決める為の斜めに削ってある溝です。ピストンを外して中をもう一度見てください。その斜めに削ってある溝に丁度入るように突起があるはずです。その突起はねじになっていて...続きを読む

Q【キャブ調整】アクセルを開けすぎると失速する症状

いつもお世話になってます。

キャブ調整についてご相談させてください。

◆車種
'89 イタリアホンダ NSR125F
(水冷・2サイクル・125cc・単気筒)

◆変更点
エアクリーナーボックスのリストラクター排除
キャブレーターを京浜 PWK28φに変更
(MJ140、SJ48、ニードルクリップ2段目)

◆経緯
イタリア本国仕様に対して、日本仕様は馬力規制のために吸排気系にリストラクターが設けられています。
吸気側のリストラクターを廃し、PWK28φを入れ、ある程度セッティングを出していました。
これに加えて最近、排気側のリストラクターを外しました。
チャンバーのフランジ部分に付けられていたインナーパイプです。
排気側の径が5mm程広くなったので、MJを140番から145番に上げてみたのですが…
低回転域、中回転域では調子がいいものの、高回転域まで来たところでフルスロットルにすると、逆に回転が下がり失速します。
この症状は、排気側のリストラクターを外す以前はありませんでした。

参考:http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1447690799

◆質問
フルスロットルで回転が下がる症状は、濃い状態でしょうか?薄い状態でしょうか??
フルスロットルにせず、アクセル開度8分目くらいのままにしておけば、レッドゾーンまで回りきります。

その後、MJを155番まで上げてみたところ、「ヴァヴァヴァ、ヴァヴァ、ヴァヴァヴァ…」と排気音が途切れ途切れになり、レッドゾーンの半分の回転数で頭打ちになってしまいました。
じゃぁ、とMJを142番にしてみたところ、アクセル開度8分目程にしておけばレッドまで回るものの、フルスロットルにすると失速する症状は相変わらずです。

これは濃いのか、薄いのか、はたまた、排気側の径が太くなるとフルスロットルがシビアになるのか・・・
原因はなんでしょうか?

いつもお世話になってます。

キャブ調整についてご相談させてください。

◆車種
'89 イタリアホンダ NSR125F
(水冷・2サイクル・125cc・単気筒)

◆変更点
エアクリーナーボックスのリストラクター排除
キャブレーターを京浜 PWK28φに変更
(MJ140、SJ48、ニードルクリップ2段目)

◆経緯
イタリア本国仕様に対して、日本仕様は馬力規制のために吸排気系にリストラクターが設けられています。
吸気側のリストラクターを廃し、PWK28φを入れ、ある程度セッティングを出していました。
これに加えて...続きを読む

Aベストアンサー

NO2です。
折角なのでもう少しお節介を書きます。

まず、エアクリーナーボックスのリストリクターを外した=空気量が増えるというのは間違いです。単にエンジンが必要とする空気量が確保できるだけです。空気量が足りなくなる症状は、全開最高速付近でのみ顕著に現れます。逆に言うと、それ以外の速度・回転域ではほとんど影響しません。従って、もともと足りていた(もしくは全開・最高速付近の走行をしない)のなら、その行為が直接セッティング(及び性能)に影響するわけではありません。

とりあえず、MJ142で走るようになったのなら、テスト的にもう少し薄くしてみましょう。薄くする時は慎重さが必要ですが、最高速付近での連続走行でもしないかぎりそんなに簡単には焼きつきません。

今回の件も自分バイクのベースセッティングがどれくらい濃い目かがわかっていれば起こらなかったと思います。一番怖いのは、薄くしすぎて焼きつくことではなく、バイクのベースセッティングを把握せずに、間違った知識で適当なセッティングでエンジンを壊すことです。

Qもしもエアークリーナーを外して走ったら・・・

エンジンはどの様に不調になると思いますか?

また、どの位走れると思いますか?

Aベストアンサー

走れないことはないですよ。
外しているカスタムカーなどもありますからね。

単にうるさい事と、砂などを吸い込んだら(細かい物でも)、燃焼室にそのまま入り込むので、シリンダーとピストンの間をゴリゴリと傷だらけにするだけです。

蝶や蛾などを吸い込む事もあり、そうすると、吸排気のバルブに引っかかり、圧力が逃げて気筒が役に立たなくなることもありますけどね。

それだけの話です。
(砂、蝶、蛾のほか、ミツバチ、枯れ葉その他のごみなどは、今までエアクリーナを外した時に出てきた事が実際に有ったものですけどね。)

Qエンジン温度と混合気濃度

お世話になります。

キャブ車(FIでも同じ?)において、
外気温が同じ場合、エンジンが冷えてる状態での混合気とエンジンが温まっている状態での混合気だと、前者が薄くて後者が濃い、ということで正しいでしょうか?

冷間始動時にチョークを引いて混合気を濃くする必要があり、温まってくるとチョークを戻すということからしてもそれで正しいと思うのですが、疑問に思ったことがあります。

エンジンが冷えていようが温まっていようが、エアクリから吸われる空気が同じ温度であれば、混合気の濃さも同じになるのでは?ということです。

なぜそうならないのか、考えても調べてもわからなかったので、説明していただけるとありがたいです。(もし大前提がそもそも間違っているとしたら、そちらの指摘&説明をお願いします。)

それでは、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

キャブレターやインジェクションが燃料を気化させるというのは言葉の方便みたいなもんで、
実際にはキャブなんて液体のままジョボジョボ流れていたりします。
ぜんぜん気化していないのです。
プラグが混合気に点火するには、ガソリンが気化してい適正な濃度の混合気になっていることが条件です。

エンジンが常温ではガソリンがぜんぜん気化しないので、その分、ドバドバと流し込んで蒸発するガソリンを少しでも多くしようというのが、チョーク機構です。
はっきりいって非常に原始的な構造です。
本来エンジンが必要としている量よりもかなり多いガソリンを送り込んでいるので、とうぜん、排ガスも汚くなれば、不完全燃焼状態になります。
なので長時間チョークを引いたままでエンジンをかけていれば、エンストします。

エンジンに火が入って温まると、その熱でガソリンが蒸発します。
なので、適正な量のガソリンに戻す必要があります。

よく「チョーク」といいますが、
最近のバイクはキャブにふたをして「窒息=チョーク」させるのではなく、
濃い混合気を送るスターター系流路であることがほとんどです。
単に窒息状態にするだけだと、適正でない混合気濃度によってアイドリングしないからです。
なのでアイドリングをあげるために、濃い混合気を送ると同時に混合気の量そのものをアイドリング時よりも多く送ってアイドリングを上げるスターター構造になっています。

キャブレターやインジェクションが燃料を気化させるというのは言葉の方便みたいなもんで、
実際にはキャブなんて液体のままジョボジョボ流れていたりします。
ぜんぜん気化していないのです。
プラグが混合気に点火するには、ガソリンが気化してい適正な濃度の混合気になっていることが条件です。

エンジンが常温ではガソリンがぜんぜん気化しないので、その分、ドバドバと流し込んで蒸発するガソリンを少しでも多くしようというのが、チョーク機構です。
はっきりいって非常に原始的な構造です。
本来エンジンが...続きを読む

Q燃調がリーンだとなぜ「パンパン」鳴る?

これはバイクに限らず車でもそうなんですが、キャブのセッティングが薄すぎたり、2次空気を吸っていたりするとマフラーから「パンパン」音がするといいますが、どういった理屈で鳴るのでしょうか? 
マフラー内で混合気が燃えているだとは思うのですが、、、リーンすぎて混合気がシリンダー内で燃焼しない→マフラーに未燃ガソリンが流れ込む、として、なぜそれがマフラー内で発火するのでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

補足しておきますとアフターファイアーもバックファイアーも
ガソリンの発火点と引火点の温度の違いによって起こります。

ガソリン自体が着火するためには約260℃の温度が必要です。
しかし、ガソリンが気体になった状態では-38度で着火します。
そのためキャブレター内部で着火するには260℃以上の温度が必要です。
それに通常は吸気側のバルブが開く時はシリンダー内部が負圧の状態です。
高温のガスなどはキャブレターに戻ってきませんから発火しません。

しかし、エンジンから出た濃い混合気は酸素が足りず燃え残ったため
ガソリンが高温のままガス化しており酸素が補給されると爆発するのです。
これがアフターファイアーの理屈です。
薄い混合気の場合はガソリン自体が少ないので爆発しません。

Qアクセルを放しても回転が落ちない!

パワーフィルタとマフラーを社外に交換とキャブのOHの後の事です。
アクセルを回して、高回転になってアクセルを放すと回転が落ちない時があります。アクセルワイヤを確認して油を挿し、キャブもOHして洗浄しました。それでも問題は解決しませんでした。おそらく、キャブのエアスクリュとスロージェットの設定で、混合比が濃いのが原因だと思いますが、何分、自分は初心者なので知識が豊富な方のご意見を承りたいと思います。バイクはHONDAのGB250クラブマンです。
スロージェットの番数UPとエアスクリュの調整でこの問題は解決するのでしょうか?またスロージェットの番数は何番ぐらい上げるのが目安でしょうか?
知識のある方、ご意見よろしくお願いします。

Aベストアンサー

アクセルを回して、放すとアクセルは戻るのですか?
アクセルパイプの戻りが悪いだけ、なんてことないですよね?
回転が落ちない時はずーっと落ちないのですか?

パワーフィルターやマフラーの交換と回転が落ちないことは
関係ないと思います。2次空気を吸っているような気が
します。キャブはインシュレーターにしっかりはまって
いますか? そこのバンドはしっかり締まってますか?

一般論ですが、250ccクラスの単気筒車でパワー
フィルターとマフラーの交換をすると、キャブのメイン
ジェットを10番程度アップさせれば良いと思います。
それでもまだ調子悪いようでしたら、ジェットニードル、
スロージェットをワンランク濃くしてみて下さい。

Qチョークを引いても回転数が上がらず、エンジンが止まってしまいます・・

エリミネーター400なのですが、エンジンをかける際、回転数が上がらず、エンジンがすぐ止まってしまいます。チョークをめいっぱい引いてかけても、エンジンはかかるのですが、回転数が全く上がらず、アクセルから手を離した途端に止まってしまいます。

ここ3週間くらいバイクに乗らず、1週間に1回くらいしかエンジンをかけていなかったのですが、最近急になりだしました。

チョークを目いっぱい引いた状態で、アクセルを回しっぱなしで10分くらいすると、もう一段階チョークを戻した状態で、何とかアイドリングが出来るようにはなりますが、完全に戻すとやはり止まってしまいます。

1.これは、何が原因なのでしょうか?
2.どうすれば直りますか?
3.もしバイク屋さんに修理を頼むとなると、大体いくらくらいかかるでしょうか?
4.バイク屋さんに持っていくとき、チョークを引いた状態で、アクセルを回し続けながら運転して行くのは危険ですか?(10分ほどの距離)

この4点が知りたいので、是非教えてください。
宜しくお願いいたします!

Aベストアンサー

・チョークを引いても、アイドルが上がらない。
・最近なりだした
という傾向から見て、たぶん失火してます。

排気音を確認してください。
エリミ400は、4気筒ですから、バラける排気音はしないはずです。たぶんこもった音になっているはずでは?

もしそうであったなら、ほぼ「失火」と決めて、ご自身でできる「プラグの焼け具合」を点検してください。
失火原因は多種多様ありますので、プラグ交換までが、ご自身でできる範囲だと思います。
キャブレター不調なら、O/Hになるので、2~3万。イグニションなら、部品台と取付工賃で、数千円~です。

ブレーキ不良、パンクという明らかな走行不良を起こす要因でなく、運転しているときに、気がエンジンに行ってると危険ですというくらいですので、乗っていくのが、危険かどうかのご判断は、ご自身で。

Q朝晩アイドリングが安定せずエンストします・・・

こんにちは。
ヤマハのXV250ビラーゴ(94年式)に乗っています。
タイトルの通り朝晩の特に寒いとき信号待ちでエンストしてしまいます。
例えば朝チョークなしでかけてみます。それでかかれば安定するまで暖気を5分程します。かからなければチョークを引いて少しずつ戻しながら暖機します。そして出発します。このときもアクセルを開けたりせず45km/hくらいで流して駆動系を暖めます。ここまではいいんですが2km位走ったあたりからアイドリングの回転が下がりだしついにはエンストしてしまいます。すぐ脇にとめてプラグをチェックすると黒くカブっています。
昼間になると好調でエンストなんてしません。
夜はとても寒い時はプラグはガソリンでベチャベチャになるくらいカブります。少し寒いくらいだとエンストするときとしないときがあるんですが体外エンストします。
完全に暖まっているのにこういう症状が出るんです。プラグは通常よりも1つ熱価を低いのを使用していますしプラグコードとキャップは新品に換えましたし、マフラ、エアクリ、キャブなどはフルノーマルです。
購入は赤男爵で、何回説明してもキャブだキャブだと言い張るので修理させても一向に治らないんで、違うバイク屋に持っていったんですが珍しいケースで原因はわからないなんていわれてしまいました。
特に寒いときに起こるんでこれはアイシングとかいうやつでどうしようもないんでしょうか?
それとも何か原因があるんでしょうか?教えてください。お願いします。

こんにちは。
ヤマハのXV250ビラーゴ(94年式)に乗っています。
タイトルの通り朝晩の特に寒いとき信号待ちでエンストしてしまいます。
例えば朝チョークなしでかけてみます。それでかかれば安定するまで暖気を5分程します。かからなければチョークを引いて少しずつ戻しながら暖機します。そして出発します。このときもアクセルを開けたりせず45km/hくらいで流して駆動系を暖めます。ここまではいいんですが2km位走ったあたりからアイドリングの回転が下がりだしついにはエンストしてしまいます。すぐ脇にとめて...続きを読む

Aベストアンサー

#2です。すいません。
パイロットスクリュですね。m(__)m
パイロットスクリュの調整は逆です。
締めると薄く。緩めると濃くなります。
薄くする方向で。。。
大体1~1/2回転ぐらいで調節します。参考HP↓
http://www1.synapse.ne.jp/s-hara/bandit/cab-ps.html

余談で。。。一時的な対策になってしまいますが…
ガソンリ添加剤で燃焼を助けてやるのも手かな。っと。
気休め程度のものかもしれません。けど。ねっ。
私の知識ではこの程度で。。。m(__)m
皆様お力添えを。。。

Qプラグがかぶるとは?

「プラグがかぶった」という言葉をよく聞きますが、「プラグがかぶる」とはプラグがどういう状態になっているのでしょうか?あと、プラグがかぶった時の対処法を教えてください。

Aベストアンサー

「かぶった状態」はすでに複数の回答がある通り、プラグが燃料(2ストであればさらにオイルなども含まれる)で湿った状態ですが、これによって点火しない原因は「ガソリンが絶縁体だから」ではありません。絶縁体があると点火しないのなら空気中でも真空中でもスパークしない事になりますよね。実際にはプラグの中心電極と周辺電極との間が燃料などで湿った状態になると、そこに付着するカーボンなどの不純物(汚れ)などにより絶縁性がなくなり、漏電してしまう為です。漏電すると火花を散らすのに必要な電圧にならないので、スパークしない、あるいはスパークが弱くなってしまいます。
この状態になったら、とりあえずプラグを乾かす必要があります(取り外して拭く、自然に乾くのを待つなど)。
あと、特にかぶりやすい場合はプラグの熱価が合っていない場合があります。


人気Q&Aランキング